お 体 に 気 を 付け て お過ごし ください。 「お体に気をつけて」の使い方・敬語・例文|年賀状/手紙/仕事

ご自愛くださいの意味や使い方は?目上の人に使うのはダメ?|sweedy

お 体 に 気 を 付け て お過ごし ください

基本的に「お体に気をつけて」は手紙やメールで使われることが多いでしょう。 手紙やメールでは、文章の形式というものが重視されます。 最後の文末には締めの挨拶をすることになり、そのときの定番として「お体に気をつけて」が使われるのです。 慣用的な表現となっているため、文末をどうするか迷ったときには「お体に気をつけて」を使っておけば便利でしょう。 「お体に気をつけて」を文末に書くだけで、その手紙やメールがきちんと形式にのっとったものとなるのです。 一般的な手紙だけではなく年賀状に使われることも多いです。 年賀状の最後に相手の体調を気遣う文章を載せると印象が良いです。 年賀状の書き方に悩んでいる人は積極的に「お体に気をつけて」を使いましょう。 「お体に気をつけて」はこれだけで単独で使われることもあるのですが、手紙やメールでは前後にいろいろな言葉を付け加えて使うのが一般的です。 そこで、どういう言葉をつけるのかによって、たくさんのバリエーションがあります。 たとえば、季節によって言葉を変えることができ、「お体に気をつけて」を用いた表現は1年を通してずっと使い続けることができるのです。 年賀状と夏場の手紙では、「お体に気をつけて」の文の書き方は変わってくるでしょう。 前後の文章を工夫すると、毎回違った表現にすることができます。 毎回、同じ表現ばかり使っていると手抜きの印象を与えてしまうかもしれません。 それは失礼になってしまうため注意しましょう。 例文 ・「お体に気をつけて良い年をお過ごしください」 ・「風邪など召されませんよう、お体に気を付けてお過ごしください」 年賀状は新年の挨拶をするものであり、新しい1年ずっと健康で暮らしていけるようにという気持ちを込めた手紙を作成しましょう。 年賀状の文末の締めとして「お体に気をつけて」は定番な表現といえるでしょう。 また、年賀状を出すシーズンというのは冬場で風邪を引きやすい時期のため、このことに言及するのも良いでしょう。 年賀状は決まりきったフレーズばかり使われることが多いため、表現を工夫しましょう。 「お体に気をつけて」の文章にもいろいろなパターンがあるため、年賀状で使うときにはオリジナリティを出すと良いでしょう。 そうすれば印象に残る年賀状を作れます。 心をこめた年賀状にしましょう。

次の

「お体に気をつけて」は目上の人にも使える?正しい敬語と文例は?上司/先生

お 体 に 気 を 付け て お過ごし ください

基本的に「お体に気をつけて」は手紙やメールで使われることが多いでしょう。 手紙やメールでは、文章の形式というものが重視されます。 最後の文末には締めの挨拶をすることになり、そのときの定番として「お体に気をつけて」が使われるのです。 慣用的な表現となっているため、文末をどうするか迷ったときには「お体に気をつけて」を使っておけば便利でしょう。 「お体に気をつけて」を文末に書くだけで、その手紙やメールがきちんと形式にのっとったものとなるのです。 一般的な手紙だけではなく年賀状に使われることも多いです。 年賀状の最後に相手の体調を気遣う文章を載せると印象が良いです。 年賀状の書き方に悩んでいる人は積極的に「お体に気をつけて」を使いましょう。 「お体に気をつけて」はこれだけで単独で使われることもあるのですが、手紙やメールでは前後にいろいろな言葉を付け加えて使うのが一般的です。 そこで、どういう言葉をつけるのかによって、たくさんのバリエーションがあります。 たとえば、季節によって言葉を変えることができ、「お体に気をつけて」を用いた表現は1年を通してずっと使い続けることができるのです。 年賀状と夏場の手紙では、「お体に気をつけて」の文の書き方は変わってくるでしょう。 前後の文章を工夫すると、毎回違った表現にすることができます。 毎回、同じ表現ばかり使っていると手抜きの印象を与えてしまうかもしれません。 それは失礼になってしまうため注意しましょう。 例文 ・「お体に気をつけて良い年をお過ごしください」 ・「風邪など召されませんよう、お体に気を付けてお過ごしください」 年賀状は新年の挨拶をするものであり、新しい1年ずっと健康で暮らしていけるようにという気持ちを込めた手紙を作成しましょう。 年賀状の文末の締めとして「お体に気をつけて」は定番な表現といえるでしょう。 また、年賀状を出すシーズンというのは冬場で風邪を引きやすい時期のため、このことに言及するのも良いでしょう。 年賀状は決まりきったフレーズばかり使われることが多いため、表現を工夫しましょう。 「お体に気をつけて」の文章にもいろいろなパターンがあるため、年賀状で使うときにはオリジナリティを出すと良いでしょう。 そうすれば印象に残る年賀状を作れます。 心をこめた年賀状にしましょう。

次の

間違いも多い「お体に気をつけて」の意味と敬語表現・使い方と例文

お 体 に 気 を 付け て お過ごし ください

Topics• ご自愛くださいは、万人に使える魔法の言葉 手紙の最後の締めくくりや、分かれのあいさつの時などに使う「ご自愛ください」は、相手に「どうぞ お体を大切になさってください」と言う気持ちを伝える言葉です。 「ご自愛ください」は、「お体を大切にしてください」や「お体に気を付けてください」と同じ意味のことばです。 ただ、文章で見たときに「愛」と言う感じが入っていると、人は「愛しさ」「愛情」と言う言葉を連想するため、同じ意味でもより喜びが湧いてくるのです。 実際に、この言葉の中には、「私または、みんなにとって、大切な方なので、病気などにならないでくださいね」という、いつくしむ気持ちが根底に含まれています。 そのため、目上の人へ贈る言葉の締めくくりには、最適な言葉と言えます。 なので、反対に使い方を間違えてしまうと、その思いは半減してしまいますので要注意です。 やってしまいがちなのが、「風邪などひかれませんよう、お体をご自愛ください」と言う使い方です。 気持ちはわかりますが、「ご自愛」の中に含まれる一番の意味は、「体を大切に」なので、「お体」の重複になってしまいます。 せっかく素敵な言葉なので、失敗したくないですね。 贈る相手によって「ご自愛ください」に付け足す言葉をかえてみる 「ご自愛ください」だけでも、十分なのですが、付け足す言葉によって、使い分けることができます。 身近な人への言葉なら「ご自愛くださいね」だと、「十分に体に気を付けてくださいね」と多少親密感を感じるようになります。 「くれぐれもご自愛ください」だと敬語の要素が高まりますね、「どうぞ、お体を大切にしてください」と言うことです。 「ご自愛くださいますようお祈り申し上げます」などは、「お元気で過ごしていただきたいと願っております」と言う、目上の方への言葉になります。 また、「ご自愛くださいませ」というと、丁寧に伝えたい気持ちが強くなります。 ご慈愛だと違う意味の言葉なのです 変換ワードでわからなくなるのが、「ご自愛」「ご慈愛」ですね。 「慈愛」も素敵な日本語ですが、「ご自愛」が相手を大切にする言葉に対して、「ご慈愛」は、自分への深い愛情と言う言葉になり、話が変わってきてしまいます。 「ご慈愛ください」と言うと、「あなたの深い愛情を私にください」と言う意味になってしまうのです。 誤解される心配もありますが、何より、相手へ贈る言葉が無くなってしまっているので、締めくくりの言葉にはならないのです。 実際の社会生活の中では、とりあえず「ご自愛」と入れておけば間違いはない!と言う使われ方かもしれませんが、それでも、きちんとした意味は変わりません。 素敵な日本語は、どんどん使っていくことが、残していく事につながります。 これから寒い時期に向かいます、皆様くれぐれもご自愛くださいますよう、お祈り申し上げます。

次の