マイナポイント nanaco。 登録キャッシュレス決済サービス

マイナポイントを理解する

マイナポイント nanaco

マイナポイントとは マイナポイントで最大25%・上限5,000円分のポイント還元 「マイナポイント事業」は、消費者活性化、マイナンバーカードの普及、キャッシュレス決済の普及などを目的とした国の政策です。 マイナンバーカード保有者が「マイナポイント」に申し込むことで、 選択したキャッシュレス決済を使用してショッピングしたりチャージしたりした際に、最大25%・上限5,000円分のポイント還元を受けることができます。 マイナポイントはサービス事業者のポイントが付与 「マイナポイント」というと特別なポイント制度が国によって新設され、そのポイントが貯まりそうなイメージがありますが、実はそうではありません。 還元されるのは、「マイナポイント」と紐付けした「キャッシュレス決済」のサービス事業者が提供するポイントです。 「PayPay」であれば「PayPayボーナス」、「d払い」であれば「dポイント」とった具合です。 国の政策とは言え、 いつも使っている「キャッシュレス決済サービス」のポイントが貯められるため、使い勝手がよく設計されています。 マイナポイントの利用ステップ 「マイナポイント」の利用ステップは以下のようになっています。 ステップ1からステップ3までが事前準備で、選択したキャッシュレス決済を使用して、 実際にショッピングしたりチャージしたりするのはステップ4、つまり、2020年9月からになります。 まだちょっと先ですね。 <マイナポイントの利用ステップ>• マイナンバーカードを取得する:受付中• マイナポイントを予約する:受付中• マイナポイントを申し込む:2020年7月から2021年3月末まで• 選択したキャッシュレス決済を利用する:2020年9月から2021年3月末まで• ポイントが還元される ただし、 「マイナポイント」で還元を受けられるは先着4,000万人までと予想されています。 ステップ2がキャンペーンへの参加登録となりますので、 早めにステップ2までは実施しておくのがオススメです。 マイナポイントの申し込みは一度でしかできないため要注意 ステップ3の 「マイナポイントへの申し込む」は、2020年7月1日から実施できるようになります。 このステップでは、 ポイント還元を受ける「キャッシュレス決済サービス」を一つ選択することになります。 ただし、このステップには注意点があります。 それは、 ポイント還元を受ける「キャッシュレス決済サービス」を選択できるのは1つだけで後から変更できない、という点です。 一度選択してまうと後から変更できないため、よくよく考えて選択する必要があります。 このような状況を踏まえ、「キャッシュレス決済」のサービス事業者側では、 自分のところのサービスを選択してもらうと、独自のキャンペーンを提供し始めています。 この流れは、 2020年7月から9月にかけて活発化すると想定されます。 どうせ「マイナポイント」に申し込むのであれば、できるだけお得に利用したいですよね。 以下では、マイナポイントへの登録キャンペーンの状況をまとめてご紹介したいと思います。 マイナポイントの登録キャンペーン:お得度ランキングとオススメの登録先 ここでは、 この記事を作成している時点(2020年7月4日)での各社の最新状況をまとめていきたいと思います。 新しいキャンペーンを発見次第、 随時更新していきたいと思います。 キャンペーンのお得度ランキング 現時点での、マイナポイントの登録キャンペーンを実施しているサービス名とキャンペーン特典を、ランキング形式でまとめると以下になります。 キャンペーン特典は、 マイナポイント事業で還元される「5,000円分」とは別枠の、サービス事業者側の独自の特典で、 特典の高い順に並べています。 「赤字」が漏れなくもらえる特典、「青字」が抽選分です。 <マイナポイントの登録キャンペーン>• WAON:WAONへの登録後のチャージで+10%、 最大2,000円分プレゼント• メルペイ:登録後のメルカリでの買い物(本人確認必要)で+5%、メルペイへのチャージで最大1,000円分、合計で 最大2,000円分プレゼント+抽選で総額1億円分プレゼント( 1等1,000万円分)• ゆうちょPay:口座登録完了とマイナポイント登録で、 2,000円分プレゼント• Sucia:登録完了で 1,000円分+抽選で2,500名に 2,000円分プレゼント(ビューカードでのチャージが必要)• nanaco:登録完了で 500円分プレゼント+利用金額に応じた抽選で 最大50,000円分プレゼント• J-COIN:登録完了で 500円分プレゼント• FamiPay:登録で 先着10万名に 500円分プレゼント• JNB VISAデビッド:登録完了で 100円分プレゼント• LINE Pay:登録で 特典クーポン+5枚プレゼント• PayPay:登録後の抽選で総額1億円分プレゼント( 1等100万円分)• 三井住友カード:登録後の抽選で100名に 10,000Vポイントをプレゼント 現時点では、 最大2,000円分を獲得できる「WAON」と「メルペイ」「ゆうちょPay」がトップグループとなっています。 利便性の高さでは「WAON」と「メルペイ」が有利ですが、 「ゆうちょPay」の場合は利用しなくても特典がもらえるのが特徴です。 ただ、「メルペイ」は、メルカリでの利用やメルペイへのチャージなど、キャンペーン内容が複雑になっているため注意が必要です。 よくよくキャンペーン規約を理解する必要があります。 また、 利便性の高さではNo1とも言える「Suica」の1,000円分も魅力的です。 抽選で2,000円分のポイントが当たる「Wチャンス」もあります。 一攫千金を狙うなら「PayPay」でしょうか(笑)。 ただ、「メルペイ」も同様の抽選キャンペーンを始めたため、「PayPay」を選択する理由は個人的にはあまりないと思います。 キャンペーンでオススメの登録先 実は、 「ゆうちょPay」では口座設定完了まで500円分をもらえるのですが、これは「マイナポイント」の登録とは関係なくもらえます。 そのため、 「ゆうちょPay」で500円もらって、「WAON」でも2,000円もらうというのが、今のところは一番お得です。 <オススメのステップ>• ゆうちょPay:口座登録完了で 500円分のポイントを獲得• WAON:WAONへの登録後のチャージで 5,000円分+2,000円分のWAON残高を獲得• 合計: 7,500円分の価値を獲得 今後、これらのキャンペーンを超えるお得な内容を提供してくる事業者が現れるのかどうかが注目になりそうですね。 以下では、それぞれのキャンペーンの概要をご紹介したいと思います。 マイナポイントの登録キャンペーン:各社の最新状況 1位:WAON「WAONへのチャージで+10%、最大2,000円分プレゼント」キャンペーン こちらのキャンペーンは、 マイナポイントに「WAON」を登録してWAONにチャージすることで特典が得られるというものです。 マイナポイント事業から最大25%・上限5,000円分のWAONが還元されますが、それとは別枠で、 WAON特典として+10%、最大2,000WAONがプレゼントされます。 WAONは利用できる店舗が比較的多く、また、 チャージ後の利用ではなく最初にチャージした分がポイント還元の対象となっています。 使い勝手が良いのが特徴ですね。 申し込み期間は2020年7月1日から2021年3月31日まで、チャージ期間は2020年9月1日から2021年3月31日までとなっています(政府発表の内容と同じになります)。 キャッシュレス決済の利用で「マイナポイント」が貯まるのは2020年9月1日以降です。 それ以前にWAONにチャージした分は還元の対象外となりますのでご注意ください。 還元の対象となるのは、2020年9月1日以降にチャージした分のみとなります。 こちらのキャンペーンの詳細は以下公式サイトをご確認ください。 補足:WAONに登録するならイオンカード(WAON一体型)の発行がお得! 現時点でWAONをお持ちでない方が WAONを発行する場合「300円」の手数料が必要になってしまいます。 ポイント還元を受けるために手数料を発生させるのも、もったいないですよね。 そんな方には 「イオンカード (WAON一体型)」の発行がオススメです。 イオンカードはWAON一体型でも年会費無料ですので、無料でWAONをゲットできてしまいます。 しかも、ポイントサイトを経由すれば 「1,800円相当」のポイントも別枠で獲得できてしまいます。 さらに、イオンカード側でも入会キャンペーンを実施しており、 条件クリアで2,000円分のときめきポイントも獲得することができます。 2位:メルペイ「登録後のメルカリでの買い物(本人確認必要)で+5%、メルペイへのチャージで最大1,000円分、合計で最大2,000円分プレゼント+抽選で総額1億円分プレゼント(1等1,000万円分)」キャンペーン こちらのキャンペーンは、 マイナポイントに「メルペイ」を登録してチャージ&メルカリで利用することで特典が得られるというものです。 マイナポイント事業から最大25%・上限5,000円分のメルカリポイントが還元されますが、それとは別枠で、 メルカリでの利用特典として最大1,000円分、メルペイへのチャージ特典として最大1,000円分、合計で最大2,000円分のポイントがプレゼントされます。 また、Wチャンスとして「総額1億円相当」のポイントプレゼントも実施されます。 当然本数は以下のようになっています。 1等は1,000万円相当と夢のある金額ですが、当選者数は1名のみです。 かなり狭き門ですね。 5等の500円相当であれば13万名に当たるため、このあたりが現実的かなと思います。 このメルカリのキャンペーンは内容が複雑なため、以下で少し補足したいと思います。 メルカリでの利用特典 「メルペイ」自体はメルカリ以外の街中の店舗でも利用できますが、 追加の+5%・最大1,000円分のポイントに関してはメルカリで利用した分のみが対象となります。 メルカリで20,000円分を利用できる方は良いですが、そうでない場合は使い勝手が悪いですね・・。 また 「本人確認済み」である必要もありますので注意が必要です。 キャンペーン条件は以下になります。 <キャンペーン条件>• (1)マイナポイントの申込みとお買い物で最大5,000円相当分のポイント付与• 「メルペイ」を選んでマイナポイントの申込み完了後、「メルペイ」を利用してお買い物をすると、購入金額の25%(最大5,000円相当分まで)のポイントが付与されます。 (2)「メルペイの本人確認完了」なら「メルカリ」での購入で最大 1,000円相当分のポイント付与• ポイント付与期間• 2020年9月1日(火) 00:00 〜 2021年3月31日(水) 23:59まで• キャンペーン参加方法• マイナポイント申込み時に「メルペイ」を選択されたお客さまが対象です。 申込み完了後、「メルペイ」を利用してお買い物するとキャンペーンに参加できます。 マイナポイントの申込みについて• マイナポイントのお申込みは以下の期間で受け付けております。 2020年7月1日(水) 00:00 〜 2021年3月31日(水) 23:59 メルペイでのチャージ特典 こちらは、2020年7月3日から新しく追加になったキャンペーンです。 「メルペイ」を「マイナポイント」に登録後、 キャンペーン期間中に「メルペイ」へチャージ(入金)をすると、チャージした金額の合計に応じて、最大1,000円相当のポイントが付与されます。 キャンペーン期間は「2020年7月15日(水) 00:00(予定) 〜 2020年8月31日(月)23:59まで」というように、 「マイナポイント」の利用期間とは別になっているため注意が必要です。 チャージによるポイント付与率は以下のようになっています。 10,000円をチャージすることで、最大の1,000円分のポイントを獲得することができます。 キャンペーン条件は以下になります。 <キャンペーン条件>• キャンペーン期間• 2020年7月15日(水) 00:00(予定) 〜 2020年8月31日(月)23:59まで• 対象のチャージ(入金)方法• 付与対象となるチャージ(入金)方法は以下のとおりです。 お支払い用金融機関からチャージ• セブン銀行ATMからチャージ• メルカリの商品購入時のチャージ払い• メルペイスマート払い清算時のチャージ• ポイント付与について• 期間中にチャージ(入金)した金額の合計に応じて、ポイントを付与します。 付与条件:「メルペイを選んでマイナポイントの申込み完了」かつ「キャンペーン期間中にチャージ(入金)」をしたお客さま• 付与上限 : 1,000円相当のポイント• 付与日 : 2020月9月10日(木)までに付与予定 こちらのキャンペーンの詳細は以下公式サイトをご確認ください。 MEMO メルカリへの登録がまだという方はこちらの 「紹介コード」をご利用ください。 500円分のポイントをゲットできてお得ですよ! 紹介コード: GSRATV 3位:ゆうちょPay「アプリ設定完了と登録で、最大2,000円分プレゼント」キャンペーン こちらのキャンペーンは、 「ゆうちょPay」のアプリ設定完了で500円、「マイナポイント」への登録で1,500円、合計で最大2,000円分がもらえるというものです。 これは、 マイナポイント事業から還元される上限5,000円分とは別枠です。 キャンペーンは、第1弾と第2弾というように分かれていますが、 第1弾は「マイナポイント」とは関係なく特典を獲得できます。 第2段は「マイナポイント」への登録が必要ですが、 利用しなくても特典を獲得でき るのが特徴になっています。 非常にシンプルで好感が持てます。 実施時間については、第1段は8月末で終了するため注意が必要です。 早めに実施しておきましょう。 <実施期間>• 第1弾:2020年7月1日 水)~2020年8月31日(月)• 第2弾:2020年7月1日 水)~2021年3月31日(水) <キャンペーン内容>• 第1弾:キャンペーン期間中に ゆうちょPayを新規でダウンロードし、口座登録まで完了した方にゆうちょPayポイントをもれなく 500ポイントプレゼント!• 第2弾:ゆうちょPayをご利用いただいている方のうち、マイナポイントの付与を希望するキャッシュレス決済サービスとして 「ゆうちょPay」を選択のうえ、マイナポイントのお申し込みを完了した方にゆうちょPayポイントをもれなく 1,500ポイントプレゼント!! <ポイント付与日>• 第1弾:2020年9月中(予定)• 第2弾:マイナポイントのお申し込み完了日の翌月末まで(予定)• ただし、初回については2020年9月末付与(予定) こちらのキャンペーンの詳細は以下公式サイトをご確認ください。 4位:Suica「登録完了で1,000円分+抽選で2,500名に2,000円分プレゼント」キャンペーン こちらのキャンペーンは、 マイナポイントに「Suica」を登録することで特典が得られるというものです。 マイナポイント事業から最大25%・上限5,000円分のJREポイントが還元されますが、それとは別枠で、 Suica特典として1,000円分のJREポイントがプレゼントされます。 マイナポイントとして5,000円分のポイントを得るためには、20,000円分のSuicaへのチャージが必要になりますが、 追加の1,000円分については、マイナポイントへ申し込み(Suicaを登録)するだけで、もれなく獲得することができます。 利用が必要ないというのは良いですね。 さらに「Wチャンス」として、 JREポイントに登録したビューカードでSuicaにチャージすることで、抽選で2,500名に2,000ポイントまで当たります。 こちらは 別途エントリーが必要になりますのでご注意ください。 たまったJREポイントは、「1ポイント=1円」の価値としてSuicaにチャージできますので、Suicaとして利用すれば利便性は抜群ですね。 こちらのキャンペーンの詳細は以下公式サイトをご確認ください。 補足:ビューカードを発行するならポイントサイト経由がお得 ビューカードを発行するならポイントサイト経由がお得です。 ポイントサイトの 「モッピー」を経由することで、2,000円相当のポイントを別枠で獲得することができます。 中でもオススメは「ビックカメラSuicaカード」です。 カード側の入会キャンペーンとして、 最大8,000円分のポイントを別途獲得することができます。 Suicaも搭載されているので、一挙両得です。 注意点は、 還元されるのは「au Pay 残高」であって「Pontaポイント」ではないというところです。 Pontaポイントであれば、JALマイル等、別のポイントにも交換できるためちょっと残念ですね。 特典内容はそれぞれ以下になります。 <au PAY>• 条件:• [1]au PAYでマイナポイントにお申込みいただくこと(申込期間:2020年7月1日~2021年3月31日)• [2]マイナポイント申込後に対象期間内にチャージすること(対象期間:2020年9月1日~2021年3月31日)• 還元タイミング:月間のマイナポイント還元額に対して翌月下旬に還元 <au PAYカード>• 条件:• [1]au PAYカードでマイナポイントにお申込みいただくこと(申込期間:2020年7月1日~2021年3月31日)• [2]マイナポイント申込後に対象期間内にチャージすること(対象期間:2020年9月1日~2021年3月31日)• 還元タイミング:前月16日~当月15日までのカードご利用額で計算したマイナポイント還元額に対して翌月下旬に還元 こちらのキャンペーンの詳細は以下公式サイトをご確認ください。 6位:nanaco「登録完了で500円分プレゼント+利用金額に応じた抽選で最大50,000円分プレゼント」キャンペーン こちらのキャンペーンは、 マイナポイントに「nanaco」を登録することで特典が得られるというものです。 マイナポイント事業から最大25%・上限5,000円分のnanacoポイント が還元されますが、それとは別枠で、 500円分のnanacoポイントがプレゼントされます。 この500円分のnanacoポイントは、 「マイナポイント」への申し込み(登録)だけでもれなく獲得できるためお手軽です。 そして、こちらのキャンペーンが面白いのは、 抽選で追加のnanacoポイントが当たるチャンスも提供されているという点です。 こちらは、 キャンペーン期間中である「2020年7月1日 水 ~2020年8月31日 月 」の間の利用に応じて、金額3,000円を一口として、抽選が行われます。 「マイナポイント 」の利用期間(つまり9月以降)よりも先に、利用金額に応じた抽選を行うというのは面白い試みですね。 キャンペーン条件は以下になります。 <キャンペーン条件>• キャンペーン期間:2020年7月1日 水 ~2020年8月31日 月• キャンペーン条件:• キャンペーン期間中のnanacoご利用金額累計から3,000円 税込 を1口として、自動抽選で総計2万名様にnanacoポイントがあたる こちらのキャンペーンの詳細は以下公式サイトをご確認ください。 マイナポイント事業から最大25%・上限5,000円分のdポイントが還元されますが、それとは別枠で、 500円分のdポイントがプレゼントされます。 利用が必要ないというのは良いですね。 キャンペーン条件は以下になります。 追加の500円分のポイントを得るには、 2020年7月1日から9月30日の間にマイナポイントへの登録が必要となっています。 <キャンペーン条件>• キャンペーン名:マイナポイントd払い・dカード選択でもれなくdポイント500ポイントプレゼントキャンペーン• キャンペーン期間:2020年7月1日(水曜)申込開始時~2020年9月30日(水曜)午後11時59分• 対象者:キャンペーンの期間中にマイナポイント申込(=マイナポイントの付与を受ける決済サービスを選択)において、「d払い」または「dカード」を選択されたdポイントクラブ会員の方• 進呈時期:マイナポイント申込み月の翌々月上旬 こちらのキャンペーンの詳細は以下公式サイトをご確認ください。 8位:J-COIN「登録完了で500円分プレゼント」キャンペーン こちらのキャンペーンは、 マイナポイントに「J-COIN Pay」を登録することで特典が得られるというものです。 マイナポイント事業から最大25%・上限5,000円分のJ-COIN Pay残高が還元されますが、それとは別枠で、 500円分のJ-COIN Pay残高がプレゼントされます。 この500円分のJ-COIN Pay残高は、 「マイナポイント」への申し込み(登録)だけでもれなく獲得できるためお手軽です。 こちらのキャンペーンの詳細は以下公式サイトをご確認ください。 9位:FamiPay「先着10万名に500円分プレゼント」キャンペーン こちらのキャンペーンは、 マイナポイントに「FamiPay」を登録することで特典が得られるというものです。 マイナポイント事業から最大25%・上限5,000円分のFamiPayボーナスが還元されますが、それとは別枠で、 先着10万名に500円分のFamiPayボーナスがプレゼントされます。 こちらのキャンペーンは他のキャンペーンとは違い、 利用金額に関係なく先着でポイントがもらえるというのが特徴ですね。 その反面、 先着に漏れるとポイントを獲得できないということになりますが、10万名までなので結構余裕はありそうです。 申し込み期間および利用期間は以下になります(政府発表の内容と同じになります)。 先着10万名への500円相当のFamiPayボーナスプレゼントは「2020年7月1日(水)~2020年9月30日(水)まで」に申込みした方にのみが対象となっています。 9月以降に申し込みをしても500円分の特典はもらえないため注意が必要です。 また、FamiPayアプリから「マイナポイント」への申し込みができるようになっており、 FamiPayアプリから「マイナポイントアプリ」を起動しないと500円分の特典はもらえないようです。 こちらも注意が必要ですね。 キャンペーン条件は以下になります。 合わせてご確認ください。 <キャンペーン条件>• FamiPayボーナス進呈日• 7月中にお申込みの方:8月15日頃に付与• 8月中にお申込みの方:9月15日頃に付与• 9月中にお申込みの方:10月15日頃に付与• キャンペーン注意事項• マイナポイントのお申込にはマイナンバーカードが必要です。 FamiPayでマイナポイントをお申込みされた方が対象です。 FamiPayボーナスはお申込みされた翌月15日頃にファミペイアプリ上で確認できます。 キャンペーンは予告なしに終了する場合があります。 予めご了承ください。 マイナポイント(FamiPay)での進呈について• 店頭での現金、ファミマTカード(クレジット)、銀行口座からのチャージが対象です。 付与額は上限5,000円相当とし、チャージ後3日以内にFamiPay残高で進呈します。 こちらのキャンペーンの詳細は以下公式サイトをご確認ください。 10位:JNB VISAデビッド:登録完了で100円分プレゼント こちらのキャンペーンは、 マイナポイントに「JNB VISAデビッド」を登録することで特典が得られるというものです。 マイナポイント事業から最大25%・上限5,000円分の「マイナ交換ポイント」が還元されますが、それとは別枠で、 100円分の「マイナ交換ポイント」がプレゼントされます。 この100円分の「マイナ交換ポイント」は、 「 マイナポイント」への申し込み(登録)だけでもれなく獲得できるためお手軽です。 こちらのキャンペーンの詳細は以下公式サイトをご確認ください。 11位:LINE Pay「特典クーポン+5枚プレゼント」キャンペーン こちらのキャンペーンは、 マイナポイントに「LINE Pay」を登録してLIEN Payを利用することで特典が得られるというものです。 マイナポイント事業から最大25%・上限5,000円分のLINEポイントが還元されますが、それとは別枠で、 3ヶ月間に渡ってクーポンがひと月あたり5枚プレゼントされます。 LINE Payでは、「LINEポイントクラブ」の獲得ポイントによって決定される 「マイランク」によって、特典クーポンを毎月獲得することができます。 マイランクごとに獲得できる特典クーポンの枚数は以下のようになっています。 プラチナで最大10枚獲得することができます。 <マイランクごとの特典クーポン獲得枚数>• プラチナ:10枚• ゴールド:6枚• シルバー:3枚• レギュラー:1枚 マイナポイントに「LINE Pay」を登録すると、この獲得枚数が3ヶ月間だけ「+5枚」になるということになります。 実際の「特典クーポン」はこんな感じです。 コンビニエンスストアやドラッグストア、ファーストフード、ウェブショッピングなどで利用できるもので、LINE Payでの支払いにセットして利用します。 1枚あたり100円から5%の割引を得られるものが全部で80枚弱用意されています。 私の場合、「VISA LINE Payクレジットカード」に申し込むことで、2021年4月30日までは「プラチナ」になっていますので、毎月10枚の特典クーポンを獲得できています。 ただし、私の場合、現状で利用できているのは月2-3枚となっており、10枚でさえ使い切れていない状況です。 そのため、追加で5枚の枠をもらっても、正直ぜんぜん嬉しくありませんね。 もちろん、最大限利用できる方であれば500円以上のお得にはなると思いますが・・。 こちらのキャンペーンの詳細は以下公式サイトをご確認ください。 12位:PayPay「登録後の抽選で総額1億円分プレゼント(1等100万円分)」キャンペーン こちらのキャンペーンは、 マイナポイントに「PayPay」を登録して利用することで特典が得られるというものです。 マイナポイント事業から最大25%・上限5,000円分の「PayPayボーナス」が還元されますが、それとは別枠で、 総額1億円、1等100万円が抽選でプレゼントされます。 抽選ということで、当選するかどうかは神のみぞ知るですが、 1等で100万円分というのはなかなかインパクトのある数字ですね。 ちなみに、当選本数は以下のようになっています。 1等は10人ということで確率的にはかなり難しそうですが。 4等であれば150,000人となっていますので、このあたりが現実的でしょうか。 こちらのキャンペーンの詳細は以下公式サイトをご確認ください。 13位:三井住友カード「登録で抽選で100名に10,000Vポイントをプレゼント」キャンペーン こちらのキャンペーンは、 マイナポイントに「三井住友カード」を登録して利用することで特典が得られるというものです。 マイナポイント事業から最大25%・上限5,000円分のVポイントが還元されますが、それとは別枠で、 抽選で100名に10,000円分のVポイントがプレゼントされます。 Vポイントを10,000ポイントというのは非常に魅力的ですが、その一方で 抽選で100名というのは、確率的にはかなり望み薄な感じですね。 しかも、 9月中に登録した方が対象ということで、キャンペーンスタートはまだまだ先です。 個人的には、こちらのキャンペーンのお得さは評価不能ですね・・。 キャンペーン条件は以下になります。 <キャンペーン条件>• 期間:2020年9月1日(火)~9月30日(水)• 対象:マイナポイントお申し込み時に、キャッシュレス決済サービスへ三井住友カードをご登録いただいた方• 条件・特典:抽選で100名にVポイント10,000ポイント• 付与時期:2020年10月末頃(予定) こちらのキャンペーンの詳細は以下公式サイトをご確認ください。 補足:マイナポイントに登録できる決済サービス ここでは補足として、「マイナポイント」に登録できる代表的なサービス事業者を、カテゴリー別にまとめておきたいと思います。 キャンペーン実施としてご紹介したものは「青字」にしてあります。 大手どころも続々とキャンペーンを発表してきていますので、あとは「楽天ペイ」「楽天カード」などを擁する楽天グループの動向に注目ですね。 まとめ 今回は、マイナポイントに登録するオススメはどこなのか、決済サービス事業者側で発表になっている登録キャンペーンをまとめてご紹介しました。 2020年7月1日から「マイナポイント」の申し込みがスタートしたことを受け、今回ご紹介した以外にもキャンペーンをスタートさせるところが多くあると思います。 当記事は、最新のキャンペーン情報に合わせて情報を随時更新していきたいと思います。 「マイナンバーカード」と決済サービスの紐付けは一度しかできませんので、キャンペーン内容を比較し、よくよく考えてから申し込みを行うようにしましょう。 陸マイラー注目記事 各ポイントサイトではお得な入会キャンペーンを実施中です。 当ブログでは、複数のポイントサイトと協業させていただいており、特別な入会特典を多数ご提供しております。 陸マイラーとは?という基本はこちらにまとめております。 これから陸マイラーを始めるという方はぜひここからスタートしてください。 ANAマイルの貯め方はこちらの記事でまとめております。 誰でもコツさえ掴めば、 年20万マイルを超えるような大量ANAマイルを獲得できるようになります。 JALマイルの貯め方はこちらの記事でまとめております。 基本は前述のANAマイルの貯め方と同じになりますが、JALマイル独自のルートが存在します。 長らく JALマイルは貯めづらいと言われてきましたが、近年はぐっと貯め易い状況となっています。 アメックスでは現在、紹介プログラムによって獲得できる特典が高騰中です。 利用金額に応じて大量ポイントを獲得することができます。

次の

知らないだけで損する!マイナポイントのメリットデメリット

マイナポイント nanaco

マイナポイント事業について マイナポイント事業は、総務省がマイナンバーカード普及のために行う施策で、 2020年9月から2021年3月末まで行われます。 総務省が2019年7月に発表したマイナンバーカードの普及率は13. 5%だったので流石に 「やっべ・・・」と焦って施策を打った形です。 偉い人の頭には住基カードの悪夢が頭をよぎったことでしょう。 住基カード、のこと、時々でいいから、思い出してください(2015年12月没)。 このマイナポイント事業ですが、 2020年度予算案で2458億円が充てられている大きな施策です。 2458億円がどのくらい大きいかというと、現在行われているキャッシュレス・消費者還元事業の予算が2798億円(実際は超オーバーしたけど)でした。 つまり、キャッシュレス決済をする度に5%バラ撒いている施策と同等規模の施策ということになります。 マイナポイントが出来たときには国民全員に10万円配る機会が来るなんてだれも予想していなかったでしょうから、大分影が薄くなってしまった感は否めませんが、税金が大量投入されている施策です。 ここではそんなマイナポイント事業についての概要をわかっている範囲で、できる限り噛み砕いて、まとめていきたいと思います。 マイナポイントという名前の独自のポイントではなく、25%分のポイント(選択したキャッシュレス決済手段によって変わる)の総称です。 大きく分けて以下の3種類のポイントの付与方法があります。 前払額に応じてマイナポイントを付与する方法。 決済額に応じてマイナポイントを付与する方法。 その他一定の経済的利益を受ける権利を対象者に付与する方法として認められる方法。 マイナポイント事業キャッシュレス決済事業者登録要領「5. 2 補助の対象となるマイナポイント付与の方法」より 実際、PayPayは 「PayPay残高にチャージ 1 またはPayPay残高を利用 2 した金額の25%分のPayPayボーナスを付与」でチャージ、利用のいずれかを選択する形で、マイナポイントが付与されます。 マイナポイントのキャッシュレス決済事業者と独自ボーナスまとめ マイナポイントをもらうためには、 キャッシュレス決済サービスを1つ選択する必要があります。 マイナポイントのキャッシュレス決済事業者の代表的なものは以下の通りです。 その他一覧はで確認できます。 自社のサービスを使ってもらうきっかけ作りにしたいので、マイナポイントに加えて、独自のボーナスを付与するという決済サービスもあります。 ただし、 クレジットカードのJCBカードなど、マイナポイント事業に参加していない企業も一部あります。 マイナンバーカードを発行する• マイキーIDの設定• 決済サービスを選択&申し込み(2020年7月開始) マイナンバーカードを発行する マイナンバーカードの発行方法に関してはが詳しいです。 「通知カードと一緒に入っていたマイナンバーカード交付申請書なんてとっくに紛失したぜ!」という方は市役所などに電話すれば住民票の住所に送ってくれます。 顔写真などを送る交付申請(交付申請書に記載されている申請書IDなどが必須です)は筆者の場合、スマートフォンで行いました。 家の壁紙の白い部分を背景にiPhoneで自撮りした無精髭の顔写真を送りましたが、問題なく通りました。 通らなければよかったのにと思うレベルの面です。 交付申請から1ヶ月くらいで交付通知書(「出来たよー」というお知らせ)が送られてきます。 おそらく時期によって混雑具合は違うので、確定申告前と、このマイナポイント開始前はもっとかかると思われます。 なので、 もし参加される方は早めの申請がおすすめです。 交付通知書が届いたら、めんどくさいですが受け取りに市役所、もしくは支所に足を運びます。 本人限定郵便で郵送してくれと思いましたが、まあ難しいでしょうね・・・。 受け取りには事前の予約が必要です。 友人曰く、市役所で予約をせずに受け取れたらしいですが、30分以上待たされたらしいので、事前の予約がおすすめ。 予約した筆者は5分くらいで発行できました。 友人は「厳重に保管されているので予約していないと取りに行くのに時間がかかる」と説明されたらしいですが、詳細は不明です。 顔写真と実物が違いすぎてブースの中で市役所のお姉さんにガン見されたのは良い思い出です。 これからマイナンバーカードが保険証代わりになるなど、身分証明書としての地位を上げていけばいくほど生きづらくなりそうなので、顔写真はいつもの状態で撮りましょう。 また、犯罪収益移転防止法改正に伴い、本人確認書類を2枚、例えば免許証とマイナンバーカードの2枚、を提出するような機会も増えるので、 ご自身の顔写真を使った神経衰弱でアウトにならないようにご注意ください。 snowの写真とかやめておきましょう。 マイキーIDの設定 マイナンバーカードを手に入れたら、 ウェブサービスにログインするためのIDとパスワードを発行します。 このIDは、マイキーIDと呼ばれます。 最初に申し上げておくと、マイナンバーカードさえ発行しておけば、マイキーIDとパスワードはいつでも発行できるので特に焦る必要はありません。 というか 今発行してもキャッシュレス決済サービスの選択が始まる2020年7月から利用されます。 いちおう、取得の流れを解説します。 これで申し込み完了。 9月から実際に事業開始となります。 マイナポイントと自治体ポイントの違い マイナポイントと似て非なるものとして 自治体ポイントというポイントがあります。 マイナポイントが作られる以前から存在していたマイナンバーカードのポイント制度で、マイナポイントと同じく、マイキーIDとパスワードを発行して、さらに諸々の設定をすれば貯められます。 結論からいえば、自治体ポイントは 「こんなポイント誰が使うの?」という非常に謎なポイントです。 使うまでの設定が面倒、使い道が極少(地域の美術館や物産品が購入できるオンラインショップとかで使える)で設計した人に5時間くらい問い詰めたいくらい。 なんの圧力があったかわかりませんが、dポイント、ANAマイル、永久不滅ポイント、OkiDokiポイントなど、様々なポイントから自治体ポイントに交換することは可能です。 ただし、一度変えたら使い道がほぼなくなるのでご注意ください。 よほどそういうレアな交換がお好きな方はどうぞ。 マイナポイント事業で付与されるポイントはこの自治体ポイントではなく、1ポイント=1円で使えるマイナポイントであり、別物なのでご安心ください。 マイナポイントのまとめとマイナンバーカードの今後 マイナンバーカードを発行するモチベーションが沸かないそこのあなた。 わかる。 実際、基本的には免許証だけで事足りるし、 いくらマイナポイントが5,000円分貰えると言っても、発行のために写真撮って、時間作って市役所に足を運んで、といった手間賃のほうがよっぽど高い、2億くれ、というのが自堕落な自分の本音です。 それでも個人的に知人にはマイナンバーカードを作ることをおすすめします。 理由は以下の通り。 確定申告のe-Taxが楽。 また給付金配布のようなことがあった際にあったほうが便利。 2021年3月から健康保険証として利用可能になる。 運転免許証との一体化も協議されている。 医療費控除の手続きも簡単にできるようになる。 犯罪収益移転防止法改正に伴いクレジットカードカード作成時などに身分証が2種類必要になっている(パスポートより提出しやすい)。 各自治体の手続きがマイナンバーカードがあれば簡素化する予定。 預貯金口座とマイナンバーの連結義務化が検討されている(口座連携=マイナンバー提出代わりになる)。 ちなみに 紙製の通知カードは廃止される予定なので、通知カードに頼っている方も早めの切り替えを検討したほうが良いかもしれません。 このページで現状で伝えたいのは、 マイナポイント目当てであれ、利便性目当てであれ、マイナンバーカードを作る予定があるなら早めに作ったほうが良い、ということです。 マイキーIDの設定とかはいつでもできるので、とにかくカードの発行だけは早く済ませたほうが良いのではないでしょうか。 個人情報の漏洩の心配とか色々言われているマイナンバーですが、自分が調べた範囲だと割としっかり設計されているなと思っているのと、 それ自体は無意味な番号の羅列であるマイナンバーより、免許証番号のほうが西暦とか再発行の回数とかの情報が入っていてよっぽど怖い、というのが個人的な意見です。 とはいえ、あくまでマイナポイントについてのまとめなので、セキュリティなどに関してはご自身の判断でお願いします。 マイナポイントにつられて作るのも全然良いとは思いますが、ご自身でもどういう仕組なのか、お手すきの際に調べてみてください。

次の

「nanaco(ナナコ)」×「マイナポイント事業」合計5500円相当還元+抽選が可能!注意点等<まとめ>

マイナポイント nanaco

2020年9月1日から「マイナポイント」がスタートします。 マイナポイント事業は、マイナンバーカード普及に向けた取り組みの1つで、9月から2021年3月までの7カ月間実施されるもの。 上限は5,000円相当。 マイナンバーカードを取得して、所定の設定とキャッシュレス決済サービスを選ぶだけで、最大で5,000円相当のポイント付与というのはお得。 キャッシュレス決済サービスは、クレジットカードやデビットカード、Suicaなどの電子マネー、PayPayなどQRコード決済から「どれかひとつ」を選択します。 9月の事業開始を前に、7月1日からマイナポイントの申込みがスタート。 登録から利用までいくつかの準備が必要となります。 マイナポイント事業の概要や準備について紹介します。 なお、注意したいのは、 マイナポイント対象となるのは9月以降のチャージや決済 です。 参加予定の決済サービス 6月30日現在 基本的にはよく使うクレジットカードやQRコード決済、電子マネーなどを選べばよいでしょう。 ただし、 どれかひとつ を選ぶため、各決済事業者が自社サービスに登録してもらえるようキャンペーンなどに力を入れています。 7月1日現在、WAONは最大2,000円相当、ゆうちょPayは1,500円相当、au PAY、Suicaは1,000円相当、メルペイも1,000円相当 メルカリの支払いのみ 、d払いやdカードは500円相当が、マイナポイントの最大5,000円相当に加えて付与されます。 、nanacoも8月31日までの申込みなど、数や期間を制限している場合もあります。 「どれがお得か、どれが使いやすいか」は、自分の使い方や行動範囲などをよく考えた上で決めましょう。 一度マイナポイントに決済サービスを登録すると、 変更はできません。 7月1日から申込みが開始されましたが、マイナポイント開始は9月1日で、今後もキャンペーン等が発表される可能性もあります。 じっくり考えて選びましょう。 また、気をつけたいのは、付与方法や時期などが決済事業者によって異なっていること。 カードやコード決済の多くは 決済金額 に応じて、マイナポイントの付与が決まりますが、Suicaや楽天Edy、WAONは、 チャージ金額 に応じてポイントが付与されます。 また、は、チャージ額に応じて「PASMOマイナポイント」を付与し、3カ月後にポイントをPASMOにチャージ可能になります。 ジャパンネット銀行の「JNB Visaデビット」では、決済額に応じてAmazonギフト券またはnanacoギフトに交換できる「マイナ交換ポイント」を付与する、といったようにポイントの付与方法や時期にも違いがあります。 利用頻度や使いやすさに加え、付与方法や時期なども確認した上で、どれか一つを慎重に選びましょう。 【関連記事】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の