ストレートアイロン おすすめ。 【徹底比較】ストレートアイロンのおすすめ人気ランキング43選

使用歴20年のくせ毛最強ママが教えるストレートアイロンおすすめ8選

ストレートアイロン おすすめ

POINT• 小ささ• 温度調節• ヘアケア力 小ささ 今回の最重要ポイントともいえるのが小ささ。 いかにスペックが高くても、デカくて重くては意味がありません。 また、 小ささ=軽さといえるため、基本的にはサイズが小さいものほど軽いと思っていただいて構いません。 温度調節 日によってアイロンの温度を変える方はほとんどいませんよね? しかし 180度でセットしたいのに150度までしか熱くならない!というような落とし穴も実はあります。 ヘアケア力 毎日使うものだからこそ考えたいのがヘアケア力。 同じストレートアイロンでも、メーカーによってダメージ具合が全然違ったりすることもあります。 140度と200度はどんな時に使うんですか? 140度はブリーチなどをしたカラーで色落ちを少しでも防ぎたい場合にオススメです。 200度は高温で手早くササッと済ませたい急ぎのときに最適。 一般的なストレートアイロンに比べると、温度調節が細かくはできないのが唯一惜しいポイントですが、特に問題はないと感じます。 ヘアケア力 のプレート部分 髪とアイロンが接する部分 には グロスシャインコーティングという技術が採用されています。 これにより髪への摩擦が抑えられるため、ダメージレスでありながらツヤのある仕上がりにつながりやすくなります。 巷にあるような安価なストレートアイロンだとこの辺に力を注げていないこともあるため、実は大事なポイントなんです。

次の

ストレートアイロンのおすすめは?美容師一押しの人気アイロンを一挙公開!

ストレートアイロン おすすめ

2019. 23 2019. 08 超人気!美容師おすすめストレートアイロンを発表。 ストレートアイロンを使えば様々なアレンジが可能。 巻き方を変えるだけで、真っ直ぐな前髪、ゆる巻きカールも自由自在。 有名人気メーカーが新機種を続々と発売中。 例えば、クレイツ、サロニア、アドスト 、ホリスティックキュア、ダイソン、パナソニック…。 「値段も安いプチプラのものから、高級で高性能なもの」「すぐ壊れるものから、痛みにくいもの」「ミニ、ワイド、2WAY、遠赤外線、マイナスイオン」までピンキリ。 でも何を購入すべきか迷うところ。 そこで2019年美容師に人気のストレートアイロンを徹底解説。 もちろんストレートアイロンの使い方、温度設定、巻き方のコツもお伝えします。 美容院やSNSの口コミで人気! 男女問わず使えるおすすめストレートアイロン&人気のメーカーを大発表! ストレートアイロンが男女に人気の秘密 男女に人気のストレートアイロン。 サラサラストレートヘア、癖毛・寝癖の矯正、外ハネ、細かなカール、アレンジにも使えるオシャレアイテムとして愛用者が増加中。 ということでストレートアイロンのメリット、デメリットを整理しましょう。 ストレートアイロンのメリット• 自宅で気軽に髪がさらさらストレートに仕上がる• ストパーや縮毛矯正といった、髪に大きな負担がかかる施術をしなくて良い• 壊れるまで何回でも使えてコスパが高い• 寝癖、前髪のうねりが直せる• 外ハネ、カール、巻き髪などのアレンジにも使える ストレートアイロンのデメリット• 高温と摩擦で無理やり癖を伸ばす為、髪の傷み、枝毛、切れ毛の原因となる• 癖の戻りが早い、水で濡らすと取れやすい• 自分で気軽に使える分、火傷や火事の心配が増える• 素人でも扱いやすいが、慣れるまで時間と練習が必要 初心者必読!ストレートアイロンの選び方 現役美容師がストレートアイロンの選び方を伝授。 あなたに最適な機種を選ぶ為に必要なチェックポイントをまとめてみました。 ぜひヘアアイロン初心者は参考にしてみてください。 髪を挟むプレート部分の幅・長さは製品によって違います。 プレート幅・長さが短いほど、より繊細で細かなアレンジが可能な一方で、挟める毛束は少なく時間がかかります。 逆に長いと細かなアレンジは苦手ですが、短時間で仕上がります。 次を目安に理想のストレートアイロンを選びましょう。 つまり髪を矯正するには熱が必要。 しかし髪は高温に弱く傷みの原因に…。 ただし、これは健康毛や太毛の場合。 また、細毛・軟毛などで髪の癖がつきやすい人も、低温に調整可能なタイプがおすすめ。 美容師が教える!ストレートアイロンの使い方・巻き方 1. 毛束の量が多すぎると毛髪のねじれなどがきちんと直せず、不十分な施術になってしまう可能性があります。 施術する毛束は幅はプレート部分からはみ出さない。 この幅は基本とするとプレスした時にも、毛束がはみ出したりしません。 プレート内で収まるようにするのが大切です。 プレスする時は必ずしたプレートから当てて挟む 毛束をプレスする時は必ず下プレートからはさみましょう。 下プレートで少し毛束を持ち上げる感じで当ててから、挟むのがコツです。 このアイロンワークで根元の折れが起こりにくくなり、綺麗なツヤ感が実現します。 プレス開始時は必ずブルー表示になってから 正確な温度でより均一のアイロンワークをするためにもデジタル温度表示があると便利。 温度が安定している状態をプレス時に確認できます。 毛先で温度下降した場合は温度が上昇するまで待機 毛束をすべらせて毛先部分で温度表示が下がった場合は、温度が戻るまで待機。 設定温度が戻って切り替わったらアイロンワークを進めてください。

次の

【2020年版】美容師が選ぶおすすめのストレートアイロンランキング6選を徹底比較!【温度・値段・安全性】

ストレートアイロン おすすめ

私は学生時代から多毛、そして強いクセ毛でずっと悩んできました。 その頃は縮毛矯正などもない時代で、どうすることもなく結んでごまかしたりしてなりたいヘアスタイルなんて憧れで終わっていました。 そんな悩みを抱えたまま、成人をちょうど迎えた頃に美容院で勧められたのがストレートアイロンでした。 当時はまだストレートアイロンが今のようにたくさんの種類もなく出たばかりの頃で、初めて使った時はとても感動して、長年悩んできた髪の悩みが解消されとても嬉しかったのをよく覚えています。 初めての出会いから20年。 私の生活にストレートアイロンは欠かせないアイテムになっています。 そんな思い入れの強いストレートアイロンについて今回は選び方から、おすすめの商品までご紹介していこうと思います! 目次• ストレートアイロンはこんな人におすすめ! ストレートアイロンは私のように髪にコンプレックスがある人や悩んでる人にとっては救世主!特にどんな人におすすめなんでしょうか?もし以下のような悩みを持っている人がいればぜひストレートアイロンを使ってみてくださいね。 髪が多かったり、広がりやすくてまとまらない人 私も髪がかなり多く何もしないと本当に広がって大変なことになります。 そこは一番のコンプレックスかもしれません。 そしてストレートアイロンを使うようになって、一番解消された部分でもあります。 クセなどのうねりがストレートになるだけで、広がりがなくなり量も気にならなくなるのでこの悩みがある人はストレートアイロンを試して欲しいです。 パサつき、ダメージなどが気になる人 ストレートアイロンを使ったあとの方が髪にツヤがでたなぁと感じたことがあるかと思います。 その理由は、キューティクルの向きが綺麗に揃うことによって、光を綺麗に反射しやすくなることがあります。 ドライヤーもそうですが、髪にはある程度の熱を与えることでキューティクルが整うのでツヤを出したいという人にもおすすめ。 ただ、温度や使い方に気をつけないと余計にダメージがひどくなるので注意も必要です。 朝時間がない、ブローが苦手な人 私は髪の量も多く、クセも強いので朝のブローも一苦労。 特にドライヤー1本で仕上げようとすると果てしない時間がかかりますし、苦手なので上手くできないのが実際のところです。 それに比べてストレートアイロンはプレートに挟んで髪を伸ばしていくだけなので、ブローが得意ではない私でも簡単に、しかも早い時間で綺麗に仕上げることができるのでおすすめです。 2wayタイプとの違いは? 出典: ストレートアイロンの中にはストレート専用のものの他に、カールにも対応した2wayタイプのものがあります。 ストレート専用のタイプとはどこが違うのでしょうか。 いくつか違う点をご紹介します。 外側も熱くなる! ストレートアイロンは内側のプレートの部分のみが熱くなるので、髪を挟んでいる時に肌に当たっても火傷などしないようになっています。 一方でカールもできるタイプは外側部分も熱くなる商品が多く、ストレートアイロンとして使っている時に、肌などに触れて火傷してしまうことがよくあります。 私も実際これは経験済みで、前髪や顔のサイドなど細かい部分をストレートにしようと使っている時に肌に当たりひどい火傷になってしまっあので注意が必要です。 重量が重くなる! ストレートアイロンは外側がプラスチックなど軽量で使いやすいように考えられていますが、2wayタイプは外側部分もすべて熱伝導のいい素材になるので重量が重くなる傾向にあります。 毎日手に持って使うのでなるべく軽量なものを選ぶと負担なく使い続けやすいのかなと思います。 このように、2wayタイプは一つでストレートにもカールにもできてとても便利ではありますが、ストレートを主体に使う方にはあまりおすすめできません。 ストレートで使う頻度が高い方はストレート専用のものを買うのをおすすめします。 ストレートアイロンの選び方 出典: 髪型に合わせて選ぶ ショートヘアは細めのヘアアイロンを ショートヘアの方であれば、髪の毛に合わせてヘアアイロンも細いタイプがおすすめです。 ベストは20mm未満ですが、25mm程度でも巻きやすいです。 特にストレートアイロンでアレンジを作りたい方程、細めの商品を優先しましょう。 太い方が楽ちんなセミロング・ロング 一方セミロング・ロングの方は、35~40mmと太めのストレートアイロンがおすすめ。 ショートと違って逆タイプ、ロングの場合は細いアイロンが使えないことはありませんが、細いと必要以上に髪にボリュームが出てしまいます。 髪の毛の広がりで悩んでいる方は特に注意してください。 最高温度や温度調節 ストレートアイロンの最適温度は約170度。 自分の髪質に合った温度で使おう! ストレートアイロンを選ぶ上で私が一番重要視している部分が温度です。 温度が高い方がクセを矯正する力が強く、髪に当てる時間も短くて済むのでとても使いやすいと感じています。 特に私はクセが強いので高温じゃないと綺麗なストレートにならず、なるべく最高温度が高いものを選ぶようにしています。 ただ、髪質によっては高すぎると逆にダメージを受けてしまうので、細かく温度調節できるものを選ぶと自分の髪にあった温度で使えていいと思います。 ストレートアイロンの中には高温をキープできる商品もありますが、適温は170度です。 それでも髪や肌への負担を避けるため、1ヶ所につき3秒ほどで済ませる必要があります。 180度以上の高温は、髪の毛の癖が強い方向け。 天然パーマなどストレートヘアが作りにくい場合にのみ使い、そうでないなら温度は抑えましょう。 200度以上出せるヘアアイロンもありますが、よほど癖が強くない限り、使わずともスタイリングできます。 ちなみにカールタイプのヘアアイロンは、もっと低くて140度前後が適温です。 コードありタイプかコードレスタイプか ストレートアイロンには、コードがある商品とない商品があります。 ここでは、それぞれのメリットとデメリットについてご説明します。 強力パワーで髪全体をスタイリングできるコードあり コードありのストレートアイロンは、パワーが強く髪をしっかりスタイリングできます。 コードレスと異なり、時間を気にすることなく使うことができ、細かいところから面積が大きい箇所まで、思う通りにスタイリングできるという魅力があります。 同じ機能なら、コードレスの商品より比較的安価です。 デメリットは、使用時にコードが邪魔になりスタイリングしにくいことです。 コードレスの商品に比べて重いことも多く、扱いやすさの面ではコードレスにはかないません。 持ち運んで便利に使えるコードレス コードレスのストレートアイロンは、電源供給しがなら使用することがないため、使用時にコードを気にせずに使えることがメリットです。 電源供給も、ACアダプターを使いコンセントから直接だけでなく、最近はUSBでパソコンなどから充電できる商品も多く、外出先で使いやすくなっています。 外出先で使われることが多いため、コンパクトで携帯性に優れていることもコードレスの魅力。 出先での化粧直しにも便利です。 使用時に電源供給がないので、パワーが弱いことがデメリット。 充電が必要で、長時間連続使用できません。 本体も小さいため、髪全体のスタイリングには物足りなさを感じるかもしれません。 プレートのサイズや本体重量 プレートのサイズも様々で、特に私のように髪の量が多い方はプレートがある程度大きいものを選ぶことで一度にたくさんの髪を矯正することができるので、時短にもなっておすすめ。 細かい部分を矯正したい方にはプレートが小さいものを選ぶと使いやすいと思います。 本体重量が重いと手に負担がかかったり、使いづらくて使わなくなってしまうこともあるかもしれません。 毎日使うものなのでなるべく軽量で使いやすいものを選ぶのも重要なポイントです。 髪型に合わせて選ぶ ショートヘア 髪の毛がとても短かい方には、15㎜ほどのとても細いヘアアイロンもおすすめ。 プレート部分が細いと、髪の毛が短くても巻きやすくなりますよ。 ショートヘアの方は、ストレートアイロンのヘッド部分にも注目しましょう。 ヘッド部分に厚みがありすぎると、髪の毛を挟み込みにくくなります。 髪の毛の長さに応じて、ヘッド部分の厚さにも注意して商品を選んでみてくださいね。 セミロング・ロング 髪をしっかりとまとめたいなら、太めのストレートアイロンを選ぶのがポイント。 髪の毛の量が多い方も、35~40㎜のストレートアイロンがおすすめですよ。 商品に太さの記載がない場合は、本体サイズを基準にチェックしてみると良いでしょう。 自分の髪の毛の長さに合ったストレートアイロンを選べると、大満足の買い物ができますよ! ストレートアイロンのプレートの素材はどれがいいの? プレートの素材は、セラミック・チタン・テフロンが主流です。 ここでは、素材ごとの特徴についてご説明します。 高価だけど、丈夫で長持ちするチタン チタンは、摩擦がやや高めの素材です。 しかし、とても丈夫なことが魅力です。 長く使い続けたいと思っているは、チタンが良いでしょう。 チタンプレートの商品を選ぶ際は、表面だけがチタンで加工された商品ではなく、100%チタン製の商品を選ぶことが重要です。 100%チタンのプレートは、髪へのダメージが少ないことが魅力ですが、チタンコーティングの商品はコーティングが剝がれてしまうと、髪にダメージを与えてしまう危険性があります。 ただチタンは高価な素材なので、チタンの使用率が高くなるほど価格が高くなってしまいます。 髪へのダメージが気になる人には、テフロンがおすすめ フライパンの表面加工でおなじみのテフロン。 テフロンの魅力は、摩擦力の少なさです。 プレートで使われている素材によって摩擦力に違いがありますが、摩擦が低い方が当然髪への負担が少なくなります。 髪のダメージが気になる方は、摩擦力が少なく滑りの良いテフロンを選んでおくと間違いありません。 ただ、フライパンのテフロンコーティングのようにストレートアイロンのテフロンコーティングも剥がれやすく、耐久性が低いことが難点です。 もし剥がれたまま使ってしまうと、逆に髪にダメージを与えるので注意しましょう。 素早く温まり、きれいに仕上がるセラミック セラミックは、熱伝導率が良い素材です。 アイロンが温まるまでに時間が早く、素早く均等に熱を髪に加えることができます。 温度調節もスムーズに行うことができ、熱ムラを気にせずに短時間でスムーズにスタイリングできます。 100%セラミックのアイロンは、滑らかで摩擦も少ないことが魅力。 髪へのダメージが気になる方におすすめです。 コーティングではないので劣化も少なく、長持ちします。 しかし100%セラミックのアイロンは少なく、市販されている商品にはセラミックコーティングのものが多いです。 セラミックコーティングはテフロン同様に剥がれやすいため、注意しましょう。 ストレートアイロンの機能性をご紹介 ストレートアイロンには様々な機能がついた商品があります。 髪をストレートにするだけではなくヘアケアに特化したものだったり、安全性を考えられたものだったりと、機能面も充実したものを選ぶことで使用していく上での満足感も得られるはずです。 ここでは、ストレートアイロンの機能性についてご説明していきます。 髪に潤いを与えながらケアできるスチーム機能 髪は水分が失わられるとパサつき、傷んでしまいます。 髪のうるおいを与えるための機能が、スチーム機能です。 加熱された水蒸気が、髪の毛の奥までに水分を届け、髪にうるおいを与えてくれます。 髪のトリートメントをしたい人にも、注目してほしい機能です。 スチームトリートメントいう言葉がありますが、スチームの力でトリートメントの効果がアップします。 うるおいを与えながら、髪をしっかりケアできます。 髪に潤いを与え、静電気も抑えるマイナスイオン機能 なんとなく肌や髪によさそうなイメージなのが、マイナスイオンですよね。 美顔器などにも良く搭載されています。 でも、実際にどのような効果があるのかよく知らない人も多いのではないでしょうか。 イオンとは電荷を帯びた原子のことで、マイナスイオンとはマイナスの電気を帯びたイオンのことです。 空気中で最もイオン化しやすいのは水の分子であるため、マイナスイオンには水の成分が豊富に含まれます。 髪に帯電したプラスイオンが中和され、静電気の発生を抑制することかもあります。 そのため、髪にうるおいを与えまとまる髪にしつつ、切れ毛や広がりの原因となる静電気を抑えてくれます。 マイナスイオンよりさらに細かいナノイオンというものもあります。 ナノイオンを放出する商品はマイナスイオンの商品に比べて、上位の高機能な商品とされています。 火事を未然に防ぐ自動電源OFF機能 電源をOFFにし忘れた時も安心なのが、自動電源OFF機能です。 自動電源OFF機能が搭載された商品は、一定時間操作がおこなわれない状態が続いたとき、電源が自動で切れます。 ストレートアイロンは、高熱を発する電化製品です。 万が一電源をONした状態で放置してしまうと、火災などの危険があります。 ストレートアイロンを使用した後は、必ず電源を消したか、コンセントを抜いたかを確認するクセを身に着けましょう。 そのうえで、事故を未然に防いでくれる自動電源OFF機能などが搭載されている商品を選べば、より安心です。 持ち運びたい方はコレもチェック! ここでは、ストレートアイロンを持ち運んで使いたい方に知っておいてほしい機能をご紹介します。 持ち運びに適した安全性 購入時には使い勝手に目が行きがちなため、安全性は見落としがちです。 特に、持ち運んで使う場合は安全性に注意して商品選びをしておくと、後で後悔することがなくなるでしょう。 コードレスの場合は、持ち運んでいる最中に誤って電源が入ってしまうと危険です。 持ち運ぶ際は電源が落ちていることを必ず確認しましょう。 安全性を高めるために、一定時間が経過すると自動で電源がオフする自動電源OFF機能を搭載した商品を選んでおくとより安心です。 旅行に持っていくなら、海外対応のものを! 海外への旅行や出張などでも使いたい方は、海外対応の商品を選びましょう。 海外では、電圧やプラグの形状が異なる地域があります。 お気に入りのストレートアイロンをもっていっても、電圧やプラグの形状は異なると使うことはできません。 対応する電圧とプラグの形状は、海外に行く前に確認しておくことが重要です。 電圧は日本では100Vですが、ヨーロッパやアジアでは220Vや230Vが多く、アメリカやカナダは115Vや120Vなどが使われています。 フリーボルト(100-240V対応)の商品を買っておくと、どの国でも使えて便利でしょう。 日本でのみ使える機種を買ってしまった場合は、荷物が重くなりますが変圧器を購入することで対応可能です。 プラグの形状も国によってさまざまです。 変換プラグを一つ買っておくと、便利ですよ。 おすすめメーカーもご紹介! コスパがよく使いやすいテスコム 1つ目のテスコムは日本のメーカーです。 「綺麗を作る」がコンセプトのテスコムは、プロが使用するような商品を多く販売しています。 ストレートアイロンはもちろん、ドライヤーやホットカーラーなどのヘア用品だけでなく、キッチン用品やリラクゼーション用品まで、幅広く取り扱っている製品が多いのも特徴的。 そんなテスコムのストレートアイロンは、お手頃価格な商品が盛りだくさん。 その上、耐久性にも優れているので、長くストレートアイロンを愛用したい方におすすめです。 ストレートアイロンは低価格の商品が多く、初めてヘアアイロンを試す方におすすめ。 アイロン本体に液晶画面が備わっており、温度を始めとする各種設定は画面に表示された数字などを調節して行うことが可能。 操作面でも初心者に優しいストレートアイロンメーカーです。 マイナスイオンで潤いケアもできるパナソニック 大手家電メーカー・パナソニックは、誰でも1度は聞いたことがあるであろう有名企業です。 冷蔵庫やエアコンなどの大型家電から、ストレートアイロンなどのヘアケア用品、お肌に嬉しい美容家電など、さまざまな分野で大活躍しています。 自宅の電化製品をパナソニックで統一している人なら信頼度も高いでしょう。 ほかの家電製品でも見られるナノイーをストレートアイロンにも採用しており、ヘアスタイルだけでなく潤いケアにもおすすめ。 髪の毛が乾燥気味、ストレートアイロンで傷みやすい方に向いています。 パナソニックのストレートアイロンの特徴は、ナノイー搭載などの機能性が抜群な点。 髪の毛に優しく労りながらスタイリングができるので、ダメージが気になっている方におすすめしたいメーカーです。 機種の幅が広いヴィダルサスーン ヘアアイロンやドライヤーなど、ヘア用品に特化したメーカーがヴィダルサスーンです。 ヴィダルサスーンの商品は、低価格で高品質にこだわったシリーズと、プロが使うような本格的な商品のシリーズにわかれています。 機能性に優れている商品も多く、クオリティの高いスタイリングをしたい方におすすめのメーカー。 ピンクカラーなどデザイン性にこだわった商品もあり、女性から絶大な支持を得ています。 プレゼントやギフトに最適なメーカーと言えば、ヴィダルサスーンでしょう。 シャンプーなどヘアケア製品でもおなじみのヴィダルサスーンも、ストレートアイロンを販売しています。 ヘアケアが得意なメーカーということもあって、ストレートアイロンも機種が豊富。 初心者向けなど基本的な機能のみを備えた商品から、複雑なヘアアレンジもできる高機能なストレートアイロンなど様々です。 ヘアアイロンを利用する上で具体的な目的がある方なら、ヴィダルサスーンのヘアアイロンから探すと見合った商品に出会いやすいでしょう。 to buy インフルエンサーさんおすすめのストレートアイロンをご紹介 サンリオ リトルツインスターズ コードレスストレートアイロン 本体サイズ 3. これにより、キューティクルへの摩擦低減 今まで使っていたアイロンとの大きな違いは電源をONにしてから温度が上がるまでの立ち上がり時間が30秒と早いこと!! あっという間にプレートが熱くなるので急いでる時でもスピーディーにスタイリングを始められてとっても便利。 サイズ感もよく、使用感も大満足のおすすめのストレートアイロンです。 【他にも気になる】ストレートアイロンおすすめ7選 SALONIA サロニア ストレートアイロン 本体サイズ 28. こちらは高価と言われるチタンをプレートの素材にしようしていながら3千円ほどの驚異の価格でコスパ最強のストレートアイロンです。 マイナスイオンを発生させるプレートと噴射口搭載のマイナスイオンのダブル仕様で、たっぷりのマイナスイオンを放出。 プラスイオンを中和することでキューティクルを保護して熱によるダメージからも守ってくれます。 何を買っていいか迷っている人はまずこちらの商品を試してみるのもいいかもしれません。 ヴィダル サスーン ヘアアイロン ストレート スチーム マジック シャイン 本体サイズ 9. 0cm 本体重量 460g プレート素材 セラミック プレートサイズ 3. さらにマイナスイオン機能や自動電源OFF機能もついています。 スチーム機能がついているものを探している人におすすめです。 リュミエリーナ ヘアビューロン ストレート 本体サイズ 29. 最高温度は180度とそこまで高温ではないものの、その温度でも十分クセを矯正する力を持っているヘアアイロンです。 独自のテクノロジー技術を採用し、高温で当て続けても髪へのダメージが少ないようになっています。 またスイッチオフの状態でもプレートを髪に滑らすだけで、プバイオプログラミングの効果により美しい髪へと導いてくれます。 「毛髪にはり、こしを与える」「毛髪にうるおいを与える」などの効果が期待でき、使えば使うほど綺麗な髪へと近づけますよ。 価格が高いところと、重さがあるところがデメリットですが、とにかく綺麗なまとまりのある仕上がりを求める人にはおすすめの商品です。 Areti マイナスイオン ストレート カール 両用 ヘアアイロン 本体サイズ 2. またプレートの外側も加熱されてカールにも対応している2WAYアイロンになっています。 高密度セラミックコーティングからの大量のイオン放出で、髪の水分蒸発を軽減し、ダメージを最小限に抑えてうるおいとツヤを与えてくれます。 重量も290gと軽量なので使い勝手も抜群。 細かく温度調節したい方や、カールヘアにも使ってみたい方におすすめの商品です。 H-POWER ストレートヘアアイロン コードレスヘアアイロン 本体サイズ 2. 手のひらに乗るくらいのコンパクトサイズで軽量、さらにワンタッチレバーでアイロンを閉じた状態で収納できるのでカバンに入れて持ち運びできて便利。 電池が取り外せて機内への持ち込みも可能なので、外出先や旅行先などで使いたい人におすすめ。 クレイツ ホリスティックキュア ストレートアイロン 本体サイズ 22. 温度上昇の早いヒーターを搭載することで、約60秒で160度に到達、忙しい朝にもすぐ使えるようになっています。 髪を挟んだ時にプレートが沈むことにより適度なテンションがかかるように調整してくれるクッション機能がついているので、スタイリング時の髪へのダメージを軽減してくれます。 アイロンを閉じると円形になるラウンドヘッドのデザインなので、JカールやCカール、Sカールなどストレート以外にもアレンジがいろいろ楽しめそうです。 ストレートヘアでも毛先にはカールで動きをつけたスタイルにしたい人におすすめです。 絹女 ストレート ヘアアイロン 本体サイズ 28. またこの加工により耐久性もよく、1日10回、年200日間使用の計算で、約15年も使える計算なんだとか! さらにプレートに防水加工がほどこされており、他のアイロンでは不可能だったプレート部分の水洗いも可能になっています。 温度上昇も早くたった20秒で180度に達する驚異のスピードを実現、使いたいと思ったときにすぐに使えて便利ですね。 保湿効果が高いので、しっとりツヤツヤの仕上がりを求める方におすすめです。 使い方のコツと注意点 STEP1:髪はしっかり乾かす ストレート・カール問わず、ヘアアイロンを使うときは髪の毛をしっかり乾かしましょう。 濡れた髪に使うと髪への負担になりやすいです。 朝シャンなど直前に髪の毛を濡らしている場合は、ドライヤーなどで確実に乾かしましょう。 STEP2:アイロンは髪の毛を整えてから また起き抜けのボサボサの髪にいきなりストレートアイロンを当てることも、傷む原因。 ある程度ブラッシングして髪の毛を整えてあげましょう。 ちなみにヘアアイロンを使うときは、髪の毛の流れに沿って当てるとキレイに整います。 STEP3:スタイリングの前に洗い流さないトリートメントをつける もし髪が乾ききらず、ダメージが気になるようなら洗い流さないタイプのトリートメントを使うのがおすすめ。 トリートメントには髪の潤いキープやダメージ補修の効果があるので、ストレートアイロンの熱から髪を守ってくれます。 STEP4:スタイリング剤をつける 温度の低さが気になる場合は、スタイリング剤との併用も便利です。 スタイリング剤の中にはヘアアイロンに適したタイプもありますから、これからスタイリング剤も選ぶ場合は優先すると良いでしょう。 サラ まっすぐアイロン用オイル 潤いキープでサラサラヘア サラのまっすぐアイロン用オイルもその1つ。 オイルではありますが使用目安が少ないこともあってベタつきにくくく、潤いを保ちつつも髪の毛の感触はサラサラに。 天然植物をふんだんに使っており、香りも魅力的です。 STEP5:同じところに長時間当てないように! 温度のところでも触れましたが、ストレートアイロンを1ヶ所に当てておく時間は3秒ほどがベスト。 1回でヘアスタイルが固まらない場合は、一旦冷ますか別の場所のスタイリングを行いましょう。 1度にたくさんの量や広範囲の髪をまとめてスタイリングするのではなく、少量に分けてゆっくり行うと、短時間でも髪型がきまりやすいです。 ストレートアイロンの売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、ストレートアイロンの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 まっすぐストレートで、気分まっすぐうれしい 今回は髪に悩む人の救世主ストレートアイロンについてご紹介してきましたが、気になる商品は見つかりましたでしょうか。 私のようにクセがつよく髪にコンプレックスを抱えて生きてきた人にとって本当にありがたい存在であり、欠かせない存在です。 髪が多い、広がる、うねるなど気になる悩みがある方は一度ストレートアイロンを使ってみてください。 高温になるので、使い方を誤ると余計にダメージを与えることにもなりかねないので、商品選びはとても重要です。 元々ダメージがある方などはなるべく摩擦が少ないものなど、髪への負担が少ないものを選ぶように心がけてくださいね。 髪やヘアスタイルは見た目を印象づける重要なポイントになっています。 そのため見た目年齢の7割は髪で決まると言われるほど。 いつまでも若々しく綺麗でいるためにも、ストレートアイロンを上手く利用して美髪を保っていきたいですね。

次の