鼻 うがい コロナ。 『うがい』によるコロナ対策は効果があるのか?

前頭葉機能低下を予防する鼻うがいはコロナウイルス感染症にも有効?

鼻 うがい コロナ

手洗いをする理由 小さな頃から教えられていると思いますが、外出先から帰宅した際は必ず手を洗いましょう。 新型コロナウィルスに限らず、手を洗うことはあらゆるウィルスに対して有効な手段です。 外出先から帰宅した際に手を洗う理由は、「手」にはたくさんのウィルスや細菌がついているからです。 人間の体の中で1番「手」を使っていると言っても過言ではないぐらい、「手」を利用して様々なものを扱います。 逆に言えば、「手」がなければなにも出来ないぐらい「手」を利用しています。 例えば、電車の吊り革りや電車の手すり、バスの吊り革やバスの手すり、会社の扉、買い物かご、買い物した際に受け取ったお釣りなどなど。 外出してなにも触らずに帰宅出来ることはまずないのではないでしょうか? なにかしらに触れた手にはもう、ウィルスがたくさんついている、細菌がたくさんついていると認識した方が良いです。 ウィルスや細菌がついた手で家の中のものを触れば、家中がウィルスだらけ、細菌だらけになります。 ウィルスや細菌がついた手で触れたものを食べると、ウィルスが食べ物につき、食べ物と一緒に体の中にウィルスが入ってきます。 もし、外出時に新型コロナウィルスが手に付着してしまっていたら、手洗いを行わないと大変なことになります。 手にはたくさんのウィルスや細菌がついているため、手洗いをすることが大切なのです。 手洗いの効果 手洗いを行う際には水洗いではなく、必ず手洗い石鹸を利用しましょう。 手洗いの効果とは手洗い石鹸の効果です。 手洗い石鹸を利用することで、手洗い石鹸のミセルという分子がウィルスを剥がしてくれます。 しかも、ウィルスを剥がしてくれるだけではなく、ウィルスの外膜を破壊してくれます。 つまり、手に付着しているウィルスを完全に除去してくれるのです。 手洗い石鹸を利用せず、水だけ手を洗った場合は、ウィルスを除去してくれる手洗い石鹸の効果を得ることが出来ません。 必ず、手を洗う際には手洗い石鹸を利用しましょう。 手を洗わなければ、家中に広めてしまっていたかもしれないウィルスを、手を洗う行為1つで除去することが出来るのです。 外出先から帰宅した際に必ず手を洗うと決めて、外出先から帰宅したらその通りに手洗い石鹸で手を洗うだけすので誰でも出来ます。 手洗い石鹸で手を洗うという、誰でも簡単に出来ることで、新型コロナウィルスを予防することが出来ます。 うがいをする理由 新型コロナウィルス対策や予防の中で、うがいが重要視されている理由は「喉」がウィルスを防御してくれているからです。 外出先でウィルスをで吸引してしまっていた場合でも、「喉」の機能により、ウィルスが体内へと侵入することを防いでくれている可能性があります。 つまり、喉にウィルスが留まっている可能性があるのです。 せっかく「喉」の機能により防御したウィルスを、飲食などで体内に流し込んでしまわないように、うがいをすることが推奨されているのです。 うがいの効果 うがいの効果はうがい薬の効果と言えます。 うがい薬を利用せずに、水だけでうがいしただけでは、ただの洗浄効果しか得られません。 うがい薬はその種類によって効果に違いはありますが、どのうがい薬でも共通しているのが、ウィルスを殺菌しくれる殺菌効果です。 うがい薬を利用してうがいを行うことで、喉の機能により喉に留まっているウィルスを、殺菌して除去することが出来ます。 喉にウィルスが留まっている状態は、ウィルスが体内へと侵入するかどうかの瀬戸際です。 瀬戸際のところで、ウィルスを除去する方法がうがい薬でのうがいなのです。 手洗いうがいは誰でも出来ること 手洗いとうがいは誰でも行うことが出来ます。 石鹸をつけて手を洗う。 うがい薬を使ってうがいをするということだけでいいのです。 中には、手を洗うけど石鹸を使わない。 うがいはするけどうがい薬を使わないという方がいますが、それだけでは十分な効果を得る事が出来ません。 新型コロナウィルス対策として有効とされているのは、手洗い石鹸を利用しての手洗いと、うがい薬を使ってのうがいです。 もし、外出先で手にウィルスが付着していたとしたら、手を洗わなければ家中がウィルスだらけになります。 家中がウィルスだらけになってしまったら、その家に済んでいる自分や自分の家族がウィルスに感染してしまいます。 自分が手洗い石鹸で手を洗わないだけで、自分や自分の家族の命に危険が及ぶのです もし、うがい薬でうがいをしなければ、喉に留まっているウィルスが食事と一緒に体内へと侵入していまいますし、喉に留まっているウィルスを、咳やくしゃみなどで、家中にばらまいてしまいます。 もし、手洗いうがいをしなければ。 そう考えると恐ろしい。 誰でも出来ることで、その恐ろしい事態を回避することが出来ます。 手洗い石鹸での手洗いや、うがい薬でのうがいは誰にでも出来ることですので、外出先から帰宅した際は、必ず手洗いとうがいをすることを徹底していきましょう。 手洗いが出来ない時は? 外出先などで、複数の人がよく触る場所に触れた場合、出来るだけ早く手を清潔にすることが必要と言われています。 ですが、いつでもどこでも手を洗えるわけではないですよね。 手洗い石鹸で手を洗いたいけど、すぐに手を洗える環境や状況ではない場合は、消毒スプレーや消毒ジェルなどを利用して、手を消毒しましょう。 その消毒を行う際におすすめなのが「次亜塩素酸水」の消毒スプレー、消毒ジェルです。 次亜塩素酸水で瞬時に消毒 手洗いが出来ない場所で、手についているかもしれないウィルスや細菌を除去するためにおすすめなのが「次亜塩素酸水」を使用した消毒スプレーや消毒液での消毒です。 次亜塩素酸水は、一般的な消毒液と比べて殺菌力が高く、しかも瞬間性があります。 次亜塩素酸水を手に吹きかけるだけで、手についているかもしれないウィルスや細菌を除去することが出来ます。 この次亜塩素酸水は、乳児の哺乳瓶の消毒や乳児のおもちゃの消毒などにも利用されていますので、とても安全性が高く、安心して利用する事ができます。 手洗いが出来ない場所なら、次亜塩素酸水で手を清潔に保つことをおすすめさせていただきます。 次亜塩素酸については別記事にて詳しく記載してますのでよかったら見てみてください。 自分はやらなくてもいいはもうやめよう 今回の新型コロナウィルス問題は当初日本には関係ないと思われていた方も多いと思います。 ですが、今になれば日本も新型コロナウィルス問題に直面しています。 自分以外の誰かの問題ではなくて、自分の問題であることを1人1人が認識して行動していくことが大切です。 個人で出来ることには限度がありますので、難しいことはする必要はありません。 誰でも出来る手洗いとうがいを、手洗い石鹸をつけて、うがい薬を使って行うことを徹底していくことから始めてみましょう。 新型コロナウィルスへの対策や予防を自分から行うことで、まず自分を守れますし、自分を守ることで自分の周りを守ることに繋がります。 新型コロナウィルスは多数の方の命を奪っています。 この新型コロナウィルス問題を早く終わらせるためにも、誰でも出来る手洗いとうがいを徹底していきましょう。 まとめ 新型コロナウィルスへの1番の対策、予防策とされている手洗いとうがいの効果についてご説明させていただきました。 たかが手洗い。 たかがうがいではありません。 外出した際に、手でいろんなものを扱っているはずです。 その手には、ウィルスや細菌がたくさんついている可能性があります。 もしかしたら新型コロナウィルスも手に付着しているかもしれません。 手洗い石鹸で手を洗うことで、手についているウィルスや細菌を除去することが出来ます。 うがい薬でうがいをすることも忘れてはいけません。 外出先で体内に侵入してこようとするウィルスを、喉の機能で防御しています。 喉に留まったウィルスを体内に流さないようにすることと、喉に留まっているウィルスを咳やくしゃみでばらまかないように、帰宅したらすぐにうがい薬でうがいをしましょう。 手洗い石鹸での手洗いと、うがい薬でのうがいを徹底して行うことで、新型コロナウィルスになることを予防出来ます。 手洗いとうがいは誰にでも出来ることです。 もし手洗いとうがいをしなければ、ウィルスはどんどん自分の周りで広がっていきます。 自分がウィルスに罹るだけではなく、自分の周りも巻き込んでしまいます。 もし、すぐに手を洗えない環境や状況であれば、次亜塩素酸水での消毒がおすすめです。 次亜塩素酸水は一般的な他の消毒液よりも高い殺菌力と瞬間性があります。 次亜塩素酸水は乳児の哺乳瓶の消毒にも使われているほどの安全性を誇っています。 安心して利用が出来て、効果が高く瞬間性があるのでおすすめです。 手についているかもしれないウィルスや細菌を取りたい時には、次亜塩素酸水の消毒スプレーや消毒液で手を消毒すると良いでしょう。 新型コロナウィルスは世界中で広まり多数の方が命を落としています。 今出来ることを1人1人が意識して徹底して行っていきましょう。 , , , ,• コメント:• 関連記事一覧.

次の

コロナウィルス対策 鼻うがい

鼻 うがい コロナ

前回のコラムで、マスクでは新型コロナウイルスに「感染しない効果」はあまりないことを説明しました。 また、マスクを使用することでかえって感染しやすくなる可能性についても紹介しました。 そして最後に「最強の新型コロナ予防法は鼻にウイルスを入れないこと」という私見を述べました。 鼻にウイルスを入れなければ感染する可能性が激減するなんて、そんなこと当たり前じゃないか、と思われる人もいるでしょう。 では、あなたは1日に何回くらい自分の鼻を触っているかを考えたことがあるでしょうか。 これを調べた研究があります。 26人の医学生のふるまいをビデオで撮影し、1時間に何回顔を触るかを調べました。 論文によれば、1時間で顔面に手指が触れた回数は平均でなんと23回。 そのうちの約3回は鼻の粘膜に触れていたというのです。 医学部の学生にもなって、鼻をほじるような人はいないでしょうから無意識的に手指が鼻の粘膜に触れてしまっているわけです。 もしも手指に新型コロナウイルスが付着していたとすれば感染が起こり得ます。 いくら手洗いをしっかりしていても、手洗いの後に机やキーボードに触れればすぐにウイルスに汚染される可能性があるからです。 次にもうひとつ興味深い研究を紹介しましょう。 医学誌「Nature Medicine」2020年4月3日号に「呼気に含まれるウイルスとマスクの有効性(Respiratory virus shedding in exhaled breath and efficacy of face masks)」という論文が掲載されました。 この論文の主題は「医療用マスクを装着することにより、呼気のウイルス量が減少す… たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。 91年関西学院大学社会学部卒業。 4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。 研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。 同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。 その後現職。 大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援する代表も務める。 日本プライマリ・ケア連合学会指導医。 日本医師会認定産業医。 労働衛生コンサルタント。 主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。

次の

新型コロナウイルスに負けない!!鼻呼吸のススメ

鼻 うがい コロナ

2つの応援クリックお願いします! 急激な嗅覚を自覚した人は ・仕事に行かない ・家で寝ている ・マスクをずっとしておく ・とにかく人と会わない ・誰とも会話しない、ことが大切だと思う。 3つの「密」に加えて、「嗅覚喪失」を啓発すべきだ。 以下、私の勝手な妄想だ。 適当に読み流してほしい。 コロナの感染ルートには2つある、と考える。 1 口・鼻ルート=接触感染 (嗅覚喪失ルート 若者タイプ) 手についたコロナが口や鼻から入り、口腔粘膜や鼻腔粘膜で まずは、急激に増殖する(=その結果が、嗅覚喪失) この段階で免疫獲得する人もいる(IgA IgM IgGの順番) これは若者に多い無症状陽性者ないし不顕性感染者だ。 それが肺に入れば、二次的に肺炎に至る人もいる。 しかし、かなりの時間がかかる。 (潜伏期が長い) 胃に入ったウイルスはPH2~3の強塩酸で不活化される。 しかしPPIなどの胃酸抑制剤を飲んでいる人は、できない。 小腸に入ったウイルスは小腸の絨毛にあるACE受容体に結合し 小腸粘膜内でも増殖し、「下痢」という症状を引き起こす。 手洗いは、1には有用。 小さなウイルス粒子はいきなり肺の奥に到達する。 肺の抹消で増殖して、淡いびまん性の肺炎を発症。 小さな肺炎は単純レントゲンでは検出できず、CTで分かる。 開業医ではPCR検査よりもCT検診の方が有用かもしれない。 これは、「マイクロ飛沫」ルートとも言える。 いわゆる空気感染であり、クルーズ船での集団感染がモデル。 免疫獲得の場所や時間的余裕がなく、重篤化しやすい。 高齢者が2~3日で呼吸器が必要になるのはこのタイプ? オルベスコは、この予防になり得る。 あるいは、二酸化塩素の吸入もいい。 2には、「換気」と「空間除菌」が有効だ。 換気できるまでの時間を空間除菌製剤が補う。 咳エチケットではなく、 「会話エチケット」としてのマスク着用が極めて重要。 マスクは、自分の感染予防ではなく、 社会のためにつけることが大切だ。 「 だから「使いまわし」でも、しないよりは全然良い。 繰り返すが、マスクで自分の感染の予防はできない。 ------------------- いずれにせよ「嗅覚喪失」というキーワードを知ってほしい。 これは検温や酸素飽和度などをいくらやっても、分からない。 自分しか分からない感覚。 逆に言えば、自力で自分のコロナ感染を知ることができる。 PS ブレイクアウト寸前なので本数が増えることをご容赦ください。 役に立ちそうな情報だけを拾い読みしてくだされば、幸いです。 コメントは有難いのですが、「匿名」はやめてください。 「匿名さんから匿名さんへ」ではなんのことか意味不明。 このブログがあったほうが良ければ、 毎日、2つのクリックをお願いします。 「鼻・鼻・鼻」! まさにタイムリーな情報、ありがとうございます。 「マスク」「口うがい」はしていませんが、「鼻うがい」は朝晩に加えて帰宅時も「頭髪洗い」とセットでやっています。 「アルコール」はなくても、「あら塩」は店棚に十分揃っています。 「上気道でストップ」したいもの。 問題は「嗅覚」。 「嗅覚」は「視力」「聴覚」「味覚」とともに年々低下。 嗅覚の「急速低下・喪失」を嗅ぎ分けるのは容易ではない。 ガスコンロ閉鎖・電子レンジ1本という料理習慣のない身にとって、嗅覚力はないに等しい。 素人には、検温はできても酸素飽和度も測れない。 「微生物からすれば、自らの生存のために変異しながら人間への親和性を高めているのかも知れません。 環境や自然を含む地球の健康と人類の健康を総合的に考え・・、人類と微生物との共存を模索することも大事だと考えます。 」 國井修3. 25 「復興五輪」から「ウイルス殲滅五輪」へ アヘ親衛隊。 重度の花粉症を克服したせいかも知れないが、喉或いは鼻にきた違和感をキャッチできるようになりました。 いつでしたか、長尾先生が "インフルに罹らないための極意"を披露されていましたが、「わかるなぁ」と思って読みました。 外出先で鼻うがいはできないけれど、「まずいな」と違和感を覚えたらすぐに、鼻炎スプレーで除菌してから唾液をティッシュで拭ってみたり、必携のペットボトルでお茶うがい。 医薬系ののど飴で除菌。 「???」位な違和感のうちに、葛根湯を飲むとか、全て自己流ではあるけれど 喉や鼻に神経を注いでいると、「変だな... 」という感覚を当たり前にキャッチできるようになります。 感染症の入口は喉か鼻であることは間違いない!! 2年前くらいのインデックス大阪の「介護フェア.フェスティバル」に参加しました。 3時か4時以降でもう終わりかけだったのですけど、沢山の参加者と出店参加団体がありました。 「認知症コーナー」の方に、何気なく歩いて行きましたら、小柄な中学生か高校生に見えた女性が私の鼻に、いきなり笑いながらラベンダーの匂いがする紙を押し付けました。 私が驚いて「ラベンダーの香りだ。 認知症ではないわよ!」と言うと、女は口を尖らして「なんだ。 知ってるんだ」と言って離れて行きました。 以前鍼灸の勉強会で、確か神戸大学医学部の教授が「嗅覚鈍麻は、アルツハイマー型認知症の証拠です」と仰って驚きました。 風邪をひいても、スギ花粉症でも嗅覚鈍麻になる原因は沢山あると思いました。 いきなり若い女が他人の鼻に匂い紙を押し付けてニンチかどうか調べてやろうと虎視眈々と狙っているとは、恐ろしいなあと思いました。 今回は新型コロナ.インフルエンザウイルスの症状で嗅覚鈍麻もしくは、嗅覚消失があると言うニュースが飛び込んで来ました。 それで、早速喘息の鼻腔に噴霧するスプレー型の薬を買い占めたいとの要望が製薬会社に寄せられているとニュースで言っていました。 スギ薬局では、「スギ花粉症用のステロイドのスプレーはありますが、喘息用のスプレーほどはステロイドの量は有りません」とのことでした。 スギ花粉用のスプレーは、買い占められないから安心だわと思いました。 私の父が、1992年の4月に心筋梗塞の発作を起して森ノ宮の成人病センターで、TTPとかいうカテーテルによるバルーン治療をしてもらって、九死に一生を得ました。 その時のお薬は硫酸アトロピンだったと思います。 無事に我が家に帰ってからしばらくして、「料理の味がしない」と言いだしました。 それはZn 亜鉛)の不足だとNHKの今日の健康に載っていたので、夏の北陸の牡蠣を食べたり、海苔とかゴマを食べているうちに味覚異常は治りました。 鼻も匂わないと言いだしてのですけど、耳鼻科に連れて行ったのですが、なかなか治らなかった思い出がありました。 父が死んだ後、母の介護をしている時はブロマックとかいう亜鉛の入った胃の薬を頂きました。 最近私がスギ花粉症で嗅覚鈍麻になった時は、スギ薬局でステロイドのスプレーを売ってくれるので、治っています。 あまり長期間に大量に噴霧しないで、少しづつ噴霧してくださいと書いてありました。 そういう事情がありましたので、私は嗅覚鈍麻については少し知っていましたけれど、この度のコロナウイルスと関係があるとは驚きでした。

次の