レゾナンス編成 単色。 【デレステ】イベント「LIVE Groove Vocal burst (ほほえみDiary)」攻略

その他編成例

レゾナンス編成 単色

今回のレゾナンスの効果内容を振り返ってみましょう。 喜多日菜子さんのスキルの例ですが、 5種類の特技編成時、ボーカルアピール値のみ適用し、全ての特技効果が重複時に加算 はい、まずこの「 5種類の特技編成時」がなくなります。 素晴らしいですね。 ボーカル特化のシナジーアイドルで編成したら、スコアはすごい事になる訳です。 (シシレシ自) 」 この意味は、 「センターにレゾナンスを設置して、レゾナンス効果に合う特化シナジーを3人、リーダーは自由にどうぞ」 といった意味になります。 デレステ玄人プレイヤーが目指すランクSSS「アイドルマスター」 デレステには、プロデューサーランクというものがあり、 プロデューサーランクとは、「どれだけのファン数を稼いだか」で決定されます。 ランクSSまでの対応表は以下の通り。 ランク 名称 必要ファン数 F 見習いプロデューサー 0 E 駆け出しプロデューサー 1,500 D 新米プロデューサー 30,000 C 普通プロデューサー 150,000 B 中堅プロデューサー 600,000 A 敏腕プロデューサー 1,500,000 S 売れっ子プロデューサー 6,000,000 SS 超売れっ子プロデューサー 15,000,000 このように、ランクが上がるに連れ必要ファン数が指数関数的に増え、 この中のランクSS、「超売れっ子プロデューサー」がプレイヤー達の一つの目標になっています。 ですが、プロデューサーSSの更に上のランクSSSというものがあります。 このランクになる為には一ヵ月の間に全プロデューサーの中で 月間獲得ファン数ランキング1000位以内と、いった条件になっています。 ちなみに、私はまだ達成しておりません! 今回ご紹介した方法は、このランクSSSを目指す上で一番効率のいい方法だと言えます。 通常Liveでも活躍!?レゾナンス編成の可能性を解説! 冒頭では、LivePartyでのファン活を行う方法を解説しましたが、 更に調べてみると 通常の楽曲Liveでもレゾナンス編成でシナジー編成より高スコアが出せる方法が ある事が分かりました。 その方法を解説していきたいと思います。 レゾナンス編成で高スコアを出す方法 新センタースキルの効果を再度おさらいします。 5種類の特技編成時、ボーカルアピール値のみ適用し、全ての特技効果が重複時に加算 この 5種類の特技編成時といった箇所がネックとなり、 あまり使えないセンタースキルになっていましたが、 ここで今までのタブーを逆手に取る方法で高スコアが出せるようになります。 特技の秒数が同じアイドルで編成する いままでは、編成時に特技発動秒数が被る事は避けていました。 ですが、今回の編成はそれを逆手にとって全部の特技の発動時間を同じアイドルで固める、といった編成方法を取ります。 一番スコアが出る編成は以下になります。

次の

【デレステ】イベント「LIVE Groove Dance burst(Unlock Starbeat)」攻略

レゾナンス編成 単色

はじめに こんにちは、高橋です。 今回 2019. 31 のフェスで7秒レゾナンスが出揃いました。 :Vo 喜多日菜子 Co:Da Cu:Vi それぞれ編成によっては環境に入る強スキルとなっています。 そこでどういった編成だと力を発揮できるのか調べました。 某計算機を使用して調べただけの数字遊びです。 私自身以下に出てくるカードをほぼ所持していないためゲーム内での確認は取れていません。 この通りに編成、ポテ振りをしても全く同じスコアがだせる保証はなく、責任も取れませんのでご了承下さい。 画像多めになります。 すべての属性を扱うにはまだ不慣れな点が多いことを痛感しました。 一度掲載していた内容を削除し、まずDaレゾナンスのみを掲載します。 再DL後、できる限り修正したつもりですが誤りがあるかもしれません。 もしお気づきの方がいらっしゃいましたらコメント等でご指摘いただければ幸いです。 サポメン113290• 特技レベル10• 使用楽曲:サマmas+• あくまで ゲスト有りでの理想です。 以下、森久保>特訓前美波となる理由を私の 仮説ではありますが説明します。 特訓前美波よりプリ森久保と考えた理由 【レゾナンス・ステップ】 5種類の特技編成時、ダンスアピール値のみ適用し、全ての特技効果が重複時に加算 この「ダンスアピール値のみ適用」という部分で 森久保よりもDaステの高い特訓前美波と言われていると思います。 しかし、計算すると森久保の方がわずかに高スコアになります。 そのため、楽曲補正 30% 、ルーム効果 10% 、センター効果 各倍率 の部分は残るようです。 楽曲補正 30% 、ルーム効果 10% 、センター効果 50% 各ステータス値が90%アップ、つまり 1. スコア計算時は完全なDaアピール値のみでなく、 ユニット画面の合計アピール値を元に計算されているはずです。 長くなりましたが これらを踏まえて森久保と特訓前美波を比較します。 以上のことから特訓前後を並べるよりも 森久保を入れた方がスコアは高くなると考えます。 間違っていたらすみません。 ユニ茄子でゲストレゾをするなら秒数より特化を合わせる。 まとめ 現状では、センターDaレゾは噛み合っていないので使いづらいです。 それよりも、 ゲストレゾの単色編成の方がDaでは強力です。 ただし今後のユ・レゾナンスの特化ステや秒数次第で 理想はすぐに変わります。 その点はご注意下さい。 レゾナンス編成に入る特技の入手方法 恒常:コンセ、コーデ 限定:アンサンブル、フォーカス、ライスパ フェス:、レゾナンス レゾナンスを使用する場合、上記特技の秒数・特化がレゾナンスと合致すれば理想編成となるわけです。 フェスで取れるスキブもユの代用としては少々劣ります。 スキブで妥協して1度のフェスですべて揃えるほどの財力があればいいですが現実的ではありません。 ユとプリンセスが1枚ずつあれば属性・全タイプ両方に対応できるため、 センゾ・ゲストレゾ両方で使えるユを狙った方が早く戦力強化を見込めます。 ただし始めたばかりの初心者がユだけ獲得してしまうと、 強化先の特技が不足している上、特技レベルも上げられずかなりキツイのでその点は注意して下さい。 サブ垢リセマラでユだけ取ってプレイしてみた実体験からの意見です。 かなり性能寄りの話となりましたがあくまで追求した場合です。 全く同じにする必要もないので自分の手持ちと相談してどんな編成がスコア出せるのか考えてみるのも楽しいと思います。 ここまで読んで頂きありがとうございました。 chris0takahashi.

次の

【デレステ】ユニット編成の目安

レゾナンス編成 単色

全タイプ用編成。 最低限でもトリコロール、レゾナンスのどちらかに加えて、センターと特化一致のシナジー2枚もしくはシナジーとシンフォニーを秒数一致で1セットの計三枚を所持していないとまともに組めない。 ゲストはクール属性(3色を満たすため)で、センター効果「トリコロール・メイク」持ちのアイドルを選択する。 ゲストにトリコロールを使用しているので、特化とを同時に満たせない場合の優先度としては、ビジュアル特化>発動間隔9秒となる。 シナジーの2枚目は前がベストなことが多く、次点はモチーフ側に合わせた秒数で、譜面が9秒と相性が悪い場合、こっちのほうがよいときもある。 モチーフは9秒が無いのでとりあえず11秒を置いておくが、譜面との相性次第では7秒のほうがよいときもある。 他の編成• レゾナンスをゲストに回しても組める。 センター未央以外は妥協編成となるが• 周期の関係上、大抵の曲ではこれが理想編成。 アンサンブルはPaのみ対象だが、シンフォニーには元々効果が無いので十全に効果が発揮されてる。 ブースト対象が減ってるのにより強くなるのは、特大アップの暴力的な上昇率とシナジーとコーディネイトの格差が原因。 未央と心、どちらかが欠けている場合はアンサンブルではなくコーディネイトを使うことを推奨。 以下候補• Vo9秒型 アイドル名 入手方法 Voモチーフ 11高 フェス限 トリコロール・シンフォニー 9高 フェス限 トリコロール・シナジー 9高 フェス限 トリコロール・シナジー 11高 例: フェス限 コーディネイト 9高 恒常 ゲスト Voトリコロール フェス限• アンサンブル式PaVo7秒型 アイドル名 入手方法 Voモチーフ 7高 フェス限 Paアンサンブル 7高 期間限定 トリコロール・シナジー 7高 フェス限 トリコロール・シナジー -- 例: フェス限 コーディネイト 7高 恒常 ゲスト Voトリコロール 例: フェス限 全タイプ曲ならプリンセスがセンターで属性曲ならユニゾンがセンター。 ゲストの使えないGrooveだと特化違いのフォーカスを1枚抜いてレゾナンスをセンターにする。 フォーカスを2枚採用する都合上、片方は特化が違っているが、ルーム、楽曲、センター補正を加味すると前を使用するよりは総アピール値は高くなる。 場合によってはコンセントレーションをコンボナ、オバロ、アンコール あるいはアクト に置き換える。 この編成の場合は、• (と一部曲でのアクト)が候補にあがる。 Pa7秒、Co11秒、CoDa7秒、PaVi9秒はフォーカスの都合上、組みづらい上にアピール値がとても低い。 他の編成 レゾナンスを利用しない編成 レゾナンス編成を十全に活用できるとアピール値を確保できない、もしくはオルタネイトを使用する場合はこちらの編成になる。 オルタネイトを使用する編成は属性曲で理想編成にすらなりうる。 オルタネイトを使用しない場合、ゲストありの通常ライブやLIVE Groove・LIVE Carnivalのようなアピール値にイベント補正のある場合はレゾナンス編成に負けるが、LIVE Paradeのようにゲストも利用できずアピール値にイベント補正のない場合はレゾナンスを利用しないほうがスコアが出る。 属性曲においてはこちらは同じ秒数の同系を入れるのは片方が実質なしになるので避けたほうがよい。 ブースト系のシンフォニーやアンサンブルと強力なスコアアップ系のの秒数を合わせるとより良いが、レゾナンス編成と異なり揃えなくても大差にはならない。 全タイプ用編成。 フェス限の特化ステータスをトリコロールで伸ばしつつ、倍率もある程度稼ぐ。 シナジー3人でアピール値を極大化するよりはこのほうがスコアが出る。 倍率とアピール値のいいとこ取りで、複合系が2枚あるためスコアボ側、コンボナ側ともに3枚あることになり、カバー率は充分高い。 この編成でのモチーフは安定して倍率が高いものの、特定アイコンの多い譜面ではアクトに変えたほうがよい。 秒数を気にする余裕もあるなら譜面の偏りやブーストに合わせてあげるとよい。 妥協する場合もモチーフの枠をシナジーや他のスコアボ系に変えるのが無難で、シナジーを1枚以下にするとアピール値が激減するためかなり落ちる。 他の編成 全タイプ曲で使うならセンター、ゲストをプリンセスと入れ替える。 アンサンブルの効果を最大限に生かすためコンセントレーション、ライフスパークルの発動間隔をアンサンブルに揃えて編成する。 ライフスパークルを使用するのでライフ回復を編成に入れてポテンシャルでライフ値を調整する。 残りの1枠でスコボナ系コンボナ系両方の穴を埋めるためにフォーカスを入れる。 アンサンブルが不在ならプリンセスをセンターにして、スキルブーストを代わりに入れる。 コンセントレーションがうまく扱えない場合はフォーカスをチューニングにするか、コンセントレーションをアクトにする。 コンセントレーションとチューニングの発動間隔は合わせるのが基本で、スパークルとの都合もありアンサンブルの発動間隔に関わらず両方11中が安定となる。 その結果チューニングとスパークルが同じ周期になっても気にしない。 他の編成 センター効果 トリコロール・メイク が有効になるよう、ビジュアル特化のメンバーで編成されている。 特にトリコロール・シナジー持ちは極端な特化型なので、他のアイドルと入れ替えると影響が大きい。 スキルブーストについては、カバー率 発動時間/発動間隔 の高い「8高」が選出される。 ゲストにも「トリコロール・メイク」を指定する。 倍率よりアピール値を取ったような形だが、スコアボーナス系が3人に増えているためカバー率も少しアップ。 キュート楽曲 アイドル名 入手方法 キュートフォーカス 6中 期間限定 スキルブースト 8高 フェス限 ライフスパークル 13高 期間限定 オーバーロード 7中 期間限定 ライフ回復 11高 期間限定• クール楽曲 アイドル名 入手方法 クールフォーカス 11高 期間限定 スキルブースト 8高 フェス限 ライフスパークル 13高 期間限定 オーバーロード 7中 期間限定 ライフ回復 8高 期間限定• パッション楽曲 アイドル名 入手方法 パッションフォーカス 9高 期間限定 スキルブースト 8高 フェス限 ライフスパークル 13高 期間限定 オーバーロード 7中 期間限定 ライフ回復 13高 期間限定 解説 各属性.

次の