野 ブタ を プロデュース あらすじ。 【野ブタをプロデュース】かすみが怖すぎる!裏切りに信子は?9話ネタバレ感想

野ブタ。をプロデュース6話あらすじ・ネタバレ!ノブタパワー人形が大人気に

野 ブタ を プロデュース あらすじ

(画像引用元:Amazon) ドラマ『野ブタ。 0%を記録した第8話。 修二が不良にからまれていたクラスメート・タニを放置したことが悪い方向でウワサになり、修二が孤立してしまう話です。 もともと口がうまかった修二は、まり子とも弁当を食べていないことが発覚。 さらに、 信子をいじめていた犯人・黒幕がかすみだということも、本人の口から暴露されます。 人を信じられなくなった修二ですが、信子と彰は彼らなりの答えで修二を励まし、孤立しないように修二に寄り添います。 人を信じることについて、深く考えさせられる第8話の詳細を、さっそく見ていきましょう! 目次• 野ブタをプロデュース第8話のネタバレ! 亀梨と山Pの共演で久々に『野ブタ。 悟は3人、浩二は4人。 修二は迷ったあげく、2人と答えました。 彰と信子の二人だ!と浩二や悟に言われてしまいますが・・・。 修二は信子から抱きしめられたことを思い出していました。 野ブタはあの日以来、俺のことを避け続けている・・・。 ずーっとこのままというわけにはいかないと思うんだけど。 つまり、教室で捕まえるしかないってことか・・。 修二はみんなから見られていることを意識して、ごまかして信子を呼び出します。 プロデュースを再開するからと言った修二に、信子はとまどいます。 俺を励ましてくれたわけでしょ?と聞く修二に、うなづく信子。 修二はありがとうと言って頭を下げたあと、俺はなぐさめてもらうようにできてないと言いますが・・。 信子は「まり子さんはあの日、誰かにはげましてもらったのかな。 できるなら、一人残らず幸せになってほしい」 お前は誰よりも寂しいのを知ってるもんな、でのそれは無理だろ、という修二。 そして彰も屋上にやってきて、金色のくす玉をかかげます。 俺たちはもう一度集まるようになった・・・。 勢いよくひっぱられたくす玉は割れずに、ぽーんと飛んで行ってしまいました。 割れずに校庭に落ちてしまったくす玉・・。 ** 修二は商店街で男と女の喧嘩に止めようとしたが巻き込まれてしまい、警官にしょっぴかれてしまいます。 修二は殴っていないことを必死に弁解しますが信じてもらえず。 俺の人生完璧に終わったという修二ですが、町内会の会長といった男が、どん底に落ちても人生は続く、人生はなかなか終わってはくれないと熱弁してきます。 その男は、ゴーヨク堂店主・デルフィーヌが通りかかると、兄貴!と言って頭を下げていました。 「人に信じてもらえないのってすげー恐怖」 生きていれば、最悪の日もある、されど最高の日もある、それが人生!そういって叫ぶデルフィーヌ。 ** 次の日。 信子は生放送の企画を出しており、行内レポートをすることを二人に伝えます。 信子がお昼の顔になる!と盛り上がる二人。 実際のレポートが始まり、ヨネスケのしゃもじを持った信子が先生たちのお弁当をレポートし、昼食の時間に全国放送が流れます。 学校の中は盛り上がり、修二と彰はさらなる案を出します。 締めがちゃんとできないという信子に、彰考案のポーズを練習させる二人。 修二も彰も楽しそうでした。 ** その帰り道。 修二は暴行を働いている男たちを目にして助けに行こうとしますが、昨日の出来事がよぎり、その場を素通りしてしまいます。 しかし、暴行にあっている男の子は、なんとクラスメートのタニだったのです。 修二に気づいたタニは助けを求めるのですが・・。 ** 翌日。 昼食時間、タニがいないことを気にするクラスメートたち。 彰はまり子が一人でお弁当を食べているところにやってきます。 修二がまり子に好きになれないと言われたことを知らない彰は、まり子が修二に作ってきたお弁当を代わりに差し出します。 そこに・・信子の行内レポートが突撃してきて、まり子と修二がお弁当を食べていないことが発覚してしまいます。 さらに・・タニが暴行を受けたこともニュースになり、傷ついたタニがクラスに戻ってきます。 そんなタニの視線の先には・・修二がいました。 大丈夫?と声をかけた修二に、タニは暴行を受けた時に目があったこと、見て見ぬふりをしたこと、友達が暴行されていたこと、口がすごくうまいから丸め込もうとしていること・・。 そしてそれがクラスメートにも聞かれてしまいます。 「信じてくれよ・・」 その言葉は伝わらず・・。 クラスメートから孤立してしまった修二。 信子と彰は心配して修二と一緒に下校しようとしますが、そんな二人を置いて修二は一人でいってしまいます。 修二は夕日の当たる橋を一人自転車を押して帰り・・。 ** 翌日、登校してきた修二に、もう今までとは同じ対応をしてくれないクラスメート。 昼食も一人で非常階段で食べている修二に、まり子がやってきて黙ってお弁当を置いていきます。 そして、修二は、彰と信子に「今後一切話しかけんじゃねーぞ」と言って去ろうとしますが、彰と信子は引き止めます。 「お前ほんとはさ、やられてたのタニってわかんなかったんじゃないの?ちゃんと言った方がいいんじゃないの?」 「今そんなこといったって、言い訳にしかきこえねー。 言葉が通じねえーんだよ。 俺の言葉はもう届かない。 信じてもらえないって、こういうことだったんだな」 信子の言葉も修二には届かず・・。 一人で下校する日々が続く修二は、思い切り石を投げつけ、そしてその背中を撮る一人の女子生徒。 そいつを捕まえたら・・彼女はかすみでした。 なんで撮っているのか問い詰めた修二に、桐谷くんの成長記録、さらに、『野ブタをプロデュース』をしているところもずっと撮っていること・・。 とうとう本性を現したかすみに、修二は今までの信子が受けてきた嫌がらせのことに思い当たります。 さらに、修二が公園で信子に抱きしめられていたシーンまでの写真に収められていたのです。 「なんで、こんな・・」そう問いかける修二に、 たぶん、修二が信子をプロデュースするのと同じだとかすみは言います。 「全然関係ないって顔して、影で人を操って変えていくのって、楽しいよね?」 修二は何も言い返すことができませんでした。 ** 悟と浩二は、帰っていた修二に、母親からのブタのお守りを渡します。 いわく、「友情の証」とのこと。 それを並べてみる修二ですが、信子との写真のことを思い・・・一つのブタを転がして頭をかかえてしまいます。 翌日、登校してきた修二に、かすみが信子を連れて話しかけてきます。 そして、異様にべったりしてみせるかすみ。 そして、とうとう修二はかすみを呼び出し、どうしたらやめてくれるか尋ねます。 信子から何も言わずに離れてほしいという修二に、信子と彰が弱点だよね?と聞いてきます。 「あいつさ、子供のころからすげー傷ついてきたんだよ。 なんでこれ以上傷つかないといけないんだよ?」 そういう修二に、「もっと仲良くなってからいうよ。 小谷さんにはもっと仲良くなって、自殺なりたくなるくらいになってからね」 そういってにやりと笑うかすみ。 彼女に思わずつかみかかってしまった修二ですが、そのシーンを彰と信子、さらにクラスメートたちに目撃されてしまいます。 信子にわざと抱き着いてみせ、そして影でまたにやりと笑うかすみ。 そして教室に戻ったかすみは、修二からお化け屋敷を壊したことの罪をなすりつけられたとして泣いたふりをしてしまいます。 彰は一人フォローしますが、修二は何があっても信じてくれる?かと聞きますが、やっぱり約束はしないでおくわ・・でも万が一、俺のことを信じてくれるなら、話したいことがあるけど、自分の中で整理してから話すわ、という修二。 俺たちずっと親友だという彰に、信子との写真を握りつぶす修二。 ** 下校する修二に、信子がやってきてお化け屋敷の件を問い詰めます。 無理に笑ってみせる修二に、信子は疑惑の目を向けます。 彰の下足箱に一通の手紙・・・そして開けた彰はショックを受けます。 それは修二と信子が公園で抱き合っている姿でした。 ** 信子は準備室に残っていましたが、そこにキャサリンと校長が入ってきて、何やら不思議な恰好をしていることに気づきます。 二人はマジックショーを始めてみせて、チェックしてもらうことに。 信子が聞くと、忘年会の出し物だと答えるキャサリン。 吸血姫がいるかきくキャサリンにいないと思うと答える信子。 そこでキャサリンは「でもさ、地球上に一人でも信じる人がいれば、吸血姫はいるような気がする。 本当だから信じるんじゃなくて、信じるから本当なるのって、わかる?誰も信じなくなったその日、吸血鬼はこの世から消えてしまうんじゃないかしら?本当のことなんて誰にもわかんないの。 だから、信じたい方を選ぶしかないじゃない」 信子は、修二とかすみのことが脳裏に浮かびます。 ** 修二は一人・・・・。 そして彰は見たくないものを見たと一平に言います。 見なかったことにしたいとも。 そんなのむり?と聞く彰に、できるよという一平。 聞けば、ぬかみその中になんでもいれとけば、忘れたことにできる、何十年かあとに開いたら、笑ってみることができるさ、と言って彰に写真を封印させました。 ** どん底に落ちても、人生は終わらない。 人生はなかなか終わりそうにない・・。 それでも俺は、生きていかなきゃいけないんだ・・。 ゴーヨク堂いわく、生きていれば最悪の日もある、最高の日もある。 今の俺に、最高の日なんて、本当にくるんだろうか・・。 一人で帰ろうとした修二を、信子が引き留め、一本のひもを渡します。 彰もそこにやってきます。 「信じれば、どんなことも解決できる。 一緒に信じてください。 野ブタパワー、注入」 そういって3本のひもをむすばせる信子。 微笑んだ信子と、下校を共にする彰。 その様子を遠くから見つめるかすみ。 そして笑いあう3人。 屋上で野ブタパワーを注入する彰と信子。 ・・・誰にも信じてもらえなくていい。 ただ、こいつらにだけは信じてもらいたい。 今もこの先も、ずっと・・・。 野ブタをプロデュース第8話の感想 『野ブタをプロデュース』第8話を見た世間の感想は、 3. 4話がいいから是非放送してほしい 我慢できなくて全話見ちゃったんだけど 修二が可哀想な8話はやっぱりあんまリピしてなかったんだなー こんなシーンあったっけ?て覚えてなかったとこあった どの回も又見ると感動して号泣しながら見たわー やっぱりいいドラマだよ野ブタをプロデュース👍 — 🍓🐢ゆみにん🐢💋 yumiayu87 野ブタをプロデュース、全話再放送してほしい 午前でも夕方でも深夜でもいい 114. をプロデュース」を観返してる。 原作に無いメッセージをたくさん織り込んでて小説より好きだけど、繰り返しの鑑賞のハードルでは小説に軍配が上がる。 ドラマは第1話の野ブタへのいじめとか、第8話の修二の孤立とかが苦しくて、シンプルに楽しもうという気分だけではとても観れない。 「Hulu(フールー)」 で、第1話から最新話までフル動画の視聴が配信予定です! 「Hulu(フールー)」は月額933円(税抜)のVOD配信サービスです。

次の

野ブタをプロデュース第8話ネタバレ・あらすじ・感想!いじめの犯人・黒幕暴露!孤独になった修二の運命は?

野 ブタ を プロデュース あらすじ

再び人気爆発中のドラマ「野ブタ。 をプロデュース」7話のあらすじやネタバレを紹介していきたいと思います。 6話では、何者かによる度重なる誹謗中傷で信子を人気者にする作戦を邪魔されてきた修二と彰は、噂を逆手に取り信子を人気者にする手段を探していた。 そんな折、信子をモチーフにした信子お手製の「ノブタパワー人形」を目にした修二は、人形を流行らせることができれば、信子が人気者になる道も早いと考えた。 そこで、修二と彰は、「ノブタパワー人形」を所持すれば、願い事が叶うという噂を作り上げ、マジナイや占い好きの女子高生の性質を利用すると、人形は一瞬のうちに大流行。 面白いほど売り上げを伸ばした。 浮かれる修二たちだったが、ある落とし穴が待っていた・・・。 もくじ• ドラマ「野ブタ。 をプロデュース」のネタバレ ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました! 気になる箇所へ飛んでみてくださいませ! ドラマ「野ブタ。 をプロデュース」7話のあらすじ・ネタバレ 信子に恋心を抱いた彰は信子を独占したいという想いから人気者にプロデュースする作戦を止めたいと申し出る。 修二は彰の申し出に苛立ちを感じながらも受け入れざるを得ない。 そんな中、信子は唯一、出来た友人の蒼井かすみによる誘いで放送部へ入部。 信子と少しでも一緒にいたい彰も又、放送部へ入部することに。 そして、彰は信子への抑えられぬ思いのために、ある、とんでもない行動を取ってしまう・・・。 修二はというと、クラスメイトと適当に遊びながら適当に距離を置くという元の生活に戻るが、日々の生活にぽっかり穴が空いたような空虚感がぬぐえなかった。 さらに、まり子から、自分との関係をはっきりさせてくれ、本当の気持ちを教えてくれ、と問い詰められる・・・。 そんな折、信子が『私の好きなもの』をテーマに映像作品を募集するコンクール作品を撮影することになり、3人が久しぶりに行動をともにすることになるが、そこにまた陰湿ないたずらが発生し・・・。 ドラマ「野ブタ。 をプロデュース」7話のネタバレ 野ブタは放送部に入ります。 そしてなぜか彰も入部。 さっそく、彰が助監督、野ブタがレポーターとなり、近所のそば屋を取材する。 そして野ブタのレポートが放送に流れる。 たどたどしいレポートが逆に好感を得ます。 プロデュースが終わり、寂しく感じていた修二も、笑顔になる。 修二が放送室をのぞくと、彰と野ブタがいた。 修二は野ブタに放送コンクール出品作をどう撮ったらいいかを相談する。 3人は別々にビデオを撮ることに。 まり子に 「あきらめるときって」と取材する修二。 「あきらめないタイプ。 だって後悔するから」 と応えるとカメラの電源を切るまり子。 そして1年上の先輩から告白されたと言う。 修二と付き合っているかと訊かれて、答えられなかった・・・と言います。 修二は先輩の悪い噂を言い、気をそらそうとすると、 「また、ごまかすの。 付き合っているかどうかを答えられないなんておかしいよ。 」 「私は苦しい。 修二は苦しくないの?」 彰の下宿先で3人が撮ったビデオを見る。 彰は、学校を写したビデオ。 野ブタは、顔が切れた横山の映像。 「もういい」と言う野ブタ。 修二のビデオは、被写体から「写して」と言われて、嫌々撮ったものが続いている。 それを「つまらない」という彰。 しかし、野ブタは「面白い」と反応する。 放送室で、「帰ろう」という彰を横目に、修二のビデオを編集する野ブタ。 「人しか写っていないんだよ。 あんなに冷たそうな人なのに、人が好きなんだね。 だから、嘘ついたりして」 野ブタが放送室を一旦出る。 彰はその隙にビデオを捨てようとする。 しかし、できずにいた。 野ブタが戻ったとたん、ビデオを奪い取り、彰をグーで殴る。 野ブタはあわてて、修二を連れてくる。 薬を買ってくるという野ブタはまた、放送室を出る。 「もう痛くないだろ」という修二。 彰は 「心が痛い。 おれ、野ブタが一生懸命編集したビデオ、捨てようとしたんだぜ、最低だよ。 」 気まずい雰囲気の中、帰る彰と野ブタ。 「殴ってごめんなさい」という。 彰は 「俺のほうが悪いんだし。 俺、人と結婚したら、その人と一生笑って暮らせると思ってた。 」 「でも、今みたいに泣かせることもあるんだろうな」 と言う。 野ブタが編集したビデオを放送部全員で見る。 おおむね、好評だ。 しかし、夜、何者かが、野ブタの編集したビデオだけを探して、壊してしまう。 屋上でショックに打ちひしがれる野ブタ。 修二は「何であんなに感情をむき出しにできるんだ」。 それに対し、彰は「切羽詰ってるから、むき出しにできるんだ」と返す。 階段で彰が修二に。 「野ブタのこと、あきらめる。 好きになる資格がない。 」 「好きになるのに資格なんて必要ないだろ。 」 「あるのよーん。 女の子泣かしたら、資格なんてない。 3人でいるときの野ブタが好き」 すると、修二が「明日、休みだよな」と言う。 休日、修二と彰は学校へ。 彰は、校内放送で彰は「野ブタが好きだあ」と叫ぶ。 それを聞いている修二。 すると、まり子がいた。 バスケ部の朝練があるのだと言う。 修二は、 「本当に付き合っているの?」という質問に答える。 「俺さ、今まで人を好きになったことがなくて。 」 「だから、まり子のことも好きだって思ったことがなくて。 」 「恋愛で自分がコントロールできなくなるのが苦手で、でも、周りには恋人がいたって言いたくて、だから一緒に弁当を食べたりして」 「これから好きになる可能性はあるの?」 「ない。 」 と修二は答え、その場から去る。 泣きながら廊下を歩くまり子。 彰は、壊れたテープを持ち帰り、平山に直して貰う。 それを再生する。 ノイズの多い映像が続く。 野ブタの 「野ブタパワー、注入」のシーンで電源を消す彰。 野ブタは公園で修二を見かける。 「どうかした?」と訊く野ブタ。 「まり子にひどいこと言っちった。 」 「明日から憎まれるんだろうな、俺。 人にさ、嫌われるのって、怖いよな。 」 野ブタは修二を抱きしめる。 「大丈夫。 誰も嫌いになったりしないから」と野ブタ。 ぱっと放し、「ごめんなさい」と言い、走っていってしまう。 「笑って何かを言わなければ、そう思うのに何もできなかった。 」 「野ブタに抱きしめられてわかった。 俺は寂しい人間だ。 」 ドラマ「野ブタ。 をプロデュース」のTwitterの反応 「野ブタ。 をプロデュース」第6話見ていただきありがとうございました。 シナリオ本とDVD見ながら毎回、再編集のプラン練ってますが、本の最後の方にこんなページ付けてたの忘れてました。 野ブタキーホルダーの作り方笑。 本当は誰かに見られるのもイヤなんだよ。 をプロデュース」8話のあらすじ・ネタバレ ある夜、OLが酔っ払いに絡まれている現場に遭遇した修二は、傷害事件の容疑者として、交番で事情聴取を受ける。 疑いははれたものの、「信じてもらえない」という事の恐怖をしる修二。 そんな直後だけに、後日また別のケンカの現場を見てみぬ振りをしてしまう修二。 しかし翌日、そのケンカの被害者がタニだと判明し、修二は友人のタニを見殺しにした冷たい人間として、周囲のクラスメイトから避けられてしまう。 孤独になった修二は、彰や放送部で昼の顔となり人気が出始めた信子を気にして、二人との距離をとろうとする・・・。 ドラマ「野ブタ。 をプロデュース」の動画配信は? ドラマ「野ブタ。 をプロデュース」の動画配信は見逃し配信でTVerで観る事ができます。 また、野ブタは日テレの放送なので、「ぼくらの勇気 未満都市」のスペシャルが放送された時のように、期間限定でHuluで全話配信されるかもしれません。 まだ放送された分しか配信されてないのですが、Huluを定期的にチェックしてみて損はないんじゃないかと思います。 ジャニーズ事務所が絡むと、動画配信はされてもかなり限定的になので、気をつけましょう! それでは「野ブタ。 をプロデュース」の特別編を楽しみにしましょう! 【関連記事】.

次の

野ブタをプロデュースの弟役はHey! Say! JUMPの中島裕翔(なかじまゆうと)!|とまとまり木

野 ブタ を プロデュース あらすじ

野ブタ。 をプロデュースのあらすじ・作品解説 野ブタ。 をプロデュースは、2004年に河出書房新社から発表された白岩玄による日本の小説。 表向きは文武両道のクラスの人気者だが内心では周囲に自分の素顔を曝け出せないことに負い目を感じている高校生 桐谷修二が、冴えない転校生 小谷信太を人気者にプロデュースしていく中で、自分でも気づかなかった本当の自分の姿を見出していく青春小説である。 10代の読者を中心に反響を得て発行部数70万部のベストセラーになった他、第41回文藝賞受賞、芥川賞ノミネートなど文壇でも高く評価された作品。 2005年10月15日から同年12月17日には日本テレビ系列でテレビドラマ化され、最高視聴率18. 又、主人公の桐谷修二とテレビドラマ版のオリジナルキャラクターである草野彰を演じた亀梨和也と山下智久の期間限定ユニット「修二と彰」が担当した主題歌「青春アミーゴ」は発売4週目には累計売上100万枚を突破し、CD年間セールス1位を獲得する大ヒットとなった。 野ブタ。 をプロデュースの評価 総合評価 4. 50 4. 50 3件 いじめられてない子が幸せというわけではない。 この本を読んだとき、自分の学校生活を思い出しました。 いじめる子もいて、いじめられる子もいてそれには、理由があるようなないような、という感じでした。 大人になって、ここに描かれている学校生活を読んでみるとあの時は分からなかったけど、今なら分かる、という事があって改めて学校生活って大変だなと思いました。 主人公の修二は、人間関係でも器用でうまくやって人に好かれていくタイプ。 でも、それは計算ずくのことで、いじめられてないけれど素の自分を隠している子。 そんな彼の前に、転校生、メガネでデブのイケてない小谷信太が現れる。 すぐに「野ブタ」とイジメられる彼を修二がクラスの人気者にしたてあげていく、というお話。 話も面白かったし最後には、修二が素の自分を出せるようになるという読後感のいい、お話でした。

次の