桔梗 信玄 餅 食べ 方。 『桔梗信玄餅「吟造り」…期待ほどではありませんでした』by 佐々木三冬 : 桔梗屋東治郎 都留店

信玄餅の驚くべき作り方と食べ方!桔梗信玄餅工場テーマパークで信玄餅の包装体験をしてきました。

桔梗 信玄 餅 食べ 方

桔梗信玄餅は、山梨県笛吹市の製菓メーカー・桔梗屋(ききょうや)が製造・販売する土産菓子である。 1968年(昭和43年)に発売され、きな粉のかかった柔らかいお餅に黒蜜をかけて食べるという少し変わったお菓子である。 そして、風呂敷状になった包装は、いかにも日本のお菓子を思わせ、食べる時にこぼれてしまうきな粉を受けとめてくれる敷物としても便利である。 その風呂敷状の包装を採用した理由は、商品をパックする機械を購入するお金がなかったためである。 桔梗信玄餅を開発していた当時、苦労の末に商品を完成させたが、それをパックする機械に投資する予算がなかった。 そこで仕方なく、手作業で風呂敷のように商品を包んで発売したところ、その包装も話題となり大ヒットした。 機械化の進んだ現在でも手作業にこだわっており、1個ずつスタッフが手作業で包んでいる。 1個を包むのにかかる時間はわずか6秒の職人技である。 現在では1日12万個もの桔梗信玄餅を手作業で包んでいる。 ちなみに、桔梗信玄餅は名前に「信玄」と銘打っているが、このお菓子自体は戦国武将の武田信玄とは特に関係がない。 武田信玄がお餅を好んで食べたなどの歴史的な事実もなく、山梨県を代表するお土産になって欲しいという願いを込めて、山梨を代表する武将・武田信玄の名前を借りて、その名前が付けられた。

次の

信玄餅の食べ方で正しいのは?開け方のコツとうまい変わった食べ方は?

桔梗 信玄 餅 食べ 方

少し前、インターネット上で「信玄餅」の正しい食べ方が意外すぎると話題になりました。 気になったので試してみました。 「信玄餅」というのは山梨県を代表するおみやげもので、山梨県内の各地で売られています。 購入したのは、山梨県北杜市白洲町にある金精軒の「信玄餅」です。 実は、金精軒の「信玄餅」のほかに、同じく山梨県の和菓子店・桔梗屋の「桔梗信玄餅」というのもあるみたい。 「信玄餅」というのは金精軒の登録商標らしく、桔梗屋の方は信玄餅ながら「桔梗信玄餅」という商品名なんだそう。 どちらも、 風呂敷に包まれた小さなカップに、きな粉にくるまれたお餅と黒蜜が入っているんだけれど、まったく違う商品というワケね。 インターネット上で話題になっていたのは、桔梗屋の公式ホームページに掲載されている「桔梗信玄餅のお召し上がり方 番外編」。 なので、「桔梗信玄餅」の食べ方を参考にしつつ、金精軒の「信玄餅」で試してみました……ややこしいですね、ハイ。 注目を集めた「桔梗信玄餅」の食べ方とは、まず風呂敷を広げてその上にお餅ときな粉をのせ、黒蜜をかけて風呂敷で包み、馴染むようによくもんでから食べるというもの。 やってみると……お餅にきな粉と黒蜜がしっかり絡んで、ええ感じ! きな粉も飛び散らないし、ええ感じ! ただ、ビジュアルがちょっと……やっぱり、お皿に移して食べるのが一番お上品かもしれませんね。 (写真、文=夢野うさぎ) 参照元:、.

次の

【衝撃】信玄餅は2種類存在!元祖とライバル会社間の激闘の歴史が。|イチのメモ帳

桔梗 信玄 餅 食べ 方

この記事の目次• 2つの信玄餅を比べてみた。 まずは見た目 こちらが今まで食べてた『桔梗信玄餅』 今回は8個入りのものを買いました。 これが今回初めて買った 『金精軒』の『信玄餅』 こちらは2個入り。 左が『桔梗屋』、右が『金精軒』 ぱっと見、風呂敷以外仕様も色味もほとんど同じ。 ここまで似てるってすごい。 とりあえず包みを開けてみました。 まずは桔梗信玄餅。 お次は金精軒。 うーん。 パッと見分からん。 ふたつを並べてみると違いが見えてくるかな? 同じく左が桔梗信玄餅、右が金精軒の信玄餅。 こうして並べてみても違いが全く分からない 笑 しいて言うなら『桔梗屋』の方はきな粉の色が若干暗い感じがします。 あとは『金精軒』の方のきな粉は黒い粒々がすこし見える感じ。 やっぱり食べてみないことには違いは分からないみたい。。 ということで、それでは、 2つの信玄餅を食べ比べてみた。 桔梗信玄餅は安定の美味しさ まずは食べ慣れた桔梗信玄餅を食べてみることに。 甘い黒蜜ときな粉がからんだ餅を一口ぱくり。 「これ!これ!」 と言いたくなる安定の美味さ。 黒蜜ときな粉の組み合わせにやっぱ間違いはない! 金精軒の信玄餅はきな粉の風味が強め さて、今度は初めて食べる『金精軒』の『信玄餅』 こちらはどういう味なんだろう? こちらも同じく黒蜜をかけて一口ぱくり。 美味い! ほうほう。 こうして2つ食べ比べてみると両者の違いがわかる気がする。 あくまで個人的な感想だけど、桔梗信玄餅の方は黒蜜がより黒糖の風味が強い気がします。 一方、金精軒の方はきな粉の風味が桔梗屋のものより強い気がする。 食べ比べてみた結果。 どちらも美味しい!(笑) ここまで書いた感想も見てもらえば分かると思うけど「感じ」とか「気がする」とか若干違いを感じた程度。 違いはあれど、美味しいことに変わりない! ただ個人的には食べ慣れた桔梗信玄餅の方が好きかも! ここまでくると個人の好みになってくるね。 だけど「どちらも美味しかった!」で終わっては身もふたもないので『信玄餅』にまつわるアレコレを調べて見ました! あ、ちなみに今回は山梨から買ってきたけど、都内近郊だと山梨まで行かなくても、両方買えるみたい! 興味ある方はぜひ2つの信玄餅の食べ比べしてみてください! 【おまけ】『信玄餅』をもっと楽しむ情報 金精軒の信玄餅はくるみ入りもある。 金精軒はプレーンの信玄餅のほかに くるみ入りの信玄餅もあります。 こちらは もちもちとした食感にくるみのサクサクとした食感がくわわってまた違った美味しさがあります。 包んでいる風呂敷は黄色。 くるみ信玄餅は黒蜜の味がより醤油にちょっと近いというか甘さが若干控えめでその分、タレの香りが強い印象。 それに合わせて、きな粉の香りも気持ち強い気がします。 数量限定の極上生信玄餅というものがある。 あとは金精軒には極上生信玄餅というのがあります。 これは味にこだわって保存料無添加で日持ちしないため数量限定販売のプレミアム信玄餅です。 食べられるのは、山梨の本店、北杜市の韮崎店、里の駅いちのみやと 東京では『富士の国やまなし館』だけ。 一回食べたけど、しっかり米の香りもする高級和菓子でした。 また食べたい。。 『信玄餅』をめぐる『桔梗屋』『金精軒』 商標をもってる金精軒が発売している『信玄餅』と幅広く展開して有名な『桔梗信玄餅』 この2つの信玄餅のどちらが元祖かという話がよく出てくるんですけど。 これによると、金精軒の『信玄餅』より桔梗屋の『桔梗信玄餅』の方が発売が先だったそうですよ! 当初桔梗屋は「信玄餅」という商品名で発売開始、しかし金精軒が「信玄最中」という商標を持っていたので「信玄餅」という商品名が使えず改名「桔梗信玄餅」になる。 その後金精軒が「信玄餅」という商標を取得して類似品を発売した。 一般的には商標登録を持ってる『金精軒』の方が元祖と思われてるけど、桔梗信玄餅の方が先に発売していたらしいです。 一時は裁判にまで発展したそうですが、今は関係は良好なんだそうです。 どちらも美味しいですもんね。 信玄餅の食べ方&アレンジレシピ 【信玄餅もちの食べ方】.

次の