阪神 コロナ。 阪神 甲子園自主トレ15日から再開 コロナ予防へ分離時差、室内はマスク徹底/阪神タイガース/デイリースポーツ online

【阪神】阪神“コロナ合コン”騒動が球団運営に及ぼす未曾有の三重苦|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

阪神 コロナ

「クラスター合コン」で球界初の感染者となりケチがついた・阪神の(26)は、再起を図る矢先の5月28日の練習に遅刻して矢野燿大監督の逆鱗に触れ、無期限の二軍降格に。 さらに6月3日の二軍戦では右胸違和感で緊急降板と、泣きっ面に蜂。 阪神の監督時代に亀山努、新庄剛志の素行不良に悩まされた藤田平氏はこう指摘する。 「野球はそんなに甘いもんじゃない。 1か月近い入院でキャンプで鍛えた身体はゼロどころかマイナスになっている。 練習は1日休んだら回復に2日かかると言われていて、てっきり8月以降の復帰を目指していると思っていた。 (二軍戦登板は)阪神も名誉挽回の場を与えたかったのでしょうが、寮生活は5年が原則なのに4年で退寮を許可するなど、藤浪を甘やかしすぎです。 早くマウンドに戻ってきてほしいのは理解できるが、二軍では甘やかさずしっかり教育してもらいたい」 阪神の先発はローテの目処が立っている。 ゆっくり調整できる安心感か、はたまた上手くいかなくて吹っ切れたのか、本人は存外、明るいという。 その話を聞いた阪神のコーチはメンタルの強さに、逆に大化けするのではないかと期待していました」(虎番記者) ショック療法でノーコン病が治ったという話ならいいのだが。

次の

【新型コロナ】阪神・藤浪の「ヤリモク合コン」全容が普通にヤバ過ぎて絶句!「ハンパなかった…」

阪神 コロナ

新型コロナウイルスの影響が、小児科にも広がっている。 外出自粛で受診を控える家庭が増え、緊急事態宣言解除後の6月に入ってからもその傾向が続く。 「小児科離れ」とも呼べる状況を克服しようと、兵庫県伊丹市の小児科では、感染予防策として屋外診察を導入。 大人向けに抗体検査を始めるなど、地域医療の「とりで」として試行錯誤を続けている。 (久保田麻依子) 「来院者は感染拡大前の3、4割ほど。 患者さんが少ないのは良いことですが…」。 同市野間3のおの小児科。 取材時の6月上旬、午前診察終了の30分前には来院者がゼロとなり、小野英一院長(46)はため息をついた。 同病院では学校園の一斉休校が始まった3月上旬から患者が激減。 例年なら1カ月の延べ約千人ほどの受診者が4月は半分以下に。 小野医師によると、感染予防で受診を控え、市販薬や余っていた薬で症状を抑える家庭が多いとみられる。 結果として「熱が下がらない」「ぐったりしている」など、悪化してから駆け込んでくるケースが増えたという。 小野医師は「初期の治療で済んだはずが、小児科では手に負えず2次救急につなぐことになる」と、高度医療機関へのひっ迫を懸念する。 夏はプール熱や手足口病、皮膚のトラブルなどが増える時期で「心配があればすぐ受診してもらいたい」と訴える。 感染拡大に募る不安の声を受け、同病院では5月中旬から屋外診察をスタートさせた。 入り口付近に日差しよけのタープを設置し、医師と看護師が院内から出てきて診察。 会計も可能。 利用は数件にとどまるが、上野亜子事務長(48)は「再び外出自粛になれば、受診方法の選択肢として考えてもらえれば」とする。 患者の激減は個人病院の経営に深刻な打撃を与えている。 「医療機関は『病院に来て』と言いにくいが、危機に立たされている病院は多い」と打ち明ける。 苦境をしのぐため、同病院では小児科の枠を超え、大人向けに新型コロナの抗体検査を6月から導入した。 検査キットを250セット入荷。 血液を少量採取し、15分ほどで結果が判明する。 保険適用外のため1回1万円。 「サービス業や教育・保育関係者など、人との接触が多い方が検査結果を生活の目安にしてもらえれば」としている。 【記事特集リンク】.

次の

【阪神】阪神“合コン”で寮クラスターか…19歳小幡コロナ感染の恐れ|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

阪神 コロナ

「クラスター合コン」で球界初の感染者となりケチがついた・阪神の(26)は、再起を図る矢先の5月28日の練習に遅刻して矢野燿大監督の逆鱗に触れ、無期限の二軍降格に。 さらに6月3日の二軍戦では右胸違和感で緊急降板と、泣きっ面に蜂。 阪神の監督時代に亀山努、新庄剛志の素行不良に悩まされた藤田平氏はこう指摘する。 「野球はそんなに甘いもんじゃない。 1か月近い入院でキャンプで鍛えた身体はゼロどころかマイナスになっている。 練習は1日休んだら回復に2日かかると言われていて、てっきり8月以降の復帰を目指していると思っていた。 (二軍戦登板は)阪神も名誉挽回の場を与えたかったのでしょうが、寮生活は5年が原則なのに4年で退寮を許可するなど、藤浪を甘やかしすぎです。 早くマウンドに戻ってきてほしいのは理解できるが、二軍では甘やかさずしっかり教育してもらいたい」 阪神の先発はローテの目処が立っている。 ゆっくり調整できる安心感か、はたまた上手くいかなくて吹っ切れたのか、本人は存外、明るいという。 その話を聞いた阪神のコーチはメンタルの強さに、逆に大化けするのではないかと期待していました」(虎番記者) ショック療法でノーコン病が治ったという話ならいいのだが。

次の