カップ ヌードル チャーハン レシピ。 【大阪ほんわかテレビ】カップヌードルチャーハンのレシピ

カップヌードルチャーハンのレシピは日清がおすすめ!マジで簡単!

カップ ヌードル チャーハン レシピ

Sponsored Link スッキリ カップヌードルチャーハンの材料• カップヌードル 1個• ご飯 お茶碗1杯• 卵 1個• サラダ油 適量• ネギ 10㎝くらい スッキリ カップヌードルチャーハンの作り方• ネギは小口切りにする。 カップヌードルのフタを取り、中身をジッパー付きのポリ袋に全て移し入れ口を閉じ、手や麺棒などで細かく砕きます。 細かくなったら、カップヌードルの容器に戻し、麺が浸かるくらいの水を注ぎます。 熱したフライパンにサラダ油 大さじ1くらいをひき 溶き卵を流し入れサッと炒め、すぐに ご飯を加え炒める。 軽くご飯を炒めたら、水を入れたカップヌードルを汁ごと加え、小口切りにしたネギも入れ水分を飛ばしながら炒める。 水分が飛びパラパラになったら器に盛りつけて完成。 まとめ とっても簡単で絶品の「カップヌードル炒飯」 トムヤムクンやシーフードも美味しいそうですが、 一番人気は、「塩」だそうです。 是非参考に作ってみてください。

次の

話題のカップヌードル炒飯を の「鶏塩」で作ってみた結果‥‥

カップ ヌードル チャーハン レシピ

きゅうりのキューちゃん入りカップヌードル炒飯 調理時間 10分 調理器具 ジッパー袋・フライパン レシピの分類 メインディッシュ レシピの種類 中華料理 カロリー 全量 825. 1kcal(1人分 412. 6kcal) 塩分 全量 7g(1人分 3. 5g) 糖質量 全量 104. 6g(1人分 52. 3g) 糖質量はカップヌードルときゅーちゃんが炭水化物量しか記載がなかったためそちらで計算しています。 材料 2人分 お好きな味のカップヌードル 1個(醤油味) 卵 1個 温かいご飯 お茶碗1杯分 ごま油 大さじ1 水 適量 きゅうりの漬物(きゅうりのきゅーちゃん)50g ちなみに本家のレシピではキューちゃんの代わりにネギが入ります。 ネギのほうが好きな方お好みでどうぞ。 レシピ動画 村田さん曰く、溶き卵にしないほうが卵のうまみが強くなるそうです。 4、軽くほぐれたら、カップヌードルを汁ごとすべて加える。 5、水分が飛ぶまで炒め合わせ、きゅーちゃんを加えてさらに炒め合わせたら完成です。 個人的にチャーハンは丸い形が好きなので、器に詰めてひっくり返して盛り付けました。 カップヌードルとチャーラーセットにしても美味しいですよ。 このレシピの感想 最後にこのレシピの感想をご紹介しますね。 塩分は高めなので、気になる方は塩分カットタイプのカップヌードルを使うといいかもしれません。 カップヌードルだけでも色々な種類があるので、自分好みの味で作れる点もいいですよね。 また謎肉など具材ももともと入っているので、自分でハムなどを用意しなくてもいい点も手軽です。 ぶっちゃけ日清以外にもカップラーメンは色々あるので、アレンジはかなりたくさん楽しめるのではないでしょうか。 ただ今回ご紹介したきゅーちゃん入りは、定番の醤油味が合うかな~と思いました。 塩も合うかもしれません。 ポリポリ食感がプラスされて食べ応えもあるので、是非入れてみてください。 以上『 カップヌードルチャーハンの作り方』のご紹介でした。 ぜひ作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』では、その他にも炒飯のレシピをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。

次の

話題のカップヌードル炒飯を の「鶏塩」で作ってみた結果‥‥

カップ ヌードル チャーハン レシピ

公式が発表したカップヌードルは、定番の「カップヌードル」を筆頭に「カレー」「シーフード」「チリトマトヌードル」「しお(SiO)」「欧風チーズカレー」「味噌」「トムヤムクンヌードル」「グリーンカレー」「リッチ フカヒレスープ味」「鶏南蛮そば」「肉だしうどん」「コッテリーナイス」3品(ポークしょうゆ・クリーミーシーフード・キムチ豚骨)の合計15種類。 焼謎肉ゴロゴロ!? 内容量1人前300gの冷凍炒飯で、味付けは「カップヌードル」ならではのペッパーを効かせた醤油味。 麺を砕き終わったら、中身をカップヌードルの容器に戻し、熱湯ではなく「水」を「麺がギリギリ浸かるくらい」入れて、麺と具材をふやかしておきましょう(すぐにふやけます)。 ちなみに炒飯(チャーハン)と焼飯(やきめし)には決定的な違いがあって、「卵を先に入れてからご飯を入れて炒める」のがチャーハン、「ご飯を先に炒めてから卵を入れる」のが焼き飯。 ある程度ごはんと卵に火が通ったら、水でふやかしておいた「カップヌードル」と「ねぎ」を入れて、あとはチリチリ鳴るくらい水分が飛ぶまで炒めてください。 麺と具材を水で戻す段階で入れてもいいのですが、できるだけ香りを飛ばさずに残したいので、チリチリと音がするくらい水分が飛んだ最終段階に入れるのがベスト。 さらに仕上げの黄金鶏油が専門店さながらの臨場感を演出してくれる、思いのほか硬派に炒飯(チャーハン)で、失礼ながら麺の弾力が邪魔に思えてしまうくらい本格的でした。 メイン具材の鶏団子は行方不明になってしまったものの、ふと感じる鶏団子の旨味から完全に失踪しているわけではなく、こりこりとしたキクラゲの食感がオーソドックスなチャーハンとは一味違った新鮮味を演出。 まさに下町の大衆的な炒飯を彷彿とさせる仕上がりに想像以上の満足感が得られたのですが、けっこう塩気が強かったので、きもち白ご飯を多めに入れるのがオススメです。 焼きの芳ばしさに加えて旨味もギュッと凝縮されたので、「謎肉祭」をカップヌードル炒飯にアレンジしたくなりました。 それに「カップヌードル 黄金鶏油 鶏塩」では、なまじリアルな炒飯っぽかった分、ちょっと麺の食感が邪魔に思えてしまったのに対し、こちらは本家本元のオリジナル。 かなり斬新な食べ方なのにスタンダート、さすが軸のブレないカップヌードルです。 エスニックなテイストでライスの中に紛れ込んでいるヌードルも違和感なく、なるほど本家を超えて2位に食い込んだのも納得の美味しさ。 「トムヤムクンヌードル」だけ上記のレシピから青ネギを抜いたのですが、代わりにパクチー(コリアンダー)やフライドエシャロット、ライム、あとガパオライスよろしく目玉焼きをトッピングしても盛り上がりそうですね。 まとめ もともとは新商品の「カップヌードル 黄金鶏油 鶏塩」のみカップヌードル炒飯にアレンジする予定だったのですが、あまりに美味しかったので「レギュラー」と「トムヤムクンヌードル」も試してみたところ、これまた想像以上で驚きました。 実際に作ってみて感じた注意点としては、思いのほか味が濃いめに仕上がったので、きもちライスの量は多めがいいかもしれません。 とはいえ完全手動の作り方でも簡単に作れるので、まだ試したことがない方は挑戦してみることをオススメします。 ちなみに「カレー」と「シーフード」も試してみたところ、まったく期待を裏切らない味わいでした。

次の