大阪 警察 官 殺人。 京田辺警察官殺害事件

元警察官によるマンション住人殺人、判決後に証人が殺される

大阪 警察 官 殺人

平成27年1月25日の女性殺人事件で、大阪府警の現職警官が女性殺害容疑で逮捕されました。 ネットで調べたところ、昭和53年にも東京都で現職警察官が制服で巡回中に、女子大生が 殺害されています。 その後、当時の土田警視総監、北沢署長も辞任しています。 今回容疑者が逮捕されてからは、あまり報道されていないように思われます。 公務員も人の子であるが、職種、特に警察官は法の番人であるべきで、あってはならない 事件と思いますが、TVにおいてはあまり報道がありません。 次の点について教えて下さい。 明治時代より現職警官による殺人事件は上記2件以外にもありますか。 現職警官による殺人は起こりうるべきもので、とりたてて報道するような事件では ないのでしょうか。 大阪府警は今後どういう処分をするのでしょうか。 >しかし警察官は全国で二十数万人です。 5年くらい前の総務省統計値で、三十万人に近い二十数万人と認識しています。 >二十数万の市で、昭和53年より平成27年までに4件も殺人事件は >起こらないと思います。 37年間、まだ今年は終わっていないので、36年間と仮定しましょう。 この期間の殺人事件の認知件数は昭和53年で2,500件超ですが、平成期に入ってから1,500件程度から緩やかに減少傾向で推移しています。 均してみて1,500件というところでしょう。 人口も面倒臭いので1. 2億人と仮定します。 2億人ですから、0. 00125%ぐらい。 >逆にいえば、警察官のほうが殺人の発生率が高いということになります。 比較すれば若干高いかもしれませんが、ほぼ同値と言えるでしょう。 もちろん、認知件数が4件というのは、過去の新聞などをよく調査していないからですし、殺人実行者が警察官であると分かっていないような事件も可能性としてはあるでしょうから、想像を交えれば「警察官のほうが殺人の発生率が高いかもしれない」ぐらいまではいえるかもしれません。 別の視点、三交代制で深夜勤務もあるような職種というカテゴリで分類された資料は見つかりませんでした。 定性的ですが、個人的にはこのようなハードワークに従事する者が対象となる犯罪認知件数は高いように感じています。 それが本当であれば、他業種従事者と比べ警察官による殺人発生率が特別高いと判定できる要素は無いのかもしれません。 回答ありがとうございました。 近日々では2件あり、他にもあるのですか。 一定の比率では犯罪は起こりうると思います。 しかし警察官は全国で二十数万人です。 二十数万の市で、昭和53年より平成27年までに4件も殺人事件は 起こらないと思います。 逆にいえば、警察官のほうが殺人の発生率が高いということになります。 だとすればやはり大問題だと思うのですが。 マスコミも殺人犯が警察官であったということは、驚くことでないし、 一般人にとってもそうなので、1つの殺人事件として報道された、と いうのが実情のようですね。 権力と武器をもった警察官には、最低のモラル位はもつべきだが それも無理とは情けなく、怖い話です。

次の

黒人男性を殺害した警察官の罪名を「第2級殺人」に変更。「第3級殺人」との違いとは?

大阪 警察 官 殺人

経緯 [ ] 2007年9月18日午前4時頃、少女は自宅2階の寝室で寝ていた父親の首を(刃渡り11cm、柄約30cm)で切りつけて失血死させた。 午前4時40分頃、少女の母親が「父親が首を切って自殺した」と通報。 消防からの連絡で員が駆け付けたところ、2階の寝室のベッドで血塗れで死亡していることが確認された。 1階キッチンに手斧が落ちており、側にいた少女の服に返り血が付いていたため、署員が事情を聞いたところ犯行を認めたため、容疑でした。 少女は犯行の5日前に自宅近くので手斧を購入していた。 少女は動機について「父親の女性関係に数年前から疑問を抱いていた。 にしようと思った」と府警の調べに供述したとされる。 10月5日、は少女を殺人の非行事実でにしたが 、計画性と残虐性を考慮して刑事処分相当との意見を付けた。 10月18日、第一回審判では少女の心理状態鑑定を決定した。 家裁送致 [ ] 2008年1月23日、京都家裁の決定では動機について、厳しいしつけをしてきた父に女性関係があって、生理的な嫌悪感や不快感を抱いていたが、そんな父親に進学の許諾を得なければならなかったことに強い屈辱感を持ったためとし、6月頃には殺害を計画したとした。 そして、犯行が残忍で計画性が認められる重大事案として、原則にすべき事件 としつつも、少女の、こだわりが強いという特性や潔癖を願う気持ちが強い性格により、症状が強まっていたとして、保護処分とする特段の事情があると結論。 謝罪する気持ちがあることや家族の処罰感情が強くないことも考慮し、長期間のを施して更生を図るべきだとして、中等送致のを決定した。 異議はなく、そのまま確定した。 事件の影響 [ ] 一部メディアは、少女が中学2年以降から(ゴスロリ)に興味を示すようになり、犯行時もそれらの服を着ていたと報じた。 また、同年9月24日には、長野県で少年が斧で父親を殴打し負傷させる事件が発生し、逮捕された少年は、テレビで京田辺の事件を見て斧を凶器に選んだと供述している。 また、、などで放送されていたアニメ『』や、などで放送されていたアニメ『』が本事件を想起させるとの理由で、数局で放送がられた。 出典 [ ]• 読売新聞大阪夕刊. 2007年9月18日• 毎日新聞大阪朝刊. 2007年9月19日• 毎日新聞大阪朝刊. 2007年9月25日• 共同通信. 2007年10月5日. 毎日新聞大阪夕刊. 2007年10月5日• 毎日新聞 大阪朝刊. 2007年10月19日• 2001年4月施行の改正20条2項で、16歳以上の少年が故意に相手を死なせた場合は、原則検察官送致決定をしなければならないとなっている。 朝日新聞大阪朝刊. 2008年1月24日• 毎日新聞 大阪夕刊. 2008年2月7日• 産経新聞東京朝刊. 2007年9月20日• TBS News i 2007年10月12日(ログ)• 関連項目 [ ]•

次の

ホーム/大阪府警本部

大阪 警察 官 殺人

「何で、あかんやん。 何してんの!」。 母として、息子を叱るような言葉を発したのは覚えている。 後の記憶はぐちゃぐちゃだ。 それが5年前の9月11日。 巡査部長の妻のおなかには当時、2人目の娘がいた。 診察のため、その前日に病院に近い実家に戻っていた。 長女もまだ1歳。 遺書には「幸せやったで」と、家族への感謝がつづられていた。 だれも理由が分からなかった。 巡査部長の父親(59)は息子の妻の両親に不明を恥じ、土下座して謝罪した。 手がかりになりそうな遺書の言葉はわずかに2つ。 「つらかった。 耐えられない」 身長182センチ、体重90キロ超。 体格に恵まれ、高校から始めた柔道でも、めきめきと頭角を現した。 プロレスラーにもあこがれていたというが、父親と同じ大阪府警の警察官として生きる道を選んだ。 自身の結婚式では「父のようになりたい」とスピーチした。

次の