シンデレラ7th 幕張 セトリ。 THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!とは (アイドルマスターシンデレラガールズフィフスライブツアーセレンディピティーパレードとは) [単語記事]

【シンデレラ7th】千葉公演1日目感想〜コミカルポップとはいったい〜

シンデレラ7th 幕張 セトリ

会場の中はいつもどおりのフルフラットでしたが、ステージがすごいことになっていました。 座席によっては見えないステージもありましたが、すごいわくわくしました。 天気事情はあまりよくなく、入場時には雨が降っていました。 試されし平日ライブ 今回いちばんの特徴はライブの開催が水曜日と木曜日という ド平日開催ということでした。 ライブ前説のちひろさんも平日開催について触れていた おそらく平日有給を勝ち取った者達だ、面構えが違う — せつぴーひょろろろろ tatitutetotato しかし平日開催にも関わらず会場付近の広場はたくさんのひとがおりました。 みなさん有給取得なり仕事調整なりがんばったんだろうな… もちろん平日開催なのでライブに行けなかったひともたくさんいましたし、有給を取れても1日だけというひとも見かけました。 これからの時代プロデューサー活動をしていくなら土日休みだけでは条件を満たせないという厳しさ。 有給の取りやすさや月初の仕事調整ができるかどうかなど、まさに働き方改革。 週休8日を希望する。 ひたすらに楽しい!と感じるライブでした。 終盤の Orange Sapphireから サマカニ!!をやっちゃうところとか昨今のアイドルマスターライブの特徴が表れていましたね。 今回なんといっても衝撃的だったのは大槻唯、城ヶ崎美嘉、藤本里奈のユニット「セクシーギャルズ」の新曲 Gossip Clubのサプライズ披露でした。 O-Ku-Ri-Mo-No Sunday! あとはライブ初登場の天野聡美 白菊ほたる役 さん、立花日菜 久川凪役 さん、長江里加 久川颯役 さんがとても初々しくてよかったです。 久川姉妹は髪型もそうでしたが、精一杯キャラに歩み寄ろうとしている意識が見え隠れしていてとってもいいなーと思いました。 なーちゃんとはーちゃんを感じました。 わかりみです。 ライブの転換MCとして用いられた リアルシンデレラガールズ劇場はコミカル要素の多いネタが多く、とても和みました。 サイキックドーナッツは約束された勝利。 なつっこ音頭がオアシスに見える。 — せつぴーひょろろろろ tatitutetotato 藍原ことみさんやたら登場回数が多いように感じた — せつぴーひょろろろろ tatitutetotato 城ヶ崎姉妹のカメラマンがステージに登る撮影演出は躍動感があった — せつぴーひょろろろろ tatitutetotato comic cosmicはすっごい765っぽい曲だなって感じた。 全体曲はだいたいまじめな感じだったので。 — せつぴーひょろろろろ tatitutetotato 新規メンにOrange Sapphire歌わせたのあのオレンジの景色を見せたかったからかなー粋なことするねーって思って見てた。 — せつぴーひょろろろろ tatitutetotato TRUE COLORSはやさしい曲だった — せつぴーひょろろろろ tatitutetotato 佐藤亜美菜さんto you for meで途中から息継ぎのたびにしゃくり声が出るようになって真摯に歌と向き合ってるのが伝わってin factの次の曲が来ましたねって顔つきになってた。 — せつぴーひょろろろろ tatitutetotato 佳村はるかさんのストレートいいな…って思ったので城ヶ崎美嘉がストレートのときのファンの反響もこんな感じだろうな — せつぴーひょろろろろ tatitutetotato.

次の

【デレ7th】名古屋公演 セトリ予想

シンデレラ7th 幕張 セトリ

概要 の7度となる。 は「史上初! 別!」。 「」と銘打っており、・・の3か所で計6日間にわたって開催された。 のとしては初めての年またぎのとなった。 開催までの経緯• 配信の「」の中で、開催決定を告知し、日程と開催府県を発表した。 また・の各演開催前にめて特番を行うことも予告された。 同番組の中で(総合P)から「本に関して追加演は行わない」と言う内容の発言があった。 これは前に作・の「」が追加演の開催を発表したことを受けたものである。 (、)• その他詳細は同日ににて発表した。 に関して、にの登壇を発表した。 同年に、同演についてでの開催を発表した。 開催日などの詳細は後日発表予定。 発表時点では別日程での開催を検討中だったが、発売していたチケットは効となり払戻を行った。 (、の[・])• なお演開催予定日に代替を実施予定。 同会場での開催は、「」(・29日)以来およそ3年9ヶぶり。 また、開催日程に土・日・を含まない演は、の「」演([木])以来となる。 ただし、前述の演は同年(土)に開催予定だった演の振替であり、当初予定より全開催となるのは史上初である。 なお、「」演Y1([])も開催だった。 Y1は「」()開始4周年当日である。 同日から・にある解き「」にて第2弾「」が開催された。 また演開催期間中、前の商業施設「プ」2階にィ所が出店した。 演の「」を使用したの内「」は、(火)から、同27日(火)20:まで開催された。 また同26日()に営業「 s」、日()に「 Before ~ s! 編~」、()のY2演終了後に「 ~ s! 編~」が開された。 演の模様は(日):20~:放送の「! 11」の中で、一部放送された。 出演者(キャスト27名・2日間共通) キュート(10名)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役) クール(6名)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役) パッション(11名)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役) 声の出演• ( 役)• ( 役)・( 役)・( 役)の3名が初出演となる。 出身の( 役)にとっては「」演(8・9日、・)以来の地元凱旋となる。 ( 役)は「」から「全の開幕日に出演」という記録を持っているが、今回も開幕日のに出演し、記録をすることになった。 同会場にて開催された「」が(録を除いて)初出演だったのうち、( 役)と( 役)の2名が本演にも出演する。 の「 s! 編~ 、 、 ~ s! 編~ 、 、 [] セットリスト DAY1(2019年9月3日) 告知とまとめ()• 告知 ・1日1回「10チケット」(最大連) 開催期間:(火) ~ ()14: 「」()配信開始 開始日時:(火) 4周年新放送中 の出演: 、 「フォト」開催 開催期間:(火) ~ (・祝): ・最大200連ガシャ 「 s! 「 s! 」発売決定 アソビストアにて近日予約開始 y i! (演)出演発表 (両日出演): 、 チケット情報 アソビストア先行 受付期間:(土)10:00 ~ (日): uP!!! パス・特別ご招待(席) 応募期間:(土)12:00 ~ (日): 商品封入先行 対作品(3作品) 1. 「 29 」(発売) 2. 「 」(発売) 3. にて上映予定だった登壇予定によるを、20・日ににて開する。 同会場での開催は、「」演(1・2日)以来およそ11ヶぶり、2年連続開催となる。 ()開始8周年()に最も近い演である。 演期間を含む()から11日()までの4日間、会場に隣接する商業施設「 前」にてィ所が出店した。 演の「」を使用したの内「 10」は、(木)から、(木)20:まで開催された。 また(火)に「 Before ~y i! 編~」、11日(日)のY2演終了後に「 ~y i! 編~」が開された。 出演者(キャスト35名・2日間共通) キュート(9名)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役) クール(11名)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役) パッション(13名)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役) ゲストアイドル(2名)• ( 役)• ( 役) シークレットゲスト• () 声の出演• ( 役)• として出演した( 役)と( 役)の2名が初出演となる。 の出演発表()時点で は未だったが、同年開催の末で付きSが登場し、担当も開された。 出身の( 役)と( 役)にとっては、2年連続の地元凱旋となる。 としてが両日出演し「」と「」の2曲に参加した。 更にY2は前のも担当した(、の:・・・・)。 の周年におけるサプラの登場は「」以来となる。 また()にで放送された番組「 PRESS GOES ON」に、構成・演出担当のGOが出演した。 の「y i! 編~ 、 、 ~y i! 編~ 、 [デア・アウ] セットリスト DAY1(2019年11月9日) 告知とまとめ()• ( )[:]• ( )[:]• ではを含むが「・ズ」を着用した。 」( ・ ) i! せ」と「 THA RRY!!!!! ~みんなでつくる~」の同時開催記念を開催 期間:() ~ (・祝) 「 s! 担当は(ためがい・はな) チケット情報 アソビストア先行 受付期間:()10:00 ~ (日): uP!!! パス・特別ご招待 応募期間:(土)13:00 ~ (日): 商品封入先行 対商品(2作品) 1. 「 」(発売) 2. 同会場では初の。 また、・においても初のとなった。 が内でを開催するのは、「」演(9・10日、)以来およそ2年8ヶぶりである。 本演は一部の曲を除き全編生形式で実施された。 が生形式で行われたのはの9th「」(~)以来およそ5年半ぶり。 なお、本演では会場内と来場者の安全を確保するため、フラワーの設置を行わない。 楽屋に関しては受付を行う。 (、)• 演期間中の14日()から16日(日)までの3日間、会場に隣接する商業施設「シ店」にィ所が出店した()。 なお内には、にィの常設店が存在する。 ( )• 演の「」を使用したの内「 10」は、()12:00から()20:まで開催された。 また()に「 Before ~i! 編~」、16日(日)のY2演終了後に「 ~i! 編~」が開された。 商品に関して、ンタリーの一部はのにより収録を実施した。 また本演に限りのンタリーも収録する。 出演者(キャスト33名・2日間共通) キュート(12名)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役) クール(14名)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役) パッション(5名)• (役)• (役)• (役)• (役)• (役) ゲストアイドル(2名)• ( 役)• ( 役) バンドメンバー• IMO()• (、)• 小伸五() 声の出演• ( 役)• ( 役)と( 役)、そしてとして出演した( 役)と( 役)の計4名が初出演となる。 出身の( 役)と( 役)、そして育ちの( 役、出生は)にとっては地元凱旋となる。 また、登場()のうち と も出身である。 歴代(の最多得票)8名のうち6名(第2代・ 、第3代・ 、第4代・ 、第5代・ 、第7代・ 、第8代・ )が出演した。 ( 役)は、本の3会場・6演すべてに出演した一のである。 は、の小伸五を除く4名がでの楽曲を手掛けている。 小はのと同じ「」で活動していることからァーがかかったものである。 はが担当した(参照:)。 の「i! 」関ミュ の種類 出演 全7話 、 、 、 、 >7tE連動 Before ~i! 編~ 、 、 ~i! 編~ 、 [] セットリスト DAY1(2020年2月15日) 告知とまとめ()• ではを含むが「・ズ」を着用した。 は追加受注に向けて調整中。 演「 s! 演開催予定日に代替を実施予定。 () チケット情報 アソビストア先行 受付期間:(木)10:00 ~ (・祝): uP!!! パス・特別ご招待 応募期間:(土)12:00 ~ (日): 先行 対商品(3作品) 1. 「 01 」(発売) 2. 「 33 」(発売) 3. 」(発売) 受付期間:()10:00 ~ (日): 先行 受付期間:(木)12:00 ~ (日): 一般販売 発売日時:(土)10:00 先行受付期間:(土)12:00 ~ (日): 一般発売日時:(土)10:00 詳細は後日発表 関連生放送 開催記念特番なに関連配信番組の 配信 出演者 、、 、、智浩、GO 「」 全4演の 、、 GO、智浩、、中潤一 、、、 y i! 用 、、 、、 、、 、、 関連商品 Comical Pops! Funky Dancing! Glowing Rock! 関連リンク• 紹介()• (全3回)• (アソビストア)• 出演:・・・・・・・・・• (・)• y i! (・)• (・・)• レポート• (・・)• Y1(、)• Y2()• y i! (・・)• Y1()• Y2()• Y1()• Y2()• 特集連載「 8年の歩み、それぞれの想い」• 「シブヤノ」(日)放送回()• 出演:(・・・・)• 「ス ギフト・・ーver. 」発売記念記事• (・)• 」発売記念記事• (・)• ・ 発売記念• :[・・]()• y i! :[・]() 関連項目•

次の

デレ7th@千葉、ナゴヤ、大阪の暫定セトリ予想!!!

シンデレラ7th 幕張 セトリ

シンデレラ7thライブ大阪、現地およびLVに行かれた皆様、まずはお疲れ様でした。 そしてライブへの準備として書いた記事を読んで下さった方々、お読み頂きありがとうございました。 予想を大きく超えて多くの方に読んで頂き、参考になったというお言葉も沢山頂きました。 一連の記事が何らかの手助けになっていたのでしたら、これほど嬉しいことはありません。 もしまたいつか関西の方でイベントがある時には、更に充実した内容を書けるよう頑張ります。 さて7thの感想を書くにはデレ5th公演のことから書かねばなりません。 アイマス自体は2007年からハマっているのですが、実は765のライブには全く行ったことがなく、LVも含めてデレ5thが初めてでした。 地元大阪の大阪城ホールはハズレて血涙を流したものの、福岡2日目とSSA2日目は運良く当選したので、コールなども完璧ではありませんでしたが行ってみたらまーー楽しい。 とにかく福岡公演はトークが楽しかったので今でも非常にいい思い出なのですが、千秋楽であったSSA2日目。 もちろん内容は素晴らしく、オリメンが揃った最後の方の怒涛のセトリには興奮しきりではあったものの、ライブが終わってホテルに戻り、一息ついた時に気が付きました。 どうも物足りない。 何か釈然としない。 当時なぜこう思うのか気づかなかったのですが、6thライブ後にようやく判明しました。 それは、6thではコンセプトがハッキリ決まっていたからです。 舞台が遊園地という設定に加え、季節・時間という要素がありました。 曲目・メンバー構成にも説得力が大幅に増すので、まとまりが出ますしセトリに物語性を出すことも可能になります。 前半~中盤があまり思い出せないんですよね。 料理で言うとステーキあり大トロの寿司ありフォアグラありフカヒレありという豪勢な食事会であったものの、「今回は和食のコースで」という様な 枠組みが欲しかったんだな、と。 ですが、特に6thの場合は時間という概念が上手く作用しており、どの時間帯の曲も心に残っています。 特にメラド2日目の『わたぐも』。 この曲は 設定上の 夕方の時間帯に歌われていました。 特に子供の頃に遊園地に行かれたことがある方にはもしかしたら伝わるかもしれないのですが、夕方の、まだ明るいんだけど空の色が変わってきた頃、ふと静かになる瞬間があるんですよね。 色々なアトラクションの大きな音は鳴り響いている。 子供の嬌声も聞こえて来る。 だけどそれが心に届かない。 もうそろそろ帰らなくちゃ、という寂寥感が襲ってくるあの瞬間を思い起こさせる曲が『わたぐも』だったのです。 もちろんこれは私の経験からくるものであり、他の方はまた違った受け取り方をしたとは思いますが、他の公演の同時間帯のセトリを見るに、「しんみりゾーン」には多少そういった思いが込められていたのではないかな、と思います。 そして夜のアダルティーゾーンへと突入し、クライマックへと向かっていく。 再度になりますが、6thは本当にどの公演もどの時間帯も心に残るものでした。 そして今回の7thライブ。 今回は季節も時間もありませんが、曲のジャンルということで組んだ結果、あまりいい表現ではありませんが、忘れられるところのないライブだったなと、セトリを見て改めて感じました。 例えば、幕張公演で言うと、5th準拠のセトリの組み方であった場合、『O-Ku-Ri-Mo-No Sunday! 』やシクレ曲の『Gossip Club』ももうちょっと後半に置かれていたのでは?と考えてしまうんですよ。 コンセプトがしっかり決まっていたおかげで、どの曲もポジショニングが上手くハマっていたな、と。 結果、どの曲も心に残りやすいセトリだったなぁと。 久川姉妹曲に関しては、初舞台でしたのでどのみちそこまで大役ポジションにはしなかったと思いますが 名古屋公演で言うと、過去のライブではほぼトリを努めていた『Tulip』が2曲目にあり、大阪公演ではガルフロが衝撃のOP曲でした。 Twitterで多くの方が予想セトリを書かれていましたが、ほとんどの方がガルフロはトリの方に置かれてましたからね。 曲のジャンル公演というコンセプトが与えられたことにより、今までよりも大幅にセトリの自由度が上がり、過去のライブとは全く違う盛り上げ方が可能になりました。 しかし同時に、これは5thや6thで組まれてきたセトリがあって初めて出来ることであり、その実績があるからこそ、ようやく辿り着けた境地であるな、と思うのです。 で、6thや7thの様なコンセプトをしっかり持った場合、さっつんも挨拶で言っておられました「尖ったアイドル」でも違和感なく輝かせることが出来るんですよね。 さて肝心の大阪の感想ですが、多くの方が既に書かれている感想とだいたい同じなので1つだけ。 ゲスト無いのは大英断だったなと。 名古屋公演やリーゼントぴにゃのせいでゲスト談義に花が咲いていましたが、もし来ていたらせっかくの『紅』が霞むところでした。 サンキューロック。 サンキューさっつん。 個人的に最高だったポイントは、OPテーマが終わり『ガルフロ』の曲になる前に各楽器担当がギュイーンと鳴らすところ。 初日あれを聴いた瞬間に勝利を確信しました。 生演奏があまりに最高すぎたせいで次からのライブはどうなるか分かりませんが、さすがに生演奏2連続は無いと思うので、もしかしたら次回はガラッとコンセプトを変えて、異色のライブになるのでは?と妄想しています。 今回の心残りとして『One Life』や『炎の華』が無かったことにかなりガッカリされた方もおられると思います。 自分も炎の華は聴きたかった。 ですが、全てやり切って燃え尽きるより、次回への課題を残すことがコンテンツを長く続かせる原動力ではないかと思います。 皆さんがアンケに書くであろう「また生演奏をやって欲しい」というのは、間違いなくスタッフ側もそう思っていることでしょう。 もうちょい先にはなると思いますが、必ずやってくれると信じているので、7th大阪を超えるはらぼうを目撃する覚悟をしておこうぜ!!!! ということで感想は以上となります。 お読み頂き、ありがとうございました。

次の