サッポロ クラシック ラガー。 熱処理ビールの2大巨頭・「伝統」キリンクラシックラガーと「赤星」サッポロラガービールを飲み比べてみました

キリン クラシックラガー|昭和40年当時の熱処理製法を再現。クリアな甘みとどっしり構えた苦味のあるラガービール

サッポロ クラシック ラガー

今年もコンビニやスーパーに「赤星」ことサッポロラガーが並んでいた。 定期的にビール棚に登場するようになって何年くらい経つだろうか。 見かけるとついつい買ってしまう。 サッポロラガーのことを知らない人がいるかとは思うので説明すると、1877年に北海道で登場したビールで、現存する中で日本最古のブランドだ。 140年も前からあるのだから凄いものだ。 ビールを頼んだら何も言わずに赤星が出て来るような飲食店に、なんとなく老舗感があるのはそういう文脈があるからだ。 このサッポロラガーというのは、流通している地域が少なくて、以前は関西でほとんど見かける事は無かった。 北海道ではたぶんずっと売られていたと思う。 関東でもけっこう昔から流通してたのではないか。 もちろん関西でも一部の店にはあったのだけど。 かれこれ二十年くらい前になるけれど、東京に遊びにいったおりに友達が「コンビニでサッポロラガーが飲めるぞ」とか教えてくれた。 当時の僕は「は?ラガーってキリンの?そんなの普通やん」とかいう程度の認識だった。 サッポロにもラガーというのがあるのを知らなかったのだ。 キリンラガーより古い銘柄なのに。 そしてコンビニで売られているモノのを見てびっくりした。 ぜんぜん見たことのないサッポロ。 関東だけにこんなのがあるのかと。 ちなみにキリンラガーはに登場しているのでこれもずいぶんと古い。 関西でラガーといえば100%キリンのものを指していた。 僕としてもサッポロといえば赤星ではなく、黒字に金の星ののイメージが強い。 は40年の歴史だそうなので結構新しい銘柄だし、僕がビールを飲み始めた頃にちょうど目の前にあったやつである。 あとはご存知だ。 「ラガー」という名前はのラガーだ。 常温以下の環境を人工的に作り出して、そういう環境で発酵するを使ったビール。 いわゆる下面発酵で作られるビールをという。 現在の有名なビールというのは下面発酵で作られるが大半なので、サッポロがラガーという名前をつけても、キリンがつけても、別に問題はなくて、日清やきそばというのと、マルちゃんやきそばとかいうのと変わらない。 そういう事情を知らなかったので、子供のころはラガーといえばキリンだろうとか思ってしまっていた。 冷やしながら作るに対して、日本酒と同じように常温の環境下で、上面発酵の製造工程で作られる昔ながらのビールを、エールビールという。 だのペールエールだのスタウトだのといったやつは、エールに属するビールである。 日本でビールが広まった時は、すでにが主流になっていたので、エールを楽しむ文化は育たなかったことになる。 ただし現在は各社からいろいろのエールビールが販売されている。 ギネスビールなんてのは有名なもののひとつ。 地ビール系にもエールが多い。 横道にそれてしまったので話を赤星に戻す。 そんなわけで関西ではあまり知られて無かったサッポロの赤星だけど、現在はコンビニやスーパーで定期的に販売するようになって関西人も飲む機会が増えた。 それと平行して、立ち飲み屋や安居酒屋を中心としてサッポロラガーを提供するお店も増えて、僕もものすごい勢いで飲むようになった。 東京を本拠地にするグループなんかも、いつごろからか赤星を提供するようになった。 グループが運営するリーズナブル居酒屋ブランドである「一軒め酒場」の前店なんて通いつめすぎて、僕はここで何本の赤星の大瓶を消費したのかわからないくらいだ。 それまでは関西でたまに赤星を扱っている居酒屋なんかがあっても、価値をぶっこいて少々お値段を高めに設定していた。 しかしサッポロの営業努力もあって、今や赤星は関西でも特別なビールではなくなった。 それでも、コンビニ・スーパーで常時手に入る状態でもないので、スポット販売だとついつい買ってしまうような塩梅だ。 僕がなんでそこまで赤星に執着しているのか。 サッポロが好きだというのをのぞけば、缶や瓶のラベルのレトロな雰囲気に呑まれてしまっているからだろう。 あと、なんだかんだで、常時手にはいらない微妙なプレミアム感。 冷静に考えて、ふだん何も考えずにグビグビと飲むならばだろうと思うのだ。 なにせはテクノロジーの恩恵を受けたフィルターで、を綺麗に取り除いて作られた生ビールだ。 生ビール、いわゆるドラフトビールというやつ。 それに対して赤星はいまだに加熱処理ビールなので、の風味の濃厚なクラシカルなタイプ。 それが嫌というわけではないけど、爽やかなは飲みやすい。 現代の味がする。 実はキリンのほうのも、昔は加熱処理ビールだったが、今では非加熱処理の生ビールに変わってしまっている。 最新技術でもってアップグレードされていたのだ。 それに対して、昔ながらの加熱処理のままのバージョンのキリンラガーは、しばらくしてという名前で、別の銘柄として売られるようになった。 単に技術が未発達の時代のビールとして片付けるには惜しいということだろう。 生ビールしか知らない人も、けっこう新鮮な気持ちで飲めたりもする。 キリンラガーとの味わいの差を理解していただけるなら、赤星との違いもなんとなくわかっていただけるだろう。 もうひとつ、北海道限定のビールであるというやつ。 こいつも美味い。 これはラガーやと違って、とホップした使ってない本場感のある製法の商品だ。 1985年から出ているらしいが、前までは北海道にいくしかなかった。 今ではちょくちょくスーパーで売られているのに遭遇する。 サッポロはこのクラシックに関しても、全国にアピールしたいみたいな気持ちがあるらしい。 サッポロの営業には頑張ってもらいたいものだ。 大阪で常時飲めるくらいに。 温玉ブログはサッポロをていく。 (キリンもアサヒもガンガンに飲むけれど).

次の

【赤星】サッポロラガービール|日本のビールの原点!愛される古き良きジャパニーズラガー

サッポロ クラシック ラガー

サッポロクラシック商品ラインナップ• 大ビン 633ml• 中ビン 500ml• 缶ビール 500ml• 缶ビール 350ml 缶ビールはやは手頃ではありますが、鮮度の良い瓶ビールの「サッポロ クラシック」はさらに格別。 外国人が選ぶ「スゴイ日本製ランキング」で1位 テレビ朝日で放送された 「外国人がはるばる買いに来る、スゴイ日本製品ランキング年末総決算」でなんと1位に輝いたのがこの「サッポロ クラシック」 ゲームソフトやキットカット・歯ブラシなど素晴らしい日本製品がランクインする中での堂々の1位に輝いたビール 北海道を訪れた外国人がクラッシクの味を好み、お土産に買っていくそうです。 サッポロ クラシック テイスティング グラスに注ぐと、麦芽とホップの香りがバランスよく上がる。 口に含むと滑らかな甘みと爽やかな香りが同時に訪れる。 まとまりのあるミディアムで心地よいボディがとても好印象。 麦芽100%のビールらしい重たく麦の甘みをしっかりと感じるが、不思議と爽やかなキレの良さも感じる。 まろやかな麦芽による甘さ、ホップによるサッパリとした飲みやすさ・・・。 宣伝文句にもあるようにとにかくおいしい食事と相性の良いビール。 麦芽100%でこの価格も素晴らしい。 サッポロ クラシック まとめ&感想• 北海道限定のビール• 麦芽100%のビール• 季節限定のクラシックも秀逸• 食事との相性も抜群のビール 北海道限定のビール「 サッポロクラシック」 たまに北海道物産展などで見かける事も有るのですが、残念ながらその名前の通り北海道でしか購入することが出来ず、そのほかの地域で販売されていることは基本的にありません。 サッポロビールは個人的にもお気に入りの銘柄では有るのですが、この「 サッポロクラシック」は格別です。 とにかく旨い!! 味も値段も十分に満足できます。 味が強く印象が強いビールは、ハマると美味しいのですが、ある一定期間を過ぎると飲み飽きたりしてしまう事も…。 この「サッポロクラシック」はそれがなく、末永く楽むことが出来ます。 北海道以外の地域では購入できないのが残念なところではあるのですが、最近はインターネット通販でお取り寄せが出来るようになりうれしい限りです。 以前は北海道出張に行く時の一つの楽しみでした。 コンビニ等で手軽に安価で購入できる北海道民が羨ましくもありますが、この価格でこのクオリティーのビールがいつでも飲めるようになったこのネット通販時代に感謝です。 まだ飲まれたことのない方は是非一度お取り寄せする事をおすすめします。 麦芽100%使用で、価格は通常のビールと変わらない設定。 上手く送料無料の商品が見つかれば結構お得に購入できます。

次の

サッポロクラシックの味はうまい!?まずい?口コミ感想は!?売ってない?

サッポロ クラシック ラガー

そりゃ、まずかったらこんなにロングセラーにならないよ・・! 「サッポロクラシック」がまずい!美味しくない!の感想・声まとめ! ビール サッポロクラシック ひっさびさに飲んだけどやっぱまずい〜アア〜でももったいないから全部飲みきる〜アア〜 — チャロ ch404find サッポロCLASSIC、べつにそんなに美味しくない。 東京のアンテナショップで売ってるのじゃなくてセコマで売ってるサッポロクラシックが飲みたい。 ホッホクルツ製法でうまい。 — シェウアン sheuan サッポロクラシックうまいな。 すすきのビールと小樽ビールとサッポロクラシックを飲みました。 いくらでもいける感じ。 餃子とむちゃくちゃ合う。 やばい。 うまい。 — うさふー Grahoo やっぱサッポロクラシックうまい。 まずかったらこんなにロングセラーになりません! 実際に購入して飲んだ私の感想は「 コクがあるのにスッキリしていてうまい!」です。 麦芽とホップだけで作ったので当然、麦芽の香りと味は強く、飲みごたえが強いです。 しかし、「 スッキリ」もしています。 このスッキリは 雑味がなく「クリア」なのです。 麦芽とホップのみだと通常あまりスッキリ感やクリア感は少ないんですよ・・。 でもサッポロクラシックはコクと飲みごたえあるのにスッキリ感とクリア感があるんです。 かなり気になったので調べてみると、サッポロクラシックの場合は製造方法が「 ホッホクルツ製法」と言われる製法で作られているようです。 これは ドイツで古くからある醸造法で高温で短時間の仕込みで作り上げるようです。 通常の醸造法とサッポロクラシックの醸造法は作り方が違うんです!.

次の