エデン 共鳴 2 層。 【FF14】【攻略記事】希望の園エデン零式 共鳴編2層

FF14 希望の園エデン:共鳴編 2層 ノーマル

エデン 共鳴 2 層

前提:マイスターアキトさん動画ベースのPTが多いです。 ギミックの基本部分は安心と信頼の Amayaさんの日記が詳しいのでまず目を通していただくのがよいと思います。 その上で、 マーカー配置や実際のギミック処理は マイスターアキトさんの動画がベースになっている募集が多い、かつ動画が非常にわかりやすいのでまずご覧になるとよいと思います。 Youtube動画はブログの仕様上、リンクを貼るとぱっと見が記事の一部のごとく見えてしまうので作者様に失礼かと思い、この記事の下部で分けて紹介させていただいています。 本編:ギミックの細かすぎるポイント補足 「フィアスストーム 」 最初の1回目は特に難しくもなんともないギミックですが、その後は非常に意地悪なタイミングで来るのでなかなかの初見殺しです。 「バキュームスラッシュ(分断)」から始まる連続ギミックの最後にも来るので、風玉の爆発を避けてほっとしてるとアッとなりますので気を付けましょう。 「業炎拳」 現状では、2体フェーズでは1回目・2回目とも遠隔・ヒラで処理するPTが多いです。 合体後は2回連続で受けられないため、動画通りに1回目TH、2回目DPSで受けます。 留意点として中央に安置が残せればよいので外周ギリギリまで極端に離す必要はなく、 近接やタンクが殴 りやすい 範囲に落とした方がPTDPSが上がります。 距離感は実際にやって掴みましょう。 「ファイアスパーク」(サッカー) 実装直後に話題になった通称「サッカー」について、 「のような 脳死法はないのか?」と聞かれるのですが、残念ながら回答としては 「ありません!」です。 というか、実は正攻法でもそんなに難しくないですし、無理やり脳死法に仕立ててもかえって処理が難しくなるだけだと思います。 このギミックについては、アキトさんの動画内ではごく初期のため詳細が解明されていなかったので、 下部で紹介している velvetさんの動画でサッカーの原則を理解した上で以下の要領で回避してください。 そのため、中央に向かって シュートを叩きこんでくる分身を含めても最大3体を確認する間に安置が見つかることになります。 2体フェーズの「バキュームスラッシュ(分断)」 現状では7:1ではなくどちらか一方に全員集まるPTも多いです。 また風の玉を避ける方向ですが、バキュームスラッシュの線上にイフリートの分身が1体湧くので、その分身とは反対サイドで避けましょう。 ここも〆のフィアスストームには気を付けて。 「コンフラグレーションストライク」 ここは 細かすぎる補足シリーズの中でもさらに細かすぎる補足をしていきたいと思います。 通称「コンフラ」はエデン共鳴編零式2層最大のギミックであり、同時に細部までメンバーの認識が揃ってないと事故りやすいポイントです。 しかもいろいろなやり方があるので、開始前に積極的にコミュニケーションを取って確認していきましょう。 自分は少数派のやり方の場合、 他のメンバーに気付かせる意味も含めてチャットで確認を取っています。 風玉(の直線攻撃)の処理法 処理法 補足 コメント 広い方への時計or反時計回り(アキト式) ボスの西側からスタートして、安置が広い方に向かって、時計or半時計で回転して回避 もっともメジャーな方式で慣れている人が多い。 DPS間の鎖が切れる事故が起こりにくい。 ただしDPSに移動距離が長い人がいると風玉の攻撃の回転量が増えてしまう。 時計 or 半時計反復方式 スタートはアキト式と同様だが、回転するのではなく2,3段目は線をまたいで反対に戻る 風玉の直線範囲の方向変化が少ないのでTH組に優しい。 が、 採用数は多くない模様。 ターゲットサークル内・外反復方式 ボスのターゲットサークルの内と外を反復する 理解できていれば最も簡単、かつ直線範囲の方向変化も少なくTH組に優しい。 ただし、内・外どちらスタートか、反復する方角はどちらかを明確にしておかないと高確率で事故る。 時計or半時計 回転方向固定方式 風玉の位置(=安置の広さ)に関係なく、 あらかじめ 決められた方向に回転する (これはやってみて唯一「これだけはないな」と思った方式です)回転方向が決め打ちのため、安置が狭い方に回転する場合直線範囲の攻撃が大きく回転することになるので事故率が上がる。 非推奨。 4人重なる事、発生した線のすぐ側ギリギリに次を誘導する事を心がけましょう。 練習段階あるあるとして、1人が長い距離を動いてそこに直線攻撃が飛んできてしまうと、激しく攻撃方向が変化してTH組の鎖を切ってしまう場合があるので気を付けましょう。 なぜかというと、 タンクとヒラをつなぐ鎖は風玉の直線攻撃を受けると切れてしまうため、2,3発目がどちらの方向に回転するのかを頭の隅に入れておく方が安全です。 上にも書いた通りDPSがアホみたいに回転させたせいでブチっと切れてしまうケースもありますが、本人達が気付いてない場合は指摘して直させた方が良いでしょう。 【最重要】( コンフラグレーションストライク中の)エアーバンプの散会 確実に言えることは、 ここがふんわりしているクリ目PTはただのおみくじPTです。 前半のエアーバンプと異なり、 コンフラ中はその前についていた鎖基準でペアが設定されその片方にエアーバンプの円が付きます。 そのため、 前半の散開が使えません。 本当は鎖を確認して分かれればいいのですが、鎖はエアーバンプ時にはもう消えている上、付いている間DPSは4人固まっていますし地面はめっちゃまぶしいしで、鎖を視認するのはなかなか面倒です。 そして、 鎖でペアを判断したとしても、どの散会位置に入るかは決めておく必要があります。 そこで現在は、各散会位置に1人固定した上で残りの人が移動するマクロが増えつつあります。

次の

FF14 エデン零式共鳴編2層をナイトでクリア!

エデン 共鳴 2 層

前提:マイスターアキトさん動画ベースのPTが多いです。 ギミックの基本部分は安心と信頼の Amayaさんの日記が詳しいのでまず目を通していただくのがよいと思います。 その上で、 マーカー配置や実際のギミック処理は マイスターアキトさんの動画がベースになっている募集が多い、かつ動画が非常にわかりやすいのでまずご覧になるとよいと思います。 Youtube動画はブログの仕様上、リンクを貼るとぱっと見が記事の一部のごとく見えてしまうので作者様に失礼かと思い、この記事の下部で分けて紹介させていただいています。 本編:ギミックの細かすぎるポイント補足 「フィアスストーム 」 最初の1回目は特に難しくもなんともないギミックですが、その後は非常に意地悪なタイミングで来るのでなかなかの初見殺しです。 「バキュームスラッシュ(分断)」から始まる連続ギミックの最後にも来るので、風玉の爆発を避けてほっとしてるとアッとなりますので気を付けましょう。 「業炎拳」 現状では、2体フェーズでは1回目・2回目とも遠隔・ヒラで処理するPTが多いです。 合体後は2回連続で受けられないため、動画通りに1回目TH、2回目DPSで受けます。 留意点として中央に安置が残せればよいので外周ギリギリまで極端に離す必要はなく、 近接やタンクが殴 りやすい 範囲に落とした方がPTDPSが上がります。 距離感は実際にやって掴みましょう。 「ファイアスパーク」(サッカー) 実装直後に話題になった通称「サッカー」について、 「のような 脳死法はないのか?」と聞かれるのですが、残念ながら回答としては 「ありません!」です。 というか、実は正攻法でもそんなに難しくないですし、無理やり脳死法に仕立ててもかえって処理が難しくなるだけだと思います。 このギミックについては、アキトさんの動画内ではごく初期のため詳細が解明されていなかったので、 下部で紹介している velvetさんの動画でサッカーの原則を理解した上で以下の要領で回避してください。 そのため、中央に向かって シュートを叩きこんでくる分身を含めても最大3体を確認する間に安置が見つかることになります。 2体フェーズの「バキュームスラッシュ(分断)」 現状では7:1ではなくどちらか一方に全員集まるPTも多いです。 また風の玉を避ける方向ですが、バキュームスラッシュの線上にイフリートの分身が1体湧くので、その分身とは反対サイドで避けましょう。 ここも〆のフィアスストームには気を付けて。 「コンフラグレーションストライク」 ここは 細かすぎる補足シリーズの中でもさらに細かすぎる補足をしていきたいと思います。 通称「コンフラ」はエデン共鳴編零式2層最大のギミックであり、同時に細部までメンバーの認識が揃ってないと事故りやすいポイントです。 しかもいろいろなやり方があるので、開始前に積極的にコミュニケーションを取って確認していきましょう。 自分は少数派のやり方の場合、 他のメンバーに気付かせる意味も含めてチャットで確認を取っています。 風玉(の直線攻撃)の処理法 処理法 補足 コメント 広い方への時計or反時計回り(アキト式) ボスの西側からスタートして、安置が広い方に向かって、時計or半時計で回転して回避 もっともメジャーな方式で慣れている人が多い。 DPS間の鎖が切れる事故が起こりにくい。 ただしDPSに移動距離が長い人がいると風玉の攻撃の回転量が増えてしまう。 時計 or 半時計反復方式 スタートはアキト式と同様だが、回転するのではなく2,3段目は線をまたいで反対に戻る 風玉の直線範囲の方向変化が少ないのでTH組に優しい。 が、 採用数は多くない模様。 ターゲットサークル内・外反復方式 ボスのターゲットサークルの内と外を反復する 理解できていれば最も簡単、かつ直線範囲の方向変化も少なくTH組に優しい。 ただし、内・外どちらスタートか、反復する方角はどちらかを明確にしておかないと高確率で事故る。 時計or半時計 回転方向固定方式 風玉の位置(=安置の広さ)に関係なく、 あらかじめ 決められた方向に回転する (これはやってみて唯一「これだけはないな」と思った方式です)回転方向が決め打ちのため、安置が狭い方に回転する場合直線範囲の攻撃が大きく回転することになるので事故率が上がる。 非推奨。 4人重なる事、発生した線のすぐ側ギリギリに次を誘導する事を心がけましょう。 練習段階あるあるとして、1人が長い距離を動いてそこに直線攻撃が飛んできてしまうと、激しく攻撃方向が変化してTH組の鎖を切ってしまう場合があるので気を付けましょう。 なぜかというと、 タンクとヒラをつなぐ鎖は風玉の直線攻撃を受けると切れてしまうため、2,3発目がどちらの方向に回転するのかを頭の隅に入れておく方が安全です。 上にも書いた通りDPSがアホみたいに回転させたせいでブチっと切れてしまうケースもありますが、本人達が気付いてない場合は指摘して直させた方が良いでしょう。 【最重要】( コンフラグレーションストライク中の)エアーバンプの散会 確実に言えることは、 ここがふんわりしているクリ目PTはただのおみくじPTです。 前半のエアーバンプと異なり、 コンフラ中はその前についていた鎖基準でペアが設定されその片方にエアーバンプの円が付きます。 そのため、 前半の散開が使えません。 本当は鎖を確認して分かれればいいのですが、鎖はエアーバンプ時にはもう消えている上、付いている間DPSは4人固まっていますし地面はめっちゃまぶしいしで、鎖を視認するのはなかなか面倒です。 そして、 鎖でペアを判断したとしても、どの散会位置に入るかは決めておく必要があります。 そこで現在は、各散会位置に1人固定した上で残りの人が移動するマクロが増えつつあります。

次の

【FF14】【攻略記事】希望の園エデン零式 共鳴編2層

エデン 共鳴 2 層

各番号のマーカーはD1,D2,D3,D4に対応していますので、DPSが散開する時はその番号のマーカーに行けば良いです。 一般的な散開図を参考にしたマーカーですが、違う場合はマクロに合わせましょう。 その際DPS同士、ヒラタンで線に繋がれる。 線が切れると即死。 処理後ボスの前面300度に範囲攻撃 マクロの散開図通りに処理、エアーバンプ発生時に鎖は消滅しているので大きく動いてOK。 北へ瞬間移動してから詠唱 ガルーダフェーズで注意すべき攻撃 フューリアスストーム DPS4人がガルーダと緑の線で繋がれ、一定時間経過後に線の対象全員に扇状範囲が発動します。 対象の4人は指定された散開図通りに散開しましょう。 緑の線は「オクルーデッドフロント」で発生した風の玉から出る 直線範囲AoEに当てると切れてしまいます、切れると緑の線への指定対象の扇状範囲がランダムに発生してしまうので、線を切らないように注意しましょう。 エアーバンプ 4人を対象として出る円範囲攻撃、着弾後同じ大きさのAoEが発生します。 着弾ダメージこそ大した事ないものの、円の中に2人以上着弾までに乗っていないと死亡してしまいます。 2人4組で「フューリアスストーム」の散開図通りに分かれましょう。 フィアスストーム ボスのターゲットサークル上に2本の緑色の爪の様な予兆が出現します。 予兆は 対称的な位置に出現し詠唱完了後に予兆から扇状範囲攻撃が出現します。 当たると 即死級のダメージな上にパターンは無いのでしっかり見て避けましょう。 アームズレングスが有効なので使いましょう。 同時にエアーバンプも発生しているので散開図通りに2人4組に分かれましょう。 各々事前に自分の散開位置の近くに寄っておくと無駄がありません。 爆発の直前に外周から内側に向けてノックバックが発生、ノックバックを加味した適切な位置に立ち爆発を避けます。 同時にDPS対象で扇状範囲を発生させる緑の線がDPS4人に付くので散開図通りに北東、北西、南西、南東に散開する事を忘れないようにしましょう。 爆発する緑の玉は4個の場合と3個の場合の2パターンあります。 下記にその避け方を記述しますので参考にして下さい。 デバフを所持したままだと後の爆裂炎が受けれないのでスイッチしましょう。 直後メテオストライクを詠唱し爆裂炎対象者の位置に小範囲攻撃、 避ける事が出来ます、必ず避けましょう。 直後に3体のイフリートの分身体が発生、炎の玉を蹴り安置場所を変化させてきます。 その後全員を対象にした円範囲AoEが発生、この AoEで安置を潰さない様に注意が必要です。 円範囲AoEを確認後に安置場所へ滑り込みます。 この際に一人一人の分身体を、 画面の正面に捉え確認すると横を向いているか判断しやすいです。 移動の多いイフリートは遠隔が、ガルーダは近接が担当するので、殴り始める際は担当ボスに近寄ってデバフを確定させましょう。 イフリートのギミックは北西でこなしていると後の「バキュームスラッシュ」の際に移動しなくていいので便利です。 また、イフリートは無敵化出来る無敵技を持つタンクが持つと、ベネディクションや回復する手間がないのでおすすめです。 爆裂炎は タンク一人で無敵受けをして乗り切りましょう。 集合場所はマクロがあったら従いましょう。 8人全員が集まるやり方の場合、イフを持っているタンクは「メテオストライク」を味方に当てない様に外周付近でギミックをこなしましょう。 オクルーデッドフロント フィアスストーム 「オクルーデッドフロント」のギミックが終わった直後にガルーダが「フィアスストーム」を詠唱します。 一度目の「業炎拳」は タンクとヒーラーの4名で北側で受けます。 その後2回目の「業炎拳」は DPS4人で南側で受けましょう。 どちらもボス直下安置の広範囲が発生するので、「業炎拳」発動時の円形「エラプション」で安置を潰さない様しっかりと離れましょう。 直後扇状範囲の「フィアスストーム」が来ますが、予兆の視認性が悪く事故率が高いです。 この「フィアスストームは予兆の性質上 自分の正面に予兆が出ている時に異常に見えづらくなる性質があるので、どこに予兆が出ているか視認出来ない時はまず自分の正面に予兆が出ている事を疑い左右に動いてみましょう。 羽根のせいで視認性が悪いので、横向きの対象を良く見てから全員対象の「エラプション」を待った後、安置に逃げましょう。 その際ボスの直線上以外はで埋め尽くされます。 MTは「ファイアスパーク」の後 すぐに中央へ走り火炎拳を受けるか、外周はすぐ発動しないので MT以外の人間が外周に膨らむように中央へ戻るとダメージを少なく出来ます。 これはイフリートと同性能です。 西と東に小さい安置がある全体が発生、その後タンクとヒーラー2組、DPSで2組で線に繋がれます。 離れると即死するので DPSは西側の安置、タンクヒーラーは東側の安置で待機しておきましょう。 タンクとヒーラーは1組づつ南北に分かれて炎の渦の対象を取りに行きます( 必ず風玉と逆サイドに行く)。 タンクは北の端と南の端まで行き、渦の扇状範囲を受けましょう。 ヒーラーは扇状範囲に当たらないようにタンクを回復します。 DPS 風の玉からDPS対象の直線範囲が来るので、範囲を避けつつボスのターゲットサークルをなぞる様に時計回りで回ります。 鎖が付いているので離れすぎないように注意しましょう。 鎖に繋がれていたペアの片側にエアーバンプが付き、マクロに記載があればその場所に従い散開し処理します。 タンクとヒーラーは分かりやすいですが、DPSが非常に分かりづらいため3回目の風の玉の直線範囲が終わった時点である程度待機位置を決めておくとスムーズです。 エアーバンプ発動時には 鎖が切れているので大きく動ける所がポイントです。 スプリントを使ってしまうのも良いです。 調整役は最初に誰と繋がったか見ておくのもスムーズな位置取りに欠かせません。 ボスの背面が安置場所で、「エアーバンプ」のギミック処理が終わった油断を刈り取ってきます。 ガルーダフェーズと同様の北東、北西、南東、南西の散開図通りに散開して、その後に「フューリアスストーム」でDPSが緑の線で繋がれるので散開図通りの方向に散開しましょう。 その際 「オクルーデッドフロント」で発生する北側と南側の直線範囲に線を切られないようにします。 ヒーラーはバンプ中にhotやを撒いて、バンプ直後のフューリアスのダメージに耐えられるよう、パーティ全体のHP管理をしておきましょう。

次の