モデーア ワンダーランド メンバー。 モデーアのワンダーランドというグループをご存知の方いますか?

マルチ商法の事業家集団(環境)の実態を暴露します!

モデーア ワンダーランド メンバー

ワンダーランドはモデーアのディストリビューターの一部から構成される団体で、モデーア社の社員という訳ではありません。 主に東京と大阪を拠点としており6000〜7000人の会員が属しています。 そのうち稼げているごく一部の上位会員ごとにチーム分けされており、各会員の勧誘活動もチームの文化・方針によって異なる事もあります。 大多数に共通しているのは勧誘の過程で「金持ち父さん貧乏父さん」という本を紹介される事です。 この本はマルチ商法を直接推奨しているわけではありませんが、給与所得だけでは豊かな暮らしを送るのは難しいので不労所得・権利収入を持てば良いという考えを推奨しています。 勧誘するターゲットの探し方はそれぞれですが、旧知の友人や家族、街コンなどで知り合う、道を聞くふりして声をかける、友達の友達を紹介してもらうなどです。 知り合ったターゲットは後日お茶に誘ったり、チームが主催するパーティー・異業種交流会に誘ったりして親交を深め、最終的に自分の属するチームのリーダー 師匠 と会わせようとします。 チームのリーダーともなれば勧誘慣れしてるので非常に巧みな言葉で勧誘ターゲットの「独立したい、金持ちになりたい」という願望を引き出して、それを叶える手段としてマルチ商法を提案します。 マルチ商法を紹介する際に、入会のハードルを下げるため「初期投資は入会金数千円、ランニングコストも年会費数千円だけ。 情報を伝えるビジネスだから在庫を抱える心配はない」と言います。 しかし実態としてワンダーランドのメンバーとしてモデーアに入会する場合、初期費用で約25万、毎月の出費も人によっては約10万円くらいかかります。 何故これだけ言われた事と違うのにメンバーは実態通りの出費をしているのか。 まず初期費用の25万円は普段使っている身の回りの日用品を全てモデーアの商品に買い替える事を勧められるからです。 モデーアの商品カタログから一通りの商品を揃えようとすると大体そのくらいかかります。 いわゆるブランドチェンジというやつで、「トヨタの社長がトヨタの車に乗ってないとおかしいでしょ?じゃあモデーアのディストリビューターならモデーア商品を愛用しないとビジネスとして説得力がないよね」という屁理屈です。 毎月の出費についてはモデーア商品の継続的な買い込みのためです。 モデーアの報酬プランには毎月の売り上げ金額に応じてタイトル 肩書きや役職みたいなもの が設定されており、タイトルが上がればモデーアからの報酬も上がりますしワンダーランド内での地位も上がります。 一番下のタイトルで月商6〜7万円、次で13〜14万円くらいの売り上げがノルマになるのですが、もし自分が新規会員を毎月増やすことができれば新規会員の初期商品購入で25万くらい売り上げられるのですが、実際はそうそう上手くいかないので売り上げも上がりません。 よって仕方なく自分で購入してタイトルを保持しているのです。 ワンダーランドのこれらの文化はモデーア側が定めた訳ではないので、これらを実行しなくても会員資格は剥奪されません。 しかしワンダーランドのメンバーとして活動する限り、親会員が定めたルールに則って活動しないと自分自身疎外感を感じるし、他メンバーのサポートを得られなくなる、チームにいられなくなるという焦りや恐怖で従わざるを得なくなります。 まあ中には未来への投資と信じて疑わず嬉々として金を払う人もいますけど。 タチが悪いのは、これらは強制ではなくあくまで個人の自由意志という体になっている事です。 そもそもワンダーランドに入会する意義は師匠と呼ばれるチームリーダーからビジネスを学ぶという名目で入会しているので、メンバーは常にチームリーダーの真似をする事が重要だと教えられます。 成功者の行動を真似れば自分の成功も必然・一番の近道だという理屈です。 長々と書きましたが、師匠になったつもりで要約すると「マルチ商法はとっても安上がりで安全なビジネスだよ。 だけど早く成功したかったら自分に負荷をかけるのも大事だよね。 自分は投資と思ってこれだけ費用をかけた。 別に強制はしないよ?でも師匠としてはそれくらいの覚悟を持った弟子を優先してサポートするから。 後は君の判断に任せるよ。 早く成功したかったらどうすればいいか、もうわかるよね?」って事です。 他に聞きたいことがあればどうぞ。

次の

モデーアのワンダーランドというグループをご存知の方いますか?

モデーア ワンダーランド メンバー

あぁぁぁーームカつく!! って。 Googleで分かるMLM買い込み被害 Googleで「買い込み」ってワードを入れてみてください。 そんでスペースを押せば、下の画像みたいに「買い込み」と一緒に検索されている複合キーワード一覧が出てきます。 検索数が多い言葉を出してくれてるんです。 これってほんと恐ろしいです。 それだけMLMは買い込み被害が多いということ。 だからみんな調べるんです。 このワンダーランドっていうのは相当ひどい買い込みをさせてるって知り合いから聞いたことある。 知り合いがモデーアワンダーランドに登録してすぐ言われた一言がこれ。 買い込みをさせて儲けるアップラインたち 新規の人たちに買い込みをさせて潤うのは、アップラインたち。 そりゃあ、うん十万単位で買い込みをさせたら儲けられるよね。 MLMってもともとは口コミでダウンと愛用者を増やすことで自分にコミッションが入ってくるんだよ! っていうものだと思います。 ですけど、ダウンも愛用者もなかなか作れない時代。 それだけMLMが難しいビジネスってことだとは思いますが、 今は数少ないダウンに大量買い込みをさせて儲けるビジネスになっていますね。 正直、こんな意味の分からないビジネススタイルでお金を稼げてもすごいとは思わない。 これって綺麗ごと? 買い込みをさせられ、借金だらけのダウンたち 買い込みが大いに推奨されるMLM。 それだけダウンを作りにくいから買い込みさせないと儲けることができない。 つまり、末端になればなるほど借金だらけになるってことだよね。 この買い込みをさせられるときも、• ビジネスなんだからまずは自社の製品を使わないといけない• 使ってない製品を他の人に勧めることなんてできないよね• 製品が良いから使えば(このビジネスに)確信が入るよ みたいなあほらしいこと言われるんだよ。 きっとね。 こんな風にあーだこーだ言われて、アップラインに買い込みをさせられる。 だいたい、セミナーとかで直で会った時に、何人かに囲まれカタログを広げて注文させられるって感じだよね。 なんだろう。 これが買い込みの連鎖がビジネスってなんだろうか? あぁぁぁーームカつく!! 買い込みマーケティング・情報弱者ゲットビジネスと呼ぶのがふさわしい 私の考えとしては、こんなのはマルチ・レベル・マーケティングとは言わない。 買い込みマーケティング• 情報弱者ゲットビジネス と呼ぶのが絶対にふさわしい。 ダウンにはビジネスだからと言って、説得して買わせる。 そして、思いっきり買い込みをさせて、上のバカだけが儲ける。 そのアップラインの思惑に気づかない、もしくは腑に落ちないけど流されてしまうダウンライン。 私はこんなのはビジネスではないと思う。 もちろん、製品の買い込みだけでなく、ポジションの買い込みもそうだ。 3ポジ、4ポジ連鎖とか推奨する人もいるそうだ。 その買い込みがダウンにもきちんとメリットがあるものだったらいいと思う。 でも、私が耳にする買い込みはすべてアップラインにしかメリットがないものばかり。 アップならダウンにきちんとメリットがある提案だけをしてあげてほしい。

次の

【ワンダーランドいま何してる?】元モデーアのディストリビューター集団を調べてみた。

モデーア ワンダーランド メンバー

もくじ• 毎月13万円支払っていた当時の写真を公開 僕は以前にも記事を書きましたが経験者です。 なにか変わったのかなぁ・・・ 最後に接触したのは愛媛県在住の女性(おばちゃん)でした。 なんだか「ネットワークビジネス」で検索しているとに行き着いたそうです。 そして連絡をしてきました。 そのおばちゃんは始めようか悩んでいたみたいで、僕に意見を求めてきました。 「いや、好きにせぇ!w」 としか言いようがないですよね。 挙句の果てにはそのおばちゃんは、勧誘しているリーダーを僕に会わせたがっていました。 ジャンプで浮いている瞬間を撮るのって、なかなか難しいことをここで初めて知りました(笑) 基本連続撮影。 僕が師匠と仰いでいたみんみんさん。 福島にあるタワーマンションの高層階に住んでいて、当時はよく伺わせていただきました。 ) スポンサードサーチ 完全なる余談:違う方面への開拓・・・ 最近ネットワーカーからの接触はありません。 でもブログを始めてから、他の方面と接触するようになって来ました。 僕の知らなすぎる世界でした。 その時の写真はコチラ。 どうも、世界のKEN WATANABEです! (記事公開はNGです。 最終的には貯金をすべて失い、職も失い、4畳半で3食白米の生活でした。 そんな時にから悪魔の囁きがあったため、このチームからは離脱することになりました。 接触すれば引き戻されるだけだ」 と言われました。 僕はそれを忠実に守り、はっしーさんからの連絡も出来る限りスルーしました。 1年間本当にお世話になったので、僕は離れるときには2日間ずっと涙が止まりませんでしたね。 を辞める時も支えてもらいましたし、辛い時もずっといてくれましたし。 歩きながら泣いたりしていたので、道行く人に「人生は明るいよ!」なんて声もかけてもらっていました。 まぁ、それほど洗脳が強かったという見方も出来ますがね。 師匠みんみんさんからのメール 師匠のみんみんさんには最後別れの挨拶もメールも送りませんでした。 でも僕が離脱することを知ったみんみんさんからはこんなメールが届きました。 いつか、大成功して必ず会おうね アドレスは変えませんから、10年先でも20年先でもいいから連絡ください カルロスがいなくなるのはとてもさみしいです 離れても幸せに、努力して、周りに感謝を忘れず、大成功してください 一緒に頑張れないのが本当に残念です 頑張ってね 感動しましたね。 このメッセージでも涙が止まりませんでしたね。 現在の僕 みんみんさんが言う大成功にはほど遠いかもしれません。 でも僕らしく、楽しく生きることは前よりはずっと出来ていると思います。 お世話になっていた時の経験は、確実に現在の僕を構成していますし。 今のところ経済的な豊かさとはなかなか縁遠いですが、違うところではなかなか豊かになっていると実感しています。 きっとそのうちお金もついてくるでしょう。

次の