後攻とんぼ。 タイプ:ヌルのすばやさが0の方がいい理由とは何ですか?とんぼを下か...

タイプ:ヌル : 後攻とんぼ 先発・クッション|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

後攻とんぼ

この育成論はタイプ・ヌルの育成論です• ダメージ計算はトレーナー天国様のものを使用させていただきました• 推敲しましたが、誤字脱字や読みにくい箇所があればコメントで指摘をお願いします• その他不備や質問等がございましたら、コメントでお願いします 初めに 初めまして 今回 初の育成論を投稿するmeloです。 初投稿としてタイプ・ヌルの育成論を書きます タイプ・ヌルについて• タイプ:ノーマル 特性:カブトアーマー• HP95 A95 B95 C95 D95 S59 平均89 合計534 第七世代で初登場したポケモン。 進化前ポケモンとして 総合的な耐久力はポリゴン2を上回り、進化後のシルヴァディとの差は素早さが劣るのみ。 一方で 再生技は覚えず回復ソースが眠る頼りのため単純に受けるのみでは扱いが難しい。 そのため今回はヌルを受けとしてでは無く耐久力・弱点の少なさ・技の3点を生かした 先発枠・クッション性能を中心として考えていきます 採用理由• 安定した先発枠:弱点は格闘のみ。 B特化であればA197メガルカリオのとびひざげりも確定耐えするため物理で一撃で落ちることはまず無い (一撃必殺はNG) 弱点を突かれると確定2発ですが、等倍であれば 多くの攻撃を確3以上に抑える事が可能です。 クッション性能:1積みしたエースポケモンの攻撃も余裕をもって耐えるため、後出しからでんじはで機能を停止させたりほえるで流すことが可能。 ちいさくなるなどの 回避率上昇も必中のため確実に流すことが出来ます 技構成• とんぼがえり S下降補正により後攻で技を出すことで控えのポケモンを無傷で降臨する事が可能。 採用理由として必須のため確定• でんじは 麻痺巻き・起点作り・高速アタッカーの機能停止にも。 身代わりを出されたら後述の吠えるを、後出しで無効ポケを出される可能性があれば初手からとんぼがえりを選択。 こちらも採用理由として確定• ほえる 攻撃技がとんぼがえりのみなので相手の身代わりや積みに対する起点の防止。 でんじはを透かされた際にも使用。 また積みポケに対して後出しででんじはor吠えるを使用することでストッパーとして使用も可能となります。 特性防音のポケモンは数も少ないので見せ合いの時点で選出を控えるか注意して立ち回りましょう。 これも同様に確定技• どくどく でんじはが無効or効果が薄いポケモンに対して使用。 無くは無いと思いますが単純に天候特性のポケモンを使用した方がいいかも• こわいかお S操作においてでんじはよりも一貫性が高い。 おんがえし A種族値95ですが無振りなので火力は出ません。 殴りあう型では無いので、優先度は低め• いばる 一貫性は高いですが、命中も混乱も弱体化したので必要無いと思います• 外すならどくどくの枠 特性• カブトアーマー 1つしか無いので確定 不意の急所で計算が狂わされないため優秀な特性 持ち物• しんかのきせき 耐久力の向上のため確定 性格・努力値• 先発 ヌルの技について知っている相手が初手に警戒するのはまずでんじはだと思います。 高速アタッカーなどでんじはを嫌う相手の場合は初手からとんぼがえりを選択。 みがわりをされる危険があればでんじはorどくどくで様子見。 みがわりを張られて透かされたらほえるを選択。 みがわりに対してとんぼがえりをしてみがわりが残ると後続の負担になります。 挑発の可能性があればとんぼがえりを選択。 2サイクル以降はクッションとして使用しましょう• クッション 後出しで交換、状況に応じて技を選択しましょう。 単純にクッションなら後攻とんぼ。 積みアタッカーならでんじはorほえる。 こだわり鉢巻・眼鏡…後攻とんぼからの無償降臨で有利対面を作り受けを成立させない。 技の固定もヌルをクッションとして行い、再度 後攻とんぼで無償降臨を狙う ヌルは回復技が無く長期戦は不利なため短期決戦を狙う場合 例)鉢巻ガブリアス、鉢巻カプ・ブルル、眼鏡カプ・テテフ• 積みエースで全抜きを狙う場合 例)メガボーマンダ、メガギャラドス• やる事は2と同じ 例)オニゴーリ• ギルガルド…ヌルとの相性補完は出来ないが、後続にいる事で苦手な格闘技やげきりんなどの固定技を牽制できる。 こだわり型でも剣舞でも毒守ガルドでもシナジー 終わりに ここまで読んでくださってありがとうございました。 初めてでもあり拙い文章ですが少しでもタイプ・ヌルの魅力が伝われば幸いです。 類似の育成論など検索して特に 無かったため投稿しましたが、生放送などまでは確認できないので問題があればコメントをお願いします。 素晴らしい育成論をありがとうございます。 参考までに。 ご指摘感謝です。 レート1700おめでとうございます。 使っていただいて自分も嬉しいです。 こわいかお は一貫性も高くてS操作で有用ですね。 計算してみたら確定欄の調整で性格補正有 雨キングドラのスーパーアクアトルネード(威力185)が70. 眼鏡テテフと組ませていますが、サイクルでギルガルドやミミッキュなどゴーストタイプに上手く立ち回れています。 相手によって多彩な攻め方ができて良い育成論だと思います。 とても参考になりました。 ありがとうございます。 実際に使っていただいて自分も嬉しいです。 パーティ単位で色々と使える場面があって腐りにくいのは良い部分だと思います。 私は特防をサイコフィールド込み控えめC特化テテフのサイキネ2耐えまでDを伸ばし、毒毒の枠を恩返しにして運用しました。 これからもぜひ素晴らしい育成論を投稿してください。 どうもありがとうございました。 論にも書いてあるはずですよ。 私もこのタイプヌルを作成し使ってて、眼鏡持ちやスカーフ持ちを同時選出しそのクッションとして使用しています。 非常に頼もしい型です。 私はこの育成論のどくどくの枠をマジックコートで使用しております。 自身が使用できないステルスロック、ねばねばネットなどを逆に利用できる事や、読まれにくい事もあり決まるシーンも多かったです。 すみません。 今日タイプヌルがミラクルで流れてきて、育成に困っていたので参考にさせて頂きます。 ところで、後続の起点にするなら鬼火が毒の代わりに入ってもいいと思うのですがどうでしょうか。 起点回避は出来ませんが、一考の余地があると思います。

次の

バトンタッチ(ポケモン)

後攻とんぼ

鈍足なうえ種族値上の耐久は物足りないが「」+回復系きのみのコンボのおかげで強靭な回復ソースを持ち合わせる。 再生回復技のこうごうせいこそ覚えないものの、上記のコンボのおかげで粘り強い耐久性能を発揮できる。 やどりぎのタネやおにび、トリックルームなどの強力な変化技も多数習得できる点も優秀で、高い耐久性能と良く噛み合っている。 今作では他のしゅうかく持ちが軒並み不在のため、より個性が際立つ。 攻撃も110と高めで、回復兼攻撃技のウッドホーンや高威力のウッドハンマー、相性補完に優れたじしんやいわなだれを覚える。 ただし、単純なアタッカーならほぼ同様の技レパートリーと高い攻撃を持ち合わせるの方が適正が高く、 現環境ではほぼ「」耐久型での運用がメイン。 第八世代では新たにふいうちを習得。 癖はあるが、これまでかげうちを覚えられなかった為、先制技習得は嬉しい。 さらに鎧の孤島では、いずれも条件付でクセはあるものの高火力の物理技であるポルターガイスト、先制攻撃可能な物理技グラススライダー等を修得し、アタッカー型の強化に繋がっている。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 しぜんかいふく 粉技無効ででんじはも影響は小さいがやけどで機能停止しなくなる。 ただしやには上から叩かれるリスクのほうが大きい。 ねっとうで火傷を負っても再登場できるといった意味合いか。 しゅうかく+ラム(orねむカゴ)でも状態異常対策は可能だが挙動はだいぶ異なる。 おみとおし 退場前提でトリックルーム始動するならこれ。 サイクルに導入する形で利用してもよい。 しゅうかく 隠れ特性。 オボンのみの回復や眠りからのラム、カゴのみ再利用でしぶとく生き延びる。 一撃で倒されると元も子もないので出す相手と耐える攻撃は吟味したい。 レートでは9割近くがこの特性+オボンのみである。 完全にきのみありきなので他のポケモンに持たせられないこともパーティ構築段階で考慮する必要がある。 やけどや天候ダメージ4回分が44に対し、オボンのみ1回の回復量が47となる。 威力は高いが反動が痛い。 ウッドホーン 草 75 112 100 HP吸収 タイプ一致技。 威力は低いが回復効果付き。 ポルターガイスト 霊 110 165 90 相手に持ち物が ないと無効 条件付きだが高威力のタイプ一致技。 おみとおしと相性がいい。 ゴーストダイブ 霊 90 135 100 溜め攻撃 タイプ一致技。 まもる貫通。 対ダイマックスやしゅうかく・やどりぎ・おにび等のターン稼ぎに使える。 性能安定。 じしん 地 100 100 - 対炎・毒・鋼。 草技との相性補完に優れる。 ドレインパンチ 闘 75 100 HP吸収 対悪・鋼。 回復効果付き。 怯みは狙いにくい。 シザークロス 虫 80 100 - 対草・悪。 もりののろいと相性がよい。 もりののろいと相性がよい。 変化技 タイプ 命中 備考 やどりぎのタネ 草 90 ダメージ源。 耐久型で。 草に無効。 おにび 炎 85 物理アタッカー対策。 炎に無効。 あやしいひかり 霊 100 妨害技。 無効タイプ無し。 ねむる 超 - 回復ソース。 しぜんかいふくと合わせて。 ねをはる 草 - 回復ソース。 自身のタイプにより交代可能。 のろい 霊 - ダメージ源。 まもる・みがわり貫通かつ必中。 みちづれ 霊 - 苦手なアタッカーを道連れに。 連発不可。 もりののろい 草 100 相手への妨害や、味方へのサポートに。 詳細は後述。 リフレクター 超 - 味方の防御を強化。 主にサポート用。 トリックルーム 超 - サポート用。 ウッドハンマーやのろいで退場可能。 専用技「もりののろい」について 相手に草タイプを追加するタイプ変更技。 相手の弱点を増やす、ダブルバトルで味方に草タイプであることのメリットを与えるなど研究する価値は高い。 またみずびたしと違いタイプを「追加する」というのがミソで、2タイプを持つ相手にかける事で一時的に 3タイプを抱え込んだ状態にすることができる。 草タイプと同じ弱点を持ち、かつそれが4倍弱点である草タイプでないポケモンに使用すると、弱点のタイプの技で3重に弱点が突け、8倍ダメージになる。 上手くすれば4倍弱点も狙える。 ゴーストダイブのラグを解消できる。 追加効果で物理受けの流しを誘う。 シャドークロー 120 180 ダイソウゲン ウッドハンマー 140 210 場:GF 一致技。 グラスフィールドで2回目から威力1. 小回復も耐久型と相性が良いが、地震の威力半減に要注意。 グラスフィールド化で地震を使いたいときにも。 火力補強や4倍狙いで。 ダイロック いわなだれ 130 天候:砂嵐 草の苦手な相手に刺さりやすい。 ひざしがつよい状態や耐久型とは相性が悪い。 疑似特殊耐久強化。 もりののろいと相性が良い。 ダイウォール 変化技 - まもる 相手のダイマックスによる猛攻をしのぐ場合に。 威力が低い。 ダイサイコ サイコキネシス 130 場:PF 特殊技のみ。 呼びやすいなどの炎や飛行に交代読みで撃ち込めるいわなだれは優先して採用したい。 特性はどれも一長一短なので、好みで選ぶとよいだろう。 また、HPに全振りすると実数値が192(16n,6n)になるため244振りに抑えるのも候補に入る。 ゴーストダイブは溜め攻撃だが高威力でまもる・キングシールド等を貫通するメリットもある。 剣盾ではこだわりハチマキ持ちのA特化ゴーストダイブでH振り(シールド)を確定1にできるようになった。 主に受け系構築相手に力を発揮する型。 のろいによりみがわり持ちにも居座りも許さない。 繰り出しは起点を作ってもらってからが主。 特に麻痺やあくびを撒ける起点作り役との組み合わせが優秀。 それらを活かしてみがわりを残し、やどみがを仕掛けて回復ソースを確保。 みがわりが残っており、残りHPに余力が出たらのろいで一気に削っていく。 自分と相手のHPが等しい場合、2ターンにおいて、みがわり2回の消費HPと、 やどりぎのタネによる回復+2ターンに1回の確率で発動するしゅうかく(オボン)による回復が等しいため、 一度みがわりを残しパターンに入ると相手にとって対策しがたい。 みがわりを残している際にまもるをすることにより、しゅうかくの発動試行回数も稼げ強固となる。 S振りは先手でみがわりを張れる範囲を増やし、致命傷となる状態異常技を貰わないことが目的。 最速でS118となり、無振り97族相手まで先手を取れる。 後攻とんぼで疲弊させられるのを防ぐために素早さを落とす調整も一考。 攻撃技は搭載しないのでAは最低まで下げ、などからのイカサマ対策をしたい。 A103にすることで、不一致イカサマがHS振りでも40. やどりぎのタネが通らない草にはほぼ無力。 パーティで対策することとなる。 格闘意識の防御特化、水・電気意識の特防特化のどちらも可能。 特防特化にすると、特殊ATの流し際にみがわりを張ることで、物理ATにおにびを入れやすい。 イカサマのダメージ低減によるリターンが大きいので、攻撃技を入れないなら攻撃下降補正性格にする。 【技考察】 みがわり やどりぎの種と組み合わせることで強力なやどまもとなる。 ゴーストダイブ 受けられるポケモンを呼んでしまうため相性が悪い。 不一致弱点ならC特化のマジカルフレイムもほぼ確3の極低乱数2 0. オーロットを倒せないと踏んで物理アタッカーが出てくるタイミングにおにびを出せれば、物理耐久も補えて後続サポートにも繋がる。 また、補助技ありきのポケモンで鬼門となるに対しても、ウッドホーン+まもる+しゅうかくオボンで競り勝てるのはオーロットにしかできない芸当。 全く別物となるため分離。 イカサマのダメージ低減によるリターンが大きいので、攻撃技を入れないなら攻撃下降補正性格にする。 Aが高く一致ウッドハンマーで自分も相手も削りながらのろいで退場して固定ダメージと流しの二択を迫れるのがパンプジンにはない持ち味となる。 耐久の加減がわからないので現時点でHぶっぱタスキで運用してます。 ここらへんの調整感は指摘求む。 トリルを張った後にがそのまま突っ張ってくることがかなり多いので、いわなだれで落とすことができればおいしい。 ウッドハンマーの火力も高いのでのろい・みちづれと合わせて2体持っていけることもそこそこある。 Aに振ってトリル始動兼アタッカー型も使いやすい。 一致ウッドハンマーで火力も充分あるし、自主退場と違って4ターン全て活用できるのは大きい。 相性考察 対オーロット 注意すべき点 しゅうかくでオボンのみを再利用でき、高い耐久性能を有する。 再生回復を持たないが豊富な他の回復ソースにより高い再生能力を持ち、有効打の無いポケモンはやどりぎやのろいで削り取られてしまう。 攻撃も高めで、やどりぎ・おにび無効の草や炎への打点もある。 対策方法 ちょうはつやスキルスワップで補助技や特性を封じて動きを止める。 はたきおとすは大ダメージを与えられるうえ、きのみも再利用不可にできる。 みがわり貫通の連続技や音技、すりぬけ持ちのポケモンも有効。

次の

【剣盾S2シングル最終122位最高18位】ランクヌルメタ〜バタフリーは添えるだけ〜

後攻とんぼ

ダメージが軽微でも襷や頑丈を潰せる事もあるので、何もしないで交代するよりはいいでしょう。 ただし、鮫肌やゴツゴツメットで与えたダメージより受けるダメージの方が高くなる事もあるので注意が必要です。 ファイアローやゲッコウガなど、素早いけど打たれ弱 いポケモンに向いています。 攻撃を受けた後で交代するので、交代先のポケモンは無傷で出て来れます。 しかし、後攻狙いなので状態異常やドラゴンテール等で失敗する可能性もあります。 主にハッサム。 CPUは有効な技がない時意外は交代しないので、対人戦でしか使えません。 相手の交代時に出すと、相手の交代先にダメージを与えた後に交代出来ます。 一部例外を除いて無傷で交代でき、相手の交代を無効化する事になります。 相手の行動を読み取る力が必要ですが、対人戦では最重要です。

次の