アメリカ 祝日 イースター。 アメリカの祝日カレンダー|2019年アメリカの祝日一覧と日数

イースター休暇とは?意味は?アメリカや香港、フランスやスペインでは?

アメリカ 祝日 イースター

イースターはいつかと聞かれても、即答できる人は多くないでしょう。 イースターは毎年日付が変わる祭で、「今年のイースターの日付」は調べる必要があります。 過ごし方も日本では定着していないため、キリスト教圏の国々の伝統を参考にしましょう。 イースターの意味や期間 イースターはいつなのか、また過ごし方はどうするのかということ以前に、まず「イースターとは何を祝う祭なのか」をチェックしておきましょう。 イベントを心から楽しむための必須知識として、イースターの意味や期間を解説します。 ゲルマンの春の女神が語源 『イースター( Easter )』とは、イエス・キリストが磔刑(たっけい)で死んでから 3 日後に復活したことを祝い・記憶する、『復活祭』の英語読みです。 ドイツでは『オースタン( Ostern )』といい、これらはゲルマン神話の春の女神『エオストレ( Eostre )』を語源とする説があります。 イースターは、キリスト教の多くの宗派にとって最も重要な日で、キリスト教圏の国では春に行われるビッグイベントです。 イエス・キリストの死と復活を象徴する卵や、卵を運ぶウサギをモチーフとして、宗派や国、あるいは地域によってさまざまなイベントや過ごし方があります。 2020 年はいつからいつまで? イースターは日付が毎年異なる『移動祝日』で、グレゴリオ暦を採用する西方教会とユリウス暦を採用する東方教会では祝う日が異なります。 日本を含む世界のほとんどの国では、グレゴリオ暦を採用しており、イースターを含む『聖週間(受難週)』の期間は、西方教会のローマ・カトリックやプロテスタントと同じです。 イースターの日付の決め方は、「春分の 日以降の満月より後にくる最初の日曜日」となっています。 聖週間は、 2020 年では 4 月 5 日(日)の『枝の主日』に始まり、 4 月 12 日(日)の復活祭(復活大祭)までです。 中でも木曜日から土曜日は、西方教会が『聖なる 3 日間』として重視しています。 キリスト教圏の国では、金曜日から日曜日の 3 日間、あるいは翌月曜日を含めて 4 日間を祝日とするのが一般的です。 イースターの楽しみ方 2020 年のイースターは 4 月 12 日(日)で、その前後はイースターのシーズンとしてショップの品ぞろえが 変わったり、イースターイベントが開催されたりします。 ここでは、誰でも簡単に遊べるイースターの楽しみ方を見ていきましょう。 卵やうさぎの飾り付け イースターの期間には、『イースター・エッグ』や『イースター・バニー』で家の中や庭の飾り付けをします。 教会ではキリストの流した血という意味で、赤く染めるのが伝統的な作法ですが、家庭ではカラフルにデコレーションして楽しむスタイルが一般的です。 市販のプラスチック製の卵やウサギをベースにしたり、卵形やウサギ形のチョコレートを使ったりします。 国によって使う色やモチーフは異なりますが、日本では伝統的な標準規格がないため、自分なりのデザインで構わないでしょう。 子どもも喜ぶ卵を使ったゲーム ウサギは豊穣や多産を司る春の象徴で、子どもの家に鶏の卵を運んできて遊ぶという寓話もあります。 このため、イースターでは卵とウサギに関する遊びが豊富です。 『エッグ・ハント』はウサギが庭に隠した卵を探す遊びで、プラスチック製なら中にお菓子やおもちゃを入れておきます。 『エッグ・ロール』は、アメリカのホワイトハウスで恒例行事にもなっている、卵をスプーンで転がす遊び、あるいはレースです。 これと似た卵をスプーンの上に乗せる『エッグ・レース』や、卵を押し合って先に割れた方が負けという『エッグ・タッピング(卵の戦い)』などもあります。 海外のイースター休暇での過ごし方 イースターはクリスマスと同じくキリスト教の重要な祭であるため、キリスト教がどのようにその国に浸透しているかで過ごし方が異なります。 キリスト教圏であっても、すべての人がキリスト教と関わりのある過ごし方を選択するわけでもありません。 ここでは、イースターを楽しむために、各国の過ごし方の例を見ていきましょう。 アメリカでのイースター休暇 アメリカでは、イースターの時期にはイースター・エッグの遊びはもちろん、クリスマスと同じように家族で装飾やご馳走を楽しんだり、ハロウィンのように仮装を行ったりします。 ヨーロッパの国のイースター休暇 ヨーロッパではアメリカよりもキリスト教やイースターの歴史が長いため、 3~ 4 日間の祝日を設定し、国によって異なる伝統的な料理や過ごし方があるなど文化が多彩です。 ドイツでは『オスターハーゼ』というウサギ形のパン、イタリアでは『コロンバ・パスクワーレ(復活祭のハト』というハト形の菓子パン、フィンランドでは『マンミ』というライ麦粉と廃糖蜜によるプディングといった特別な食べ物があります。 レストランではイースターの特別メニューを用意することもあり、家庭料理の食材も子羊やサケ、ローストハムなどさまざまです。 香港のイースター休暇 香港はかつてイギリスの直轄植民地であったため、イースターの金曜日から月曜日が祝日で、キリスト教徒も多い国です。 イギリスのイースター文化をベースにして独自解釈を加えていることで、装飾や遊びの伝統は共通しますが、過ごし方は異なります。 ヨーロッパでは家族で過ごすことが多いイースターですが、香港ではどちらかといえば個人的な休日として、近隣諸国への旅行を選択する人の多いことが特徴です。 構成/編集部.

次の

アメリカのイースターとは

アメリカ 祝日 イースター

スポンサーリンク アメリカで春を告げる行事、といえば イースター! キリストの復活をお祝いするお祭りです。 ・・・とは言ってみたものの、 何をするの? なぜうさぎ? イースターエッグの意味は? ・・・いろんな疑問がわいてきますよね。 そこで、アメリカ暮らし20年の私やすみんが、アメリカのイースターについてお伝えします。 イベント、イースターバニー、イースターエッグなど、店頭で実際に写真を撮ってきました。 イースターのイベントにはどんなものがある? エッグハント 教会や地域のコミュニティなどが主催となって開かれるイベントです。 あらかじめカラーで色付けされた卵 イースターエッグ やお菓子が公園の草の上に隠されています。 スタートの合図でエッグハントがはじまります。 子供たちはキャーキャーとはしゃいで、卵を拾っては持参したバスケットやバケツに入れていきます。 「黄金の卵を見つけた子」や「一番多く拾った子」には特別な商品がある・・・という場合もあります。 プラスチック製の卵は中が空洞で、まん中で開くようになっています。 中にお菓子、小さなおもちゃ、シール、アクセサリー、コイン・・・などを入れます。 子供が卵を見つけた後、中を開けてサプライズで楽しめるようになっています。 エッグハントの会場には、空気が入った大きなすべり台やバルーン、シャボン玉などの遊び場があります。 ペイント&クラフト タマゴやバスケット、フラワーポット 植木鉢 などに色付けするイベントもあります。 シール、折り紙など、工作で遊べるコーナーもあります。 イースターのゲーム エッグハントのほかに、色々なゲームがあります。 子供が中に入ってバッグのふちを両手でつかみ、ジャンプしながら前に進みます。 プラスチックは真ん中で二つに割れるようになっているので、その半球部分を積み上げる競争。 たおさずに高く積めたら勝ち! イースター・バニーと記念撮影 うさぎのぬいぐるみを着たイースター・バニーとの撮影会です。 3月、4月になると、ショッピングモールで開かれていたりします。 有料・無料あり ここまで、イースターで開かれている子供向けのイベントについてお伝えしました。 次の章では、ファミリーや大人がイースターを楽しむ方法、過ごし方などについてお伝えします。 イースターでは何をするの? イースターを過ごす方法は、次のようなものがあります。 家族や友人・親戚と過ごす• 料理を作り、みんなで食事を楽しむ• 自宅の庭でエッグハントをする• 毎年、家族写真を撮る• 教会のイースター・サービスに出席する• 聖書を読んで意義を考えたり、語り合う イースターの料理にはどんなものがあるの? イースターのメニューや伝統的な食事には、次のようなものがあります。 デビルド・エッグ 半分に切ったゆで卵の真ん中に黄身の詰め物• ハム ハニーディジョンやフルーツソース• ラム ロースト又はグリルなど• ホットクロスバンズ 十字架デザインのパン• ウサギの形のケーキ 時間帯は特別決まっていませんが、ランチ、アフタヌーン・ブランチ、ディナーなど、各自に合った時間帯で楽しまれています。 イースター・デザインの紙皿やナプキンなども売っています。 イースターの服装は?コスチュームってある? イースターのコスチュームで、特に決まったものはありません。 エッグハントに来る子供を見ると、普通の服だったり、ハロウィンで着たお姫様ドレスや、キャラクターのコスチュームを着ている子もいます。 イースターのコスチュームでは、 うさぎの耳カチューシャをつてけいる子もいます。 うさぎの耳は布製、厚紙の手作りでもオーケー!イースターバニーの耳カチューシャはお菓子と一緒にセットで売られています。 こちらはスイスのチョコレートメーカー、リンツのイースター限定のセット。 カチューシャの耳が短めで、色もかわいい! また、エッグハントのイベントでは、 イースターエッグを入れるバケツやバスケットも必須です。 また、イースターで教会を訪れる際には、きちんとした服、露出がすくなく控えめな服装がよいとされています。 女の子はワンピース、男の子は襟付きのシャツなど、親子ともにきちんとした服装が多いです。 2018年 4月1日• 2019年 4月21日• 2020年 4月12日• 2021年 4月4日• 2022年 4月17日• 2023年 4月9日• 2024年 3月31日• 2025年 4月20日• 2026年 4月5日• 2027年 3月28日 イースターの由来 イエス・キリストは弟子ユダの裏切りにあい、十字架にかけられました。 その際、「三日後に復活する」との予言を遺して亡くなります 三日後、キリストは予言通り復活。 たくさんの奇跡を起こしたキリストの、最大の奇跡といわれています。 イースター 復活祭 は、キリストの復活を祝い、記念する日。 キリスト教では、最も重要な日とされています。 イースターという言葉は、春の女神・エオストレ Eostre が由来になったという説があります。 春は寒い冬を越えて、新しい自然の息吹や誕生に満あふれる季節。 そんな春を迎える喜びが、いつしかイエス・キリストの復活の日と重なり、この時期の行事になっていったようです。 また、毎週日曜日には必ず教会へ行くキリスト教信者の多いアメリカ。 この日は聖書を読んで、キリストが払った犠牲の意味や意義について考える日でもあります。 イースターになぜうさぎ?卵の意味は? イースターに欠かせないものといったら、タマゴとウサギ。 「イースター・エッグ」と「イースター・バニー」の由来や意味には、次のようなことがいわれています。 中世ではイースター前の9週間は、鳥のタマゴを食べることが禁じられていました。 それがイースターがあけるとともに解禁され、人々はタマゴを求めて野山を歩いたり、調理して食べました。 そんな風習が、イースター・エッグを生み出したとされています。 そんなイースター・エッグを運んでくるのが「イースター・バニー」。 ウサギがピョンピョンと飛び跳ねるイメージには、春の楽しさや躍動感に通じるものがあります。 ウサギはもともと多産で、豊かな命を生みだします。 また、イタリアやフランスでは、ウサギは教会の鐘が運んでくるもの、とされています。 静のタマゴと、動のウサギ。 キリストの復活や人々の風習、春のイメージが、イースターエッグとイースターバニーを生み出したと考えられています。 ウサギやタマゴの他に、イースターのお菓子や関連商品で使われるモチーフには、次のようなものがあります。 野ウサギ、ニンジン• ひよこ• 巣、バスケット• 花・・・すみれ、ガーベラ、マーガレットなど• 虫・・・チョウ、青虫、ハチ、テントウムシなど• 緑・・・野原、草原、新緑• 十字架 店頭では早くも2月からイースターの関連商品が並びます。 パステルカラーのイースターのモチーフを見ると、「もうすぐイースターだなぁ」とウキウキした気分になります。 イースターではどんな飾りつけをするの? イースターでは、ウサギや卵をはじめ、様々なモチーフのグッズが売られています。 ウサギやたまごのモチーフのランチョンマットやナプキンに変えるだけでも雰囲気が出ます。 色付きの紙をたまご型に切り取り、つないで「Easter」や「ハッピーイースター」と書いて壁に飾ってもかわいい。 子供と共同作業をするとと、ステキなデコレーション飾りができますね。 イースター・バスケットの作り方 イースターバスケットは、お菓子やグッズが入ったバスケットのこと。 イースターまで飾ったり、プレゼントしたりします。 バスケットは色々な大きさや素材があります。 こちらは、ギフト袋とティシューのセット。 中にお菓子を入れて、カンタンに作ることができます。 イースターバスケットやギフトバッグの中に入れるのは、次のようなものがあります。 キャンディ、チョコレートなどのお菓子• 小さいおもちゃ• クレヨン• ステッカー• ビーズやおしゃれグッズ• DVD ここまで、イースターの楽しみ方やイベントについてお伝えしました。 次に、3月、4月のイースターの日にハワイやアメリカに滞在している方が知っておくべきことをまとめました。 旅行者が知っておくべきこと アメリカでは、イースター当日はショッピングセンターやレストラン、商店は休業するところが多いです。 ショッピングを計画されている場合には、事前に営業の有無や時間 短縮して営業の場合あり を確認してお出掛けすることをおすすめします。 場所によって違ってきますので、確実なものではありません。 また、「スペシャル・ラッキーエッグ」キャンペーンでは、4月8日~4月16日までに計150とドル以上お買い上げのレシート持参でギフトカードが当たるチャンス!詳しくは中庭となりのゲストサービスへどうぞ。 まとめ アメリカのイースターのイベント、過ごし方を中心に、服装やイースター・バスケットなどについてお伝えしました。 次のことがポイントになっています。 別名、復活祭。 そのため毎年日にちは一定ではありませんが、何年先のイースターの日にちも知ることができます。 また、家族や友人と家で食事をしたりして過ごすことも多いです。 子供たちもバスケットをもらうのを楽しみにしています。 お出掛けの際には、開店の有無や営業時間を確認して出かけるようにしましょう。 今日も、最後までおつきあいお読みいただき、ありがとうございました。 アメリカ暮らし二十数年のアラフィフ主婦です。 ハワイと西海岸の、田舎と都会が混ざった暮らしが好きです。 ブログでは実際に歩いて体験したリアルなハワイをお届けしています。 カテゴリー• 人気記事ランキング• キーワードで記事検索.

次の

米国(アメリカ)の祝日・休日カレンダー 2020年

アメリカ 祝日 イースター

「Federal Holidays」と「State Holidays」 まず日本と大きく異なるのが、大きく分けて2つの祝日制度がある点です。 1つは連邦政府が法律で定める祝日「Federal Holidays」で、こちらは言わば"国の祝日"。 もう1つは、各州政府が州法などで独自に定める祝日「State Holidays」。 こちらは"州の祝日"で、旅行で訪れる州ごとに祝日が異なることになります。 ロサンゼルスへの旅行の場合は、カリフォルニア州政府が定めるState Holidays(州の祝日)を旅行の予定に合わせてチェックしておく必要があります。 さらに日本とは異なり、アメリカでは祝日であってもすべての企業が休業するとは限らない点に注意が必要。 Federal Holidays(国の祝日)では、政府の機関や銀行などの金融機関は休みとなりますが、一般企業や学校等が休みとなるとは限りません。 その祝日を休みとするかどうかは、個別の判断に委ねられているのです。 つまり祝日によってはアメリカ全体がお休みモードになったり、平日とそれほど変わらなかったりと、祝日によって大きな違いがあるのです。 旅行の日程中に祝日があるかだけでなく、その祝日がどんな行事・性質のものかも知っておくことも重要です。 アメリカ全土で共通の祝日「Federal Holidays」について 2019年にアメリカ合衆国政府が定めている祝日(Federal Holidays)は次の通りです。 ちなみに、アメリカの祝日が土曜日や日曜日になる場合の振り替えは、祝日が土曜日の場合には前日金曜日が、祝日が日曜日の場合には翌日月曜日が休日になるというのが原則です。 1月1日:New Year's Day 日本で言う「元日」はアメリカでも政府の定める祝日になっており、ほとんどの企業がお休みになります。 ただし、日本と違って「年末年始休暇」という慣習がなく、1月2日からは普段と変わらない平日、という会社も多く存在します(12月も31日まで普通に営業している会社が数多くあります)。 このため、店舗やショッピングモール、レストランも1月1日でも通常通り営業していたり、営業時間をやや短縮したりするくらいというところが比較的多いようです。 もちろん、店舗やモール、レストランによって異なるため、事前に確認してみてください。 1月21日:Martin Luther King Day/マーティン・ルーサー・キング・デー アフリカ系アメリカ人に対する人種差別撤廃を求めた、公民権運動の指導者マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の誕生日(1929年1月15日)にちなみ、1月の第3月曜日は祝日とされています。 これは、2月生まれのアメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンと、同じく2月生まれで、奴隷解放宣言で知られる第16代大統領エイブラハム・リンカーンの誕生日を祝う祝日です。 当初は、アメリカ南北戦争で亡くなった兵士を称えるための祝日でしたが、現在はアメリカのために亡くなった全ての戦没者を追悼するための祝日とされています。 7月4日:Independence Day/インディペンデンス・デー アメリカ合衆国の独立記念日で毎年7月4日に定められている祝日です。 1776年7月4日にアメリカ独立宣言が採択されたことに由来します。 ほとんどの企業が休業する祝日で、暗くなり始める夕方ごろからロサンゼルス市内のあちこちで花火が打ち上げられるなど、街中が祝日ムードに包まれます。 9月2日:Labor Day/レイバー・デー 9月第1月曜日は労働者の日として祝日となります。 詳細の営業時間はお出かけ先のウェブサイトなどで確認してみてください。 10月14日:Columbus Day/コロンブス・デー クリストファー・コロンブスが北アメリカ大陸を発見、到着したことを記念する祝日で、毎年10月第2月曜日と定められています。 もとは第一次世界大戦の休戦条約締結日(1918年11月11日)を記念した祝日でしたが、現在は復員軍人を称えるための祝日となっています。 11月28日:Thanksgiving Day/サンクスギビング・デー 毎年11月第4木曜日は感謝祭の祝日と定められています。 この感謝祭は、イギリスからアメリカへメイフラワー号で移住した宣教師たちが最初の収穫の際に、移住の際に助けてくれたネイティブ・アメリカンに感謝の徴として開いた祝宴に由来すると言われる祝日です。 この日はアメリカ人の多くが家族で過ごすため、祝日当日は店舗が早く閉まったり、あるいはレストランもディナーの営業をしていなかったりと注意が必要です。 12月25日:Christmas Day/クリスマス クリスマスはアメリカ中が盛り上がる一大イベントなのですが、にぎやかなのはクリスマスイブにあたる24日の夕方までで、その24日もほとんどの店舗が営業時間を短縮して早めに閉店します。 ) カリフォルニア州政府が独自に定める祝日 上記のFederal Holidays(国の祝日)以外に、カリフォルニア州政府が独自に定める州の祝日があります。 主な祝日は以下の2つです。 3月31日:Cesar Chavez Day/シーザー・チャベス・デー 公民権運動の指導者シーザー・チャベスの誕生日を祝うための祝日で、カリフォルニア州を含むアメリカの9つの州で祝日となっています。 11月29日:Day after Thanksgiving サンクスギビング・デーの翌日は州法により祝日と定められており、カリフォルニアの企業の多くが11月第4木曜日から日曜日かけて4連休としています。 クリスマスにかけてのホリデーシーズンの始まりとして、アメリカの空港などは非常に混雑する場合がありますので注意が必要です。 その他、祝日ではないが注意が必要な日「Easter/イースター」 日本語では"復活祭"とも表記されるキリスト教圏でのお祭り「イースター」。 アメリカの祝日として制定されているものではありませんが、クリスマスなどと並び、キリスト教圏では一大イベントとしてよく知られています。 イースターは「春分の日を過ぎて最初の満月の次の日曜日」と決められており、必ず日曜日に祝われるのですが、毎年日付が変わるために注意が必要です(2019年は4月21日の日曜日がイースターの祝日)。 日曜日のため、ほとんどの企業は休業していますが、アメリカでは店舗、ショッピングモールなども休業するところが多かったり、あるいは時間を短縮して営業したりするところが多いので、事前に営業時間などを調べておく必要があります。 アメリカへの旅行滞在中に、日本には体験できない祝日イベントを体験できるのは良いことですが、ショッピングやレストランに行って「あれ?お店が閉まってる!」なんてことがないように、アメリカの祝日を正しく把握して、上手に旅行のスケジュールを組みたいですね。

次の