えげつない 類語。 「えげつない」に関連した英語シソーラスの一覧

えげつないの名前の由来とは?|名前の由来語源なら《ユライカ》

えげつない 類語

スポンサーリンク 【意味】 えげつないとは、露骨で下品である意味。 人に度を過ごして迷惑、不快の感じを与えるさま。 特に、言い方や、やり方が露骨でいやらしい。 ずうずうしく無遠慮である。 思いやりがなく残酷である。 【語源・由来・成り立ち】 えげつないの語源・由来については、諸説がある。 好ましくない状態を意味するが、あくが強い味覚を表現する「 えぐい、えごい」が、ひどい、残酷という意味で用いられた例が江戸時代にあり、この語が由来している説。 また、「 いかつい(厳)」から派生したとする考え方もあるが、いずれにせよ「ない」は「はしたない」「せわしない」と同様に甚しいの意である。 【使い方・実例・用例】 *卍〔1928〜30〕〈谷崎潤一郎〉一五「それにしたかて外に何とかうそのつきやうもあるやないか、あんまりやり方が エゲツない」 *家族会議〔1935〕〈横光利一〉「『これは二つ切りの上等でっせ』『二つ切りでも、渋蛇の目やないと油が上手に上ってへんもん』『 えげつないこといはんと、とっといとくなはれ』」 【漢字辞典】 「えげつない」の漢字表記はなし。 【えげつないの類語・関連語】.

次の

えげつないの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

えげつない 類語

「えげつない」の意味は、露骨で下品である様子、常識的に見て度を越している様子、図々しい様子、人情味のない様子を表す言葉です。 文法的には形容詞になりますので、単独で様子を表し名詞を続けてその人や物などの状況を表します。 ただ最近では、ネガティブなニュアンスなく、単に「凄い」や「信じられない」といった意味合いで使われることもあります。 元々は関西方言 「えげつない」という言葉の語源は複数存在します。 わかっているのは、関西方面ではかなり古くから方言として使われてきましたが、一般的にはおよそ昭和に入ってから使われ始めたということです。 最近では関西のお笑い芸人が全国的に活躍するようになって、関西方面以外の地域でもちょくちょく聞かれるようになったのではないでしょうか。 「いちげない」が転じたという説 江戸時代に京阪神地方で使われた方言に、意気地なし(いちげなし)というものがあります。 形容詞としては「いちげない」ですが、次の意味があります。 むごい、いたわしい 2. 人情味がない、薄情 3. 貪欲である、厚かましい、意地汚い 三番目の意味を持った「いちげない」が「いげつない」になり、さらに「えげつない」になったとする説です。 「えげつない」の使い方 最近の若者言葉に「ヤバイ」や「卍」というものがあります。 これは特別な意味をもつ言葉というより、感情を表現できるオールマイティな言葉です。 「えげつない」は、これら「ヤバイ」や「卍」が流行るよりも前から、関西ではかなり柔軟に使われてきた言葉と言えるでしょう。 それでは具体的な例文をご紹介します。 例文1「えげつないことを言う」 「えげつないことを言う」での「えげつない」は、普通ではない、非常識だ、とんでもないといったニュアンスで使われています。 どれもネガティブな要素を含んだ意味ですので、 この「えげつないこと」はかなり醜いことを言ったのだとわかります。 例文2「商売のやり方がえげつない」 商売敵である同業者やお客さんなどから「あそこは商売のやり方がえげつない」と評された場合は、どういった意味合いになるでしょうか。 「えげつない」には「図々しい」や「人情味がない」といった意味がありますので、客のことは二の次で自身の利益のみを考えた商売方法などを行っていた場合、やりかたが「えげつない」と酷評されるでしょう。 例文3「えげつない奴だ」 もしも人から「えげつない奴だ」と言われた場合、言われた方は自分の行動や態度をしっかりと見なおす必要があると言えるでしょう。 そのまま受け取るなら「図々しい奴だ」と言われているのと同義になるからです。 しかし、 親しい間柄の雑談内であれば、「えげつない奴だ」にはそこまで深い意味ではなく、「しょうがない奴だ」程度である可能性もあります。 例文4「えげつないにもほどがある」 「えげつないにもほどがある」と使われた時は、ネガティブな意味である場合とポジティブな意味である場合の両方が考えられます。 特に最近の「えげつない」の使われ方では、良い意味での「とても凄い」や「普通ではありえないくらい凄い」といった意味合いであることも多いので、前後の文脈や発言した人の様子から推測しましょう。 例文5「えげつない言葉に耳を疑う」 次に、普段の日常生活でも耳にすることの増えてきた「えげつない」に似た言葉・表現について見ていきます。 ここでは 「えげつない」の本来のネガティブな意味合いでの類語・言い換え表現をご紹介します。 「いやらしい」 類語の一つめに「いやらしい」があります。 「いやらしい」は「性的に露骨で不潔な感じ」という意味の形容詞です。 「いやらしいことをする」のような使い方になります。 「えげつない」よりもより直接的に下品さを表している表現と言えるでしょう。 「嫌らしい」 次に 「嫌らしい」という言葉ですが、「感じが悪く、不愉快な気持ちにさせる」といいった意味がある形容詞です。 「他人の悪口を言う嫌らしい奴」といった使い方になります。 また「意地汚い」といったニュアンスでも使われますので、「えげつない」と似た言葉であると言えます。 「意地悪い」 「意地悪い」は「意地悪である、意地が悪い」といった意味の形容詞で、「意地悪いことをいう」などといった使い方をします。 「えげつない」の意味である「図々しい、人情味がない」といいった意味に似た言葉です。 「汚い」 「えげつない」はネガティブでマイナスイメージのある言葉ですが、実際日常的に使われている関西では、けっしてマイナス表現ばかりではありません。 関西の方言には、「アホ」に代表されるように、その言葉を使う人達の間に笑いや愛が溢れています。 皆さんも会話の中に「えげつない」を盛り込んで、関西の人のようにいっぱい笑って幸せになりましょう。 方言を理解して使いこなそう よく耳にする方言の一つである「じゃん」という言い方・表現は、よく言われている神奈川県のみならず、関東地方から中部地方に至るまで、さまざまな地方で使われています。 また関西弁の中でも有名な「おおきに」はどのような由来があるのでしょうか。 以下の記事では、 「じゃん」と「おおきに」について、詳しくご紹介しています。

次の

「えげつない」の意味と語源は?方言と類語・英語と中国語も紹介

えげつない 類語

「えげつない」の意味は、露骨で下品である様子、常識的に見て度を越している様子、図々しい様子、人情味のない様子を表す言葉です。 文法的には形容詞になりますので、単独で様子を表し名詞を続けてその人や物などの状況を表します。 ただ最近では、ネガティブなニュアンスなく、単に「凄い」や「信じられない」といった意味合いで使われることもあります。 元々は関西方言 「えげつない」という言葉の語源は複数存在します。 わかっているのは、関西方面ではかなり古くから方言として使われてきましたが、一般的にはおよそ昭和に入ってから使われ始めたということです。 最近では関西のお笑い芸人が全国的に活躍するようになって、関西方面以外の地域でもちょくちょく聞かれるようになったのではないでしょうか。 「いちげない」が転じたという説 江戸時代に京阪神地方で使われた方言に、意気地なし(いちげなし)というものがあります。 形容詞としては「いちげない」ですが、次の意味があります。 むごい、いたわしい 2. 人情味がない、薄情 3. 貪欲である、厚かましい、意地汚い 三番目の意味を持った「いちげない」が「いげつない」になり、さらに「えげつない」になったとする説です。 「えげつない」の使い方 最近の若者言葉に「ヤバイ」や「卍」というものがあります。 これは特別な意味をもつ言葉というより、感情を表現できるオールマイティな言葉です。 「えげつない」は、これら「ヤバイ」や「卍」が流行るよりも前から、関西ではかなり柔軟に使われてきた言葉と言えるでしょう。 それでは具体的な例文をご紹介します。 例文1「えげつないことを言う」 「えげつないことを言う」での「えげつない」は、普通ではない、非常識だ、とんでもないといったニュアンスで使われています。 どれもネガティブな要素を含んだ意味ですので、 この「えげつないこと」はかなり醜いことを言ったのだとわかります。 例文2「商売のやり方がえげつない」 商売敵である同業者やお客さんなどから「あそこは商売のやり方がえげつない」と評された場合は、どういった意味合いになるでしょうか。 「えげつない」には「図々しい」や「人情味がない」といった意味がありますので、客のことは二の次で自身の利益のみを考えた商売方法などを行っていた場合、やりかたが「えげつない」と酷評されるでしょう。 例文3「えげつない奴だ」 もしも人から「えげつない奴だ」と言われた場合、言われた方は自分の行動や態度をしっかりと見なおす必要があると言えるでしょう。 そのまま受け取るなら「図々しい奴だ」と言われているのと同義になるからです。 しかし、 親しい間柄の雑談内であれば、「えげつない奴だ」にはそこまで深い意味ではなく、「しょうがない奴だ」程度である可能性もあります。 例文4「えげつないにもほどがある」 「えげつないにもほどがある」と使われた時は、ネガティブな意味である場合とポジティブな意味である場合の両方が考えられます。 特に最近の「えげつない」の使われ方では、良い意味での「とても凄い」や「普通ではありえないくらい凄い」といった意味合いであることも多いので、前後の文脈や発言した人の様子から推測しましょう。 例文5「えげつない言葉に耳を疑う」 次に、普段の日常生活でも耳にすることの増えてきた「えげつない」に似た言葉・表現について見ていきます。 ここでは 「えげつない」の本来のネガティブな意味合いでの類語・言い換え表現をご紹介します。 「いやらしい」 類語の一つめに「いやらしい」があります。 「いやらしい」は「性的に露骨で不潔な感じ」という意味の形容詞です。 「いやらしいことをする」のような使い方になります。 「えげつない」よりもより直接的に下品さを表している表現と言えるでしょう。 「嫌らしい」 次に 「嫌らしい」という言葉ですが、「感じが悪く、不愉快な気持ちにさせる」といいった意味がある形容詞です。 「他人の悪口を言う嫌らしい奴」といった使い方になります。 また「意地汚い」といったニュアンスでも使われますので、「えげつない」と似た言葉であると言えます。 「意地悪い」 「意地悪い」は「意地悪である、意地が悪い」といった意味の形容詞で、「意地悪いことをいう」などといった使い方をします。 「えげつない」の意味である「図々しい、人情味がない」といいった意味に似た言葉です。 「汚い」 「えげつない」はネガティブでマイナスイメージのある言葉ですが、実際日常的に使われている関西では、けっしてマイナス表現ばかりではありません。 関西の方言には、「アホ」に代表されるように、その言葉を使う人達の間に笑いや愛が溢れています。 皆さんも会話の中に「えげつない」を盛り込んで、関西の人のようにいっぱい笑って幸せになりましょう。 方言を理解して使いこなそう よく耳にする方言の一つである「じゃん」という言い方・表現は、よく言われている神奈川県のみならず、関東地方から中部地方に至るまで、さまざまな地方で使われています。 また関西弁の中でも有名な「おおきに」はどのような由来があるのでしょうか。 以下の記事では、 「じゃん」と「おおきに」について、詳しくご紹介しています。

次の