アブローラー 毎日。 腹筋ローラーのおすすめ人気ランキング10選【短時間で効果絶大!2020年最新版】

【アブローラ】腹筋だけじゃない上半身はこれ1本でOK【選び方徹底解説】

アブローラー 毎日

腹筋を効率的に鍛えるためには効率の良い栄養補給が必要です。 そんなときに圧倒的オススメなのが です。 普段の生活であれば普段の食事の栄養で補うことができますが、トレーニングをして腹筋を増やしたいときなどの特別な場合に対しては それ相応の栄養を摂取しなければ、筋トレはムダな労力になってしまい、筋肉は思うようには付きません。 HMBは HMBは 筋肉の合成促進や分解抑制に効果がある成分で、必須アミノ酸ロイシンの代謝された後の物質です。 飲んだ時点で筋肉に吸収されやすいように、代謝後の状態で配合されているんですね。 金子賢が全面監修する鍛神には、 1日6粒でプロテイン20杯分のロイシンに相当する量のHMBを摂取することができます。 」 「腹筋にかなりの負荷がかかりそう。 」 「ダイエットには良さそう。 」 というような印象が強いのではないでしょうか? 腹筋ローラーの主な使用用途は、 筋トレやダイエットです。 ダイエットと聞くと女性がやるようなイメージですが、30代前後になると男性でもお腹が出始めたりして、筋トレやダイエットを本格的に始めるという方も意外と多いです。 では、腹筋ローラーを使用した場合、 毎日やるのが正解なのか不正解なのか、どっちなのでしょうか? この疑問に関して、まずは内容をまとめていきたいと思います。 毎日やったら結果はどうなる? 腹筋ローラーを毎日やったらどうなる? 結論から申しますと、 筋肉はつきます。 ただし、筋トレやダイエットは毎日やればOKという事でもありません。 合間合間に休憩を挟んだり、筋トレやダイエットをしない日を作る事も大切です。 無理に筋トレやダイエットをすると体調を崩してしまう事もありますので、適度に体を動かすことが重要。 ただし、 やり方によっては毎日やっても問題ありません! 結局は、筋肉がついたり、ダイエットに成功した方が正解という部分もありますので、 最終的には人それぞれという結論に至ってしまうかもしれませんね。 実は毎日やらない方が良い? という事で、毎日やってもやらなくても、どちらも方法の1つではあります。 「毎日やって筋肉がついた!」という方もいれば、 「二日に一回は休んだほうが良い」という方もいます。 筋肉や体の事を考えると、 適度に休みを与える事が望ましいです。 筋トレをした後には筋肉痛になったりしますが、これは筋肉が疲労を感じて休んでいる時です。 鍛えられた筋肉を修復したり、回復させている状況と言えます。 俗にいう 超回復期の状態です。 練習程度に毎日やるのは有? 毎日、本格的に筋トレをせずに練習程度にやる分にはどうなのか? これは、基本的には問題ないと言えるでしょう。 腹筋ローラーを使い始めた時には、なかなか慣れない部分があったり、人によっては1回も出来ない事もあります。 まずは、 腹筋ローラーを使いこなせるようになる事も大切なので、最初の1週間程度は練習がてら 毎日数回程度やってみるのもオススメです! 毎日やる場合には、程よく適度な回数を無難にこなしていく事で、腹筋ローラーにも慣れてきますし、要領を掴めると思うので、少しずつ回数を増やすようにしていきましょう。 ある程度慣れてきたら、 10回1セットなどと自分で回数を決めて、それを1日に3セット、4セット程度やっていくと良いです。 後は、 自分なりに2日やって1日休むなどルーチン化して、継続的に筋トレをしよう。 超回復が必要なわけ 上でも述べたように筋トレには 【超回復】がとても重要となります。 超回復とは、壊れた筋肉を治そうと身体が回復しようとする現象のことで、 回復した筋肉は今までよりも強く大きくなります。 例えば、ダイエットのリバウンド状態といえばわかりやすいでしょうか。 短期間に食べる量を減らしダイエットをした後に再び食事量を戻すとリバウンドし前より体重が増えてリバウンドしてしまう。 超回復もそれに似たようもので筋トレを終えた後に休息期間を設けることで リバウンドし筋肉が大きくなっていくことです。 身体は筋トレをすることで、筋肉に負荷が掛かり筋線維が傷つきます。 筋繊維が傷つくことで筋肉の総量は一時的に減少しますが、その 傷ついた筋繊維を修復していく時に以前の筋トレ量では破壊されないようにしようと強く筋肉が成長していきます。 しかし、この筋肉を修復させる休息期間を設けずに再び筋トレをしてしまうと、 傷ついた筋肉総量が減少した状態の筋肉がさらに傷ついてしまうことになるため、筋肉がなかなか修復しなくなってしまいます。 修復できないってことは 筋肉が成長しないことですので、なかなか筋肉がつくことはありません。 どのくらい超回復期間が必要なの? 筋肉の超回復の休息期間はおよそ 24時間~72時間ほどだと言われております。 この期間の違いは、筋トレの追い込み量や筋肉の大きさ、回復する栄養の摂取量などで変わってきたりします。 もし、筋肉痛になった場合は体が休息せよと訴えていると思って、治るまでは休息としましょう。 しかし、休息が必要だからといって 全く筋トレをしないわけではありません。 特に腹筋は筋肉が大きな部位ですので、休息期間もそれほど長く設定しなくても問題ありません。 また、腹筋はひとつの筋肉だけで形成されているわけではなく、、腹斜筋や腹直筋など部位によって筋肉が異なるため、 部位ごとに別のメニューで筋トレを行えば毎日継続して筋トレを行うことは可能となります。 もちろん、腹筋ローラーで行う筋トレも同様と言えるのです。 完璧な超回復のお供にはHMBサプリ『鍛神』 HMBは超回復のサポートを的確に行うために必須の栄養素です。 上で述べたように、HMBは筋肉の合成促進や分解抑制に絶大な効果があるため、超回復にはおすすめできることはもちろんですが、何よりも ロイシンの代謝物ということも超回復には向いているのです。 筋トレ後30分以内の栄養補給が超回復へのゴールデンタイムというのはご存知の方も多いはずです。 しかし、体に入った栄養素が即吸収されるわけはなく、栄養素が分解されることで初めて体に吸収されます。 HMBはロイシンの代謝物ですので 既に分解された成分です。 最初から「あとは吸収されるだけ」という状態で配合されているので、たんぱく質やロイシンの状態で摂取するよりも、吸収が早く超回復に抜群だといえるのです。 筋トレを愛する人達から、効き過ぎてヤバいと話題沸騰の は あなたの超回復にも絶大な効果を示してくれること間違いなしです! 気になったら公式サイトを覗いてみて下さいね! 呼吸法をマスターする 腹筋ローラーを使うときは、 腹筋ローラー転がして行くときに息を吸う、腹筋ローラーを戻すときに息を吐くと腹筋を意識して腹筋ローラーを行うことができるのでこの呼吸法をマスターするようにしましょう。 腹筋は収縮するときに鍛えられます。 また、体に力を入れるときには呼吸が止まる若しくは息を吐くときになります。 腹筋が収縮するとき、つまり腹筋ローラーを手前に戻すときに腹筋に力を入れることとなりますので、その時に呼吸が止まっている若しくは息を吐いていることが理想となります。 負荷を掛け連続して腹筋ローラーを行うためには、 息を吐きながら戻す呼吸法で行うようにしましょう。 回数やセット数よりもタイムアタック 先程も、10回1セットなどと回数をベースに筋トレをする事をお話しさせて頂きましたが、他にも 時間を意識したやり方があります。 何分間でどれくらいできるか?何分間でどれくらいを目標にするか?など、回数ではなく時間を意識して筋トレを行う方法です。 これも意外と効果的で、 回数の目標と同様に時間で区切っているので、その間は集中力が高まります。 効果的に筋トレをするのであれば、のんびりやっていても仕方ありませんので、気合を入れて集中して実施しましょう! 慣れてきたら違うパターンも試してみる 腹筋ローラーの使い方として、一番メジャーな方法が、立っている状態から前にローラーを転がしていき、また戻す。 という方法です。 「立ちコロ」とも言いますが、多くの方はこの立ちコロを繰り返して行う事が多いです。 若しくは 「膝コロ」という方法もあり、これは膝をついた状態で前方にローラーを転がしていきます。 「膝コロ」は比較的初心者向けのやり方なので、慣れてきたら「立ちコロ」に変えていき腹筋に掛かる負荷を変えていきましょう。 ただし、腹筋ローラーは正しく行わないと 腰を痛めやすいので、負荷を強くする場合は十分に注意するように。 筋トレやダイエット目的のはずが、腰を痛めてしまっては元も子もないですからね。 腹斜筋や腹直筋など部位をイメージして行う 腹筋ローラーで腹筋を鍛えるってことはダイエットしたいや綺麗なシックスパックに憧れているから行うのでしょう。 どんな筋トレでも 鍛えている部位の筋肉を意識しないと鍛えられませんので、腹筋ローラーを行う場合も正面の腹直筋や両わき腹の腹直筋を意識することが必要です。 膝コロの場合は膝を、立ちコロの場合は足を中点として、腹筋ローラーで腹筋を伸ばすときに少しずつ左右に腹筋ローラーをずらして 斜めに転がしていきます。 転がす角度を斜めにするほど腹直筋に刺激が走ることになります。 どちらかの足を地面から上げて行うことも腹直筋でバランスを取ろうとするので効果があります。 ただし、腕を軸にしてバランスを取ってしまうと腹筋に効果はないので腹直筋を意識して行いましょう。 筋肉痛の時に更に鍛えるのは正解? これは筋トレあるあるですよね? 「筋肉痛の時に筋トレをした方が筋肉がつく」というのは、結論から申しますと不正解です。 筋肉痛が起こっている状態は、筋肉が修復をしている時間帯です。 この時間帯は筋肉が超回復している状態なので、筋トレをしない事が推奨されています。 筋肉をイジめて更に強化するどころか、 逆に筋肉が育たず、尚且つ筋肉が減ってしまう事もあります。 筋肉を正しく理解していないと、間違った方法で筋トレを続けてしまい、非常に勿体ない時間を過ごしてしまいます。 なので、腹筋ローラーを使って1日しっかりと筋トレをしたら、 2~3日程度は休みを与えて、回復したら筋トレを再開するというリズムが最適だと言えます。 それ以降は頻度を落としてやる時にしっかりとやるようにしています。 少し前まではお腹が若干出ていましたが、腹筋ローラーによって締まりましたね。 モチベーションの維持が大変でした・・。 立ちコロ・膝コロ・片手立ちコロなど、一通り毎日やっています。 確かに以前より筋肉はついていますが、疲労感がハンパないですね。 自分は2日に1回のペースで実践しています!半年経ちましたが、以前と比べると全然違いますw.

次の

腹筋ローラーは毎日行うと効果的?適切な頻度を知ってトレーニングしていこう!

アブローラー 毎日

腹筋ローラーの効果 腹筋ローラーは、腹筋を中心に、多くの筋肉を鍛えることが出来る器具です。 ローラー1つあれば、自宅で空き時間にトレーニングが出来ます。 腹筋ローラーは、倒した上体を上げるために、腹筋の力を非常に使います。 腹筋のトレーニングの中でも、最高クラスに負荷が高く、それだけ効果の高いトレーニングが出来ます。 1腹筋ローラーの目的 ところで、腹筋ローラーを使う目的は何でしょうか? 腹筋をつけたい、シックスパックを作りたい、お腹を引き締めたいなど、いろいろな目的があると思います。 目的は人によって様々ですが、「お腹を引き締める」「お腹の体脂肪を落とす」ためであれば、腹筋ローラーは必要ありません。 腹筋ローラーに、お腹の体脂肪を落とす効果はないからです。 2腹筋ローラーのダイエット効果 腹筋ローラーを使っても、お腹の脂肪は減りません。 腹筋を使っても、特にお腹の脂肪を優先して使うわけではないのです。 筋肉が体脂肪を使う時、血液によって運ばれてきた全身の体脂肪を使っています。 体脂肪が付くときは全身まんべんなく付き、減る時はまんべんなく減っていきます。 そのため、腹筋をしたからといって、お腹の脂肪が減るわけではないのです。 そして、 腹筋ローラーは、そもそもダイエット効果が高い運動ではありません。 筋肉への負荷は大きいですが、ランニングなどより運動量が少なく、時間も短いので、消費カロリーが少ないからです。 そのため、全身の体脂肪を落とす効果も低いのです。 参考記事: 1. 3腹筋ローラーのボディメイク効果 腹筋ローラーには、お腹の脂肪を落とす効果はありません。 一方、腹筋を付けるには抜群の効果があります。 腹筋ローラーは、ダイエットではなく、腹筋によるボディメイクのために実践するものです。 腹筋ローラーは、お腹の脂肪を落とすためではなく、筋肉のラインを出したり、シックスパックを作るなど、筋肉をつけるために行います。 体脂肪を減らして筋肉を増やしたい場合は、ダイエットと併せて腹筋ローラーを使いましょう。 普通にダイエットをすると、体脂肪と筋肉は、だいたい3:1の割合で減っていきます。 腹筋ローラーで、腹筋を減らさずにダイエットをすれば、筋肉のラインが浮いてきて、まるで脂肪減+筋肉増になったように体が変わります。 目的ごとに何をすればいいかは、このチャートで簡単に分かります。 参考記事: 2. 背筋にも効果的な腹筋ローラー 腹筋ローラーは、その名の通り、腹筋を鍛えるのに効果的な器具です。 そして、 腹筋だけでなく、背筋や胸・腕・脚の一部も鍛えることが出来ます。 腹筋ローラーをする時にメインで使うのは、上体を丸める力です。 これは、腹筋が発揮する力です。 腹筋ローラーでは、他にも、腕を下げる力(体に寄せる力)を使います。 この力を発揮するのは、広背筋という背筋がメインで、胸筋の一部も使います。 普段筋トレをしない人にとって、広背筋はあまり馴じみがないかもしれません。 広背筋は、腕を引く時や、腕を下に下ろす時に使う筋肉です。 ここの筋肉が大きいと、上半身が逆三角形になります。 男性が筋肉質な体を作れるだけでなく、女性も適度に広背筋をつけることで、くびれを強調させる効果があります。 また、腕が曲がらないようにするために上腕三頭筋を使います。 上腕三頭筋は、二の腕の筋肉です。 ここの筋肉が大きいと、二の腕にハリが出て、たるみにくくなります。 二の腕の脂肪が減るわけではありませんが、筋肉が張り出すことで、脂肪が薄く見えます。 さらに、股関節を曲げるために、脚の筋肉も一部使います。 大腿直筋という太ももの筋肉は、ヒザを伸ばす時にも使いますが、股関節を曲げる働きもあります。 ここの筋肉は、股関節を曲げ上体を上げるために使います。 腹筋ローラーの効果的なやり方・使い方 腹筋ローラーは、かなり負荷が大きいトレーニングです。 初心者や女性にとっては、腹筋ローラーをフルで使うのはなかなか難しいものです。 そこで、レベル別に使い方を変えることで、筋力に合った負荷でトレーニングができます。 ケガや強烈な筋肉痛を避けるためにも、まずは軽めの負荷から始めるのがオススメです。 負荷を調節する方法は3つあります。 足を開く幅によって、負荷を微調整出来ます。 レベル 腕の位置 足 1 顔の下 ヒザ 開く 2 顔の下 ヒザ 閉じる 3 顔の下 つま先 開く 4 顔の下 つま先 閉じる 5 伸ばす ヒザ 開く 6 伸ばす ヒザ 閉じる 7 伸ばす つま先 開く 8 伸ばす つま先 閉じる 筋力に合わせて、負荷を調整したトレーニングを行いましょう。 筋力を上げてトレーニングのレベルが上がっていくことも、モチベーションになります。 トレーニング中は、血圧の上昇を防ぐため、呼吸をしながら行いましょう。 体を落としていく時に息を吸います。 そして、上げる時に息を吐くか、息を止めて上げていき、上げきってから息を吐きます。 こうすることで、力を発揮しやすくなります。 2腹筋ローラーで腰を痛めないポイント 腹筋ローラーは、腰に近い部分の背骨に少し負担がかかります。 ケガを防止するためには、 背骨ではなく、筋肉で体を支えるようにしましょう。 そのために、 腰が反らないフォームで行います。 少し猫背にしたまま、トレーニングを行うイメージです。 骨盤を前傾させて腰を反ると、背骨で体を支えるので負担がかかってしまいます。 少し腰を丸めて行うと、腹筋などの筋肉で体を支えられます。 背中を丸めると、背骨の負担を減らしながら、より筋肉を使うことが出来ます。 どうしても腰が反ってしまう場合は、負荷を減らしたフォームに変えて、背中を丸めるようにしましょう。 腹筋ローラーの効果的な回数・ペース 腹筋ローラーの効果を高めるためには、フォームだけでなく、回数・負荷・トレーニングのペースも大事です。 効果を最大に出来るトレーニング方法を紹介します。 1腹筋ローラーの回数と負荷 筋トレの効果を高めるには、トレーニングで筋肉を使い切ることが大切です。 筋肉を使い切ることで、タンパク質が筋肉に合成される量が高まり、筋肉が成長します。 筋肉を使い切るためには、高めの負荷で腹筋ローラーを行いましょう。 具体的には、 10回ぐらいで限界が来る負荷がオススメです。 軽い負荷で高回数を行っても、しっかり筋肉を使い切れば、筋肉は成長します。 根拠論文: しかし、軽い負荷だと、最後の数回がツラすぎて、なかなか筋肉を使い切れません。 高めの負荷で行う方が、実際はラクに筋肉を使い切れます。 また、高負荷の方が筋力を上げやすくなります。 筋肉量の増加はそれほど変わりませんが、高負荷の方が神経が発達しやすいので、筋力が上がります。 根拠論文: 慣れないうちは、20回ぐらいできる軽めの負荷でやり方をマスターして、徐々に負荷を高めていきましょう。 男女とも、高負荷のトレーニングがオススメです。 女性の場合、筋肉を引き締め、太くならないようにと、低負荷をすすめるトレーナーもいます。 しかし、それだと筋肉を使い切っていない場合が多く、効果が下がってしまいます。 筋トレに筋肉を引き締めるという効果はなく、筋肉を大きく太くする目的で行うものです。 筋肉を太くせず、体脂肪を減らして細くなりたい場合は、ダイエットだけで大丈夫です。 女性はもともと男性よりも筋肉が付きづらいので、わざわざ効果を下げると、ほとんど効果がなくなってしまいます。 トレーニング効果を得るためには、男性女性問わず、しっかり負荷を上げて行いましょう。 2腹筋ローラーのセット数 筋トレの効果を高めるには、 4セット行いましょう。 1セットだと筋肉を使い切れず、セット数が多すぎると、効果が上がらないのに疲労ばかり溜まってしまいます。 その兼ね合いで、4セット行うのがオススメです。 3腹筋ローラーは毎日やらない 筋肉をしっかり使うために、トレーニングを毎日は行わず、休みを挟んで行うことが効果的です。 腹筋ローラーを毎日行うと、疲労回復が間に合わず、筋肉をしっかり使うことが出来ません。 しっかり休息を入れる方が、効果的なトレーニングを行えます。 具体的には、 週に2回のトレーニングが効果的です。 「腹筋は回復が早いので毎日できる!」という情報もありますが、しっかり筋肉を使っていると、毎日では回復が間に合いません。 ペースを落とす方が、逆に、効果の高いトレーニングが出来ます。 参考記事: また、初めからハードにトレーニングをすると、立ち上がるのもイヤなぐらいの筋肉痛になります。 そのため、軽めのトレーニングから始めましょう。 そして、トレーニングを続けていると、だんだん筋肉痛が起きなくなっていきます。 筋肉痛が起きないからといって、効果がなくなったり、疲労しなくなった訳ではありません。 筋肉痛と、筋トレの効果・疲労は別物です。 しっかり筋肉をつかえていればトレーニング効果は得られますし、筋肉は疲労します。 そのため、変にペースを崩さず、一定のペースでトレーニングを行うことがオススメです。 参考記事: 5. 腹筋ローラーの効果を高める食事 腹筋ローラーは、効果の高いトレーニングが出来る器具です。 しかし、食事がおろそかになっていると、トレーニング効果がなくなるどころかマイナスになることもあります。 食事は、トレーニング以上に大事な要素です。 食事のポイントを押さえることで、筋トレの効果を最大にすることが出来ます。 1タンパク質をしっかり摂る 腹筋ローラーは、筋肉を付ける効果があります。 そして、実際に筋肉になる材料が、タンパク質です。 食事で摂るタンパク質が少ないと、筋トレをしても筋肉は付ません。 タンパク質をたくさん摂ると、筋肉が付く量を増やすことが出来ます。 こちらが、体重1kgにつき、1日に摂るタンパク質の目安です。 タンパク質の必要量は脂肪を除いた体重で変わるので、 Plez(プレズ)の食事方法では、体重と脂肪量をもとに目安を決めます。 体脂肪 タンパク質 少ない 2. 0g 普通 1. 75g 多い 1. 特に、筋トレ後の食事でしっかりタンパク質を摂るようにすると、トレーニング効果を高めることが出来ます。 参考記事: 5. 2カロリーをしっかり摂る 筋肉をつけるために、最も大事なのがカロリーです。 摂取カロリー<消費カロリーの状態だと、脂肪と一緒に筋肉も減っていきます。 トレーニングをしてタンパク質を摂ると筋肉をキープできますが、それでもキープ程度です。 一方、摂取カロリー>消費カロリーの状態だと、脂肪と一緒に筋肉も付いていきます。 この状態にすれば、筋トレをしなくても、筋肉は増えていきます。 このように、筋肉を増やすために一番大事な要素が、カロリーなのです。 Plez(プレズ)のダイエット・筋トレ方法では、カロリーコントロールを最も重視しています。 まず体脂肪を減らしたい場合は、筋トレとタンパク質摂取で筋肉をキープしながら、摂取カロリー<消費カロリーの状態を作りましょう。 まず筋肉をつけたい場合は、筋トレとタンパク質摂取をしながら、しっかりカロリーを摂りましょう。 そうすれば、効率的に筋肉が増えていきます。 摂取カロリー>消費カロリーが+200~300kcalになるのが目安です。 増量と減量を組み合わせることで、効率的に肉体改造が出来ます。 参考記事: 6. おすすめの腹筋ローラー 腹筋ローラーはネットで購入できるほか、ジムやスポーツショップ、ドン・キホーテや東急ハンズなどにも売っています。 種類による差も少しはありますが、フォームや回数の方がはるかに大事です。 いろいろな種類があり、どれがいいか迷ってしまわないように、オススメ3選を紹介します。 Plez(プレズ)では、公正な立場から正しい情報を発信し、純粋にオススメのものを紹介できるよう、アフィリエイトを行っておりません。 購入いただいても、 Plez(プレズ)に一切の利益が入らないようにしています。 とりあえずトレーニングが出来ればいいという場合は、こちらがオススメです。 前後だけでなく、腕を横に開く形でのトレーニングもできます。 腕を開くようにすると、胸の筋肉をより使うようになります。 腹筋ローラーまとめ いかがでしたでしょうか? 腹筋ローラーは、腹筋と一緒に背筋なども鍛えられ、効率的なトレーニングができます。 筋力に合わせてトレーニングフォームを変えることで、誰でも効果的に腹筋を鍛えることが出来ます。 さらに、食事でしっかり栄養を摂れば、腹筋ローラーの効果を最大化できます。

次の

腹筋ローラー、毎日やっていい?どのくらいやれば効果が出る?プロが解説

アブローラー 毎日

三角筋(肩部の筋肉)• 腹直筋(腹部の筋肉)• 腹斜筋(腹部の筋肉)• 上腕三頭筋(腕部の筋肉)• 広背筋(背中の筋肉)• ポイントワードは「超回復」だ! ここで注目してほしいポイントが、「 様々な筋肉を刺激すること」と言う点だ。 筋トレを行っている者はもう知っているかもしれんが、実は筋肉ごとに発達する時間や回復する時間は違っている。 より筋肉を発達(筋肥大)させていくためには、筋トレによる筋肉の損傷や疲労を回復させる時間をしっかりとることが最も重要なポイントだ。 これを「 超回復」と言うぞ。 効率よく筋肥大を狙っていきたいのなら毎日行わない方がいい?その答えは・・・ つまり、腹筋ローラーだけではなくすべての筋肉を鍛える上で「 毎日行う」ことは、ボディビルダーのように、筋トレを生業とする者以外は 毎日トレーニングしなくてもいいのだ! 先にも軽く触れたが、超回復を行う時間は筋肉ごとに違っている。 そのため、毎日同じ筋肉を鍛えてしまうと筋肉の回復が追い付かず、筋トレの効果はマイナスに振りきってしまうぞ。 筋肉痛が来たら、筋トレをストップし、筋肉を回復させていくことが筋肥大の近道だ! 腹筋ローラーを使う時にオススメなトレーニングの頻度を考えていこう! 諸君の疑問を解決したところで、諸君の新たな疑問、 「効果的な頻度はどれくらいか」 について考えていこう。 腹筋ローラーだけではなく、すべての筋肉を効率的に鍛えていくためにも、ここは重要なポイントとなるぞ。 しっかり覚えてトレーニングに活かしていってくれ。 筋肉の回復時間を知っておくことが重要だ! 効率よく筋肉を発達させていくためには、やはり「超回復」は見落とすことが出来ないポイントの1つになるぞ。 そこで、主要となる筋肉の回復期間を知るところから始めると、トレーニングメニューを組みやすいぞ。 ちなみに、腹筋ローラーで鍛えることが出来る筋肉は太字で表示していくので、頭の片隅に入れておいてくれ! 回復期間 筋肉の部位 96時間(4日間) ・ 脊柱起立筋(背中) ・大腿(太もも) 72時間(3日間) ・大胸筋(胸) ・ 広背筋(背中) 48時間(2日間) ・ 三角筋(肩) ・僧帽筋(背中・首) ・ 上腕三頭筋(腕) ・上腕二頭筋(腕) 24時間(1日間) ・前腕(腕) ・ 腹筋(腹) ・カーフ(脚) こうしてみると、ばらつきがあることがわかるな。 だからと言って、腹筋ローラーを使ったら、休養期間を4日に設定しても効率が悪いぞ。 あくまでも今紹介した回復期間は目安だ。 己の肉体が筋肉痛と言う悲鳴を上げたタイミングで、休養をとるようにしても大丈夫だぞ。 毎日やるというよりも、しっかりと追い込みをかけていくことが重要だ! 筋トレは、諸君にとって決して楽なものではない。 己の意思を高く持つことも重要だが、いつかは投げ出したくなる時もあるだろう。 そのため、筋トレを継続させることは重要なポイントの1つだ。 しかし、継続させるために負荷を軽くしてしまっては、理想の体型に作り上げていくまでに時間がかかってしまう・・・ つまり、回数や日数にとらわれるのではなく、「質」にもこだわることで筋トレの効果を発揮することが出来るぞ! 基本的には2~3日おきにトレーニングすると効率的だぞ! そこで吾輩がオススメするのは、腹筋ローラーは2~3日おきで行い、空いた日を別な筋肉を鍛えていく方法だ! 腹筋ローラーでなかなか鍛えることが出来ない筋肉を刺激することで、諸君の魅力をさらに引き出すことに繋がっていくぞ。 腹筋ローラーを使って鍛えていく君に必要なのは、効率的なトレーニングメニューだ!• 三角筋(肩部の筋肉)• 腹直筋(腹部の筋肉)• 腹斜筋(腹部の筋肉)• 上腕三頭筋(腕部の筋肉)• 広背筋(背中の筋肉)• 脊柱起立筋(背中の筋肉) この6つだったよな。 つまり、これらの筋肉以外の筋肉を刺激するトレーニングを取り入れることで、全身しっかり鍛えていくことができ、魅力のある肉体に近づくことが出来る。 そこで、よく見てほしい。 6つの筋肉でどこの部位・筋肉が欠けているかね? 超回復の表を見直してみるとすぐにわかるのだが、大胸筋や下半身の筋肉をメインとして鍛える種目を取り入れていくことで、諸君の体全体を鍛えていくことが出来るのだ! 重点的に鍛えていく場所を押さえたら必然とやるべきトレーニングが見つかってくる! つまり、簡単なトレーニングだと「腕立て伏せ」や「スクワット」を取り入れることで、諸君の全身をまんべんなく鍛えていくことが出来るぞ。 腕の筋肉は意外にも使われることが多い場所の為、腕立て伏せで追い込みをかけていくことで、しっかり疲労させていくことが出来るぞ。 また、基本的な腹筋ローラーのやりかたでは、腹斜筋の強度は少なくなってしまう。 そのため、腹斜筋のトレーニングを一緒にやることで、更に魅力的なポイントとなる「くびれ」を作り上げていくことが出来るぞ! 興味が湧いたら、下の記事を参考にしてみてくれ。 まとめ いかがだったろうか。 腹筋ローラーは諸君も気軽に手にすることができ、その上かなりの負荷をかけていくことが出来る、優秀なトレーニング器具となる。 だからこそ、正しい頻度でトレーニングしていくことで、諸君の筋肉に更なる刺激を与えていくことが出来るのだ! 今回紹介したポイントをまとめると、• 腹筋ローラーの頻度は2~3日が望ましい• ただし筋肉痛が来たら、回復に専念すること• 腕立て伏せやスクワットを併せて行い、全身の筋肉に刺激を与えること• 腹斜筋は刺激が少ないので、トレーニングを増やすこと この4つだ。 君たちの肉体がより魅力的となり、周囲を感嘆とさせる体型を作り上げていってくれ!.

次の