フロロー 判事。 キャラクター/【フロロー】

ディズニー・ヴィランズ

フロロー 判事

ディズニー作品「ノートルダムの鐘」のキャラクター。 フロロー判事。 お偉いさんが着るような黒と紫を基調とした装束を纏っており、目つきは悪い。 からはご主人様と呼ばれている。 世間の人間は彼の醜い姿を罵ると言いくるめてカジモドを大聖堂に閉じ込めている。 自分のすることこそが正義だと信じて疑っていない。 そのため、3Dリク編においては自分の心が闇に墜ちている事を最後まで認めなかった。 街の平和のために ジプシーを一人残らず始末しようとしており、の事も執拗に狙っている。 日本ではどうしてそのような極端な事になるのか理解することは難しいがジプシーは中世ヨーロッパにおいて差別されていた民族である。 どんなレベルかというと彼らは移動する犯罪者集団だと認識されていてジプシーを殺しても原則無罪となる、ジプシーの入国を禁止し領土を追放するなど。 近代から現代でもこうした差別は行われている。 おそらくこの前提を理解していないと「ノートルダムの鐘」の話は完全に理解できない気がする。 映画ではエスメラルダに恋心を抱いており、彼女を付け狙う理由もその想い +相手が自分にとって悪であるジブシー故の葛藤 故だったりする。 が、それによる劇中の判事の言動が若干過激であるため、一部のファンからは変態扱いされている。 KH3D内では分かりやすく邪悪で身勝手な権力者として描かれている。 だが、実は原作映画のフロローはの中でもひときわ異彩を放つ悪役だったりする。 まず、ディズニーにしては珍しい、力や魔法といった本人の持つ能力ではなく、 地位と権力を振りかざす男。 精神面についても、正義を絶対とする価値観を持ち、悪を徹底的に排他しようとする、ある意味では真面目で実直な性格。 物語の進行につれて起こす暴走も、エスメラルダへの恋心を抱いたがために、(当時多くの人の認識であった)害悪なジプシーの一味に恋するのは邪悪なこと、エスメラルダの誘惑が悪なのだと葛藤して狂気に走った結果である。 ある意味原作世界の価値観の被害者といえる人物である。 そのため、あのとは似て非なる存在。 あちらは単なる我儘である。 ……等等、原作映画ではキャラクターとしてかなり見所がある悪役なのだが…… KHでこのような面を全く掘り下げられていないのは、ちょっとだけ惜しい。 気になった方はぜひ原作映画をチェック! CV:佐々木省三。 ちなみに原作映画ではCV:日下武史。 ソラ編 街で見覚えの無い 上に彼らからすると妙な格好の をジプシーと勘違いして引き止め、尋問したが、によって遮られる。 この時のムービー名は「怖いおじさんとの出会い」となっている。 間違ってはいないが「怖いおじさん」で済ませるソラ…。 彼に魔物()が現れたことを報告され、広場に駆けつけるとそこにはカジモドがおり、しかもジプシーであるエスメラルダまで現れた事により怒りを露わにする。 その後、ジプシーを始末するために彼女らの根城である 奇跡の法廷を突き止め、一人残らず始末することをフィーバスに話したが、彼が異議を唱えたため解雇する。 しかし、その後彼やカジモドが奇跡の法廷を突き止めてエスメラルダの元へ向かう事を予想していたため、彼らを尾行。 奇跡の法廷にたどり着き、ナイトメアを操って彼女を捕らえ、しかもすでに使いこなしていた闇の力でバレットガゴイルを召喚し、ソラを気絶させてその場を立ち去る。 その後捕らえたエスメラルダを広場で火あぶりにして処刑しようとしたが、カジモドによって彼女が解放され、再び召喚したバレットガゴイルもソラに倒される。 しかし執念深くも大聖堂の屋上まで上がり、カジモド達を追い詰める。 この時、カジモドの母親の死の事実を彼に明かした。 映画では、「母親は醜いお前を捨てた」とカジモドに嘘を言い聞かせていた。 しかし大聖堂の神の怒りに触れ、大聖堂から落下。 広場の燃え盛る業火の中へ身を落とした。 冒頭で広場に彼がやってきた時、それまでカジモドが意のままに操っていたドリームイーターが突然目の色を変えてカジモドに襲いかかっている。 これはすでに心が闇に染まっていたフロローの影響だと思われる。

次の

こじらせ童貞フロローの恋 映画『ノートルダムの鐘』を見て*ネタバレ注意

フロロー 判事

ディズニープリンセスは往々にして、批判を受けながら進化してきた。 中でも多いのが「 ハッピーエンド=結婚」としているストーリーについての批判。 正直ラブストーリーなんだから結婚をゴールにしてもいいだろと思わなくもないが、とにかくプリンセスを「苦手」とする人はどうにもこの展開に納得がいかないという。 しかし、そんな人にこそ『プリンセスと魔法のキス』をお勧めしたい。 何故なら本作はラブストーリーでありながら、一貫して ティアナの夢がテーマであり、「王子との結婚」がただの通過点に過ぎないからだ。 アンチプリンセスへのアンサーでもある本作。 他にも色々な構成要素が「 異色」なプリンセス映画、『プリンセスと魔法のキス』を解説していこうと思います。 ________________________ 基本情報 本作はディズニースタジオの歴史を鑑みるとかなり「 エモい」作品であるのですが、スタジオ史にそれ程興味のない方はあらすじまで読み飛ばしてもらって構いません。 時は『プリンセスと魔法のキス』公開の6年前、2003年に遡ります。 当時のCEOマイケル・アイズナーはディズニールネサンスを築いた立役者でありながら、1990年代後半あたりからは続編商法に手を出したり右腕カッツェンバーグを追い出しピクサーやドリームワークスに興収で完敗したりととにかく迷走するのですが 彼はユダヤ系アメリカ人であるにも関わらず、その独裁体制から「 マウシュヴィッツ」と最悪な蔑称を付けられた 、中でも彼が行った施策で代表的なのがアイズナー宣言でしょう。 勝手に名付けましたが端的に言えば、彼は2003年に『ホーム・オン・ザ・レンジ 2004 』の公開をもって「手描きスタイルの長編アニメーション製作から撤退」することを表明したのです。 そして同年『リトル・マーメイド 1989 』、『アラジン 1992 』『ヘラクレス 1997 』などを監督した ジョン・マスカーと ロン・クレメンツはディズニーをクビ……退社します。 他にもディズニールネサンスを支えたアニメイター達が半ば追い出されるようにして居なくなってしまいます。 ジョン・マスカーは後のインタビューで「 私たちが取り組んだ机は捨てられ、スケッチに使用した紙さえ廃棄された。 もう手描きアニメを作らないと言い渡された時は、まるで家族の誰かが亡くなったようだった」と語っています。 皆さんは、今アメリカで起きている問題をご存知だろうか。 2月に25歳の黒人青年アマード・アーベリー氏がジョギング中に元警察官の白人である親子に射殺され、彼らが逮捕されるまでに2ヵ月半もかかった。 さらにその後3月にはブリアンナ・テイラー氏が、そして5月にはトニー・マックデイド氏が警察に殺された。 その全てに共通して言えることが、「 被害者が黒人であること」だった。 ここ数年で「白人警官の黒人の殺害」はかなり問題視されてきている。 その実はまったくの冤罪であったり、白人との対応の違いなどから反発する声は多かったが、それを激化させるような出来事が起こる。 5月25日、ジョージ・フロイド氏の殺害である。 白人警官が武器も持たない丸腰のフロイド氏の首を脚で約9分間も押さえつけ、周囲の人々の「動いてないわ」「放してあげなさい」という声さえ無視し続ける様子が動画でSNSにアップされた。 フロイド氏が「 I can't breath 息ができない 」と訴える姿を映した動画はインターネット上で拡散され、5月の終わりから多くの人が怒りの声をあげてデモに参加。 彼の最期の叫びはそのままデモのスローガンとなった。 事件が起きた米ミネソタ州ミネアポリスを中心に、全米各地で参加者数万人規模の抗議デモが発生し、トランプ大統領は「軍を派遣する」と発言。 さらに、29日には少なくとも25の都市で外出禁止令が出され、インディアナ州では警察による発砲で1人が死亡した。 しかしながら、これは別に今に始まった問題ではない。 そもそもアメリカという国は平たく言えば「白人が土地をネイティブアメリカンから略奪し、彼らを虐殺して虐げ、奴隷制度と人種差別によって産まれた国」である。 古くから黒人 ネイティブ・アメリカン である彼らは自分の国であるにも関わらず、不当に、日常的に命を脅かされながら生活してきた。 勿論それに対する抗議も行われているが、その抗議が殆ど意味を成していなかったということが今回の件からもおわかりだろう。 ディズニーには「黄金期」というものが存在する。 社会的に評価され、興行収入の良い、いわゆる世間一般でいうところの「ヒット」を何作も連続して発表する時期のことであり、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオは今まで何度もの黄金期を経て現在に至る。 現在WDASは長い歴史の中で3度目の黄金期の丁度真っ只中で、『プリンセスと魔法のキス』公開の2009年から今日までをファン間ではディズニーリバイバル 復活 期と呼ぶことも少なくありません。 しかし私は2018年の時点で、ディズニーは「終わった」と感じていました。 「終わった」とハッキリ言い切ってしまうと色々な語弊が生まれそうですが、とにかく「あぁ、ディズニーもここまできたのか」と半ば諦め、半ば絶望のような感情を抱いていたのです。 詳細は後に詳しく書きますが、一言で言えば「 グリム童話を観に来たらザ・ノンフィクションが流れてきた」みたいな状態でした。 だから『アナと雪の女王2』に対してもさほど期待せず劇場に足を運んだ…のですが。 この作品についてはね、もう 拍手しか出てこなかったんですよ。 ディズニーは一度"終わった".

次の

誰か、ノートルダムの鐘のフロローの良さについて語ってくだ...

フロロー 判事

Contents:• フロローの最期、日本語と英語で比較 「 フィナーレ(Finale)」ラテン語パートの意味の終盤、哀しみに耐えかねたカジモドがフロローを掴み、塔から突き落とすシーンがあります。 フロローの最期です。 日本語版でそのシーンがどう描かれているかというと、こうなっています。 しかし、英語版ではそうではありません。 どうなっているか見てみましょう。 Congregation:(略)threw his master over the edge of the roof into the abyss below. Frollo:Damnation…! 英語版では台詞を発していた! 英語版では明らかに台詞を発しています。 これ、どういう意味なのでしょうか?• … 地獄に落とすこと、天罰、破滅 傍から見たら行きすぎた行動に出てしまっているフロローかもしれませんが、根本的に彼は「神に忠実な聖職者」です。 神への忠誠心がとても強い人間だということは、作品をご覧になった方なら手に取るように分かるでしょう。 日本語版と英語版が大きく異なるのはここです。 フロローという登場人物を完全に悪役扱いできないのは、誰もが彼の考え方や気持ちを理解出来るからでしょう。 完全に非難できないからこそ見ていて辛いのです。 そんな彼の最期の言葉は、最後の最後まで聖職者として生き抜いた姿を見せてくれています。 たった数秒のシーンかもしれませんが、英語版と日本語版では私たちの心に残すものが大きく異なります。 是非、観劇をされる際はこの事実を知って観劇して下さいね。 原作ではどうなっている? (2017. 5追記) この記事を書いてから、フォロワー様からの反響がとても多かったのですが、次のように教えて下さった方がいたのでご紹介します。 これ、原作の段階でこの単語言ってるんですよね…。 英語でもフランス語でも綴りは同じです。 手元の和訳 電子書籍版 でどうなっているか確認したら、まさかの「無念!」でした…うーん、これは何にしても原語で味わう方がよさそう。 当初の劇団四季の訳は何だった? (2017. …えっ?もともとは「ちくしょう!」が最期の言葉だったの? これはまた随分と印象の変わる訳ですね。 「あー!」に変えて正解だと思います(笑)。 「 フィナーレ(Finale)」の、他の記事はこちらから。

次の