琉球 銀行 インターネット バンキング。 琉球銀行 インターネットバンキング ログインはこちら

[B!] 琉球銀行 インターネットバンキング

琉球 銀行 インターネット バンキング

振込が入金先に反映される時間は? 銀行振込の時間は、 銀行の営業時間である9時~15時が一般的。 振込がされてから振込先に入金が反映されるのは 平日である必要があります。 土日に振り込んだとしても、それが反映されるのは翌平日の9時になります。 金曜日の15時以降に振り込んだ場合も同様です。 以下、時間帯別の基本的な振込反映ルールをまとめました。 0時~8時59分までにATMで振込んだ場合 9時までに振り込んだ場合は、一般的に9時00分頃には振込先で入金が確認できるはずです。 9時~14時59分までに振込んだ場合 この時間帯に振り込めば、ほぼ確実にリアルタイムで振込が反映されます。 但し、 窓口で直接処理をした場合は、反映が少し遅れてしまうケースもあるので注意が必要です。 窓口の場合は、当日の振り込み件数の多さや、相手銀行の処理によって時間がかかる場合もあります。 窓口で入金して当日中に振込先に入金報告がしたい場合は、14時50分には振込を終わらせるようにしてください。 そして、窓口担当者に、できるだけ早く着金するようにしてくださいと一言伝えておくと効果的です。 15時~23時59分までにATMで振込んだ場合 入金が反映されるのは翌営業日の9時となります。 平日なら翌日の9時、金土日曜祝日なら翌平日の9時に入金が反映されます。 振込の反映、土日の場合はどうなる? 土日と祝日は基本的に振込処理がされません。 土日でもATMを使って振込をすることは可能ですが、その場合、入金が振込先の口座に反映されるのは翌週の月曜日9時(月曜日が祝日の場合は火曜日)になります。 もしも取引などがある場合には、土日のため振込の確認できるのは月曜日であることを伝えておくと良いでしょう。 ただし、りそな銀行とゆうちょ銀行は例外で、同じ銀行同士なら土日であっても、グループ内取引に限りますが24時間リアルタイムで入金が反映されます。 スポンサードサーチ 振込が24時間リアルタイム反映のネットバンキングが便利! 近頃では、リアル店舗を持っていないネットバンキングが人気になっています。 ネットバンキングとは、実店舗を持っていないオンライン上の銀行のことです。 手続きがネット上で完結し、手数料も安いため便利に利用することができます。 ネットバンキングでは、土日祝日でも24時間振込が可能な上に入金が即時反映されるというメリットがあります。 (*同一ネットバンク同士に限る) 以下に24時間リアルタイムで振込が反映されるネットバンキングを紹介いたします。 楽天銀行• じぶん銀行• イオン銀行• セブン銀行• ジャパネット銀行• 住信SBI銀行 これらが24時間即時反映の便利なネット銀行です。 ネットバンキングを利用したことのない方は、ぜひ口座を開設してみてはいかがでしょうか。 まとめ 銀行振込の反映ルールをしっかりと押さえておけば、思いがけないお金のトラブルを回避することが可能です。 土日や祝日に振り込むと、入金先に反映されるのはよく平日まで先延ばしになるため、できるだけ平日中に振込を済ませておくのが得策です。 「どうしても今すぐに振込を反映させなければいけない!」という場合はネット銀行が活躍するので、楽天銀行やセブン銀行などの講座を1つでも持っておくといいかもしれませんね。

次の

[B!] 琉球銀行 インターネットバンキング

琉球 銀行 インターネット バンキング

この記事の要約(一言まとめ)• キャッシュカードの再発行は店舗窓口で申込み• 代理人に依頼することも可能• 紛失・盗難時は利用停止の手続きを最優先• 本人確認資料・届出印などが必要• 再発行手数料として1,000円ほどかかる 琉球銀行のキャッシュカードを再発行する方法 琉球銀行のキャッシュカードを再発行するとなると、最寄りの店舗窓口で手続きを進めることになります。 ネットのみ・電話のみで再発行手続きを完結させることはできません。 わざわざ店舗まで行くのは手間ですが、店舗でないと再発行手続きを進めることができないので、そこは我慢しましょう。 ただ、少しありがたいことに、取引店(口座開設店)以外でも再発行ができるんです。 仕事の都合などでなかなか取引店に行けない時は、最寄りの琉球銀行で再発行の手続きを進めましょう。 次に、キャッシュカードが使えなくなる理由別に、再発行の手続きの流れを見ていきます。 キャッシュカードが使えなくなる理由として、主に下記があげられます。 キャッシュカードが使えなくなる理由• 磁気不良・破損• 暗証番号忘れ・ロック(利用制限)• 紛失・盗難 では、再発行手続きの流れを見ていきましょう。 磁気不良や破損・変形による再発行 琉球銀行のキャッシュカードは、磁気不良やICチップ不良を起こすことがあります。 こうなると自然に回復しないので、店舗窓口での再発行が必要になります。 また、破損・変形した場合も同じです。 琉球銀行のキャッシュカードはふとした拍子に割れたり、欠けたりすることがあります。 破損・変形したキャッシュカードは、絶対に使わないようにしましょう。 ATMから出てこなくなり、二次被害が生じる恐れがあるからです。 すぐ琉球銀行の窓口に行き、再発行の手続きを進めてください。 再発行にかかる期間は数日〜1週間ほどが目安になります。 暗証番号忘れ・ロックによる再発行 琉球銀行キャッシュカードの暗証番号を忘れてしまった。 何回も暗証番号の入力を間違えてしまい、ロック(利用制限)がかかってしまった。 この場合も原則として、キャッシュカードの再発行が必要になります。 というのも、琉球銀行では暗証番号の照会(確認)を行っていないからです。 琉球銀行だけでなく、他の銀行も同様のところがほとんど。 暗証番号を忘れた・ロックがかかった時は、最寄りの琉球銀行に行き、窓口で再発行手続きを進めましょう。 紛失・盗難による再発行 琉球銀行キャッシュカードを紛失してしまった。 または盗難にあってしまった。 この場合、再発行よりも先に「利用停止」の手続きが必要になります。 利用停止手続きは電話でできるのですが、曜日や時間帯によって連絡先が異なります。 琉球銀行の営業時間内であれば、取引店に連絡。 営業時間外(早朝や深夜、土日など)であれば、専用ダイヤルに連絡してください。 その後、最寄りの琉球銀行に行き再発行の手続きを進めましょう。 【補足】見つかったとしても、そのキャッシュカードは使えない 利用停止の手続きをしたあとで、琉球銀行のキャッシュカードが見つかった。 この場合、見つかった琉球銀行のキャッシュカードは利用することができません。 というのも、すでに利用停止の手続きが完了しているからです。 手間ではありますが、最寄りの琉球銀行に行き、再発行手続きを進めなければなりません。 琉球銀行のキャッシュカードを再発行する時に必要な持ち物 琉球銀行のキャッシュカードを再発行するためには、必要な持ち物があります。 それが上記の通り。 持ち物に不備があると、再発行手続きを受け付けてくれません。 筆者自身、過去にキャッシュカードの再発行を依頼したことがあるのですが… 届出印を持っていかなかったせいで、再発行手続きができませんでした。 筆者と同じことにならないよう、琉球銀行の窓口に行く前に必ず、忘れ物はないか?持ち物に不備はないか?確認しましょう。 改めて、琉球銀行のキャッシュカードに必要な持ち物をおさらい。 必要な持ち物• キャッシュカードもしくは通帳• 届出印• 本人確認資料 【補足】届出印を紛失した、忘れてしまった時はどうすればいい? キャッシュカードを再発行するためには、届出印が絶対に必要です。 ただ、届出印は無くしたり、どれか分からなくなったりすることがあります。 そんな時は、家にある印鑑をすべて持っていき、窓口で照会してもらいましょう。 その中に届出印があれば、すぐにキャッシュカードの再発行を受け付けてもらえます。 ですが、該当する届出印がなかった場合は、届出印の変更手続きが必要になります。 届出印を変更してから、キャッシュカードの再発行を進めましょう。 【補足2】場合によっては通帳の提示を求められる 通帳なしでも、届出印と本人確認資料があれば、基本的には再発行できます。 ですが、場合によっては通帳の提示を求められることがあります。 なので念のため、琉球銀行の通帳も持っていった方が安心できます。 もしくは窓口に行く前に、琉球銀行に電話をして、再発行に必要な持ち物を問い合わせましょう。 手数料は税別1,000円。 基本的には後日、口座から引き落とされます。 希望すれば窓口でも支払えますが、口座引き落としの方が手軽。 ただし、注意が必要です。 引き落としが行われる時に残高が不足していると、正常に処理が行われません。 その状態を放置していると、琉球銀行から催促が届くこともあるので、残高不足を起こさないよう気をつけてください。 なお、引き落とし時間については、店舗ごとに異なります。 詳しくは下記のページで解説されているので、参考にしてください。 琉球銀行のキャッシュカードの再発行にかかる時間(所要時間) 琉球銀行のキャッシュカード再発行には、ある程度の時間がかかります。 再発行手続きが完了しても、すぐには再発行されません。 では、どれくらいの時間がかかるのか?というと、おおよそ数日〜1週間ほどです。 早ければ1週間以内に新しいキャッシュカードが届きますが、手続きに時間がかかると、1週間以上かかることもあります。 正確な日数は断言できませんが、1週間前後を目安にしておきましょう。 【補足】クレジットカード一体型の場合は、再発行に時間がかかる 琉球銀行のキャッシュカードには、いくつか種類があります。 キャッシュカード単体型、クレジットカード一体型など。 クレジットカード一体型の場合は、再発行に時間がかかります。 キャッシュカード機能だけでなくクレジットカード機能も搭載されているので、通常より時間がかかってしまうんですね。 クレジットカード一体型の場合、再発行にかかる時間は1週間〜10日ほど。 長引くと2週間くらいかかることもあります。 おおよそ10日前後を目安にしておくといいでしょう。 【補足】キャッシュカードが届くまでのお金の下ろし方 新しいキャッシュカードが届くまでは、キャッシュカードを使ってお金を下ろすことができません。 では、その間どうやってお金を下ろせばいいのか?というと、方法は2つあります。 1つは「 通帳を使って下ろす方法」です。 琉球銀行の窓口か、ATMに行く必要があるので、ちょっと手間ではありますが… キャッシュカードが手元になくてもお金を下ろせるので、緊急時は助かります。 もう1つの方法は「 他の口座に送金して、その銀行のキャッシュカードを使って下ろす」です。 どういうことか?というと、流れが次の通りです。 琉球銀行のネットバンキングにログイン• 他の銀行口座に振り込む(送金する)• その銀行のキャッシュカードを使って引き出す ただこの方法を使うには、他の銀行口座とキャッシュカードが必要になります。 いつ・何時キャッシュカードの再発行が必要になるか分からないので、念のためサブ口座を開設しておくと安心できますね。 磁気を発するもの• 携帯電話• スマートフォン• マグネット付きスマホカバー• テレビ• パソコン 等々 また、熱によって不良を起こしたり、傷がついて読み取れなくなることもあります。 対処法:再発行 磁気不良・ICチップ不良を起こしたキャッシュカードは、再発行するしかありません。 自然回復するものではないので、面倒ではありますが所定の方法で、キャッシュカードの再発行手続きを進めましょう。 破損・変形 琉球銀行キャッシュカードは消耗品です。 クレジットカード一体型であれば、有効期限が切れる前に新しいカードが送られてきますが… キャッシュカード単体型の場合は有効期限がないので、半永久的に使い続けることになります。 ですが、当然ながら経年劣化します。 摩擦によって傷がついたり、圧迫されて変形したり… 地面に落とした衝撃で、割れたり欠けたりすることも。 対処法:再発行 変形・破損した場合は、すぐに再発行をしましょう。 また、変形・破損したキャッシュカードは絶対に使ってはいけません。 ATMに入れたけど出てこなくなったり、カードリーダーを破損させてしまったり、二次被害が生じる恐れがあるからです。 汚れによる読み取りエラー 琉球銀行キャッシュカードを長年使っていると、読み取り部分に汚れが付着します。 それにより読み取りエラーとなってしまい、キャッシュカードが使えなくなることも。 対処法:拭き取るもしくは再発行 汚れの程度が軽ければ、ティッシュなどで拭き取ってキレイにすれば、正常に読み取りできるようになります。 ただ、汚れがあまりにもヒドかったり、傷がついている場合などは再発行が必要になります。 最寄りの琉球銀行の窓口に行き、キャッシュカードの再発行手続きを進めましょう。 挿入方向を間違えている 単純なミスですが、キャッシュカードの挿入方向を間違えると、それが原因でお金が下ろせないこともあります。 クレジットカード一体型、デビットカード一体型の場合は、挿入方向によって機能が異なりますからね。 正しい方向で挿入しないと、キャッシュカードの機能を利用することができません。 対処法:正しい方向で挿入する 挿入方向を間違えていたのであれば、正しい方向で挿入すればOK。 挿入する前にカードの表面を見て、方向を確認しましょう。 暗証番号を間違えている キャッシュカードの暗証番号を間違えると、ATMを使っての取引ができません。 また、何回も暗証番号を間違えてしまうと、ロック(利用制限)がかかります。 こうなると、最寄りの琉球銀行に行き、解除手続きやキャッシュカードの再発行が必要になります。 対処法:琉球銀行の窓口で手続き 琉球銀行の暗証番号を忘れても、照会・確認することができません。 セキュリティの観点から、琉球銀行の窓口でも照会・共有ができないんです。 そのため、暗証番号を忘れてしまったり、キャッシュカードのロック(利用制限)がかかってしまった場合は、解除手続きやキャッシュカードの再発行が必要になります。 いずれにせよ、最寄りの琉球銀行に行き、窓口で手続きを進めなければなりません。 その際は、下記の持ち物を持参しましょう。 必要な持ち物• ロックがかかったキャッシュカード• 届出印• 本人確認資料 6. ATMが営業時間外 琉球銀行ATMは営業時間が限られています。 また、提携ATM(コンビニATMなど)でも利用できますが、こちらも同じく営業時間が決まっています。 基本的には年中無休で利用できますが、定期メンテナンスやシステムメンテナンスなどで、一時的に利用できないこともあります。 参考例として、コンビニATM(セブン・ローソン・イーネット)の概要ページを掲載しておきますので、ぜひチェックしてください。 対処法:営業時間内に利用する ATMの営業時間内であれば、問題なく利用できます。 深夜や早朝は使えない時間帯がありますが、午前〜夜間なら基本的にはいつでも利用可能です。 ATMが琉球銀行に対応していない 利用するATMによっては、琉球銀行に対応していないこともあります。 確実にキャッシュカードを利用するなら、琉球銀行ATMを利用するのがベストです。 対処法:提携ATMで利用する 提携ATM(コンビニATM)を利用するなら、対応しているかどうか?事前に確認しておきましょう。 事情により琉球銀行ATMまで行けない時は、コンビニATMを利用する機会が多くなりますからね。 まとめ• キャッシュカードの再発行は店舗窓口で申込み• 代理人に依頼することも可能• 紛失・盗難時は利用停止の手続きを最優先• 本人確認資料・届出印などが必要• 再発行手数料として1,000円ほどかかる.

次の

振込の反映時間は何時?土日は?リアルタイム反映にはネットバンキング!

琉球 銀行 インターネット バンキング

目 次• ・銀行 ネットバンキングとは? そもそも、先ず、銀行のネットバンキングとはどのようなもでしょう? 今までは現金を下ろす、他口座へ振込する、などの銀行取引は、銀行店舗の窓口、または、店舗のATMを利用する必要があります。 ネットバンキングはこれら、が実際にインターネット上で顧客とつながることにより、わざわざ、店舗に出向かなくても、自宅にインターネット環境があれば、銀行業務の取引が可能になることです。 (通常の口座開設以外に別途、申込みは必要となる) ネットバンキングで唯一できないことは、 現金での入金、出金です。 それ以外の、 ・残高照会 ・振込 ・振替 ・投資信託などの資産運用管理 ・外貨預金 等の取引業務はネットバンキングでも店舗に行くのと変わらずに行うことが可能です。 ・銀行 ネットバンキングの種類は? 大きく分けると、 ・店舗型銀行のネットバンキング 例えば著名なところではみずほ銀行(みずほダイレクト)、東京三菱UFJ銀行(東京三菱UFJダイレクト)、三井住友銀行(SMBCダイレクト)、等があります。 最近は大半の銀行がネットバンキングを取り扱うようになりました。 ・無店舗型銀行のネットバンキング これは実際に店舗業務を行っていない、インターネット上でしか営業していないネットバンキングです。 例えば、楽天銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、等があげられます。 窓口がないのでインターネットでのオンライン取引、現金を下ろしたいときは、提携のコンビニ、銀行のATMを利用します。 つまり、店舗型銀行のネットバンキングよりも扱えるATMは限られることになります。 ・利点と危険性について ネットバンキング、24時間利用可能でとても利点がありそうですが、手軽ゆえの危険性もあるので十分理解してから利用しましょう。 ・利点 ・ATM、店舗窓口に並ぶ時間(手間)が省ける。 月末の支払い、振込(公共料金)など、結構並んでいる風景を見ますし、並んだこともあります。 時間がないときには家からパソコン、スマホで済ませることができて時間の節約になります。 ・手数料が安い(無店舗型ネットバンキング) これは無店舗型のネットバンキングの特徴でもありますが、店舗、窓口業務が無い分、 人件費、経費がかからないこともあり、手数料が普通の銀行に比べて 安いです。 ・貯蓄利回りの良さ(無店舗型ネットバンキング) これも、手数料同様、上記乗り理由で大きく差がでます。 各ネットバンキング、銀行でプランにも差がでるとは思いますが、普通預金金利などは、2倍、4倍、期間によっては数十倍も金利差がでる商品もあるようです。 定期預金金利は1年でも10倍位の差が出ます。 貯蓄を考えている方は検討してみてはいかがでしょう。 無店舗型ネットバンキングの金利(利回り)は銀行に比べ 高いです。 ・危険性と気をつけいこと! さて、それでは、その便利なネットバンキングの危険性とは何が考えられ得るでしょうか? ・ログインID,パスワードの管理を怠らない。 これはある意味、普通の銀行で言えば通帳と印鑑のようなものと思いましょう。 紛失もそうですが、しばらくログインしないと、パスワードは忘れてしまいます。 良く、 生年月日、住所、電話番号等を使う人がいますが、コレは、パスワードに 使用しないように銀行のネットバンキング、等でも注意喚起されています。 普通、預金者保護法でネットバンキング含め、その銀行が破綻などした際は1,000万までは元金が戻ることになっています。 ただ、この場合、破綻でなく、悪意のあるネット上の攻撃でログイン情報を盗まれて預金が失われた場合はこの限りではありません。 ログイン情報の管理には十分気をつけたいです。 ・ワンタイムパスワードの利用 大手銀号のネットバンキングでは乱数表、第1、第2パスワード設け、これらを守ってきましたが、最近は ワンタイムパスワードという仕組みが出てきました。 これは、振込などの確認で必ずパスワードを入力するのですが、ランダムに振られたパスワードが、一定時間(数十秒位)切り替わる仕組みで、スマホアプリ、 トークンと呼ばれるパスワードが表示される機器がキャッシュカードと送られて来たり、各銀行により様々です。 もし、利用する銀行がこの仕組を使っていたなら利用したほうが良いです。 ・不用意なメールを開かない。 思い当たらないメールで銀行の問い合わせ、また、あなたの情報が漏れました、確認するので、ログイン情報を教えてほしい、など近い情報がきたら要注意です。 添付ファイルなども開かずに削除しましょう。 ウィルスメールの可能性大です。 ・ログイン画面がおかしいと感じたらログインせずに先ずは問い合わせ! ネットバンキングのログイン画面を開いたらなにかいつもと違う? と感じたら、一度ログインするのは辞めましょう。 ログイン情報を盗まれようとしているかもしれません。 先ずは、契約している銀行、ネットバンキングに問い合わせし、 確認をとりましょう。 その画面をプリントスクリーンでコピーして確認してもらうのも良いでしょう。 ・パソコンにセキュリティソフトを入れて防御しておく 銀行側のWEBサイトが攻撃されているのか、自分のPCが攻撃を受けているのは判断つかない場合もあるので、セキュリティソフトは必ずインストールしておいたほうが良いです。 僕はちなみに、ESET CYBER SECURITY Pro というソフトで5台までインストール可能なソフトを使っているので、家族のPC含め全部にインストールして守っています。 ・無料Wi-Fiスポットはなるべく使わない よく公共機関に無料Wi-Fiスポットがありますが、多くの人が利用できることもあり、セキュリティの安全性が疑問です。 僕は個人用 ポケットWi-Fiを持ち歩き、なるべく使用しないように気をつけています。 ・リスク分散を考えよう 以前、北海道で電力が不足し、ブラックアウト(大停電)した現象がありました。 そうなると、システムも停止しますので、オンライン上の取引はできません。 なので、全部をネットバンキングというのは危険なので、ある程度の生活資金は現金で持つようにしておいたほうが良いかもです。 コレがだめなら、コレが使える、みたいな。 ・振込時間(取引時間)はいつでもOK?! 振込等はネットバンキングですと24時間受付はできますが、実際に振り込まれるのは、相手にもよりますが翌日の営業日、日中と思ったほうが良いでしょう。 土・日振込でしたら月曜日の営業日日中であれば間違いないと思いますが、各取引銀行に問い合わせをして確認してください。 ネットバンキングでも、通常営業日の日中であっても振込がオンライン上で集中した時、また、メンテナンス時は振込できず、翌日、それ以降になる場合もあるとされています。 ・比較結果おすすめなのはコレ! <ネットバンキングが初めての初心者> やはり、最初はメガバンク系ネットバンキングをおすすめしたいです。 今まで書いたとおり、僕はセキュリティに重きを置きました。 なので、僕も使っているみずほダイレクト、三菱東京UFJダイレクトをおすすめします。 何れも トークンアプリを使用可能です。 <ある程度軽々があり、金利、手数料を重視したい> ある程度慣れて、実際、金利の高いところで貯蓄、運用なども考えたいという方は、無店舗型ネットバンキングがおすすめです。 そこで、セキュリティ重視でいくなら、実際 トークンの機器を使用する。 ・ジャパンネット銀行 がおすすめです。 金利の高さなら、 ・イオン銀行 でしょうか?、サービスなら、 ・楽天銀行 もおすすめかもです。

次の