ぴ くる。 くる病

苦しんで覚えるC言語

ぴ くる

[動カ変][文]く [カ変] 1 空間的に離れているものが自分のいる方・所へ向かって動く。 また、近づく。 ㋐こちらに近づいたり着いたりする。 接近・到着する。 訪れる。 「バスが きた」「留守に友人が きた」「霜の こないうちに取り入れを済ませる」 ㋑自分が今いる所を、再び、また以前にたずねる。 やってくる。 「いつか きた町」「また明日 きます」 ㋒物が届く。 「便りが くる」「ようやく注文した本が きた」 ㋓鉄道・水道などの設備が通じる。 「この町にはまだガスが きていない」 2 時間的に近づく。 ある季節・時期・時間になる。 「春が きた」「時間が きたので終わりにする」「行く年 くる年」 3 事態が進んで、ある状態に至る。 「もはや救いようのないところまで きている」「使いづめでがたが くる」「もともと体が弱いところへ きて、この暑さですっかりまいってしまった」 4 (「…からくる」の形で) ㋐そのことが原因・契機になってある事態が生じる。 起因する。 「疲労から きた病気」「倒産は経営の不手際から きている」「信念から くる実行力」 ㋑由来する。 「ギリシャ語から きた言葉」 5 何かによって、ある反応・感覚・感情が起こる。 「ぴんと くる」「胸にじんと くる温かい言葉」 6 (「…ときたら」「…ときては」「…とくると」などの形で)ある物事を特に取り上げ強調して言う意を表す。 特に…の場合は。 …について言うと。 「酒と くると、からっきしだめだ」「甘い物と きたら、目がない」 7 《近世語から》恋い慕う気持ちが起こる。 ほれる。 「君はよっぽど、どら吉 きち に きているな」〈・〉 8 あるやり方でこちらに働きかける。 「数で こられたらかなわない」 9 (補助動詞)動詞の連用形に接続助詞「て」が付いた形に付く。 ㋐少しずつ移行したり、程度が進んだりして、しだいにその状態になる。 だんだん…になる。 「日増しに暖かくなって きた」「最近太って きた」 ㋑ある動作・状態が前から続いている。 ずっと…する。 …しつづける。 「再三、注意して きたことだが」「改良を重ねて きた品種」 ㋒ある動作をしてもとに戻る。 …しに行って帰る。 「買い物に行って くる」「外国の事情をつぶさに見て こようと思っている」 ㋓ある動作・状態をそのまま続けながら、こちらへ近づく。 また、そのようにしてこちらへ至る。 「敵が押し寄せて くる」「付き添って くる」 [補説](1) 古くは「からうじて大和人 こむと言へり。 よろこびて待つに」〈・二三〉のように、行くで用いられる場合がある。 これは目的地に自分がいる立場でいうのであって、結果としては 1と同じ用法。 現代でも、相手に向かって「あすの同級会には きますか」という言い方をすることがあるのも、これと同じ発想。 (2) 命令形は、古くは「いづら、猫は。 こち率 ゐ て こ」〈〉のように、「こ」だけの形が用いられ、「こよ」が用いられるのは中世以後。 (3) 4㋐は、多くぐあいの悪いことが起こる場合に用いられる。 [下接句]・・・・・・ 出典 デジタル大辞泉について の解説.

次の

来る(キタル)とは

ぴ くる

[動カ変][文]く [カ変]• 1 空間的に離れているものが自分のいる方・所へ向かって動く。 また、近づく。 ㋐こちらに近づいたり着いたりする。 接近・到着する。 訪れる。 「バスが きた」「留守に友人が きた」「霜の こないうちに取り入れを済ませる」• ㋑自分が今いる所を、再び、また以前にたずねる。 やってくる。 「いつか きた町」「また明日 きます」• ㋒物が届く。 「便りが くる」「ようやく注文した本が きた」• ㋓鉄道・水道などの設備が通じる。 「この町にはまだガスが きていない」• 2 時間的に近づく。 ある季節・時期・時間になる。 「春が きた」「時間が きたので終わりにする」「行く年 くる年」• 3 事態が進んで、ある状態に至る。 「もはや救いようのないところまで きている」「使いづめでがたが くる」「もともと体が弱いところへ きて、この暑さですっかりまいってしまった」• 4 (「…からくる」の形で)• ㋐そのことが原因・契機になってある事態が生じる。 起因する。 「疲労から きた病気」「倒産は経営の不手際から きている」「信念から くる実行力」• ㋑由来する。 「ギリシャ語から きた言葉」• 5 何かによって、ある反応・感覚・感情が起こる。 「ぴんと くる」「胸にじんと くる温かい言葉」• 6 (「…ときたら」「…ときては」「…とくると」などの形で)ある物事を特に取り上げ強調して言う意を表す。 特に…の場合は。 …について言うと。 「酒と くると、からっきしだめだ」「甘い物と きたら、目がない」• 7 《近世語から》恋い慕う気持ちが起こる。 ほれる。 「君はよっぽど、どら吉 きち に きているな」〈・〉• 8 あるやり方でこちらに働きかける。 「数で こられたらかなわない」• 9 (補助動詞)動詞の連用形に接続助詞「て」が付いた形に付く。 ㋐少しずつ移行したり、程度が進んだりして、しだいにその状態になる。 だんだん…になる。 「日増しに暖かくなって きた」「最近太って きた」• ㋑ある動作・状態が前から続いている。 ずっと…する。 …しつづける。 「再三、注意して きたことだが」「改良を重ねて きた品種」• ㋒ある動作をしてもとに戻る。 …しに行って帰る。 「買い物に行って くる」「外国の事情をつぶさに見て こようと思っている」• ㋓ある動作・状態をそのまま続けながら、こちらへ近づく。 また、そのようにしてこちらへ至る。 「敵が押し寄せて くる」「付き添って くる」.

次の

長谷川純「麒麟がくる」本木雅弘との共演は夢のような一時

ぴ くる

2011年度の米国アカデミー賞外国語映画賞部門に日本映画代表作として選出され、国内でも数々の映画賞を席巻、興行収入38. 5億円の大ヒットを記録した映画『告白』。 監督・脚本を務めたのは、CM演出の巨匠にして、その独自の映像センスで日本映画界に新風を巻き起こした天才・中島哲也。 そして2018年。 中島監督最新作に、日本を代表する5人の演技派俳優が集結した。 主演は、昨年『関ヶ原』で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、今年も『散り椿』をはじめ主演映画が目白押し、いまや名実ともに国民的俳優となった岡田准一。 『小さいおうち』でベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞し、日本中の話題を集めた黒木華。 中島監督作『渇き。 』で才能を見出され、日本アカデミー賞新人俳優賞受賞、鮮烈な女優デビューを飾った小松菜奈。 『ヴィヨンの妻』で報知映画賞・日刊スポーツ映画賞・日本アカデミー賞の3賞で最優秀女優賞を受賞、『告白』では中島ワールドの強烈なヒロインを体現した松たか子。 そして『悪人』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、『怒り』では同最優秀助演男優賞を受賞、確かな演技力で日本映画界を支えてきた妻夫木聡。 ほかにも、青木崇高、柴田理恵、伊集院光、太賀といった個性的な面々が共演。 原作は宮部みゆきらが大絶賛した、第22回日本ホラー小説大賞受賞作「ぼぎわんが、来る」。 (澤村伊智/角川ホラー文庫刊)。 この冬、人間の心の闇を描く、かつてない最恐エンターテインメント映画『来る』が、ついに、来る~~~~!!!!!!! 鮮烈、強烈、超絶、衝撃、ガクブル、最恐エンターテインメントが、来る。 オカルトライター・野崎のもとに相談者・田原が訪れた。 最近身の回りで超常現象としか言いようのない怪異な出来事が相次いで起きていると言う。 田原は、妻・香奈と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れていた。 野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴とともに調査を始めるのだが、田原家に憑いている「何か」は想像をはるかに超えて強力なモノだった。 民俗学者・津田によると、その「何か」とは、田原の故郷の民間伝承に由来する化け物「ぼぎわん」ではないかと言う。 対抗策を探す野崎と真琴。 そして記憶を辿る田原…幼き日。 「お山」と呼ばれる深い森。 片足だけ遺された赤い子供靴。 名を思い出せない少女。 誰かがささやく声。 その声の主…・そ・う・か!・あ・れ・の・正・体・は、・あ・い・つ・だ! 決して「ぼぎわん」の名を呼んではならない。 「ぼぎわん」は、声と形を真似て、人の心の闇に・・・来る!!! どんどんエスカレートする霊的攻撃に、死傷者が続出。 真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子の呼びかけで、日本中の霊媒師が田原家に集結し、かつてない規模の「祓いの儀式」が始まろうとしていた。

次の