ドコモ wifi レンタル。 WiFiレンタルはドコモ回線がおすすめ!種類や料金の違いを解説

ドコモのWi

ドコモ wifi レンタル

注: 当記事では 「ポケット WiFi」=「持ち運んでネットができる端末」を指します 工事不要で届いた瞬間から、自宅でも 外出先でもあなたのスマートフォンやタブレット、PCでのネット接続が誰でも簡単に可能になります。 また、実は『ポケット WiFi』というのはワイモバイル株式会社の登録商標です。 docomoのポケットWiFiをおすすめできない理由 docomo自体は、エリアの広さや通信速度、サポートなど含めて素晴らしいサービスを提供する会社しています。 ただポケットWiFiに関しては、 全てのポケットWiFiサービスで最も高い料金を払わないと利用することができないためおすすめしません。 ポケットWiFiでdocomoの料金が高額 現在ポケットWiFiを提供しているdocomo・au・softbank・Y! mobile・UQ WiMAXの全5社を、「月額料金」と「月間通信量」を比較しました。 通信会社 月額料金 月間通信量 docomo 6,980円 60GB 5,980円 7GB au 4,880円 無制限 softbank 7,480円 50GB Y! mobile 4,380円 無制限 3,696円 7GB UQmobile 3,880円 無制限 ご覧の通り、docomoの月額料金が高くて、月間通信量が少ない事が分かります。 ただし、 docomoには、ポケットWiFi専用の料金プランはなく、スマホと同じ料金プランが適用されます。 プラン別に月間通信量と月額料金を見てみましょう。 データ容量を増やすこともできますが、金額も下記のように増えていくので、高額な費用を払ってもいい人以外はおすすめできません。 そして2章以降で説明しますが、料金以外の要素に関しても抜きん出ている訳ではありません。 ポケットWiFiのおすすめ提供会社|4つのポイントで徹底比較 結論としては、 『UQ WiMAX』という会社から出ている『W06』というポケットWiFiがおすすめです。 選定の理由としては、下記の通りシンプルです。 「無制限」でデータ容量が使える• 「速度制限」がかかりづらい• 「操作」が簡単• 「コストパフォーマンス」が一番高い 実際にUQ WiMAXの『W06』を後述の販売代理店経由で購入すると、下記のような最高の条件で利用が可能です。 UQ WiMAX 『W06』 Y! これらの5社を 「データ容量」「速度制限」「月額料金」「高速通信できるエリア」の4つのポイントで徹底比較したのが以下の表です。 ポイント1. データ容量をたくさん使えるか docomoで契約したけど、7GBのデータ容量だとyoutubeとか見てると全く足りなかった。 毎月の6000円くらいでとても高く、損した感じです。 第一のポイントとして、月間データ容量のプランが「無制限」で使えるかどうかはとても重要です。 どういうことかというと、各社のポケットWiFiデータ容量に関しては下記の2パターンあります。 月に5GB、7GBなどデータ容量が制限されるプラン(携帯料金と同じ)• 月のデータ容量に制限がない(無制限)のプラン 無制限プランにもデメリットはありますが、速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、 迷ったら無制限にするのがおすすめです。 なので、ポケットWiFiを選ぶ際は、 「自分が無制限で使いたいかどうか」「どの会社が無制限プランを提供しているのか」の2点を確認しましょう。 無制限で使えるのは『au』『Y! mobile』『UQ WiMAX』の3社 ここで5社の月間通信量を比較すると、月間通信量が無制限で使えるのは、 「au」「Y! mobile」「UQ WiMAX」の3社です。 月間通信量 docomo 7GB or 30GB au 無制限 SoftBank 50GB Y! mobile 7GB or 無制限 UQ WiMAX 無制限 docomoとSoftbankは、データ容量が決まったプランしかないので注意しましょう。 無制限プランにすべきか悩んでいる方へ 7GBというのがポイントになります。 データ容量7GBの基準は、下記の通りです。 繰り返しになりますが、速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、 迷ったら無制限プランにするのがおすすめです。 ポイント2. 速度制限がかからないか 3日で1GB使うと次の日速度が遅くなるということは合意の上購入しましたが、容量に達していなくても動画が見れないほど遅くなります。 たくさんデータを使うことができても、 使い過ぎることでまったく使い物にならないレベルで速度制限をすぐに受けてしまう会社もあります。 会社によって大きく変わってくるので、5社の月間通信量と速度制限の条件、制限時の通信速度を下記に比較しました。 (1)無制限プランではない場合の違い|5社すべて共通で速度制限が厳しい どの5社であっても無制限プランでない場合は、契約時に決めた月間データ容量(7GBなど)を超えてしまうと128kbpsというほぼ使い物にならないレベルの速度制限を受けてしまいます。 特に注意なのが『SoftBank』で、無制限プランでなくても「3日合計で1GB使うと、128kbpsの速度制限」があります。 なので、迷ったら基本的には無制限プランを選択しておけば、いかなる状況でも安心なのでおすすめです。 (詳しくは、後述します) (2)無制限プランありの3社の違い|『Y! mobile』『au』『UQ WiMAX』 2017年5月5日をもって、『Y! mobile』『au』『UQ WiMAX』の3社はほぼ横並びの無制限プランになりました。 旧:3日で3GBを使うと、128kbpsに通信速度を制限(ほぼ使えない) 新:3日で10GBを使うと、1Mbpsに通信速度を制限(youtubeが視聴可能な速度) 上記の「1Mbps」はYoutubeの動画を標準画質で見れるぐらいの速度なので、「Y! mobile」「au」「UQ WiMAX」は制限を受けても快適に使い続けることができます。 ただし後述しますが、「UQ WiMAX」にはプロバイダをしっかり選べば3万円以上の割引を受けられるので、そちらを確実におすすめします。 ポイント3. 月額料金が安いか 私が住んでいるのは地方になるので、電波が届くか届かないかで選ぶしかなくてdocomoにしました。 エリアも速度もそんなに不満はないんですけど、料金だけが…docomoユーザーならセット割引があるとかもう少し安くならないですかね… 高い料金を払えばたくさん使えるのは当然の話なので、いかに安い料金でたくさんのデータ量が使えるのか知りたいところです。 一番お得なのは、WiMAX|プロバイダによる割引がお得すぎる 結論から言うと、WiMAXにはプロバイダ(販売代理店)による割引があるので、自分がどの携帯会社を使っていても最安です。 例えば『GMOとくとくBB』というWiMAXのプロバイダを利用すれば、下記の通り2年間で3万円以上もお得に契約できます。 au:「」• SoftBank:「」 しかし、月1000円程度の割引なので、WiMAXのプロバイダを活用した方が安くなります。 速度制限受けてないのに、遅い。 スピードメーターで速度計測したけど、1Mbpsも速度が出ないからストレス!都心なら、100Mbps以上出るはずなのに。 ポケットWiFiを利用するのに、速い速度で利用できるエリアが広いかどうか気になりますよね。 最後に、通信速度と通信エリアについて解説していきます。 通信速度について 下記のように提供会社によって差があります。 速い方がいいに越したことはありませんが、 実はこの速度はそこまで重要ではありません。 理由は2つあります。 最大速度を気にしなくていい理由1. あくまでも理論上の値 公式サイトには、必ずどの会社にも小さく注が振られています。 下記はdocomoの例です。 あくまでも「最高の環境が揃えば、技術的にはこれくらい出るよ!」という数値なので、一つの参考程度にしましょう。 大事なのは実測値です。 現時点では、 WiMAXが実は一番早く、公式ホームページで紹介している実測マップでも場所によっては100Mbpsと光回線並の速度が出ているのでおすすめです。 最大速度を気にしなくていい理由2. 高速通信のエリアが限られている 実はこの最大速度が出るエリアは限られています。 首都圏の一部エリア以外は当面は対象外ですので、やはり参考程度にしたほうがよいでしょう。 通信エリアについて 以前はdocomoが一番つながることで有名でしたが、最近は各社共にエリア拡大にかなり力を入れてきていて、以前ほど繋がらないエリアの差はなくなってきています。 ご自分の自宅や職場、よく行く場所などで使えるエリアなのか、またどのくらい高速で通信できるのかを下記のリンクで判定をして比較してみてください。 結論:ポケットWiFiなら「WiMAX」がベスト UQ系WiMAXの通信量は 月間無制限で利用することができ、3日間で10GB以上使って速度制限を受けても実測で1MbpsというYoutubeの動画を標準画質で見るのにストレスを感じないほどの速度で使い続けることができます。 価格も他のサービスと比較しても最安値で、2020年7月現在、 ポケットWiFiの中でただ一つの選択肢と言って良いでしょう。 2020年7月18日最新情報 現在、新型コロナウイルス拡大の影響により、一部プロバイダでWiMAX端末の在庫切れが発生しています。 WiMAXは数種類から端末を選ぶことができますが、基本的に 現行端末で最も優れた「W06」を選ぶことをおすすめします。 しかし、 なるべく早く使用したい場合は、機種問わず在庫があるうちに購入することをおすすめします。 2020年7月18日現在、WiMAXお試しサービス『Try WiMAX』と WiMAXの最もお得な申し込み窓口『GMOとくとくBB』を含む国内プロバイダ8社の「端末在庫状況」と「問い合わせ調査結果」は、以下の通りです。 最もお得にWiMAXを契約するための全手順 ポケットWiFiを契約するのであれば、docomoのポケットWiFiよりもWiMAXが月額料金が圧倒的に安くおすすめです。 WiMAXを申し込むために、下記3点を決めなければなりません。 契約プランを決める• 機種を決める• プロバイダを決める それぞれ結論からいうと、契約プランは「ギガ放題」、機種はW06、プロバイダは『GMOとくとくBB』を選びましょう。 順番に解説します。 3-1. 契約プランを決める プランは「通常プラン3670円(税抜)」か「ギガ放題プラン4350円(税抜)」で選びます。 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります• ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ 7GBというのがポイントになります。 データ容量7GBの基準は、下記の通りです。 速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、 迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。 3-2. 機種を決める WiFiルーターは主に6機種から選ぶことができますが、結論としては 「W06」が圧倒的に優れており、具体的には以下4つの理由から間違いなくおすすめです。 通信速度が最速(558Mbps、LTE利用で867Mbps)• 格段につながりやすい• 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能• 上記のポイントをひとつずつ簡潔にご紹介します。 通信速度が最速 「W05」が発売されたときにも大きな進化だと感じた点ですが、下り最大通信速度が558Mbps(有線接続の場合1237Mbps)と現存するどのポケットWiFiと比較しても最速です。 WiMAXは当然ながら通信速度が最重要なので、この時点で選択肢は「W06」に絞られます。 「WX06」や「WX05」を選んでしまうと、118Mbpsも最高速度が遅くなってしまいます。 ポイント2. 格段につながりやすい 「W06」は、基地局からの電波を受信する性能と、接続端末へ電波を送信する性能の両方が向上しており、つながりやすさが大幅に上がっています。 前代機種の「W05」にはない、以下の2つの機能が備わっているからです。 高性能ハイモードアンテナ• 建物の中の窓から遠い場所など、これまで繋がりづらかった場所から繋がりやすくなります。 通常は放射線状に発信される電波を、接続する端末の位置を自動検知して、その方向に集約して発信します。 「WX05」にも同様の機能が搭載されていますが、クレードルに設置した状態でのみ有効でした。 「W06」はクレードル不要で、この機能を使うことができます。 ポイント3. 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能 何ができるかというと、「au 4G LTE ハイスピードプラスエリアモード 」というauのLTE網を利用したより広域をカバーした通信を利用でき、最高速度867Mbpsの高速通信が可能です。 「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは 主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au 4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。 利用した月は1,005円の費用がかかるデメリットはありますが、タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、 電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。 ポイント4. 上り通信速度も大幅アップ あまり馴染みのない用語かもしれませんが、「上り最高速度」も最新機種WX06や前代機種のW05と同様、それ以外の機種よりも2. 5倍と大幅に速いです。 W06・WX06・W05:上り最大 75Mbps• WEBの閲覧などは「下り速度」と言い、ポイント1で説明した速度のことです。 上り速度が向上することにより、写真や動画のアップロードが高速化しているので、InstagramやFacebook、Twitter、Youtubeで投稿する際に、よりサクサク快適に利用することができます。 今までなかなか改善されなかったら上り速度が、「W06」「WX06」「W05」では2. 5倍と大幅に向上しています。 クレードル・USBケーブルは同時購入すべきか? クレードル(WiMAXを充電する台のようなもの)とケーブルは同時購入が可能ですが、 高いので公式ページで購入する必要はありません。 クレードルはそもそも購入しても使わない人が多いですが、必要だと感じたらAmazonで「WiMAX クレードル」と検索すれば3,000円前後で手に入ります。 3-3. プロバイダを決める 2020年7月の最新情報です。 WiMAXのプロバイダを安全に選ぶには、下記の唯一のポイントで選ぶことが重要です。 「ベストな機種(ルーター)」でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか 結論として、選ぶべきプロバイダは、2020年7月現在、下記一択です。 『』 次の項目でまとめる表で、一番安いプロバイダはどこか比較していきます。 「ベストな機種(ルーター)」でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか 選ぶプロバイダでWiMAXの速度やサービス自体は一切変わらないため、料金はとにかく重要です。 注目すべきなのは、キャッシュバックを含めて3年間使った場合のトータル費用がどれだけ安いかです。 「月額料金」を見せかけで安くして、『付帯サービス料金』などで水増ししているプロバイダもあるので、注意してください。 下記の表で、「月間データ通信容量無制限」に絞って、WiMAXのプロバイダと機種の組合せの「1ヶ月あたりの実質費用」を比較しました。 2020年7月現在、安い順に上位9通りを記載しています。 その中でも 27,500円のキャッシュバックを受け取ることをおすすめします。 なぜなら、「W06」は、下り最大通信速度が867Mbps(有線接続の場合1,237Mbps)と現在手に入るどのポケットWiFiと比較しても最速であり、最も優れた端末だからです。 2020年7月18日最新情報 現在、新型コロナウイルス拡大の影響により、一部プロバイダでWiMAX端末の在庫切れが発生しています。 WiMAXは数種類から端末を選ぶことができますが、基本的に 現行端末で最も優れた「W06」を選ぶことをおすすめします。 しかし、 なるべく早く使用したい場合は、機種問わず在庫があるうちに購入することをおすすめします。 2020年7月18日現在、WiMAXお試しサービス『Try WiMAX』と WiMAXの最もお得な申し込み窓口『GMOとくとくBB』を含む国内プロバイダ8社の「端末在庫状況」と「問い合わせ調査結果」は、以下の通りです。 「W07」は法人契約のみ取り扱い KDDIは 法人向けサービスとして、「Speed Wi-Fi NEXT W07」を取り扱っています。 しかし、 個人で契約することはできないため、 実際に手に入るWiMAXの中で最もおすすめの機種は「W06」です。 お得な契約期間は「3年間」 2018年11月より 主要プロバイダの契約プランが、「2年間」から「3年間」に移行しました。 また、 2019年10月以降は「1年間」のプランが登場しています。 しかし、以下の表の通り、 料金条件が良く、最もお得にWiMAXを使うことができるのは、「3年間」の契約プランで す。 プラン au 4G LTE 機種代金割引 3年 無料 有 2年 有料 有 1年 有料 無 それでは、GMOで買うべきか? 現状では一番おすすめできる選択肢で、買うべきと言えます。 ただし一点だけ、 購入前に知っておくべき注意点があります。 それは 『ある手続きを忘れてしまうとキャッシュバックが1円も受け取れない』という注意点で、 何も知らずに購入してしまうと、キャッシュバックが受け取れず、高くついてしまいます。 簡単ですが、手続きを忘れると、キャッシュバックは一切もらえず、救済措置はありません。 『GMOとくとくBB』に限らず、全てのプロバイダで同様の手続きが必要になるため、上記だけは必ず覚えておきましょう。 GMO以外のプロバイダはどうなの? 結論からいうと、弊社の調査ではおすすめできるプロバイダはありませんでした。 なぜなら、 速度などサービスは一切変わらず、料金はGMOが最も安いからです。 簡単な手続きを行うだけでキャッシュバックを受け取ることができ、キャッシュバックがなく月額が安い他のプロバイダと比べても、総費用が約1万円安くなります。 また、「途中解約した場合キャッシュバック金額を返金しなければならない」や、データ端末代が無料ではないというように、プロバイダごとに微妙に違うルールがあるときがありますので、一見安くても十分に注意してください。 なぜGMOはキャッシュバックがこれだけ高いのか? 『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。 そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができています。 また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。 最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX本家からの販売奨励金をたくさんもらっており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。 プロバイダ選びについて|まとめ プロバイダ選びについては重要なので長々と書いてしまいましたが、要点を下記にまとめます。 キャッシュバック金額を含めた「実質費用」で比べる• 2020年7月現在、『GMOとくとくBB』()が最もお得• 理由は明確で、口頭のやりとりだと 契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。 必ず上記内容が明記されているのフォームから最終的に申し込むようにしましょう。 まとめ:docomo自体は良い会社だけど、ポケットWiFiはおすすめできない ポケットWiFiサービスを提供している会社として、docomoは料金があまりにも高額です。 月額料金以外は口コミ・評判を見ても素晴らしい会社ですが、ポケットWiFiならWiMAXを迷わずおすすめします。 この記事のまとめとして、WiMAXの契約をされる場合、2020年7月現在、契約プラン・機種・プロバイダは下記が一番おすすめです。 料金プラン:ギガ放題• 機種:W06• サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい).

次の

Wifi レンタル[クレードルセット] 国内 無制限 30日 プラン「 ドコモ Xi WiFi レンタル 送料無料 」最大速度 下り 150M [WiFi端末:富士ソフト FS030W ] :c

ドコモ wifi レンタル

利用しているスマホはドコモではありませんが、ドコモレンタルを利用できますか?• ご利用スマホの通信会社に関係なく、ドコモレンタルをご利用いただけます。 初心者です、簡単に利用できますか?• 機器が届きしだい初心者の方でもすぐにご利用いただけます。 基本的な流れは、WiFiルータの電源を入れ、初めに1回だけ、ノートパソコンやスマートフォンのWiFi設定からパスワードを入力するだけです。 在宅勤務(テレワーク)での利用は可能でしょうか?• ご自宅やサテライトオフィスなど場所を選ばずいつでも簡単にテレワークをご利用いただけます。 機器はいつ届きますか?• 平日17時00分までのお申し込みで、即日発送し、最短で翌日にお届けします。 北海道、九州、沖縄、離島の場合、最短で翌々日にお届けします。 延長可能ですか?• 予めレンタル終了日を決めていただく必要はありません。 機器をご返却いただくまで毎月自動延長となりますので、面倒なお手続きは一切必要ありません。

次の

【ドコモ光】開通まで無料でモバイルWi

ドコモ wifi レンタル

5Mbps~ 下り最大112. 5Mbps〜1. 2Gbps 下り最大187. 5Mbps~ 612Mbps 下り最大440Mbps~1. 空港カウンターで受け取りと返却ができるため、旅行の際の利用にもおすすめです。 ポスト返却もできるため、国内なら旅行先から返却もできます。 15時までに申し込むと当日発送してもらえるため、最短で利用できるのも魅力です。 さらに、 当サイト限定で通常価格よりも安くポケットWiFiをレンタルすることが可能です!ポケットWiFiのモデルによっては、1,000円以上安くなる場合もあります。 ポケットWiFiをなるべく安くお得にレンタルしたい方は、WiFiレンタルどっとこむで決まりですね! 縛りなしWiFi【2ヶ月以上】• 縛りなしの通常プランが月3300円なのに対し、縛っちゃうプランは月2800円となっています。 長く使えば使うほどトータル金額は「縛っちゃうプラン」の方が安くなるため、長期レンタルには「縛っちゃうプラン」をおすすめします。 契約期間の縛りがないだけでなく、通信制限の縛りがないのも人気の秘密となっています。 縛りなしWiFiはデータ容量の制限がないため、 低価格でインターネットが使い放題なのです。 スマホの通信制限に悩んでいる方だけでなく、通信費を下げたい方にもおすすめのレンタルポケットWiFiといえます。 テレワーク等での一定期間使用にもおすすめ• 領収書発行なため経費で落とせる 最近では、1日単位でレンタルできるポケットWiFiが出てきています。 旅行や出張のとき、ネット環境のない実家に帰省するときなどの短期間であれば、レンタルがおすすめです。 レンタル料金は最も安いところで、1日350円からレンタルができます。 1ヶ月程度の短期間でポケットWiFiを利用するのであれば、購入よりもレンタルを使う方がよいでしょう。 レンタルWiFiをお探しの方には、3泊4日から利用できる「ReReレンタルWiFi」がおすすめです! 一般的なレンタルWiFiは1日あたり平均350円ほどですが、ReReレンタルWiFiは1日あたり100円程度で利用できるのでかなりお得です。 レンタル料金の領収書の発行や、法人利用であれば請求書支払いも可能です。 テレワークなど業務利用の場合も経費処理が簡単です。 また、ReReレンタルWiFiをレンタルすることができるサイトでは、スーツケースや最新一眼カメラなどが送料込みでレンタルすることができるので、旅行や出張のアイテムを一式そろえることができます。 ぜひチェックしてくださいね。 グローバルモバイル【1日から1週間】 「ソフトバンクグローバルモバイル」は1日480円で利用でき、かつ速度制限がないことが大きな特徴です。 通常使い放題のプランでも、直近3日間で10GBを超えると、翌日8時間ほどの制限がかかりますが、グローバルモバイルではこの制限もありません。 レンタル期間中に、目一杯ネットを利用したい人におすすめで、一定期間だけ通信量が爆発的に増えそうな人にもおすすめでしょう。 UQ WiMAX【無料2週間 15日間 】 「UQ WiMAX Try WiMAX」では15日間に限り、無料でポケットWiFiをレンタルできます。 期間内に返却しないと費用を請求されますが、破損や返却期限の超過がないなら、費用をかけずに使えることが魅力です。 短期間だけ使用したい人はもちろん、長期間の契約を検討しており、まずはお試しで使いたい人にもおすすめです。 利用には、クレジットカードや連絡先のメールアドレス、電話番号などが必要ですが、最低限のものだけで使えることは大きな魅力でしょう。 した記事も、併せてご覧ください。 ポケットWiFi短期レンタルのメリット ポケットWiFiを利用する場合、使い方は大きく「長期間の固定契約」か「短期間のレンタル使用」に分けられます。 便利であれば、長期間で契約してもよいと思う人もいるかもしれませんが、短期間レンタルで使うからこそのメリットもあります。 ポケットWiFiの短期間レンタルのメリットは、大きく3つです。 費用を最小限に抑えられる 長期間での契約の場合、毎月固定の利用料金を支払わなければなりません。 契約先やプランによって異なりますが、3,000~6,000円程度かかることが多いでしょう。 短期間レンタルの場合、月額の固定費用は当然不要で、使いたいときだけに限定して利用できるため、費用負担は最小限に抑えられます。 例えば1カ月だけ利用する場合、長期間契約だと最短で1年程度は契約しなければならず、使用しない期間分まで月額料金を支払わなければなりません。 しかし、短期間レンタルなら、必要な期間だけで契約を解除して、無駄なく使用できるでしょう。 また、1カ月のうちに間を開けて1週間ずつ使うという、イレギュラーな使い方もでき、利用における自由度の高さは、短期間レンタルならではの魅力です。 1日単位で契約できるプランもある 短期間レンタルでは、数週間から数カ月とまとまった期間での利用はもちろん、1日単位での契約も可能です。 複数日だけ必要で、あとは不要という人にもおすすめです。 日額500円程度のため、気軽に利用しやすいことも魅力でしょう。 1日単位での契約が可能なため、スケジュールに合わせて飛び飛びで契約し、費用を最低限に抑えることも可能です。 必要時に必要な分だけというのが、短期間レンタルの最大の強みで、長期間契約にはないメリットでしょう。 届き次第すぐ使える 届いたその日から、すぐに使えることもレンタルポケットWiFiの魅力で、長期間契約の場合のように、回線工事の必要がありません。 回線工事がないため、手間はかからないことはもちろん工事費も不要で、初期費用なしで使い始められる点もメリットのひとつでしょう。 充電するだけですぐに使えることが魅力で、お試しでWiFiを利用してみたい人にもおすすめです。 ポケットWiFi短期レンタルのデメリット メリットの多いポケットWiFiの短期間レンタルですが、一部デメリットもあるため注意しなければなりません。 レンタルの場合は、使用期間が短いことがデメリットで、継続して使うことが決まっているなら、長期間契約を結んだほうがよいでしょう。 短期間ならお得に使えるレンタルWiFiも、使用日数が増えれば、長期間契約のほうが安いことも少なくありません。 年単位で使用することが確定している人なら、短期間でレンタルするメリットはないでしょう。 また、レンタル品のため壊すと当然罰金になり、高い追加料金を請求されることも多いです。 買取の場合は、壊れても自己責任で済みますが、レンタルでは弁償の責任を負うことは覚えておきましょう。 長期契約ならカシモWiMAXがおすすめ! 出典: 【カシモWiMAXの特徴】• 業界最安級の月額料金• 通信容量最低限で使用可能• 最新機種が利用可能 の特徴は、なんといっても月額料金の安さです。 1か月目の 月額料金が1. 380円~と設定されており、 月額料金を少しでも抑えて利用したい方におすすめです。 WiMAXはauを展開するKDDIの子会社であるUQコミュニケーションズが提供しているサービスで、カシモWiMAXはそのサービスの販売代理店を担っています。 これを「プロバイダ」と呼びます。 販売代理店を通すと月額料金が高くなるイメージがあると思いますが、カシモWiMAXはテレビCMではなくネット上で宣伝をしているため。 高額な広告費を使っていません。 契約が増えると販売代理店として報酬も増えるため、契約数が多ければ多いほど1,380円という金額を維持しやすく、お得なキャンペーンも実施できるのです。 WiMAXはどのプロバイダで契約しても品質が変わらないため、月額料金が安くて、通信速度も速いプロバイダを選ばない手はありません。 通信は安定しており、「速度が遅い・繋がらない」といった問題はあまり起こらないでしょう。 キャッシュバックキャンペーンはありませんが、月額費用が業界最安級なので WiMAXの中で最もおすすめのプロバイダです。 ポケットWiFiの短期レンタルがおすすめな人 ポケットWiFiの短期間レンタルには、メリット・デメリットの両方があります。 そのため、人によって向き不向きがあることは理解しておきましょう。 短期間レンタルがおすすめな人の特徴は、大きく3つに分けられます。 引越し後の臨時回線として使う人 もともと光回線を利用している人は、引越し後も継続して使うなら、回線の開通工事をしなければなりません。 引越しの日程と合わせて工事が完了するならよいのですが、ばたばたしていて工事が遅れることもあるでしょう。 その際、ネットが使えない複数日の期間のみ、臨時の回線としてポケットWiFiの利用がおすすめです。 短期間レンタルなら、1日単位で使用できます。 そのため、引越しの翌日に工事という場合でも、間を開けずにネットが利用でき、ストレスになる心配もありません。 回線工事はいつ来てもらえるか分からず、場合によっては数週間待たされることもあるため、ネット環境で不便を感じたくない人にはおすすめでしょう。 海外在住で日本に一時帰国する人 海外に住んでいて、現地のスマホを契約している場合は、一時帰国の間だけポケットWiFiのレンタルがおすすめです。 スマホのキャリアの電波は国によって違い、一部地域では接続できないこともあります。 海外ローミングで接続できることもありますが、通信量が高く付き、帰国後に高額な請求が待っているということも少なくありません。 海外で契約しているスマホでも、WiFiの電波を利用しているなら、問題なく使用できるため、料金の心配なく快適にネットが楽しめるでしょう。 現在は、フリーWiFiを提供する施設も増えているため、一時帰国中はそれを利用するという方法もありますが、どこにでもあるわけではなく、不便も感じやすいです。 通信環境に困りたくないなら、ポケットWiFiをレンタルしたほうが、ストレスなくネットを利用できます。 地方に旅行に行く人 ポケットWiFiのレンタルは旅行時にも便利で、特に地方に旅行に行く人は利用を検討しましょう。 地方の場合は、電波環境の整備が整っていないこともあり、キャリアの電波が入りづらいこともあります。 また、都市部に比べると、フリーWiFiを提供する施設も少ないため、ネット利用で困ることは少なくありません。 ポケットWiFiを持っているなら、電波が入りづらい環境でも高速通信が利用でき、ストレスなくネットを楽しめます。 旅行中はお店や観光スポットの情報を調べたり、ホテルや交通機関の予約を取ったりすることも多いため、ネットが使えたほうがより楽に行動できるでしょう。 国内の短期出張に行く人 プライベートでの使用だけでなく、ビジネスでの利用にも、ポケットWiFiの短期レンタルはおすすめです。 国内での短期出張の際に、ポケットWiFiを持っておくと、移動中でもいつでもネットに接続でき、仕事もスムーズに進めやすいでしょう。 ポケットWiFiは、スマホに接続するだけではなくノートパソコンでも使えるため、ビジネスのお供にも最適です。 短い期間だけ使用して、出張後は返却も可能なため、仕事を滞りなく進めるためのツールとして、利用を考えてみましょう。 ポケットWiFiをレンタルする際の注意点 ポケットWiFiの短期間レンタルで、メリットになるケースもありますが、いくつか注意点があることも忘れてはいけません。 便利に使えるからと何も考えずに契約すると、活用できずに困る可能性も。 ポケットWiFiのレンタルをより上手に活用するためには、細部のポイントまで把握して、契約内容にまで注意を払うことが大切です。 通信エリアに対応しているか必ず確認する 都市部から地方までネットを快適に利用するなら、ポケットWiFiはおすすめですが、通信可能エリアには注意しなければなりません。 ポケットWiFiは、端末ごとに通信可能エリアが決まっており、国内でも一部地域では電波が入りづらい、あるいは使用できないこともあります。 また、旅行や出張の際にも便利ですが、行き先が通信可能エリアでない場合は、契約しても無用の長物となってしまいます。 レンタルの際には、必ず公式ホームページから通信可能エリアをチェックし、間違いなく使えることを確認してから契約しましょう。 通信量を考慮して機種を選択する レンタルしたポケットWiFiは、期間中無制限に使用できるとは限らず、端末や契約プランごとに、通信量が制限されていることも多いです。 日額が安いものほど、利用できる通信量は抑えられていることも多いため、費用と使用する通信量を天秤にかけ、適切なものを選ばなければなりません。 安いからといって、通信量上限の低いものを選んでしまうと、すぐに制限がかかって快適に利用できない場合も多いです。 レンタル期間中はどのような使い方をするか考え、通信量をある程度計算して、制限なしで使えるものを選びましょう。 解約金や違約金は発生する? A. 短期レンタル用のポケットWiFiが解約金や違約金は発生いたしません。 端末はいつ届いて、いつ使えるようになる? A. 各事業者によって異なりますが、最短1日から3日前後で配送、届いたその日から使えるようになります。 ただし、お住いの地域や状況によって変わる可能性がありますで、業者にお問い合わせください。 海外向けのレンタルポケットWiFiはある? A. 海外向けのレンタルポケットWiFiもあります。 さらに、空港でレンタルWiFiを受け渡しできるサービスもあるため返却も簡単です。

次の