新型 コロナ ウイルス 何 が 怖い。 新型コロナが怖い方々と怖くない人達との違い、共存方法 — 藤川 賢治

新型コロナウイルス 私たちは何を知り、何が解明されていないか

新型 コロナ ウイルス 何 が 怖い

いまも新型コロナウィルスが引き起こす肺炎が、中国だけでなく世界をも揺るがしていることは間違いない。 しかし、人々の心を動揺させているのは、ウィルスだけではない。 まさに新型コロナウィルス肺炎の流行を阻止すべき人たちの「不確実」な発言もまた、世界中の人々の不安を掻き立て、その揺れ幅を拡大させているのだ。 2月3日、WHOのテドロス事務局長は、新型コロナウィルス感染について「や貿易を不必要に阻害する」措置は必要ないと述べて、世界のおそらく数億人の人々の心を大きく動揺させた。 ほんの4日前、テドロス事務局長は深刻な顔をして、まさに新型コロナウィルス感染について「緊急事態宣言」を発したばかりだったからだ。 いったい、何をいっているんだろう。 テドロス事務局長の顔を大写しにしたテレビのニュースを見て首を傾げたのは、私だけではないだろう。 もちろん、1月30日の緊急事態宣言においても留保事項があったことは確かだ。 しかし、こんなに短期間にまったく相反する印象を与えるメッセージを流したら、WHOを信頼することなどできなくなるではないか。 この「訂正」発言は、WHOの執行理事会に出席した中国代表が、各国が講じている入国制限措置や航空各社の中国便運休などが「WHOの提言に反している」と発言し、「故意にパニックを招く」と批判したことと関係があることは明らかだろう。 (このグラフについての解説は文末の 追記を参照のこと) しかし、中国政府が新型ウィルス封じ込め策を徹底させたことは、世界の保健専門家たちが模範的だと称賛しているほどで、他国がそれを見倣うのがいかんといわれたら、「じゃあ、中国国内も封じ込めをやめたら?」と言いたくなる。 しかも、札幌のに遊びにきている中国人が呑気な顔をして「帰国を伸ばそうと思っている」などと発言しているのをみれば、「自国内で大人しくしていたら?」とわめきたくもなるというものだ。 そもそも、日本ではクルーズ船を沖に停泊させて、必死に乗客の検疫を進めている最中なのである。 この類の話は敢えて措くとして、新型コロナウィルス問題が登場してからというもの、いわゆる保健の「専門家」たちも、また、を取材している「報道人」たちも、いっぽうで「中国の新型コロナウィルスの感染は大したことがない」と言ったかと思うと、「ウィルスによる感染は不確実性があるので確かなことはいえない」などコメントしたりする。 確かなことが言えないなら、なぜ大したことがないなどといえるのか。 まず、「中国の新型コロナウィルスは大したことがない」という話の根拠は、単に致命率(死亡率)が高くないということに尽きる。 2月3日の中国政府による発表では、中国の国内感染者は2万438人に達しているが、死者が425人なので致命率は2%ちょっとということになる。 これは2003年のの感染者8096人に対し死者916人の9.6%に比べたらずっと低いが、感染が広がり続けている様子を見れば、とてもすぐに終息しそうにない。 つまり、まだまったく終わっていないのだ。 この死亡率については、ひとびとがパニックを起こさないようにとの配慮からかもしれないが、中東と韓国でしたMERSは、いまも続いていて、致死率は50%といわれるから、こんなのと比べたら、の2%などなんでもないような気すらしてしまうわけである。 海外のジャーナリズムもこうした報道は行っていて、たとえば、1918年から翌年の(インフルエンザ)などは、世界人口がまだ20憶人のときに5000万人が死去したと聞かされれば、などはただの鼻かぜみたいな気がするかもしれない。 さらに、2017年から翌年にかけての、カで流行した劇症インフルエンザなどは、4500万人が感染して6万1000人が亡くなったといわれれば、新型コロナウィルスなどは、ただのインフルエンザよりも、ずっと軽いんだろうと思えてくる。 これで、人びとがパニックに陥らないならいいが、しかし、ともかくの流行はまだ終わっていないし、中国のは人通りがないような状態なのである。 いっぽう、「ウィルスによる感染は不確実性があるので確かなことはいえない」という話でよく出てくるのが、ウィルスは感染する間に変異するので、気が付かないうちに別のウィルスになってしまっている可能性が否定できないというものだ。 これは確かに否定できない。 しかし、今回の新型コロナウィルスが感染のたびに大きく変異してしまうという事例が発見されたわけではない。 ウィルスが変異するとしても何年もかかるというのがふつうだというのが通説だから、なんだか驚かされて損をしたような気になってしまう。 たとえば、の場合もレトロウィルスだから手ごわいということになっていたが、自体の消滅を目指すのではなく、対症療法で発症を防ぐようになったら、あまりこの点を強調しなくなってしまって久しい(だからといって、怖くないわけではないが)。 新型コロナウィルスによる肺炎が登場してきた当初は、たしかに、ものすごい説を唱える「専門家」がいて、いったん感染したらもうだめだろうとか、あるいはのときのように世界に蔓延してしまうのかと思わせる説がいくつも流通した。 たとえば、には症状がでないうちに他の人に感染すると分かっただけで、これは確実に世界的なになると発言していた専門家がいた(まだ、終わっていないのだから可能性はある)。 また、不確実性があると論じつつも、シミュレーションを試みたある大学のチームは、これから6500万人は亡くなると予測した(これも、まだ終焉していないので可能性はあるが)。 2020年2月4日付より 逆に、シミュレーションが得意なはずの経済関係者は、この新型コロナウィルスがただでさえ微妙な経済をめちゃくちゃにするとは思いたくない人が多いようだ。 はをちゃんと乗り越えたから大丈夫とか、流行が経済を崩壊させることはないとか論じているが、もう少しロジカルに考えたほうがいいだろう。 まず、2003年にが広がったときには、は高度成長の最中で、多少の衝撃は吸収することができた。 また、世界への影響についても、規模が当時とはまったく異なり、はるかに大きなマイナスのトを世界に与えることになる。 ここで強調しておきたいのは、新型コロナウィルスが経済そのものをぶっ潰すような力はなくとも、不安を掻き立ててパニックを生み出すくらいのことはあるということだ。 経済については「コモドンの空飛ぶ世界」で連載している「」で論じたので、そちらをごらんいただきたい。 The Feb. 3, 2020より 繰り返すが、新型コロナウィルスの脅威ばかりを強調して、国民にパニックを起こさせてはならないと思うのは当然だと思う。 しかし、そのため議論が単なる図式的なものになったり、木で鼻を括るような権威だけで語っているものが多すぎる。 何かを国民に求めるには、やはり「根拠は何なのか」「何故そうなのか」、しっかりとしたファクトとロジックを備えた議論にして提示するべきだ。 テーマが不確実性を備えている場合には特にそうだろう。 追記;感染数を予測するシミュレーションのグラフ こうしたグラフは、「ケルマック・マッケンドリックのグラフ」と呼ばれ、流行の予測に使われてきた。 感染者、非感染者、感染率、治癒率などからなる単純なSIRモデル、感染者と発症者を分けて考えるSEIRモデルなどがあるが、いま研究者によって使われているモデルは、もっと複雑なもので、に数値を入力してから結果がでるまで2時間もかかるという。 それでも、かなりタイニィなモデルだというのだから、気が遠くなる話だ。 もっとも、発想からすればで説明したように、感染率と治癒率のバランスから生じる数値の上下であることは変わりない。 掲げたグラフは2月4日の数値がどのような増加をみせていくかという、単なる模式的で主観的な予想だが、すでに感染者はだけで7万5000人を超えたという見方や、多いものでは20万人に達しているという予測もあるから、予想としては赤点線のほうがリアリティがある。 こうしたシミュレーションによる数値も、留保事項が多く不完全ではあっても、留保を加えつつデータとロジックを説明してくれたほうが、よほど安心のできるものとなるのではないだろうか()。 HatsugenToday.

次の

新型コロナウイルスの何が怖いのですか?

新型 コロナ ウイルス 何 が 怖い

Contents• L型とS型の違いは何? 中国の研究チームが、3日『国家科学評論』を発表しました。 それにより、新型コロナウイルスは 【L亜型】と 【S亜型】に分類できたということがわかりました。 略してL型S型と言われていますね。 この2つのタイプの違いは何なのでしょうか? それは、 『感染力の違い』 『割合の違い』 『古いか新しいか』 です。 研究チームが103例のウイルスの遺伝子を分析したところ、このうち101例が「L型」と「S型」の2つの型に分類できたということです。 「L型」はこのうち70%を占めて「S型」に比べて感染力が強く、「S型」は遺伝子の特徴がコウモリから検出されたウイルスに近く、「L型」より古い型とみられるとしています。 引用元:NHK NEWS WEB これを見ますと、【L型】のほうが70%と多いことがわかります。 その為、感染力が高いのは【L型】と言われています。 ただ、今後またさらなる変異をする可能性もあるみたいなので、どうなっていくのか不安がまだまだ膨らみますね。 【L型】 ・調べたウイルスの70% ・ 感染力が強い ・武漢市で大半を占めている ・進化したウイルスの可能性 【S型】 ・調べたウイルスの30% ・ 【L型】に比べて感染力は弱い ・コウモリから検出されたコロナウイルスの遺伝子と似ている ・古くから存在していたウイルスの可能性 中国の武漢市では、【L型】が大半を占めていたということです。 あんなに拡大したのは感染力が強いタイプに感染してしまったからなんですね。 【L型】は【S型】が進化した可能性もあるとして研究が進められているそうです。 L型とS型どっちのタイプのほうが毒性が強いの? では、この2つどちらのほうが毒性が強いのでしょうか? 研究チームは地元メディアの取材に対し、「『L型』が、どうやって『S型』から進化したのかや、 どちらのほうが毒性が強いのかはまだ分かっていない」としています。 引用元:NHK NEWS WEB 毒性がどちらが強いかは、まだわかっていません。 感染力が強いのは【L型】ですが、重症化しやすいのはどちらなのか?という部分に関してはまだ答えが出ていないんです。 北京では、 新型コロナウイルスが原因の脳炎が世界初と報道されましたが、脳に影響が出るかもしれないなんて怖いですよね。 この北京の方は無事完治されたそうです。 (良かった。 ) これが、どちらのウイルスなのかはわかっていませんが、両方に効く薬が早く開発されて終息してくれることを願いますね。 インフルエンザのように両方に感染する可能性は? インフルエンザは【A型】【B型】【C型】とあり、A型にかかったあとにC型にかかったとかありますが、新型コロナウイルスはどうなのでしょうか? 【L型】と【S型】どちらにも感染してしまうのか、これについても書かれていました。 多くの患者は1つの型にしか感染していませんが、湖北省・武漢に旅行歴のあるアメリカの患者など2人は、 両方の型に感染した可能性があるとしています。 引用元:NHK NEWS WEB 新型コロナウイルスも、インフルエンザのように どちらも感染してしまう恐れがあるみたいですね。 今のところ、多くはないようですが。 日本でも型が違うのかはわかりませんが、 1度感染した後に陰性になり再度陽性となった方もいましたね。 この方の場合は、2つの菌にかかった再感染ではなく中に菌が残っていての再燃ではないか?と言われています。 どちらにしても、治ったからといって油断はできないということですね。 日本で流行っているのはどちらのタイプ? では、日本で流行ってしまったコロナウイルスはどちらのタイプのウイルスなのでしょうか? こんなツイートがありました。 【速報】新型コロナウイルスには、2種類あって感染力に差があるらしいです。 感染力が強いのはL型で、日本ではS型が多いと。 両方2回感染する可能性もある。 コウモリは確定か~。 だから、感染源の話がいろいろ出るのかも。 — sorriso01 sorriso013 どうやら日本は【S型】が多いとのことです。 3月5日放送のTBS『ゴゴスマ』で報道されていたのですが、2型があるという中国の論文を読んだ方は、 『論文を読みましたが、日本は最初の例は S型だと記載されていました。 』 と言われていたので、【S型】と判断されているようですね。 【S型】は感染力が【L型】より低いと言われているのに、日本ではこれだけ問題となっています。 もし、【L型】が増えてしまったら… と考えると、もう恐怖でしかないですね。 新型コロナウイルス2種類の【L型】【S型】の違いと日本はどっちのタイプのコロナなのか?についてですが、.

次の

新型コロナウィルスの何が怖いのか;パニック防止がパニックを生む

新型 コロナ ウイルス 何 が 怖い

「新型コロナウイルスから回復後に肺に後遺症がある」とイタリア呼吸器学会は先月(2020年5月)末に発表し、日本では肺以外にも後遺症があることが分ってきた。 山梨県の20代の男性は、3月に新型コロナウイルスに感染した後に髄膜炎を発症、一時意識障害もあったが、回復し退院した。 だが、この1~2年間の記憶を失っていることが判明した。 治療した山梨大学医学部付属病院の森口武史医師は、「おそらく髄膜炎だけでなく、脳炎も起こしていて、脳の機能が損なわれたのではないでしょうか。 ただし、治療後のことは全部覚えているので、記憶できなくなったわけではなく、社会復帰できる状態」と話している。 東京都の30代女性は味覚・嗅覚障害になり、PCR検査を受けたら陽性とわかり入院した。 退院後1カ月以上も、味覚・嗅覚障害が残った。 嗅覚障害に詳しい金沢医科大学の三輪高喜教授は、「味覚・嗅覚を感じ取る粘膜にコロナウイルスの受容体が豊富に存在し、受容体にウイルスが付着するとダメージを受け、味覚・嗅覚が失われます。 ダメージが強いと、味覚・嗅覚を感じ取る細胞が死んでしまい、再生に数カ月かかる場合もあります」という。 退院後に気付く新たな症状.

次の