野ブタをプロデュース 名言。 【野ブタをプロデュース】ビデオの犯人は?修二がまり子に・・・!7話ネタバレ感想

野ブタをプロデュース犯人・黒幕をネタバレ|いじめの内容・発覚理由・動機・その後

野ブタをプロデュース 名言

亀梨和也と山下智久が出演するドラマ「野ブタ。 をプロデュース」特別編(日本テレビ系)の第8話が6日に放送された。 本作は、桐谷修二(亀梨)と草野彰(山下)がいじめられっ子の転校生・小谷信子(堀北真希)、通称「野ブタ」をクラスの人気者にプロデュースしていく姿を、笑いと涙で描いたドラマ。 第8話では、修二がクラスメートの勘違いからクラスで孤立。 さらに、信子への嫌がらせの真犯人も明らかになった。 また、「人を信じるということ」について描かれた今回からは、「信じればどんなに困難なことも解決できる」「誰にも信じてもらえなくていい。 ただ、コイツらだけは信じてもらいたい」などの数々の名言も生まれた。 放送終了後、SNS上には「信じたい人を信じるって簡単そうで難しいよね。 修二に、彰と野ブタがいてよかった」「自分の置かれているつら過ぎる状況にもかかわらずひたすら優しい修二に涙していたけれど、彰と野ブタが来てくれて、信じてくれて、今度はうれしさのあまりまた涙。 2人がいてくれて本当によかった」「何十年たって見てもやはりエグい…。 人の悪意って根源的には何も変わっていないのか…」「昔見てたときより胸に刺さるものがある」といった感想が寄せられた。 外部サイト.

次の

「野ブタ。をプロデュース」と名言

野ブタをプロデュース 名言

日テレの土曜9時枠の名物ドラマとして今も記憶に残っているのが「野ブタ。 をプロデュース」です。 当時大人気であったこともあり、2005年10月~12月に放送されたドラマだったという話を聞いてもうそんなに年月が経ったのか!と驚く人もいるようです。 「野ブタ。 をプロデュース」といえばもう一つドラマの登場人物名義でリリースされた「青春アミーゴ」が大ヒット曲になったということもあり、かなり広い年代に知られるドラマになりました。 「青春アミーゴ」を歌ったのは役名では「修二と彰」でしたが、役者さんは今も大人気の亀梨和也君と山下智久君で、いずれもイケメン高校生の役がぴったりはまり役で彼らを見るために毎週テレビをつけるという人もたくさんいたことでしょう。 役的には修二の方はクラスのリーダー的な存在であり、一方の彰の方は優柔不断でおっちょこちょいという変わり者というキャラクターをしており、この二人の掛け合いもドラマを見るときの大きな楽しみになっていました。 ドラマの内容は、メインヒロインである小谷信子(堀北真希)が地味でさえない転校生から、修二と彰とのかかわりを通して性格を改善していくことで徐々に美しさを見せるようになっていくということがまた今時のティーンエイジャーの心をぐっとつかみました。 信子は地味なだけで実は美人であったということだけでなく、性格も他の人を思いやる優しさがあったりひたむきに努力をしていく強さがあるなど人間的にとても好感を持てるキャラクターをしていたことも人気を呼んだ大きな要素となっています。 他にもこのドラマを契機に大ブレイクしていった若手俳優も数多くクラスメートとして登場していたので、当時このドラマにはまっていた人にとってはかなり大きな楽しみになっているのではないかと思います。 「野ブタ。 をプロデュース」には、今でも深く心に残る名言もたくさん登場してきました。 例えばしっかりした性格の修二が、野ブタこと信子とかかわるうちに彰を見る目が変わってゆき「あの二人が好きだったから。 あの二人といる自分が好きだったからだ」といったような場面です。 このドラマの醍醐味は、三人が自分以外の二人と一緒にいるうちに他の二人に影響されつつお互いを思う気持ちがだんだん大きくなっていくことがわかるというところです。 ヒロインの信子が屋上で「私、笑えるようになったよ。 ちゃんと笑えるようになったよ!」と言った場面などは思わず涙ぐんでしまいそうになるほどでした。

次の

【野ブタをプロデュース】ネタバレ!最終回の結末は信子との絆に感動!

野ブタをプロデュース 名言

第3話 「恐怖の文化祭」 2005年10月29日放送 視聴率17. 」 「私も、後で思ったりする方が楽しい。 テレビゲームとかやってる時は楽しくないんだけど、勉強してる時とかに思い出すと楽しかったりする。 楽しいことって後になってみないとわからないんじゃないかな。 」 彰 「何年かしたらさ、思い出すんかな。 朝早く三人で人形作ったこととか、夕暮れにスギ積んだこととか、何年かしたらあの頃は楽しかったのよーんって思い出すんかな。 」 確かに、その時は何でこんなめんどくさいことやんなきゃいけねーんだよとか思いながらやっていた文化祭の準備とかが、後になって考えてみると楽しい思い出だったりする。 学生祭のクラスの出し物のお化け屋敷で、が考えたメッセージ 「今、手をつないでいるその人に出会えたのは奇跡のような確率です。 「私ね、長い間一人で掘ってたんだよね、みたいに土の中を。 そしたら、突然二人が出てきた。 これから先もこんなふうにポロって誰かと出会えたりするのかな。 もしそうなら、一人で土の中掘ってるのも悪くないよね。 修二 「俺はショックだった やバカだと思っていた彰が あんなにちゃんとしたものを作ってたってことがもの凄いショックだった 明日になったら教室は元に戻るだろう はまたいじめられて 彰は相変わらずわずらわしいやつで 俺は人気者で それは絶対変わるはずはないのに 俺は不安だった 何もない自分がもの凄く不安だった」 ここら辺から、要領が良いだけの自分に気付き不安になっていく修二。 第4話 「恋の告白作戦」 2005年11月5日放送 視聴率16. パワーを注入して、いじめの主犯に挑んだ。 「人は変わることができる。 私は坂東さんに殴られて、坂東さんは彼氏に殴られて、何でバカみたいに同じこと繰り返すんですか? 何でもっと違う自分になろうと思わないんですか? 人は変われます!」 のおかげで変われただからこそ言える言葉。 坂東の意地悪により、が修二に告白することに。 修二は花か水か迷いに迷うが、、 がなんと坂東を指名。 誰もが水をかけると思いきや、、 花を選んだ坂東。 が勇気を振り絞り、人が変われることを証明した名シーン。 修二 「俺はの上に花を降らせるつもりだった 人気者の修二君を投げ捨ててでも 降らせるつもりだった それはたぶん あの二人が好きだったから あの二人といる自分が好きだったからだ そんなこと自分でも信じられないけど そうなんだから仕方ないじゃないか」.

次の