白血球数 変動。 血液検査のWBCの基準値。高い場合と低い場合の原因をチェック。

シルニジピン錠5mg「サワイ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

白血球数 変動

眠気 、 不眠 、 手指振戦 、 物忘れ 、 しびれ 、 顔面潮紅 、 動悸 、 熱感 、 心電図異常 、 ST低下 、 T波逆転 、 血圧低下 、 胸痛 、 心胸郭比上昇 、 頻脈 、 房室ブロック 、 冷感 、 期外収縮 、 徐脈 、 嘔気 、 嘔吐 、 腹痛 、 便秘 、 腹部膨満感 、 口渇 、 歯肉肥厚 、 胸やけ 、 下痢 、 過敏症 、 発疹 、 発赤 、 そう痒感 、 光線過敏症 、 白血球数変動 、 好中球変動 、 ヘモグロビン変動 、 赤血球数変動 、 ヘマトクリット変動 、 好酸球変動 、 リンパ球変動 、 浮腫 、 顔浮腫 、 下肢浮腫 、 全身倦怠感 、 頻尿 、 血清コレステロール上昇 、 CK変動 、 CPK変動 、 尿酸変動 、 血清K変動 、 血清P変動 、 脱力感 、 腓腸筋痙直 、 眼周囲乾燥 、 目充血刺激感 、 味覚異常 、 尿糖陽性 、 空腹時血糖変動 、 総蛋白変動 、 血清Ca変動 、 CRP変動 、 咳嗽 、 耳鳴• 副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 2).血小板減少:血小板減少が現れることがあるので、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。 2.その他の副作用:次のような副作用が現れた場合には、症状に応じて適切な処置を行う。 2).腎臓:(頻度不明)クレアチニン上昇・尿素窒素上昇、尿蛋白陽性、尿沈渣陽性。 3).精神神経系:(頻度不明)頭痛、頭重感、眩暈、立ちくらみ、肩こり、眠気、不眠、手指振戦、物忘れ、しびれ。 4).循環器:(頻度不明)顔面潮紅、動悸、熱感、心電図異常(ST低下、T波逆転)、血圧低下、胸痛、心胸郭比上昇、頻脈、房室ブロック、冷感、期外収縮、徐脈。 5).消化器:(頻度不明)嘔気・嘔吐、腹痛、便秘、腹部膨満感、口渇、歯肉肥厚、胸やけ、下痢。 6).過敏症:(頻度不明)発疹、発赤、そう痒感、光線過敏症[このような症状が発現した場合には、投与を中止する]。 7).血液:(頻度不明)白血球数変動、好中球変動、ヘモグロビン変動、赤血球数変動、ヘマトクリット変動、好酸球変動、リンパ球変動。 8).その他:(頻度不明)浮腫(顔浮腫、下肢浮腫等)、全身倦怠感、頻尿、血清コレステロール上昇、CK変動(CPK変動)・尿酸変動・血清K変動・血清P変動、脱力感、腓腸筋痙直、眼周囲乾燥、目充血刺激感、味覚異常、尿糖陽性、空腹時血糖変動・総蛋白変動・血清Ca変動・CRP変動、咳嗽、耳鳴。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人。 (慎重投与) 1.重篤な肝機能障害のある患者[血中濃度が上昇する可能性がある]。 2.カルシウム拮抗剤による重篤な副作用発現の既往のある患者。 3.高齢者。 (重要な基本的注意) 1.カルシウム拮抗剤の投与を急に中止したとき、症状が悪化した症例が報告されているので、本剤の休薬を要する場合は徐々に減量し、観察を十分に行う。 なお、5mg投与より休薬を要する場合には他剤に変更する等の処置をとる。 また、患者に医師の指示なしに服薬を中止しないように注意する。 2.降圧作用に基づく眩暈等が現れることがあるので高所作業、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には注意させる。 (相互作用) 本剤は、主として薬物代謝酵素CYP3A4及び一部CYP2C19で代謝される。 併用注意: 1.降圧作用を有する薬剤[血圧が過度に低下する恐れがある(相加的あるいは相乗的に作用を増強することが考えられている)]。 2.ジゴキシン[他のカルシウム拮抗剤<ニフェジピン等>でジゴキシンの血中濃度を上昇させることが報告されているので、ジゴキシン中毒症状<悪心・嘔吐・頭痛・視覚異常・不整脈等>が認められた場合、症状に応じジゴキシンの用量を調節又は本剤の投与を中止するなど適切な処置を行う(機序は完全には解明されていないが、ジゴキシンの腎及び腎外クリアランスが減少するためと考えられている)]。 3.シメチジン[他のカルシウム拮抗剤<ニフェジピン等>の作用が増強されることが報告されている(シメチジンが肝血流量を低下させ、カルシウム拮抗剤の肝ミクロソームでの酵素代謝を抑制する一方で、胃酸を低下させ、カルシウム拮抗剤の吸収を増加させるためと考えられている)]。 4.リファンピシン[他のカルシウム拮抗剤<ニフェジピン等>の作用が減弱されることが報告されている(リファンピシンにより誘導された肝薬物代謝酵素(チトクロームP450)がカルシウム拮抗剤の代謝を促進し、クリアランスを上昇させるためと考えられている)]。 5.アゾール系抗真菌剤(イトラコナゾール、ミコナゾール等)[本剤の血中濃度が上昇する恐れがある(アゾール系抗真菌剤が本剤の薬物代謝酵素のCYP3A4を阻害するためと考えられる)]。 6.グレープフルーツジュース[本剤の血中濃度が上昇することが確認されている(発現機序の詳細は不明であるが、グレープフルーツジュースに含まれる成分が本剤の薬物代謝酵素のCYP3A4を抑制するためと考えられる)]。 (高齢者への投与) 一般に高齢者では、過度の降圧は好ましくないとされていることから、高齢者に使用する場合は、低用量(例えば5mg)から投与を開始し、経過を十分に観察しながら慎重に投与することが望ましい。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しない[動物実験(ラット)で、胎仔毒性並びに妊娠期間延長及び分娩時間延長が報告されている]。 2.授乳中の婦人への投与は避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を中止させる[動物実験(ラット)で、母乳中へ移行することが報告されている]。 (小児等への投与) 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。 (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 (保管上の注意) 遮光、開封後防湿。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

白血球数が多い・少ない場合

白血球数 変動

白血球数(white blood cellcounts、WBC)の基準範囲• 3-8. 細菌感染症が疑われるとき• 細菌感染症の重症度を判断したいとき• が疑われるとき 〈目次〉• 白血球数とは、白血球数の読み方 血液疾患だけでなく、さまざまな病態を反映する検査 は、外部からの病原体や花粉などの物質から私たちの身体を守り、体内で生じるさまざまな炎症に対して免疫反応を示す細胞です。 白血球の種類には、体内に侵入した細菌に対して・殺菌作用をもつ 好中球、に対して抗体を産生して攻撃する リンパ球、異物や体内の細胞を貪食する 単球、や寄生虫感染で増加する 好酸球、やなどで増加する 好塩基球があります。 白血球の数()を把握することが大切なのは、をはじめとする 血液疾患だけに限りません。 細菌感染症をはじめ、 悪性腫瘍、 膠原病、 消化器疾患、 内分泌疾患、 薬剤性反応などさまざまな病態・疾患を診断するうえで、重大な情報を与えてくれます。 細菌感染症では「好中球」に注目する 白血球数の基準範囲は年齢差や性差もありますが、おおよそ3. 3-8. 白血球数の増減を認めたときは、 どの種類の白血球が増減しているのかを確認することが大切です。 に白血球数が増減する代表的な病態・疾患を示します。 表1白血球数が増減する代表的な病態・疾患 (、を参考に作成) 増減している白血球の種類によって考えられる疾患が変わってきますが、血液中の白血球の 半数以上は好中球で占められているため、多くの場合、 白血球数の増減は好中球数の増減に一致します。 今回は細菌を例に、白血球()数の増減について話を進めます。 (手順1)白血球数の増加・減少の経緯を追って見る 1 白血球数が「すぐ増加」ならば、感染源となる細菌量は少ない 一般的に、細菌感染症では白血球数が増加することはよく知られていますが、細菌感染症の 初期や重症例では白血球数は逆に減少します。 に白血球の体内分布を示します。 つまり、このとき( 細菌感染症の初期)には血液中の 白血球数は減少します。 対処すべき細菌量が少なく、供給が消費を上回る場合は、白血球数は増加します。 一方、対処すべき細菌量が多く消費が供給を上回る場合には、白血球数は増加しません。 臓器からの供給と同じ考え方で、供給が消費を上回る場合には白血球数は増加しますが、消費が上回る場合( 重症細菌感染症)には 白血球数は増加せず、減少したままです。 細菌感染症が軽快してくれば、白血球の消費も止まり、白血球数は増えてきます。 さらに、骨髄からの供給も止まれば白血球数の増加も止まり、白血球数は基準範囲内の数値に戻ります。 *** このように血液中の白血球数は、「消費」と「供給」のバランスで決まってきます。 検査値を見て病態を把握するうえで重要なことは、 ふだんの数値や前回値からの変化です。 一時点での検査値が基準範囲より高い・低いというワンパターンな見方をするのではなく、 白血球数の動きの経過を追って、病態を把握します。 (手順2)変動したのが「どの白血球か」を見る(左方移動の有無) 血液像検査で「左方移動」がないかを見る 白血球数が基準範囲を超えた場合や前回値から大きく変動した場合は、どの種類の白血球が増減しているかを確認します。 白血球の割合を調べるのに利用される検査に 血液像検査があり、特に細菌感染症における 好中球の割合を確認することは大切です。 血液像検査では好中球は分葉球(SEG)と呼ばれる成熟した細胞と、桿状核球(BND)や後骨髄球(MM)、骨髄球(MY)と呼ばれる幼若な細胞に分類されます。 血液像検査(MY、MM、BND、SEGの数値の確認)で左方移動の有無を判定することは、細菌感染症を判断するうえでとても有効です。 (手順3)細菌感染症時に変動する、その他の検査値を見る CRP、PCTの変化を見る その他に、項目である C反応性タンパク(CRP)や プロカルシトニン(PCT)も細菌感染症の診療でよく用いられます()。 表2WBCとあわせて見たい検査値 ただし、これらの項目は上昇してくるまでのタイムラグがあることや、細菌感染症に限らずさまざまな炎症で上昇してしまうことに注意が必要です。 いずれも単項目のみで判断することは難しいので、白血球数の変動や左方移動の有無も含めて総合的に判断する必要があります。 *** 細菌感染症を例に白血球数の減少について説明しましたが、白血球数の検査値だけを見て「白血球数の減少=細菌感染症」や「白血球数の減少=炎症の改善」を言うことはできません。 白血球数の検査値だけでは鑑別の候補に挙がる疾患はたくさんあり、さらに白血球数は病態によってリアルタイムに変動します。 1つの検査値や一時点の検査値だけで疾患を決定することは困難ですので、 関連する複数の検査データを組み合わせることで1つの病態を把握していきます。 [参考文献]• 1 岡田定:誰も教えてくれなかった血算の読み方・考え方.医学書院,東京,2011:114-123. 2 伊藤喜久:3F白血球数と白血球分類.河合忠,屋形稔,伊藤喜久,山田俊幸編:異常値の出るメカニズム第6版.医学書院、東京,2013:88-95. 31~「白血球数」 [出典] 2015年10月号/.

次の

生理的変動について

白血球数 変動

白血球数(white blood cellcounts、WBC)の基準範囲• 3-8. 細菌感染症が疑われるとき• 細菌感染症の重症度を判断したいとき• が疑われるとき 〈目次〉• 白血球数とは、白血球数の読み方 血液疾患だけでなく、さまざまな病態を反映する検査 は、外部からの病原体や花粉などの物質から私たちの身体を守り、体内で生じるさまざまな炎症に対して免疫反応を示す細胞です。 白血球の種類には、体内に侵入した細菌に対して・殺菌作用をもつ 好中球、に対して抗体を産生して攻撃する リンパ球、異物や体内の細胞を貪食する 単球、や寄生虫感染で増加する 好酸球、やなどで増加する 好塩基球があります。 白血球の数()を把握することが大切なのは、をはじめとする 血液疾患だけに限りません。 細菌感染症をはじめ、 悪性腫瘍、 膠原病、 消化器疾患、 内分泌疾患、 薬剤性反応などさまざまな病態・疾患を診断するうえで、重大な情報を与えてくれます。 細菌感染症では「好中球」に注目する 白血球数の基準範囲は年齢差や性差もありますが、おおよそ3. 3-8. 白血球数の増減を認めたときは、 どの種類の白血球が増減しているのかを確認することが大切です。 に白血球数が増減する代表的な病態・疾患を示します。 表1白血球数が増減する代表的な病態・疾患 (、を参考に作成) 増減している白血球の種類によって考えられる疾患が変わってきますが、血液中の白血球の 半数以上は好中球で占められているため、多くの場合、 白血球数の増減は好中球数の増減に一致します。 今回は細菌を例に、白血球()数の増減について話を進めます。 (手順1)白血球数の増加・減少の経緯を追って見る 1 白血球数が「すぐ増加」ならば、感染源となる細菌量は少ない 一般的に、細菌感染症では白血球数が増加することはよく知られていますが、細菌感染症の 初期や重症例では白血球数は逆に減少します。 に白血球の体内分布を示します。 つまり、このとき( 細菌感染症の初期)には血液中の 白血球数は減少します。 対処すべき細菌量が少なく、供給が消費を上回る場合は、白血球数は増加します。 一方、対処すべき細菌量が多く消費が供給を上回る場合には、白血球数は増加しません。 臓器からの供給と同じ考え方で、供給が消費を上回る場合には白血球数は増加しますが、消費が上回る場合( 重症細菌感染症)には 白血球数は増加せず、減少したままです。 細菌感染症が軽快してくれば、白血球の消費も止まり、白血球数は増えてきます。 さらに、骨髄からの供給も止まれば白血球数の増加も止まり、白血球数は基準範囲内の数値に戻ります。 *** このように血液中の白血球数は、「消費」と「供給」のバランスで決まってきます。 検査値を見て病態を把握するうえで重要なことは、 ふだんの数値や前回値からの変化です。 一時点での検査値が基準範囲より高い・低いというワンパターンな見方をするのではなく、 白血球数の動きの経過を追って、病態を把握します。 (手順2)変動したのが「どの白血球か」を見る(左方移動の有無) 血液像検査で「左方移動」がないかを見る 白血球数が基準範囲を超えた場合や前回値から大きく変動した場合は、どの種類の白血球が増減しているかを確認します。 白血球の割合を調べるのに利用される検査に 血液像検査があり、特に細菌感染症における 好中球の割合を確認することは大切です。 血液像検査では好中球は分葉球(SEG)と呼ばれる成熟した細胞と、桿状核球(BND)や後骨髄球(MM)、骨髄球(MY)と呼ばれる幼若な細胞に分類されます。 血液像検査(MY、MM、BND、SEGの数値の確認)で左方移動の有無を判定することは、細菌感染症を判断するうえでとても有効です。 (手順3)細菌感染症時に変動する、その他の検査値を見る CRP、PCTの変化を見る その他に、項目である C反応性タンパク(CRP)や プロカルシトニン(PCT)も細菌感染症の診療でよく用いられます()。 表2WBCとあわせて見たい検査値 ただし、これらの項目は上昇してくるまでのタイムラグがあることや、細菌感染症に限らずさまざまな炎症で上昇してしまうことに注意が必要です。 いずれも単項目のみで判断することは難しいので、白血球数の変動や左方移動の有無も含めて総合的に判断する必要があります。 *** 細菌感染症を例に白血球数の減少について説明しましたが、白血球数の検査値だけを見て「白血球数の減少=細菌感染症」や「白血球数の減少=炎症の改善」を言うことはできません。 白血球数の検査値だけでは鑑別の候補に挙がる疾患はたくさんあり、さらに白血球数は病態によってリアルタイムに変動します。 1つの検査値や一時点の検査値だけで疾患を決定することは困難ですので、 関連する複数の検査データを組み合わせることで1つの病態を把握していきます。 [参考文献]• 1 岡田定:誰も教えてくれなかった血算の読み方・考え方.医学書院,東京,2011:114-123. 2 伊藤喜久:3F白血球数と白血球分類.河合忠,屋形稔,伊藤喜久,山田俊幸編:異常値の出るメカニズム第6版.医学書院、東京,2013:88-95. 31~「白血球数」 [出典] 2015年10月号/.

次の