ゆたぽん 現在。 【父親が正論すぎる】不登校ユーチューバーの現在と将来はビッグになる!?

ゆたぼんの現在はどうなった?まだ不登校?炎上中って本当?まとめ

ゆたぽん 現在

「 不登校は不幸じゃない」という言葉が話題になっていますよね。 YouTuberの ハイサイまいどさんが発したこの言葉は賛否両論あり、ネットでは物議を呼んでいます。 ゆたぽんさんは現在小学5年生ですが、 小学3年生の頃から不登校になっていることを公表しており、現在は沖縄に移住しています。 ゆたぽんさんが 不登校になった理由は周りの生徒がロボットに見えたからでした…??? となった方もいらっしゃるのではないでしょうか? また ゆたぽんさんの父親である中村幸也さんは元暴走族で現在は心理カウンセラーとして活動されているとのこと。 これはなかなか気になりますよね笑 そこで今回は不登校は不幸じゃないという言葉で今注目されてるYouTuberのハイサイまいどについて調べてみました。 不登校は不幸じゃないyoutuberが話題に 「不登校は不幸じゃない」と自身の意見を述べたYouTuberハイサイまいどのゆたぽんさんの動画が話題になっています。 ゆたぽんさんは現在小学5年生で小学校3年生の頃から不登校であることを明らかにしています。 大阪から沖縄に移住しており、現在も不登校とのこと。 自身が不登校であるため同じく不登校で苦しんでいる人たちにエールを送るための動画でしたが、ネットでは賛否両論で話題になっています。 というのもゆたぽんさんの不登校の理由が問題でした。 ゆたぽんさんはある日 周りの生徒がロボットに見えたことが不登校の理由と主張されています。 周りの生徒は先生や親の言うことをハイハイと黙って聞いていたことに疑問を感じたとのこと。 そこからゆたぽんさんは宿題をやりたくないから宿題をやらなくなりました。 当然生徒が宿題をやって来なかったら先生は宿題をやるように注意します。 しかしゆたぽんさんは宿題をやらなかったそうです。 こちらがゆたぽんさんの動画になります。 不登校の経緯• 宿題をやりたくないからやらない• 先生に居残りさせられるが、宿題はやらない その際先生が叩いたと主張しているが先生は否定• ゆたぽんの親が怒り、先生から宿題をやらなくても良いと言われる• しかし学校に行くと休み時間に宿題をやらされる• 話違うやーん• 友達と遊ぶ約束があり、行くと宿題やってない奴とは遊べないと言われる• 話違うやーん• 宿題をやっていたら自身もロボットになってしまうと思い不登校に うーん、これは不登校の理由が少し気になってしまいますよね笑 ゆたぽんさんは動画で同じく不登校で悩んでいる人に無理して学校に行かなくても良いのでは?と意見を述べていますが、宿題をやりたくないから不登校になったゆたぽんさんと一緒にされたくないのではないでしょうか。 不登校になる理由は様々ですが、多くはいじめや集団行動に馴染めないといったナイーブな理由です。 しかしゆたぽんさんは宿題をやりたくないから、先生の言うことを黙って聞いているとロボットになってしまうからと主張しています。 1つ言えるのは宿題をやってもロボットにはなりません笑 宿題をやりたくないから不登校というイメージが強いですが、ゆたぽんさんの主張はあくまで先生や親の言うことを黙って聞いていてロボットのようにはなりたくないからというもの。 宿題は学力を上げるためでもありますが、言われたことをきちんとやり遂げる力を身につけるためでもあり、とても大切なことです。 もちろん私も学生時代は宿題が嫌いでなんで宿題をやらなくてはいけないのか?と何度も思いました笑 ちゃんとやりましたけどね! 言われたことをやらない、ルールを守らないなど一般常識が身につかなくては社会に出てからとても厳しいでしょう。 ゆたぽんさんは義務教育を受けずにこのまま成長していくのか、今後が気になりますね。 ゆたぽん親 中村幸也 の評判は? 自身がロボットにならないために不登校になったゆたぽんさんですが、親はどう思っているのでしょうか? 調べてみるとゆたぽんさんの父親は 元暴走族で現在は心理カウンセラーとして活動されています。 こちらがゆたぽんさんの父親である 中村幸也さんの顔画像になります。 中村幸也が黒幕 — alllll OO3pmubS2Om2mds 現在は爽やかな印象ですね! 中村幸也さんは中学時代にバイクを盗む、タバコを吸って堂々と廊下を歩くなどかなりやんちゃだったそうです。 中学卒業後は就職をしますが、3ヶ月で辞めてしまい、20回以上も転職をされました。 その後暴走族に入り副総長となり、恐喝、窃盗、覚せい剤など色々なことをされていたようです。 元暴走族が心理カウンセラーということでインパクトはありますが、評判が気になりますよね。 こちらが中村幸也さんの動画になります。 元暴走族とは思えないですよね笑 とても優しそうな印象があります。 しかしネットでは中村幸也さんについて色々な意見が出ています。 長女や家族の画像 不登校は不幸じゃない動画で注目を集めているゆたぽんさんですが、お姉さんがいることがわかりました。 ゆたぽんさんは5人兄弟で長女は沖縄で一緒に住んでいないようです。 ゆたぼんのお父さんのブログ記事より。 「わがままで贅沢、計画を投げ出す」長女をパージして、理想的な生活を手に入れた心理カウンセラー中村さんと革命家ゆたぼんご家族、注目されるにしたがって応援も批判も増えると思うけど、意見の合わない人の声は切り捨てていくのかなという印象です。 また中村幸也さんの長女と思われるアカウントも見つかっています。 言葉自体には共感できるという方もいますが、意見を主張しているゆたぽんさんの不登校の理由が少し残念でしたね。 ゆたぽんさんは大人の言うことを黙って聞いているとロボットになってしまうからと宿題をやらなくなり、注意され不登校になりました。 義務教育である小学校を休むのに正当な理由なのかとネットでは賛否両論あります。 個人的には不登校で悩んでいる方はもっと深刻で宿題をやりたくないからといった理由で不登校になったのと一緒にされたくないはずです。 今後どのようにしていくのか? ゆたぽんさんの今後に注目です。

次の

【あの人は今?】登校拒否ユーチューバーゆたぽん

ゆたぽん 現在

残念な子供を1人、容認してしまったように思います。 義務教育を受ける年齢の子供たちは、多感な時期を過ごすわけですから、その間に経験する子供同士の人間関係、親・先生など大人との距離感、そして基本的な教育を受けることがいかに重要かを理解させる義務が親にはあると思います。 親御さん(ご両親とも)がテレビに出ていらっしゃいましたが、心理カウンセラーの父親は子供の「何故」を尊重していましたが、あれは論破しないといけないと思います・・・、親として。 小学校・中学校の学生生活でも、ケンカやいじめ、事故・トラブル、友情、決別、友達、恋愛などなどを社会(学校)に出て体感し、失敗や成功の体験を繰り返すことで人として成長をしていきます。 SNSやユーチューブでの画像や繋がりなんて、表面上の薄っぺらいものであることを教えてあげないと・・・。 自分を肯定するために他を批判する、しかも圧倒的多数を敵に回すような発言はするべきではないでしょうね。 学校に行きたくても行けない境遇の子供たち、学校でいじめを受けたり、辛い思いをしているけど一生懸命通っている子供たち、学校を楽しい場所・勉強を頑張っている大多数の子供たちを否定できるだけの正論はそこにはないと思います。 失礼ながら「負け犬の遠吠え」にしか聞こえないですね。 10歳やそこらの子供が、テレビに出て社会を見下し、上から目線で話しているのを見ると「残念な子供(親・周りの環境)」だとしか思えないです。 私も中学時代不登校気味になった時がありました。 いじめが原因だったけどそれは家庭環境がおかしくなり自分の生活が乱れて私に非があってのいじめだったので正直大人になって後悔してます。 1回立ち直ったけど、職場でちょっとした事で人間関係トラブって今は人とあまり関わる事も出来なくなってる状態中学時代ちゃんと学校行って解決してたら全然違ってたと感じてます。 私はいじめが原因でもさっきいった通りかなり後悔してるので宿題をやりたくないからという理由では大人になったら余計後悔するような気がしますしずっとyoutuberするんだったらともかく社会人になったら会社に行きたくなかったら行かないだろうし普通に働けないんじゃないですか? 不登校の人はいてもいいけどゆたぽんみたいな子供は義務教育期間はちゃんと学校行ったほうが伸びるしあんだけ言いたい事言えるんだから逆に勿体ないと思う。 自分では、宿題をしたくないから、学校休むといっていますが、その背景にはもっと違う原因があるのかもしれません。 例えば、周りがロボットに見える というのも、例えじゃなく本当にロボットに見えて怖くなったのかもしれません。 それは、ASD、いわゆる自閉症の症状の一つでもあります。 しかし、普通に勉強できたり、日常生活だって普通にしてるように見えるので周りからは、ただのサボりだと思われがちです。 正確に診断しないともちろんわかりませんが、他にも、学習障害などの問題を抱えているかもしれません。 そのような、周りからはわかりにくい障害をもっている人たちは大人も含め沢山いて、今も苦しんでします。 そして、忘れはいけないことは、 彼はまだたった9才10才の子供ということです。 やはり子供は大人と比べて、なにか問題があっても、SOSの出し方がわからなかったり、下手だったりします。 大人は批判するだけではなく、 きちんとその子のSOSを汲み取ってあげて、 なぜ、そんなSOSをだしたのか そこに自閉症や学習障害などの障害はないのか、あったら、これからどうしていくか また、障害とまではいかないにせよ 他になにか問題がなかったのか、 しっかりと、周りの大人がゆたぽん君に対して何かしらのサポートする必要があると私は思っています。

次の

ゆたぽんの競馬予想ブログ

ゆたぽん 現在

ふと思い出したのですが、2~3か月程前でしょうか、とある小学生の男の子が世間を騒がせました。 そう、登校拒否ユーチューバーのゆたぽんです。 (ゆたぼん?だったかな?)• ゆたぽんについて ゆたぽんは現在10歳くらいの少年です。 本来は義務教育である小学校に通うべきところ、「宿題をやりたくない」「先生が嘘つくのが気に食わない」「先生の言うことだけ聞くようなロボットみたいになりたくない」と言って、学校に行くことをやめてしまい、ユーチューバーになりました。 そしてそれが世間的に賛否を巻き起こしました。 というか否が9割くらいでした。 ちなみに、学校には「行きたいときだけ行く」というスタンスのようで、図工の時間だけ授業に出たり、給食だけ食べに行くということをやっていたようですが、そういったことも批判を呼んだようです。 また、彼がユーチューバーになることを後押ししたとして、彼の父親にも批判の声があがっていました。 現在は? そこまでまだ時間が経っているわけではないのですが、一時はワイドショーの取材を受けるほどだった彼も、明らかに現在は失速気味のようです。 まあ予想通りといえば予想通りなのですが・・・。 ユーチューブで彼の名前を検索してみると、現在もコンスタントに動画をあげてはいるようですが、全盛期の再生回数が100万回を超えるようなものもあるのに対し、ここ最近の動画の再生回数は数万回ほど、よくて10数万回といった感じです。 動画の内容も結局、「激辛お菓子食べてみた!」みたいなもので、これまで数多のユーチューバーたちがやってきたことを今更ながらやってるな、という感じです。 数万回の再生回数でも十分すごいことなのかもしれませんが、失速ぶりを考えると今後ユーチューバーで生計を立てていくのは難しいのではないでしょうか。 まとめ 子供のうちは学校行かないと友達もできないと思うのですが、ゆたぽんは友達もいらないのかな? 実際、同級生たちには嫌われてるっぽいですし。 ユーチューブ絡みで寄ってくる人たちは利害関係のもとで絡んでいるわけであって、そこから本当に友達になれる人に出会うのは難しいような気がします。 あと、お母さんが以前ワイドショーの取材で、泣きながら「ゆたぽんさえ元気でいてくれるならそれでいい」と言っていましたが、お母さん的には「自殺してしまうような最悪なケースになるくらいなら、背に腹は代えられない」って感じなのでしょうね。 お母さん泣かせちゃイカンよ。

次の