堺 正章 さらば 恋人。 さらば恋人(1991年Ver.) / 堺正章 ダウンロード・試聴

さらば恋人

堺 正章 さらば 恋人

スパイダーズ在籍時の堺正章(前列左端) 6月6日、の次男としてで生まれる。 父の駿二による出生届の提出が2か月間遅れ、戸籍上は生まれである。 5歳の時、父に連れられてに行ったことをきっかけに子役として映画に出演し、芸能界にデビューする。 幼少期をの大豪邸でも過ごしていた。 ザ・スパイダース [ ] にある在学中で16歳だった、率いる「」に加入し、その後加入したとともにを担当。 「」などがヒットした。 鎌倉学園出身の後輩には、がいた。 1970年代-1990年代 [ ] のスパイダース解散後は、ソロで活動を展開したほか、俳優、司会、コメディアンと多方面で活動している。 にスタートした『』にのまで出演し、番組人気と相まって、らとともに俳優としての出世作となった。 からにかけて、で主役のを務め、子どもを中心に大きな人気を集めた。 から『』に出演し、毎年玄人はだしの個人芸を習得・披露してエンターテイナーぶりを発揮した。 からまでは歌番組「」の司会も務めた。 には、、とユニット「 」を一時結成し、をした。 ライブ活動を皮切りに、にオリジナル曲「Yei Yei」を引っ提げて『』に出場した。 2000年代- [ ] の『』最終回に役でゲスト出演し、を手に往年の演武を披露した。 、『』で、のとしては『』以来13年ぶりに主演し、主題歌「」を歌って発表の「CATCH ME」以来15年ぶりとなるをリリースした。 には、第6回でコメディ栄誉賞を受賞 した。 には、正面の「」に手形が設置された。 私生活 [ ] に一般女性と結婚したが、に離婚。 慰謝料が1億円と噂されて一部メディアで話題になった。 、と2度目の結婚。 長女はブランドのデザイナー・ファッションの菊乃、次女はの2女を儲けるも、に離婚。 岡田は離婚会見で「送られてくる膨大な・の対応が辛かったこと」、「自身が幼少時に実父から受けたでが発症し、に流産を経験した頃から状態が悪化した。 堺が何気なく机にハガキを投げやる物音も過敏に感じ、生活を共にすることが苦痛になった」ことを離婚の原因に挙げており、「堺からの暴力や暴言があったわけではない」と語っている。 65歳の誕生日である8月6日、2002年ごろに出会い、8年以上交際していた22歳年下の一般女性と3度目の結婚。 人物 [ ]• 趣味は番組の取材がきっかけとなった車で、イタリアのクラシックカーイベント「」や、その日本版である「ラ・フェスタ・ミッレミリア」に出場している。 「ミッレミリア」出場時に観戦しているイタリア人に「マチャアキ! 」と声をかけられたので「俺も有名になった」と思ったが、よく聞くと自身が乗っていた「マセラティ」をイタリア人がなまって発音していただけだった。 イベントに、のうち「 1900 SS クーペ」「 8V ザガートクーペ」などの稀少車で参加しているほか、知人の「」のドライバーを務めたこともある。 「」、「」を愛用して日常的に運転している。 若い頃は自動車好きではなく、多忙なことから30歳近くまで運転免許を取得する時間が持てなかった。 免許取得後もそれほど熱中しなかったが、イタリアのミッレミリアをテレビ番組の取材で観戦した後から急に没頭した。 免許の受験当日に、事前に納車された「」を試験会場の駐車場へ搬入し、免許を取得後に運転して帰った。 が趣味で、『』の歴代最多出場者。 通信対戦麻雀の広告にも出演した。 『』で高難易度の芸を毎年披露して「 Mr. かくし芸」とも言われた。 『西遊記』収録当時に京劇直伝の棒芸を、通常は3か月を要するがわずか1週間で習得したことなどが『西遊記』の特典映像で語られている。 、が主役の『』最終回に役でゲスト出演した際も、見事な棒さばきを披露している。 氏名がと酷似するため、新聞のテレビ欄で誤植されたことがあり、本人も話題のにしていた。 、堺と同じ田辺エージェンシーに入ってきたに関して、芸が面白くなく、「先輩の前ではサングラスを取れ」「九州に帰った方がいい」と芸能界を諦めるように助言する。 「僕はこれが主義なんで」と言い返したタモリに「こんな奴が売れたら、俺は芸能界を辞めてやる」と思ったものの、タモリは一気に売れていったため、いつの間にか「タモリさん」と敬意を持って接するようになった。 、最も好きな女性にを挙げて、堺の持ち歌「」でした。 裕福な家庭に育ち、不良がいるからとローラースケート場に行くことを父親に禁じられたが、まもなくして4000坪の鎌倉の自宅の庭にローラースケートリンクが作られた事がある。 父親以外にも親族に芸能関係者がいる。 伯父は初代、とは従兄にあたる。 また、母の千代子は「三浦たま子」の名で2年ほどに在籍していたことがある。 音楽活動 [ ] ソロ活動のみ。 主なシングル [ ]• (1971. 01)• 作詞:/作曲:/編曲:筒美京平• 最高位2位• 大衆賞受賞、ホープ賞受賞、『』歌唱曲• B面「気らくに生きよう」• 青空は知らない(1971. 10)• 作詞:北山修/作曲:筒美京平/編曲:筒美京平• B面「恋人なんかすてちまえ」• 涙から明日へ(1971. 25)• 作詞:/作曲:/編曲:広瀬雅一• オリコン最高位4位• 系ドラマ『』劇中歌• B面「朝の手紙」• 幸福への招待(1972. 25)• 作詞:/作曲:筒美京平/編曲:筒美京平• B面「誰でも愛を求めてる」• 運がよければいいことあるさ(1972. 25)• 作詞:/作曲:筒美京平/編曲:筒美京平• 『』歌唱曲• B面「若い旅人」• まごころ(1972. 10)• 作詞:阿久悠/作曲:/編曲:• B面「帰らざる季節」• 恋人時代(1973. 10)• 作詞:/作曲:筒美京平/編曲:筒美京平• B面「恋の痛手」• (1973. 25)• 作詞:阿久悠/作曲:/編曲:• オリコン最高位20位、作曲賞受賞• TBS系ドラマ『時間ですよ』劇中歌、『』歌唱曲• B面「地下鉄の駅で」• たそがれに別れを(1973. 10)• 作詞:小谷夏/作曲:/編曲:高田弘• B面「涙が通り過ぎる」• 早春の便り(1974. 10)• 作詞:阿久悠/作曲:平尾昌晃/編曲:竜崎孝路• B面「永遠にさよなら」• あじさいの詩(1974. 01)• 作詞:阿久悠/作曲:浜圭介/編曲:竜崎孝路• B面「夜ふけの街」• 枯葉の宿(1974. 01)• 作詞:阿久悠/作曲:/編曲:森岡賢一郎• 『』歌唱曲• B面「自由なふたり」• 明日の前に(1975. 25)• 作詞:/作曲:吉田拓郎/編曲:• 『』歌唱曲• B面「祭りのあと」• 行きずりの男(1975. 01)• 作詞:/作曲:泉谷しげる/編曲:泉谷しげる• NET(現・)系ドラマ『マチャアキの森の石松』主題歌• B面「さよならをするために」• 苺の季節(1976. 01)• 作詞:/作曲:浜圭介/編曲:• 『』歌唱曲• B面「風光る街で」• あのころ君は(1976. 01)• 作詞:藤公之介/作曲:川口真/編曲:川口真• B面「坂のある街」• 小さな声で(1977. 01)• 作詞:/作曲:杉本真人/編曲:若草恵• B面「笑えないよ」• 裏がえし(1978. 01)• 作詞:竜真知子/作曲:大野克夫/編曲:船山基紀• B面「おやすみ東京」• 今では遅すぎる(1978. 10)• 作詞:/作曲:/編曲:ミッキー吉野• B面「この道の果てまでも」• 系ドラマ『』挿入歌(A面・B面とも)• SONGOKU (1979. 10)• 作詞:・山上路夫/作曲:/編曲:ミッキー吉野• 日本テレビ系ドラマ『』挿入歌• B面「二十億年の暗闇」• STAY WITH ME (1979年)• 作詞:/作曲:柳ジョージ/編曲:• B面「上海特急」• 遥かなるレディー・リー(1980年)• 作詞:/作曲:/編曲:• TBS系ドラマ『天皇の料理番』エンディングテーマ• B面「青い傘」• メリーゴーラウンド(1981年)• 作詞:/作曲:/編曲:• 日本テレビ系ドラマ『』主題歌• B面「そんな気分」• 空飛ぶくじら(1982年)• 作詞:/作曲:/編曲:• テレビ朝日系ドラマ『』主題歌• 大瀧詠一のカバー• B面「真夜中のカモメ」• 倖・せ・な・女(1984年)• 作詞:/作曲:中村泰士• B面「ハーバーライト」• 二十三夜(1986年)• 作詞:大津あきら/作曲:/編曲:• 日本テレビ『』エンディングテーマ• 涙のロンリー・ワン(1987年1月)• 作詞:大津あきら/作曲:鈴木キサブロー• B面「あの娘はリトル・ダイナマイト」• よ・せ・よ(1988年)• 作詞:湯川れい子/作曲:林哲司/編曲:船山基紀• NTV系「出没!玉突き」テーマ・ソング• B面「イージー・ガール」• サルビア心中(1988年11月)• 作詞:大津あきら/作曲:/編曲:• B面「故郷という名のエデン」• 愛のカルナバル(1991年6月)• 作詞:大津あきら/作曲:渡辺貞夫• さらば恋人 [1991年Ver. ](1991年7月)• 作詞:/作曲:/編曲:矢野立美• 作詞:/作曲:/編曲:矢野立美• CATCH ME (1993年3月) 堺正章&冴木杏奈• 作詞:/作曲:米米クラブ/編曲:米米クラブ• ミュージカル『CATCH ME』テーマソング• (2008年5月21日発売)• 作詞:/作曲:/編曲:• 製作・系ドラマ『無理な恋愛』主題歌• そんなこと言わないで(2011年9月14日発売) 堺正章とクレイジーケンバンド• ハッチャキ・ダンス(1972年5月25日、 SCS-163)• B面「たたかえ! ハッチャキ・セブン」• ハッチャキ・マーチ(1972年、日本コロムビア SCS-180)• 作詞:高瀬タカシ/作曲:森岡賢一郎/編曲:森岡賢一郎• 日本テレビ系バラエティ『』より• B面「お絵書き怪獣ゴミラ」• シャカリキブルース(1973年11月10日、日本コロムビア SCS-215)• 作詞:高瀬タカシ/作曲:森岡賢一郎/編曲:森岡賢一郎• 日本テレビ系バラエティ『』より• B面「がんばれパパ」 主なアルバム [ ]• マチャアキのベスト・スコア(1970年10月25日)• ひとりぼっちのマチャアキ(1971年)• サウンド・ナウ! (1972年7月10日)• Sunday After Dark(1978年) その他 [ ]• (1974年)• 作詞:/作曲:/編曲:福田和禾子• 『』より 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• (1970年 - 1973年、) - 宮崎健 役• こけこっこー! (1970年 - 1971年、TBS)• (1970年 - 1971年、TBS) - 主演・花本マモル 役• (1971年、) - 松吉 役• (1971年、TBS) - 主演・若君 役• はーいただいま(1972年、TBS)• (1972年、TBS)• (TBS)• 24(1972年)• 明日また(1975年、TBS)• 第1話(1974年、TBS)• マチャアキ・幸代のふたりは夫婦(1974年、)• (1975年、NET) - 主演・ 役• (1978年、日本テレビ) - 主演・片山努 役• (1980年、TBS) - 主演・ 役• (1981年、フジテレビ) - 主演・植木職人の由松 役• (1981年 - 1982年、日本テレビ) - 主演・木戸一平 役• (1982年、TBS) - 主演・野沢徳二 役• (1982年、) - 主演・フジ三太郎 役• (1983年、テレビ朝日) - 洋次 役• 最終回(1987年、TBS) - 宮崎健 役• (1988年 - 1994年、テレビ朝日) - 笹尾喜内 役• (1989年、フジテレビ) - 役• 第54話「清・ジャングルの密会」(1992年、関西テレビ) - 縦井伍長役• 第2話「動く死体」(1994年4月20日、フジテレビ) - 中村右近 役• (1995年、TBS) - 主演・佐伯吾郎 役• (1995年、) - 主演・大友銀次郎 役• (1995年、) - 黒沢道彦 役• (1996年、TBS) - ハンドルネーム・シェフ 役• (1998年) - 役• (2020年) - 望月東庵 役• (2001年、NHK) - 古波蔵恵文 役• (NHK)• (2003年) - 古波蔵恵文 役• (2004年) - 古波蔵恵文 役• (2005年、NHK) - 主演・等々力勝利 役• (2006年、フジテレビ) - 最終回ゲスト・ 役• 第3話(2006年、TBS) - 清水忠幸 役• 熟年結婚〜妻への詫び状〜(2006年、) - 主演・篠田俊介 役• ロング・ウェディングロード! 〜東京vs大阪ワケアリ婚物語(2007年、TBS) - 東直之 役• (2007年、NHK) - 古波蔵恵文 役• (2007年、NHK) - 鉢谷十太夫 役• (2007年、フジテレビ) - 西村静雄 役• (2008年、) - 主演・立木正午 役• (2008年、テレビ朝日) - め組組頭・辰五郎 役• (2009年、・TBS) - 役• (2010年、NHK) - 高橋栄一郎 役• (2012年、) - 梅宮主膳 役• 3 伊豆踊り子号殺人迷路(2017年) - 香取信一郎 役 映画 [ ]• 母は叫び泣く(1952年、松竹)• (1954年、)• (1963年、)• 学園広場(1963年、日活)• 君たちがいて僕がいた(1964年、) - 田中彰 役• 夢のハワイで盆踊り(1964年、) - 松井正也 役• (1964年、大映)• 東京は恋する(1965年、日活)• 花咲く乙女たち(1965年、) - サブ 役• (1965年、) - サブ(劇場公開版ではゴロー) 役• ザ・スパイダースのゴーゴー向う見ず作戦(1967年、日活)• (1967年、) - 佐山 役• (1968年、日活)• ザ・スパイダースの大騒動(1968年、日活)• (1968年、日活)• にっぽん親不孝時代(1968年、東宝) - 杉本邦雄 役• ザ・テンプターズ 涙のあとに微笑みを(1969年、東宝) - 白髭の神様 役• 喜劇 ドッキリ大逃走(1970年、日活) - 高井庄介 役• (1970年、東宝) - 酒田正章 役• (1971年、東宝) - 逆田正章 役• (1971年、東宝) - 桜井正明 役• 街の灯(1974年、松竹)• (1975年、東宝) - フルーツ・トラコン 役• (1976年、東宝) - 学生 役• (1977年、)• (1986年、松竹)• トリナクリア (1987年、)• 風の国(1991年、東映)• (2004年、日本ヘラルド)• (2007年、)• (2012年、東宝) - 蔦井雄三 役• (1977年) - 役• (1999年、)• ご存知一心太助 目から鱗の物語(2004年、明治座) - 役• (2007年) - 甲本与之助 役 テレビアニメ [ ]• (2011年11月12日・19日、読売テレビ) - 堺校長 役 ラジオ [ ]• 平凡アワー・ マチャアキのスタービッグホリデイ(1980年 - 1983年、) バラエティ [ ] 現在 [ ]• (2004年 - 、日本テレビ)• (2014年 - 、テレビ東京) 不定期• (2006年 - 、フジテレビ) - 審査員• (2005年 - 、フジテレビ) - 審査員• (2017年 - 、TBS) 過去 [ ]• (1971年、日本テレビ)• (1971年 - 1973年、日本テレビ)• (1973年 - 1974年、日本テレビ)• (1974年 - 1975年、日本テレビ)• (1975年 - 1978年・1985年 - 1986年、日本テレビ)• 第10話が第14回・選奨を受賞• (フジテレビ) - 解答者および海外レポーターを担当• (1982年 - 1983年、TBS)• (フジテレビ)• (1983年、TBS)• (1986年 - 1987年、日本テレビ)• 玉突き(1987年 - 1988年、日本テレビ)• (1989年 - 1998年、フジテレビ) - 不定期食レポーター• (1989年 - 1993年、)• (1991年 - 1993年、フジテレビ)• (1992年、日本テレビ)• (1993年、TBS)• (1994年 - 1995年、TBS)• (1994年 - 2016年、TBS)• (1996年 - 2007年、関西テレビ)• (1997年 - 1998年、テレビ朝日)• (1998年、テレビ朝日)• (2000年 - 2001年、TBS)• (2001年 - 2002年、日本テレビ)• (2010年 - 2011年、TBS)• (2017年 - 2018年、TBS) 音楽番組 [ ]• (1969年 - 1981年、日本テレビ)• (1969年 - 1970年、フジテレビ)• (1981年 - 1986年、日本テレビ)• (1991年 - 1992年、フジテレビ)• (1992年、フジテレビ)• (1993年 - 1995年、NHK)• (1995年、TBS)• (2013年 - 2018年、) 特別番組 [ ]• (1991年 - 2010年、フジテレビ)• (1991年 - 1993年、NHK) - 白組司会• (1993年 - 2008年、TBS) - 審査委員長• (1996年 - 2011年、TBS) - 総合司会• (1998年 - 2008年、読売テレビ)• プロ野球好珍プレー祭り(毎年4月・10月放送、TBS)• (不定期放送時代・2006年 - 2014年、テレビ東京)• (2007年 - 2015年、)• 芸能界1000人大調査!! 「フェザーシングル」• 「ハロー歯磨き」• 「フレーブ」• 「シャンメンみそ味」• 「ピコラ」• 「くろがね学習机」• 「エード」• 「黒白半分」• 「ラガービール」• 対戦相手の歌手名のカッコ内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にあるカッコはトリ等を務めた回数を表す。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『新チューボーですよ! 』2015年10月31日放送分• したコメニュース 2013年6月27日付• Webcat Plus. 2014年5月24日閲覧。 jpware. 2014年5月24日時点のよりアーカイブ。 2014年5月24日閲覧。 2009年10月2日. 2014年7月16日閲覧。 Sponichi Annex. 2011年8月7日. 2014年7月15日閲覧。 『』 2011年9月17日放送分• NHK 2019年3月8日. 2019年3月8日閲覧。 2014年11月14日閲覧。 外部リンク [ ]• - によるアーティストページ• - によるアーティストページ.

次の

堺正章の歌詞一覧リスト

堺 正章 さらば 恋人

スパイダーズ在籍時の堺正章(前列左端) 6月6日、の次男としてで生まれる。 父の駿二による出生届の提出が2か月間遅れ、戸籍上は生まれである。 5歳の時、父に連れられてに行ったことをきっかけに子役として映画に出演し、芸能界にデビューする。 幼少期をの大豪邸でも過ごしていた。 ザ・スパイダース [ ] にある在学中で16歳だった、率いる「」に加入し、その後加入したとともにを担当。 「」などがヒットした。 鎌倉学園出身の後輩には、がいた。 1970年代-1990年代 [ ] のスパイダース解散後は、ソロで活動を展開したほか、俳優、司会、コメディアンと多方面で活動している。 にスタートした『』にのまで出演し、番組人気と相まって、らとともに俳優としての出世作となった。 からにかけて、で主役のを務め、子どもを中心に大きな人気を集めた。 から『』に出演し、毎年玄人はだしの個人芸を習得・披露してエンターテイナーぶりを発揮した。 からまでは歌番組「」の司会も務めた。 には、、とユニット「 」を一時結成し、をした。 ライブ活動を皮切りに、にオリジナル曲「Yei Yei」を引っ提げて『』に出場した。 2000年代- [ ] の『』最終回に役でゲスト出演し、を手に往年の演武を披露した。 、『』で、のとしては『』以来13年ぶりに主演し、主題歌「」を歌って発表の「CATCH ME」以来15年ぶりとなるをリリースした。 には、第6回でコメディ栄誉賞を受賞 した。 には、正面の「」に手形が設置された。 私生活 [ ] に一般女性と結婚したが、に離婚。 慰謝料が1億円と噂されて一部メディアで話題になった。 、と2度目の結婚。 長女はブランドのデザイナー・ファッションの菊乃、次女はの2女を儲けるも、に離婚。 岡田は離婚会見で「送られてくる膨大な・の対応が辛かったこと」、「自身が幼少時に実父から受けたでが発症し、に流産を経験した頃から状態が悪化した。 堺が何気なく机にハガキを投げやる物音も過敏に感じ、生活を共にすることが苦痛になった」ことを離婚の原因に挙げており、「堺からの暴力や暴言があったわけではない」と語っている。 65歳の誕生日である8月6日、2002年ごろに出会い、8年以上交際していた22歳年下の一般女性と3度目の結婚。 人物 [ ]• 趣味は番組の取材がきっかけとなった車で、イタリアのクラシックカーイベント「」や、その日本版である「ラ・フェスタ・ミッレミリア」に出場している。 「ミッレミリア」出場時に観戦しているイタリア人に「マチャアキ! 」と声をかけられたので「俺も有名になった」と思ったが、よく聞くと自身が乗っていた「マセラティ」をイタリア人がなまって発音していただけだった。 イベントに、のうち「 1900 SS クーペ」「 8V ザガートクーペ」などの稀少車で参加しているほか、知人の「」のドライバーを務めたこともある。 「」、「」を愛用して日常的に運転している。 若い頃は自動車好きではなく、多忙なことから30歳近くまで運転免許を取得する時間が持てなかった。 免許取得後もそれほど熱中しなかったが、イタリアのミッレミリアをテレビ番組の取材で観戦した後から急に没頭した。 免許の受験当日に、事前に納車された「」を試験会場の駐車場へ搬入し、免許を取得後に運転して帰った。 が趣味で、『』の歴代最多出場者。 通信対戦麻雀の広告にも出演した。 『』で高難易度の芸を毎年披露して「 Mr. かくし芸」とも言われた。 『西遊記』収録当時に京劇直伝の棒芸を、通常は3か月を要するがわずか1週間で習得したことなどが『西遊記』の特典映像で語られている。 、が主役の『』最終回に役でゲスト出演した際も、見事な棒さばきを披露している。 氏名がと酷似するため、新聞のテレビ欄で誤植されたことがあり、本人も話題のにしていた。 、堺と同じ田辺エージェンシーに入ってきたに関して、芸が面白くなく、「先輩の前ではサングラスを取れ」「九州に帰った方がいい」と芸能界を諦めるように助言する。 「僕はこれが主義なんで」と言い返したタモリに「こんな奴が売れたら、俺は芸能界を辞めてやる」と思ったものの、タモリは一気に売れていったため、いつの間にか「タモリさん」と敬意を持って接するようになった。 、最も好きな女性にを挙げて、堺の持ち歌「」でした。 裕福な家庭に育ち、不良がいるからとローラースケート場に行くことを父親に禁じられたが、まもなくして4000坪の鎌倉の自宅の庭にローラースケートリンクが作られた事がある。 父親以外にも親族に芸能関係者がいる。 伯父は初代、とは従兄にあたる。 また、母の千代子は「三浦たま子」の名で2年ほどに在籍していたことがある。 音楽活動 [ ] ソロ活動のみ。 主なシングル [ ]• (1971. 01)• 作詞:/作曲:/編曲:筒美京平• 最高位2位• 大衆賞受賞、ホープ賞受賞、『』歌唱曲• B面「気らくに生きよう」• 青空は知らない(1971. 10)• 作詞:北山修/作曲:筒美京平/編曲:筒美京平• B面「恋人なんかすてちまえ」• 涙から明日へ(1971. 25)• 作詞:/作曲:/編曲:広瀬雅一• オリコン最高位4位• 系ドラマ『』劇中歌• B面「朝の手紙」• 幸福への招待(1972. 25)• 作詞:/作曲:筒美京平/編曲:筒美京平• B面「誰でも愛を求めてる」• 運がよければいいことあるさ(1972. 25)• 作詞:/作曲:筒美京平/編曲:筒美京平• 『』歌唱曲• B面「若い旅人」• まごころ(1972. 10)• 作詞:阿久悠/作曲:/編曲:• B面「帰らざる季節」• 恋人時代(1973. 10)• 作詞:/作曲:筒美京平/編曲:筒美京平• B面「恋の痛手」• (1973. 25)• 作詞:阿久悠/作曲:/編曲:• オリコン最高位20位、作曲賞受賞• TBS系ドラマ『時間ですよ』劇中歌、『』歌唱曲• B面「地下鉄の駅で」• たそがれに別れを(1973. 10)• 作詞:小谷夏/作曲:/編曲:高田弘• B面「涙が通り過ぎる」• 早春の便り(1974. 10)• 作詞:阿久悠/作曲:平尾昌晃/編曲:竜崎孝路• B面「永遠にさよなら」• あじさいの詩(1974. 01)• 作詞:阿久悠/作曲:浜圭介/編曲:竜崎孝路• B面「夜ふけの街」• 枯葉の宿(1974. 01)• 作詞:阿久悠/作曲:/編曲:森岡賢一郎• 『』歌唱曲• B面「自由なふたり」• 明日の前に(1975. 25)• 作詞:/作曲:吉田拓郎/編曲:• 『』歌唱曲• B面「祭りのあと」• 行きずりの男(1975. 01)• 作詞:/作曲:泉谷しげる/編曲:泉谷しげる• NET(現・)系ドラマ『マチャアキの森の石松』主題歌• B面「さよならをするために」• 苺の季節(1976. 01)• 作詞:/作曲:浜圭介/編曲:• 『』歌唱曲• B面「風光る街で」• あのころ君は(1976. 01)• 作詞:藤公之介/作曲:川口真/編曲:川口真• B面「坂のある街」• 小さな声で(1977. 01)• 作詞:/作曲:杉本真人/編曲:若草恵• B面「笑えないよ」• 裏がえし(1978. 01)• 作詞:竜真知子/作曲:大野克夫/編曲:船山基紀• B面「おやすみ東京」• 今では遅すぎる(1978. 10)• 作詞:/作曲:/編曲:ミッキー吉野• B面「この道の果てまでも」• 系ドラマ『』挿入歌(A面・B面とも)• SONGOKU (1979. 10)• 作詞:・山上路夫/作曲:/編曲:ミッキー吉野• 日本テレビ系ドラマ『』挿入歌• B面「二十億年の暗闇」• STAY WITH ME (1979年)• 作詞:/作曲:柳ジョージ/編曲:• B面「上海特急」• 遥かなるレディー・リー(1980年)• 作詞:/作曲:/編曲:• TBS系ドラマ『天皇の料理番』エンディングテーマ• B面「青い傘」• メリーゴーラウンド(1981年)• 作詞:/作曲:/編曲:• 日本テレビ系ドラマ『』主題歌• B面「そんな気分」• 空飛ぶくじら(1982年)• 作詞:/作曲:/編曲:• テレビ朝日系ドラマ『』主題歌• 大瀧詠一のカバー• B面「真夜中のカモメ」• 倖・せ・な・女(1984年)• 作詞:/作曲:中村泰士• B面「ハーバーライト」• 二十三夜(1986年)• 作詞:大津あきら/作曲:/編曲:• 日本テレビ『』エンディングテーマ• 涙のロンリー・ワン(1987年1月)• 作詞:大津あきら/作曲:鈴木キサブロー• B面「あの娘はリトル・ダイナマイト」• よ・せ・よ(1988年)• 作詞:湯川れい子/作曲:林哲司/編曲:船山基紀• NTV系「出没!玉突き」テーマ・ソング• B面「イージー・ガール」• サルビア心中(1988年11月)• 作詞:大津あきら/作曲:/編曲:• B面「故郷という名のエデン」• 愛のカルナバル(1991年6月)• 作詞:大津あきら/作曲:渡辺貞夫• さらば恋人 [1991年Ver. ](1991年7月)• 作詞:/作曲:/編曲:矢野立美• 作詞:/作曲:/編曲:矢野立美• CATCH ME (1993年3月) 堺正章&冴木杏奈• 作詞:/作曲:米米クラブ/編曲:米米クラブ• ミュージカル『CATCH ME』テーマソング• (2008年5月21日発売)• 作詞:/作曲:/編曲:• 製作・系ドラマ『無理な恋愛』主題歌• そんなこと言わないで(2011年9月14日発売) 堺正章とクレイジーケンバンド• ハッチャキ・ダンス(1972年5月25日、 SCS-163)• B面「たたかえ! ハッチャキ・セブン」• ハッチャキ・マーチ(1972年、日本コロムビア SCS-180)• 作詞:高瀬タカシ/作曲:森岡賢一郎/編曲:森岡賢一郎• 日本テレビ系バラエティ『』より• B面「お絵書き怪獣ゴミラ」• シャカリキブルース(1973年11月10日、日本コロムビア SCS-215)• 作詞:高瀬タカシ/作曲:森岡賢一郎/編曲:森岡賢一郎• 日本テレビ系バラエティ『』より• B面「がんばれパパ」 主なアルバム [ ]• マチャアキのベスト・スコア(1970年10月25日)• ひとりぼっちのマチャアキ(1971年)• サウンド・ナウ! (1972年7月10日)• Sunday After Dark(1978年) その他 [ ]• (1974年)• 作詞:/作曲:/編曲:福田和禾子• 『』より 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• (1970年 - 1973年、) - 宮崎健 役• こけこっこー! (1970年 - 1971年、TBS)• (1970年 - 1971年、TBS) - 主演・花本マモル 役• (1971年、) - 松吉 役• (1971年、TBS) - 主演・若君 役• はーいただいま(1972年、TBS)• (1972年、TBS)• (TBS)• 24(1972年)• 明日また(1975年、TBS)• 第1話(1974年、TBS)• マチャアキ・幸代のふたりは夫婦(1974年、)• (1975年、NET) - 主演・ 役• (1978年、日本テレビ) - 主演・片山努 役• (1980年、TBS) - 主演・ 役• (1981年、フジテレビ) - 主演・植木職人の由松 役• (1981年 - 1982年、日本テレビ) - 主演・木戸一平 役• (1982年、TBS) - 主演・野沢徳二 役• (1982年、) - 主演・フジ三太郎 役• (1983年、テレビ朝日) - 洋次 役• 最終回(1987年、TBS) - 宮崎健 役• (1988年 - 1994年、テレビ朝日) - 笹尾喜内 役• (1989年、フジテレビ) - 役• 第54話「清・ジャングルの密会」(1992年、関西テレビ) - 縦井伍長役• 第2話「動く死体」(1994年4月20日、フジテレビ) - 中村右近 役• (1995年、TBS) - 主演・佐伯吾郎 役• (1995年、) - 主演・大友銀次郎 役• (1995年、) - 黒沢道彦 役• (1996年、TBS) - ハンドルネーム・シェフ 役• (1998年) - 役• (2020年) - 望月東庵 役• (2001年、NHK) - 古波蔵恵文 役• (NHK)• (2003年) - 古波蔵恵文 役• (2004年) - 古波蔵恵文 役• (2005年、NHK) - 主演・等々力勝利 役• (2006年、フジテレビ) - 最終回ゲスト・ 役• 第3話(2006年、TBS) - 清水忠幸 役• 熟年結婚〜妻への詫び状〜(2006年、) - 主演・篠田俊介 役• ロング・ウェディングロード! 〜東京vs大阪ワケアリ婚物語(2007年、TBS) - 東直之 役• (2007年、NHK) - 古波蔵恵文 役• (2007年、NHK) - 鉢谷十太夫 役• (2007年、フジテレビ) - 西村静雄 役• (2008年、) - 主演・立木正午 役• (2008年、テレビ朝日) - め組組頭・辰五郎 役• (2009年、・TBS) - 役• (2010年、NHK) - 高橋栄一郎 役• (2012年、) - 梅宮主膳 役• 3 伊豆踊り子号殺人迷路(2017年) - 香取信一郎 役 映画 [ ]• 母は叫び泣く(1952年、松竹)• (1954年、)• (1963年、)• 学園広場(1963年、日活)• 君たちがいて僕がいた(1964年、) - 田中彰 役• 夢のハワイで盆踊り(1964年、) - 松井正也 役• (1964年、大映)• 東京は恋する(1965年、日活)• 花咲く乙女たち(1965年、) - サブ 役• (1965年、) - サブ(劇場公開版ではゴロー) 役• ザ・スパイダースのゴーゴー向う見ず作戦(1967年、日活)• (1967年、) - 佐山 役• (1968年、日活)• ザ・スパイダースの大騒動(1968年、日活)• (1968年、日活)• にっぽん親不孝時代(1968年、東宝) - 杉本邦雄 役• ザ・テンプターズ 涙のあとに微笑みを(1969年、東宝) - 白髭の神様 役• 喜劇 ドッキリ大逃走(1970年、日活) - 高井庄介 役• (1970年、東宝) - 酒田正章 役• (1971年、東宝) - 逆田正章 役• (1971年、東宝) - 桜井正明 役• 街の灯(1974年、松竹)• (1975年、東宝) - フルーツ・トラコン 役• (1976年、東宝) - 学生 役• (1977年、)• (1986年、松竹)• トリナクリア (1987年、)• 風の国(1991年、東映)• (2004年、日本ヘラルド)• (2007年、)• (2012年、東宝) - 蔦井雄三 役• (1977年) - 役• (1999年、)• ご存知一心太助 目から鱗の物語(2004年、明治座) - 役• (2007年) - 甲本与之助 役 テレビアニメ [ ]• (2011年11月12日・19日、読売テレビ) - 堺校長 役 ラジオ [ ]• 平凡アワー・ マチャアキのスタービッグホリデイ(1980年 - 1983年、) バラエティ [ ] 現在 [ ]• (2004年 - 、日本テレビ)• (2014年 - 、テレビ東京) 不定期• (2006年 - 、フジテレビ) - 審査員• (2005年 - 、フジテレビ) - 審査員• (2017年 - 、TBS) 過去 [ ]• (1971年、日本テレビ)• (1971年 - 1973年、日本テレビ)• (1973年 - 1974年、日本テレビ)• (1974年 - 1975年、日本テレビ)• (1975年 - 1978年・1985年 - 1986年、日本テレビ)• 第10話が第14回・選奨を受賞• (フジテレビ) - 解答者および海外レポーターを担当• (1982年 - 1983年、TBS)• (フジテレビ)• (1983年、TBS)• (1986年 - 1987年、日本テレビ)• 玉突き(1987年 - 1988年、日本テレビ)• (1989年 - 1998年、フジテレビ) - 不定期食レポーター• (1989年 - 1993年、)• (1991年 - 1993年、フジテレビ)• (1992年、日本テレビ)• (1993年、TBS)• (1994年 - 1995年、TBS)• (1994年 - 2016年、TBS)• (1996年 - 2007年、関西テレビ)• (1997年 - 1998年、テレビ朝日)• (1998年、テレビ朝日)• (2000年 - 2001年、TBS)• (2001年 - 2002年、日本テレビ)• (2010年 - 2011年、TBS)• (2017年 - 2018年、TBS) 音楽番組 [ ]• (1969年 - 1981年、日本テレビ)• (1969年 - 1970年、フジテレビ)• (1981年 - 1986年、日本テレビ)• (1991年 - 1992年、フジテレビ)• (1992年、フジテレビ)• (1993年 - 1995年、NHK)• (1995年、TBS)• (2013年 - 2018年、) 特別番組 [ ]• (1991年 - 2010年、フジテレビ)• (1991年 - 1993年、NHK) - 白組司会• (1993年 - 2008年、TBS) - 審査委員長• (1996年 - 2011年、TBS) - 総合司会• (1998年 - 2008年、読売テレビ)• プロ野球好珍プレー祭り(毎年4月・10月放送、TBS)• (不定期放送時代・2006年 - 2014年、テレビ東京)• (2007年 - 2015年、)• 芸能界1000人大調査!! 「フェザーシングル」• 「ハロー歯磨き」• 「フレーブ」• 「シャンメンみそ味」• 「ピコラ」• 「くろがね学習机」• 「エード」• 「黒白半分」• 「ラガービール」• 対戦相手の歌手名のカッコ内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にあるカッコはトリ等を務めた回数を表す。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『新チューボーですよ! 』2015年10月31日放送分• したコメニュース 2013年6月27日付• Webcat Plus. 2014年5月24日閲覧。 jpware. 2014年5月24日時点のよりアーカイブ。 2014年5月24日閲覧。 2009年10月2日. 2014年7月16日閲覧。 Sponichi Annex. 2011年8月7日. 2014年7月15日閲覧。 『』 2011年9月17日放送分• NHK 2019年3月8日. 2019年3月8日閲覧。 2014年11月14日閲覧。 外部リンク [ ]• - によるアーティストページ• - によるアーティストページ.

次の

さらば恋人 堺正章 歌詞情報

堺 正章 さらば 恋人

解説 [ ] が手がけた楽曲。 オリコン週間チャートでは1971年6月28日付で8位となり初のTOP10入り。 では10位にランクインし、同年暮れのに初出場した。 1971年のでは、本楽曲が大衆賞を受賞。 なお、この年のレコード大賞は筒美関連の曲の受賞が多かった。 収録曲 [ ]• さらば恋人• 作詞: 、作曲・編曲:• 気らくに生きよう• 作詞: 北山修 、作曲・編曲: 筒美京平 カヴァーした主な歌手 [ ] セルフカヴァー [ ]• カヴァー [ ]• - 『愛の12章』(1971発売、VC-7502)収録。 - 『デラックス—第2集』(1972発売、SKD-114)収録。 - 『青春よ翔べ』(1976発売、25AH-56)収録。 - 『K. 関連項目 [ ]• - 作曲家活動40周年記念。 「さらば恋人」収録。 - 堺正章が司会を務めた料理番組。 放送されていた時には、不定期にトーク中でゲストが堺とデュエットで歌うことがあった。 脚注 [ ] [].

次の