スマート 全角 スペース。 iPhone・iPadの「スマート全角スペース」って何?

iOS 13でついに解決! 全角/半角スペースをスマートに入力

スマート 全角 スペース

日本語入力モードのままWEB検索するとき、キーワードの区切り文字として使うのが全角スペースでもいいのかということ。 区切り文字だけのために入力モードを切り替えるのは、煩わしいものですからね。 コンピュータは全角スペースと半角スペースを異なる文字情報とみなすため、区切り文字として認識されるのか、認識されたとして検索結果に影響しないのか、この際はっきりさせておきたいものです。 長年、日本のiPhoneユーザを悩ませてきた「全角スペース」。 歴史的な経緯から、縦横の比率が1:1の文字を「全角」、横幅がその半分の1:0. iOS 13では、新機能「スマート全角スペース」により、全角スペースを直接入力できるようになりました。 そうなると気になるのが、日本語入力モードのままWEB検索するとき、キーワードの区切り文字として使うのが全角スペースでもいいのかということ。 区切り文字だけのために入力モードを切り替えるのは、煩わしいものですからね。 コンピュータは全角スペースと半角スペースを異なる文字情報とみなすため、区切り文字として認識されるのか、認識されたとして検索結果に影響しないのか、この際はっきりさせておきたいものです。 Googleの検索エンジン google. たとえば、「Safari」と「検索」、「iPhone」という3つのキーワードでWEB検索したとき、区切り文字が全角スペースのときとにしたときのヒット数は580万件、半角スペースのときは650万件と差が生じたものの、1ページ目に表示される検索結果に違いはありませんでした。 なお、Safariの検索フィールドにキーワードを入力して検索すると、区切り文字に全角スペースを使うと自動的に半角スペースへ変換されます。 WEB検索するときの区切り文字、半角と全角で結果は変わる? 予めご了承ください。 関連記事•

次の

iOS13文字入力◆謎のスペースが入るゴミ機能【オフのやり方】|すぎのもと

スマート 全角 スペース

ユーザ辞書を利用して全角スペースを入力する方法 iPhoneで全角スペースを入力する方法の1つに、ユーザ辞書を利用する方法があります。 ユーザ辞書とは自分専用の辞書のことで、単語や文章を登録しておけば、入力時に簡単に呼び出せるためすべて入力する手間を省くことができます。 この方法であれば、毎回ユーザ辞書から呼び出して全角スペースを入力できますので非常に簡単です。 コピーは入力した文字部分をタップすればメニューが表示されますので、始点・終点を合わせてコピーをします。 「キーボード」を選択 「一般」のメニューの中から「キーボード」を選択します。 「ユーザー辞書」を選択 「キーボード」のメニューの中から「ユーザ辞書」を選択します。 右上の「+」を選択 画面右上にある「+」を選択すると新規追加画面が表示されます。 「よみ」に「スペース」と入力 「よみ」部分には「スペース」と入力します。 「よみ」に関しては、わかりやすいようにスペースとしているだけですので、「空白」「全角」など、自分の使いやすい言葉で問題ありません。 入力が完了したら画面右上の「保存」をタップすればユーザ辞書への登録が完了です。 連絡先を利用して全角スペースを入力する方法 全角スペースの入力はユーザ辞書の利用だけでなく、連絡先を利用して入力することも可能です。 全角スペースをweb上からコピーする 全角スペースをweb上からコピーします。 web上だけでなく、メモやメール文章に全角スペースを作りコピーするなど、やりやすい方法で行いましょう。 連絡先を開く 連絡先アプリを開く、もしくは電話アプリから連絡先を開き、新規連絡先登録画面へと移行します。 「姓」の部分にコピーしたものをペースト 新規連絡先登録画面の「姓」の部分で長押しをして、先ほどコピーしておいた全角スペースを貼り付けます。 読み仮名を「姓(フリガナ)」に入力 登録した全角スペースを呼び出すために「姓(フリガナ)」に「あ」など入力します。 フリガナ部分は「あ」以外にも「くうはく」「すぺーす」「ぜんかく」など、使いやすいもので問題ありません。 「完了」を押す フリガナまで入力をして、あとの電話番号やメールアドレスは空欄のままで問題ありません。 間違いがなければ画面右上の「完了」をタップします。 これにより、文字入力画面で「あ」と入力をすると変更候補に全角スペースが表示されるようになり、簡単に入力できます。 毎回文字を削除するのが面倒に感じる方は連絡先へ登録して使った方がいいでしょう。 日本語入力アプリを利用して全角スペースを入力する方法 全角スペースの入力方法は、ユーザ辞書や連絡先などiPhone機能の利用だけではありません。 日本語入力アプリを利用している、もしくは利用する予定の方であればもっと簡単に入力ができます。 ATOK(エイトック)を利用する ATOKは非常に便利な日本語入力アプリで、iPhoneでの文字入力をより快適なものとします。 高性能なATOK EVエンジンを搭載しているため最新の時事用語もすぐに入力できますし、フラワータッチ入力による「っ」なども一筆書きが可能です。 キーボードのサイズや位置も選べるため、iPhoneが大きく指が届かない方でも安心です。 ATOKを利用している場合は、全角スペースの入力もユーザ辞書や連絡先を使用する必要がありません。 初期設定のままであれば、文字入力中にスペースキーをタップするだけで全角スペースが入力できます。 もし、「空白を半角入力」の設定を有効にしている場合は、「空白」ボタンをタップする際に下にフリックすれば全角スペースで入力が可能です。 ATOK 2. 「Google日本語入力」を利用する パソコンでGoogle日本語入力を使っていますか?時事用語やいつも入力する単語や文章がすぐに表示されるため、長文の文章を作成する際もGoogle日本語入力があれば、短い時間で効率良く作成できます。 今までGoogle日本語入力はiPhoneに対応していませんでしたが、「Gboard」がアップデートしたことで日本語入力に対応し、実質的にGoogle日本語入力が使えるようになりました。 文字入力が素早くできるだけでなく、キーボードからweb検索やYouTube、Googleマップ検索もできる優れものです。 Gboardでも「スペース」により全角スペースが入力できます。 Google日本語入力 4. 「Simeji」を利用する 多彩な着せ替えや豊富な顔文字が人気の日本語入力アプリ「Simeji」。 どのキーボードもシンプルすぎて、、、という方におすすめの日本語入力アプリです。 Simejiは、着せ替えコンテンツが充実しているため、キーボードを好きなデザインに施すことができ、いつもの文字入力が楽しくなります。 Simejiならではの絵文字や顔文字が豊富に揃っており、使用したいものをダウンロードしていつでも使用できます。 細かいところまで自分好みにカスタマイズできるためおすすめです。 ATOKやGboard、純正キーボードが「シンプルすぎてちょっと。。 」という方は試してみましょう。 まとめ 「ユーザ辞書」「連絡先」「日本語入力アプリ」を利用することで、iPhoneでも簡単に全角スペースを入力できます。 ATOKやGboardをインストールしている方は、アプリ内で対応し、インストールしていない方はユーザ辞書か連絡先の使いやすい方法で入力しましょう。 いずれの方法も1度行えば覚えることができますので、ぜひ、試してみてください。 Androidでインターネットを... 403,951件のビュー• Android端末を利用している... 377,001件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 328,988件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 287,420件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 237,247件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 227,983件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 225,893件のビュー• Windowsを利用していると「... 218,647件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 209,399件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 192,015件のビュー.

次の

iPhoneのテキスト入力で全角スペースしか打てなくなった時の対処法

スマート 全角 スペース

日本語なら全角、英数字なら半角に かつてiPhone&iPadの文字入力における「スペース」といえば、 「半角スペース」に固定されていました。 パソコンでは、日本語入力モードで[Space]キーを押したら「全角スペース」が入力されるのが普通ですよね。 しかし、iPhoneでは「日本語かな」キーボードで[半角]キーをタップしても、必ず半角スペースが入力されていたのです。 この仕様は、例えば メール本文の行頭にスペースを入れて位置を揃えたいときなどに不便だったのですが...... iOS 13で解決されました。 「 スマート全角スペース」という新しい機能です。 その名の通り、現在の入力モードに応じて最適なスペースを選んでくれる機能で、日本語の入力時は全角スペース、英数字の入力時は半角スペースとなります。 iOS 13にアップデートすることで自動的にオンになるので、以下で実際の動作を見ていきましょう。 スマート全角スペース機能を利用する 1「日本語かな」キーボードでスペースを入力する [メール]アプリの本文を「日本語かな」キーボードで入力しているところです。 上の行にある「・」の分、スペースを空けたいのですが、以前は半角スペースをいくつも入力する必要があり、それでもきれいに揃わないこともありました。 ここで[空白]キーをタップします。 2全角スペースが入力された 全角スペースが入力されました。 「・」の分のスペースがきれいに空き、行頭が揃っています。 3「English(Japan)」キーボードでスペースを入力する 今度は「English(Japan)」キーボードで「iphone」と入力しました。 ここで予測候補にある「iPhone」をタップして、さらに「11」と入力して[space]キーをタップします。 4半角スペースが入力された 「iPhone」の後に半角スペース、「11」の後にも半角スペースが入力されました。 英字や数字の後ろは、自動的に半角スペースになります。 5「日本語かな」キーボードで英字の後にスペースを入力する 最後に「日本語かな」キーボードで「あいおーえす」と入力してみました。 予測候補の「iOS」をタップして...... そのまま[空白]キーをタップします。 6半角スペースが入力された 半角スペースが入力されました。 「日本語かな」キーボードであっても、英数字の後ろは自動的に半角スペースとなることが分かります。 スマート全角スペース機能のオン/オフを切り替える ここまでに見てきたスマート全角スペース機能は、[設定]アプリでオン/オフを切り替えられます。 パソコンでも常に半角スペースに固定している人にとっては「おせっかい」な機能になるので、以下の方法でオフにしておきましょう。 7[キーボード]画面を表示する キーボードの左下にある地球のアイコンを長押し(ロングタッチ)して、[キーボード設定]をタップします。 8[スマート全角スペース]のスイッチをオフにする [設定]アプリが起動して[キーボード]画面が表示されました。 [スマート全角スペース]のスイッチをオフにすると、常に半角スペースに固定されます。 スマート全角スペース機能は、多くの人にとって便利に働く機会が多いでしょう。 特に理由がなければオンのままにしておき、日本語の後は全角スペース、英数字の後は半角スペースになることを意識して使うことをオススメします。

次の