ふくらはぎ 筋肉 痛み。 ふくらはぎが痛い!! 右足と左足の場合の原因・症状とは?

【ふくらはぎの痛み】原因・症状・治療法

ふくらはぎ 筋肉 痛み

スポンサードリンク 筋肉痛ではないのに、ふくらはぎが痛い! ふくらはぎがだるい! どうしてなのか? 調べてみました。 なるほど、私の場合はもしや、これが原因かも? それが見つかりました。 そして、場合によっては、病気が隠れていることも判明しました。 ふくらはぎの痛みが治らない場合は、ぜひ一読してみてください。 ふくらはぎの痛みと筋肉痛 本題に入る前に、運動が原因でおきる ふくらはぎの痛みについても調べてみました。 筋肉痛の場合は、どんな処置をしたほうがいいのか? それも知っておくと、いざというときに役に立つはずです。 運動やスポーツのあとにおこる筋肉疲労。 もちろん、ふくらはぎにも起こります。 いわゆる筋肉痛のことです。 筋肉痛の原因は大きく2つあると言われています。 運動により、酸素が不足してしまい、体内に乳酸が増えて、 それが疲労物質として筋肉に残り、痛みがおきるという説。 乳酸が増えると、十分な酸素を体に届けることができずに その結果として痛みが起こるのです。 そして、2番目は筋肉が炎症をおこしている。 激しい運動などが原因で、筋肉の繊維(筋線維)が ちぎれたり、傷ついてしまい、それを修復する過程で 炎症がおきてしまうのです。 運動などで筋肉痛がおきてしまう原因は 『疲労物質』と『炎症』と言ってもよさそう。 これら2つが原因の場合の解決法は? まずは冷やす! そして、痛みが少しよくなってきたら温める! これが基本です。 まずは、冷やして、炎症を押さえて、 次に、温めて、血流をよくして乳酸を早く排出させる。 具体的には、 初日はアイシングなどして冷やす。 2〜3日以降は温める。 そう覚えておくとよさそうですね。 運動していないのにふくらはぎが痛い 運動していないのに、ふくらはぎが痛い! どんな原因があるのでしょうか? もしや、ふくらはぎがだるくないですか? 私の場合は、朝起きて、ふくらはぎがだるいような 重いような、、、そんな痛みがありました。 ふくらはぎの痛みの原因に『冷え性』があります。 冷え性の代表的な症状としては血行障害があります。 いわゆる血流が悪くなる症状です。 ふくらはぎは第2の心臓と言われているのを知っていますか? 足先に流れてくる血液を、まるでポンプのように 心臓へと押し戻す役割がふくらはぎにはあるのです。 そんな重要な役割があるふくらはぎですが、 冷えたふくらはぎのせいで、血流が悪化してしまうのです。 血流が悪くなると、ふくらはぎの代謝力が落ちてしまい 体に不必要な老廃物が溜まってしまいます。 このせいで、ふくらはぎが痛い!重い!だるい! そんなことが起きてしまうのです。 ふくらはぎを冷やさない!それが1番の解決法となります。 長ズボンのパジャマを着る。 ふとんから足がでないように工夫する。 意外ですが、冬場はもちろん、夏でも ふくらはぎが冷えることが多いのです。 エアコンや扇風機のせいで、ふくらはぎが冷えてしまうのです。 暑いからと気を許していても、実はふくらはぎが冷えている。 少なくはないそうです。 私の場合は、この冷え性が原因説に、ピ〜ンときたので、 ふくらはぎを温めてみることにしました。 具体的には、• 湯たんぽでふくらはぎを温めて寝る• 厚めのズボンを着て寝る• 寝るときに腹巻きをして、お腹を温める 3番目の腹巻きはふくらはぎとは、直接関係ないのですが、 冷え性で、お腹や腰が冷えるので、これも一緒に試してみました。 すると、、 一週間くらいで、ふくらはぎの痛みが収まってきました。 私の体験からすると、やはり、ふくらはぎの痛みと 冷え性は関係ありそうです。 そして、私はふくらはぎだけではなく、 腰やお腹の辺りも冷える自覚症状があります。 冷え性の場合は、手足だけを温めるのではなく、 体の中心を冷やさないことが大切だそうです。 ふくらはぎの痛みと血行不良 一日中立ちっぱなしで、ふくらはぎがだるい。 そんな経験をしたことがある人も多いですよね。 特に女性の場合は経験あるのでは? ふくらはぎがだるくて、むくんでしまい、 まるで、象さんのような足になってしまう。 ふくらはぎが痛い。 あるいは、だるい。 それだけではなく、見た目も気になってきます。 冷え性のところでもふれたように ふくらはぎは第二の心臓ともいわれ、 血液やリンパ液を循環させる大切な働きをしています。 しかし、ふくらはぎの筋肉が弱いと このポンプの働きが鈍くなるのです。 立ちっぱなしだけではなく、長時間 椅子に座って、筋肉を鍛えていないと 血液やリンパが溜まり、むくみや痛みがおきてしまいます。 運動不足や加齢が1番の原因です。 『ふくらはぎの筋肉を鍛える』 これで、筋力を取り戻してみは? 私がやるのは、スクワット! 太ももに効果がありそうなスクワットです。 しかし、実際にやってみると、まさに全身運動です。 これは、ふくらはぎにも絶対、効果があるはず。 このビデオをみてもわかるように、 正しいスクワットの姿勢って結構難しいです。 でも、正しい姿勢でスクワットをやると、 2〜3回するだけで、全身から汗が噴き出します。 すごくいい運動になります。 わざわざ時間をとらずに、短時間で 手軽にできるのが気に入っています。 運動不足解消にはぴったりですよ。 ふくらはぎだけではなく、足全体の筋力がつきそうです。 私のように冷え性に悩む女性にもオススメです。 運動不足が大きな原因とわかっていても なかなか簡単に解決してくれないのが ふくらはぎのむくみ 一日中、立ちっぱなしの販売の仕事。 一日中、座りっぱなしの事務の仕事。 そんな女性はもしや、こんなことが多くないですか?• 夕方になると、ふくらはぎがパンパン• 朝と夕方の靴のサイズが違う• 足がだるくて、体が重い 足も体ももっさりして、スッキリしない状態です これはいわゆる体の『めぐり』が悪くなってしまっているんですね。 そんな女性に多い悩みを助けてくれるのが ポリフェノールを多く含んだサプリです。 なんと、湘南美容外科との共同開発で生まれたサプリなんです。 血管外科専門のお医者さまが監修しているという本格派! おまけに、美容成分もバッチリ含まれているので、 むくみだけではなく美容のプラス効果も望めます。 具体的にいうと、豊富なビタミン、 ミネラルを含んだ純末プラセンタが配合されているんです。 美容に興味ある女性ならば、プラセンタエキスの 効果はすでにご存知なはず。 ホスピレッグに含まれるプラセンタは JHFAマーク 公益財団法人日本健康・栄養食品協会 の 基準をクリアしている上質なものなんですよ。 さすがに女性のさまざまな悩みをお助けしてくれる 美容のプロである美容外科クリニックとの共同開発です。 むくみだけではなく、 美容にもバッチリなサプリというところが嬉しいですね。 そうそう、言い忘れていましたが このサプリ、『冷え』や『ストレス』にもいいらしいですよ。 ふくらはぎの痛みと水分不足 ふくらはぎの痛み 冷え性にも運動不足にも、ぴーんとこない場合、 ほかにどんな原因があるのでしょうか? ふくらはぎが寝ていて痛い! どちらかと言うと、足がつったような痛み。 ぴっきっとした痛みがある。 こむら返りと言われる症状です。 こむら返りの『こむら』は ふくらはぎのことをさすそうです。 私は恥ずかしながら初めて知りました。 こむら返りはふくらはぎの筋肉が 急激に縮まってしまい、足がつってしまうのです。 こむら返りはスポーツや運動中に起きますよね。 しかし、それだけではないのです。 まずは、 水分不足! 寝ている間に、平均でコップ一杯の汗をかくそうです。 知らないうちに体が脱水症状を起こしているのです。 この水分不足が神経に影響を及ぼして、ふくらはぎがつってしまう。 そして、水分だけではありません。 汗といっしょに、体に必要なミネラルが 体内から奪われてしまっているのです。 カルシウム、マグネシウム、カリウムなどの ミネラルが不足すると、足がつりやすくなるそうです。 足のむくみというより、ふくらはぎがつる。 そんな痛みの場合は、水分不足、ミネラル不足が 原因の可能性もあります。 もしかしたら、偏った食生活が原因でミネラル不足ということもあるかも? 知らず知らずのうちに、脱水症状をおこして、 その結果、ふくらはぎがつっているのかもしれません。 手軽な解決法として、スポーツドリンクはどうでしょう? ミネラル不足や体の巡りが悪いと思う女性には こむらかえり対策のサプリもあります。 ふくらはぎの痛みの原因は病気? うーん、いまいちこれまでの原因で心当たりがない。 ふくらはぎが痛い! その裏には病気が隠れていることもあります。 代表的なものを拾ってみました。 閉塞性動脈硬化症 血管が狭くなったり、つまったりすることで 足に流れる血液が少なくなる病気です。 歩くと足がだるくなったり、太ももや ふくらはぎの筋肉が痛くなる症状があります。 病気が進行すると、痛みだけではなく、 しびれがでてくることが多いのが特徴です。 急性動脈閉塞 心臓で血液の流れが淀んで、血が固まり、 血栓を生じることがあります。 その血栓が血液の流れに乗って、 血管をつめてしまうことがあります。 それがふくらはぎの血管で起きてしまうことも。 症状としては、急に足の痛みがでてくる、 足が冷たくなったり、足の色が紫色になったりします。 坐骨神経痛 座骨にある神経がなんらかの圧迫で生じる痛みです。 この座骨神経痛でふくらはぎが痛くなることがあります、 しびれるような痛みが特徴です。 軟部腫瘍 太ももなどに発症することが多い腫瘍です。 良性の場合と悪性の場合があります。 初期のステージでは骨格や筋肉の疲労が 疑われることが多い病気です。 時間とともに、腫れなどの症状がでてきます。 内臓疾患 痛みというより、むくみを多く感じる場合は 内臓疾患が疑われます。 特に、腎臓の機能が低下している可能性があります。 通風 通風と聞くと、足の甲などの足首の下からの痛み。 そんなイメージですが、ふくらはぎに痛みを覚える人もいるそうです。 これら以外にも、ふくらはぎの痛みの裏には、 病気が隠れている可能性はあります。 痛みやだるさがなかなか解消しない。 ずっと、続くようでしたら、 病院できちんとみてもらったほうが安心です。 筋肉の痛みの場合は、 整形外科 不明で悩む場合は、 総合診療科 総合病院の場合は、受付に伝えれば、 何科がいいのかアドバイスをもらえるはずです。

次の

ふくらはぎが痛いのはなぜ? その原因と対処法|健康|趣味時間

ふくらはぎ 筋肉 痛み

ふくらはぎの筋肉痛はなぜ起こる? ランニングをすることでふくらはぎが筋肉痛になってしまうことを理解することで予防策や適したストレッチを行うことができます。 ふくらはぎは下腿三頭筋・腓腹筋・ヒラメ筋の三つの筋肉で構成されており、ランニングをする際に最も使用されている筋肉でもあります。 腓腹筋は膝関節を動かす際に使用される筋肉であり、つま先を上げる際にも使用されます。 ヒラメ筋は足首を固定したり、動かす際に使用される筋肉であり、どちらもランニングの動作に必要とされます。 しかし、最近では、両者の筋肉を使ったランニングフォームは非効率であるという説が浮上しており、ハムストリングスを使ったランニングフォームが主流になりつつあります。 そのため、指導者によってはふくらはぎが筋肉痛になることは適したフォームができていないと指摘されることもあります。 ふくらはぎ筋肉痛のアフターケア ランニングでふくらはぎが筋肉痛になってしまうと歩くたびに痛みが生じてしまいます。 筋肉痛が激しいと私生活にも悪影響が出てしまうため、アフターケアの方法を知っておくことをおすすめします。 ここではふくらはぎのアフターケアの方法を紹介します。 ストレッチを行う ふくらはぎの筋肉痛にはストレッチをすることが効果的です。 ストレッチが筋肉痛に効く理由は、血行を促進することができることと筋肉の緊張をほぐすことができるからです。 ふくらはぎは第二の心臓ともいわれている部分であり、血液を押し上げるポンプの役割もしています。 血行を良くすることで老廃物を効率的に排出することができるため、疲れも取れやすくなります。 ふくらはぎのストレッチ方法はいくつもありますが、壁を使用した方法が最も行いやすくおすすめです。 まず、壁の前に立ち、右足を前に左足を後ろにします。 この際につま先はどちらも壁に向くようにしましょう。 左足の膝を曲げずに徐々に壁の方へと重心を移しておくことでふくらはぎを伸ばすことができます。 交互1回ずつ3セット行うだけでも効果があります。 アイシングを行う 筋肉痛の痛みを軽減するためにはアイシングを行うことをおすすめします。 アイシングとは患部を冷やすことであり、氷や冷却スプレーを使用すればアイシングを行うことが可能です。 筋肉痛になると筋肉が炎症をおこしてしまい、熱をもってしまいます。 そのため、アイシングで冷やすことで炎症による痛みを軽減することができたり、悪化してしまうことを防ぐ効果があります。 しかし、アイシングをするのであれば正しいタイミングで行わなければなりません。 アイシングは運動直後に行うことが好ましく、ランニングを終えたのであればできるだけで早めに冷やすようにしましょう。 ランニング後から数時間経過した場合や筋肉痛の痛みが出てから行ってもあまり効果が出ないため、注意しましょう。 栄養補給 筋肉痛は筋肉がダメージを負っている状況であるため、早めに回復させたいのであれば十分栄養を補給することをおすすめします。 筋肉を修復するためにも体力を消耗してしまうため、栄養が不足していればそれだけ筋肉痛の回復にも時間がかかってしまいます。 特にダイエット目的でランニングを行うと食事制限も行っている場合が多く、栄養が足りていないこともあり、回復も遅くなるため注意が必要です。 筋肉痛の回復に必要な栄養素はたんぱく質であり、鶏肉に多く含まれています。 そのため、本格的なランニングの後であれば鶏肉を使用した料理を食べることをおすすめします。 また、最近では簡単にたんぱく質が摂取できるプロテインも豊富に販売されているため、おすすめです。 プロテインは値段が高いですが、気軽にたんぱく質を摂取することが可能になっています。 ふくらはぎ筋肉痛の予防法 ランニング後の筋肉痛を完全に予防することは難しいですが、症状を和らげることはでき、回復を早めることもできます。 そこでここでは筋肉痛の予防方法を紹介します。 できるだけ翌日に筋肉痛に悩まされたくないと考えている人は参考にしてみてください。 ウォーミングアップ・クールダウンを入念に ランニングでの筋肉痛を予防したいのであればウォーミングアップとクールダウンを行うことをおすすめします。 ウォーミングアップとは運動前に軽い運動やストレッチをすることであり、筋肉痛予防とともに怪我のリスクを下げることができます。 筋トレやスポーツのウォーミングアップとしてランニングを取り入れることもありますが、ランニングをメインの運動とするのであればウォーキングでウォーミングアップすることをおすすめします。 また、ストレッチする場所も下半身を重点的に行うようにしましょう。 クールダウンとは、運動後に軽い運動を行い、血流が急激に低下してしまうことを予防することです。 疲れていても軽い運動で血流を徐々に下げることで体に負担がかかりにくく、筋肉痛予防にもなります。 ウォーミングアップ・クールダウンそれぞれ10分から20分程度時間をかけるようにしましょう。 こまめな水分を 筋肉痛を予防するためにこまめに水分補給をすることが効果的です。 ランニング前後だけではなく、ランニング中も水分補給することが好ましく10分から30分の間に一回は水分を補給することをおすすめします。 筋肉にも多くの水分が含まれており、老廃物などを送り出す役割があります。 しかし、水分が枯渇してしまうと老廃物を排出する能力が低下してしまい、疲労物質が筋肉内にとどまってしまいやすくなります。 その結果筋肉痛になってしまうため、こまめに水分を補給することは筋肉痛予防に最も適している行動でもあります。 また、ランニング中での水分補給は疲労を軽減したり、熱中症や脱水症状を予防する効果もあるため、季節問わず水分補給を忘れないようにしましょう。 筋肉痛は間違えたランニングフォームが原因? ランニングをすると筋肉痛になったり、腰に痛みが出てしまうこともあります。 筋肉痛や腰痛の症状が現れる理由は正しいランニングフォームで走ることができていない可能性があります。 正しいランニングフォームで走ることができていないと体に負担がかかってしまいやすくなり、負担を補うために筋肉を使ったりするため、筋肉痛や腰に負担がかかってしまいます。 ランニングの正しいフォームは背筋を伸ばしで走ることであり、骨盤がブレないように意識することが大切です。 また、前傾姿勢で走ることもおすすめのランニングフォームであり、体力温存にもつながります。 悪いランニングフォームは猫背のように背中を丸めたり、目線が下を向いている走り方です。 まとめ ランニングで使用する筋肉の中でふくらはぎが筋肉痛になりやすい部分です。 筋肉痛になることはそれだけふくらはぎに負担をかけていることであるため、正しいアウターケアを行うようにしましょう。 アイシングやストレッチをランニング前後に行うことで筋肉痛の予防になったり、症状を緩和することもできます。 慣れるまで面倒くさいと感じてしまいやすいですが、ランニングをするのであれば重要なことでもあり、ふくらはぎを最高の状態で維持して快適にランニングを行いましょう。 最後に記事の内容をおさらい!• ランニングでのふくらはぎの役割• ふくらはぎの筋肉痛対策• ランニングフォームの重要性.

次の

ふくらはぎが筋肉痛のような痛みの場合は?固いし痛いときは?

ふくらはぎ 筋肉 痛み

ふくらはぎの筋肉痛はなぜ起こる? ランニングをすることでふくらはぎが筋肉痛になってしまうことを理解することで予防策や適したストレッチを行うことができます。 ふくらはぎは下腿三頭筋・腓腹筋・ヒラメ筋の三つの筋肉で構成されており、ランニングをする際に最も使用されている筋肉でもあります。 腓腹筋は膝関節を動かす際に使用される筋肉であり、つま先を上げる際にも使用されます。 ヒラメ筋は足首を固定したり、動かす際に使用される筋肉であり、どちらもランニングの動作に必要とされます。 しかし、最近では、両者の筋肉を使ったランニングフォームは非効率であるという説が浮上しており、ハムストリングスを使ったランニングフォームが主流になりつつあります。 そのため、指導者によってはふくらはぎが筋肉痛になることは適したフォームができていないと指摘されることもあります。 ふくらはぎ筋肉痛のアフターケア ランニングでふくらはぎが筋肉痛になってしまうと歩くたびに痛みが生じてしまいます。 筋肉痛が激しいと私生活にも悪影響が出てしまうため、アフターケアの方法を知っておくことをおすすめします。 ここではふくらはぎのアフターケアの方法を紹介します。 ストレッチを行う ふくらはぎの筋肉痛にはストレッチをすることが効果的です。 ストレッチが筋肉痛に効く理由は、血行を促進することができることと筋肉の緊張をほぐすことができるからです。 ふくらはぎは第二の心臓ともいわれている部分であり、血液を押し上げるポンプの役割もしています。 血行を良くすることで老廃物を効率的に排出することができるため、疲れも取れやすくなります。 ふくらはぎのストレッチ方法はいくつもありますが、壁を使用した方法が最も行いやすくおすすめです。 まず、壁の前に立ち、右足を前に左足を後ろにします。 この際につま先はどちらも壁に向くようにしましょう。 左足の膝を曲げずに徐々に壁の方へと重心を移しておくことでふくらはぎを伸ばすことができます。 交互1回ずつ3セット行うだけでも効果があります。 アイシングを行う 筋肉痛の痛みを軽減するためにはアイシングを行うことをおすすめします。 アイシングとは患部を冷やすことであり、氷や冷却スプレーを使用すればアイシングを行うことが可能です。 筋肉痛になると筋肉が炎症をおこしてしまい、熱をもってしまいます。 そのため、アイシングで冷やすことで炎症による痛みを軽減することができたり、悪化してしまうことを防ぐ効果があります。 しかし、アイシングをするのであれば正しいタイミングで行わなければなりません。 アイシングは運動直後に行うことが好ましく、ランニングを終えたのであればできるだけで早めに冷やすようにしましょう。 ランニング後から数時間経過した場合や筋肉痛の痛みが出てから行ってもあまり効果が出ないため、注意しましょう。 栄養補給 筋肉痛は筋肉がダメージを負っている状況であるため、早めに回復させたいのであれば十分栄養を補給することをおすすめします。 筋肉を修復するためにも体力を消耗してしまうため、栄養が不足していればそれだけ筋肉痛の回復にも時間がかかってしまいます。 特にダイエット目的でランニングを行うと食事制限も行っている場合が多く、栄養が足りていないこともあり、回復も遅くなるため注意が必要です。 筋肉痛の回復に必要な栄養素はたんぱく質であり、鶏肉に多く含まれています。 そのため、本格的なランニングの後であれば鶏肉を使用した料理を食べることをおすすめします。 また、最近では簡単にたんぱく質が摂取できるプロテインも豊富に販売されているため、おすすめです。 プロテインは値段が高いですが、気軽にたんぱく質を摂取することが可能になっています。 ふくらはぎ筋肉痛の予防法 ランニング後の筋肉痛を完全に予防することは難しいですが、症状を和らげることはでき、回復を早めることもできます。 そこでここでは筋肉痛の予防方法を紹介します。 できるだけ翌日に筋肉痛に悩まされたくないと考えている人は参考にしてみてください。 ウォーミングアップ・クールダウンを入念に ランニングでの筋肉痛を予防したいのであればウォーミングアップとクールダウンを行うことをおすすめします。 ウォーミングアップとは運動前に軽い運動やストレッチをすることであり、筋肉痛予防とともに怪我のリスクを下げることができます。 筋トレやスポーツのウォーミングアップとしてランニングを取り入れることもありますが、ランニングをメインの運動とするのであればウォーキングでウォーミングアップすることをおすすめします。 また、ストレッチする場所も下半身を重点的に行うようにしましょう。 クールダウンとは、運動後に軽い運動を行い、血流が急激に低下してしまうことを予防することです。 疲れていても軽い運動で血流を徐々に下げることで体に負担がかかりにくく、筋肉痛予防にもなります。 ウォーミングアップ・クールダウンそれぞれ10分から20分程度時間をかけるようにしましょう。 こまめな水分を 筋肉痛を予防するためにこまめに水分補給をすることが効果的です。 ランニング前後だけではなく、ランニング中も水分補給することが好ましく10分から30分の間に一回は水分を補給することをおすすめします。 筋肉にも多くの水分が含まれており、老廃物などを送り出す役割があります。 しかし、水分が枯渇してしまうと老廃物を排出する能力が低下してしまい、疲労物質が筋肉内にとどまってしまいやすくなります。 その結果筋肉痛になってしまうため、こまめに水分を補給することは筋肉痛予防に最も適している行動でもあります。 また、ランニング中での水分補給は疲労を軽減したり、熱中症や脱水症状を予防する効果もあるため、季節問わず水分補給を忘れないようにしましょう。 筋肉痛は間違えたランニングフォームが原因? ランニングをすると筋肉痛になったり、腰に痛みが出てしまうこともあります。 筋肉痛や腰痛の症状が現れる理由は正しいランニングフォームで走ることができていない可能性があります。 正しいランニングフォームで走ることができていないと体に負担がかかってしまいやすくなり、負担を補うために筋肉を使ったりするため、筋肉痛や腰に負担がかかってしまいます。 ランニングの正しいフォームは背筋を伸ばしで走ることであり、骨盤がブレないように意識することが大切です。 また、前傾姿勢で走ることもおすすめのランニングフォームであり、体力温存にもつながります。 悪いランニングフォームは猫背のように背中を丸めたり、目線が下を向いている走り方です。 まとめ ランニングで使用する筋肉の中でふくらはぎが筋肉痛になりやすい部分です。 筋肉痛になることはそれだけふくらはぎに負担をかけていることであるため、正しいアウターケアを行うようにしましょう。 アイシングやストレッチをランニング前後に行うことで筋肉痛の予防になったり、症状を緩和することもできます。 慣れるまで面倒くさいと感じてしまいやすいですが、ランニングをするのであれば重要なことでもあり、ふくらはぎを最高の状態で維持して快適にランニングを行いましょう。 最後に記事の内容をおさらい!• ランニングでのふくらはぎの役割• ふくらはぎの筋肉痛対策• ランニングフォームの重要性.

次の