風邪 栄養ドリンク おすすめ コンビニ。 風邪を早く治すには栄養ドリンク?私に最も効いた3ステップとは?

栄養ドリンクのおすすめランキング|効果と目的別で選ぶのが大事!

風邪 栄養ドリンク おすすめ コンビニ

新リコリス「ゼンヤク」は 風邪などで 熱があるときの栄養補給や滋養強壮に効果のある栄養ドリンクです。 甘草(カンゾウ)エキスに、ビタミンB6、タウリンなどを配合し、栄養面を補助するノンカフェインタイプのものです。 容量は20mlで、1日3回3本の服用です。 私がおすすめする栄養ドリンクの飲み方 栄養ドリンクにいつ飲めばいいのか決まりはありませんが、私がおすすめするのは1日1本タイプのものは 寝る前に飲むことです。 体は睡眠中に体力の回復をおこないますが、栄養ドリンクを飲めばその効果を増すことが出来るからです。 私のおすすめは、• 1日3本タイプのものなら胃の膨らんだ状態の食後ごと• 2本タイプなら朝食後と夕食後か就寝前 がおすすめです。 まとめ 微熱治りかけに効く栄養ドリンク5選をご紹介しました。 リポビタンノンカフェイン(大正製薬)• ユンケル皇帝液DCF(佐藤製薬)• ゼナジンジャー(大正製薬)• ハイップ内服液(第一三共ヘルスケア)• 新リコリス「ゼンヤク」(全薬工業株式会社) 風邪薬を飲んでいても併用できるノンカフェインタイプのものを選びました。 きちんと休養を取ることで栄養ドリンクの効果も出てくるので、睡眠もしっかりとって風邪を治しましょう。 ぜひ参考にしてみてください。

次の

コンビニで買える風邪薬の効き目(ルル・パブロン・ベンザブロック)|おすすめの市販薬を最速で選ぶ

風邪 栄養ドリンク おすすめ コンビニ

風邪薬と栄養ドリンクが併用禁止の理由は「栄養ドリンクに含まれる成分」• 体が弱っている時の栄養ドリンクの使用は、体に負担をかけてしまうおそれがある• 風邪のときでもおすすめの栄養ドリンクは「カフェイン」と「アルコール」が含まれないもの 風邪薬と栄養ドリンク(エナジードリンク)が「併用禁止」の理由 ビジネスパーソンとして体調が悪くても休めない……ということも多いでしょう。 そのため、体調が悪いと感じたときに、風邪薬と栄養ドリンクを飲んで一気に回復を目指そうとすることもありますよね。 しかし前述した通り、 風邪薬と栄養ドリンクを併用すると副作用を起こす可能性があります。 副作用とは、薬を飲むことで目的とする作用とは違う作用が起こってしまうこと。 では、風邪薬と栄養ドリンクを併用するとなぜ副作用が起こるのか、原因となる2つの成分を理由とともに紹介していきます。 病院に行けないときに飲むべきは風邪薬?栄養ドリンク? 体調を崩したときは、なるべく早めに病院に行って、処方された薬を服用することがベストな対処法であることは常識です。 しかし、仕事や予定が詰まっていて病院に行く暇がないという多忙な方も多いのではないでしょうか。 病院に行けないとなると、風邪を治すために「 市販の風邪薬」か「 栄養ドリンク」に頼る人もいるでしょう。 はじめに記載したように、風邪薬と栄養ドリンクの併用はとても危険です。 風邪薬と栄養ドリンクの両方を飲んではいけない理由は、「 栄養ドリンクに含まれる成分」にあります。 風邪薬と相性が悪い栄養ドリンクに含まれる成分1:アルコール 販売されている多くの栄養ドリンクには、 微量ながらアルコールが含まれているものもあります。 アルコールは薬の作用や副作用を増強させてしまう可能性ため、風邪薬を飲む際、微量であってもアルコールの摂取を避けなければいけません。 そのため、風邪薬と栄養ドリンクは相性が悪いともいわれているのです。 アルコールが「風邪薬の作用」「副作用」を増強させる理由とは? アルコールが風邪薬の作用や、副作用を増強させる理由をもう少し詳しく確認してみましょう。 風邪薬もアルコールも、同じ 代謝酵素によって肝臓で分解されます。 代謝酵素とは、食べ物や飲み物を体内で消化し、吸収する際に必要な酵素です。 風邪薬とアルコールを同時に飲んだ場合、代謝酵素は先にアルコールを分解し始めてしまいます。 アルコールの処理に代謝酵素を奪われ、代謝酵素が風邪薬を分解しきれないと、用法を守ったときよりも 風邪薬の成分が体内に残ってしまう可能性が高くなります。 つまり、風邪薬の成分が体内に残留しすぎてしまうために、薬の作用と副作用が増強するということです。 以上のことから、風邪薬とアルコール入りの栄養ドリンクを同時に摂取するのは、非常に危険であるとわかります。 風邪薬と相性が悪い栄養ドリンクに含まれる成分2:カフェイン 風邪薬を飲む際、アルコールと同様に「 カフェイン」も同時に摂取することは避けるべき成分です。 カフェインは眠気覚ましや疲労感を回復する効果があり、忙しいビジネスパーソンはコーヒーやエナジードリンクなどカフェインを多く含む飲み物を飲まれる方も多いのではないでしょうか。 実は風邪薬には、コーヒーよりもカフェインが多く含まれるものもあります。 そんなカフェインが多く含まれる風邪薬と、カフェインが含まれる栄養ドリンクを同時に飲んでしまうと、 カフェインの過剰摂取になる可能性があります。 風邪薬と栄養ドリンクでカフェインの過剰摂取をしてしまうと、そのせいで 頭痛や不眠といった体調不良が起こることもあります。 過ぎたるは及ばざるが如しといったように何事も度が過ぎることはよくありません。 カフェインで体調を悪化させないためにも、風邪薬と栄養ドリンクを同時に飲むことは控えておくことがいいでしょう。 風邪薬ではなく「栄養ドリンク(エナジードリンク)」を頼る際に知っておくべきこと 風邪薬と栄養ドリンクを併用することはアルコールとカフェインが含まれているため危険だということがわかりました。 普段栄養ドリンクを飲む際には、成分を確認しない方も多いでしょう。 そのため、アルコールやカフェインが入っていることに驚いた方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく効いている気がする」という理由で栄養ドリンクを飲む方は、栄養ドリンクが身体に与える影響について詳しく確認しておきましょう。 栄養ドリンクの「アルコール」が肝臓に負担をかける 体調が悪く、なかなか調子が上がらないからといって栄養ドリンクを飲むと、逆効果になってしまう可能性があります。 風邪をひいて身体が弱っているときは、アルコールを分解する役割を担っている 肝臓も弱っています。 そのため、微量であってもアルコールの含まれる栄養ドリンクを肝臓が弱った状態で摂取すると、アルコールを分解しようとするために 肝臓に負荷がかかってしまいます。 風邪をひいたときはアルコール入りの栄養ドリンクを避け、しっかりと体を休ませるようにしましょう。 栄養ドリンクの「カフェイン」が睡眠を妨げる 風邪などで身体が弱っているとき、回復に必要な成分が含有されている栄養ドリンクは効果的であるように思えます。 では、なぜ栄養ドリンクを飲むと元気になったように感じるのでしょうか? その理由は、有効成分だけではなく、 覚醒作用のある「カフェイン」のため、頭が冴えたように感じるからです。 普段なら眠気覚ましや疲労回復に効く栄養ドリンクでも、風邪をひいているときはカフェインに注意しなければなりません。 コーヒーを飲むと眠れなくなるのと同様、カフェイン入りの栄養ドリンクを就寝前に摂取してしまうと、寝付きが悪くなる可能性があります。 風邪を治そうと栄養ドリンクを飲んでカフェインをとると、 十分な睡眠が取れずかえって翌朝まで疲労が残ってしまうことになることもあります。 十分な睡眠時間を確保するためには「カフェイン入り栄養ドリンク」はNG 体調を回復するためには自身の 免疫力を働かせることが重要です。 そのためには基本的なことですが、 栄養のある食事や充分な睡眠を取ることが大切です。 カフェインを取ることによって、充分な睡眠が取れなくなり、自身の免疫力を低下させてしまわないように注意しましょう。 栄養ドリンクやコーヒーなどを飲みたいときには、ノンカフェインのものを選び、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。 風邪のときに飲めるおすすめ栄養ドリンク(エナジードリンク) 風邪の際に栄養ドリンクを飲みたい人は、前述の通り アルコールとカフェインが含まれない栄養ドリンクを選ぶことをお勧めします。 しかし、ノンアルコールかつノンカフェインの栄養ドリンクを風邪をひいて具合が悪いときに探すのは大変です。 そこで次に風邪のときでも飲める、ノンアルコール・ノンカフェインの栄養ドリンクを紹介していきます。 1.大正製薬「リポビタンフィール」 風邪のときにも飲めるおすすめの栄養ドリンクの1つ目は、 リポビタンフィールです。 リポビタンフィールは創業100年を越し壮大な歴史をもつ大正製薬によって発売されています。 同じく大正製薬の「リポビタンD」にお世話になっている方も多いのではないでしょうか。 他のリポビタンシリーズにはアルコールやカフェインが含まれていますが、リポビタンフィールはノンアルコール、ノンカフェインのため、安心して就寝前にも飲むことができます。 また、リポビタンフィールには タウリンをはじめ、ビタミンB1、B2といった疲労回復に有効な成分が7種類も配合されています。 サッパリしたカシスグレープフルーツ風味のため、風邪などの食欲がでないときに役立つ栄養ドリンクです。 2.ヤクルト タフマンV 風邪のときにも飲めるおすすめの栄養ドリンクの2つ目は、ヤクルト社のロングセラー栄養ドリンク「 タフマンV」です。 「タフマンV」は、ロングセラー商品である「タフマン」のノンカフェイン版栄養ドリンクです。 水溶性ビタミンであるビタミン B6の栄養機能食品でもあり、高麗人参やアルギニンが含まれているうえに、ノンアルコール・ノンカフェイン。 風邪を引いたときでも安心して飲むことができます。 高麗人参の風味は独特なものですが、タフマンVは甘い味に仕上げているため、飲みやすくなっています。 栄養ドリンクを飲む際は、必ず説明書を確認しよう• 風邪のときに栄養ドリンクを飲みたいときには成分をしっかり確認する• 風邪のときにはアルコールとカフェインは避ける 風邪は、タイミングや都合などにかかわらずに引いてしまうもの。 仕事や予定が詰まっているときには、なるべく早く風邪を治すために、風邪薬と栄養ドリンクを併用したくなる気持ちになるのもわかります。 しかし、栄養ドリンクに含まれる「アルコール」「カフェイン」は風邪薬と併用することで逆効果になる可能性もあります。 風邪のときに栄養ドリンクを飲みたい方は、アルコールやカフェインが含まれていないのかよく確認して摂取するようにしてください。

次の

風邪におすすめな栄養ドリンクランキング

風邪 栄養ドリンク おすすめ コンビニ

消化に良いうどんは、内臓に負担をかけることなく栄養素を摂取できる食べ物です。 また鍋焼きうどんにはネギなどの具材が入っており、体力を回復される効果もあります。 自分で調理するのはいささか難しいですが、コンビニの鍋焼きうどんなら温めるだけでOKです。 量が多い商品なので、風邪の治りかけの時期などに食べることをおすすめします。 最近はコンビニで冷凍フルーツや生の果実などが売られていますよね。 その中でも熱風邪におすすめなのが、バナナです。 バナナは非常に消化の良い食べ物で、熱で弱った胃腸に負担を掛けません。 その上栄養価も非常に高いフルーツなのです。 熱が出ている時は何かを食べるのも億劫になりますよね。 そんな時におすすめなのがプリンです。 卵と牛乳に含まれるビタミンやタンパク質などを摂取でき、体内の免疫力を高める手助けをしてくれます。 コンビニには焼きプリンやとろけるタイプのプリンなどたくさんの種類がありますが、できれば添加物の入っていない商品を選ぶようにしましょう。 余計なものが入っていない分、栄養素が体に浸透しやすくなりますよ。 発熱しているときは胃腸の働きが弱まっています。 ヨーグルトには腸内環境を改善する力があるので、熱で弱った体に良いと言われています。 また、ヨーグルトには風邪への免疫力を高めたり、体調を素早く回復させることも期待できます。 アロエ入りの物や無加糖の商品など、コンビニには色々な種類のヨーグルトが取り揃えられています。 自分の食べたい味に合わせて商品を選びましょう。 栄養価の高いフルーツグラノーラなどと合わせて食べるのもおすすめですよ。 風邪のときに食べる代表的な食べ物ですよね。 しかし自分で作るとなると手間も時間もかかります。 そんな時に便利なのがコンビニのレトルトおかゆです。 パウチごと沸騰させるタイプや、レンジで温めるタイプがありますので、好みに合わせて商品を選んでください。 おかゆの種類も豊富で、卵入りの物やあずきタイプ、梅干しが入っているものなどがあります。 喉風邪の時は、梅干しタイプのものを選ぶとすぐに風邪が治ると言われています。 またこちらに、お粥のアレンジレシピについてまとめた記事を載せておきます。 コンビニのおかゆに飽きてしまった、別の味で楽しみたい、という人は、是非こちらを参考にしておかゆのアレンジを考えてみてくださいね。 フルーツはビタミンCが豊富に含まれているため、風邪を治すのに有効な食べ物です。 しかし皮を剥いたりカットしたりと、手間がかかることもあります。 喉が痛くて固形のフルーツを飲み込めないことも予想されます。 そんな時におすすめなのが果肉ゼリーです。 ゼリーならば喉が腫れているときでもつるりと食べられますし、食欲が低下している人でも口にすることができます。 自分の好きなフルーツが入ったゼリーを選んでくださいね。 喉が痛くて何も食べられない…という時におすすめのコンビニ商品です。 ウィダーインゼリーには種類によって含まれる栄養素が異なります。 喉が痛いときはマルチビタミンタイプの商品を購入しましょう。 ビタミンが喉の炎症を和らげてくれます。 何も食べたくないようなときでも、食べなくては風邪を治すことはできません。 ウィダーインゼリーは10秒ほどで栄養補給ができるアイテムですので、こういったときのために買いだめしておくと便利かもしれません。 冷たいアイスクリームは、喉の腫れや痛みがひどい時でも無理なく食べることができます。 また、バニラには「リナロール」という免疫力を高める効果のある成分が含まれており、栄養補給にも適しています。 更に、アイスを食べればビタミンやタンパク質を摂取することができますし、アイスに使われている砂糖がエネルギーへと変換されます。 風邪で弱っているときに非常に優秀な食事だと言えるでしょう。 ただし内臓を冷やしてしまうので腹痛を感じているときは食べるのを避けてください。 またアイスには「ラクトアイス」「アイスミルク」「アイスクリーム」という3種類があります。 この中で最も栄養価が高いのは「アイスクリーム」です。 バニラアイスを買う時は、裏面に記載されている分類を見て「アイスクリーム」を選ぶようにしましょう。 生姜には体をあたため、ウイルスへの対抗力をつける効果があります。 風邪は、ひきはじめが肝心です。 体調の不調を少しでも感じたら、生姜スープで免疫力を高めましょう。 風邪が酷くなるのを抑え、回復を促してくれます。 コンビニには様々な種類のサラダが置いてあります。 なるべくたくさんの種類が入っているサラダを選びましょう。 ささみや蒸し鶏、卵などが入った物も、タンパク質が補給できる点でおすすめです。 ドレッシングはなるべくノンオイルのものを選んでください。 また、爽やかな風味のドレッシングにすることで失われた食欲も戻ってきますよ。 ポカリスエットなどのスポーツ飲料水には、少量の糖分などが含まれています。 そのため体に吸収されやすく、脱水症状を防いだり風邪の症状を緩和する効果が期待されるのです。 風邪を引いた時はただの水ではなく、ポカリスエットを購入しましょう。 緑茶には、ウイルスを殺菌する作用のある「カテキン」という成分があります。 このカテキンを摂取することでウイルスの繁殖を抑え、回復力を上げてくれますよ。 また、飲むだけでなくうがいをする時に使うのも効果的です。 栄養ドリンクと言えば、徹夜をする人や忙しくて食事を取れない人が飲むイメージが強いと思います。 しかし、多様な栄養がとれる栄養ドリンクは風邪にも適した飲み物なのです。 とにかく楽に栄養を補給したい…という人におすすめのドリンクです。 はちみつには喉の炎症を抑える効果や、風邪の回復を促す効果があります。 また、レモンに含まれるビタミンも、ウイルスを撃退する役割を担っています。 喉風邪の人や、風邪のひきはじめなどにおすすめのドリンクです。 ただし、はちみつは1歳未満の幼児に与えると危険な事態に陥る可能性があります。 安全のためにもはちみつレモンを与えるのは、2~3歳からにしておきましょう。 風邪を引いた時やひきはじめの時期は、ウイルスによって内臓器官が弱っている状態です。 こんな状況のときに刺激の強いものを食べると、胃腸が荒れて更なる体調不良を招きます。 刺激物は避け、優しい味付けや喉越しのものをチョイスしてください。 コーヒーなどに含まれるカフェインは、胃の調子を狂わせ吐き気を起こす原因になります。 更に体調不良になる危険性がある飲み物なのです。 普段毎日コーヒーを飲んでいるという方も、風邪の時には控えたほうが無難です。 コーヒー以外にもカフェインが含まれている飲み物があります。 普段飲んでいるお茶にもカフェインが入っているかもしれません。 こちらにカフェインレスの飲料についてまとめた記事を載せておきます。 カフェインレスの飲料を探す際には、是非こちらを参考にしてくださいね。 症状に合わせた食事で風邪をはやく治しましょう! 風邪と1口に言っても、熱っぽさや喉の痛み、ひきはじめなど症状は様々です。 それぞれの症状に合わせて商品を選ぶことが、体調不良の改善に繋がります。 自分の状態を見極めてコンビニ商品を購入しましょう。

次の