急 に 唾液 が たくさん 出る。 腹痛に伴う唾液過多について、質問させてください。排便のために腹痛を...

腹痛に伴う唾液過多について、質問させてください。排便のために腹痛を...

急 に 唾液 が たくさん 出る

ある日突然、唾液がたくさん出るようになりました。 一週間程前のある日の通勤時に、「今日はなんだか唾液がたくさんでるな」と気づきました。 それ以来、多いのです。 唾液の量が。 じわーっと出続けている状態です。 ネットで検索等してみても、「唾液が多くなるのはまれ」「原因は不明」と書いてあるだけで、どのように対処したらよいのかさっぱりわかりません。 何かにとても集中している時には少なくなるように思います。 食事中も唾液の多さが気になることはありません。 といいますか、むしろ何か食べている時のほうが少なくなる(正常になる)ような気がします。 眠っているときは、分泌は多くないようです。 というのも、朝起きた時に枕や布団がぬれていることはなく、口の中の状態もごく普通なのです。 何かのミネラル不足?ビタミン不足?なのでしょうか? それとも、原因疾患でもあるのでしょうか? どなたかお知恵をお貸しください。 yomidr. yomiuri. jsp? 一度、ごくりと飲み込まないと話ができないほどです。 何科でどんな治療ができるのか教えてください。 こういう方々にとっては、唾液が出過ぎることは夢みたいな話ですね。 唾液は一日1・0~1・5リットル分泌されますが、食物の量や種類、口の中の病気や精神状態などにより、かなりの増減があります。 唾液分泌が正常より多い症状を唾液分泌過多症といいますが、量が多くないのに多く出ているように感じる場合もあります。 本当に多い場合を真性、多くないのに多いと感じる場合を仮性といって区別します。 真性か仮性かを鑑別するためには、まず唾液の分泌量を測定します。 通常、十分間ガムをかんでもらい、その時に分泌される唾液量を測定する「ガムテスト」を行いますが、成人の正常値は15~20cc程度とされています。 仮性の場合、唾液を気にし過ぎて頻繁に吐くといった行動が現れることがあり、逆にのどが渇いてしまうといった現象もみられます。 こういう場合は、吐き出さずに飲み込む訓練が有効なこともあります。 真性の場合、積極的に唾液の分泌を少なくする治療が可能です。 唾液の分泌を抑制する硫酸アトロピンを使用してみるのがよいでしょう。 この薬は循環器などへの影響がありますので、慎重に使用する必要があります。 受診する科としては、大学病院や大病院の口腔(こうくう)外科、あるいは耳鼻科を受診し、原因を突きとめた上で、必要であれば内科や神経科を紹介してもらうのがよいでしょう。 宝田博 東京セントラル歯科院長 (口腔外科専門医、東京・八重洲) (2004年12月19日 読売新聞) 鉄欠乏から来る自律神経失調症の可能性が高いです。 高校生の息子が全く同じ症状で、内科で処方された鉄剤(フェロミア50mg)で数日で治りました。 息子は半年ほど唾液過多の症状で、いろいろな漢方薬を飲んだりカイロプラクティックへ通ったりしましたが一向に改善されず、授業やテストも唾液が溢れてくる為まともに受けられない状態でした。 掲示板で妊娠するとこのような症状が出て出産後には改善すると知り、妊娠中には血液が薄まって鉄分が不足する鉄欠乏性貧血になりやすいことから、きっと息子も鉄欠乏だと思い内科でフェリチン値の検査をしました。 鉄欠乏性貧血は一般の血液検査では診断出来ず、フェリチン値の検査をしなければ分かりません。 息子も一般の血液検査では異常なしでしたが、フェリチン値が低く貯蔵鉄が減少している状態でした。 鉄やビタミンB6タンパク質が不足するとセロトニンなどの神経伝達物質に異常をきたし、自律神経失調症のような症状が出るそうです。 鉄剤と一緒に、鉄の吸収を良くするビタミンC、セロトニン合成を助ける為にビタミンB群、プロテインなども一緒に摂るとよいようです。 鉄欠乏による症状は、その他にイライラする、日中の眠気、疲れやすい、不安感、物忘れ、集中力低下、爪が薄くなる、抜け毛が増える、手足の冷えなどいろいろあります。 鉄は糖分代謝や、骨を作ることにも使われる為、甘いものの摂り過ぎる人、成長期の子供、激しい運動をする人は鉄欠乏性貧血になりやすいです。 しかし質問者様の症状が鉄欠乏性貧血からくるものでなかった場合、鉄剤を飲むと鉄過剰症になり多臓器に広範な障害が起こる可能性があるので、必ず病院でフェリチンの検査をしてください。 貯蔵鉄が減少してしまっている場合、鉄剤によって症状が改善された後も、3か月は飲み続ける必要があります。 (市販のサプリメントは医薬品に比べ含有量がとても少なく、成分もちがうようです。 ) 現代は鉄瓶や鉄のフライパンなどの使用が減り、野菜なども栄養分が減ってきているため、慢性的な鉄不足による鬱や自律神経失調症が増えています。 心療内科に行く前に、内科で是非フェリチン値の検査をしてください。 参考にして下さい。 tanaka-cl. tanaka-cl. html.

次の

【3】多量の唾液があるのに、「口が乾く」と訴えられても…

急 に 唾液 が たくさん 出る

唾液って何のためにあるの?普通はどのくらい出るの? 唾液とは、 唾液腺から分泌される消化液です。 中学生くらいの頃に、 ご飯に唾液を混ぜてヨウ素液を加え色の変化を見る、という実験をしたことはありませんか? ご飯そのものは赤紫色に染まるのに、唾液を加えたものは染まりません。 これは、 ご飯の中にあるデンプンを、唾液が分解するからです。 これが消化の一段階目であり、ここで良く噛んで唾液を分泌し、デンプンの分解をしておかないと、続く、胃での消化に負担をかけてしまいます。 つまり、 唾液が不足していると、この消化もしにくくなってしまいます。 さらに、水分の少ないパンや焼き菓子などを食べる時に、唾液が少ないと嚥下がしにくくなってしまいます。 唾液はそれを助ける働きもします。 唾液が多いのは病気? そもそも、 唾液が多い、というだけでは病気ではありません。 赤ちゃんを見ていると、常にだらだらとよだれを零していると思います。 これは、若い時ほど唾液の分泌が多くなるからです。 唾液が普通より少し多い程度ならば、虫歯や口臭の予防にもなりむしろ良い事とされています。 しかし、 唾液過多症が病気の前兆である場合もあります。 特に、生活に支障がでるほど、だらだらと口から零れてしまう場合には注意が必要です。 嚥下不良 なんらかの原因によって嚥下が困難になっている場合、唾液を呑み込むことができずに自然と口の中に溜まります。 唾液が多いというよりは、飲みこめない、という方が正しいですが。 病院へ行き、正しい診断と適切な治療を受けましょう。 妊娠、悪阻、胃の冷え 悪阻の症状の一つに、唾液過多があります。 悪阻の唾液過多症は、胃が冷えている状態にあるから、とも言われています。 妊娠している場合も、妊娠の可能性が無い場合も、 漢方で症状を緩和する方法があります。 ただし、妊娠している方は特に、専門医に処方してもらいましょう。 悪阻の場合は、吐き気、嘔吐も併発している場合が多いので、脱水症状にならないように気をつけましょう。 辛くても水分を小まめにとり、あまりに酷い時は医師に相談しましょう。 youtube. 吐き気を併発する場合もあります。 こちらもきちんと医師の診断を受け、治療していきましょう。 虫歯や口内炎 口内で炎症が起きていますと、自然と唾液は多くなります。 唾液は、すっぱいものを思い浮かべたり、おいしい料理を見たりするだけで簡単に出ます。 なので、痛みで口内が刺激されたりすれば、自然と出るのです。 唾液が多いと、口内の洗浄にも役に立ちます。 しかし、 出来ている場所が悪いと、単純に口を閉じたりすることが困難で、唾液が流れ出てしまうこともあるでしょう。 虫歯は自然に治りませんのでもちろん歯科医院へ、口内炎は、うがい薬や。 あまりに酷い時は、歯科医や口腔外科へ行って、薬を貰ってきましょう。 私の経験上の話ですが、塗り薬が一番よく効きました。 その他の病気 症状の一部として、唾液過多症を起こす病気は多くあります。 また、上記で書いた通り、嚥下機能に問題がある場合でも、唾液が多くなったと感じることも多く、それを含めると考えられる病気はかなりの数に上ります。 また、 麻薬や覚せい剤の薬物中毒者が涎を気にせず流しているシーンが漫画やドラマで見られますが、実際に薬物中毒者はあのように涎を流すそうです。 基本は正常、しかし時々とんでもない病気が隠れてることも? いかがでしたか? 何度も言いますが、 人より少し多いくらいでしたらそれは正常な状態である可能性が高いです。 しかし、 日常生活でそこまで量を気にすることもない唾液が、ふといつもより多いな、と気になるくらいというのは異常な状態である可能性もあります。 病院を受診して、症状を説明し、原因を明確にしておくことが大事です。 唾液が甘かったり、しょっぱかったり、臭かったりする場合は、こちらの記事も併せてご覧ください。

次の

唾液が突然多くなりました(ID:2585098)

急 に 唾液 が たくさん 出る

唾液って何のためにあるの?普通はどのくらい出るの? 唾液とは、 唾液腺から分泌される消化液です。 中学生くらいの頃に、 ご飯に唾液を混ぜてヨウ素液を加え色の変化を見る、という実験をしたことはありませんか? ご飯そのものは赤紫色に染まるのに、唾液を加えたものは染まりません。 これは、 ご飯の中にあるデンプンを、唾液が分解するからです。 これが消化の一段階目であり、ここで良く噛んで唾液を分泌し、デンプンの分解をしておかないと、続く、胃での消化に負担をかけてしまいます。 つまり、 唾液が不足していると、この消化もしにくくなってしまいます。 さらに、水分の少ないパンや焼き菓子などを食べる時に、唾液が少ないと嚥下がしにくくなってしまいます。 唾液はそれを助ける働きもします。 唾液が多いのは病気? そもそも、 唾液が多い、というだけでは病気ではありません。 赤ちゃんを見ていると、常にだらだらとよだれを零していると思います。 これは、若い時ほど唾液の分泌が多くなるからです。 唾液が普通より少し多い程度ならば、虫歯や口臭の予防にもなりむしろ良い事とされています。 しかし、 唾液過多症が病気の前兆である場合もあります。 特に、生活に支障がでるほど、だらだらと口から零れてしまう場合には注意が必要です。 嚥下不良 なんらかの原因によって嚥下が困難になっている場合、唾液を呑み込むことができずに自然と口の中に溜まります。 唾液が多いというよりは、飲みこめない、という方が正しいですが。 病院へ行き、正しい診断と適切な治療を受けましょう。 妊娠、悪阻、胃の冷え 悪阻の症状の一つに、唾液過多があります。 悪阻の唾液過多症は、胃が冷えている状態にあるから、とも言われています。 妊娠している場合も、妊娠の可能性が無い場合も、 漢方で症状を緩和する方法があります。 ただし、妊娠している方は特に、専門医に処方してもらいましょう。 悪阻の場合は、吐き気、嘔吐も併発している場合が多いので、脱水症状にならないように気をつけましょう。 辛くても水分を小まめにとり、あまりに酷い時は医師に相談しましょう。 youtube. 吐き気を併発する場合もあります。 こちらもきちんと医師の診断を受け、治療していきましょう。 虫歯や口内炎 口内で炎症が起きていますと、自然と唾液は多くなります。 唾液は、すっぱいものを思い浮かべたり、おいしい料理を見たりするだけで簡単に出ます。 なので、痛みで口内が刺激されたりすれば、自然と出るのです。 唾液が多いと、口内の洗浄にも役に立ちます。 しかし、 出来ている場所が悪いと、単純に口を閉じたりすることが困難で、唾液が流れ出てしまうこともあるでしょう。 虫歯は自然に治りませんのでもちろん歯科医院へ、口内炎は、うがい薬や。 あまりに酷い時は、歯科医や口腔外科へ行って、薬を貰ってきましょう。 私の経験上の話ですが、塗り薬が一番よく効きました。 その他の病気 症状の一部として、唾液過多症を起こす病気は多くあります。 また、上記で書いた通り、嚥下機能に問題がある場合でも、唾液が多くなったと感じることも多く、それを含めると考えられる病気はかなりの数に上ります。 また、 麻薬や覚せい剤の薬物中毒者が涎を気にせず流しているシーンが漫画やドラマで見られますが、実際に薬物中毒者はあのように涎を流すそうです。 基本は正常、しかし時々とんでもない病気が隠れてることも? いかがでしたか? 何度も言いますが、 人より少し多いくらいでしたらそれは正常な状態である可能性が高いです。 しかし、 日常生活でそこまで量を気にすることもない唾液が、ふといつもより多いな、と気になるくらいというのは異常な状態である可能性もあります。 病院を受診して、症状を説明し、原因を明確にしておくことが大事です。 唾液が甘かったり、しょっぱかったり、臭かったりする場合は、こちらの記事も併せてご覧ください。

次の