ツイステ リリア。 ツイステの主人公の考察まとめ!「監督生」は生きてる?死んでる!?それとも夢?その正体は?

リリアのパーソナルストーリー登場キャラと内容

ツイステ リリア

マレウス様、そろそろお遊びが過ぎます。 CV: 概要 学年 2年A組22番 誕生日 5月15日 牡牛座 年齢 17歳 身長 176cm 利き手 右 出身 茨の谷 部活 馬術部 得意科目 体力育成 趣味 鍛錬 嫌いなこと 惰眠 好きな食べ物 きのこのリゾット 嫌いな食べ物 リリアの手料理 特技 剣術 寮の。 個人のロゴは剣 グルーヴィー用アイテムでは「騎士」と呼ばれている。 人物 を警護する者として彼に付き従っている、のだが気ままに行動するマレウスを見失って探し回っている時も多い。 ただしのように常に付き従う程ではなくマレウスが一人になりたいときもあると思っており、そのことからセベクとは口論になる。 体力育成に剣術と、いつ如何なる時にも護るべき者を護れるように努力と鍛錬は怠らない(親父殿の跡を継ぐことを目標としている)。 彼の持つマジカルペンは他の者とは形状が異なっており、黒い角と茨の装飾が付いた大きめの棒状になっている。 制服の上着ポケットに入るサイズではないためか、ベルトを使って腰の辺りに下げる形で持ち歩いているようだ。 一見すると剣のようにも。 詳細は不明だがどうやら他の寮生と『違う』人間らしい。 同寮のを「親父殿」と呼ぶこと 人前では呼ぶことを避けている様子 、嫌いな食べ物としてリリアの手料理を挙げていることから故郷では彼が養育者もしくはそれに近い立場だったと推測される。 また動物に異常に好かれやすい体質。 当人も「自分が何者なんだ?」と、この体質を不思議に思っている。 動物に好かれるのはさておき頻繁に眠ってしまう体質は困っており改善したいと願っている。 少々天然気味なのか相手の言葉を簡単に信用したり良い方面へ解釈してしまって話が噛み合わない時があり、曰く「いらふわ空間」との事。 同じクラスのとは比較的、仲が良いがお互いに天然同士でもある(無属性魔法のエフェクトが似ているなど共通項も多い)。 から「ちゃん」と呼ばれている。 ゴーストマリッジではリリアから護衛を任されていることから助けに行くのを断っている。 ただし断っているがリリアやセベクを心配しており、王子様について悩んでいるに助言をした。 「姫に合わせて歌わなければならない」「白馬の王子様で出迎えなければならない」など……助言内容はリリアから聞いた話であり、シルバー当人もツッコミどころが多いと判断していた(ヴィランキャラではなく王子様の武器が元なので、プロポーズの最中に急に眠りさえしなければ行っていたら大丈夫だった可能性があるのだが……)。 容姿 整った銀色の髪、輪郭の整った唇、オーロラ色の目を持つ。 も認める程の美形。 起きている時は常にムッとしたような表情をしているが、寝顔はまるで天使のよう。 ユニーク魔法 魔法名 不明 効果 不明 余談 元となっているのは『』で武器として使われた真実の剣だろうか。 そのためか無属性魔法のエフェクトはカリムやルークと同じである。 しかしシルバーには彼らとも異なる唯一無二の特徴がある。 本人の意思と関係なく眠ってしまう点と動物たちからも好かれる点。 これらの点は 原作の「」を思い起こさせる 原作のオーロラ姫も森暮らしの際には動物から愛されていた。 仮に何かしらの関係が有れば、彼は ナイトレイブンカレッジ唯一の「」を元にした存在と言える。 ただしもしそうだった場合、ある意味ヴィランとは最も対極に位置するプリンセスを元にした彼がなぜ闇の鏡に選ばれたのかという謎が浮上する。 というのも前述の2人について、は「ヴィランの策略で 本人の意思に反してだが ヴィランに有利な行動をとって」おり、ルークの元ネタに至っては「反故にしたにせよ最初はヴィランの指示を受け暗殺を試みていた」、という「形や経緯、期間はともかくヴィランに加担した事がある」という点があり、闇の鏡に選ばれる一応の道理は通っている。 しかし彼の元ネタは「真実の剣」「プリンセス」どちらを取ってもヴィランであるマレフィセントに加担した描写が見受けられない。 一方で原作のヴィランとプリンセスが呪い以上の大きな関係性を持つ点はを想起させるが、果たして…? また、を除く全キャラクターの中で唯一ファミリーネームを持たない等、謎が多い人物である。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

ツイステの主人公の考察まとめ!「監督生」は生きてる?死んでる!?それとも夢?その正体は?

ツイステ リリア

この世界の全てはマレウスのものだった。 ただ、それは自分の世界がまだちっぽけで、小さな範囲だったからそう思ったのかもしれなかったし、その小さな範囲こそが自分の居場所なのだと分かっていたからなのかもしれない。 次代の茨の谷の王である王子に、傅かない者などいなかった。 けれど、その世界にそれまで見たことのない存在が現れた。 「ほれ、マレウス。 こっちじゃ」 リリアに手招きされるまま向かうと、そこには小さな籠があった。 「お主、この子に会うのは初めてじゃろう?」 籠の中身をリリアに見せられて、マレウスはどう反応して良いかと悩んだ。 中にいたのは赤子だった。 それも人間の。 (初めて見た……) 人間の赤子を見たのは初めてだったけれど、よくよく考えればマレウスより歳下の者はこの城にはいないようだし、妖精族の赤子も見たことは無かったかもしれない。 「お主に早く会わせてやりたかったのじゃが」 リリアが人間の赤子を育て始めたという話は聞いていた。 小さな赤子はまだ髪の毛も少なくて、マレウスが知っている人間の姿とは違っている気がする。 ぎゅっと目を瞑って寝ているらしいその姿を見て、何を感じれば良いのか分からなかった。 どうしたものかとリリアを見上げると、リリアの視線はその赤子に注がれていた。 リリアが伸ばした指が愛おしげにふわりとした赤子の髪を梳く。 ふにゃりと声を上げられて、リリアは随分と満足そうに笑った。 (この気持ちは何なのだろう) 初めて生まれた感情に戸惑って、マレウスはまだ言葉も発さぬ小さな赤子を見ていられなかった。 あまりにも小さな存在に負けてしまったような悔しさがあることにマレウスは耐えられなかったのかもしれなかった。 赤子から顔を背けていると、その様子に気づいたらしいリリアが首を傾げる。 「どうした、マレウス。 シルバーに挨拶してくれないのか?」 「シルバー?」 「この子の名前じゃよ」 「シルバー……」 もう一度口に出して今一度赤子を見てみれば、細いふわりとした髪の毛は光に透けて銀糸のようだった。 糸車で丁寧に紡がれた糸というのはきっとこんな感じなのかもしれない。 「マレウス、お主友達もおらんじゃろ。 シルバーがもう少し大きくなったらマレウスが話し相手になれるかもしれんしと思ったんじゃが」 「別に、俺は友達も話し相手もいらない」 「またお主はそういうことを言って」 リリアは両手を腰に当ててむうと不満そうだが、そうは言われても仕方ないのだ。 「だって……」 マレウスはいつかこの茨の谷の王になるから、だから仲の良い友達など作らない方がいいと言われた。 実際、マレウスの魔力の強さを恐れているのか、近寄ってくる者はそもそも少なかった。 リリアはマレウスのことをそんな風に遠巻きにはしないけれど、リリアは王の近衛であってマレウスのものではない。 「俺が欲しいのは……」 友達でも話し相手でもなくて、いつだって近くにいてくれる味方が欲しい。 そう考えてしまった自分にマレウスは少々驚いていた。 「なんじゃ? 何か欲しい物があるのか?」 リリアに聞かれたものの、欲しいと口にして手に入るものではないものかもしれないと気付いてしまって、余計に口に出せなくなってしまった。 「リリアには教えない」 「ほーう、マレウスがわしに秘密とは生意気じゃ。 何が欲しいのか気になるのう」 リリアは面白がるようにくふくふくと笑っていたが、ふと笑うのを止めてニヤリと人の悪い笑みをマレウスに寄越した。 「まぁ、何にせよそれはお主次第じゃろうな」 「そうなのか?」 リリアに言われてそういうものなのだろうかと再び揺籠の中を見てみると、先ほどまで眠っていたはずの赤子は目を開けていた。 マレウスのことが見えているのかもよく分からないが、水底を思わせるブルーシルバーの瞳がマレウスを見つめているように見えた。 (シルバー……お前、俺の味方になってくれるか?) 思わず伸ばしたマレウスの指は小さな手の平にギュッと握られた。 シルバーは何が楽しいのかマレウスの指を掴んだまま腕を振ってキャッキャと笑った。 意外にも強く握られた指はすぐに離してもらえず、マレウスはただただ困惑していた。 「はっはっは、マレウスはシルバーに気に入られたようじゃの」 マレウスにも満面の笑みを浮かべたリリアを見る限り、どうやらこれは悪いことでは無いらしい。 「……早く、大きくなれよ」 お前と話がしてみたくなったから。 シルバーが妖精だろうが人間だろうが、マレウスにとっては大きな問題ではない。 マレウスの傍にいたいかどうかは話せるようになったら聞かせてもらおうと決めて、一旦離された小さな手をもう一度恐る恐る握る。 握ればすぐに壊れてしまいそうなほど柔らかくて小さな手が、心強く思えたような気がした。

次の

シルバー(ツイステ) (しるばー)とは【ピクシブ百科事典】

ツイステ リリア

マレウス様、そろそろお遊びが過ぎます。 CV: 概要 学年 2年A組22番 誕生日 5月15日 牡牛座 年齢 17歳 身長 176cm 利き手 右 出身 茨の谷 部活 馬術部 得意科目 体力育成 趣味 鍛錬 嫌いなこと 惰眠 好きな食べ物 きのこのリゾット 嫌いな食べ物 リリアの手料理 特技 剣術 寮の。 個人のロゴは剣 グルーヴィー用アイテムでは「騎士」と呼ばれている。 人物 を警護する者として彼に付き従っている、のだが気ままに行動するマレウスを見失って探し回っている時も多い。 ただしのように常に付き従う程ではなくマレウスが一人になりたいときもあると思っており、そのことからセベクとは口論になる。 体力育成に剣術と、いつ如何なる時にも護るべき者を護れるように努力と鍛錬は怠らない(親父殿の跡を継ぐことを目標としている)。 彼の持つマジカルペンは他の者とは形状が異なっており、黒い角と茨の装飾が付いた大きめの棒状になっている。 制服の上着ポケットに入るサイズではないためか、ベルトを使って腰の辺りに下げる形で持ち歩いているようだ。 一見すると剣のようにも。 詳細は不明だがどうやら他の寮生と『違う』人間らしい。 同寮のを「親父殿」と呼ぶこと 人前では呼ぶことを避けている様子 、嫌いな食べ物としてリリアの手料理を挙げていることから故郷では彼が養育者もしくはそれに近い立場だったと推測される。 また動物に異常に好かれやすい体質。 当人も「自分が何者なんだ?」と、この体質を不思議に思っている。 動物に好かれるのはさておき頻繁に眠ってしまう体質は困っており改善したいと願っている。 少々天然気味なのか相手の言葉を簡単に信用したり良い方面へ解釈してしまって話が噛み合わない時があり、曰く「いらふわ空間」との事。 同じクラスのとは比較的、仲が良いがお互いに天然同士でもある(無属性魔法のエフェクトが似ているなど共通項も多い)。 から「ちゃん」と呼ばれている。 ゴーストマリッジではリリアから護衛を任されていることから助けに行くのを断っている。 ただし断っているがリリアやセベクを心配しており、王子様について悩んでいるに助言をした。 「姫に合わせて歌わなければならない」「白馬の王子様で出迎えなければならない」など……助言内容はリリアから聞いた話であり、シルバー当人もツッコミどころが多いと判断していた(ヴィランキャラではなく王子様の武器が元なので、プロポーズの最中に急に眠りさえしなければ行っていたら大丈夫だった可能性があるのだが……)。 容姿 整った銀色の髪、輪郭の整った唇、オーロラ色の目を持つ。 も認める程の美形。 起きている時は常にムッとしたような表情をしているが、寝顔はまるで天使のよう。 ユニーク魔法 魔法名 不明 効果 不明 余談 元となっているのは『』で武器として使われた真実の剣だろうか。 そのためか無属性魔法のエフェクトはカリムやルークと同じである。 しかしシルバーには彼らとも異なる唯一無二の特徴がある。 本人の意思と関係なく眠ってしまう点と動物たちからも好かれる点。 これらの点は 原作の「」を思い起こさせる 原作のオーロラ姫も森暮らしの際には動物から愛されていた。 仮に何かしらの関係が有れば、彼は ナイトレイブンカレッジ唯一の「」を元にした存在と言える。 ただしもしそうだった場合、ある意味ヴィランとは最も対極に位置するプリンセスを元にした彼がなぜ闇の鏡に選ばれたのかという謎が浮上する。 というのも前述の2人について、は「ヴィランの策略で 本人の意思に反してだが ヴィランに有利な行動をとって」おり、ルークの元ネタに至っては「反故にしたにせよ最初はヴィランの指示を受け暗殺を試みていた」、という「形や経緯、期間はともかくヴィランに加担した事がある」という点があり、闇の鏡に選ばれる一応の道理は通っている。 しかし彼の元ネタは「真実の剣」「プリンセス」どちらを取ってもヴィランであるマレフィセントに加担した描写が見受けられない。 一方で原作のヴィランとプリンセスが呪い以上の大きな関係性を持つ点はを想起させるが、果たして…? また、を除く全キャラクターの中で唯一ファミリーネームを持たない等、謎が多い人物である。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の