艦これ ss 嫌われ 後悔。 艦これ Short Story《完結》

ヤンこれ、まとめました

艦これ ss 嫌われ 後悔

海軍に籍を置いて十年。 教育隊に所属していた頃が随分遠く感じる、今と比較すれば実に地獄の様な生活だった。 提督は良い、鎮守に限った話ならば最高権力者だ。 扱かれる事も無く、廊下をわが物顔で歩いてもドヤされない。 先輩に敬意を払う必要も理不尽な怒声も無い、パラダイスだ。 八キロ遠泳などもしなくて済む、元々私は泳ぎが得意ではなかったから。 提督「……海域の確保も順調だ、海坊主の連中も戦力が整っていないと見える」 地図に引かれた赤線、それは現在確保されている海域分布。 他鎮守府と合同で巡回船を出し物資搬入ルートを確保していた。 一昔前は艦娘に同行させる補給船の数が足りず難儀したものだが、今や私の階級は中佐。 年齢としては三十を迎えたばかりで若すぎるとの声もあるが、多少の高跳びは仕方あるまい。 どうせ戦時下階級という奴だ、この肩書に見合うだけの権力が付随しているかどうかと聞かれれば疑問が残る。 ましてや民間人に少尉などという肩書を押し付け運営させている場所もあるのだ、現状の海軍の人員不足は見るに堪えない。 いや、海軍と言うより艦娘提督という特殊な役職に限った話か。 提督「馬鹿馬鹿しい話だ」 軍の「ぐ」の字も知らぬ民間人に指揮をさせるなど、愚かにも程がある。 文民は我々軍人が守るべき存在であって、安易に銃を持たせて良い存在ではない。 ましてや本当の戦場を知るのなら尚更。 連日連夜、続く勝利。 海域を押し込む程連中は強くなっていくが、最近では【質より量】の戦法で高練度艦隊を同海域に集中させ一方的に火砲を浴びせている。 戦力の分散は愚策だ、戦力があるのなら全て集中させる方が良い。 無論、最低限の防衛隊は残して。 勝利に沸き立ち士気を高めるのは構わない、しかし「楽勝」と敵を侮って慢心するのは頂けない。 勝って兜の緒を締めよ、までは言わない。 しかし浮かれた気分で戦場に出られても困る。 勝つのは当然だ、そういう『教育』を私は大学で受けて来た。 十全な装備、十分な弾薬燃料、そして考え抜かれた策に万が一の予備隊。 艤装を積んだ補給船も手配し大規模作戦ならば工作艦も同行させる。 これだけ用意して敗北するなどあり得ない、そう在れと生まれたのが彼女達で、それを扱う己は彼女たち以上に努力している。 勝利は当然と言えた。 しかし精神的な隙は必ず【敗北】を生む。 ならばそう、此処は一つ。 冷や水を浴びせ、気を引き締めさせる必要があるなと、私はそう考えた。 龍田「ぁ」 水面に揺蕩う白帽、僅かに煤けたソレが龍田の足元にコツンと当たる。 呆然と燃え盛る小型船を見つめながら、龍田はただ動けずにいた。 龍田「あ、あ、て……ぁ、て、提督」 龍田「うそ、何で、何で上から砲撃が……」 得物を取り落とし、手を伸ばすが轟々と炎が燃え盛るばかり。 迫撃砲は小型船のど真ん中に直撃し、内部を貫いて炸裂した。 提督諸共爆発し、砕け散った残骸が海を漂う。 船が爆発した、中に在ったものは海に全て投げ出されている。 龍田は呆然としながらも一歩、一歩と燃え盛る船に近寄る。 けれどその光景が近付く度、足が鈍る。 龍田「大丈夫、大丈夫よ」 龍田「まだ、まだ生きているかもしれない、提督なら、きっと……だから、早く、早く助けないと」 龍田「はやく、はやく」 龍田「助けないと」 龍田「助けないといけないから……!」 龍田「だから……」 龍田「ねぇ、動いてよ……動いて」 龍田「動きなさいよ! 動いてよッ、私の足……ッ!」 足が動かない。 プルプルと震えて、これ以上前に進めない。 動かそうとしても微動だにせず、結局その場にぺたんと座り込んでしまった。 下手をすると沈んでしまいそうだった。 龍田「ぁ、あぁ……あぁぁ……」ポロポロ 龍田「なんでぇ、なんでよぉ……」ポロポロ 龍田「何で動かないのよ……ぉ!」ポロポロ 龍田「提督が、ていとくが、しんじゃうのにぃッ……!」ポロポロ 龍田「あぁぁぁああぁッ! 提督ぅ、ていとくぅぅうッ……!」ポロポロ 瞼の裏に浮かぶ、爆発の瞬間。 生きている筈が無かった、あれ程の爆炎と衝撃を間近にして。 本当は分かっていた。 龍田「あ、ぁ……あぁぁ………」 海上に伏せ、這い蹲って涙を零す龍田。 水面に散った想い人、彼を想って慟哭する。 提督「………何か思ったよりガチ泣きなんですけど、ヤバくない?」 憲兵「だから私はやめた方が良いとあれ程……」 憲兵A「ネタ晴らししたら死ぬんじゃないですか中佐」 提督「ははは、まさか、ははは、ハハ………ないよね?」 憲兵「遺書のご用意は済ませておいた方が賢明です」 提督「ウソダドンドコドーン!」 憲兵A「これだから海 ry」 長門「艦隊編成急げ! 戦艦だろうが空母だろうが関係ない! 出られる奴はさっさと海域に向かえッ!」 吹雪「だ、第四艦隊出撃します!」 赤城「一航戦、出ます!」 大淀「明石さん、貴女も!」 明石「わ、分かってます! 私の艤装、えぇっと……!」 提督が沈んだ。 その報は鎮守府に凄まじい動揺を齎し、所属艦娘全員による緊急捜索が即時決行された。 提督が死亡した恐れがある。 龍田「………」 彼の死を目撃した龍田だった。 天龍「……お、おい、龍田」 龍田「……ぁ、天龍ちゃん……」 天龍「お前、大丈夫かよ……」 龍田「…………」 龍田「ん、大丈夫……大丈夫よ……」 天龍「ちっとも大丈夫に見えねぇよ……」 目は虚ろ、元々白かった肌は蒼褪め、その体は酷く冷たい。 そんな惨状に他の艦娘は彼女を責めるどころか、会話する事すら躊躇われた。 まるで次の瞬間には消えてしまいそうな、そんな危うさを秘めている。

次の

提督「私が戦死したドッキリ」

艦これ ss 嫌われ 後悔

vip2ch. 49 ID:Kn6fyIOy0 提督「……」カリカリ 加賀「提督。 80 ID:Kn6fyIOy0 提督「ごめん…」 加賀「…今日の提督は、どこかおかしいです」 提督「そんなこと」 加賀「あります」キッパリ 提督「う」 加賀「どこか上の空ね。 95 ID:Kn6fyIOy0 加賀「提督。 作業中の書類を見せてください」 提督「これか? ほら」スッ 加賀「……」ペラペラ 提督「……」 加賀「軽く見ただけで、5か所ミスがあります」 提督「え」 加賀「注意力に欠けるわね。 35 ID:Kn6fyIOy0 加賀「今日はもうお休みになってください」 提督「で、でも仕事は」 加賀「書類の方は艦娘達に任せても問題ありません。 急ぎの書類はないでしょう?」 提督「急ぎでは、ないけど…」 加賀「なら今日はもう休みましょう。 84 ID:Kn6fyIOy0 加賀「そんな疲れた顔を見せれば、艦娘達も心配します」 提督「……」 加賀「勿論、私だって心配です」 提督「加賀…」 加賀「だから、休んでください」 提督「…わかったよ。 30 ID:Kn6fyIOy0 加賀「何か、私に落ち度でも?」 提督「それは不知火のセリフ! なんで一緒の布団に入ってくるんだよ!」 加賀「人肌であっためると、疲労がとれやすくなるそうです」 提督「…ホントか?」 加賀「はい。 青葉が言ってました」 提督「ウソくせぇ…」 加賀「女は度胸。 34 ID:Kn6fyIOy0 加賀「…えい」ツン 提督「……」プニッ 加賀「……」ツンツン 提督「……んむっ」プニップニッ 加賀「ふふっ…」 提督「……z」 加賀「さて、私も寝るわ。 81 ID:Kn6fyIOy0 ・ ・ ・ 提督「……ん」ムクリ 加賀「お目覚めね、提督」 提督「……加賀。 今、何時だ?」 加賀「夜の6時です」 提督「…えらいぐっすり寝てたな」 加賀「ええ。 54 ID:Kn6fyIOy0 加賀「ところで提督。 お腹すきませんか」 提督「言われてみれば…お腹すいたな」キュウウ 加賀「早く食堂へ行きましょう。 11 ID:Kn6fyIOy0 加賀「…もう大丈夫そうですね」 提督「お陰様でな」 加賀「では行きましょう。 51 ID:Kn6fyIOy0 以上で終わりです 春イベは、ローマは出ましたが高波がまだです。 はよ 読んでくれた人はありがとう。 17 ID:a3UrIp7no 加賀さん可愛い 知ってました?DMM GAMESに無料登録するだけで500円分のポイントがもらえます やり方 1. DMM GAMESのを行う 2. DMMにクレジットカードの情報を登録する 3. にアクセスして「初回無料500pt取得はこちら」のボタンをクリックする まだ艦これ、やってないの? 艦これはDMM GAMESから配信されているゲームで、アニメ化もされた有名タイトルです。 アニメで初めて知った人も多く、まだゲームをやったことがない人も多いと思います。 DMM GAMESのにアクセスします。 アクセスしたら、「 今すぐ出撃」をクリック。 DMMアカウントをまだ持っていない人は、を行います。 既にDMMアカウントを持っている人はログインして、DMM GAMESのを行います。 DMM GAMESアカウント登録画面 ニックネーム、性別、生年月日を入力したら、「 登録してゲームを開始する」をクリックして登録完了です! スマホ版 艦これの始め方 艦これは実は、スマホ(Android)でもプレイすることができるんです。 PC版とデータ連動しているので、PCとスマホ、両方で楽しむことができます。 DMMゲームズのアカウントが未登録の場合、を行う。 DMMゲームズストアのアプリをダウンロードします。 DMMGAMESストアのアプリを起動、艦これのアプリを検索、ここからダウンロードします。 カテゴリー• 783• 304• 125• 223• 139• 121• 187• 258• 483• 3 アーカイブ• メタ情報•

次の

#1 嫌われ提督の鎮守府 1

艦これ ss 嫌われ 後悔

ドアから一番離れた十二時の席に鎮座するのは、吹雪型駆逐艦の五番艦、叢雲。 当鎮守府では初期艦・電に次ぐ古参で、提督を支える重臣。 戦艦の艦娘達も一目置いている頼もしい艦娘だ。 そして叢雲の右から、霞、満潮、曙、大井、天津風、伊168、長月、菊月、敷波、熊野と参入順に座る。 彼女等は叢雲を筆頭に提督への気持ちを素直に表せない乙女達が、共に支え合い、素直になろうと努力する為に集った会である。 その名は『提督に素直になれないの会』 最初は互いに支え合うなんて馬鹿馬鹿しいと思っていた乙女達だったが、プライドが邪魔をして一人で現状を打破する事など皆無であると悟った。 ならば同じ境遇な者同士、どうやって現状を打破するかを考えようと最初に歩み寄ったのが叢雲、霞、満潮の三人。 それからも同志は増え、今では十一人となった。 そして、今日はまた新たに同志を迎え入れる為の集まりだ。 叢雲「みんな集まったわね。 じゃあ、早速だけど新たに加わる会員を紹介するわ。 さ、みんなに挨拶なさい」 叢雲に促され、叢雲の隣に立ったのは暁だった。 暁「暁よ……これからよろしく」 軽く挨拶をして暁は空いている席に着いた。 曙「まさか暁が入るなんて思わなかったわ。 あんた結構素直そうだと思ってたから」 暁にそう声をかけるのは、綾波型駆逐艦の八番艦の曙。 提督に好意を抱いているが、着任時に『クソ提督!』と恥ずかしさの勢いで言ってしまい、今の今まで謝ろうと思ってもつい『クソ提督!』と呼んでしまい、この会に入った。 天津風「確かにね~。 でも、仲間が増えるって事はそれだけ意見が出るって事だし、私は歓迎するわ」 暁を笑顔で迎えるのは陽炎型駆逐艦九番艦の天津風。 提督に頭を撫でてもらう事が好きで、遠征任務や料理等を甲斐甲斐しく行うが、普段からしっかりした態度を取る為、素直に『撫でて』と言えない。 しかも撫でられると顔が赤くなってしまう為、その時は真っ先に逃げ出してしまい、後々後悔する。 そんな自分を変えたくてこの会に入った。 168「そうね、私も歓迎するわ。 通称イムヤ。 この会のメンバー内で一番提督へ素直に気持ちを伝えられるが、肝心な所でツンとしてしまう。 その対策の為、この会に入った。 長月「いや、初風はクールなだけだ。 ちゃんと司令官の目を見て受け答え出来るしな」 菊月「そうだな。 私達とはそこから違う」 イムヤの言葉にそう返すのは、睦月型駆逐艦の八番艦、長月と九番艦の菊月。 どちらも提督へ強い好意を抱いているが、性格故に素直になりきれない為、なかなか気持ちを伝えられない。 そんな時、叢雲にこの会の事を教えてもらい入会した。 熊野「ふふ、とりあえず歓迎会と言うことで、紅茶をお淹れしますわ」 敷波「お昼前だからちゃんとした歓迎会はまた今度だね」 笑顔で紅茶を淹れるのは最上型重巡洋艦四番艦、熊野、その紅茶をみんなに運ぶのが綾波型駆逐艦二番艦の敷波だ。 熊野はつい態度が高飛車になってしまいがちで、敷波はすぐに嫉妬してしまう。 そんな二人に手を差し伸べたのが霞と満潮だ。 暁「みんなありがとう。 私はレディだから、なかなか気持ちを素直に伝えられないのよね。 つい、強がって見せちゃうところとかあるし……。 でも、大井さんにこの会に誘ってもらえてよかったわ! こんなに仲間が居るのって心強いもの!」ニコ 全員『(天使が居るわ)』ホホエマー 暁の言葉に和む『提督に素直になれないの会』メンバー。 熊野が淹れた紅茶で一息ついた後、叢雲が暁に確認をした。 満潮「暁、最終確認なんだけど、あなたちゃんと規約は守ってよね?」 暁「当然よ。 でも、みんな守ってるなら大丈夫じゃない?」 霞「まぁね……。

次の