はまぐり 漢字。 蛤(はまぐり)を焼くときのコツと注意点

真薯

はまぐり 漢字

あさりの漢字や雑学について書いた記事です。 実はあさりには漢字が複数存在しています。 また、あさり以外の貝の漢字や雑学もあわせてクイズ形式で紹介していきます。 あさりの漢字、いったいどうやって書くのか知っていますか? 突然ですが、私は貝が大好きです。 お寿司屋さんに行くと、魚のネタよりも貝のネタの方を多く食べてしまうくらいです(笑) そんな私ですが、ふと疑問に思うことが先日ありました。 それは、 「あれ、あさりの漢字ってどんなのだっけ?」 というものです。 普段からあさりの味噌汁を飲んでいるのですが、思い起こしてみると あさりを見るときはいつも【あさり】あるいは【アサリ】と書かれているのみ。 漢字表記されているものを見たことがなかったんです。 これは貝好きを自称する私としては見過ごせません!! そこで今回は、 あさりの漢字についてクイズ形式で皆さんと一緒に見ていきたいと思います。 あさりの漢字はどれ?? 貝の漢字クイズ! 今回は あさりの漢字クイズ問題です! 考えてみれば、漢字を見たことのない貝や、カタカナでしか書かれていない貝の名前って沢山あるんですよね。 しじみ• あさり• はまぐり• アワビ これら普段からよく口にする貝の漢字についても、しっかり紹介してきたいと思います。 それでは、貝の漢字クイズ問題、スタートです! 問題 第一問 蛤 第二問 田螺 第三問 海松貝 第四問 栄螺 第五問 蜆 第六問 浅蜊 第七問 姥貝 解答 第一問 ハマグリ まずは、高級貝としても名をはせている 【ハマグリ】です。 近年は国産物が減少し、韓国をはじめとした諸外国の輸入物が増えてきています。 海外産も勿論美味しいのですが、 国産のハマグリは粒が大きく味が濃厚、甘みもあるため日本料理屋さんなどでは国産ハマグリが大変重宝されているそうです。 ハマグリは、同じ貝殻同士でないと決してぴったりくっつくことはないというのをご存知でしょうか? 私も実際やってみましたが、本当に違う貝殻とではくっつきませんでした。 このことから、女性の貞節の印として古くから重宝されており• 雛祭り• 結婚の祝い膳 といった際には、必ずハマグリのお吸い物を出していたそうです。 これから男性のもとにお嫁に行く女性に対して、 「ハマグリのように清楚な女性になりなさい」 という思いを込めて出されていたのでしょうね。 第二問 タニシ 次の漢字はあの川などに良くへばりついている 【タニシ】です。 イネなどの農作物を食べてしまうため害虫として忌み嫌われているこのタニシ。 実は・・・食べれるんです。 元々は食用として入ってきたこともあり、古くから日本人の口に入っている生き物だったんです。 現在では一部地域を除き食べられることはめったにありませんが、 しっかり調理を施せば意外と美味なんだとか・・・ 主だった料理としては• 炒め物• つぼ汁(タニシの味噌汁)• 串焼き があげられます。 この料理レパートリーの多さが、古くから食べられてきた証拠といえるでしょう。 ちなみに栄養分も豊富で• ミネラル• ビタミン• カルシウム• 亜鉛 といった健康を保つ上でぜひ摂取しておきたい栄養素が顔をそろえています。 高齢者の方にとっては、 亜鉛を食べることで衰えた味覚をある程度回復できるので、そういった意味でもオススメです。 海松貝と書いて 【ミルガイ】と読むんです。 白くてプリッとした食感が人気のミル貝ですが、 正式名称はミルクイという名前なんです。 ハマグリ同様、こちらも国産のミル貝は激減しており、主に日本で食べられているのは• 韓国産• 中国産• 第四問 サザエ こちらの漢字は 【サザエ】です。 サザエといえばつぼ焼きが有名ですよね。 あの独特の苦みも癖になる味なわけですが、サザエにはほかの貝にはない特徴がありますよね。 ・・・そう、あの蓋です。 サザエには、なぜか身を隠すかのような蓋のようなものがついています。 あの蓋がないと、もし陸に打ち上げられてしまった時すぐに干からびて死んでしまうんです。 そのためサザエはある程度貝殻の中に水をため込んでいて、緊急時にはその水を活用して干からびるのを防ぐんだそうです。 蓋は、ため込んだ水が外に漏れださないようにする役割を果たしていたのです。 やっぱり、どんなものにも意味があるという事ですね。 第五問 しじみ お味噌汁の定番品にして、小さいながらも濃い味が大人気の 【しじみ】が正解です。 このしじみ、二日酔いに大変効果がある食材です。 最近では、 二日酔いの朝には蜆の味噌汁、というのが定番となりつつありますよね。 これにはしじみに含まれる成分が関係しているんです。 しじみには• タウリン• メチオチン• オルニチン といった成分が含まれていて、 肝機能向上や二日酔いの症状を抑えるのに大変効果的なんだそうです。 あんな小さな貝なのに、スゴイですよね。 長年おみそ汁の具として愛されてきたしじみは、これからも変わらず食卓を彩ってくれそうです。 第六問 あさり 今回の主題である、あさりの漢字・・・正解は浅蜊でした! ただし、これにはまだ続きがあります。 もしかしたら、 「え、私の知ってるあさりの漢字はこれじゃないのに・・・」 といった方もいたかもしれません。 それもそのはず、 実はあさりには複数の漢字が用意されているんです。 蜊 これらは全て、あさりと読むことができる漢字です。 虫へんの漢字や、魚へんの漢字だったりと色々な文字が使われているのに驚かされます。 ですが、この文字の多さがそのまま日本人が古くからあさりを愛し、食べていた証拠なのかもしれません。 古代の貝塚(ゴミを捨てる場所)からもあさりの貝殻が発掘されていることから、 日本人は1000年以上昔からずっとあさりを食べていたといわれています。 潮干狩りなどで簡単に取れるあさりですが、 年々国産物はその数を減らしているんだとか・・・ ずっと日本人が愛し食べ続けてきたあさり、この素晴らしい貝がずっと食べれるような環境を守っていきたいものですね。 第七問 ウバガイ 最後の問題、正解は 【ウバガイ】でした! ウバガイというとあまり聞き覚えがない方の場合、ホッキガイのほうが身近に感じるかもしれませんね。 実は、 私たちがホッキガイと呼んでいる貝の正式名称こそがウバガイなんです。 生食が一般的ですが、実は干しても相当美味しい貝なんです。 このホッキガイ、実は40年近く生きるとっても長寿の貝なんです。 元々かなり大きい部類に入る貝なのですが、長生きすればするほどさらに大きく成長していき、10センチを超える大物も少なくないそうです。 終わりに いかがだったでしょうか? 今回は、 あさりの漢字はどう書くの、ということであさりをはじめとした貝の漢字クイズを紹介させてもらいました。 あさりの漢字、たくさんありましたね。 海中の微生物を食べて生きているあさりは、海水をキレイにしてくれます。 なんと、 1匹のあさりを1時間水に入れておくだけで、1リットル近い水をきれいにろ過してくれるのです。 あんな小さな貝が、地球の水をきれいにしてくれている。

次の

蛤(はまぐり)を焼くときのコツと注意点

はまぐり 漢字

概要 [ ] 、、のなどをすりつぶしたものに、や、などを加えて味をつけ、、、して調理したもの。 やの具にしたり、直接をつけて食べるなどする。 エビを使ったものをエビ真薯、カニを使ったものをカニ真薯という風に呼ぶ。 の四代目当主、によって著された江戸料理の献立集、『』()によれば玉子(たまご)の白みだけを加えたものを 、薯蕷()と鶏卵(とりのこ)の白みを加えて練った ものを真薯というとされている。 似たものにがあるが、これはすり下ろした白身魚に山芋を加えて練ったもので、主にで食されていたものである。 調理方法 [ ] 家庭料理などでお吸い物の具としてエビ真薯を供する場合のを一例としてあげる。 市販されているはんぺんを細かく切ってにかける。 剥きえび、卵白、山芋、昆布だし汁などを加えてよくすり潰す。 それを適量取り分けてくらいの大きさに丸め、をまぶす。 で10分ほど蒸す。 注 [ ]• 栗山善四郎 1822年. 図書館. 2014年9月17日閲覧。 栗山善四郎 1822年. 図書館. 2014年9月17日閲覧。 参考文献 [ ]• 平凡社 1998年 「真薯」 関連項目 [ ]•

次の

蛤 蜆 蚫 鮑 鯏 …貝の漢字…虫偏の貝と、魚偏の貝があるのはなぜ?: あうるの森

はまぐり 漢字

スポンサーリンク 「あさり」と「はまぐり」を見分けるためには? 上の画像は、はまぐりです! あさりとはまぐりの大きな違いは、次のとおりになります。 あさり はまぐり 大きさ 3~4cm 6~8cm 見た目 細かい筋が表面 光沢と丸みがある 触感 ザラザラ ツルツル 色 グレー系が多い 白系が多い 食感 ぷりぷり 弾力あり 表の中でも、 特に見分けやすいポイントは、 見た目と触感です。 あさりは、触ると ザラザラしていて、細かい筋が表面にいっぱいあります。 一方はまぐりは、触ると ツルツルしていて、見た目も光沢があり丸みがあるのです。 よくわからなければ、 触ってみてザラザラしているのがあさり、ツルツルしているのがはまぐり、という風に判別できます。 大きさは、はまぐりのほうが大きい個体が多いですが、個体によっては大きいあさりや小さいはまぐりもあるので、確実には区別できないかもしれません。 傾向として、 大きさは はまぐり>あさりと思っておけばいいですね。 色も同じくばらつきがありますが、一般的に有名なのがあさりはグレー系で、はまぐりは白系です。 これが取れる場所でも、変わるので確実性が低いです。 食感は、はまぐりのほうが弾力を感じられますよ。 どっちもおいしいです。 スポンサーリンク 「あさり」と「はまぐり」のその他の違いは? その場でわからない違いとして、次のような違いもあります。 あさりのほうが泥をいっぱい吸っていることが多い• あさりの旬は 3~4月と9~10月、はまぐりの旬は 2~4月• あさりは国産が主流、はまぐりは中国産が主流(シナハマグリ)• あさりは 貧血予防、はまぐりは 高血圧予防によい はまぐりは中国産が主流というのは、意外ですよね。 あさりの語源は あさりの名前の由来は、諸説ありますが、有名どころを2つご紹介します。 一つは、 食糧を求めて探し回る「 漁る(あさる)」から来ているそうですよ。 干潟を漁ると簡単に取れる貝なので、「求食貝( アサリガイ)」と呼ばれるようになったという説です。 もう一つの説は、 昔は砂の中にいる貝を「砂利(さり)」と呼んでいたところから来ています。 浅い水にいる砂利(さり)だから、「 あさり」になったというわけですね。 他にも説があるようで、どれが正しいかまではわかっていません。 古来から日本人は、あさりをとてもたくさん食べてきました。 貝塚からも大量に発見されているくらい、あさりは昔から身近な貝でしたよ。 ちなみに漢字で書くと、「浅蜊、蛤仔、鯏」などがあります。 はまぐりの語源は? はまぐりの語源は、浜辺に生息している貝で、形が栗に似ていることから「 浜栗(はまぐり)」と呼ばれたという説が有力です。 あさりに比べて、わかりやすいですね。 また、 石のことを「クリ」と呼んでいたことから、 浜の石でハマグリという説もあります。 ただ、有力なのは浜栗のほうと言われていますね。 はまぐりは漢字もたくさんあって、「蛤、文蛤、蚌、浜栗」すべて「はまぐり」です。 ちなみに、不良になるという意味の「ぐれる」は、はまぐりの「ぐり」が語源ですよ。 違うはまぐりの貝殻を合わせても、うまく合わないことから来ています。 まとめ あさりとはまぐりの見分け方は、 あさりは細かい筋が表面にあり ザラザラしていて、はまぐりは光沢と丸みがあり ツルツルしているという違いを、利用しましょう。 他にも違いは、はまぐりのほうが大きいものが多いことや、旬も違っていたり、さまざまあります。 あさりの語源は、漁る(あさる)から来ている説が有力です。 はまぐりは、浜に生息していて栗に似ている(浜栗)という説が主流ですね。 あさりとはまぐり、どちらも美味しいですが、間違わないようにしましょう。 スポンサーリンク•

次の