般若 心 経 解説。 梵行 般若心経 理趣経 勤行解説

国訳・解説 大般若理趣分

般若 心 経 解説

色即是空と般若心経 色即是空について 色即是空とは、般若心経というお経の一節だ。 『色即是空』というフレーズは、『 空即是色(くうそくぜしき)』というフレーズと対になっており、それぞれ以下のような意味がある。 色即是空:万物(色)を本質的に突き詰めると、 実体は存在しない(空)と考えられる• 空即是色:なにもない所(空)に、 意味づけと認識によって存在(色)を見出すことができる この対になる哲学が、般若心経の本質であり、大乗仏教の本質である。 また、『空』についても説明しておきたい。 空とは無と同じではなく、数字の『0』が確固とした数字であるように、『空』もまた、確固とした存在(状態)なのだ。 そのため、以下のような図式で表すことができる。 「1以上」:有(部派仏教で言う実体)• 「0」:空• 「 」:無 と、このようになる。 背景としては、インドで発祥した0という数字の概念を考えるとよい。 0-9の数字による数の表現は、世界でもっとも合理的で使いやすいものだ。 また、0があることで、多くの桁の数列を、矛盾なくわかりやすく表現できる。 少し観念的な説明をすると、「0は、可能性として存在していながら、空を示している」と言える。 釈迦は修行の中で、この世における苦しみは認識の問題に過ぎず、 苦しみやこだわりの実体は存在しない、と悟った。 また、その悟りを象徴的に、空という言葉で表したのだ。 空の極意は、諦めと無感覚によって命を投げ打つということではない。 むしろ、様々な人間的な苦しみや悩みを全身で受け止め、その上で真理を知るがゆえに、苦しみに捉われず未来を見つめ続けることにある。 また、心をオープン(空)にして、あらゆることを学びとれるようにせよ、という教えでもある。 近代科学との比較 色即是空の教えについて近代的な捉え方をすると、『あらゆる認識は感覚器が脳に伝えた信号にすぎず、本質的なものではない』『思考は脳内の電流によって発生する』などという、認知科学的な思考実験のようでもある。 他にも、空と色の関係は、量子物理学の対生成・対消滅の理論に重ねることもできる。 こう考えると、釈迦は哲学と思考によって、近代物理学にも通じる世界の法則に迫っていたのかも知れない。 般若心経の位置付けについて 般若心経とは、 全部で260文字強からなる、短くも奥の深い経文だ。 般若心経を正式な名称にすると、『 般若波羅蜜多心経』となる。 さらに教派によっては先頭に『摩訶(まか=偉大なる)』や『仏説(ぶっせつ=仏が説いた)』という言葉を付けて、『摩訶般若波羅蜜多心経』と呼ぶこともある。 あるいは、省略して単に『 心経』と呼ぶこともある。 なお、ここで言う『心』とはすなわち『芯』であり、 大般若経の中心的な存在であるという意味だ。 また、大般若経とは大乗仏教の中心となる般若経の経典類の総称で、600もの経典からなっている。 こうした 大般若経の真髄を凝縮したものが、般若心経であるわけだ。 般若経の語義 『名は体を現す』のが世の習いであるが、とかく経典に限らず、小説や映画のタイトルはよく内容を象徴しているものだ。 そこで、般若心経の元となる、『 大般若経=大般若波羅蜜多経』の語義について説明したい。 般若 般若とは、パーリ語(南伝仏教経典で使われる言語)の『パーニャ』という言葉の音訳だ。 パーニャとは、日本語で表現すると、『 真の智慧』といったものだ。 パーニャは、• 仏教宇宙の法則そのもの( 存在としての真理)• 悟りを開いた菩薩の智慧( 心の真理) の両面を持つ、 仏教世界観独特の『真理』だ。 パーニャという言葉に関わらず、一部の言葉は、安易に翻訳してしまうと意味が変わってしまうため、昔のお坊さんたちは、『 この部分は大切な箇所なので、語義をきちんと調べて、理解してください』という意味を込めて、音訳のままにしたのだ。 まとめると、 般若とはパーニャの音訳で、近い日本語で表すと『真の智慧』という意味である。 波羅蜜多 波羅蜜多とはサンスクリット語の『パーラミター』またはパーリ語の『パーラミー』の音訳で、日本語では『 彼岸(ひがん)に至る』という意味になる。 仏教では、生きている人間たちが暮らす世界は此岸(しがん)と呼ばれ、仏や菩薩の暮らす理想世界は彼岸(ひがん)と呼ばれる。 そのため、『パーラミター』と言う言葉には、『 苦しみに満ちた此岸から、理想世界である彼岸へ辿りつく』という意味がある。 同時に、『完全なもの』『最高なもの』という意味もある。 なお、こちらの岸とあちらの岸、という考え方のベースには、インドのガンジス河がある。 原初仏教経典の『阿含経』においては、釈尊が活動したインドの描写があり、かつ、インド人の精神性を象徴するガンジス河が登場する。 釈尊は雄大たるガンジス河の流れに、生命の来し方行き方を考えたのだ。 日本に山や海に対する信仰があるのと同じように、釈尊も人間を取り囲む自然=ガンジス河に対して、宇宙を見出したのだ。 経 経とは、原語のスートラという言葉を訳したものだ。 聖者や聖人の教えのことを経と呼び、仏教経典では主に、 釈尊の教えということになる。 経とは元来、縦糸のことを指す言葉だ。 インドの教えの書かれた経典が、縦糸によって縦に連なることから来ている。 大乗仏教と上座部仏教 紀元前6世紀に釈迦が仏教を興してから、出家した信者たちがその教えを守っていった。 (出家=家族や財産を捨てて修行の生活を送ること) しかし、貧困に苦しむ民衆にとっては、仏教の教えは敷居が高かった。 生活や家族を抱えながら、原理的な(ストイックな)出家生活を行うのは不可能だからだ。 そこで、1世紀頃に在家信者が中心となり、空の教えを重視した般若経が作られはじめた。 この取り組みは、大勢が救いの教えに乗れるという意味で、『 大乗仏教』と呼ばれる。 一方で、出家信者が取り組む古来的な仏教は、『 上座部仏教』『部派仏教』などと呼ばれる。 釈迦(釈尊)について ここであらためて釈迦についてまとめておく。 まず、釈迦(しゃか)は以下のような呼び名(記載方法)がある。 『シャカ』『釈尊(しゃくそん)』『ゴータマ・シッダールタ』『悉達(シッダールタ)』 いずれも釈迦を指す。 また、『ブッダ』『仏陀』『仏』『如来』については、初期経典では主に釈迦のみを指し、大乗仏教では釈迦を含む解脱した諸仏を指す。 (その他にも釈迦の呼び名があるが、それらを総称して、如来十号とされている) 龍樹について 1世紀に大乗仏教が発祥したものの、『空』を中心とした般若経は、まだまだ実践が難しいものだった。 (結局は、出家をしないと悟りにたどり着けないのでは、という矛盾) そんな中、2〜3世紀頃のインドに、 龍樹(ナーガ・リュジュナ)という学者が現れた。 龍樹は自著『中論』において、『 縁起思想による空の説明』を行った。 この縁起思想によって大乗仏教の信者たちは、• 原理的な取り組みとして、空の理解により悟りへの道を追求するという建前• 現実的な取り組みとして、物事にとらわれず中道の精神で正しく生きる という、2つの指針を手に入れることができた。 その後の4〜7世紀頃、 大般若経を集約した、般若心経が成立した。 縁起思想について 仏教における縁起思想とは、『 別々に見えるものが本質的には相互に関連し合っている』ということを象徴する思想だ。 『 因縁(いんねん)』と呼ばれることもある。 当初、 釈迦の唱えた縁起の考え方は、『煩悩があるために苦が発生する』という精神的なもので、『此縁性縁起(しえんしょうえんぎ)』と呼ばれる。 (さすがに一般人にとっては、完全に煩悩を捨てないといけない、というのはストイック過ぎた) それ以降、縁起思想は時代とともに多様化、複雑化していった。 例えば龍樹は、 縁起思想を拡大解釈した『相依性縁起(そういしょうえんぎ)』を唱えた。 この縁起思想は、以下のような考え方だ。 『 万物は別々に存在しているように見えて、実はあらゆるものが相互に依存・関連し合っている。 浄があるから不浄を知ることができるし、不浄があるから浄を知ることができる。 紀元前6世紀:仏陀(釈迦、釈尊)が仏教を作った• ~1世紀まで:出家信者が中心となり、原理的な取り組みをした。 これを部派仏教と呼ぶ• 1世紀頃:在家の信者たちでも取り組める大乗仏教と、般若経が作られはじめた(実体を重視する部派仏教に対して、般若経は空を強調した教えとなった。 般若経は大乗仏教の中心となった。 また、大乗仏教では金銭のお布施を認めた)• ~2世紀:空の哲学はなかなか完成しない(扱いが難しく、実用レベルで落とし込めていない)• 2~3世紀:龍樹(ナーガリュジュナ)というインドの学者が、著書「中論」において、縁起という概念で空を説明した• 4世紀~7世紀:長大な般若経を要約した、般若心経が作られた(成立時期は諸説あり) 般若経以外の経典の紹介 大乗仏教には、中心となる般若(心)経の他にも経典がある。 いずれも大乗仏教の教えを様々な角度で表現した、奥の深いものだ。 以下ではそれらを、簡単に紹介する。 維摩経:在家信者でありながら、仏弟子たちと対等以上の問答を行う維摩居士という人物について記された経典• 法華経:詳しくは妙法蓮華経と呼ぶ。 色心不二の思想による、宇宙の法について記された経典• 華厳経:詳しくは大方広仏華厳経と呼ぶ。 仏に至るまでの修行の段階を描写した経典• 大無量寿経:阿弥陀仏による救済と浄土について記された経典• 涅槃経:釈尊の晩生と入滅を描写した経典• 梵網経:詳しくは『梵網経盧舎那仏説菩薩心地戒品第十』と呼ぶ。 (ここでいう梵網経は、本来の梵網経の一部を抜き出したもの)善悪や戒律について記された経典• 大日経:修行による菩提心(善なる本性)の展開について記された経典 般若心経の解説 以下は般若心経の本文である。 仏説・摩訶般若波羅蜜多心経 観自在菩薩・行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。 舎利子。 色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。 受・想・行・識亦復如是。 舎利子。 是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。 是故空中、無色、無受・想・行・識、無眼・耳・鼻・舌・身・意、無色・声・香・味・触・法。 無眼界、乃至、無意識界。 無無明・亦無無明尽、乃至、無老死、亦無老死尽。 無苦・集・滅・道。 無智・亦無得。 以無所得故、菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離一切顛倒夢想、究竟涅槃。 三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提。 故知、般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚。 故説、般若波羅蜜多呪。 即説呪曰、羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶。 般若心経 これを部分ごとに解説していく。 般若心教は、舎利子(シャーリプトラ)に教えを語る形式になっている。 観自在菩薩・行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。 慈悲深い観音菩薩(釈迦の高弟)は釈迦や弟子たちと、悟りの教えについて深く瞑想していた。 そのとき観音菩薩は、肉体や感覚の全てが『空』であると気がついた。 また、その悟りが一切の苦しみを克服して、この世に幸福をもたらした。 舎利子。 シャーリプトラよ。 色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。 色(しき)は空と異ならない。 空は色に異ならない。 色は空である。 空は色である。 (色とは、物質や意識全ての存在。 色を突き詰めて考えると、確固とした存在や形などは定義することはできない。 そのため、万物は常に空であることと変わらない。 同時に、空に対して認識することで、人間は意味や形を見出すことができる。 万物は幻であり、また実体でもある) 受・想・行・識亦復如是。 あらゆる感覚や心の働きも同じことが言える。 舎利子。 シャーリプトラよ。 是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。 般若教の考え方においては、なにかが生まれることも滅することはない。 汚れているとか、浄いということもない。 増えることも、減ることもない。 是故空中、無色、無受・想・行・識、無眼・耳・鼻・舌・身・意、無色・声・香・味・触・法。 ゆえに空の中には、色もなく、思考活動もなく、五感もなく、法すらもない。 無眼界、乃至、無意識界。 視覚の仕組みや意識の仕組みなどを定義する、いわゆる16界の教えもない。 無無明・亦無無明尽、乃至、無老死、亦無老死尽。 無明にはじまり老死におわる、12因縁もない。 (12因縁とは、人生を生きる上で避けられない様々な苦しみのこと) 無苦・集・滅・道。 苦諦、集諦、滅諦、道諦もない。 つまり、苦しみも、苦しみが集まってくる理由もない。 涅槃も、涅槃に至る教えについても、本質的には実体がない。 無智・亦無得。 以無所得故、 智慧もなければ、なにかを得ることもない。 なぜなら、得られるものがどこにもないからだ。 (ゆえに、智慧のない、持つ力のない、持たざる者として自分を戒めよ) 菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、 菩薩(悟りを求める高弟たち)は悟りの教えのおかげで、 心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、 心に罣礙(汚れや滞り)がなく、だからこそ、なにごとも恐れない。 遠離一切顛倒夢想、究竟涅槃。 妄想や幻覚から離れて涅槃(悟りの境地)へ至るだろう。 三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提。 過去現在未来(三世)のあらゆる仏たちは、悟りの教えによって、『最上の正しい智慧(アヌッタラ・サミャク・サンボーディン)』に至ったのだ。 故知、般若波羅蜜多、 だからこそ理解しなさい。 悟りの教えの言葉を。 是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、 大いなる神なる言葉を。 大いなる明るき言葉を。 この上ない言葉を。 並ぶものがない言葉を。 能除一切苦、真実不虚。 この言葉は真実だからこそ、一切の苦しみを除く。 故説、般若波羅蜜多呪。 ゆえに悟りの教えの言葉を唱えるのだ。 即説呪曰、 観音菩薩は唱えたのだ。 羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶 ガテイ、ガテイ、パーラガテイ、パーラサンガテイ、ボージ、スワーハー (道を往く者よ、道を往く者よ。 真理の道を往く者よ。 真理との合一を目指す者よ。 悟りの成就を祈る) 般若心教 こうして観音菩薩は般若心経を説き終わられた。 現代まで般若心経が残る理由 現代まで般若心経が残っているのは、 だれも否定できなかったからと言えるかも知れない。 言うなれば般若(心)経とは、 あらゆる思想への取り組みを「こだわり」であるとみなす、思想のブラックホール的な存在である。 「 すべての知覚や感情をリセット&中和するところからスタートし、悟りを目指す」という視点に立った人から、「あなたの理論はこだわりすぎだ」と言われたら、だれも否定することができない。 つまり般若経とは、諸哲学の上に立ち、「哲学とはこうあるべき」と言っている教えでもあったのだ。 現代に伝わる様々な哲学では、『存在』とはなんなのか? 『自我』とはなんなのか? ということを問い続けてきた。 昨今でも、科学の諸分野において、精神や魂の実体についての研究や考察が続けられている。 そんな中に、 『虚無性の肯定』『世界の虚構性と真存在の対比』という考え方を投じる仏教の教えは、哲学的に見ても大変意義があるものだ。 まとめ 般若心経が日本人に好まれる理由としては、• 難しい理論を知らなくても実践できる• 和の文化に合っている• 哲学的な奥の深さがある という点があるのではないかと思う。 そんな般若心経について、僕は以下のように解釈した。 「可能な限り物事を中立の視点でとらえ、なおかつ自分自身で考え続ける。 答えがでないのだとしても、その姿勢自体に意味がある」 さて、考えるよりも実践する方が難しい。 これからも僕は無駄に考え続け、無意味なものにとらわれ、苦悶することだろう。 人間にとって、こだわりを捨てるというのはなんと難しいことだろうか。 参考:「大乗仏教入門(大蔵出版 勝又俊教、古田紹欽編)」、「般若心経講義(角川ソフィア文庫 高神-覚昇著)」他 (2016年8月24日 大幅追記) kyamaneko.

次の

【やさしい仏教】般若心経をわかりやすい現代語訳で意味を理解!(まとめ編)

般若 心 経 解説

般若心経とは|全文の意味がわかるとお経は面白い 般若心経とは全文で260字ほどのお経です。 たった260文字ですが、般若心経には仏教の神髄が説かれています。 仏教の神髄とは、「 苦しみから解放され、安らかに生きるためにはどうしたらいいのか?」 ということです。 般若心経以外のお経では何万文字で、仏教の教えを説いているのですが、般若心経はとてもコンパクトに、重要なエッセンスだけを抽出しているのです。 般若心経とは仏教各宗派で読まれる大事なお経 そんなお経ですから、日本の仏教のほとんどの宗派で般若心経は唱えられます。 仏教の宗派はそれぞれにお経の理解や教義に少しずつ違いがあります。 そんな違いがある宗派の垣根を超えて読まれるということは般若心経は、 「苦しみから解放され、安らかに生きる」為に必要な考え方について最もわかりやすいようにまとめられていると言えますね。 般若心経 般若波羅密多心経 の意味は「智慧の完成」 般若心経、正式には般若波羅密多心経 はんにゃはらみったしんぎょう と読む、このお経の名前の意味は、 「 智慧の完成」です。 と言うのは、仏教の最終目標である「苦しみから解放され、安らかに生きる」ために必要なものです。 その智慧を完成させると言うのは、私たちの人生の苦しみを取り除く方法を知るということです。 今回はそんな般若心経の意味について、お釈迦様の言葉や仏教を研究してこられた人達のお言葉で解説していきます。 ここでは、なるべくわかりやすい表現を使って、仏教用語は使わず、コンパクトに解説していきます。 お釈迦様が仏教を最初に教えた頃、つまり2500年ほど前ですが、仏教の教えはとてもシンプルでした。 今は仏教の言葉は漢字が並び、一見複雑に見えてしまうようになってしまいましたが、本来は一般の人にもわかるように、とてもわかりやすい身近な例を用いて解説してくださっていたのです。 今回の般若心経の意味の解説でも、なるべくそういったわかりやすい表現を使いつつ、仏教の専門家による深い解釈も交えながらご紹介いたします。 般若心経 全文 ふりがな付 仏説 ぶっせつ 摩訶般若波羅蜜多心経 まかはんにゃはらみたしんぎょう 観自在菩薩 かんじーざいぼーさー 行深般若波羅蜜多時 ぎょうじんはんにゃーはーらーみーたーじー 照見五蘊皆空 しょうけんごーおんかいくう 度一切苦厄 どいっさいくーやく 舎利子 しゃーりーしー 色不異空 しきふーいーくう 空不異色 くうふーいーしき 色即是空 しきそくぜーくう 空即是色 くうそくぜーしき 受想行識 じゅそうぎょうしき 亦復如是 やくぶーにょーぜー 舎利子 しゃーりーしー 是諸法空相 ぜーしょーほうくうそう 不生不滅 ふーしょうふーめつ 不垢不浄 ふーくーふーじょう 不増不減 ふーぞーふーげん 是故空中 ぜーこーくうちゅう 無色無受想行識 むーしきむーじゅーそうぎょうしき 無眼耳鼻舌身意 むーげんにーびーぜっしんにー 無色声香味触法 むーしきしょうこうみーそくほう 無眼界 むーげんかい 乃至 ないしー 無意識界 むーいーしきかい 無無明亦無無明尽 むーむーみょうやくむーむーみょうじん 乃至 ないしー 無老死 むーろうしー 亦無老死尽 やくむーろうしーじん 無苦集滅道 むーくーしゅうめつどう 無智亦無得 むーちーやくむーとく 以無所得故 いーむーしょとくこー 菩提薩埵 ぼーだいさったー 依般若波羅蜜多故 えーはんにゃはーらーみーたーこー 心無罣礙 しんむーけいげ 無罣礙故 むーけいげーこー 無有恐怖 むーうーくーふー 遠離一切 おんりーいっさい 顛倒夢想 てんどうむーそう 究竟涅槃 くーぎょうねーはん 三世諸仏 さんぜーしょぶつ 依般若波羅蜜多故 えーはんにゃはーらーみーたーこー 得阿耨多羅 とくあーのくたーらー 三藐 さんみゃく 三菩提 さんぼーだい 故知般若波羅蜜多 こーちーはんにゃはーらーみーたー 是大神呪 ぜーだいじんしゅー 是大明呪 ぜーだいみょうしゅー 是無上呪 ぜーむーじょうしゅー 是無等等呪 ぜーむーとうどうしゅー 能除一切苦 のうじょいっさいくー 真実不虚 しんじつふーこー 故説般若波羅蜜多呪 こーせつはんにゃはーらーみーたーしゅー 即説呪曰 そくせつしゅーわつ 羯諦 ぎゃーてい 羯諦 ぎゃーてい 波羅羯諦 はーらーぎゃーてい 波羅僧羯諦 はらそうぎゃーてい 菩提薩婆訶 ぼーじーそわか 般若心経 はんにゃしんぎょう 般若心経の全文の印刷用PDFファイルはこちらの寺院公式サイトで無料でダウンロードさせていただけるそうですので、印刷されたい方はこちらへどうぞ。 全文縦書きでフリガナ付です。 般若心経の意味をわかりやすい例を入れて解説 ここからは般若心経を部分部分に分けてその意味を解説いたします。 まずは、厳密な現代語訳ではなく、大事な言葉の意味などを例を交えて解説し、その後専門家の現代語訳を参考に全文の現代語訳もご紹介します。 解説に入る前に背景知識として、般若心経には2人の人物が出て来ているとイメージしてください。 一人は智慧を完成した人、もう一人は修行中で智慧を完成する方法を聞いている人です。 修行中の人が、智慧を完成させた人にどうやったら智慧を完成させられるのかということを聞いているという状況です。 仏説 ぶっせつ 摩訶般若波羅蜜多心経 まかはんにゃはらみたしんぎょう 日本で多く読まれる般若心経には、この部分がないこともあるのですが、ある場合を想定して、解説いたします。 この部分は「仏となったお釈迦様が説いてくださった、非常に素晴らしい智慧の完成のための教え」という意味です。 「仏」という言葉は、「悟りを開いたもの」つまり、「苦しみから解放され、安らかな世界にたどり着いた人」を意味します。 お釈迦様はこの世の苦しみから解放されるための方法を考えに考えた結果、というこの世の絶対のルール、そして苦しみから解放されるために必要な智慧を得て仏・仏陀 ブッダ となりました。 その素晴らしい智慧を完成させた仏であるお釈迦様がこのように教えてくださったのですと言うところからスタートします。 観自在菩薩 かんじーざいぼーさー 行深般若波羅蜜多時 ぎょうじんはんにゃーはーらーみーたーじー 「さんが智慧を完成させるすごい修行をしていた時に」という意味です。 観自在菩薩とは、観音様と親しみを込めて呼ばれる、菩薩 ぼさつ です。 菩薩とは、仏になる直前の「智慧を完成させる修行中の人」を意味する言葉です。 修行中ではあるのですが、観自在菩薩さんは智慧を完成させていて、仏になれるのに仏にはならず、衆生と呼ばれる苦しみ惑う私たち人間等を救ってくださる有難い存在なのです。 観自在菩薩さんについてはこちらで詳しく解説しています。 そんな観自在菩薩さんが、智慧を完成させるすごい修行をしていた際に、次のようなことに気づいたのです。 照見五蘊皆空 しょうけんごーおんかいくう 「 観自在菩薩さんは 私たちの心と体は全部『 空 くう 』だということがはっきりとわかった」という意味です。 というのは私たちの心と体のことです。 お釈迦様は深い観察の結果、私たち人間は「5つの蘊」というもので成り立っているということに気づきます。 五蘊は具体的には「色・受・想・行・識」のことで、般若心経の途中に何度も出てくる漢字です。 「色」とは この世のあらゆるモノや現象を意味します。 五蘊の中で言うと「色」とは私たちの体、つまりモノ 肉体 とその肉体から発する音や臭いなどの私たちが感じることができる現象を意味します。 「受想行識」とは私たちの心を4つの段階に分けたものを意味します。 観自在菩薩さんは智慧の完成の修行中に私たちの心と体が『 空』ということをはっきりと分かったというのです。 『 空』という漢字一文字で表現されるこの言葉は、 般若心経というお経、ひいては仏教の中で最も大事な言葉です。 つまり、苦しみから解放されるための智慧を完成させるには、この 空の意味が分からないといけないということです。 空の意味について、後程詳しく触れるところがあるので、そこで詳解説します。 度一切苦厄 どいっさいくーやく 「この世のありとあらゆる苦しみから解放された」という意味です。 観自在菩薩さんは、「五蘊が空だとわかった」時にこの世のあらゆる苦しみから解放されたのです。 それほど 空というのは大事な言葉なのです。 ここから般若心経の最も味わい深いところに入っていきます。 舎利子 しゃーりーしー 「舎利子さんよ」 ここは、観自在菩薩さんが智慧の完成のための修行をしている舎利子さんに声をかけているところです。 般若心経は、智慧を完成させきった観自在菩薩が修行中の舎利子さんに智慧を完成させるために必要な講義をしてくださっている場面です。 ここからが観自在菩薩さんが智慧を完成させるためにはどうしたらいいのか?を教えてくれている部分になります。 ちなみに、舎利子さんというのは、実在したお釈迦様の弟子でシャーリプトラという人のことです。 智慧第一と呼ばれ、数多くいたお弟子さんたちの中で最も智慧を持った人だったそうです。 その舎利子さんが智慧を完成するためにはどうしたらと観自在菩薩さんに尋ねているのですね。 色不異空 しきふーいーくう 空不異色 くうふーいーしき 色即是空 しきそくぜーくう 空即是色 くうそくぜーしき 「 色と空は同じなんです」という意味です。 先ほどの五蘊でも出てきた「色」と「空」がまた出てきました。 しかも今回は、「 色と空が同じ」ということを、4回も別の言い方で強調しています。 いかに「 色と空が同じ」ということが智慧の完成のために大事かということがわかりますね。 「色」は先ほど解説した通り、「 この世のあらゆるモノや現象」という意味でした。 般若心経で最も大事な言葉の『空』の意味を解説いたします。 『 空』とは『 実体がない』という意味です。 「色と空が同じ」ということは 「 この世のあらゆるモノや現象には実体がないんです」という意味になります。 言い換えると、「私たちの触ることができる体や、体から発する臭いを含め、この世のあらゆるモノやあらゆる現象は実体がない」ということです。 琵琶という楽器を想像してみてください。 琵琶は触ることができて、弦を引くと私たちの耳で感じる音を奏でる楽器です。 琵琶は「色」です。 この世に存在しているモノです。 この琵琶は「空」、実体がないのです。 「実体がない」という言葉をかみ砕くと、「唯一無二の存在・他のものから完全に独立した不変の実体がない」ということになります。 「琵琶というモノは他のものから完全に独立した不変の実体がない」と言えないから「空」なのです。 琵琶という楽器を分解してみたところを想像してみて下さい。 木でできた本体と弦とその他様々な部品に分解されます。 分解したそれぞれの部品の中に、「琵琶」という存在はありませんね。 分解したところに残るのは、木と弦などの部品です。 琵琶というモノを分解したところ、「琵琶という完全に独立した不変の実体」は見当たらないです。 つまり、木や弦などが集まって琵琶というモノが形作られていたのです。 この 「この世のあらゆるモノや現象は実体はない。 あらゆるモノや現象とは様々な何かが集まって影響しあって形作られたもの」この考え方が「色と空が同じ」、つまり「 」なのです。 別の例を上げてこの「 様々な何かが集まって影響しあって何かを形作る」ということをイメージしてみます。 私たちの体を考えてみてください。 この体は、「唯一無二の存在・他のものから完全に独立した不変の実体」からできているかと言うと、できていませんね。 琵琶と同じように体を分解してみるとしましょう。 小さく小さく分解してみると、私たちの体を形作る最小単位の細胞にたどり着きました。 さらに細胞を分解して、核の中にある、DNAという私たち人間一人一人が他の人と絶対に違うというモノが出てきました。 DNAは私たちの唯一無二のものだと思われますが、DNAはみんな4つの構成要素で形作られています。 どんな人もです。 たった4つの構成要素が集まり組み合わさった結果が、一人一人違う人を形作っています。 どこまで分解してみても、私たちが「唯一無二の存在・他のものから完全に独立した不変の実体」と言うことができないのです。 実体がないという私たちの体や琵琶はどうやって存在しているのか? それは「 様々な何かが集まって影響しあって何かを形作る」その結果たまたま今いるのが私たちや琵琶という色なのです。 物理に強い人であれば、このことは素粒子物理学でイメージできますね。 理系でない人も簡単な話ですので安心してください 素粒子物理学というのは、この世のあらゆるモノの最小単位となる粒のことです。 中学校で習った原子や電子を形作るさらに小さな粒のことを素粒子といいます。 現在素粒子は17種類観察されています。 つまり、今これを読んでいるあなた 色 も、見ているスマホ 色 やパソコン 色 もこの世のあらゆるモノや現象全部、17種類の粒が集まって形作られただけなのです。 そうなると、この世のあらゆるモノや現象 色 の唯一無二の存在・他のものから完全に独立した不変の実体がない 空 と言えると感じませんか。 では「琵琶やスマホという色が空とわかった!でも、今この文章を見て何かを感じている心、意識、思考が空というのは意味が分からない」という人もいるかもしれません。 ちょうど次の段では、それらもまた空と説いているのです。 まだ「色と空が同じ」ということがピンと来ていない人は、「色即是空 空即是色」と同じ意味を持つ、別の仏教用語の「」について解説したこちらをご覧ください。 こちらでは、仏教に精通し東大でも仏教講義をするほどのお笑い芸人さんが、色と空の関係についてとても分かりやすく解説してくださった例を引用して解説しています。 受想行識 じゅそうぎょうしき 亦復如是 やくぶーにょーぜー 「私たちの心もまた空なんです」という意味です。 私たちの心、別の表現をすると、意識やら意思やらマインドやら… 唯一無二と感じる私たちの心は他のものから完全に独立した不変の実体のあるものに感じます。 物事を判断するのが脳なので、きっと脳の中に、私たちの不変の実体である心があると考えてみましょう。 では脳を分解してみましょう。 脳細胞一個一個までに分解してみましょう。 脳細胞一個一個に私たちの心はあるでしょうか? 残念ながらありません。 私たちの心と呼べる意識は、この脳細胞が何兆個も集まって、それらが電気を流しながらお互いに作用していることで生まれます。 脳細胞一個一個では何も考えることはできず、心はないのです。 私たちの心もまた、分解しても実体は見当たらず空でした。 空であると同時に、脳細胞が集まって、心・意識を形作っていました。 またもや「 様々な何かが集まって、影響しあって何かを形作る」というルールに則っていますね。 この「何かが集まって影響しあって何かを形作る」ということを仏教用語で「」と言います。 この世のあらゆるモノや現象、さらには心でさえも、唯一無二の実体があるのではなくて、因と縁とが集まって生じている存在しているのです。 仏教用語でと言います 結論「色は空だし、受想行識という心も空」なのです。 最初に観自在菩薩さんが智慧の完成の修行をしている時に「照見五蘊皆空」と言って「私たちの五蘊 心と体 はみんな空だとはっきりわかった」というところが理解できました。 さて心とまとめていましたが、「受想行識」の意味とはなにか簡単に解説いたします。 受:眼や耳や鼻やという感覚器官で何かを感じること ここでは何かというのは判断ついていません• 想:眼や耳や鼻等で感じる景色や音や臭いを感じること• 行:眼や耳や鼻等で感じた景色や音や臭いから、どういう行動をとるか考えること、意志と言えます。 識:眼や耳や鼻等で感じた景色や音や臭いがどういうものかを認識すること 少し長ったらしい説明になりましたが、こちら後の理解のためにこのように表現しています。 まだ、想行識の部分など五蘊について若干イメージついていないと感じた人はこちらで詳しく、例をもって解説していますのでぜひご覧ください。 とりあえずここでは受想行識は心の働きを4つのステップに分けているとの理解で大丈夫です。 舎利子 しゃーりーしー 是諸法空相 ぜーしょーほうくうそう 「舎利子さんよ、この世のあらゆることは空なんだよ」という意味です。 観自在菩薩さんが舎利子さんに、もう一度この世の色 あらゆるモノや現象 や受想行識 私たちの心 もすべては空なんだと強調しています。 不生不滅 ふーしょうふーめつ 不垢不浄 ふーくーふーじょう 不増不減 ふーぞーふーげん 「 この世のあらゆることが空だから 生まれることも減ることもない、汚れることも綺麗になることもない、増えることも減ることもない」 そもそも全部が実体がない 空 であるから、生まれたり減ったりという現象もないんだということを言っています。 是故空中 ぜーこーくうちゅう 無色無受想行識 むーしきむーじゅーそうぎょうしき 「この世のすべてが空なんだから、私たちの心も体もない」 くどいですが、を言い換えているということです。 さらに、観自在菩薩さんは「空」というのが、どういうことなのか私たちがイメージできるように、具体的に説明してくださる部分がこの後に続いていきます。 無眼耳鼻舌身意 むーげんにーびーぜっしんにー 無色声香味触法 むーしきしょうこうみーそくほう 「 この世のすべてが空なんだから 私たちの体についている眼・耳・鼻・舌・体・心はない。 またそれらで感じる、色 いろ ・声や音・香り・味・触感・心で感じるものもない」 ここまで読んでいただいたら、この部分の意味もわかると思います。 色受想行識という私たちの感覚を司る眼や鼻という器官も、その器官で感じるも景色やにおいも実体がないものなんだということを言っています。 無眼界 むーげんかい 乃至 ないしー 無意識界 むーいーしきかい 「 この世のあらゆることが空なんだから 眼に見えるこの世界も、心の中の世界もないんだ」 ここも先ほどのところにつながっています。 私たちが眼で見ているこの世界、そして眼で感じた景色、景色を見て生じた心の動きこれも全部、空なんだということです。 少し、仏教の専門的な用語を使って解説すると、この「無眼界」は、先ほどの「眼耳鼻舌身意 六根 」と「色声香味触法 六境 」のことを意味しています。 六根と六境を足して十二処と言い、この十二処を「眼界」とまとめていると考えます。 界の中に耳鼻舌身意色声香味触法が込められてる そして、「無意識界」と言うのは、眼識・耳識・鼻識・舌識・身識・意識という言葉をまとめていて、要は心の動きも空だから実体がないといっています。 ちなみに眼識~意識までをまとめて「六識」と表現します。 要はこの世界も心の世界も無いんだということです。 無無明亦無無明尽 むーむーみょうやくむーむーみょうじん 乃至 ないしー 無老死亦無老死尽 むーろうしーやくむーろうしーじん 「 この世のあらゆることが空とわかれば 人生の苦しみの原因が無くなったり、苦しみの原因が無くなることが無くなったり、人生の究極の苦しみが無くなったり、無くなることが無くなったり」という意味です。 この部分はかなり周りくどい表現をしていますが、仏教の「空」に並ぶ非常に大事な教えを表現しています。 「」と言うのは、仏教の教える「苦しみの究極の原因である心が迷うこと」です。 「老死」と言うのは、仏教の教える「究極の苦しみの老いて死ぬこと」です。 この世のすべてが空という考え方を持てば、人生の苦しさの究極の原因自体も空だし、人生の究極の苦しみだって空なんだという意味です。 さらに、この部分には、「悟りという苦しみから解放された世界が無いし、その世界が無くなることもない」と言う言葉がついているバージョンがあります。 一般に知られないですが この「悟りがない」というのは、法隆寺やその他日本に残る世界最古のサンスクリット語で書かれた般若心経の中にはあって、中国やチベットという般若心経が広まった国には見られない表記です。 そのため、「悟りがない」という文言は誤って書かれたものと考えられるのですが、このような表現が存在するのは、悟りというものさえも「空」なのだという考えからだと考えられるのです。 この部分については、仏教研究の第一人者である中村元先生は、 空観の極致においては、迷いが無いとともに、さとりも無いのである。 だからこのような余分なものが付加されたということは、深い意義をもっている。 参照:般若心経 金剛般若心経 中村元 紀野一義 岩波文庫 このように仰っています。 空の奥深さを物語っているのですね。 ただこの部分はお釈迦様の教えをわざわざ否定していることになります。 それはなぜか? 「空」であることを強調するためであること、それに加え仏教の大事な教えである「 中道」を強調するためです。 中道とは「極端なことはせず、ちょうど間ぐらいが良い」という考え方です。 中道のイメージは、人前でスピーチをする時にうまくいくために必要な「程よい緊張」とでも言えます。 過度な緊張をしてしまうと、噛み噛みでうまくいきません。 でも緊張をしなさすぎると、スピーチをする以前に練習をしなかったりして本番で最も良いパフォーマンスが出せなくなります。 他の例を挙げるならスポーツの「程よく力が抜けた状態」にも通じるところがあるでしょう。 お釈迦様は中道で物事を考え、行動するのが良いと考えていました。 だからお釈迦様の教えを否定したような、否定していないような表現をしているのです。 無明についてはこちらで詳しく解説しています。 このお釈迦様の教えを一見否定しているのは次の部分も続きます。 無苦集滅道 むーくーしゅうめつどう 「 この世のあらゆることが空だとわかれば お釈迦様が説いたこの世の4つの真理もないんだ」という意味です。 観自在菩薩さんは自分の大師匠であるお釈迦様が仰ったことを否定しています。 お釈迦様が説いた4つの真理とは、 したい と言い「苦諦・集諦・滅諦・道諦」という「この世の苦しみから解放するために知るべき、苦しみの原因と考え方、苦をなくす方法」のことを言います。 この四諦はお釈迦様が智慧を完成させた後、一番最初に教えを説いた時に言ったものとされ、仏教の基本中の基本の教えです。 この部分も先ほどの部分と同様に完全に否定をしたのではなく、「 空」というこの世の最上級の教えがあるからこそ、お釈迦様の言った言葉だって無いんだということを言っています。 無無明亦無無明尽 むーむーみょうやくむーむーみょうじん 乃至 ないしー 無老死亦無老死尽 むーろうしーやくむーろうしーじん 無苦集滅道 むーくーしゅうめつどう 無無明~苦集滅道はお釈迦様の教えを否定する形ではありますが、それは先ほども解説した「空」と「中道」を強調するためです。 それらを否定したことについて、前述の日本の仏教研究の第一人者の中村元先生は、 仏教の根本である死体を否定するような文句を述べているのは、四諦への執着を破って、四諦の真意を生かすためである。 参照:般若心経 金剛般若心経 中村元 紀野一義 岩波文庫 このように推察しておられます。 お釈迦様の教えは大事ですが、それよりも大事なのは、この世は全部空と言う考え方です。 ちなみにお釈迦様自身も自分を含む仏 如来とも言う という悟りを得たものよりも、この世の絶対のルール 仏教用語で真理 の方が上位であると教えています。 つまり、仏様や神様を含むどんな存在も、この世の絶対のルールは変えられず、そのルールに則ります。 仏 如来 という存在は、そのルールが何なのかをはっきりと理解したことで苦しみから解放された存在です。 ルールありきですので、お釈迦様の言葉に執着するのではなく、この世の絶対のルールである「空」や「中道」を重視しなさいという教えと解釈できます。 無智亦無得 むーちーやくむーとく 以無所得故 いーむーしょとくこー 「 この世のあらゆることが空とわかれば、お釈迦様が説いた苦しみから解放される方法 知ることも得ることも無いのだ。 なぜならそのお釈迦様が説いた方法自体が無いのだから」 これは先ほどの「無苦集滅道」の部分を強調しているということです。 結局あらゆることが空だから、お釈迦様が説いた教えを得ようと思っても、その得ようと思う対象が無いのです。 いうなれば、1億円稼ぐ方法を教えます!と言う広告は信用するなと言っているようなものです。 そもそもそんな方法があるのならこの世のみんながお金持ちですが、実際はそうなっていません。 誰もが絶対にその方法なら1億円を稼げるというものは存在していないのでしょう。 でも1億円稼いでいる人は現実にいますね。 1億円稼ぐ方法はあるけれど、ないようなものでもあって、その教えに固執してはいけませんよと言うことです。 菩提薩埵 ぼーだいさったー 依般若波羅蜜多故 えーはんにゃはーらーみーたーこー 心無罣礙 しんむーけいげ 「菩薩は智慧の完成させているので、心を迷わすものがない」 観自在菩薩さんを含む、苦しみから解放された安らかに生きる世界を目指して修行する菩薩さんたちは、『 この世のあらゆることが空』という智慧をマスターしているので、心に迷いをもたらし、人生の苦しみに陥れてくる事はもはやないのです。 繰り返しになりますが、お釈迦様が「苦しみから解放される方法」を説いた四諦などのたくさんの教えは、「智慧の完成」という目的を達成するための手段です。 でも、この四諦などの教え、修行法に固執してしまい、本来の「智慧の完成」という目的が見えなくなってしまい、智慧の完成はせず「苦しみから解放される」ことができなくなります。 大事なのは、文字で表現されるお釈迦様の教えとかに固執することではなく、 お釈迦様がこの世界をどのように見ていたか? つまり 「この世のあらゆることが空である」と気づき智慧の完成をすることが大事なんだよと強調してくれているのですね。 例えるなら、野球をしていて、ボールを打てるようになるという目的があって、素振りを1000回するという手段があります。 目的を達成するための手段が目的となってしまっています。 ボールを打てるようになるという目的を達成するためには、素振りの回数も大事かもしれないですが、きちんとしたフォームを体に叩きつけるということも大事で、ただやみくもにバットを振っても変な癖がついてしまい、目的を達成するための手段が逆に目的の達成から遠ざけてしまっています。 何かを一生懸命することも大事ですが、目的を忘れず、「中道」という程よい状態で努力をしないといけないということです。 無罣礙故 むーけいげーこー 無有恐怖 むーうーくーふー 「 智慧を完成させたなら 心を迷わすものがないのだから、恐れることは何一つない」 心を迷わすものというのは、生死や善悪の意識など心を縛ってしまうような何かと言うことです。 死ぬことは怖いと思います。 けど、この世のあらゆることが空だとわかれば、生死など私たちを苦しめる、怖い存在だってもはやないのだということです。 遠離一切 おんりーいっさい 顛倒夢想 てんどうむーそう 「 智慧を完成させたなら あらゆるネガティブな感情を生む、悪い妄想はしないようになる」 将来が不安で、すごく心配になり、だんだんネガティブな方向に物事を考えてしまうことはありませんか。 何が起こるかわからないから、心を迷わせるような様々な感情が沸き上がってきます。 現実には何も起きていないのに、苦しみを感じてしまいます。 でも、あらゆることが空であることがわかり智慧を完成させたら、そもそもそんな妄想なんてしなくなって、怖い・苦しいという感情や悩みなんてなくなるんだと言っているのです。 ちなみに、先ほど出てきましたが、お釈迦様は人生の苦しみの根本的な原因は「無明」つまり「知らないこと」だとおっしゃっていました。 「何が起こるかわからない」という無明が苦しみを生むと考えたお釈迦様は本当に私たちの心の動きを細かに分析をしていると感動します。 ただ、「無無明亦無無明尽」です。 「無明がないし、無明がないことがない」のです。 大事なのは『 空』です。 究竟涅槃 くーぎょうねーはん 「 智慧を完成させると心を迷わす悪い妄想はなくなるから 苦しみから解放された安らかな境地にたどり着くんだ」という意味です。 ねはん と言うのは、「苦しみから解放された安らかな境地」のことを意味します。 仏教は涅槃にたどり着くための考え方と方法を教えてくれています。 要は涅槃は仏教の究極のゴール地点です。 般若心経のここまで書いてあることが本当の意味で理解出来たら、智慧が完成し、涅槃という究極のゴール地点にたどり着くのです。 涅槃という言葉についてはこちらでも詳しく解説しています。 三世諸仏 さんぜーしょぶつ 依般若波羅蜜多故 えーはんにゃはーらーみーたーこー 「様々な仏様や菩薩さんたちは、言葉で表現される智慧ではなく、本当の意味の智慧が理解でき、それをよりどころとしている」という意味です。 三世というのは、過去現在未来の3つの世界を意味していて、それらの世界にいらっしゃる仏様や菩薩さんについてお話しています。 様々な仏様や菩薩さんは完全に智慧を完成させ、その智慧をよりどころにしているから、次に続く「 阿耨多羅 あーのくたーらー 三藐 さんみゃく 三菩提 さんぼーだい」を得ていると次の部分につながります。 ここまで、「空」について、お釈迦様や専門家の方の言葉を参考にご説明しましたが、文字でただ空がわかってもダメなんです。 本当の意味で、「空」ということを理解しないといけないんです。 本当の意味で「空」を理解し、智慧が完成すれば、「 阿耨多羅 あーのくたーらー 三藐 さんみゃく 三菩提 さんぼーだい」が得られるんです。 得 阿耨多羅 とく あーのくたーらー 三藐 さんみゃく 三菩提 さんぼーだい 「完全なる悟りを得て、苦しみから解放されている」 阿耨多羅 あーのくたーらー 三藐 さんみゃく 三菩提 さんぼーだい というのはサンスクリット語という般若心経が元々書かれていた言語を音のまま訳したもので漢字に意味はありません。 この部分の元のサンスクリット語と、その解説を専門家によると、 阿耨多羅三藐三菩提 ー 原語アヌッタラー・サムヤックサンボーディ anuttara sam-yak-sambodhi の音訳。 中略 「この上もない、正しく平等な目覚め」「完全なさとり」の意である。 出典:般若心経 金剛般若心経 中村元 紀野一義 岩波文庫 故知般若波羅蜜多 こーちーはんにゃはーらーみーたー 「 人々は苦しみから解放さえるの だから、智慧の完成とはどんなものかを知るべきだ」 ここから、智慧の完成とはどんなものなのかと言うことを詳しく解説しています。 是大神呪 ぜーだいじんしゅー 是大明呪 ぜーだいみょうしゅー 是無上呪 ぜーむーじょうしゅー 是無等等呪 ぜーむーとうどうしゅー 「 智慧の完成とは 計り知れない力を持った、他に比べるものがないほど最上のご真言なのです」 もしくは 「 智慧の完成 のための計り知れない力を持った、他に比べるものがないほど最上のご真言」という意味です。 ご真言と言うのは、サンスクリット語でマントラと言い、唱えることだけで、様々な効果をもたらしてくれるという呪文のことです。 お釈迦様は、仏教でそういった、唱えるだけで効果があるという言葉を意外にも認めていて、毒蛇除け、歯痛、腹痛に聞くご真言がお釈迦様の時代からありました。 「呪」の漢字が現在では「呪い」と良くない時に使われますが、本来は「咒」と訳され、不思議な力を持った言葉のことを意味します。 「神」や「明」、「無上」「無等等」とついているのは、この唱えるだけで、効果があるご真言をひたすらに褒めているのです。 神と言うのは、Godの神ではなく、不思議な霊力を持ったということを強調するための言葉と考えられていて、「明」は悟りのこと、「無上」はこの上ないということで、「無等等」とは比べられるものはないということ。 能除一切苦 のうじょいっさいくー 真実不虚 しんじつふーこー 「 最強のご真言は 全ての私たちの苦しみを取り除いてくれる、偽りのない真実である。 」 智慧の完成とは「最強のご真言」のことと言った後、その最強のご真言は、私たちの苦しみを取り除いてくれる効果があると教えてくれています。 故説般若波羅蜜多呪 こーせつはんにゃはーらーみーたーしゅー 即説呪曰 そくせつしゅーわつ 「 最強のご真言は 智慧の完成する上で、次のように教えられたのです」 ついに観自在菩薩さんが、最強のご真言を教えてくれます。 羯諦 ぎゃーてい 羯諦 ぎゃーてい 波羅羯諦 はーらーぎゃーてい 波羅僧羯諦 はらそうぎゃーてい 菩提薩婆訶 ぼーじーそわか 「ぎゃーてい ぎゃーてい はーらーぎゃーてい はらそうぎゃーてい ぼーじそわか」 ここは訳しません。 なぜなら、仏様が教えてくれた、最強のご真言にして、唱えるだけで様々な効果を与えてくれる、不思議な力を持った 大神呪 、悟りの 大明呪 言葉だからです。 手を加えず、そのまま唱えるものなのです。 訳をしないからこそ、神秘的な力を持つ表現になるそうです。 ちなみに、般若心経は日本以外でも中国やチベット、韓国でも好まれるとても有名なお経ですが、どの国でも訳されることはなく、そのまま読まれています。 無理に訳すことはできるそうですが、この部分について専門家の方は、 この真言は文法的には正規のサンスクリットではない。 俗語的な用法であって種々に訳し得るが、決定的な訳出は困難である。 出典:般若心経 金剛般若心経 中村元 紀野一義 岩波文庫 と仰っています。 それでも、様々な解釈をもって、 羯諦 ぎゃーてい 羯諦 ぎゃーてい 波羅羯諦 はーらーぎゃーてい 波羅僧羯諦 はらそうぎゃーてい 菩提薩婆訶 ぼーじーそわか を次のように訳しています。 往ける者よ、往ける者よ、彼岸に往ける者よ、彼岸に全く往ける者よ、さとりよ、幸あれ。 出典:般若心経 金剛般若心経 中村元 紀野一義 岩波文庫 と言うのは、「苦しみから解放された安らかな境地」のことを意味しています。 般若心経 はんにゃしんぎょう 「以上が智慧の完成の神髄である」 「般若心経」というお経の名前の意味である、「智慧の完成」についてまとめましたということです。 ここで般若心経の「心」と言うのは、サンスクリット語では「心臓」の意味を持つ言葉です。 私たちが心臓を体の臓器の中でも重要視するように、古代のインドでも心臓を重要視していました。 先ほどのご真言の 羯諦 ぎゃーてい 羯諦 ぎゃーてい 波羅羯諦 はーらーぎゃーてい 波羅僧羯諦 はらそうぎゃーてい 菩提薩婆訶 ぼーじーそわか この言葉は智慧の完成の心臓のような、最も大事な教えだということ強調していると考えられます。 以上、長くなりましたが、般若心経の意味について簡単にご紹介いたしました。 続いて、ここまでの般若心経の意味をすべてまとめて、般若心経の現代語訳をご紹介いたします。 般若心経 現代語訳 悟りを得た観自在菩薩さんは、深遠な智慧の完成の修行を実践していた時に、この世に存在するモノには、5つの構成要素があると見極めました。 さらに、観自在菩薩さんは、これらの構成要素は、実体のない『空』であると見抜いたのです。 これを見抜いた時、観自在菩薩さんはあらゆる苦しみから解放されたのです。 観自在菩薩さんが呼びかけました。 「舎利子さんよ、 この世では、あらゆるモノや現象は実体がないということから異なることはなく、実体がないと言っても、あらゆるモノや現象として存在しているのです。 つまり、 あらゆるモノや現象は実体がなく、実体がないということは、あらゆるモノや現象であるということです。 モノや現象以外にも、私たちの心も実体はないのです。 舎利子さんよ この世のあらゆることは「空」、つまり実体がないのです。 生まれることも消えることもなく、汚れることもきれいになることもなく、増えることも減ることもないのです。 この世のすべてに実体がないという世界においては、モノや現象、私たちの心なんてものはないのです。 ということは、私たちの眼や耳や鼻や舌や体や心もなくて、景色や声や香りや味や触れるモノや心で感じるものも本当はないのです。 私たちの見えている世界も、心の世界も全部ないのです。 この世のあらゆることが空だとわかれば、迷うことが無くなり、迷いが無くなることも無くなります。 さらに老いること・死ぬことが無くなり、老いること死ぬことが無くなることも無くなるという境地に至ることができます。 そして、この世のあらゆることが空だとわかれば、苦しみ、苦しみの原因、苦しみをなくすこと、苦しみをなくすための方法というお釈迦様の教えもないのです。 つまりこのお釈迦様が説いた教えを知ることもなく、得る事もないのです。 なぜならそもそも得る対象がないのだから。 悟りを得た多くの菩薩さん達は、智慧の完成をよりどころとしているので、心を迷わすことはなく安らかにいるのです。 心を迷わすものがないから、恐れることはなく、良くない妄想をする心から遠く離れ、苦しみのない安らかな境地にいるのです。 過去現在未来にいる菩薩さんたちは皆、智慧の完成をよりどころとしているので、正しい悟りを得たのです。 だから、人々は知るべきなんです。 智慧の完成と言うのは、とても不思議な力を持った大いなる真言、大いなるさとりの真言、この上ない最上の真言、他に比べるものはない真言のことであり、この世のあらゆる苦しみを鎮めてくれる偽りのない真実なんだと。 だから智慧の完成という真言について教えるのです。 その真言というのは、智慧の完成において、次のように説かれました。 羯諦 ぎゃーてい 羯諦 ぎゃーてい 波羅羯諦 はーらーぎゃーてい 波羅僧羯諦 はらそうぎゃーてい 菩提薩婆訶 ぼーじーそわか 以上が智慧の完成の神髄です。 」 般若心経の現代語訳について 般若心経の現代語訳は、サンスクリット語という般若心経が元々書かれていた言葉を研究している人、瀬戸内寂聴さんなど有名な僧侶の方、仏教を研究している多くの人によって様々あります。 今回は、中村元先生という仏教研究の第一人者が、サンスクリット語からの般若心経の現代語訳、解釈を解説してくださっている本の内容を参考に、解説しました。 少し、それでも伝わりにくかったところもあるかもしれません。 そこで、もしさらに分かりやすく般若心経の入門本を読んでみたいと考えた方は、「えてこでもわかる 笑い飯哲夫訳 般若心経」という本を読んでみることをおすすめします。 今回はあまり漢字一つ一つの意味から解釈をせず、大まかな流れで意味を解説したのですが、笑い飯の哲夫さんは、一文字一文字の意味をしっかり吟味し、身近な例で般若心経の現代語訳をしています。 般若心経にまつわるお話 般若心経を唱える際の作法や、般若心経の意味は間違いだという説についてなど、様々な説をご紹介いたします。 般若心経の読み方や唱える際の注意点 般若心経を唱えることについてですが、お仏壇の前や寺院にお参りに行った時、お墓の前、お葬式の際にのみ読まれるものという決まりはなく色んな場面で唱えられます。 座禅体験なんかで寺院に行くと、座禅前に般若心経を唱えることがあったり、般若心経の写経をしたりと、色んな場面で般若心経がでてきます。 そんな時、気づくと思いますが、お坊さんによって、般若心経の読み方は少しずつ違いがあります。 大体息継ぎするところも同じですが、時々自分の息継ぎのタイミングと違ったりします。 要は、これでなければいけないという読み方はないのです。 ただ仏壇の前で読む際は、読み方以外の部分で宗派によって作法があるので、その点気になる方は菩提寺となるお寺さんや近くのお寺さんに聞いて見てもいいでしょう。 般若心経を唱える回数は、普通に一回で良いと考えますが、回数を読めば読むほどその功徳 ご利益 に預かることができると考えます。 般若心経を10回、100回、1000回と唱えることで、功徳が大きくなるというのですが、このあたりは皆さんが何を信じるかですので、参考にしてみてください。 個人的におすすめの般若心経の覚え方 般若心経の覚え方はシンプルで、ひたすらに毎日聞いて、唱えてを繰り返すのが良いと思います。 私の場合は、般若心経を唱えるようになる前から、毎日父や祖母がお仏壇に向かって般若心経を唱えていたその音が耳についていたので、般若心経を覚える時、そのリズム感を元に比較的スムーズに覚えることができるようになりました。 最初から毎日練習で唱える時間を取るよりも、まず毎日般若心経を聞いて、そのリズム感を覚えると楽かもしれません。 最初は詰まってしまい読むのに時間がかかるということもあって少し面倒に感じやすいかもしれないからです。 般若心経の音声 お寺さんのyoutube動画です 般若心経を覚えたい、もしくは般若心経を聞いて心を落ち着けたいのなら、上記のyoutube動画をご覧ください。 お坊さんが実際に唱えている般若心経の音声が流れます。 他にもyoutube上では様々な般若心経の音声動画があるので、ご覧になってみてもいいかもしれませんね。 仏壇に向かって唱える際は 家に仏壇があって、毎朝唱えるご家庭もあります。 私はそういった家に育ったのですが、お仏壇の前で般若心経を唱える際には、お供え物のお水やろうそく、線香を灯して、般若心経を唱えます。 ちなみに、お供え物には、実は意味があって、智慧の完成 般若波羅蜜 をするための修行法である、の6つの修行項目を表していると言います。 宗派によって違いはありますが、般若心経を仏壇の前で唱えるなどお勤めの作法について、天台宗の公式ページで解説してくださっているので、参考にしてみてください。 参考: ただ一番いいのは、菩提寺の宗派にあったお勤めの作法を行うことと思います。 参考の天台宗のサイトでは、天台宗に特有のお経についても紹介います。 般若心経の効果について 般若心経の効果については、様々話があります。 多くの経典の中で繰り返し強調されていて、とても多くの挿話があります。 また現代でも、• 1000回読んで願い事が叶う• 除霊の効果がある• 般若心経を読めば、聞けば、落ち着く などなど、それらはお坊さんが話していることもあれば、個人のエピソードとして語られこともあります。 般若心経がそれら現実に起きたことと因果関係があるのかは置いておいて、有名な般若心経のエピソードについて少しばかりご紹介します。 耳なし芳一|除霊の呪文としての般若心経のエピソード 琵琶を弾いたら腕随一と言われた芳一という法師のお話です。 この耳なし芳一の話は般若心経によって幽霊から助けられるという物語です。 こちらのyoutube動画でその内容がありますので気にある方はご覧ください。 般若心経を唱え救われた奇跡の話 般若心経を唱えていたら、願い事を成就してもらった、救われたという話はたくさんあるようですが、まんが日本昔ばなしにあったお話をご紹介しておきます。 その話は「山の神とかしき」と言い、かしきが「般若心経」と唱えていたことで、救われたというお話です。 こちらに詳細があるので気になる方はご覧ください。 参考: 般若心経を写経し開運や願い事の成就のためにお供えした 今でもこれは行われていますが、古くから般若心経を読むのではなく、写経し、書いたものをお寺に奉納して様々な願い事成就、開運の祈願をしてきました。 病気平癒、その他様々な願望成就のために般若心経を何遍も写経しお供えしていたのです。 般若心経の功徳については、科学的根拠はなく、信じるかどうかのお話になってきますので、あまり突っ込んではご紹介しません。 ただ、読むだけで効果があるということから、文字が読むことができない人が多くいた時代には、般若心経の音を絵で表現して、般若心経を文字が読めない人でも読めるようにした、絵心経、絵般若心経というお経も作られました。 とても多くの人が、般若心経を読んで願いを叶えようとしてきたのです。 般若心経は間違いという説 般若心経の中に書いている内容は間違いという説があります。 「」の「空即是色は間違いだ」と仰った上座部仏教の権威の一人、スマナサーラ長老の説は有名です。 また、内容が間違っているという以外にも般若心経というお経の存在自体、誰が作ったのかはっきりせず、偽経と言い、お釈迦様の言葉ではない後の世の創作されたそもそも正しくないお経だという説など様々な意見があります。 この般若心経が偽物のお経だという説について、般若心経の歴史を踏まえて解説いたします。 般若心経の歴史 まずは般若心経の歴史の最も通説とされるものから解説いたします。 般若心経が成立した時期ははっきりしません。 紀元後すぐ~紀元後350年という間で様々な説が存在しています。 お釈迦様がブッダ 悟りを開いたもの となり、仏教の教えを説いて、 亡くなって 後500年以上経った、インドで成立したと言われます。 500年も経つと、お釈迦様の教えに対して大きく二つの解釈が生まれます。 それが大乗仏教と上座部仏教 小乗仏教 というものです。 般若心経はこの大乗仏教という仏教宗派側のお経です。 この大乗仏教では空という考え方をとても大事にしていました。 大乗仏教の教えをまとめる般若経という600巻にも及ぶ膨大なお経が作られ、この般若経のエッセンスを抽出して般若心経というお経が作られます。 サンスクリット語名はプラジャニューパーラミターフリダヤスートラと言います そして、作成された原典となる「プラジャニューパーラミターフリダヤスートラ」は大乗仏教が広まった、チベット、中国の僧侶たちがインドの当時の言葉のサンスクリット語で書かれたお経をチベット語・中国語に訳し私たちの知る般若心経ができます。 そして中国の僧侶の方の苦労の結晶とも言うべき般若心経が日本にもたらされるようになるのです。 実は般若心経は複数の中国の僧侶の方がサンスクリット語から漢訳しているので、複数存在しています。 今回、全文をご紹介した般若心経は小本 しょうほん と言い、少しばかり短くなっていて、もう一つ大本 だいほん と言い、小本の般若心経の前後に少しばかり追加で内容があるものがあります。 小本は玄奘三蔵という1400年ほどまえの偉い中国のお坊さんがインドに苦労してたどり着いて漢字に訳して下さったものです。 西遊記のモデルとなった三蔵法師は実はこの玄奘三蔵のことです。 実際に猿・豚・河童がお連れにいたとは考えられませんが、玄奘三蔵がインドに行ったのは、般若心経にも西遊記の話にも出てくる、観自在菩薩さんのお導きがあったからだそうです。 さて、ここまでは現在一般に知られる般若心経の歴史です。 ここからは般若心経が間違いだといわれる説について解説いたします。 般若心経の作者は不明で偽経という説 まず般若心経はだれがまとめたのかがはっきりとしません。 そして、この世に存在する最も古い般若心経は中国語に漢訳されたものです。 それは玄奘三蔵が漢訳したよりも前の鳩摩羅什が漢訳したと伝わるものですが、それも定かではありません。 アメリカのジャン・ナティエ教授は、般若心経は元々中国の人が作ったもので、サンスクリット語のお経は最初にあった中国のお経をサンスクリット語に訳したものだと唱えました。 つまりお釈迦様の直接の教えを書いたお経ではない、偽経であるという説を唱えました。 ちなみに般若心経のサンスクリット語で書かれた原典は、日本の法隆寺にあったものが最古と言われます。 この法隆寺にあったサンスクリット語の般若心経は、遣隋使で609年に小野妹子が隋から持ち帰ったものと伝えられています。 本当かどうかわかりませんが、それ以上前のサンスクリット語で書かれた般若心経が無いために偽経説に対する反論はあっても決定的な答えはまだ見つかっていません。 ちなみに、般若心経で強調されていた「空」という大乗仏教で最も大事な教えとする概念は、大乗仏教に特有のものという説を唱える人もいますが、お釈迦様が実際に発していたであろう言葉をまとめた原始仏教経典の中でも、似たような概念が出てきます。 そのため、「空」は後の世の創作ではなく、仏教にとって大事な概念と考えて大丈夫です。 ただ、浄土真宗では読まれません。 また日蓮宗でも読まれないと言います。 それは、重要視するお経が般若心経以外にあるからです。 浄土真宗では浄土三部経というお経を、日蓮宗では法華経 妙法蓮華経 というお経を重要視するので、般若心経を読まないのです。 ただ、お釈迦様の教えを説くという点ではどちらも同じことを教えています。 ただ教え方が違うだけです。 これは山の頂上を目指して登る時、ルートが一つしかないのではなく、複数あるのと同じようなものです。 頂上 お釈迦様の教え は一つだけですが、その教えを伝える方法にはいくつかあるということです。 ちなみに、時代の影響からか神社 神道 でも般若心経を唱えるところはあるそうです。 般若心経の意味を理解すると、苦しみから解放されるための智慧の完成について書いたお経をなんで先祖供養の場で唱えるのかと不思議になりませんか。 これは色んな解釈があるので、代表的な説をご紹介します。 亡くなった方、ご先祖様が彼岸に行く きちんと成仏する ため• お経を読んでいる、聞いている自分達の考えをご先祖様に聞いていただくため• そもそも理由は後付けで、日本にあった祖霊信仰という信仰形態を仏教が踏襲した。 日本の神道では死を忌むことから仏教が亡くなった方の供養を役割を持ちます などなど、お寺さんの法話を聞いて見ても色んな解釈があると思います。 どのように考えるかは皆さんの考え方次第です。 ちなみに亡くなった方の供養のためにお経を読むと言うのは日本に特有の文化です。 般若心経は英語で「Heart Sutra」 ちなみに、般若心経という言葉は海外でも研究が盛んに行われていたもので英語訳もあります。 海外の仏教学者によって般若心経の英訳も存在しています。 般若心経は英語でHeart Sutra 心経の意味 と訳され、たくさんの本もあります。 興味がある人はぜひそちらもご覧ください。 般若心経の写経について 般若心経の写経は幾年かに一度、注目を集めていますね。 般若心経の写経は、色んな寺院で写経会をしていますし、一般にも写経用のセットなどが売られていたり、さらにネット上で印刷して写経をできる無料のPDFファイルをダウンロードできたり、本当に身近になっています。 写経をすると、脳がリラックス状態になり、さらには脳を活性化することが実験観察で明らかになっていますので、実際に良い効果が得られるようです。 般若心経の写経用のPDFはこちらの寺院のHPで無料でダウンロードできます。 筆を使わず簡単にできるものですので、構えず、ぜひ一度やってみてはいかがでしょうか。 また、寺院によっては持参品なしで参加でき、本格的な写経ができる写経会もあります。 また、寺院から写経用の用紙を送っていただき、そこに願文などを書き入れお寺に奉納するということも行われています。 少し改まった気持ちで写経を行う際の心得などのご作法については、曹洞宗の公式サイトにて解説してくださっていますので、ぜひご覧ください。 参考: 般若心経の意味は意外とわわかりやすい 般若心経に書かれている内容は意外とわかりやすいと感じた方もいたのではないでしょうか。 仏教には2500年の歴史があり、たくさんの人が研究を重ねてきたものですから、たくさんの解釈、言葉が生まれています。 般若心経の教え、つまり仏教の教えを説明する時、それらたくさんの言葉を使って説明されるからわかりやすい教えもわかりにくくなっているかもしれません。 例えば、般若心経の意味を解説している時にもいくつか出てきましたが、は、智慧の完成の目的の「苦しみから解放され安らかに生きる」このことを仏教では、• の境地に至る• 悟りの境地に至る• 解脱 げだつ• 寂静 じゃくじょう• と別の言葉でも表現します。 同じことを聞きなれないいろんな言葉で表現されているので、わかりにくくなってしまいそうです。 しかし、どの言葉も意味するところは同じです。 お釈迦様の言葉を借りると、「智慧の完成」やら「涅槃の境地に至る」やら「彼岸に至る」と言うのは、筏 いかだ に乗って川を渡るようなものと簡単な例えで教えてくださっています。 川に面していると考えてください。 自分のいる岸、これを仏教用語で此岸 しがん と言うのですが、こちらは苦しみが多い世界です。 一方自分のいない岸、向こう側の彼岸 ひがん は苦しみのない安らかな世界です。 般若心経の意味、つまり仏教の教えというのは、この川を渡ってより良い世界に行くための筏を作って、自力で渡りましょうということなのです。 般若心経を本当の意味で理解するのは難しい 般若心経の現代語訳を見て、意味がわかったとしても、誰もがすぐに苦しみから解放された涅槃の境地に至れるのかと言うと、そうではありません。 様々な専門家がわかりやすい例えで般若心経の意味を解説してくれているので頭では理解できると思います。 しかし、解説の途中でも書きましたが、般若心経を本当の意味で理解することは非常に難しく、それゆえにお釈迦様ほど悟った人間、つまりブッダになった人は歴史上出ていません。 それでも、般若心経の意味を読んでみることで、少しは考え方に変化が生まれていたら幸いです。 様々な般若心経の解説本がある中で、中には、読みやすいけど般若心経の本当の意味を解釈しているのかと疑問を持つものもあります。 残念ながら私も本当の意味での「空」を理解し、智慧を完成させている人間とは言えませんので、それらを批判する立場にはないのかもしれませんが。 日本人で仏教の神髄に最も近づいた人であろう空海も般若心経についての解説書を出しています。 分かりやすさより、般若心経の奥深さを知りたい方は、空海の「般若心経秘鍵」という本か解説書を読んでみてはいかがでしょうか。 ちなみに空海が教えた真言宗という仏教は、空の概念は大事にしていますが、 羯諦 ぎゃーてい 羯諦 ぎゃーてい 波羅羯諦 はーらーぎゃーてい 波羅僧羯諦 はらそうぎゃーてい 菩提薩婆訶 ぼーじーそわかのような真言を唱えることで、苦しみから解放されるという教えを説いています。 空の概念を理解することと同様に、真言を唱えることを重要視しています。 このように仏教にはたくさんの教えが生まれていて、とても奥深いものになっています。 般若心経の意味を知って仏教に興味を持ったなら 般若心経について長々とご紹介し、最後までお付き合いくださりありがとうございます。 最後に、般若心経の意味を知って、仏教の教えってなんだか面白そうだなということを感じたなら、ぜひ般若心経以外の仏教の重要な教えを知らない方は、般若心経以外の教えもご覧になってみてください。 仏教は「この世のあらゆる苦しみからどうやったら解放されるのか」ということを、お釈迦様というこの上なく賢い方が、考えに考えて生まれたものです。 般若心経は呪文的要素もありましたが、仏教の教え自体はとても現実的であり、合理的な考え方は、般若心経がわかると気持ちが楽になるというのと同じように、この現実世界の見方を変える、とてもよい薬のようなものです。 お釈迦様は自らのことを医者だと言っておられました。 人は「人生の苦しみという病気」に悩んでいて、お釈迦様の役割は医者で、その病気を取り除くことです。 お医者さんは患者一人一人にあった治療をしますね。 お釈迦様も同じです。 「人生の苦しみという病気を取り除く」という目標があるからこそ、お釈迦様に教えを乞う人達一人一人にあった方法で薬 教え を与えていました。 それゆえに後の世では矛盾していると考えられるような教えがあったりもするわけですが、すべては「人生の苦しみ」を取り除くためのことなのです。 後の世がどうとか考えず、いかに今目の前の現実を苦しみ無く生きるかに集中したお釈迦様の考え方、教えにぜひ触れてみてください。 仏教の最も大事な3つの教え三法印 仏教の教えとは?をたった3つに言いまとめたものを三法印と言います。 しょぎょうむじょう• しょほうむが• ねはんじゃくじょう という三つです。 空という教えは、この諸行無常と諸法無我を言い表したようなものです。 また、この仏教の最も大事な3つの教えにもう一つ大事な教えを足して、四法印という言葉もあります。 四法印とは、上記の三つに いっさいかいく を入れたものです。 これらについてはそれぞれこちらで詳しく解説していますのでぜひご覧ください。 また真理という言葉についてはこちらで詳しく解説しています。 般若心経に書いていない悟りを得る方法 般若心経では、具体的に悟りを得る修行法は書かれていませんでした。 むしろ、それらの修行法に執着しないように、否定的な表現までしていましたね。 ただ、仏教ではこれら修行法もとても大事な教えです。 それらについても簡単に解説いたします。 般若心経で「無苦集滅道」と言い、お釈迦様が説いた四諦を否定していましたが、四諦という教えは以下の4つの教えです。 苦諦:この世は苦しみばかりの世界• 集諦:苦しみばかりの世界である原因について• 滅諦:苦しみから解放されるには、原因を滅したらよい• 道諦:苦しみから解放されるための道 四諦という仏教の根本の教えについてはこちらで詳しく解説しています。 この四諦の道諦に当たる、具体的な苦しみから解放されるための道 修行法 はと言われます。 八正道とは以下の8つの要素です。 正見 しょうけん :正しいものの見方・考え方を持つこと。 偏った見方 自己中心的な考えなど で物事を見ないこと• 正思惟 しょうしゆい :怒りや憎しみ等の感情にとらわれず、正しい考え方で判断をすること• 正語 しょうご :嘘や悪口、二枚舌は言わず、正しい言葉を発すること• 正業 しょうごう :殺生や盗みなど道にそれたことはせず、正しく生きること。 のままの行動を慎むこと• 正命 しょうみょう :規則正しい生活を送ること• 正精進 しょうしょうじん :正しい努力をすること• 正しく善悪を見極め、善行する努力をすること• 正念 しょうねん :正しい志、意識を持つこと• 正定 しょうじょう :正しい心の状態を保つこと。 正しい禅定 座禅 を行うこと 八正道についてはこちらで詳しく解説しています。 また、お仏壇のお供え物がこの教えを意味しているというところで一度出てきましたが、六波羅蜜という修行法があります。 大乗仏教ではこのを「苦しみから解放されるために」行うべき実践項目と言います。 六波羅蜜とは以下の6つの要素です。 布施 ふせ :人のために善行すること。 ほどこすこと。 持戒 じかい :自らを戒め生活すること。 つつしむこと。 忍辱 にんにく :困難に耐えて生きること。 しのぶこと。 精進 しょうじん :最善を尽くし努力をし向上心を持ち続けること。 はげむこと。 禅定 ぜんじょう :心を落ち着け、動揺しないこと。 しずけさを保つこと。 智慧 ちえ :心理を見極め、真実を見抜く心眼を養い知恵に溺れないこと。 学ぶこと。 六波羅蜜という教えについてはこちらで詳しく解説しています。 ちなみに、仏教の教えのゴール地点である「苦しみから解放された安らかな境地」をと言うと言いましたが、日本の春と秋にやってくるがとを中心にして1週間あるのは、この六波羅蜜が由来なんです。 般若心経・仏教の教えはは私たちの年中行事にまで影響をしているのですね。 と六波羅蜜の関係についてはこちらで詳しく解説しています。 また般若心経の意味である「智慧の完成」の智慧についてはこちらで詳しく解説しています。

次の

般若心経の全文を公開!由来や意味を詳しく解説

般若 心 経 解説

マントラとは真実の言葉を表現する手段 マントラとはサンスクリット語で本来は「文字」「言葉」を意味し、漢訳すると真言で、「聖なるエネルギーを持つ」いう意味もあります。 マントラは繰り返し唱えることで、音のバイブレーションが潜在意識に届き、特定の目的を達成することができるともいわれています。 般若心経のマントラは全22文字 般若心経の全文は4つに分けることができ、マントラというのはその4番目の最後の部分にあたります。 羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提僧莎訶 般若心経 ぎゃていぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼじそわか はんにゃしんぎょう 出典: 仏説摩訶般若波羅蜜多心経 多くの方はこれだけ読んでも意味がよく分かないと思いますが、マントラは音そのものがエネルギーを持っており、意味が分からなくても唱えるだけで効果はあるのです。 しかし、その意味を知っておくと、その効果はもっと高まります。 以下では、般若心経がどんな内容の経典なのかについて見てみましょう。 どの経典もそうなのですが、般若心経の内容は一幕もののドラマのようなものです。 霊鷲山(りょうじゅせん)という山の頂にて、聴衆はお釈迦様の説法を待っていました。 しかし、お釈迦様はいつまでも瞑想している。 観自在菩薩も同じように瞑想に入るのですが、そこである修行を完成させます。 居合わせた弟子の舎利子がそれを見て驚愕し、その境地と修行法について観自在菩薩に教示してもらうというのが、般若心経の概要です。 つまりお釈迦様が語るべきことを観自在菩薩が弟子の舎利子に向かって説いた内容が般若心経なのです。 4つに分けた般若心経の意味を以下に解説していきます。 (五蘊というのは、人間を成り立たせている5つの要素。 これは人間の感覚や感情についても同じで、実体がないならば、生まれることも消えることもなく、汚れることも清らかでもなく、増えも減りもしない。 悩み自体は尽きることがないけれど、苦しみはなく、解決する方法も知る方法も存在しない。 観音菩薩は苦しみを知っているから、こだわりは持つということはせず、この世のあらゆる欲や夢想から離れ、涅槃へと至りました。 マントラは最後の「羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提僧莎訶」 の部分で、直訳すると「往ける者よ、往ける者よ、彼岸に往ける者よ、彼岸に全く往ける者よ、さとりよ、幸あれ」となります。 これを繰り返すことによって苦しみは解き放たれる、それが般若心経なのだということです。 まず、最初の「掲諦(ぎゃてい)」ですが、これは「行く(往く)」という意味より、「理解する」と言うほうがしっくりきます。 掲諦(ぎゃてい)を4度繰り返すことによってより一層理解を高めていきます。 次の「波羅(はら)」は、「彼岸」とも訳される語ですが、「超越的地点」のことです。 これが「掲諦」と結びつくと現時点を超えて行く、となり、悟りが開けてきた様子が分かります。 さらに、「波羅僧掲諦(はらそうぎゃてい)」の「僧(そう)」とは、「完全に」という意味なので、ここでは完全な理解、山を昇りきって何も障害物がない状態、全方位に見晴らしがきく状況が見て取れます。 それがまさしく「完璧な目覚め」であり、超越した悟りであり、自分自身の確立ということを示しているのです。 般若心経マントラを唱えることの効果 1. 浄化と防御 マントラは言葉の意味を伝えるというよりも、音(波動)を伝えることに意味があります。 日本語でも「言霊」と言う言葉があるように、マントラ自体に霊力や功徳が宿ると考えられており、その波動が霊的な影響力を浄化したり、防御したりすると言われています。 地上にいる未成仏の霊達に、僧侶が般若心経を唱えることによって、無事に成仏される。 このような場面をテレビの心霊番組などで見たことはないでしょうか。 般若心経を唱えることで、般若心経の意味も知らない霊達が浄化され無事に成仏されていくというのは、般若心経マントラの浄化パワーの強さを物語っています。 このように僧侶が使うだけでなく、一般に私達が唱えても浄化とまでいかなくても、悪い影響力から身を守ることはできるではないでしょうか。 副交感神経を優位にする これはマントラを含む般若心経などの読経の周波数が関係しています。 徳の高い僧侶の読経は、ソルフェジオ周波数といって体をはじめ脳や無意識の領域に快感と感じる音の領域に達していると考えられており、その中でも528HZはスピリチュアル的に細胞レベルの修復やメンタルを癒す効能があるといわれているのです。 そのため、マントラは唱えるだけでなく、聞くだけでもリラックス効果や、快眠効果があり自律神経の乱れを正すと言われています。 腹式呼吸の効果 マントラを何度も唱えることによって、自然と腹式呼吸をすることになります。 腹式呼吸を意識すると、緊張状態を緩和するので血流アップにつながり、血行不良からくる冷え性や肩こりなど身体的効果のほか、老化予防、免疫力アップにも効果があると言われています。 般若心経は聞き流すだけでも心と身体を浄化します 般若心経独特のリズムには精神を安定させ、疲れた心と身体を癒す効果があると言われています。 以下にYouTubeで聴ける般若心経をリンクして置きますので、是非チャンネル登録し1日30分でも聞き流してみましょう。 きっと疲れた心と身体を癒してくれるはずです。 般若心経マントラの唱え方 般若心経マントラを唱えるのに適切な時間や場所などは特にないのですが、マントラ自体は数回連続して唱える方が効果はあります。 ただ唱える時の注意点としては、よこしまな気持ちで唱えないということです。 マントラは、その音のバイブレーションで唱える本人に知恵と恵みを与え、そしてその周囲を浄化します。 周囲を浄化することによって、周りの人にも良い影響をもたらします。 またマントラ自体が、唱える人の潜在意識に働きかけチャクラを調整する性質がありますので、落ち着かない所で邪心をもってマントラを唱えると、自分では気付かないところで、潜在意識に悪い影響を与えることもあるかもしれません。 ここまで般若心経と、そのマントラについて解説してきました。 言葉の意味よりも、音のバイブレーションで潜在意識や周囲に影響を与えるマントラ。 その霊的パワーが強ければ強いほど、扱い方には注意が必要です。 気持ちが落ち込んだ時や、前向きになれないとき、心をからっぽにして、音に集中して一心に唱えてみると、気持ちがすっきりと浄化するだけでなく、潜在能力も開花するかもしれませんね。 くれぐれもよこしまな気持ちでは唱えないように注意してくださいね。

次の