ドラクエ ウォーク バロック。 【ドラクエウォーク】黒嵐のツメの最新評価!「テンペストブロウ」実質360%の火力!

【ドラクエウォーク】黒嵐のツメの最新評価!「テンペストブロウ」実質360%の火力!

ドラクエ ウォーク バロック

バロックエッジの評価 バロックエッジは他のシリーズには登場していない、ドラクエウォークオリジナル武器です。 ベストドレッサーシリーズの1つとして、登場したら新たな短剣です。 魔法戦士向きの短剣 短剣が得意武器となる上級職には、レンジャーと魔法戦士ですが、バロックエッジは 魔法戦士向きの武器です。 強化できる値は、攻撃力と攻撃魔力を得意性能として強化できる、魔法戦士向きの武器です。 またメインスキル「閃熱の翼撃」に関しても、攻撃力と攻撃魔力が対象となっているスキルになっています。 ギラ属性のメインスキル「閃熱の翼撃」 バロックエッジのメインスキル「閃熱の翼撃」は ギラ属性の斬撃ダメージです。 対象は単体となっており、倍率は220%です。 数値だけを見ると低く見えるかもしれませんが、対象となるステータスは攻撃力と攻撃魔力です。 ボルケーノウィップと同じく、かなりの火力が出せる武器といえるでしょう。 イオ属性も使える バロックエッジにはイオ属性の全体斬撃スキル「ラッシュバースト」が使えます。 ラッシュバーストは イオ属性であり、攻撃力と攻撃魔力が対象となるスキルです。 単体攻撃だけでなく、全体攻撃が使える武器としても優秀です。 バフ・デバフ要素も期待できる バロックエッジは ピオリムとヘナトスといったスキルを使用できます。 ピオリムは全体の素早さを上げることができ、ヘナトスは相手の攻撃力をダウンさせます。 サポート要因としても使いやすい武器といえるでしょう。 現時点で、ギラ属性を強化できるこころは バラモスブロスのこころのみです。 7章追加で相性のいいこころを入手できる可能性もありますが、それでもバラモスブロスのこころは外せません。 斬撃ダメージの強化 バロックエッジは短剣なので、 斬撃ダメージを優先すべきです。 また、魔法戦士向きの武器は攻撃魔力と攻撃力の組み合わせで火力が上がる可能性が高いです。 黄色のこころでも、なるべく攻撃魔力の高いこころや、ゾーマを編成しておくことで火力が上がりやすいといえるでしょう。 周回ではイオ属性を強化 バロックエッジはイオ属性の全体攻撃を使うこともできるので、周回の場合はセルゲイナスやアルケミストンでイオ属性を強化するのもおすすめです。 セルゲイナスは、斬撃ダメージも持っていますし、アルケミストンは高い攻撃魔力を持つこころでもあります。 使いやすい組み合わせとしてもおすすめのこころといえるでしょう。 バロックエッジを持たせるべき職業 バロックエッジを持たせるべき職業は、 魔法戦士です。 レンジャーや、盗賊といった職業でもある程度の火力を発揮することは可能です。 ただ、専用スキルを持っているのは魔法戦士のみです。 バロックエッジと高相性の心珠 心珠 効果 ギラ属性・技呪 ギラ属性ダメージを強化 ギラ属性・技 ギラ属性とくぎダメージを強化 イオ属性・技呪 イオ属性ダメージを強化 イオ属性・技 イオ属性とくぎダメージを強化 心珠でもバロックエッジは、ギラ属性を強化すべきと言えます。 また、全体攻撃がメインならばイオ属性を強化するのもアリです。 下段の効果としては、力や攻撃魔力を上げる者でも相性はいいといえるでしょう。 魔法戦士らしく、スキルの2つは攻撃力と攻撃魔力に依存した値となっており、高火力が期待できます。 単体攻撃としても全体攻撃としても優秀ですし、希少価値の高い狙うべき武器といえるでしょう。

次の

【ドラクエウォーク】リセマラ当たりランキング!黒嵐のツメが登場

ドラクエ ウォーク バロック

どのガチャを引くべき? 汎用性の高さならラーミアの杖 ラーミア装備ふくびきのピックアップ武器「 」は、初実装スキルの「 」を習得できるため、周回性能において 最強クラスの武器です。 また、単体高火力スキルの「 」も覚えられるので、ボス戦においても十分な性能を発揮してくれます。 まだあまり星5武器が揃っていない場合は、汎用性の高いラーミア装備ふくびきを引くのがおすすめです。 バロックエッジは希少性が高い バロック装備ふくびきの「 」は、希少性の高いギラ属性の単体高倍率スキル「 」を習得します。 また、全体イオ属性スキルの「 」や初実装の補助呪文「 」「 」なども覚えるため、雑魚・ボス共に活躍できます。 物魔混合スキルなので他の武器よりも最大火力が出しづらく、ある程度星5武器やこころが揃っているか方向けのガチャと言えますが、 ギラ系単体スキルは貴重なので、今後のために引いておいて損はありません。 現状ギラ属性で単体に高火力が出せる武器は他にないため、今後ギラ属性が弱点のボスが出た時には唯一無二の性能になります。 バラモスブロスのこころと相性がいい 現在強敵で出現中の「 」のこころは、攻撃力・攻撃魔力両方のステータスが高く、イオ属性とギラ属性両方のダメージをアップできるため、「 」と非常に相性がいいです。 ただし、現状ギラ属性ダメージを上げるこころはほとんどないため、火力をより上げられるかは今後出現するこころ次第です。 2種の補助呪文を習得 「 」は味方全員のすばやさを上げる「 」と、敵単体の攻撃力を下げる「 」などの補助呪文も覚えられます。 魔法戦士はすばやさを上げづらく、また、ボス戦では回復役の賢者のすばやさが足りない場面もあるため、特定の場面では役に立つスキルです。 バロック装備ふくびきの期間と装備一覧 開催期間 「バロック装備ふくびき」の開催期間は、5月14日 月 15:00から5月27日 水 14:59となっています。

次の

【ドラクエウォーク】バロックエッジの評価は?どのガチャを引くべき?

ドラクエ ウォーク バロック

5月14日15時から、第7章公開に併せてバロック装備ふくびきが開催されています。 新武器「バロックエッジ」やその他装備の最新の性能評価をご紹介します。 バロック装備シリーズの性能評価 今回公開された限定装備ふくびきの開催日時と新装備排出確率がこちら。 新装備のステータスや特殊効果について下で詳しく解説していきます。 開催日時 5月14日15時〜5月27日14時59分まで 新装備(排出確率)• バロックエッジ(0. バロックヘッド(0. バロックコート上(0. バロックコート下(0. 複合スキルの倍率計算は約1. 66倍になることが「」の検証で判明しており、実質、 約207. バラモスブロスのこころやセルゲイナスのこころで火力を高めることで周回でも採用できそうです。 閃熱の翼撃の評価 遂に誕生したギラ属性とくぎ。 単体攻撃スキル倍率ランキング 閃熱の翼撃は無凸武器の中で最高の単体攻撃スキル倍率となりました。 1が最高のため、デイン装備フルセットのギラソードには火力で劣ります。 ヘナトスの攻撃力ダウンは耐性がないボス戦では重宝しそうです。 周回力評価 ラッシュバーストはモーションがかなり早く周回に採用できそうです。 — うき(ドラクエウォーク 垢) ukiacad 現時点でイオ属性とくぎダメージアップの防具やアクセサリーが未実装のため、火力は伸びしろを残している状態となります。 対ボス戦評価 現環境最高峰の火力の閃熱の翼撃はギラ属性弱点のボス戦で活躍すること間違いなし。 ピオリムは鈍足になるであろうパラディンをサポートする呪文として使えるかもしれません。 ゾンビキラーとして将来性もある武器となっています。 バロックヘッドの性能評価 バロックシリーズの防具は全てにギラ属性ダメージアップが付いており、バロックエッジを引けた場合は狙いたいところ。 その他の注目すべき特殊効果は以下の通り。 その他の注目すべき特殊効果は以下の通り。 今後のゾンビ系ボスやメガモン対策となる性能です。 その他の注目すべき特殊効果は以下の通り。 バロック装備ふくびきはまわすべき? バロックエッジは、現環境最高峰の単体攻撃である「閃熱の翼撃」、高速周回で採用できる「ラッシュバースト」が使える万能な武器です。 レンジャーと魔法戦士の単体高火力武器が不足している場合は積極的に狙いたいところ。 防具はゾンビ耐性付きですが、実用性はそこまで高くないため、バロックエッジを引けた上で防具を狙うことを考えましょう。 以下の条件に複数当てはまる場合は、積極的に狙う価値あり。 レンジャーと魔法戦士用の高火力武器が不足している• レンジャーと魔法戦士用の周回用武器が不足している• ギラ属性の心珠が充実している• ゾンビ耐性防具に将来性を感じる• 純粋に見た目が好き この記事を読んだ勇者にオススメの記事 関連記事• 2020年5月14日 15:08 - [ドラクエウォーク攻略まとめ]• 2020年5月14日 15:30 - [ドラクエウォーク攻略]• 2020年5月22日 15:00 - [ドラクエウォーク速報]• 2020年5月14日 17:00 - [すらりんch - ドラクエウォーク攻略まとめ速報]• 2020年5月22日 14:00 - [ドラクエウォーク速報]• 2020年5月20日 09:00 - [ドラクエウォーク速報]• 2020年5月20日 17:30 - [すらりんch - ドラクエウォーク攻略まとめ速報]• 2020年5月14日 18:51 - [ドラクエウォーク攻略解説まとめ 総攻略ゲーム]• 2020年2月27日 11:24 - [ドラクエウォーク攻略]• 2020年2月21日 20:02 - [ドラクエウォーク攻略].

次の