ご 容赦 の ほど。 ご容赦願いますの意味とは?何卒ご容赦くださいなど使い方・例文や類語も

ご容赦くださいの意味とは?使い方の例文や類語との使い分けも

ご 容赦 の ほど

ご了承頂けますよう、ご理解のほど、ご容赦頂けますか? こんにちは、Gifted南風盛です。 新しいクォーターが始まりましたね! 一応衣替えもありますし、10月になると、ちょっとあと3ヶ月ガッツリ働かなければと思いつつ、朝からたくさんのメールを見て、先制攻撃を食らったような気分になります。 笑 皆さんは一日何通くらいメールをしているでしょうか? 営業マンはクライアントに1日に何通もメール送りますよね。 何通でもやりとりしたくなるような、気遣いに溢れた丁寧なメールを送る人もいれば、そこはかとなく人柄が滲みでてしまうようなメールを送る人もいます。 笑 メールは顔の見えないやりとりで、文面が全てですから、対面のコミュニケーションよりも一層の気遣いが必要となり、何往復もするため、減点の機会も多いです。 しかし、ウラを返せば、加点の機会が多いともいえます。 個人的には「一緒に仕事をしたいかどうか」というのは、無論能力値もありますが、メールをはじめとする、日々のテキストでのやりとりが気持ちいい人であるというのがとても大きいと思っています。 そんなことから、弊社では、このメールをとても重視しており、 減点を確実に防ぐメールテクニックを、営業マニュアルの付録として、納品したり しています。 さて、今日はその一例として、下記よくある単語の使い分けについて 考えてみたいと思います。 例えば、 【~のほど、宜しくお願い致します。 】 よく結びの1文で使いますよね。 ご理解・ご了承・ご容赦・ご協力・ご承知(おき)・・・・・ これらは、立ち位置・目線によって自然と使い分けられるのがベストなのですが、 よく現場では定義なしに感覚で使われていることが多いです。 というわけで、今回はセンシティブな3つ、 【ご理解・ご了承・ご容赦】 を例にとって、言語化してみましょう。 どれも、用意した着地に相手を導くために使いますが、立ち位置・目線によって 正確なチョイスが必要となります。 では、一つずつ見ていきます。 ちなみに、続く言葉は、例として ~下さいませ。 ~頂けますよう、宜しくお願い致します。 ~頂けますと幸いです。 ~頂けますでしょうか。 のセットで用意します。 ・事前にFIX済みの、概ね一般的と思われる法律・慣習に則ったマイルールやフロー ・事前にFIX済みの、ロジカルではあるものの、独自性の強いマイルールやフローに合わせて頂く場合 などにはこちらです。 また、相手との関係においては、 ・貯金がある場合 ・借金がない場合 に使用可能です。 語尾のバリエーションは、 ご了承下さいませ。 ご了承頂けますでしょうか。 ご了承のほど、宜しくお願い致します。 ご了承頂けますと幸いです。 4パターン全て使用可能です。 これらの組み合わせで、更に柔らかさを細かく調節します。 ・事前にFIXはしていないが、概ね一般的と思われる法律・慣習に則ったマイルールやフローに合わせて頂く場合 ・事前にFIX済みの、ロジカルではあるものの、独自性の強いマイルールやフローに合わせてもらいたい場合 などにはこちらです。 また、相手との関係においては、 ・貯金がない場合 に使用可能です。 語尾のバリエーションは、 ご理解頂けますでしょうか。 ご理解のほど、宜しくお願い致します。 ご理解頂けますと幸いです。 の3パターンで更に調節します。 前提として、伝える側に落ち度がある場合に使います。 ・事前に相手にFIXしていない、ロジカルではあるものの、独自性の強いマイルールやフローに合わせてもらいたい場合 あるいは ・独自性の強いマイルールが、そもそもあまりロジカルではない場合 などに良いです。 また、相手との関係においては、 ・借金がある場合 ・借金はなかったが、今回の落ち度が重大な場合 に良いでしょう。 語尾のバリエーションは、 ご容赦頂けますと、幸いです。 の1パターンで使用します。 以上、3つの言葉の使い分けを定義してみましたが、大前提としていくつかのポイントを4つ、下記に記載します。 正確に貸し借りを評価することは、相手のストレスの軽減につながる大事な能力かと思います。 を 頂けますでしょうか? と疑問符にしてしまいますと、全く意味が異なってきます。 ?を使う場合は、相手にお伺いを立てることになります。 一言予め言うか言わないか、予め言われるか言われないかで、劇的にその後の関係性が変わってきてしまうのです。 常に先手先手を打つという癖が必須です。 貸しを貸しと相手に嫌味なく恩着せがましくなく理解させる、借りを借りとしっかり自覚することで、お互いのストレスのない、楽しく正常なビジネスが生まれます。 そういった部分のセンス、EQの優れた相手としか商売しない、というのも大事なのですが、なかなかそうもいきません。 そのために、こういった細かい言葉の使い分けが重要となります。 腰を低くし過ぎたために、正常な関係を築けずに貸しを回収できず、潰れていった会社さんor上手く立ち回れない営業マンというのを、多く見てきました。 その点、テクニックを使うことで嫌味なく、 相手との関係性をコミュニケーションの中で確定・再認識・共有することができます。 是非、試してみて下さいね。 さて、Giftedでは、こういった営業スキル・テクニックの研修・マニュアル制作を数多くご用意しております。 是非、お問い合わせ下さい。 南風盛.

次の

「ご理解のほど」の意味とは?ビジネスシーンでよく使う文例も紹介!

ご 容赦 の ほど

相手に対して送付する手紙や文書をはじめ、最近では電話やメールでも活用する言葉の1つに当たるのが、「失礼の段」という表現です。 これは、利き手に対して、あらかじめ失礼な行為や発言を行ってしまうと推測出来る場合、それを事前に申告し謝罪して相手への礼儀を高める際に用いる表現になります。 日常会話で広く用いる「失礼ですが」という表現に対し、更にビジネス的な礼儀を籠めたのが「失礼の段」です。 段とは状況や場面を現す 失礼の段には、失礼な行為や発言を行う事に対して事前に謝罪をすることで気分をできるだけ害さない、という意味が込められています。 「失礼の段」のうち、段という言葉には、場合や時など、状況や場面を現す意味が含まれているものです。 この表現では、失礼な行為をした時、或いは失礼な発言をしてしまった場合には、という意味になります。 「ご容赦下さい」は目上の方に対して使う言葉 同じくビジネスの場面など、目上の方に対して目下に当たる立場の人が用いる表現の1つに当たるのが、「ご容赦下さい」です。 ご容赦という言葉からも見て取れるように、これは相手に対して謝罪を行う表現としての意味が含まれているほか、恩情を請う言葉にも当たります。 この表現の正しい使い方としては、相手の方に対して何か失礼な行為を行ってしまった場合、怒りを沈めて貰う為に、このご容赦下さいという表現を用いるのです。 上司や取引先などに用いるのが一般的 ただし、ご容赦下さいには、使い方で注意すべき点があります。 基本的に「ご容赦下さい」は、自分から見て目上の立場に当たる上司や取引先、顧客などに用いるのが一般的ですが、あくまでも相手に対して許しを請う意味を持つため、会話の中で頻繁に使いすぎると、それでも目下側を許そうとしない相手を逆に非難する言葉ととられかねないため、実際に特定で用いる際には、できるだけ少ない回数で用いるようにしましょう。 「失礼の段」と「ご容赦下さい」を合わせると尊敬の念が高まる 会社として、特定の顧客や取引先など目上の方に対して書面の送付や、電話などで謝罪を行う際、「失礼の段、ご容赦下さい」と用いる場合が多々あります。 本来、この2つは別々の表現方法です。 しかし、どちらも目上の方に対する敬語に当たるため、2つの表現を組み合わせて用いると、更に相手に対する尊敬の念を高める狙いがあります。 最近では、この2つの言葉を組み合わせて使うのがビジネスの場面では一般的になっているほか、失礼の段とご容赦下さいの間に、「ひらに」という表現を挟む場合があります。 「ひらに」とは是非にといった意味があり、これを付け加えることによって相手に対する許しを懇願する程度を高める効果があります。 電話で使用すると失礼に当たる可能性があるので注意する 元々、失礼の段、ご容赦下さいという2つの表現方法は、主に目上の方に対して手紙など文書を送付する際に活用する敬語として、用いられてきました。 最近では、手紙や電子メールなど相手とリアルタイムで会話を交わさない連絡方法だけでなく、電話など直接口語で会話する方法も増えています。 このため、本来書面で使うのを想定して作られた「失礼の段、ご容赦下さい」を、電話など直接会話で用いると言葉が堅すぎてしまい、印象を害してしまう可能性が考えられます。 特に、無礼講とまでは言わないまでも、相互の関係に堅苦しさを求めない方にこういった表現は、逆に失礼に当たる可能性がある点に注意しましょう。 メールで「失礼の段」と「ご容赦下さい」を合わせて使うと尊敬を高められるが電話では使わない 「失礼の段」「ご容赦下さい」のビジネスメールでの使い方について見てきました。 目上の当たる方に対して、謝罪を請う際や純粋に失礼を詫びる場合に用いる表現として、「失礼の段」や「ご容赦下さい」という言葉をそれぞれ単独で、或いは組み合わせて用いるのが一般化しています。 ビジネスの場面では、とにかく相手の方を建てる言葉遣いが求められる一方、明らかに場違いな使い方や多用しすぎは、逆に相手の方に失礼に当たる可能性もあります。 本来の使い方と意味をしっかりと理解した上で適切な場面でだけ用いことが、ビジネスにおける最大のマナーです。

次の

「ご容赦ください」の読みと意味と使い方を例文付きで紹介!類語や英語も

ご 容赦 の ほど

「ご容赦ください」の使い方 「ご~ください」の形なので、「ご容赦ください」は目上の人にも使える表現です。 より丁寧にしたい場合には、「何卒ご容赦ください」として使われることが多いでしょう。 「ご容赦ください」は、大きく分けて2つのニュアンスがあります。 申し訳ないという気持ちを意味する時よ、近い将来に起こりうることに対して理解を求める=前もってお詫びする時があるでしょう。 「ご容赦」・「ご了承」と「ご理解」の違い 「ご容赦ください」と似た表現として「ご了承ください」や「ご理解ください」が挙げられます。 これらの違いは、「許す」強さにあります。 「ご了承ください」や「ご理解ください」も、「ご容赦ください」と同じように相手へ理解を求める場合に使用されます。 しかし、 「ご容赦ください」の元の意味が「許してください」であったのに対し、「ご了承ください」「ご理解ください」には「許してください」という意味は含まれていません。 したがって、「ご了承ください」「ご理解ください」は自分たちのミスや相手の不利に対して詫びる意味合いがないので、場合によっては配慮不足の印象を相手に与える可能性があります。 もちろん、シチュエーションによっては詫びるニュアンスを入れる方が不自然であることもあります。 その場合は「ご容赦ください」よりも「ご了承ください」や「ご理解ください」を使った方がよいでしょう。 ご容赦くださいの例文.

次の