地縛少年花子くん 67話 ネタバレ。 【花子くん】68話ネタバレ考察!どうやって境界から脱出する?

【あらすじ】『地縛少年花子くん』47話(10巻)【感想】

地縛少年花子くん 67話 ネタバレ

今回は『』に連載されている 『』47 話【エソラゴト7 】について書きます! (ネタバレ注意です!) 前回、この世界から抜けるには三葉とあまねを殺せばいいとシジマ・・・。 つかさは八尋に、あまねのこと上手に殺せるといいねと呟きました。 流星群がこれから1・2時間続くようです。 お前に用があると光。 言われた通り塔に行った事、そして元の世界に戻るにはお前とあまねを殺すように言われた事を告げました。 なんでこんなことになってんだと光。 三葉は だって人間になるのが望みだからだと告げました。 そして七不思議としての力も使えるようになったと。 学校中の鏡を使って移動ができたり、鏡に映った過去を引き出せたりできるようです。 だから自分の過去も全部見たと三葉。 声をかけたら振り向いてもらえるのも、光と会話した事も、うまく友達ができなくて寂しそうなのも全てが羨ましいと三葉。 こっちの世界を本物だと思うことにして、目の前の三葉も本物だということにしちゃおうと提案しました。 僕が本物になれば、三葉は死ななかったことになると。 友達になろうと手を出した三葉。 一瞬考えた光・・・。 三葉の手を払うと、 偽物の世界で幸せになれるわけないだろと告げました。 つづく スポンサーリンク !! 管理人おすすめの U-NEXT ! 「マンガ」や「アニメ」「映画」「ドラマ」「雑誌」を楽しむ事ができるサイトです。 U-NEXTに新規登録する• U-NEXT600ポイントを利用してお得に購入• 読む!• 無料期間内に解約をする 解約すること前提で31日間無料で楽しむも良し、気に入ればもちろん続ければ良し! にユーザー登録して損することはないと思いますので、是非お試しください。 最新の配信情報はU-NEXTにてご確認ください。

次の

【あらすじ】『地縛少年花子くん』67話(14巻)【感想】

地縛少年花子くん 67話 ネタバレ

今回は『』に連載されている 『』47 話【エソラゴト7 】について書きます! (ネタバレ注意です!) 前回、この世界から抜けるには三葉とあまねを殺せばいいとシジマ・・・。 つかさは八尋に、あまねのこと上手に殺せるといいねと呟きました。 流星群がこれから1・2時間続くようです。 お前に用があると光。 言われた通り塔に行った事、そして元の世界に戻るにはお前とあまねを殺すように言われた事を告げました。 なんでこんなことになってんだと光。 三葉は だって人間になるのが望みだからだと告げました。 そして七不思議としての力も使えるようになったと。 学校中の鏡を使って移動ができたり、鏡に映った過去を引き出せたりできるようです。 だから自分の過去も全部見たと三葉。 声をかけたら振り向いてもらえるのも、光と会話した事も、うまく友達ができなくて寂しそうなのも全てが羨ましいと三葉。 こっちの世界を本物だと思うことにして、目の前の三葉も本物だということにしちゃおうと提案しました。 僕が本物になれば、三葉は死ななかったことになると。 友達になろうと手を出した三葉。 一瞬考えた光・・・。 三葉の手を払うと、 偽物の世界で幸せになれるわけないだろと告げました。 つづく スポンサーリンク !! 管理人おすすめの U-NEXT ! 「マンガ」や「アニメ」「映画」「ドラマ」「雑誌」を楽しむ事ができるサイトです。 U-NEXTに新規登録する• U-NEXT600ポイントを利用してお得に購入• 読む!• 無料期間内に解約をする 解約すること前提で31日間無料で楽しむも良し、気に入ればもちろん続ければ良し! にユーザー登録して損することはないと思いますので、是非お試しください。 最新の配信情報はU-NEXTにてご確認ください。

次の

【あらすじ】『地縛少年花子くん』47話(10巻)【感想】

地縛少年花子くん 67話 ネタバレ

当記事の目次一覧• 【地縛少年花子くん:67話】最新話ネタバレ スミレの首元にある「封」じるしの御札を見た寧々に対し、何を考えているか彼女は察して、自分の出自を明らかにしました。 それは六番目の依代。 そして、続けて寧々のことを当代の巫であると見抜いて、自分のちからを上回るものを持っていると見抜きます。 ただ、彼女は争う姿勢を見せず、寧々に1日だけ待ってほしいと告げてきたんです。 明日はスミレにとって、どんなことよりも大切な日になる結婚式が控えているからです。 寧々は依代について花子くんに話すか悩む 明るい笑顔で頼んできたスミレのことを思うと、花子くんに依代であることを打ち明けるのは寧々にとって重いことでした。 さらに、最近の行動を考えると確実に派手な行動をやると感じていた寧々は、彼に相談することを先延ばしにして眠りにつきます。 朝、目が覚めた時に寧々の顔を凍りつかせる出来事が起こります。 目の前には能面をつけた女性が覗き込んでおり、寧々の意識が目覚めたとわかったら、数人が三指をついて頭を下げていました。 そして、同時に彼女たちは寧々にお祝いをし、寝間着を剥がして着替えさせはじめていきます。 おめかしをされていく寧々に対し、彼女たちの中のリーダー格から「スミレ」と呼びます。 何かおかしいと思う寧々なのですが、彼女たちはあなたのほうがおかしいことを言っていると告げ、鏡の前で再び「スミレ」と呼んだのでした。 寧々が運ばれる先は・・・ 自分はスミレではないというのだが、周囲の人間たちは一切信用しません。 神輿を降りてスミレ本人を呼び出しに行こうとしたのですが、女の子ひとりと何十人といる大人たちでは力の差も歴然です。 寧々は足止めを食らい、彼らのひとりから何か飲み薬を強引に飲まされるのでした。 考えることができなくなった寧々は、自分が何をしているのかわからなくなっていきます。 自分がどこへ行くかわからないような状況でしたが、ふと横に目を向けると小さな女の子が泣いていました。 その子は泣いており、自分の名前を「スミレ」と名乗り、その横にいたのは六番です。 彼女に対し表情を変えずも、自分自身の考えにより、彼女の想いを肯定していました。 その中で、スミレはいずれお嫁にいく、つまり自分の命が六番のところに行くことについて話題にしました。 彼から言われた言葉は嫁に向かえるという言葉だった。 だが、彼はその後にすぐにウソであると否定したため、小さなスミレは怒ったフリをしてどこかへ駆け出していく。 それでも、彼女の顔は微笑を示しており、彼からの好意を受け入れるものだったのだ。 助けを読んだ寧々の前には・・・ 誰かの夢か、幻を見ていた寧々は、儀式を進める祠の門の前で立ち止まっていました。 村人たちは彼女のことを偽物ではないかと疑い始め、儀式の遂行を止めるか進めるか議論をし始めます。 しかし、結果は変わらず、スミレではなく寧々を生贄に捧げると決定させました。 集団のリーダー格に手を引かれ、門の前に連れて行かれる寧々は、恐怖で表情を凍らせています。 恐怖に耐えきれなくなり、ついに「あの名前」を呼ぶのでした。 呼ばれた彼は、お面を外し、泣き叫ぶ寧々を抱き寄せて遅くなったことを謝罪します。 村人たちから包囲される寧々と彼でしたが、怒号を向けるひとりに対して、彼は被っていたお面を投げつけました。 そして、寧々の肩を抱き寄せ、結婚式は中止だし、大事な助手を嫁がせるわけにはいかないと啖呵を切ります。 もちろん、これをやったのは花子くんでした。 最新刊の続きや最新話の画バレを無料で読む方法 文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。 そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【月刊Gファンタジー最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。 さらにアニメ版の【地縛少年花子くん】もU-NEXTでは見放題で放映中です。 感想 ああ、やはり寧々が生贄にさせられてしまったのね。 数珠の腕輪を渡された時に怪しいとは感じたのですが、思ったとおりの展開になってくれました。 そして、ヒロインのピンチに駆けつけるのはヒーローです。 最後の最後で花子くんがやってきたのは、めっちゃカッコいいです。 しかも、その見開きのページのかっこよさ。 泣き叫ぶお姫様のリクエストにお答えしてやってきました感です。 このページだけは電子書籍の見開きで目にしたほうがいいです。 正直、この部分だけでもいいのでカラーにしてほしいくらいです。 次回は生贄からの脱出と、依代であるスミレと花子くんの対決だと思います。 早く読みたいなぁ。

次の