炭酸 ナトリウム 分子量。 炭酸水素ナトリウム

炭酸水素ナトリウム

炭酸 ナトリウム 分子量

99=(約)0. 1で0. 1『M』と計算しました。 モル濃度は0.05M,規定度はそれに価数をかけた0.1Nです。 Q こんばんわ。 質問させて頂きます。 過去ログも色々と拝見させていただき、類似した質問も拝見させて頂いたのですが、それでも、まだよくわからなくて質問させて頂きます。 1NのHClを用意しろ という指令が出たので、それを解決すべく現在 Nとは?から勉強している最中です。 そこで、具体的な用意する方法を質問したいのが一点。 もう一点は0.1NのHCLを用意する方法と、0.1Mを用意する方法は同じではないのか?という二点を質問させてください。 なお、用意する量は、適当量で(計算しやすい量)でよろしくお願いします。 すみませんが、計算方法も教えていただけると幸いです。 ご多忙中申し訳ありませんが、ご教授お願いします。 A ベストアンサー HClのような一価の酸の場合は 1N = 1Mであってます。 規定度 N の定義は、 溶液1dm3中に溶質の1グラム当量を含む溶液の濃度を1規定と定める。 と、なんだか難しいことが書いてありますが、酸塩基反応の場合の規定度 N は、 1MのHClまたは、NaOH水溶液を同じ量の溶液(例えば1Lと1L)で中和するのに必要なモル濃度を1Nと解釈できます。 つまり、H2SO4などの二価の酸の場合は 1N = 0. 5Mと成ります。 つぎに、0. と書かれておりますが、市販の濃硫酸はおよそ濃度c=37%で密度d=1. 19ですので、この数値を使うと、 (尚、塩酸の場合c=200 d-1 が成り立ちます) 37%の塩酸は、およそ12Mになります。 1NのHCl溶液になります。 濃塩酸1mLを蒸留水で薄めて、120mLにすればOKです。 計算方法:1Lの濃塩酸37%は密度が1. 19なので1190g。 5=12 mol 従って、37%の濃塩酸は12M(12N)。 今求める溶液は0. 1Nなので、120倍に薄めればよい。 HClのような一価の酸の場合は 1N = 1Mであってます。 規定度 N の定義は、 溶液1dm3中に溶質の1グラム当量を含む溶液の濃度を1規定と定める。 と、なんだか難しいことが書いてありますが、酸塩基反応の場合の規定度 N は、 1MのHClまたは、NaOH水溶液を同じ量の溶液(例えば1Lと1L)で中和するのに必要なモル濃度を1Nと解釈できます。 つまり、H2SO4などの二価の酸の場合は 1N = 0. 5Mと成ります。 つぎに、0. と書いてあるのですが、1グラム当量というのはグラム当量数もしくは当量とは違うのか?と思いました。 少し考えがごちゃごちゃしていて意味不明なことを書いていると思いますが、どうか「当量」「グラム当量(数)」についてくわしく教えていただければと思います。 A ベストアンサー 当量という単位はある意味で便利な単位ですがあいまいさもあります。 現在はあまり使わなくなっています。 物質量の単位、モルと似た単位ですが場面ごとに1当量の意味が異なります。 場面を限定しないと混乱する可能性があります。 当量が現在使われなくなっていますので使い方が整理されていません。 昔の使い方が残ったままです。 グラム当量という表現は混乱の元ですね。 今となっては辞典を引いても当量の意味しか載っていません。 「グラム当量」の説明は見つかりません。 モルと同じような物質の量です。 物質のまとまりです。 質量でも個数でもありません。 「1モルの質量は?」と訊かれれば「~g」と答えます。 「1モルの個数は?」と訊かれれば「~個」と答えます。 1モルの単位は「g」でも「個」でもありません。 あるまとまりを1モルと言うのです。 当量も同じです。 「1当量の質量は?」と訊かれれば「~g」と答えます。 「当量=分子量/n」ではありません。 いくつも混乱があります。 「1当量の質量=1モルの質量/n」です。 質量をgで表す時、1モルの質量は分子量と同じ数値になります。 異なる量ですから「=」ではありません。 (これは現在も混乱して使われているものです。 当量に関しての混乱には昔の混乱と現在まで残っている混乱が重なっています。 ) 「eq」は当量の単位です。 物質量を「mol」で表すのと同じです。 1mol,2mol,・・・というのと同じように1eq,2eq、・・・と言えばいいはずです。 1モル、2モル、・・・に対しては1当量、2当量、・・・です。 ところが1当量の意味で1グラム当量と「グラム」をつけて呼ぶので混乱します。 (「1グラム当量の質量は~g」という表現を使っていた記憶があります。 昔は1グラム原子とか1グラム分子とかいう表現もありました。 モルに一本化されて使わなくなったと思います。 ) まとめます。 「1グラム当量」と「1当量」は同じものです。 (この「1グラム当量」が「1グラム当量の質量」と混同して使われているのです。 「グラム」が付いているので質量を表しているのではと考えたくなるというのが混乱の元です。 ) 「グラム当量数」と「当量数」とは同じものです。 (「モル数」という表現に対応します。 でもこの「モル数」という呼び方自体、「?」が付くものです。 「モル数はいくら?」ではなくて「物質量は~モル?」です。 「長さは~m?」と訊く代わりに「m数は?」と訊いているのと同じ使い方ですから「?」がつきます。 上に書いたことで言うとこれには混乱があります。 」 と書き直す必要があります。 このことから「塩酸1モルは1グラム当量」、「硫酸1モルは2グラム当量」という表現がでてきます。 質量(重量)は関係ありません。 昔使った記憶で書いています。 間違っているかもしれません。 当量という単位はある意味で便利な単位ですがあいまいさもあります。 現在はあまり使わなくなっています。 物質量の単位、モルと似た単位ですが場面ごとに1当量の意味が異なります。 場面を限定しないと混乱する可能性があります。 当量が現在使われなくなっていますので使い方が整理されていません。 昔の使い方が残ったままです。 グラム当量という表現は混乱の元ですね。 今となっては辞典を引いても当量の意味しか載っていません。 「グラム当量」の説明は見つかりません。 Q 0. ちなみに実験の前に水酸化ナトリウムの濃度係数は0. 999として計算することとの指示がありました。 濃度係数がなんなのかよくわかりません。 また、この実験のレポートは、考察になんて書けばいいかわかりません。 (たぶん濃度係数についてよくわかってないからだと思うのですが。。。 ) A ベストアンサー 濃度係数とはF ファクター ともいいます。 まぁ補正値みたいなものです。 滴定用の0. F=0. 999=0. F=1. 000・・であれば最初にその試薬を調合した人の技能 機器類 は精度が高いことになります。 調合は適当にして後の標定をきっちり出せばいいや・・・という考え方もあります さて本題の考察ですが、出題者 先生 の意図がはっきりと見えませんが・・・想像で・・・多分この実験では酸と塩基の中和滴定で酸のFのバラツキ 数値が一定しない 原因を理由をつけてあげれば良いと思います。 例えば・・ビュレットを読み取り位置の誤差とか、ピペットの最後の一滴の処理とか・・いろいろあると思いますよ。 実際に実験をした時を思い出してみて下さいね。

次の

炭酸水素ナトリウム

炭酸 ナトリウム 分子量

炭酸水素ナトリウム(たんさんすいそナトリウム、sodium hydrogen carbonate)、別名 重炭酸ナトリウム(じゅうたんさんナトリウム、sodium bicarbonate、重炭酸ソーダ、略して 重曹とも)は、 NaHCO 3で表される、のである。 で白色の状である。 水溶液のはを示すものの、を加えても変色しない程度の弱い塩基性である。 水には少し溶解し、にも僅かに溶解するものの、には不溶。 8 g 溶解する。 合成 [ ] 溶液ので得られた溶液にを反応させて製造する。 これは炭酸水素ナトリウムの水へのが比較的低いためすることによる反応である。 日本ではや・などが生産している。 反応 [ ] ソルベー法の過程で得られた炭酸水素ナトリウムは、焼成することによりの原料となる。 3 程度の弱い塩基性を示す。 なお常温・であっても空気中には水分が含まれるため、放置しておくと少しずつ分解していく。 消防法施行規則第21条の規定による第一種粉末消火薬剤であり、B火災(油火災)とC火災(電気火災)に適応していることから「BC粉末消火剤」とも呼ばれる。 によって生成されたナトリウムイオンと燃焼反応で生じる(OH• )が結合することで燃焼の継続を抑制するのが粉末消火薬剤の消火原理である。 安価なことから、やの粉末消火装置に用いられる。 中和剤 [ ] の電解液(希)の中和剤としても用いられる。 調理 [ ] 調理用の重曹 としてなどに使われる。 加熱によって二酸化炭素を発生する性質から、食材に練りこんで加熱すると、多孔質のふわふわ、サクサクした生地ができる。 の代替品として、、 等々を膨らませるのに用いられ、またの欠かせない材料である。 口中で炭酸ガスを発生させるなどには粉末で封入される。 などの山菜の抜き、などの臭み取り、豆を早く煮るため、肉を柔らかくする下ごしらえ、やの強烈なを中和させるために直接かけたり、冷凍の食感改善などにも使うことができる。 また、を打つときに入れるとは本質的に同じものであり、麺打ちにも使われる。 このように食用ともされることから安全性が高いと見られている。 ただし大量に摂取するとなどの問題を引き起こす恐れがあるとされているので、特に幼児が誤食しないように注意する必要はある。 合わせて、体重 1 kg 当り約 1. 26 g で呼吸器に異常をきたすとのデータもある (ただし、通常の場合これほどの量を摂取することは考え難い)。 pH調整剤 [ ] として炭酸水素ナトリウム 重曹 添加の効果が認められている。 は、明らかな降下作用を惹起すると指摘されている。 この作用がチアジド系の降圧機序の一因子であることが指摘されている。 「炭酸水の素」 [ ] 水に炭酸水素ナトリウムとを混ぜるだけで炭酸ガスが発生しとなるので、飲料の材料としても用いられる。 砂糖を加え「」にしたり、を加え「レモンソーダ」にするということも可能である。 余計なが発生するため、市販の炭酸水とは味が異なる。 洗浄・脱臭 [ ] 研磨効果、鹸化()効果から、や洗剤の補助としてティーカップなどの落とし、換気扇などの固着した油汚れ・焦げ落とし、や等に使用される。 高温のスチームと重曹を高圧洗浄器で噴射することにより、重曹のつぶによるブラスト効果でコンクリート表面の汚れや落書きを効率的に除去する工法が開発されている。 重曹は、で問題とされる・値がなく、も含まれていないので、を引き起こさない。 また食品添加物としても使用できるくらい、人体に対して安全であることも売りとなっている。 重曹と油脂が混じると、脂肪酸ナトリウム()が生成される。 重曹水は石鹸水より弱いアルカリ性であり、油脂に対する洗浄効果は弱い。 重曹は水に溶けにくく、十分に撹拌しなければ洗浄効果が低下する。 携帯ポットなどは洗いにくい上、洗剤が落ちにくいが、重曹はその点洗い残しがあっても安全である。 のに対する効果があり、肉・魚臭さを消したり、靴箱の脱臭剤などにも使用できる。 入浴 [ ] 天然のに含まれる場合はとなり、これを模したもある。 炭酸水素ナトリウムは多くの入浴剤に配合されている。 医薬品 [ ] としては、過多に対してとして使われる。 あくまでその場限りのであり、根治とはならない。 また、にはが含まれているために、炭酸水素ナトリウムは急速に分解しの気泡が発生する。 この気泡がを刺激し、さらなる胃液の分泌を促進することが知られている。 また点滴剤はのに用いられる。 ただし近位に対しては、点滴ではなく経口的に投与し続けることでアシドーシスの補正を行う。 なお投与がの過剰摂取につながりになることが稀にある。 このため、尿のpHが上がると排泄が速くなるような薬物(例えば)を、腎臓から尿中へとより速く排泄させるために炭酸水素ナトリウムを投与する場合がある。 加えて、めまいを抑制することが経験則として判明している(内耳血流を増加させ、内耳虚血時の酸素分圧の低下を抑制していると考えられるが、発作時における三半規管の状態が観測困難なためいまだ確定はしていない)ことから、を代表とする内耳障害による悪心・嘔吐を伴う発作に際しては、点滴剤に制吐剤を加えた上で投与される。 これは前述の通り虚血部位である内耳のアシドーシスの補正・排泄サイクルの鋭化に基づく耳石の排出力の上昇等、炭酸水素ナトリウムの薬効性が複合的に機能することもあり、特に経口摂取が不可能なほどの重篤な発作においては有用となる。 この他、炭酸水素ナトリウムとを混合した物を、として直腸内へ挿入することがある。 この2つの物質が反応することによって、直腸内で二酸化炭素が発生することを利用して、直腸性便秘(腫瘍などの便の通過障害となる器質的な原因が無く、かつ、大腸の動きが鈍いことも原因ではないタイプの便秘。 直腸に便が溜まるタイプの便秘。 )の治療に用いられることがある。 直腸内で二酸化炭素が発生すると、直腸の粘膜を刺激して、結果として排便を促す効果があるとされている。 なお、大腸内に二酸化炭素が入り込んでも、いずれ粘膜を通して生体内に吸収されてしまうことが知られている。 臨床応用 [ ]• (胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍)• (胃食道逆流症)• 一方、農薬としてはハーモメイト水溶剤が登録され、等を防除するために一般に販売されている。 ただし、炭酸水素ナトリウムは葉を褐変させる薬害が起こりやすいため、より薄い濃度で高い殺菌効果を持つ上に水溶性加里肥料の供給にもなる(市販の農薬としてはカリグリーン水溶剤がある)の方が多く用いられる。 学習目的の実験 [ ]• CRC Handbook, p. 4-85. CRC Handbook, p. 8-116. ; Kishore, Nand; Lennen, Rebecca M.. CRC Handbook. 7-13• National Library of Medicine NLM. 2017年10月8日閲覧。 TOXNET, U. National Library of Medicine NLM. 2017年10月8日閲覧。 なお、では、作られた初期に消化に良くなるよう重曹が多く使われていた。 [ ]• 、大森 薫, 久保田 朗, 大森 宏志、茶業研究報告、Vol. 1990 1990 No. 、竹越 襄、Japanese Circulation Journal、Vol. 32 1968 No. での使用を禁止しているメーカーもある(重曹が洗濯機内部で詰まり、水漏れや故障の恐れがあるため)。 [ ]• 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - 炭酸ナトリウムと炭酸水素ナトリウムのの通称。 外部リンク [ ]• , Pesticide Properties Database PPDB• - 文部科学省 国立教育政策研究所.

次の

太田胃散で血圧上昇?

炭酸 ナトリウム 分子量

99=(約)0. 1で0. 1『M』と計算しました。 モル濃度は0.05M,規定度はそれに価数をかけた0.1Nです。 Q こんばんわ。 質問させて頂きます。 過去ログも色々と拝見させていただき、類似した質問も拝見させて頂いたのですが、それでも、まだよくわからなくて質問させて頂きます。 1NのHClを用意しろ という指令が出たので、それを解決すべく現在 Nとは?から勉強している最中です。 そこで、具体的な用意する方法を質問したいのが一点。 もう一点は0.1NのHCLを用意する方法と、0.1Mを用意する方法は同じではないのか?という二点を質問させてください。 なお、用意する量は、適当量で(計算しやすい量)でよろしくお願いします。 すみませんが、計算方法も教えていただけると幸いです。 ご多忙中申し訳ありませんが、ご教授お願いします。 A ベストアンサー HClのような一価の酸の場合は 1N = 1Mであってます。 規定度 N の定義は、 溶液1dm3中に溶質の1グラム当量を含む溶液の濃度を1規定と定める。 と、なんだか難しいことが書いてありますが、酸塩基反応の場合の規定度 N は、 1MのHClまたは、NaOH水溶液を同じ量の溶液(例えば1Lと1L)で中和するのに必要なモル濃度を1Nと解釈できます。 つまり、H2SO4などの二価の酸の場合は 1N = 0. 5Mと成ります。 つぎに、0. と書かれておりますが、市販の濃硫酸はおよそ濃度c=37%で密度d=1. 19ですので、この数値を使うと、 (尚、塩酸の場合c=200 d-1 が成り立ちます) 37%の塩酸は、およそ12Mになります。 1NのHCl溶液になります。 濃塩酸1mLを蒸留水で薄めて、120mLにすればOKです。 計算方法:1Lの濃塩酸37%は密度が1. 19なので1190g。 5=12 mol 従って、37%の濃塩酸は12M(12N)。 今求める溶液は0. 1Nなので、120倍に薄めればよい。 HClのような一価の酸の場合は 1N = 1Mであってます。 規定度 N の定義は、 溶液1dm3中に溶質の1グラム当量を含む溶液の濃度を1規定と定める。 と、なんだか難しいことが書いてありますが、酸塩基反応の場合の規定度 N は、 1MのHClまたは、NaOH水溶液を同じ量の溶液(例えば1Lと1L)で中和するのに必要なモル濃度を1Nと解釈できます。 つまり、H2SO4などの二価の酸の場合は 1N = 0. 5Mと成ります。 つぎに、0. と書いてあるのですが、1グラム当量というのはグラム当量数もしくは当量とは違うのか?と思いました。 少し考えがごちゃごちゃしていて意味不明なことを書いていると思いますが、どうか「当量」「グラム当量(数)」についてくわしく教えていただければと思います。 A ベストアンサー 当量という単位はある意味で便利な単位ですがあいまいさもあります。 現在はあまり使わなくなっています。 物質量の単位、モルと似た単位ですが場面ごとに1当量の意味が異なります。 場面を限定しないと混乱する可能性があります。 当量が現在使われなくなっていますので使い方が整理されていません。 昔の使い方が残ったままです。 グラム当量という表現は混乱の元ですね。 今となっては辞典を引いても当量の意味しか載っていません。 「グラム当量」の説明は見つかりません。 モルと同じような物質の量です。 物質のまとまりです。 質量でも個数でもありません。 「1モルの質量は?」と訊かれれば「~g」と答えます。 「1モルの個数は?」と訊かれれば「~個」と答えます。 1モルの単位は「g」でも「個」でもありません。 あるまとまりを1モルと言うのです。 当量も同じです。 「1当量の質量は?」と訊かれれば「~g」と答えます。 「当量=分子量/n」ではありません。 いくつも混乱があります。 「1当量の質量=1モルの質量/n」です。 質量をgで表す時、1モルの質量は分子量と同じ数値になります。 異なる量ですから「=」ではありません。 (これは現在も混乱して使われているものです。 当量に関しての混乱には昔の混乱と現在まで残っている混乱が重なっています。 ) 「eq」は当量の単位です。 物質量を「mol」で表すのと同じです。 1mol,2mol,・・・というのと同じように1eq,2eq、・・・と言えばいいはずです。 1モル、2モル、・・・に対しては1当量、2当量、・・・です。 ところが1当量の意味で1グラム当量と「グラム」をつけて呼ぶので混乱します。 (「1グラム当量の質量は~g」という表現を使っていた記憶があります。 昔は1グラム原子とか1グラム分子とかいう表現もありました。 モルに一本化されて使わなくなったと思います。 ) まとめます。 「1グラム当量」と「1当量」は同じものです。 (この「1グラム当量」が「1グラム当量の質量」と混同して使われているのです。 「グラム」が付いているので質量を表しているのではと考えたくなるというのが混乱の元です。 ) 「グラム当量数」と「当量数」とは同じものです。 (「モル数」という表現に対応します。 でもこの「モル数」という呼び方自体、「?」が付くものです。 「モル数はいくら?」ではなくて「物質量は~モル?」です。 「長さは~m?」と訊く代わりに「m数は?」と訊いているのと同じ使い方ですから「?」がつきます。 上に書いたことで言うとこれには混乱があります。 」 と書き直す必要があります。 このことから「塩酸1モルは1グラム当量」、「硫酸1モルは2グラム当量」という表現がでてきます。 質量(重量)は関係ありません。 昔使った記憶で書いています。 間違っているかもしれません。 当量という単位はある意味で便利な単位ですがあいまいさもあります。 現在はあまり使わなくなっています。 物質量の単位、モルと似た単位ですが場面ごとに1当量の意味が異なります。 場面を限定しないと混乱する可能性があります。 当量が現在使われなくなっていますので使い方が整理されていません。 昔の使い方が残ったままです。 グラム当量という表現は混乱の元ですね。 今となっては辞典を引いても当量の意味しか載っていません。 「グラム当量」の説明は見つかりません。 Q 0. ちなみに実験の前に水酸化ナトリウムの濃度係数は0. 999として計算することとの指示がありました。 濃度係数がなんなのかよくわかりません。 また、この実験のレポートは、考察になんて書けばいいかわかりません。 (たぶん濃度係数についてよくわかってないからだと思うのですが。。。 ) A ベストアンサー 濃度係数とはF ファクター ともいいます。 まぁ補正値みたいなものです。 滴定用の0. F=0. 999=0. F=1. 000・・であれば最初にその試薬を調合した人の技能 機器類 は精度が高いことになります。 調合は適当にして後の標定をきっちり出せばいいや・・・という考え方もあります さて本題の考察ですが、出題者 先生 の意図がはっきりと見えませんが・・・想像で・・・多分この実験では酸と塩基の中和滴定で酸のFのバラツキ 数値が一定しない 原因を理由をつけてあげれば良いと思います。 例えば・・ビュレットを読み取り位置の誤差とか、ピペットの最後の一滴の処理とか・・いろいろあると思いますよ。 実際に実験をした時を思い出してみて下さいね。

次の