ポケットwifi 乗り換え 手続き。 【2020年版】ポケットWiFiの解約手順と違約金をゼロにする方法

WiMAXの乗り換えで違約金負担OKな唯一のプロバイダはコレ!

ポケットwifi 乗り換え 手続き

今のプロバイダに不満があって 「とにかく早く安くWiFiを乗り換えたい!」という人も多いと思いますので、まず最初に結論をお伝えしようと思います。 そもそもWiFi自体いろいろあって、なんだかわかりにくいですよね! そこで、先ずは WiFi3種類の違いや金額を分かりやすくまとめてみました。 スマホのデータ通信料を節約できる。 家でも外でも場所に関係なくWiFiが使える。 難しい設定は必要なく、即日使用可能。 家でも外でも場所に関係なくWiFiが使える。 難しい設定は必要なく、即日使用可能。 BroadWiMAXは月額料金が最安値! 1つ目のポイントは、 BroadWiMAXの月額料金がとても安いこと! せっかくWi-Fiを乗り換えするのに、今よりも料金が高くなってしまうのは絶対避けたいですよね。 BroadWiMAXは、 データ容量の月間制限がないギガ放題プランでも、どこよりも月額料金が安いんです。 固定回線を契約している人だと、光回線の料金とプロバイダ料金を合わせて5000円以上かかっている人が多いと思います。 ですが、BroadWiMAXならプロバイダ料金のみで良いので、 月額2,726円〜と非常に安いです。 端末も、なんと最新のものを無料で使うことが可能です。 デメリットがほとんど見当たらないですよね! 詳しい料金比較は下記からどうぞ。 広く知られている例としては携帯電話(スマートフォン)の 「2年縛り」ではないでしょうか。 これは、2年契約という 決められた契約期間"以外"で「解約」や「乗り換え」をすると、解約金や違約金が発生するシステムです。 しかし、契約満了後に契約を更新した場合も再び 『2年間契約』となり、再度この契約期間満了前に解約をすると解約金が発生してしまうのです。 そのため、 WiFiを解約する理由は様々だとは思いますが、最初に契約したプロバイダのサービスが、 思っていたより良くなった、料金をもっと安いプロバイダに変更したい!と言う理由から解約したい方もいるでしょう。 やはり、そこでネックになるのは 『解約違約金』ですよね。 本当は、もっと早くプロバイダを変更したいのに、 契約満了月が遠くて解約できない場合があります。 そうすると、満足していないサービスに月額料金を支払わないといけませんし、乗り換えたい他社のお得なキャンペーンに間に合わない場合もあります。 とても簡単です。 また、BroadWiMAXを使ってみてやっぱりポケットWiFiより固定回線が良いと感じた人のために、業界初の『いつでも解約サポート』として、 BroadWiMAXから他社の固定回線へ乗り換える場合のみ解約違約金が0円になるサービスもあるのです! WiFiのヘビーユーザーのみならず、はじめてWiFiを購入する方も安心できる良いサービスではないでしょうか? また、BroadWiMAXは、月額のデータ容量制限がない「ギガ放題」プランの月々の使用料が、 2ヶ月間2,726円、その後も月々の 使用料金は3,441円と、他プロバイダに比べて圧倒的にお得です! 詳しい料金比較は下記からどうぞ。 BroadWiMAXに違約金の請求書を送付 保存したYahoo! WiFiの請求書を、BroadWiMAXにメールで送付しましょう。 あて先は info wimax-broad. jpです。 メール内容には、「違約金の負担をお願いします。 」など、違約金負担についてだとわかるような内容にしましょう。 その後手続きのメールが届くので、口座等の指定をすれば、1ヶ月後を目安に 最大19,000円まで振込してくれます。 この違約金負担キャンペーンの金額は、あくまでも「最大」が19,000円。 なので、もし以前使っていたプロバイダの違約金が9,500円だったら、9,500円が振り込まれる事になります。 必ず満額の19,000円をもらえるわけではないことを覚えておきましょう! 違約金負担があるので乗り換えにおすすめのBroadWiMAX。 なんと、 もしBroadWiMAXを使ってみて不満があった場合、他社のポケットWiFiや光回線に無料で乗り換えが出来るんです! いつでも解約違約金が無料になるサービスなので、BroadWiMAXに乗り換えて損をすることはありません。 そんなの 「いつでも解約サポート」について解説します。 いつでも解約サポートの乗り換え先は? BroadWiMAXの「いつでも解約サポート」の乗り換え先は、全部で12種類あります。 ポケットWiFiプロバイダ• どんなときもWiFiは、通信制限がないのが話題ですよね。 3日10GBの制限が乗り換えの理由なら、どんなときもWiFiをおすすめします。 ホームルーター• 工事不要で家のコンセントにさすだけで、すぐに快適なネット環境が手に入れられます。 ソフトバンクスマホを利用している方なら、自宅のインターネットをセットにすることで割引がありますよ。 光回線プロバイダ• もう外出先でWiMAXを使うことがなくなったり、家で高速インターネットを楽しみたいという人は光回線へ乗り換えましょう。 光回線プロバイダはたくさんあって悩みますが、携帯電話会社と同じにすると料金が安くなったりしますよ。 いつでも解約サポート利用の流れ いつでも解約サポートを利用するには、電話またはWebから問い合わせができます。 固定回線サービスの場合 固定回線が開通したら、「いつでも解約サポート」の電話窓口に連絡してください。 電話連絡後、BroadWiMAXが解約となります。 いつでも解約サポートは、 手間がかからず、無料で簡単にネット環境がかえられるのが大きなポイントと言えますね。 違約金もかからず、しかも面倒な乗り換え先の手続きまで行ってくれるという、なんてすごいサービスなのでしょう! しかも 「いつでも解約サポート」は、BroadWiMAXを〇ヵ月利用後などといった利用期限がないので、いつでも利用できる安心サポートです。 不安な点は電話やチャットですぐ聞けるのも魅力です。 中には解約後に端末の返却が必要な場合もあるので、手続きの際にしっかり確認してください。 公式サイトではわかりやすく動画で紹介もしていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。 WiFiの契約満了時期っていつなの? さて、絶対に違約金を支払いたくない場合、WiMAXの解約や乗り換えの際に重要になるのが 「契約満了のタイミング」です。 余計なお金(=解約金・違約金)は払わないで済むに越したことはありませんから、解約金が発生しない契約満了月に解約や乗り換えするのがベストです。 しかし、この契約満了のタイミングも結構厄介なのです。 契約満了っていつなの? 厄介な理由としては、まず、 契約満了となる月が何月なのかものすごくわかりづらいのです。 例えば、3年縛りのプランを1月に利用し始めた場合、契約満了月は何月になるのでしょうか? 実はこの場合の 契約満了月はプロバイダによって様々なのです。 これはどういうことなのか、具体的に説明していきましょう。 なので、1月から利用し始めた場合は2月から実質の契約スタートとなり、37ヶ月目である3年後の1月が契約満了月になります。 3年契約の場合、契約満了は37か月後 しかし、解約金や違約金がかからないのは実はこの月ではなく、その翌月(=契約更新月)になります。 なので、そもそも「解約金がかからない月=契約満了月」と思っている人もいると思いますが、これは間違いです。 正しくは 「解約金がかからない月=契約更新月」になります。 よって、 1月に利用を開始した場合は3年後の2月が解約金がかからない月になります。 プロバイダによっては37ヶ月目ではなく 38ヶ月目が解約金がかからない月になることもあります。 また、一部プロバイダで利用開始月の月額料金が無料になるところもあり、その場合はさらにもう1ヶ月先になることもあります。 更には、解約金が発生しない月でもその月の 月末だともう解約対応を受け付けてくれないこともあります。 とにかく契約するプロバイダの解約満了月については、事前に確認するようにしましょう。 他社からの乗り換えを支援するBroadWiMAXの解約金がかからない月は、「契約更新月」の1ヶ月間です。 契約更新付きの1ヶ月間のみ、違約金がかかりません。 それ以外の月は違約金が発生することを頭に入れておきましょう。 乗り換えするとキャッシュバックキャンペーンは貰えない? さらに乗換時期の注意点として挙げられるのが、いくつかのプロバイダがキャンペーンで行っているキャッシュバック金額の入金時期です。 例えばGMOとくとくBBでは、末端発送月を含む 11ヶ月以内に解約してしまうとキャッシュバックがもらえません。 他にも特典の適用外となる場合として• 料金未納によるサービス一時停止や強制解約• ご指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までにお受け取り口座の連絡をいただけなかった場合• またはお受取口座情報に不備がある場合• 解約しようと考え中の方は、キャッシュバックを貰える時期も踏まえて乗換時期を考えることをおすすめします。 さいごに:とにかく事前に知っておくことが大事!.

次の

プロバイダの変更・乗り換え方法!手続きの注意点・回線変更手順

ポケットwifi 乗り換え 手続き

【目次】• WiMAXへ乗り換えるべきか判断! まずは、 「そもそも乗り換えるべき?」という点について見てまいりたいと思います。 固定回線からの乗り換え、他ポケットWiFiからの乗り換え、現在のWiMAXプロバイダからの乗り換え、の2つのパターンをそれぞれ見ていきましょう! 固定回線から乗り換えるべきかの3つの基準 乗り換えがおすすめな方 判断基準 乗り換えがおすすめできない方 1〜2 使う人数 3〜 外出時にも使用 使う場所 自宅内のみ 動画視聴やWebサイトの閲覧がメインの方 使い方 オンラインゲームや、株取引などをする方 上記が固定回線からWiMAXプロバイダに乗り換えるべきかの判断基準になります。 自宅で大容量の通信をする場合はそのまま固定回線を使い続けたほうが快適かと思います。 逆に 一人暮らしの方や、外出用にも使いたい方、家族での使用でもあまりWiFiを使用していない場合などはWiMAXでも十分使えるでしょう! 実体験としては現在筆者も固定回線の代わりにWiMAXを使用していますが、複数で同時に使用する場合でなければ、比較的快適に動画なども視聴できています。 他ポケットWiFiから乗り換えるべきかの基準 WiMAX以外のポケットWiFiをお使いの方が、WiMAXに乗り換えるべきかの基準は1つです。 それは、 「現在の通信容量で足りているかどうか」。 もし、現在お使いのポケットWiFiの容量が足りず、毎月速度制限にかかっているのであれば、大容量で料金もお得なWiMAXが断然おすすめになります。 【容量を気にせず使いたい方に WiMAXがおすすめな理由】 通信容量無制限で使い放題のポケットWiFiと言えば、「どんなときもWiFi」や「THE WiFi」など新しいサービスが続々と登場しています。 その中でなぜWiMAXがおすすめなのでしょうか? その理由は、サービスの安定性にあります。 「どんなときもWiFi」や「THE WiFi」などの新しいポケットWiFiは、通信容量が無制限である一方で、通信の品質が不安定です。 最近では、 「どんなときもWiFi」で大規模な通信障害が発生。 約1ヶ月半もネットにほとんどつながらない状態が続きました。 一方のWiMAXはサービス基盤が安定しており、近年は大規模な通信障害も発生していません。 品質面でより優れるWiMAXを当サイトではおすすめしています。 旧WiMAX回線は2020年3月をもってサービス終了しているため、 今すぐ乗り換える必要があります。 一方で現在「WiMAX2+回線」を利用している方が乗り換えを判断をする基準は以下の通り。 契約してから1年未満の方• また、2年契約の満期後は料金が高くなるため必ず満期で別プロバイダに乗り換えましょう! 以上がWiMAXへの乗り換えの判断基準になります。 自分の状況と照らし合わせて乗り換えるべきか判断すると良いでしょう!次は乗り換えの際の注意点について見ていきましょう。 乗り換えで損をしないための注意点をチェック!! ここまで解約するべきかどうか、という点について見てまいりましたが、ここからは実際に現在契約している回線から乗り換える際の注意点について見てまいります。 主に注意点は下記の2つ!• 解約金がどのくらいかかるかをチェック インターネット回線は、基本的に固定回線もポケットWiFiも契約期間が存在し、満期前に解約する場合、解約金がかかってしまいます。 この解約金がどのくらいかかるかを確かめ、できるだけ解約金がかからないタイミングで解約するのがおすすめです。 WiMAXの解約金については「」で詳しく解説していますので御覧ください。 乗り換えキャンペーンがあるかどうか 「違約金負担」など、WiMAXプロバイダによっては、乗り換えキャンペーンを行っている場合もあるので、要チェックです。 そして、WiMAXはどのプロバイダで契約しても、エリアや速度、通信容量は全く変わりません。 ですのでプロバイダは純粋に料金で選ぶのがポイント! 一見安く見えても実際には高く付くこともあるので注意が必要です。 以上が乗り換えの際の注意点になります。 特に解約金については、「もう少し経てば無料で解約できたのに」という場合もありますので、一度確認することをおすすめします。 お得にWiMAXを契約! ここまで乗り換えの注意点を見てまいりましたが、ここからはどのプロバイダで契約するべきかについて見てまいりたいと思います。 先程も述べましたが、どのプロバイダでWiMAXを契約してもエリアや速度・通信容量が同じなため、 プロバイダ選びのポイントは「 料金」です。 そして結論から言うと、当サイトが最もおすすめするWiMAXのプロバイダは、BroadWiMAX。 BroadWiMAXはどのようなプロバイダなのか、特徴を以下にまとめましたのでご覧ください。

次の

auWiMAXの解約は店頭のみ!違約金や準備すべきもの

ポケットwifi 乗り換え 手続き

解約方法は直接ワイモバイルショップに行って手続きをするか、サポートセンターに電話して解約するかの二つです。 ワイモバイルショップで解約 住んでいるところの近くにワイモバイルショップがあれば、そこで解約手続きをおこないます。 よくわからないという人は、以下のURLからショップ検索ができるので利用してみるとよいでしょう。 ymobile. ショップに行くときは混雑する時間帯を避けたいですよね。 ワイモバイルの公式サイトに混雑状況の目安が記載されているので紹介します。 画像引用:Y! mobile公式サイト 表はあくまで目安ですが、見てみると平日の午前中から14時の間が狙い目のようです。 夜の時間帯や休日は混みやすく避けた方が無難と言えます。 解約手続きで必要なもの 身分証明書の提示が求められるので免許証や保険証は持って行ってください。 その他ポケットWiFiに挿してあるSIMカードも必要となります。 あとは契約更新月以外の解約だと解約理由を聞かれることもあるので言えるようにしておくとよいでしょう。 電話での解約 ワイモバイルショップに出向く時間がないという人は、カスタマーサポートセンターに電話して解約するのもありです。 その場合解約手続きをおこなうために解約申請書を送付してもらい、記入し送り返す必要があります。 電話での流れは本人確認として名前・住所・電話番号・ネットワーク暗証番号をまず確認。 その後解約の手続きの申請をすると解約申請書を送ってもらえます。 解約申請書が届いたら必要事項に記入し、切断したSIMカードと一緒に返送してください。 ショップで解約するのと違い解約手続きが完了するまで2週間ほどかかります。 急ぎの方はワイモバイルショップでの解約がおすすめです。 ポケットwifiの契約期間と違約金について WiMAXやdocomo WiFiと異なりワイモバイルの契約期間は3年となります。 これは最低3年間利用しなくてはいけないということです。 違約金はいくら? 途中解約するとどうなるのかというと、契約解除料として違約金が請求されます。 契約解除料金 9,500円 端末代の残金も支払う 端末代金は3年契約で利用していると毎月割引され、満期の3年が経つと端末代は0円となる仕組みです。 しかし途中解約すると残金を一括で支払わなくてはいけません。 もしも契約後すぐに解約したら最大で48,800円もの端末代金が請求されることもあります。 さらに契約解除料金9,500円もプラスされるので、合計58,300円かかるケースもあるということです。 端末代はとても高額なのです。 違約金を支払わないためには ワイモバイルの契約期間は3年とお伝えしました。 しかし3年経てばいつ解約してもいいのかというとそうではありません。 というのも契約内容は自動更新となります。 つまり再度3年間の継続利用が求められるということ。 当然途中解約すると違約金も発生します。 ではいつ解約したらいいのか、それは契約更新月に解約手続きをおこなうのです。 契約更新月は契約から37ヶ月目・38ヶ月目となります。 この期間に解約手続きをおこなえば違約金は発生しません。 ワイモバイルの公式サイトにわかりやすい例が載っていたので見てみましょう。 ワイモバイルの契約期間や違約金が分かったところで他社についても紹介します。 ここではメジャーなモバイルルーターであるWiMAXとdocomo WiFiと比較してみました。 契約期間と違約金 Y! mobile WiMAX docomoWiFi 3年 2年・3年 2年 9,500円 19,000円 9,500円 ワイモバイル以外のWiMAX・docomo WiFiでは2年間の契約期間が選べます。 違約金についてはWiMAXが高いですね。 でもY! mobileとdocomo WiFiだと端末代の残金も上乗せされます。 端末代金は高額だと4万円以上するものです。 一方WiMAXは端末代金がかかりません。 乗り換えるならWiMAXがおすすめの理由 ワイモバイルのポケットwifiを解約したら次は何を検討しますか? 他社のモバイルルーターを考えているならWiMAXがおすすめです。 どうしてWiMAXなのかその理由をまとめたので見てみましょう。 契約期間2年間が選べる 記事執筆現在WiMAXの契約期間は2年間を選べます。 3年というと、次々に性能のよい新製品が登場するこの時代ですので少し長い印象です。 違約金負担サービスがある WiMAXのプロバイダの一つにBroadWiMAXがあります。 この会社は他社で途中解約した際に発生する違約金を負担してくれるサービスがあるのです。 端末代が無料 今までお伝えしてきたようにワイモバイル・docomo WiFiだと端末代がかかります。 毎月割引され実質無料になるとは言え、満期まで利用しなければいけません。 途中解約の場合端末代残金が請求されますので。 一方WiMAXなら新製品・旧製品問わず無料です。 とはいえUQコミュニケーションズのUQ WiMAXで契約すると3,000円ほど端末代が請求されてしまいます。 WiMAXには実は20社ほどのプロバイダがあるのですが、UQ WiMAX以外で申し込むと端末代が無料となります。 ここは抑えておきたいポイントです。 月額料金が安い ワイモバイルと比べてWiMAXの月額料金はお得です。 docomo WiFiと比較してもお得。 その証拠に各社の月額料金比較表を見てください。 月額料金 Y! mobile WiMAX docomoWiFi 3,411円 4,380円 9,900円 WiMAXだとワイモバイルと比べて1,000円近く、docomo WiFiと比べて5,000円ほど安いことがわかります。 docomo WiFiは使い放題プランがないため月間30GBプランの料金を記載しています。 キャッシュバックが貰える プロバイダによっては、3万円以上のキャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施していることもあります。 定期にやっているのでその辺もワイモバイルより魅力があるところです。 まとめ.

次の