ね うし とら う たつみ。 十二支

十二支(ジュウニシ)とは

ね うし とら う たつみ

定番があまりない干支の覚え方 子 ね 、丑 うし ・寅 とら ・卯 う 辰 たつ ・巳 み ・午 うま ・未 ひつじ 申 さる ・酉 とり ・戌 いぬ ・亥 い 全部で12の動物で表される干支。 しかし有名なわりに、 定番の覚え方があまりないようです。 よく紹介されてるものとしては、 リズムに乗せて何度も復唱するとか、 「たつみ」さん「いぬい」さんといった一部を覚えるなど。 どれも覚えるのに、 少し頑張る必要がありそうです。 でも、できれば全部がゴロ合わせで、 意味があると覚えやすいですよね。 たとえば、化学で周期表を覚えるときの定番、 「水兵 リーベ 僕の船・・・」 水素 H 、ヘリウム He 、リチウム Li 、ベリリウム Be ・・・ みたいのですね。 そんな思いがあったので、 オリジナルの干支ゴロ合わせを 今回作ってみました! 干支の新しいゴロ合わせ覚え方! 干支が覚えにくい大きな理由は、 後半の「うま、ひつじ、さる」 のところにあるようです。 文字数が多い動物が連続するからなのか、 唱えるときに引っかかりがちです。 ・・・ならばその部分の文字を短くしたら? と思いつき、 引っかかる部分を 下のように1文字にしてみました。 寝 ね 牛 うし 捕 とらう 絶 たつ 身 み、 ( ね うし とら う たつ み) 麻痺 まひ 悟 さとり、 射 いぬ 意 い。 ( ま ひ さ とり、 いぬ い) なんだか古文みたいですが。 (苦笑) ストーリーとしては、 寝ていた暴れ牛を、 捨て身で捕らえようといどむものの、 途中反撃を受け、体が麻痺してしまった! しかし弓を射てなんとか仕留めるぞ! といった感じですね。 今まで、ウマヒツジサルトリイヌイ・・・ と唱えてた呪文より、 なんとなくスッキリした感じがしませんか? ご自身の使いやすいゴロと組みあわせて、 使ってみてくださいね。 干支の物語 さて干支の話題でよく出てくるのが、 元旦の朝に動物たちが、 神様や皇帝のところに行くレースをしたという物語です。 レースで早く着いた順に、 12匹を年ごとのリーダーにする、 と神様や皇帝が動物たちに約束したんですね。 それを聞いた動物たちは、 我さきにと競い合い、 その結果が今の干支の順になったというわけです。 バージョンによって色々違いがありますが、 一部を紹介すると以下のような感じです。 神様版 ネズミは1位になりそうなウシの背に乗せてもらい、 ゴール直前そこから飛び降り、 ウシより先に1位獲得。 イヌとサルは途中犬猿の仲になったので、 それを取りもとうとニワトリが真ん中に入り、 サル・ニワトリ・イヌの順番にゴール。 イノシシは足が速かったのが逆にわざわいし、 勢いあまってゴールを通り過ぎ、 戻ったもののすでに遅く12位で到着。 ネズミはネコに「レースは明日だよ」とウソをつき、 だまされたネコはレースに出られず、 その後ネズミにうらみを持ち続けた、なんてのもあります。 皇帝版 皇帝版では、 川を渡って宮廷に来るようにと、 ジェイド皇帝が動物たちに言い渡します。 泳ぎが苦手だけど賢いネズミとネコは、 ウシに頼んで背中に乗せてもらう。 ネズミはネコを途中で川に蹴落とし、 しかもゴール直前にはジャンプし、 ウシより先に着地して1位に。 サルとニワトリとイヌは、 お互い協力して一つのいかだに乗り、 いっしょに川を渡ってゴール。 ブタ(日本でいうイノシシ)は、 途中おなかが空いてたくさん食べ、 そのまま寝てしまったため最後に到着。 などなど。 もちろんこれらは干支の順番を覚えるのに、 あとづけで作られた物語ですが、 読みものや雑学としても面白いですね。 スポンサーリンク 干支と十二支は同じではない?? ここまで、 干支の覚え方や物語について書いてきました。 でもじつは、 「干支」イコール12の動物 ではないんですね。 もう少し正確に書くと、• 甲・乙・丙 きのえ・きのと・ひのえ で始まる 「 十干(じっかん 」• 子・丑・寅(ね・うし・とら)の 「 十二支(じゅうにし)」 この2つを組み合わせたものが、 ほんらいの「 干 支」なんです。 また、 「 十二支」はもともと動物の名ではなく、 ただの漢字にすぎませんでした。 何の漢字かというと、 日付や年月、時刻、方位を表す 記号としての漢字だったんすね。 たとえば時代劇などで出てくる、 「巽(辰巳・たつみ)」の方位や、 「丑 うし みつどき」などの表現がそれです。 しかし、ただの漢字の羅列では覚えにくいので、 覚えやすいよう十二支それぞれの漢字に 動物をあてはめたわけなんです。 だからもともと、 「丑(うし)」に牛の意味はなく、 「寅(とら)」に虎の意味はなかったわけです。 となると、 「亥 い 年の人は猪突猛進!」 みたいな干支の性格診断はこじつけっぽい気もしますね。 ロシアでも干支が使われてる! 干支というと、 中国や日本だけのもののようなイメージがありますが、 じつは世界のいろいろな国で使われてます。 特にアジアでは、 干支を使っている国が多くあります。 たとえば一番近い国では韓国があり、 相手の年齢を遠回しに尋ねるとき、 「干支は何ですか?」と聞くこともあります。 また意外かもしれませんが ロシアでも干支が使われてます。 日本と同じように親しまれていて、 毎年干支のカレンダーがいろいろ出ています。 ロシアは西洋的なイメージがありますが、 文化的にもけっこう東洋の影響を受けてるんですね。 ちなみに、 日本で「亥」はイノシシを表わしますが、 日本以外の国では「亥」がブタを表します。 また「未」がヒツジでなくヤギで表されるなど、 国によって動物の種類が、 少し異なる場合もあります。 まとめ ということで、 干支のオリジナル語呂合わせや物語、 干支の本当の意味などについて書きました。 日本で言う干支が、 本来の「干支」ではなかったなど、 意外と知らないことがたくさんあるものですね。

次の

十二支

ね うし とら う たつみ

干支(えと) 干支 (えと) (十二支(じゅうにし)) 年賀状を書く時期になると 干支(えと)のことを 思い出します。 ここでは、 干支の名前を持った花を ご紹介します。 このうち、 年賀状などでおなじみなのは 「十二支」の部分。 それにもとづき、 十干については 甲と乙を「木」 丙と丁を「火」 戊と己を「土」 庚と辛を「金」 壬と癸を「水」 に分け、 さらにそれぞれを 陽(兄・え)と 陰(弟・と)に分類した。 よって読み方は 以下のようになる。 (これが年齢で一周すると 「還暦」)。 以下、その組み合わせと 該当する年の一覧。 今年はどの組み合わせ? あなたの誕生年は? (ちなみに、誕生日が 元旦から節分までの間 (1月1日~2月3日)は、 前年の干支になる。 70歳 【 古希(こき)】 杜甫(とほ:中国「唐」の 時代の詩人)の詩の、 「人生七十、古来稀なり」 にちなむ。 77歳 【 喜寿(きじゅ)】 「喜」の略字(七七七)が 「七十七」 に見えるところから。 80歳 【 傘寿(さんじゅ)】 「傘」の略字の「仐」が 「八十」に見えるところから 88歳 【 米寿(べいじゅ)】 「米」の字は 「八十八」と書くところから。 90歳 【 卒寿(そつじゅ)】 「卒」の略字の「卆」が 「九十」に見えるところから。 99歳 【 白寿(はくじゅ)】 「白」の字は 「百」から「一」を引いた ものなので。 100-1 = 99 108歳 【 茶寿(ちゃじゅ)】 「茶」の字の草かんむりは 左右に分けて 「十十」と書ける。 (これで 10+10 = 20) 草かんむりの下の部分を 「米」の字に見立てて 「八十八」。 よって、20+88 = 108 111歳 【 皇寿(おうじゅ)】 「皇」の字を 「白、一、十、一」に分解。 「白」の字は 「百」から「一」を引いた ものなので、 100-1+1+10+1 = 111 112歳 【 珍寿(ちんじゅ)】 これほどまでの長寿は とても珍しいため。 __________________ __________________ Copyright C Since 1997 Atsushi Yamamoto. All rights reserved.

次の

方位

ね うし とら う たつみ

定番があまりない干支の覚え方 子 ね 、丑 うし ・寅 とら ・卯 う 辰 たつ ・巳 み ・午 うま ・未 ひつじ 申 さる ・酉 とり ・戌 いぬ ・亥 い 全部で12の動物で表される干支。 しかし有名なわりに、 定番の覚え方があまりないようです。 よく紹介されてるものとしては、 リズムに乗せて何度も復唱するとか、 「たつみ」さん「いぬい」さんといった一部を覚えるなど。 どれも覚えるのに、 少し頑張る必要がありそうです。 でも、できれば全部がゴロ合わせで、 意味があると覚えやすいですよね。 たとえば、化学で周期表を覚えるときの定番、 「水兵 リーベ 僕の船・・・」 水素 H 、ヘリウム He 、リチウム Li 、ベリリウム Be ・・・ みたいのですね。 そんな思いがあったので、 オリジナルの干支ゴロ合わせを 今回作ってみました! 干支の新しいゴロ合わせ覚え方! 干支が覚えにくい大きな理由は、 後半の「うま、ひつじ、さる」 のところにあるようです。 文字数が多い動物が連続するからなのか、 唱えるときに引っかかりがちです。 ・・・ならばその部分の文字を短くしたら? と思いつき、 引っかかる部分を 下のように1文字にしてみました。 寝 ね 牛 うし 捕 とらう 絶 たつ 身 み、 ( ね うし とら う たつ み) 麻痺 まひ 悟 さとり、 射 いぬ 意 い。 ( ま ひ さ とり、 いぬ い) なんだか古文みたいですが。 (苦笑) ストーリーとしては、 寝ていた暴れ牛を、 捨て身で捕らえようといどむものの、 途中反撃を受け、体が麻痺してしまった! しかし弓を射てなんとか仕留めるぞ! といった感じですね。 今まで、ウマヒツジサルトリイヌイ・・・ と唱えてた呪文より、 なんとなくスッキリした感じがしませんか? ご自身の使いやすいゴロと組みあわせて、 使ってみてくださいね。 干支の物語 さて干支の話題でよく出てくるのが、 元旦の朝に動物たちが、 神様や皇帝のところに行くレースをしたという物語です。 レースで早く着いた順に、 12匹を年ごとのリーダーにする、 と神様や皇帝が動物たちに約束したんですね。 それを聞いた動物たちは、 我さきにと競い合い、 その結果が今の干支の順になったというわけです。 バージョンによって色々違いがありますが、 一部を紹介すると以下のような感じです。 神様版 ネズミは1位になりそうなウシの背に乗せてもらい、 ゴール直前そこから飛び降り、 ウシより先に1位獲得。 イヌとサルは途中犬猿の仲になったので、 それを取りもとうとニワトリが真ん中に入り、 サル・ニワトリ・イヌの順番にゴール。 イノシシは足が速かったのが逆にわざわいし、 勢いあまってゴールを通り過ぎ、 戻ったもののすでに遅く12位で到着。 ネズミはネコに「レースは明日だよ」とウソをつき、 だまされたネコはレースに出られず、 その後ネズミにうらみを持ち続けた、なんてのもあります。 皇帝版 皇帝版では、 川を渡って宮廷に来るようにと、 ジェイド皇帝が動物たちに言い渡します。 泳ぎが苦手だけど賢いネズミとネコは、 ウシに頼んで背中に乗せてもらう。 ネズミはネコを途中で川に蹴落とし、 しかもゴール直前にはジャンプし、 ウシより先に着地して1位に。 サルとニワトリとイヌは、 お互い協力して一つのいかだに乗り、 いっしょに川を渡ってゴール。 ブタ(日本でいうイノシシ)は、 途中おなかが空いてたくさん食べ、 そのまま寝てしまったため最後に到着。 などなど。 もちろんこれらは干支の順番を覚えるのに、 あとづけで作られた物語ですが、 読みものや雑学としても面白いですね。 スポンサーリンク 干支と十二支は同じではない?? ここまで、 干支の覚え方や物語について書いてきました。 でもじつは、 「干支」イコール12の動物 ではないんですね。 もう少し正確に書くと、• 甲・乙・丙 きのえ・きのと・ひのえ で始まる 「 十干(じっかん 」• 子・丑・寅(ね・うし・とら)の 「 十二支(じゅうにし)」 この2つを組み合わせたものが、 ほんらいの「 干 支」なんです。 また、 「 十二支」はもともと動物の名ではなく、 ただの漢字にすぎませんでした。 何の漢字かというと、 日付や年月、時刻、方位を表す 記号としての漢字だったんすね。 たとえば時代劇などで出てくる、 「巽(辰巳・たつみ)」の方位や、 「丑 うし みつどき」などの表現がそれです。 しかし、ただの漢字の羅列では覚えにくいので、 覚えやすいよう十二支それぞれの漢字に 動物をあてはめたわけなんです。 だからもともと、 「丑(うし)」に牛の意味はなく、 「寅(とら)」に虎の意味はなかったわけです。 となると、 「亥 い 年の人は猪突猛進!」 みたいな干支の性格診断はこじつけっぽい気もしますね。 ロシアでも干支が使われてる! 干支というと、 中国や日本だけのもののようなイメージがありますが、 じつは世界のいろいろな国で使われてます。 特にアジアでは、 干支を使っている国が多くあります。 たとえば一番近い国では韓国があり、 相手の年齢を遠回しに尋ねるとき、 「干支は何ですか?」と聞くこともあります。 また意外かもしれませんが ロシアでも干支が使われてます。 日本と同じように親しまれていて、 毎年干支のカレンダーがいろいろ出ています。 ロシアは西洋的なイメージがありますが、 文化的にもけっこう東洋の影響を受けてるんですね。 ちなみに、 日本で「亥」はイノシシを表わしますが、 日本以外の国では「亥」がブタを表します。 また「未」がヒツジでなくヤギで表されるなど、 国によって動物の種類が、 少し異なる場合もあります。 まとめ ということで、 干支のオリジナル語呂合わせや物語、 干支の本当の意味などについて書きました。 日本で言う干支が、 本来の「干支」ではなかったなど、 意外と知らないことがたくさんあるものですね。

次の