原田 龍二 若い 頃。 原田龍二の妻(奥さん)がテレビ初登場!!子供との写真も公開!本名も!1周回って知らない話

原田龍二

原田 龍二 若い 頃

96年(26歳)映画「極道の妻たち 危険な賭け」出演。 03年(33歳)ドラマ「水戸黄門」出演。 ・母親は浦和でスナックを経営。 ・長男。 1歳年下の弟がいる(本宮泰風)。 ・祖父母と一緒に住んでいた。 ・子供の頃、外で遊ぶのが好きだった。 近所の田んぼや池で泥まみれになって遊んだ(ザリガニ釣りが大好きだった)。 神社の境内で野球や鬼ごっこをした。 駄菓子屋でもんじゃを食べた。 ・自宅の青い屋根に座って周りの林を時々眺めながら本を読むのが大好きだった。 ・弟と一緒によくケンカなどの悪さをした。 よく親から殴られた。 ・習いごと…習字(習字教室がある寺の境内の雰囲気は好きだった)。 ・小学校時代、走るのが得意だった。 運動会で3つのレースに出場して全部1位だった事があった。 ・小学校時代、進学塾に通って中学受験を目指していたが自分の意志で断念した。 開成・慶応を目指す最上位クラスに入っていた。 塾に行き帰りに鶯谷のキャバレー街を抜ける時にその刺激にドキドキしていた。 ・越境してとなりの区の中学校に通った。 ・中学時代、尋常でない混み方の満員電車で通学。 毎日途中で駅で途中下車してベンチで一休みした。 ・中学時代、陸上部(走り幅跳び)。 団体行動が苦手で途中で辞めた。 ・中学時代、プロレスが大好きだった。 よく蔵前国技館に観に行った。 ・高校はプロテスタントの男子校。 ・高校時代、同じクラスに年齢が上の人が数人いた。 ・高校時代、1年間空手をやっていた。 ・高校時代、不良だった。 タバコ、ディスコ、バイク、外泊は当たり前。 暴走族の一歩手前だった。 よく激しいケンカをした(護身用のナイフを持ち歩いていた)。 弱い者いじめはしなかった。 01現在) ・高校時代、夏休みの間だけ日本に帰国していた女の子と交際、 彼女がアメリカに帰った後は遠距離交際をしていた。 ・エスカレーター式の大学に進学するが、特に惹きつけられるものがなく、 次第に行かなくなった。 ・国語が好きだった。 ・ヒッピーに憧れていた。 芋ようかん。 コーヒー。 甘いもの。 ・酒は殆ど飲めない。 ・朝が弱い。 ・風呂よりシャワーが好き。 ・好きなミュージシャン…ジャニス・ジョップリン。 トム・ウェイツ。 ・好きな俳優…デニス・ホッパー。 ・字を書くことが好き。 ・「流行」に興味がない。 ・ネイティブアメリカンに興味関心がある。 ・ゴリラが好き。 ・インドに興味関心がある。 ・住んでいる所…埼玉県・浦和(家を購入=19. 01現在)。 ・京都に7年間住んでいた(ドラマ「水戸黄門」出演)。 ・夕陽を眺めるのが好き。 よく夕陽の写真をInstagramにアップする。 ・電車をよく利用する。 ・温泉が好き。 露天風呂が好き。 ・方向音痴。 ・好きな言葉…「勇気とは不安を消し去ることではなくて不安に立ち向かっていくこと」。 ・「自分は屈折している」と思っている。 ・Instagramをやっている(自撮り棒を愛用=17. 02現在)。 ・人に相談することが嫌い。 人に愚痴を言うのが嫌い。 ・両親を尊敬している。 ・長男はサッカーのクラブチームに所属(=19. 01現在)。 ・若い頃の不良仲間にヤクザになった人がいる。 ・外見に何度もだまされて女性の中身にこだわるようになった。 ・子供の前でも妻とキスしたり抱き合ったりしたいと思っている(=結婚当時の発言)。 ・結婚を申し込む時に女性の家に行って「お嬢さんを下さい」と言うのは 男女同権の現在は不公平だと思っている(お互いの実家の中間地点で両家が会う方がいい)。 ・若い頃はデート中にセックスの事しか頭になかった。 彼女に「セックスをしたいだけなの? 」とはっきり言われた事がある。 ・コンドームを付けるのに手間取って気まずくなって彼女をホテルに置き去りにした事がある。 ・レストランでサインを求めてきたウェイトレスをナンパした事がある。 ・浮気がバレて妻に殴られた事がある(結婚前)。 妻はバレーボールをやっていて腕力があり、数日間耳鳴りがした。 ・「週刊文春」に報じられたファンの女性との車中不倫を認めて謝罪会見(=19. 31)。 ファンの女性2人とSNSで連絡を取って自分のクルマの後部座席で事に及んだ。 会見直前の生放送「5時に夢中! 」で自らの不倫に関する記事を自分で紹介。 ドラマ「水戸黄門」で共演。 普段も「助さん」「格さん」と呼び合っていた。 ・ルー大柴…友人。 メール友達。 ・緒形直人、金山一彦、杉本哲太、的場浩司…友人。 遊び仲間。 ・勝野洋…友人。 ・小金沢昇司…同じ町内会(=99. 02現在)。 ・ミッツ・マングローブ…テレビ「5時に夢中! 」の司会で共演。 ・水谷豊…「師匠」と呼んで慕っている。 ドラマ「流れ坂七人」「相棒」で共演。 ・里見浩太朗、合田雅吏、由美かおる、照英…ドラマ「水戸黄門」で共演。 ・武田真治、葛山信吾、原田龍二、袴田吉彦、柏原崇、伊藤英明、 加藤晴彦、松尾政寿、松尾敏伸、小池徹平、半田健人、平岡祐太、 木村了、石黒英雄、中村蒼、山本裕典、溝端淳平、市川知宏、 菅田将暉、佐野岳…ジュノンスーパーボーイコンテスト出身(開催順)。 原田龍二、伊藤英明、松尾敏伸、山本裕典は準グランプリ、 加藤晴彦、木村了は審査員特別賞。 半田健人、菅田将暉は最終選考。 ・榎本加奈子…原田のファン。 ・アントニオ猪木…子供の頃から憧れている人。 猪木が好んで口にする「行けば分かるさ」は座右の銘。 ・尾崎豊…高校時代からファン。 ・高木ブー…子供の頃から高木の大ファン。 高木のハワイアンコンサートで共演。 ・松田優作…憧れていた人。 松本の方が年上だが「おねえちゃん」「おにいちゃん」と呼び合う。 ・本宮泰風…実弟。 98年に松本明子と結婚。 ・妻…一般女性。 01年12月入籍。 20歳の頃から10年交際して結婚。 ・子供: 長男…一徹。 02年誕生。 長女…さくら。 06年4月誕生。 ちゃらちゃらしている男が大嫌いだった。 渋谷のディスコに行って自らケンカを売っていた。 ・悪さをしている時にスカウトされた(詳細不明)。 ・初めてスカウトされた時はすぐに断った。 ・大学2年の時、以前にスカウトされた人に再びスカウトされ、 「毎月10万円あげるから」という言葉に誘われて事務所に入った。 ・事務所に所属後数年間、全く仕事に対してやる気がなかった。 よくオーディションをすっぽかした。 よく演技レッスンをサボった。 ・CM「コカ・コーラ」のオーディションで「缶を持って笑って下さい」 と言われて「面白くないので笑えません」と言って帰った来た。 ・ジュノンスーパーボーイコンテスト準グランプリ(=90年)。 ・ドラマ「キライじゃないぜ」で俳優デビュー(=92年)。 ・俳優の仕事を始めた最初の数年間、自分の演技に全く自信がなかった。 常に俳優を辞める事を考えていた。 ・アルバム「調和の鎖」をリリース(=93年)。 ・写真集「光と影」を出版(=94年)。 ・映画「日本一短い母への手紙」で日本アカデミー賞新人賞。 ・二枚目役は苦手。 どこか間が抜けている人間味のある役が好き。 ・2時間ドラマに多数出演。 ・映画「捜査四課対広域暴力団」で弟・本宮泰風と共演(=99年)。 ・「世界ウルルン滞在記」に通算8回出演(=03. 12現在)。 ウガンダ、スリランカ、アメリカ、モンゴル、ブラジル、ラオスに滞在。 秘境で過ごす不便さが好き。 ・ドラマ「水戸黄門」に5代目助さん役で7年間レギュラー出演(=03年〜10年)。 その間京都に部屋を借りて住んでいた。 ・若い頃から「二枚目に見られたくない」と思っていた。 ・「面白い人」「ちょっと頭がおかしい人」と見られたい。 ・温泉リポートで全裸で入浴するスタイルを確立して「温泉俳優」と呼ばれた。 オンエアでよくモザイクをかけられる。 ・自宅を「ダウンタウンDX」で公開(=17年4月27日放送分)。 ・テレビ「絶対に笑ってはいけない」で変態仮面に挑戦(=17年)。 ・温泉本「一湯入魂」を出版(=18年)。

次の

原田龍二が乗っていた車種の4WD車は何?車買い替える時期はいつ?

原田 龍二 若い 頃

原田龍二の嫁愛は元女優 ドラマ 「水戸黄門」では助さん(佐々木助三郎)役や ドラマ 「相棒シリーズ」での出演も板に付いてきた 俳優の 原田龍二さん。 最近では、最近バラエティ番組でもよく 見かけるようになりました。 私も大好きな俳優さんです。 そんな原田龍二さんのプライベートの家族は というと、当然ながら一般人の奥様ですので ほぼ表に出る事はありません。 原田龍二さんは 2001年に3歳年下の 一般女性と結婚しています。 しかし、現在は一般人の奥様ですが 実は 元女優。 鎌江愛さんという名前でグラビア誌の表紙を 飾るという経歴も持った美女です。 出会いは1992年。 何かいい感じの夫婦ですね~ ドラマ 「キライじゃないぜ」での3ヶ月間の 共演がきっかけで交際に至りました。 交際期間はなんと 10年です。 20歳で出会い、30歳で結婚、現在結婚10周年 ということです。 イメージを裏切らないところが大好きです。 美男美女でも有名なご夫婦です。 仕方ありません、イイ男にはいい女が付くという 不滅の事実ですので、お似合いで素敵なご夫婦です。 原田龍二の家族構成が気になる 原田龍二さんは、奥様とふたりのお子さんの 4人家族です。 2002年に長男が生まれて、2006年に長女が 生まれています。 男の子の名前は 一徹君という情報がありましたが 娘さんが、さくらちゃnとの情報です。 原田家は現在埼玉県浦和市在住なのですが、息子の 一徹君はサッカーでプロを目指しているそうで地元の 浦和レッズへの入団を目指す程の実力なんだとか・・・ どことなく精悍な顔立ちがお父さんを彷彿とさせる 雰囲気で、どうみてもイケメン! 先日バラエティでご自身が話ていましたが、自宅が埼玉と 遠くどうしても帰宅が遅くになる事が多い原田龍二さん。 家に帰る頃には娘さんはとっくに就寝してるから 時折娘のベットの隣に入って寝るんだと嬉しそうに 話ていました。 あんなカッコいいお父さんなので怒りようがありませんが 通常だとふざけんな!ってブチ切れる娘さんが多いのでは ないでしょうか。 とってもお嬢様を溺愛している口調で素敵なパパって 感じでしたよ。 そして、意外に知られていないようですが 原田龍二さんの弟は俳優の 本宮泰風 (もとみや やすかぜ)さんです。 本宮泰風さんは芸名で本名は 平井康之さん。 貴重な兄弟ショット・・・二枚目ですね~ 原田龍二さんの本名は、平井雅章さんですので 苗字も一致しています。 そんな本宮泰風さんは、タレントの 松本明子さんの 旦那さん! 原田龍二さんが松本明子さんと共演していた現場に 本宮泰風さんが見学に来ていたことがきっかけで 出会いました。 驚きなのは松本明子さんの 一目惚れだった というエピソードです。 原田龍二さんを含めた3人でお茶をする機会を 設けましたが、原田龍二さんは途中で帰宅 してしまいます。 なんと大胆な松本明子さんは その日に、ご実家に 本宮泰風さんを招待してご家族に本宮泰風を 紹介したんだとか。 そして、次に本宮泰風さんは松本明子さんを 自身の実家に招待。 ご両家への挨拶が済まされていた状況で交際へ 発展したというのは驚きです。 きっと松本明子さんのひとめ惚れと言いつつ 本宮泰風さんもまんざらでもなかったのでしょうね。 そうでないとこうもスムーズにいきません。 実家の行き来からの交際=結婚ですから考えて みたら凄い成り行きですね・・・ Sponsored Link 原田龍二は若い頃はヤンキーの伝説! 硬派なイメージの原田龍二さんですが、見た目とは 裏腹な一面を最近ではバラエティーにも出演して見せて おり、そんな姿が 再ブレイクの理由に なった俳優さんの一人です。 彼はプライベートでは 温泉とスイーツが大好きという 一面もあるらしく、これまた想定外外にチャーミング。 でも元々の原田龍二さんは、実はかなりの ヤンキーだった事で地元では有名らしいのです。 元光GENJIの諸星さんも原田兄弟を知っているようで 地元で物凄かったと証言しています・・・ 原田龍二さんはバラエティ番組でいくつかヤンキー伝説を 語っていますが、どれも驚きのエピソード揃いです。 喧嘩は素手で行うのがポリシーである原田龍二さん。 喧嘩の後に拳には相手の刃が刺さっていたこともあったとか・・・ また、ビリヤードを楽しんでいたら友達が突然 ナイフで刺されたなんていう恐ろしいエピソードも 死ななければいいんだと語りました。 これらの、かなりハードな過去伝説からしても 相当なやんちゃぷりで若い頃は弟共々ブイブイ 言わせてタイプのようですね。 ただヤンキーとは言っても卑怯な輩臭がしないのが どこか硬派な原田龍二さんの良いところ。 喧嘩は必ず素手でするとか、友達は多かったとの 情報もあるので、やっぱり、やんちゃな過去では あるものの、男同士の硬派なイメージは健在です。 彼に弱いモノイジメのイメージは全く似合わないので きっと本当にガチでやんちゃなヤンキー同士の喧嘩は あったという感じなのでしょう。 全裸姿で挑む旅番組の影響か、バラエティ番組 「ガキの使いやあらへんで」では裸キャラが定着。 自称、温泉俳優である原田龍二さんは、旅番組での 温泉シーンでタオルを腰に巻かないで入浴します。 撮影でなければ、施設のマナーというよりも一般的な 常識としてタオルを湯船につけるのは確かに NGです。 しかし、原田龍二さんは撮影であろうとタオルを 腰に巻かないで入浴するスタイルを貫いています。 私もつい先日、グッサンとの共演で一緒にグッサンと サウナ巡りするシーンで見ましたが、同じくグッサンも 撮影でもタオル巻かない派。 物凄く堂々と素っ裸で男二人がサウナやお風呂への 入浴シーンがあって、男らしさ満点でカッコ良かったです。 それにいやらしい意味ではなく、本当に顔もイケメンだし 身体もめちゃめちゃ綺麗です。 全然公衆の面前に出てもらってもウェルカムな 綺麗で男らしい薄っすら筋肉マッチョな身体は 女性から見ても、確実に目の保養になるタイプ。 そんな原田龍二さんのこだわりには、テレビで 取り上げられる機会が増えてバラエティの方でも ブレイク! 「有吉反省会」「ガキの使いやあらへんで」は大人気 バラエティ番組なので、出演以来あっという間に 裸キャラは定着してしまいました。 笑 Sponsored Link おわりに 今回は、個人的にも大好きな原田龍二さんのプライベートな一面をリサーチしてみました。 最近ではバラエティ番組でもよく見かけるようになったので、お目にかかる機会も増えたんではないでしょうか。 隠していないのに知られていないエピソードが満載の原田龍二さん。 奥様は元女優の鎌江愛さんであったり、兄弟でヤンキー説や、実は松本明子さんは義妹だったり、意外な素性を知ることができました。 顔も身体もイケメン過ぎる原田龍二さんの益々の幅広い活躍を応援しつつ期待したいと思います。

次の

原田龍二の生い立ち~若い頃の足立区兄弟最強伝説と裸芸が綺麗過ぎ

原田 龍二 若い 頃

Content• 十朱幸代さんは結婚、していた? 『今くら』では、現在都内の豪邸にて 独身の暮らしを謳歌しているとの十朱幸代さんですが かつて結婚したお相手がいらっしゃいます。 それは、歌手で俳優の小坂一也(こさかかずや)さん。 現在はお亡くなりになられています。 十朱幸代さんと小坂一也さんは 1945年から15年間という長い同棲生活ののち 1974年に挙式をあげることになるわけですが その際に、籍を入れてなかったそうで。 そして、同1974年に破局。 人間関係において 距離って大切だなぁと。 縮めるだけが愛情表現というわけでは なかったのかもしれません。。。 ある意味、15年という長い時間に けじめをつけられた、という見方もできますね^^ 年下キラー!十朱幸代さんの元彼は原田龍二さんだけじゃない? 年下キラーとまで言われる十朱幸代さん。 『今くら』でも徳井さんの動揺する姿がみられましたね(笑) 実際に見つめられたときに受けるパワー、スゴイのでしょう。。 ^^ 今でも年下キラーっぷりがスゴイ十朱幸代さんですが 過去にも、元彼と噂される方が多くいらっしゃるようですね。 どなたも、イケメンでモテモテキャラ。 十朱幸代さんのポテンシャル、計り知れません。。 かなりのイケメンの方です。 時代劇の姿を思い浮かべる方も多そうですね。 『網走番外地シリーズ』など任侠映画から、ハートフルな映画まで 心あたたまる人間味溢れる演技で多くの代表的な映画を務めてきた 日本の宝的な俳優さん。 十朱幸代さんとは、ブランドバッグをプレゼントしたり ひっそりとお二人でお食事をされているところを スクープされたりと濃いめの関係を築かれていたとの噂です。 十朱幸代さんは「子供を産まない女はいらない」といったような かなりひどい言葉を浴びせられたとの噂で 別れ方はあまり綺麗な方ではなかったかもしれません。。 大人の女性が持つ魅力・魅惑にハマっていたのかもしれません^^ きっかけは映画の共演からとの噂ですね。 今回の今くら出演のチュートリアルの徳井さんも もちろんモテモテのイケメン。 しかし。。 ネットでは、十朱幸代さんの若い頃とセットで『水着』という キーワードが存在するのですが見当たりませんね。。

次の