プエルトリコ ウィンター リーグ。 ウィンターリーグとは

プエルトリコの野球

プエルトリコ ウィンター リーグ

クリオージョス・デ・カグアスと3年契約、毎オフに若手選手を派遣予定 プエルトリコ・ウインターリーグのクリオージョス・デ・カグアスは12日(日本時間13日)、千葉ロッテマリーンズと3年間の業務提携を結んだことを公式ホームページで発表した。 毎オフ、ロッテからカグアスに若手選手が派遣されることになっており、今季はプロ2年目、20歳の安田尚憲内野手、昨年日本ハムから移籍した28歳の岡大海外野手、若手先発投手(未定)の3人が派遣され、リーグが開幕する11月中旬から約1か月間、プエルトリコでプレーする予定だという。 地元紙「プリメラ・オラ」も報じている。 同球団のエドワルズ・グスマンGMは「まずはロッテが将来有望な選手たちを派遣してくれることに感謝したい。 今年は能力のある、少なくとも3人の選手が我々に力を貸してくれる。 安田尚憲はロッテの若手では将来性ナンバーワンの期待の一塁手兼三塁手で、岡大海も外野をどこでも守れる。 先発投手についても今後、発表できるだろう」とコメント。 また、ロッテの松本尚樹球団本部長の「選手たちが海外で野球を経験できることを嬉しく思う。 プエルトリコのウインターリーグにはMLBの選手もおり、高いレベルの試合ができる。 彼らには多くの経験を積んでもらい、来季の活躍に期待したい」という思いも紹介した。 同球団は安田のコメントも掲載。 安田は「とても楽しみにしている。 去年も台湾のウインターリーグに参加したことで、自分のレベルを高めることができた。 プエルトリコには速い直球を投げる投手たちがいると聞いているが、しっかり対応して打ち崩したい。 リーグにはどんな選手がいるのか、まだあまり知らないが、できるだけ多くの投手の対戦したい」と話している。 安田は今季、1軍出場はないが、12日現在、2軍では109試合、打率. 257、102安打、17本塁打、74打点と結果を残しており、安打、打点、本塁打はイースタン・リーグでトップ。 昨年10月にはコロンビアで行われたU-23ワールドカップにも出場し、日本の準優勝に貢献した。 また岡は今季、1軍で90試合に出場。 227、6本塁打、15打点、12盗塁の成績を残している。 なお、今季はオリックスが同じプエルトリコのアテニエンセス・デ・マナティにT-岡田外野手、鈴木優投手、育成の漆原大晟投手の3人を派遣予定。 またソフトバンクも昨年に続き、プエルトリコに若手選手の派遣を検討しているという。 (Full-Count編集部).

次の

プエルトリコウィンターリーグ、マリーンズ選手プロモーション映像

プエルトリコ ウィンター リーグ

2019年は11月15日より、 プエルトリコで ウィンター・リーグが始まっています。 ジャイアンツからは、 高田萌生投手と 古川侑利投手が参加しています。 杉内俊哉コーチも帯同しているのが心強いですね。 実は開幕3戦目にはもう、 古川侑利投手が先発していて、4回を投げて4失点で残念ながら敗戦投手となってしまいましたが・・・ 20日の試合では 高田萌生投手がリリーフ登板し、5回を1安打3四球の1失点と好投しました! 異国の地での初登板だったため、サイン違いあり、ボークあり、などでいろいろと苦労はあったようですが、そんな中しっかりと投げられたことは、何だか逞しくて良いですね! ただ、高田投手に勝敗はつかず、試合は所属チームが負けてしまいましたが、、、今回好投した高田投手は、もしかしたら先発で使われるようになるかもしれませんね。 このウィンターリーグへは以前、 岡本和真選手も参加したことがあるし、現在DeNAにいるソト選手もいたことがあるようですね。 レベルが高い本リーグでプレーすることで、きっと良い経験になるでしょうし、飛躍のきっかけにもなるはずです。 引き続き、頑張ってください! さて、プロ野球は公式戦、CS、日本シリーズが終わり、プレミア12、秋季練習も終わり、選手たちの契約更改が始まりました。 もちろん、台湾でのアジアウィンターベースボールリーグ、プエルトルコでのウィンターリーグに出場する選手がいて、12月半ばまで一部選手は野球を続けますが、、、まあ、 シーズンオフになったと言えます。 巨人は今、 山口俊投手がMLBに挑戦することを表明したり、 阿部、マシソン選手というチームを支えてきた選手たちが引退するなど、大きな変革期を迎えています。 誰が見ても計算が立つピッチャーが不足している投手陣へは、外国人投手を2人取るという報道がありますが、上記の 古川、高田投手ほか若手の生きの良い投手が出てきつつあります。 今シーズンより層が薄くなるということは、同時に 新戦力が出てくるチャンスです。 また、打撃陣についても、5番以降が弱くなることが予想されますので、外国人選手を2人取ると言われていますね。 すでに ヘラルド・パーラ外野手との来季契約を結んだとの報道もあります。 来季に向けて、良い外国人選手を取りつつも、若手の選手たちにはぜひこのチャンスを生かして頑張ってほしいですね!.

次の

高田萌生投手、現在プエルトリコで奮闘中!2020年は一軍で二桁勝利を目指して!

プエルトリコ ウィンター リーグ

概要 [編集 ] 一般的に下記表のリーグを指す。 1960年から1969年の10年間は大会が行われなかったが、1970年にメキシコが加盟して現在の形になる。 基本的に毎年11月から2月にかけて開催されるため、それぞれの国のプロ選手だけでなく、の各プロ野球組織 に所属する選手たちがオフシーズンを利用して調整のために出場することも多い。 中には、ウィンターリーグでの活躍を機にに昇格・活躍する選手もいる。 例えば、主に後半からに活躍したはにプエルトリコのウィンターリーグでを獲得し、翌年メジャーデビューし、いきなり同年のに選出される活躍を見せた。 各国のリーグ戦の優勝チームは、シーズン終盤の「」というリーグ戦に出場してその地域の統一チャンピオンをかけて戦う。 このカリビアンシリーズは、優勝チーム以外からも各国のリーグ戦に登録された若干名の選手がとしてレンタル入団する形式が取られており、4チームの2回総当り方式で地域のクラブナンバーワンを決定する。 日本球界との関係 [編集 ] 日本人選手でも、が1996年にドミニカ共和国で、またも2001年にプエルトリコでそれぞれ試合に出場した。 にはベネズエラでが、にはメキシコで養父、が活躍し、にはベネズエラでが、ドミニカ共和国でが、にはドミニカ共和国でが出場している。 他にも近年、日本のプロ野球球団は若手を中心に育成目的で数多くの選手を派遣している。 特にはドミニカのウィンターリーグに毎年若手選手を数人派遣し育成し、同行するコーチが同国の選手をスカウト・獲得するという流れができつつある。 また、も、プエルトリコのウィンターリーグに若手投手を派遣している。 脚注 [編集 ] 注釈 [編集 ].

次の