なろう おすすめ。 【内政系】読み専歴9年がおススメするなろう作品10選|ゆゆブログ

【ハーレム】のおすすめ小説10個紹介! : なろう廃人のすすめ

なろう おすすめ

処刑された賢者はリッチに転生してを始める 勇者クレア・バトンと賢者ドワイト・ハーヴェルトは、魔王討伐という偉業を成し遂げた。 しかし、王国にあらぬ疑いをかけられた二人は、公衆の面前で処刑されてしまう。 血肉が朽ち果て骨だけになりながらも自我を保っていた賢者ドワイトは、王国に復讐することを決意する。 それには強大な力が必要であると考えたドワイトは、その身に大量の瘴気を取り込み、リッチに転生した。 その後、復讐を終えた元賢者ドワイトは勇者が実現できなかった真の世界平和を叶える為、不死の国の魔王となった。 に転生したから植民地帝国を築く 日本情報軍所属の主人公は任務中に戦死し、に転生した。 その世界では帝国、王国、そして共和国の三大列強が植民地を巡る壮絶な戦争を繰り広げていた。 前世の未練から世界屈指の大富豪になるという野望を抱いた主人公は、共和国植民地軍に入隊した。 はたして主人公はどのようにしてその野望を実現するのか。 帝国貴族の剣闘士生活 霜の巨人達が目覚めたことで、トーラス帝国は大規模な冷害に見舞われた。 冷害による被害で借金を負った帝国貴族であるルッケル・ファウターシュ男爵は、借金を返済する為に剣闘士となった。 はたしてルッケルは無事に借金を完済することができるのか。 への転生、魔王の副官 に転生したヴァイトは師に出会い、魔法を習得した。 魔術師となったヴァイトは魔王軍第三師団、副師団長となった。 敬愛する上司と頼もしい部下に囲まれて、ヴァイトは日々奮闘する。 死神を食べた少女 王国軍と解放軍による戦争は激化の一途を辿っていた。 そんな中、ある少女が王国軍に志願して入隊した。 入隊理由はお腹一杯食べるため。 そんな理由で彼女が軍に入隊できたのは、このご時世に敵兵の首を何個も持参してきたからだった。 その後、彼女は解放軍の有力を何人も討ち倒し、多くの功績を積み上げる。 しかし、彼女の著しい活躍に反して、連敗する王国は劣勢に立たされていく。 テグスの迷宮探訪録 孤児のテグスは好奇心旺盛だった。 迷宮探索はテグスの好奇心を大いに刺激し、テグスは未成年の頃から迷宮を出入りするようになった。 そして、成人を期にテグスは本格的な迷宮攻略を開始した。 仲間を集め、装備を整え、自身の能力を高めながら、テグスは次々と迷宮を攻略していく。 爆弾魔な傭兵、同時召喚された最強チート共を片っ端から消し飛ばす 爆弾魔の傭兵ジャック・アーロンと六人の日本人たちが、勇者としてに召喚された。 それは爆弾魔の異名を持つジャックにはうってつけの能力だった。 しかし、帝国の人間に役立たずのスキルだと酷評され、理不尽な仕打ちを受けたジャックは激怒し、爆弾製作のスキルを使って帝都を爆破してしまう。 ン 二丁のコルトを携えた一人のガンマンが、に転移した。 その後、ガンマンが訪れた村ではオークの盗賊団が村人を虐げていた。 そんな状況を目の当たりにしたガンマンは、香木を対価にオーク退治を請け負った。 マイナスファンタ 〈〉〈格闘〉〈シューティング〉〈パズル〉〈ホラー〉〈ロボット〉〈ノベル〉 この七つの世界から選ばれし者達が、元の世界への帰還をかけて壮絶な戦いを繰り広げる。 魔王は貯金で世界を変える 魔族の少女が助けを求めた時、魔界から一人の魔王が降臨した。 降臨する際、その魔王は魔族の神から『貯金』という変わった固有能力を授かった。 これは『貯金』の力で世界を変える魔王の物語である。 つのつきのかみさま 目覚めると『わたし』は遥か上空から『彼ら』を見下ろしていた。 彼らは二足歩行の生物で、額から立派な白い角を生やしていた。 これは『つのつき』を見守る『かみさま』の物語である。 小説投稿サイトでランキング一位を取らないと出られない部屋 気がつくと、主人公は一面白の部屋に監禁されていた。 その部屋にはパソコンが一台設置されていて、ディスプレイを注視すると、そこには【この部屋は、小説投稿サイト『小説を書こう』のランキングで一位にならなければ出られない】という文章が表示されていた。 はたして主人公はこの謎の部屋から脱出することができるのか。 高い戦闘能力を持つ謎の種族にマ族とタラバ族は圧倒される。 この事態を憂いたマ族の筆頭戦士アカシは他種族にも協力を仰ぎ、謎の種族を打倒すべく奮起する。 はたして海の覇権を握るのはどの種族なのか。 火刑戦旗を掲げよ! 火刑に処された男がいた。 名はサロモン・ハハト。 彼はアス国を率いて、戦乱の世を駆け巡った。 しかし、ある戦において聖定の勇者を殺めた罪を問われ、断罪されてしまう。 その後、ある村にが誕生した。 名をマルコ。 どこかサロモンを彷彿とさせる男の子であった。 そんな中、世に戦乱の影が忍び寄っていた。 銀色尻尾のラプソディ 気がつくと、主人公は飼い猫のモモちゃんと一緒にに転移していた。 更に子猫だったモモちゃんは、何故かになっていた。 その後、村に辿り着いた二人は生活費を稼ぐべくギルドを訪れた。 村の門番曰く、狩りの腕前があるなら、ギルドの依頼である程度食っていけるとのこと。 はたして主人公とモモちゃんは魔物が出現するこの世界で無事に暮らしていけるのか。 暗殺100人できるかな は熟練の暗殺者である。 そんな彼の元に、1ヶ月で100人暗殺という尋常ではない難易度の依頼が舞い込む。 はたしては無事に依頼を達成することができるのか。 ゴブリンの王国 突然、主人公は緑の体表を持つ醜い化け物『ゴブリン』に転生した。 オークの襲撃による漁夫の利で、運良くゴブリンの長を殺害した主人公は進化を果たした。 進化による力の上昇に酔いしれた主人公は、更なる進化を渇望する。 これはゴブリンの王国を築いた男の物語である。 その後、厳しい鍛錬の末に一端の武芸者に成長したは、己の見聞を広めるためにを旅立ち、となった。 うわっ…俺達 アンデッド って弱点多すぎ…? アンデッドダンジョンで死んだ主人公は、気がつくとレイス(幽霊)になっていた。 太陽の光を弱点とするレイスになったことで、主人公はダンジョンから出られなくなってしまう。 こうしてアンデッドになった主人公は、ダンジョンモンスターの一員となった。 俺がで日本を救う? 主人公、榊原仁志は()が大好きで、彼の人生はと切っても切れない関係にあった。 そんな彼がと共に大正時代にタイムスリップした。 これは国産を製造しながら、日本の未来を変える榊原仁志の物語である。 退魔の盾 (改題 『ガーディアン 新宿警察署特殊事案対策課』) 死に魅入られた主人公は、死の間際を見たいが為に大勢の人々を殺害した。 逮捕後の判決で死刑を言い渡された主人公に絞首刑が執行された。 しかし、死ぬ筈であった主人公はベッドの上で目を覚ました。 死刑直後、主人公は何者かによって蘇生されたのだ。 はたして殺人鬼である主人公が生かされた理由とは。 信長の はの長男でありながらも、信長の後継者にはなれなかった。 その理由は母の実家が力ある後ろ盾でないことにあった。 は、信長のだったのだ。 これはの繁栄に尽力したの武将、の物語である。 剣客伝 国内では名の知れた道場の筆頭剣士であったリー=ウェン・クトは道場を辞した後、辺鄙な片田舎で平穏な日々を過ごしていた。 しかし、ある時をきっかけにリー=ウェンは立て続けに騒動に巻き込まれてしまう。 Hunter and Smith Online 友人の勧めで話題のVRMMOに興味を持った主人公は、サービス開始初日にそのゲームにログインしたのだが、ログアウト不可という異常事態によってゲーム内に閉じ込められてしまう。 そんな状況の中、主人公はバーバリアンプレイという独自のプレイスタイルでゲームを攻略していく。 はたして主人公はゲームから脱出することができるのか。 死霊術師は開拓村でをおくる ある開拓村に優秀な医者がいた。 しかし、それはあくまでも表向きの顔であって、その医者は死霊術師という裏の顔を持っていた。 その死霊術師は開拓村に不利益な人物を秘密裏に暗殺し、更には開拓村の発展の為に迷宮まで造り上げてしまう。 ヤクザな退魔 比嘉笙矢はヤクザである。 比嘉は腕っ節が強いわけでも、知恵が冴えているわけでもない。 にも関わらず、組長や幹部連中からの信頼は厚く、仲間内から一目置かれる存在であった。 その理由は、彼が異能を使えることにあった。 青空の 剣と魔法の世界にとして活動する四人組がいた。 心優しい剣士ジェス。 俊敏な盗賊ライ。 勝気な魔法使いマリラ。 無垢な神官アイリス。 これは彼らの冒険譚である。 魔王城前喫煙所慕情 魔王城内が全面禁煙になった今、魔王城前喫煙所はタバコを嗜むにとって憩いの場となっていた。 これは魔王城前喫煙所に住み着く一風変わった、の日常の一コマである。 騒動録 とあるで巻き起こる、さまざまな騒動を綴った物語。 合計七つのお話で構成される短篇集。 辺境の老騎士 老いた騎士バルド・ローエンは長年仕えた主家を去って、死に場所を探すための旅に出た。 しかし、バルドは知る由もなかった。 その旅路が後に伝説として語り継がれる冒険譚になろうとは。 ゲーム開始直前、プレイヤー各々に特殊な魔剣が与えられた。 はたしてこのデスゲームを勝ち抜くのは一体誰なのか。 『魔法の国』の壊し方 俺をに送った女神がどう考えても破壊神 日本情報軍所属の八代由紀は、突然ウラナと名乗る女神から「私の世界をぶっ壊してほしい」と依頼される。 詳しく聞けば、その世界では魔術師によるが敷かれているせいで、技術進化が起こらないとのこと。 対価として成功後の人生をバラ色にしてあげると告げられた八代は、この依頼を請け負った。 はたして八代は魔術師によって支配された世界をどのようにして破壊するのか。 園丁の王 元傭兵オルソは、ちょっとした手違いから天才造園家として名高いグラーブ・ヴァンブラに弟子入りすることになった。 これは奇妙な造園家とその弟子の物語である。 信長の復讐 で死んだ筈のは、気がつくと毛利家当主、に生まれ変わっていた。 そしての後、家臣として重用していた(のちの)にを乗っ取られたことを知った信長は憤怒し、秀吉に復讐することを決意する。 ・オブ・ザ・デッド ~才能ゼロの魔術師だけど世界を救いたい~ ゾンビが引き起こってしまったで、落ちこぼれ魔術師のルフトは奇跡的に召喚魔術を習得した。 そして、ルフトはこの魔術を駆使し、世界を救おうと決意する。 作家になりたい人が多すぎる とある出版社に勤める主人公の仕事は、一般人の原稿を書籍として販売できるように編集するというものだった。 一般人が書いたトンデモ原稿に対する主人公の思いが、赤裸々に描かれた文芸コメディー。 骨の爺ちゃんと僕 魔術と暗殺術に長ける主人公、ラビック・キュービス。 彼はエルダーリッチのご先祖様と共に魔の森の奥地で幸せに暮らしていた。 そんな中、魔王復活を目論む魔族たちが静かに蠢き出していた。 魔剣拾遺譚 天才鍛冶師だった幼馴染が遺した『魔剣』を全て取り戻す為、剣客ジエンは旅に出た。 これは天下無双を追い求めた剣士と鍛冶師の物語である。 皇帝陛下の猫 魔術と科学技術が発展した世界に、前世の記憶を持った戦闘型の機械人形が誕生した。 前世の記憶という偶然の産物により、試作機にして最高傑作となった機械人形は皇帝陛下へ献上されることになった。 謁見の際、猫と名付けられた機械人形は皇帝陛下の後継となる皇子に仕えることになる。 ビアホール『』 ~鉱山に突如出現したキンキンに冷えたビールの出るお店~ 鉱山内に突如出現した酒場、ビアホール。 そこは『キンキンに冷えたビール』と『見たこともないツマミ』が名物のお店だった。 これはビアホールに通いつめる、の物語である。 亡国の剣姫 新王の命により親衛隊が前王の妾とその娘の捕縛に動き出した。 しかし、娘である"黒髪姫"シオン・ファーライトによって、親衛隊長含め六名の親衛隊員が返り討ちに遭った。 長年引きだったおれが、家族に無理矢理迷連行されて迷宮前に捨てられた件。 そんな中、長年自宅に引きこもっていた主人公、鳴嶋成行は突然家族に放逐され、迷宮探索者として自活していくことを余儀なくされる。 これは引きだった少年が探索者として成り上がるまでの物語である。 迷宮都市 80年前、古代都市の廃墟で魔物と財宝が無限に湧き出す迷宮が発見された。 やがて迷宮探索を生業とするたちによって、迷宮を中心とした街が形成されていった。 そして今日、4人のの卵たちが迷宮都市の育成所にやって来た。 これは新米たちが、初心者の域から一歩抜け出すまでの物語である。 森蝕時代のオーク鬼たち 魔法使いの死体を苗床にして育った植物種の魔物『』に知性が宿った。 己をマンドラゴーラと名付けたそのは、格上である魔法使いの力を吸収したことで、著しいレベルアップを果たしていた。 こうして後に人類の天敵となる、竜すらも殺す森の王『・フォレストキング』が誕生した。 狭間のトト 主人公の少年トトは、兎人には珍しく魔力特化の特性を有していた。 しかし、トトの所持スキルは機械整備のみ。 魔法のスキルは一切持っていなかった。 更に特性の副作用により、他の能力は半分にまで減少していた。 ダンジョン探索隊に付き添う中、収納鞄という装備アイテムで大量の素材を運ぶことくらいが、戦闘をこなせないトトにできる唯一の仕事だった。 洋風迷宮探索純情派 老いぼれと呼ばれる歩兵傭兵のカスパーは、偶然にも迷宮深層への鍵を手に入れた。 晴れて鍵持ちとなったカスパーは蛮族の英雄に教えを請い、迷宮で戦う術を身に付けた。 そして、老いぼれカスパーは成り上がる。 ヒトキルオ 故郷を滅ぼされた日、一二歳の少年ゼクは異形の悪鬼に出会い、その者に類い稀なる剣才を見出された。 これは身も世も捨てた少年が、人斬りとなって戦場を駆け巡る物語である。 迷宮大陸夜話 迷宮が諸方に点在する世界の物語。 一話ごとに完結している、全四話の読み切り短編集。 魔獣と見習い魔術師 魔術師養成機関アカデミーの卒業試験に挑む主人公ノラに課せられた課題は、魔獣ノーグルの討伐だった。 はたして、ノラは災害級に強いと噂される魔獣ノーグルの討伐を成し遂げることができるのか。 堕落剣鎌風 遅れてきた男、芹嘉門。 嘉門は真から命を惜しまぬ武辺者であった。 しかし、戦の世が終わりを告げたこの時代において、嘉門は己の行き先を見失っていた。 そんな中、嘉門の元に暗殺の仕事が持ち込まれた。 斬るべき相手の名は、堀田春元。 彼もまた嘉門同様、遅れてきた男であった。 忘恩剣蛍火 無類の剣人、甲斐谷忠見が死んだ後、甲斐谷の道場主の座は空席となっていた。 次の道場主は、甲斐谷の四天王と呼ばれる四名の師範代の誰かだと目されていた。 しかし、その四名のうち二人が謎の辻斬りによって、斬り殺されるという凶事が起きた。 更にその下手人は甲斐谷忠見が編んだ秘剣、蛍火を受け継いでいると推測された。 この変事に際して、四天王の一人である洗馬源次郎は辻斬りを討つべく一策を講じる。 山賊よ、大志を抱け。 王国再興を成し遂げるために! 突然、に転移した少年バンター。 転移先で滅ぼされた王国の再興を目指す一団に出会ったバンターは、彼らに山賊になるよう助言した。 すると、一団に合流していた亡国の王女にその案が採用され、バンターは彼らの仲間に加わることになった。 はたして、山賊となった一団は王国再興を成し遂げることができるのか。 二ッ櫓の轟号 "大陸"と"島々"との戦争でが使用された結果、島々の勢力圏内に異形化した生物が跋扈するようになり、島々の生態系は激変してしまった。 親方が死んだことで、主人公が所属していた山狩師の組は解散することになった。 新たな仕事を求めて八裂市にやって来た主人公は、そこで貨物列車の機銃手の職に就いた。 はたして主人公は異形の生物が跋扈するこの世の中で、無事に機銃手の仕事を勤め上げることができるのか。 雌狼と独りきりの番(つがい) 生きとし生けるもの、全ての生物に魔力が宿る世界で、同じ魔力の色を持つ個体「魂の番」を探し求める雌の森狼。 ある日、彼女はついに魂の番を発見した。 しかし、その番は森の奥の一軒家に住む人間の男であった。 これは雌狼とその番による異種族間恋愛譚である。 GLITTERS -地底の廃都と黄金の天象儀- マスターキーの二つ名を持つ盗賊ハキムは、黄金の眠る地下遺跡が発見された辺境の町アルムを訪れた。 現地で魔術師と剣士を仲間に加えたハキムは、さっそく財宝を手に入れるべく遺跡の探索を開始する。 そして、ハキムたちは探索を進めていく内に、遺跡に隠された真実に迫っていく。 オマケとして完結済ではないのですが、是非読んでもらいたい 連載中のおすすめ小説が3作あったので、まとめてみました。

次の

【2018年版】「なろう系小説」人気の名作おすすめランキング【書籍化】

なろう おすすめ

私立白嶺学園二年七組の生徒四十一名は、その日、何の前触れもなく発生した異変によって、地球とは異なる、魔法の異世界へと呼び寄せられる。 広大なダンジョンへ散り散りに降り立った彼らは、神が与える加護『天職』の力を手に、唯一の脱出手段があるという最奥に向かって行く。 ある者は勇敢に、ある者は自由に、そして、またある者は悪逆非道に、ダンジョンの攻略を目指す。 しかし、ここに一人、何の戦闘能力も持たない天職を得た生徒がいる。 出席番号19番、桃川小太郎。 信じ合い、愛し合い、そして裏切り殺し合う、美しくも凄惨なバトルロイヤルが、幕を開ける。 完全没入型VR技術が確立されて数年、しかしそれは一般に普及した訳ではなく、まだまだ研究レベルに留まっていた。 その状況を打開する為にとあるゲーム機器メーカーが世界初のVRMMORPG、クロスストーリーズオンラインを発表する。 それは次世代ゲームの可能性を示すためのコンセプトモデル。 限定100人のテストプレイヤー全員にゲーム実況動画の作成を義務付け、その視聴者数に応じた広告料を払うという。 更にゲームクリアに巨額の賞金を掛け、プレイヤー達にプレイ動画の人気とクリア賞金の両面で競わせるという一大ゲームイベントを開催した。 そのゲームへの参加権を得た29歳の元商社マン、一之瀬真也は盗賊となり、盗賊らしいやり方で、時に非情に、時に人と協力して、トッププレイヤーとしてファンとアンチを量産していくこととなる。 金の絡んだ大人達の大人気ないプレイ、ゲームの外で展開される盤外戦や秘密協定、人格を持ったNPC達との交流、様々な要素が混ざりゲームは進行していく。 最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い~帝位に興味ないですが、死ぬのは嫌なので弟を皇帝にしようと思います~ 作者: フォーゲル大陸にあるアードラシア帝国。 強大な軍事力と広大な領土を保有するこの帝国では、帝位を巡って争いが起きていた。 皇太子が決まらず、皇帝の子供たちがあの手この手で勢力拡大を狙っている中にあって、絶対に皇帝にはならないだろうと評される皇子がいた。 第七皇子、アルノルト・レークス・アードラー。 双子の弟にすべてを持っていかれた出涸らし皇子と揶揄される少年だ。 無能で無気力。 毎日遊び惚ける放蕩皇子であるアルノルトだが、裏では大陸に五人しかいないSS級冒険者・シルバーという顔を持っていた。 そんなアルノルトだが、激しさを増す帝位争いを見てある決意をする。 「死ぬのは嫌だし、弟を皇帝にするかぁ……」と。 これは皇帝の地位なんてさらさら興味のない皇子のハチャメチャな暗躍話である。 ぜひ一話だけでも目を通してみてください。 評価や感想は作者の原動力となります。 読了後の評価にご協力をお願いします。 スニーカー文庫にて一巻、二巻好評発売中です 交通事故にあった主人公は気づけば中世西洋風の世界に貴族の息子として転生していた。 前世で何もしなかったことを悔やみ、今世では剣で世界一を目指すと決意したものの、虐げられていた亜人種の奴隷や悪政に苦しむ平民たちのことを知り、革命を起こすことを決意する。 親に隠れて商売をし、稼いだ金で個人の軍団を設立。 序盤は駆け足気味ですが、3章からは落ち着きます。 また、しばらくは軍団規模の戦闘はありません。 現代知識を生かした政治、商売、戦略、スパイ等を利用したファンタジー兼、架空戦記な感じです.

次の

【2018年版】「なろう系小説」人気の名作おすすめランキング【書籍化】

なろう おすすめ

人気のなろう系小説で本当におすすめの名作を読みたい! でも選ぶポイントが良くわからない。 どの作品が面白いのかわからないという方も多いでしょう。 なろう系と言えば、「無職転生」や「転生したらスライムだった件」などを思い浮かべる方も多いと思うのですが、今はそれら以外にもおすすめの名作が多数存在します。 こちらでは、書籍化されている人気なろう系小説の中からおすすめの名作を、 2018年最新のネット検索数が多い順にランキングでまとめています。 なろう系小説選びで迷っている方は、最後まで読んでいただくと参考になる思いますよ! 【2018年版】なろう系人気の名作おすすめランキング 10位『転生したらスライムだった件』 転生したらスライムだった件は、伏瀬によるなろう系小説です。 元々はWEB小説投稿サイトで連載・無償公開していたWEB小説が関連全作品のベースになっています。 主人公、三上悟 37歳・童貞 は大手ゼネコン勤務のサラリーマンだったが、後輩を庇って通り魔に刺され死亡、 何の因果か異世界に転生。 死の間際に脳裏を駆け巡った様々な願いを反映した存在……スライムとして。 「転生したらスライムだった件」の口コミ評判 なろうで転生したらスライムだった件が完結してたから、1週間ぶっ続けで読んだけど、本当に面白いからオススメです。 そんな彼と仲間たちが共に繰り広げる、爽快なバトルアクションが特徴のです。 略称は「ありふれた(公式)」または「ありふれ」。 (ちなみに「ありふれ」はファンによる略称であるが、近頃はオーバーラップ公式や作者も使い始めています) 「ありふれた職業で世界最強」の口コミ評判 そんなわけで「ありふれた職業で世界最強」 オーバーラップ文庫 1巻読んで面白かったからまとめて続き買ってきたゾ。 なろうからの文庫化作品すこすこなのだ。 内容は金!暴力!SEX!って感じ — カコレバ kakoreba なろうの最終兵器は『ありふれた職業で世界最強』だろ? いつかマジでアニメ化しそうなのがやばい — リョウヘイ 劇場版fate観に行こう a1024r1 【2018年版】なろう系人気の名作おすすめランキング 8位『無職転生-異世界行ったら本気だす-』 無職転生-異世界行ったら本気だす-は、理不尽な孫の手著のなろう系小説です。 ネット小説投稿サイトで連載している異世界ファンタジー小説で、 34歳の無職のおっさんが異世界に転成するというキワモノな設定でありながら、綿密につくられた世界観設定やキャラクターが受けて人気作となりました。 2014年1月にMFブックスから書籍化されることが発表され、イラストはシロタカが担当しています。 「無職転生-異世界行ったら本気だす-」の口コミ評判 「無職転生」超絶面白いから是非読んでほしい ネットで検索すればなろう小説ってサイトでオリジナルを無料で読めるし書籍化されたものも漫画版もあるので一度は読んでほしい 自分の語彙力じゃツイッターの文字数制限内にまとめられないので説明できないけど、タイトルで興味を持ったら是非読んでみて — りんご大福 rinngodaihuku35 「小説家になろう」で「無職転生」をずっと読んでるんだけど、ありえん感動してクソ号泣なう なろうといいドラクエといい俺ってこんな涙腺弱かったっけ まあクレしんの映画ではいつも泣いてるけど — 三可 里予 ネ右 糸己 yuknniyk 【2018年版】なろう系人気の名作おすすめランキング 7位『ゴブリンスレイヤー』 ゴブリンスレイヤーは、ハイ・ファンタジー中編AA作品およびGA文庫刊行のなろう系小説です。 元々は作者の小ネタの一つとしてやる夫系掲示板「やる夫板EX」にて投下されたAA作品であり、これを原型として作者自ら応募用に小説としてリライト。 この作品が最終選考まで残った事でGA文庫編集部から声がかかり、ゴブリンスレイヤーの書籍化が決定しました。 第26回ファンタジア大賞大賞受賞作で、投稿時のタイトル名は「ニートなボクが魔術の講師になったワケ」。 著者は羊太郎で、2017年10月現在本編は既刊9巻、番外編として「ロクでなし魔術講師と追想日誌」が2巻既刊されています。 出版社が使用している略称は「ロクでなし」。 一般に用いられている略称は「ロクアカ」。 シリーズ累計は2017年6月時点で200万部を突破している名作です。 「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」の口コミ評判 アニメでハマったロクでなし魔術講師と禁忌教典の小説1、2巻を購入! — ラノベ新人賞応募しまくる!! akaginisumo ロクでなし魔術講師と禁忌教典 小説読んでるけど面白いし可愛い最高や — トマト。 Arisa1212121212 【2018年版】なろう系人気の名作おすすめランキング 5位『オーバーロード』 オーバーロードは、エンターブレインより刊行された丸山くがね(旧名:むちむちぷりりん)著のなろう系小説です。 2010年5月より小説投稿サイトに掲載されており、2012年7月にKADOKAWAエンターブレインより商業用の書籍が出版され、2015年6月からは漫画版が刊行されています。 (マンガ版は月刊コンプエースにて連載中) ソードアート・オンラインやログ・ホライズンなどと同じく、WEB小説の商業化作品で、商業化された現在もWEB連載が継続しています。 商業化されたWEB小説は、WEB公開を終了することが多いですが、オーバーロードは 書籍化に伴いストーリーを変更することで、WEB版、書籍版の両立を実現しています。 ささっ、次回を早く拝見させてくださいまし。 — フィア嬢 sangokusiryo 【2018年版】なろう系人気の名作おすすめランキング 4位『Re:ゼロから始める異世界生活』 Re:ゼロから始める異世界生活は、小説投稿サイトの「小説家になろう」にて連載が始まったなろう系小説です。 () 作者いわく、本作品はほのぼの展開の作品であるとのこと。 (諸説アリ) 連載当初、「小説家になろう」内において、それほどの注目を集めることはありませんでしたが、第一章が終わり、第二章を経て、第三章に入り、 大きく注目を集めることになりました。 WEB版と書籍版は展開面においてはほぼ同じ流れを沿いますが、WEB版での冗長的で無駄な描写等を削り、文章はブラッシュアップしています。 また、WEB版にはないイベントが挿入するなど、少々の改変を行ったりしているため、完全に同一のものが書籍化されているわけではありません。 「Re:ゼロから始める異世界生活」の口コミ評判 ゼロから始める異世界生活アニメみた。 すごくよかった。 なろうにもあった。 続きもみれるがこれをみるとますます時間足りない。。 — いそっぷ あいか推し chip0902 ゼロから始める異世界生活の小説家になろう版、1年ぶりぐらいだしそろそろ賢者の塔編終わってるかなって見たらまだまだまだなのか、続き読みたいーバンバン — ねむいzzz Nemuizzzzz 【2018年版】なろう系人気の名作おすすめランキング 3位『この素晴らしい世界に祝福を!』 この素晴らしい世界に祝福を! は、角川スニーカー文庫より刊行されているなろう系小説です。 元は小説投稿サイト「小説家になろう」で2012年12月から連載されていたWeb小説。 Web版は削除されているため、現在は閲覧することはできません。 Web版と書籍版では主要人物の年齢低下やストーリー展開の変更などがされており、巻を重ねるごとに書き下ろしも増えています。 言わばリメイク作品と言っても過言ではありません。 略称は「このすば」。 Web時代は「祝福」が一般的だったためこちらを使う人も多いです。 「この素晴らしい世界に祝福を!」の口コミ評判 たぶんこれもなろう系なんだろうけど「この素晴らしい世界に祝福を」を兄からの薦めで見てて、チートアイテムをもらえる話だったのに残念な方向に進んで、ハチャメチャで面白い。 名前以外の記憶を失った主人公たちが、突如として見知らぬ世界「グリムガル」に放り出され、パーティを組んで魔物たちと戦い、日々を生き抜いていくファンタジー冒険譚。 特筆すべき点としては、 主人公たちは特殊な才能や勇気を持っているわけではない普通の少年少女であり、英雄や勇者などとは程遠い存在であること。 先輩冒険者たちや同期たちがどんどん活躍していくのを横目に見ながら、主人公たちは拠点周辺の雑魚モンスターを殺すことだけで精一杯。 そんな主人公たちの一見どうしようもない地味な冒険譚を、本作品は非常に生々しいドラマとして表現しています。 いつキャラクターが死んでしまうかもしれない緊張感が味わえる、そんな名作なろう系です。 「灰と幻想のグリムガル」の口コミ評判 大事な人を守るために人はこんなにも必死に強くなろうとすることができるのか。 自分の精一杯を出して、生き抜くこと。 読むと生きる力をあたえてくれる。 本作の大元は自作SS投稿サイトに投稿・公開されている長編小説の「(末期戦モノ)幼女戦記Tuez-les tous, Dieu reconnaitra les siens」であり、エンターブレイン社によって順次書籍化され、単行本が出版されています。 なお、書籍化にあたって原作者の手により大幅な改稿を施されており、以後のコミカライズやアニメ化といった各メディア展開はこちらが元となっています。 WW1~2戦間期をモチーフとする架空の世界を舞台に、幼女ターニャ・デグレチャフとその愉快な仲間たちが織りなす戦いの数々を描いた軍記小説で、「幼女」という題字に萌え要素を期待するととんでもないことになる、硝煙の香り高い本格的戦記ものです。 某赤い国やら某自由の国やらに対する溢れるリスペクト精神を満載しており、共産趣味者たる作者が エンターブレインの正気を疑うほどに「アブない」小説と化しています。 「一応」転生系のTSF作品ですが、内容が内容なのですぐに誰もそんな事に気を払わなくなります。 「幼女戦記」の口コミ評判 幼女戦記 なろう小説からの漫画版なんだけどめっちゃ面白い。 前世がブラック企業のサラリーマンが転生して幼女になり軍国家の犬として働くお話。 アニメもあるから見てくれ。 ターニャちゃんを見てくれ — 裏紅也 urakouya マジでほんと、どう言っていいかわかんないけど、幼女戦記ほんといいから、web版でも書籍でもアニメでもコミックスでもいいからみて……なろう系はなろう系でもよいなろう系だよ……。

次の