トイ プードル ケージ。 【ビギナー向け】トイプードルの飼い方のポイント | みんなのブリーダー

子犬の室内ケージの配置場所は?安心できる空間の作り方と注意点を調査!

トイ プードル ケージ

トイプードルをケージで飼う トイプードルは小型犬の中でも非常に人気の犬種です。 そのため、日本国内ではトイプードルを飼っているご家庭がたくさんあります。 トイプードルは小型犬であり、尚且つ甘えんぼうな性格の子が多いため、ケージを使わないという家庭も多いです。 1つの部屋の中を自由に行き来できるようにしておき、ケージは買ったけれど使っていないという家も少なくありません。 しかし、甘えんぼうなトイプードルであってもケージ飼いがおすすめです。 ケージで飼うことによって犬自身も自分だけのテリトリーを認識し安心感を得ることができますし、しつけの一環としても非常に役立ちます。 また、来客がある時にもケージに入っていてもらうことでお客さんに飛び付いてしまうなどの危険を回避することができます。 このように、トイプードルのケージ飼いは多くのメリットをもたらしてくれるため、普段からケージの中に入ることに慣らせておく必要があります。 Uターン可能な大きすぎないケージを トイプードルをケージの中で飼う場合、まず最初にケージのサイズを確認しましょう。 犬にとってケージは寝床でもあり、自分のテリトリーでもあります。 狭すぎても居心地が悪くストレスが溜まってしまいますが、広すぎても自分のテリトリーが広がってしまうため、警戒心の強い犬の場合、自分守らなければいけない範囲が広くなるといった認識になってしまい、四六時中警戒しなければいけなくなります。 その結果、精神的に疲れが溜まってしまう恐れがあります。 そのため、トイプードルのケージを選ぶ際は、大型犬用のケージではなく、小型犬用のおおきさのケージを選ぶようにしましょう。 目安としては、トイプードルがケージの中でUターンできるくらいの広さがちょうど良いです。 トイレをケージ内に置く場合は、トイレの面積を考え、トイレ以外の場所でUターンできるくらいの広さを確保してあげると良いでしょう。 高さが高い方が脱走しにくい トイプードルは小型犬のため、小型のケージを選びます。 しかし、この際注意が必要なポイントは高さです。 トイプードルは体格は小型ですが、脚力が強いため、その小さな体からは想像ができないほど高くジャンプします。 特に来たばかりの子犬の場合、寂しさのあまりジャンプをして脱走しようとする子が多いです。 「トイプードルの子犬であれば、ジャンプをしてもケージから出られないだろう」と思う方が非常に多いですが、トイプードルの脚力を侮ってはいけません。 ふと見たら「あれ?ケージから出てる」なんてことにもなりかねません。 トイプードルは犬の中でも非常に賢い犬種ですので、1度ケージから出ることを覚えてしまうと、その後も何度も繰り返すようになる恐れがあります。 そのため、ケージを買う際はしっかり高さのあるケージを選ぶようにしましょう。 もしも高さのあるケージが見つからない場合は、ケージの上に布を掛けるなどして脱走を防ぎましょう。 掃除がしやすい作りになっているケージ これはどの犬種にも言えることですが、ケージの中は基本的に毎日掃除する必要があるため、掃除しやすいかどうかという点も選ぶ基準としては非常に重要です。 例えば、ケージの床が拭きやすい素材であったり、あるいはケージの床が簡単に引き出せて掃除しやすい便利なタイプのケージは人気が高いです。 毎日掃除をしなければいけないということを考えると、掃除がしやすいという点は重要なポイントとして確認するべきでしょう。 またケージの中にトイレを設置する場合は、おしっこやうんちをする度に掃除をして、ペットシーツを交換する必要があります。 このトイレの掃除の頻度も考え、子犬の時期は寝床とトイレの場所の間に仕切りがあるケージを選ぶようにすると後々お世話が楽になりますよ! 人が見える隅っこに設置 まずトイプードルのケージを設置する場所ですが、トイプードルに限らず犬のケージは部屋の隅に置くのが望ましいです。 隅っこに設置することで、ケージの後ろと片側の二方面には警戒をしなくて良いため、犬にとって休みやすい環境作りができます。 また、窓際に設置してしまうと日差しや寒気が入り込み、体温調節がしにくくなってしまうため避けましょう。 さらにトイプードルは非常に人懐っこく甘えんぼうな犬種です。 そのため、飼い主などの家族の姿が全く見えないと不安になり、ストレスを感じてしまうことが非常に多いです。 そのため、トイプードルのケージは家族が見渡せる窓際以外の隅に設置するのが良いでしょう。 初日~1週間は必要以上に構わない 次にトイプードルのケージを設置し、トイプードルを迎えた後の飼い主の対応についてです。 トイプードルを迎えた初日は可愛くてかまってあげたい、遊んであげたいと思うかもしれませんが、グッと我慢してください。 当のトイプードルは「かまって!」「遊んで!」と催促してくるかもしれませんが、体力的には新しい環境に引っ越してきたばかりで疲れています。 そのため、特に初日は体を休ませる、体力を回復させる意味でも、食事やトイレ以外はそっとしてあげましょう。 また迎え入れた初日から1週間くらいは必要以上に構うのはやめましょう。 まったく遊んではいけないということではありません。 家の中を探索させ、迎え入れた家になれさせることも非常に大切です。 しかし、24時間つきっきりで遊んだり、甘えるような声を出すからとケージからだしかまってしまうと、ケージで過ごすということに慣れなくなり、最終的にはケージに入ることを拒否するようになる恐れがあります。 特にトイプードルは非常に甘えんぼうです。 あまり構い過ぎてしまうと「とにかく甘えたい!」という性格に育ってしまい、分離不安症になる恐れがあります。 そのため、1人で過ごすことにも慣れさせるために、1週間くらいは必要な時以外はケージ内で過ごさせるようにしましょう。 多頭飼いの場合は1頭ずつに用意して 多頭飼いの場合、大きなサークルやケージを購入して、一緒に入れてあげた方が寂しくないのでは、と思う飼い主さんもいるでしょう。 しかし、同じサークルやケージの中に入れてしまうと、トイプードル同士で喧嘩をしてしまったり、狭く感じる事によってストレスを感じてしまう恐れがあります。 そのため、小型犬のトイプードルであっても、1頭1頭にケージを購入し、それぞれのケージで過ごさせるようにしましょう。 また一緒にケージに入れるのではなく、それぞれのケージを用意することで、トイレトレーニングなどもしやすくなりますし、「自分だけのテリトリー」が持てることで安心感を持たせることにも効果的です。 始めはケージ全体にトイレシーツを トイプードルを飼い始めたら、まず最初に行うしつけの1つとして「トイレトレーニング」が挙げられます。 トイプードルン限らず、犬を室内飼いする場合、トイレトレーニングは必須のしつけとなります。 トイレトレーニングは難しそうに聞こえますが、実はケージを使うとしつけが行いやすくなります。 ケージを使ってトイプードルのトイレトレーニングをする場合は以下のように行います。 最初はケージ全体にトイレシーツを敷きます。 この時、トイレは使用せず、シーツのみを使用します。 ケージ全体に敷いているため、トイプードルはおしっこやうんちがしたくなったら、必然的にトイレシーツの上にすることになります。 おしっこやうんちをしたら褒めてあげましょう。 これを何度か繰り返したら、ケージ内のトイレシーツの面積を少しずつ減らしていきます。 最終的にトイレの大きさまでトイレシーツの面積を狭くし、上手にできるようになったらトイレトレーニングは完了です。 トイレシーツの面積を減らしている段階では、おしっこやうんちをトイレシーツの上でできたら褒め、できなかったら無言で片付けましょう。 お留守番は少しずつ時間を長くして トイレプードルは分離不安症になる子が多いと言われるほど甘えんぼうな犬種です。 そのため、初めて留守番させる日に突然長時間の留守番を強いてしまうと「お留守番=恐怖」と学習してしまい、お留守番が難しい犬になってしまいかねません。 そのため、トイプードルに上手にお留守番をさせるためには、まずは10分だけケージ内で1頭だけにさせてください。 そして次は20分、30分、1時間と徐々にお留守番の時間を長くさせましょう。 いきなりお留守番をさせるのではなく、少しずつ1人の時間を長くするといった感覚で、徐々に慣れさせていきましょう。 また、お留守番をさせる際は、お留守番前、そして外から帰ってきた際に必要以上に声をかけることはしないでください。 そのような行為をしてしまうと、トイプードルが「お留守番は大事である」と認識してしまい、お留守番に不安感を抱くようになってしまいます。 決めた時間内は吠えても出したりしない トイプードルをケージで飼う場合、ケージの中に慣れさせないといけません。 しかし、最初はどうしても寂しさから「出してー」というように甘えた鳴き声を出すことが非常に多いです。 しかし、「可哀想だから」と出してしまうと「鳴けば出してもらえる」「吠えれば構ってもらえる」と学習してしまい、吠え癖がついてしまう恐れがあります。 そのため、食事や遊び、散歩といった飼い主とのスキンシップ以外のケージに入る時間を決め、その時間は鳴いても吠えても出さない、構わないと決めましょう。 すると徐々に「この時間は遊ぶ時間じゃない」と学習し、鳴かずに大人しく休むようになります。 トイプードルがケージの中に入っている時は、ケージの中に1人遊びできるおもちゃを1~2個入れておいてあげると、そちらに注意が向きやすくなります。 またケージの上から布を掛け、ケージの中を暗くさせたり、ケージの外に注意が行かないようにするのも1つの方法です。 このケージはカラーが3色あり、中でもダークブラウンはシックでスタイリッシュなため、インテリアとしてもオシャレに使用することができるため人気です。 今回ご紹介しているサイズはレギュラーサイズですが、寝床となる住居スペースの幅が80cmのためUターンができ、さらにオモチャで遊ぶ余裕もあります。 高さも72cmあり、天井部分にも柵がついているため、脚力の強いトイプードルでも抜け出す心配がありません。 トイレと住居スペースが分かれているため、トイレトレーニングをしやすいところも魅力です。 レギュラーサイズにはセカンドドアがついているため、トイレを引き出し掃除しやすいところも利点です。 ケージの中でおもちゃを遊ぶことが少ないというトイプードルにはぴったりのケージです。 ケージの中でもアクティブに動き回るトイプードルには少々狭く感じるかもしれません。 高さが90cmと非常に高いため、天井はついていませんが脱走の心配はありません。 こちらは寝床スペースとトイレスペースの両方の床部分が引き出せるようになっているため、サッと引き出し拭き掃除ができる優れものです。 床部分もプラスチック製なので水洗いもでき、掃除の時間をできるだけ短くしたいという方におすすめです。 またケージの周りには汚れ防止のフレームが付いているため、おしっこをした際のケージ周りへの飛び散りを防止してくれます。 6cm 犬用グッズでも有名なメーカー「アイリスオーヤマ」のケージです。 グレーベージュのパステルカラーが可愛らしいケージのため、白系統のインテリアにもぴったりなケージです。 ケージの底面にはローラーが付いているため、移動も楽にできますよ! こちらのケージにもトイレと寝床の間に仕切りがあるため、トイレトレーニングがしやすい作りとなっています。 トイレトレーニングが完了したら、仕切りは外すことができるため、トイプードルの成長に合わせて変えられます。 また、ケージの底部分はトレーになっており、こちらも引き出せます。 水拭きできる仕様となっていますので、毎日の掃除が簡単にできるところも嬉しいポイントです。 しかし高さが約60cmのため、ジャンプ力の高いトイプードルは脱走してしまう恐れがあります。 その場合は上に布を掛けるなどし、脱走しないように工夫が必要です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 トイプードルは愛らしい小型犬という外見から、ケージに入れずに自由に部屋を歩き回れるスタイルにしてしまうご家庭が多いです。 もちろん、それも1つのトイプードルの飼い方ですが、ケージに入れることでよりしつけがしやすく、さらにトイプードルも自分だけのテリトリーを持つことで安心感を得ることができます。 ケージを部屋に置く際は、部屋の隅に置く、窓際に置かない、家族が見える位置になるべく設置するなど、トイプードルが快適に過ごせる環境を考えてあげることも大切です。 また甘えんぼうなトイプードルをケージで飼う場合は、ケージの中で1人にさせる時間が長い分、きちんとスキンシップを取る時間を大切にしてあげる必要があります。 毎日散歩やブラッシング、おもちゃ遊びなどのスキンシップ時間をある程度取るようにし、正しい信頼関係を構築しましょう。

次の

トイプードル4~5Kgのゲージの大きさはどれを選べばいいでしょう...

トイ プードル ケージ

トイプードルってこんな犬• 体高は約24cm~28cm• 毛色はブラック、ホワイト、ブルー、グレー、ブラウン、アプリコット、クリーム、シルバー、シルバー・ベージュ、レッドなど• しつけをせずに、部屋を自由に行き来できる状態だったらそんな悲しい事故が起こるかもしれません。 それは ケージを使ってお留守番して貰う事なんです!簡単ですよね?このケージを使ってお留守番をさせるためには、まずは ケージに慣れる事から始めなければいけません。 その後で、 最初は短時間ずつ飼い主がいない時間を作りお留守番の練習をしていきます。 これはお家にその子が来た時から始めましょう!早ければ早い方が 「お留守番は当たり前のこと」と覚えてくれますよ。 仕事前にケージの中へ。 屋根がついていないと、 ジャンプ力のあるトイプードルはその気になればいつでも飛び越えられますので、事故やケガの原因になります!ケージを購入する時には、 必ず屋根付きの物を用意して下さい! 大きさはトイプードルのトイレとベッドがゆとりを持って設置でき、ある程度動き回れる広さが必要です。 幅は最低60センチ、奥行きは50センチ程度、高さはトイプードルの体高を考えると50センチ以上の物がいいですね。 幅が約90センチ、奥行き60センチ、高さは55センチの物が人気があるようです。 トイレ• ベッド(ハウス)• 給水機 この3つがケージの中でトイプードルが暮らす時に必要なものになります。 誤飲などの恐れがありますので、あまり小さすぎず、壊れにくいおもちゃをあげて下さい。 ケージはどこに置くの? ケージの設置場所ですが快適にお留守番が出来て、寝る時もリラックスできるように 「寒くない場所」「窓の真横ではない場所」が理想的です。 廊下(暗くて寒い)• 玄関(寒くて、外の音が聞こえるので警戒心が強いトイプードルには不向き)• 窓の真横(すきま風が当たったり夏場は直射日光が当たったりと快適に過ごせない) 基本的に寒くて暗い場所や窓の横に設置するのはおススメしません。 トイプードルは寒さや暑さにはあまり強くない犬種ですから、とてもストレスが溜まってしまいます。 プラスチックでできていてとても軽くて丈夫です。 トイプードルは共働きでも飼える• お留守番でも安心できる環境を整えてあげよう• お迎え初日からしっかりケージで暮らす練習を!• イヌ大好き、30代のひなこです。 今はダックスフンド5歳のメスとポメラニアン1歳のオスを飼っています。 イヌが大好きなので、今までに柴犬、チワワ、パピオンなど、いろいろな種類のイヌを飼ったことがありますよ。 そんな私なので、常にイヌの健康のことを考えています。 だって、人もイヌも元気が一番ですよね!!! 特に大事なのは食事だと思います! 実は今飼っている5歳のダックスフンドは尿結石がありました。 その原因はそれまであげていたドッグフードだったんです。 そのことを知ってからは、常にネットサーフィンをしてイヌが元気で長生きできる情報を集めているのですが、ネットにはいろんな情報があふれていますよね?どの情報が本物?具体的に何を知っていればいい?など調べているといろいろ疑問に思いました。 そこで、私が調べて知った情報をシェアしていけたらと思い、ブログを書くことにしました。 このブログを読めば、イヌが元気に長生きできる情報を知ってもらえるように書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

次の

トイプードルのトイレトレーニング

トイ プードル ケージ

もくじ• そもそもゲージって必要なの? 室内で飼う場合、自宅に幼いお子さんのいらっしゃるご家庭以外は、ゲージを準備する必要があるか否か気になるところです。 犬も自宅に慣れれば、飼い主と一緒のベッドで眠ったりするイメージから、特に要らないのでは?と思う人も多いのですが、人間でもパーソナルスペース、つまり他人に入られたくない、自分だけの空間(リラックスして安心して生活を送る上で必要なスペース)は必要不可欠であるのと同じで、 犬にも安心出来る自分の居場所(ハウス)がある事で精神的に落ち着く傾向が見られます。 自分のテリトリーでリラックスして眠ることが出来る のはもちろんのこと、 囲われたスペースに入っていることで自分が守られているという安堵感を得ることが出来るため自然と落ち着いた性格になっていく のです。 性格の温厚なトイプードルも、誰も入って来ない自分だけのスペースを用意する事で、来客時やお留守番などの特別な時間を、ストレスなく過ごす事が出来るものです。 つまり、 ゲージの準備は必須と考えて良いでしょう。 初めて自宅に迎い入れる段階で、定位置に設置出来るよう、予め用意しておきましょう。 また、愛犬にゲージを与えることで得られる大きなメリットとして、しつけがしやすくなるという点があります。 特にこれから子犬を迎える飼い主さんは、ハウスを用意するか否かが今後のしつけを左右する重要なポイントになることを忘れてはいけません。 なぜなら、 ハウスがない犬は必然的に飼い主さんと同じ行動範囲で生活することになるため、結果的に「自分は飼い主さんと対等なポジション」と勘違いし、従いづらくなってしまうからです。 愛犬のリラックスのためにも、しつけのためにもケージを使うことをお勧めします。 ゲージのベストな大きさとは? トイプードルに適したゲージの大きさはどの位のサイズでしょう? 自由で開放的な空間を用意すれば喜んでくれる、と言うのは思い込み(人間の心理ですよね)、犬のサイズに丁度良い、納まりの良いサイズが理想的です。 野生の犬は自分で小さな穴を掘り、そこに身を潜めて生活します。 この犬本来の習性が、ペットとして人間と生活を共にする際も若干影響します。 自分の体が丁度入り、他に入る隙間があまりない、それ位のサイズのゲージを用意する事で、安心して眠りにつく事が出来ると考えられます。 人間にも千差万別の性格があるように、犬も1匹1匹性格が異なります。 慣れたら飼い主のベッドに潜り込んで一緒に眠る甘えん坊の犬、どれだけ起きている間は一緒に遊ぶ事が好きでも、眠る時だけは自分のゲージで眠る犬、これはしつけや飼い方より、犬本来の個別の性格が影響すると考えられます。 本来持っているトイプードル個別の性格を、無理して飼い主の都合に合わせる事は好ましくありません。 自宅に来たトイプードルが、眠る際はゲージが落ち着くようであれば、意思を尊重する方が大切です。 年を重ねるごとに、家や飼い主に慣れて変わってくることも十分考えられます。 具体的なゲージのサイズですが、トイプードルはジャンプ力に優れた犬なので、 高さは70cmから1mと比較的高くして、幅は90cmから120cmを目安に選ぶと良いでしょう。 ゲージを置く場所はどこがよいのか? ゲージは犬のプライベートスペース、人間で言う個室に当たります。 移動しなくても良い、定位置に設置する必要があります。 部屋の中央に設置すれば、360度見渡せて寂しくないだろう! いえいえ、これは間違いです。 天敵はいない室内犬と言っても、部屋の隅で、全方位壁という位置は好ましくありませんが、2面は壁に面して絶対守りに入れる場所を選びます。 部屋の隅がよいでしょう。 トイプードルは毛量の割に寒さに弱い犬種です。 秋冬の時期は隙間風が入ったり、直接外の風が吹き込む場所は避けてください。 夏場はエアコンの風が直接当たる場所や、直射日光も避けてください。 2階建ての場合、家族が多くの時間を過ごす階に設置すると寂しくありません。 寝室が飼い主と同じ階でなくてもOKです。 ゲージの中には眠るスペースと、いつでも利用できるトイレスペースを用意します。 飼い主が留守にする数時間の間はゲージ中で悠々自適に過ごせる、そんな空間を用意する事で、精神的にも安定した生活を送る事が出来るようになります。 ゲージは飼い主とトイプードルの関係性を良好に保つ為の必須アイテムと言えます。 まとめ いかがでしたか。 ゲージは愛犬にとっても飼い主さんにとってもメリットの多いグッズということがお分かりいただけたでしょうか。 お家のスペースの問題も考慮しながら、ライフスタイルにあったゲージをお買い求めください。 また、下記サイトでゲージを使ってお留守番させるメリットやデメリットをご紹介しておりますので、是非ご参照ください。

次の