てきぱき 類語。 「鬱積」の意味とは!類語や言い換え

「気鋭」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

てきぱき 類語

「鬱積」とは? 「鬱積」とは不平や不満が心の中に溜まることを言います。 「鬱積」の読み方 「鬱積」と書いて 「うっせき」と読みます。 「うつせき」と読み間違えないように気をつけましょう。 「鬱積」の表現の使い方 「鬱積」とは不平不満が内面に溜まっている状態を言います。 自分のことや人のこと、どちらにも使えますが、使い方としては 「彼は、鬱積した疲れからか、すっかり暗くなっている」 「彼女に対する怒りや、恨みが鬱積していた」という風に使います。 「鬱積」を使った例文と意味を解釈 それでは 「鬱積」を使った例文をいくつか紹介しましょう。 意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。 「鬱積」を使った例文1 「彼女は自分勝手な怒り、妬みを鬱積し、ついには周りを巻き込んだ大騒動に発展させた」 「鬱積」とは不平不満を心に溜めることですが、その不平不満とはもっともな理由である場合もあれば、自分勝手な思いから起こっているものも色々と種類があります。 例文の場合は、自分勝手な不平不満を募らせていたことがわかります。 「鬱積」を使った例文2 「心に鬱積した思いがあるので、そう簡単に何もなかったようにはできない」 長い間、苦しみ我慢したことというのは、そう簡単にはなくなりません。 そのような心に溜まった思いのことを 「鬱積」という言葉で言い表すのです。 簡単に水に流せるようなことならばそもそも 「鬱積」しないのです。 「鬱積」の類語や類義語・言い換え 言葉の意味が理解できましたところで、 「鬱積」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。 こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。 「鬱屈」【うっくつ】 「鬱屈」とは気分が晴れない、ふさぎ込む、憂鬱な気分であるという意味です。 「彼はどうやら、鬱屈した日々を過ごしているらしい」 「鬱屈した気持ちでいるから、何をしても楽しくない」という風に使います。 「欲求不満」【よっきゅうふまん】 「欲求不満」とは自分の欲求が何かの障害により、阻止されている状態で、その結果、不快、緊張、不安といった気持ちになっていることを言います。 その 「欲求」とは人によって様々です。 例えばダイエットをしている、禁煙をしているといった人は、甘いものが食べられない、たばこが吸えないといった状態は 「欲求不満」になる可能性があります。 「欲求不満だからイライラしているんじゃない」 「僕は欲求不満を抱えている」などと使います。 「ストレス」 「ストレス」とは精神的、肉体的に、負担となる刺激、状況のことを言います。 「ストレス解消に励む」 「ストレスが溜まる」などと使います。

次の

「てきぱき」の意味と類語・てきぱきしている人の特徴や性格

てきぱき 類語

3-7. 行動する前に考える 複雑な仕事やボリュームの多い仕事を引き受けると、「とりあえずやらないと終わらない」と思ってすぐに手を付ける人もいます。 しかし手際のいい人は、まずは全体像を見て締切日と照らし合わせ、最も効率的な方法や手順を考えてから実行するのです。 考える前に行動してしまうと、思った通りに進まずにやり直しするハメになります。 手順がはっきりしていれば、先に準備する資料を入手しておいたり、人に頼めるものはお願いできます。 また、ファイルを探したりコピーを取るなど、立ち仕事をまとめてやってしまえば、後はじっくりとデスクワークに集中できるので、動きにムダもなくなります。 頭の中で「これならできる」とイメージをしてから行動すれば、それだけ時短に繋がるのです。 5-1. 自分の棚卸をする 手際のいい人になりたかったら、まずは自分が出来ることと出来ないことを理解する必要があります。 得意なことと不得意なことが分かれば、一つの作業にかかる時間がどれくらいか予測が付くでしょう。 仕事の計画を立てる時にも時間の配分がし易くなります。 それができる様になれば、自分にできない仕事を頼まれた時には断れます。 但し、職場では「できません」は通用しないこともあります。 その様な時には「私はこの部分はまだ良く分かりませんので、誰か教えて貰える人はいるでしょうか」と、先に上司に相談しましょう。 上司がサポートとして先輩や知識のある同僚を付けてくれれば、分らない時に安心だし、新しい仕事を覚えられる様になります。 仕事というのは最初に覚える時は大変ですが、2度目、3度目と繰り返していくうちに要領がわかり、手際が良くなっていきます。 最初の一歩でつまづかない為にも、自分の棚おろしをしてきましょう。 5-4. 完璧を目指さない つい完璧に仕事をしようと思い、こだわり過ぎて失敗する人もいます。 その仕事は完璧にできても、他の仕事が遅れてしまい、結果的に周囲に迷惑をかけることになります。 印刷が少しずれてる、紙が汚れているなどで何度も印刷し直す人がいますが、時間もコストもかかります。 プレゼンの資料でもない限りは妥協できるポイントがある筈ですので、自分が求められているのは何であるかを見極めましょう。 他人が必要とする数値を分析したり、データをまとめるのならば、100点満点の仕事でなくても必要な数字さえ揃っていればまず文句は言われません。 完璧を目指さず、「標準目標をクリア」することを考えましょう。

次の

手際がいい人の特徴・類語【悪い人の特徴と改善】

てきぱき 類語

3-7. 行動する前に考える 複雑な仕事やボリュームの多い仕事を引き受けると、「とりあえずやらないと終わらない」と思ってすぐに手を付ける人もいます。 しかし手際のいい人は、まずは全体像を見て締切日と照らし合わせ、最も効率的な方法や手順を考えてから実行するのです。 考える前に行動してしまうと、思った通りに進まずにやり直しするハメになります。 手順がはっきりしていれば、先に準備する資料を入手しておいたり、人に頼めるものはお願いできます。 また、ファイルを探したりコピーを取るなど、立ち仕事をまとめてやってしまえば、後はじっくりとデスクワークに集中できるので、動きにムダもなくなります。 頭の中で「これならできる」とイメージをしてから行動すれば、それだけ時短に繋がるのです。 5-1. 自分の棚卸をする 手際のいい人になりたかったら、まずは自分が出来ることと出来ないことを理解する必要があります。 得意なことと不得意なことが分かれば、一つの作業にかかる時間がどれくらいか予測が付くでしょう。 仕事の計画を立てる時にも時間の配分がし易くなります。 それができる様になれば、自分にできない仕事を頼まれた時には断れます。 但し、職場では「できません」は通用しないこともあります。 その様な時には「私はこの部分はまだ良く分かりませんので、誰か教えて貰える人はいるでしょうか」と、先に上司に相談しましょう。 上司がサポートとして先輩や知識のある同僚を付けてくれれば、分らない時に安心だし、新しい仕事を覚えられる様になります。 仕事というのは最初に覚える時は大変ですが、2度目、3度目と繰り返していくうちに要領がわかり、手際が良くなっていきます。 最初の一歩でつまづかない為にも、自分の棚おろしをしてきましょう。 5-4. 完璧を目指さない つい完璧に仕事をしようと思い、こだわり過ぎて失敗する人もいます。 その仕事は完璧にできても、他の仕事が遅れてしまい、結果的に周囲に迷惑をかけることになります。 印刷が少しずれてる、紙が汚れているなどで何度も印刷し直す人がいますが、時間もコストもかかります。 プレゼンの資料でもない限りは妥協できるポイントがある筈ですので、自分が求められているのは何であるかを見極めましょう。 他人が必要とする数値を分析したり、データをまとめるのならば、100点満点の仕事でなくても必要な数字さえ揃っていればまず文句は言われません。 完璧を目指さず、「標準目標をクリア」することを考えましょう。

次の