今後のご活躍を。 送別・退職の寄せ書き文例と参考例

「ご活躍」は目上の人には使えない?正しい意味と使い方を解説

今後のご活躍を

所属事務所が決まったことを報告すると、ファンから祝福や激励のメッセージが殺到した。 川口は6月2日に放送された同番組をきっかけにネットで話題に。 出身地から上京する女性の物件探しに密着する番組企画で、女優を目指すために地元の兵庫県から上京した。 番組では上京後の彼女にも密着し、14日の放送でその様子を紹介。 川口は番組内で所属事務所が決まったことを報告した。 川口が所属するのはフレイヴエンターテインメントで、同事務所には元AKB48の秋元才加らが在籍している。 川口はツイッターとインスタグラムでも「お世話になる事務所が決まりました」と伝え、「ずっとオーディションを受け続けてやっとスタートラインに立つことができたような気がします」と気持ちを新たに。 今後は「自覚を持って少しでも夢に近づけるように一つ一つ、与えていただいたお仕事を全力で頑張っていきます」と誓った。 AKB48の姉妹グループ、STU48をはじめ、これまで受けたオーディションは最終審査止まり。 「負けず嫌い」だという彼女は、「演技の仕事を中心に、歌やモデル業など何にでも挑戦していきたい」とリベンジに燃えていた。

次の

「ご活躍を」の使い方と例文|益々のご活躍をお祈り申し上げます

今後のご活躍を

「ご多幸」は目上に使うのは失礼? 「ご多幸」は、「多幸」に丁寧な接頭語の「御(ご)」がついた表現です。 相手の幸せを願う表現が「ご多幸」ですが、上司や目上の人に使うのは失礼になるという意見もあります。 上から目線での表現と思われているようですが、 「ご多幸は」あくまでも相手の幸せを願う気持であり、上下の関係はありません。 「ご多幸」の使い方 「ご多幸」は、スピーチ、乾杯の挨拶、年賀状・新年の挨拶、誕生日や退職・送別の言葉などで使うことが多いでしょう。 フォーマルなシーンでは、一般的な「ご多幸をお祈りします」を「ご多幸をお祈り申し上げます」や「ご多幸を祈念いたします」のように、 「ご多幸」に続く表現をよりかしこまったものにするのが良いでしょう。 「ご多幸」+「祈念する」は、「神仏に目的を達成することを願う」意味で、大袈裟のように感じるかもしれませんが、公式な文書などでは一般的に使われるものなので、覚えておくと便利です。 「ご健勝」「ご活躍」との違い 「ご多幸」と同じように文末などに使われるのが、「ご健勝」と「ご活躍」です。 それぞれ意味合いが違う部分があるので、違いをみてみましょう。 「ご健勝」とは? 「ご健勝(ごけんしょう)」とは、「体が健康で丈夫なこと(健勝)」の丁寧な表現です。 「皆様のご健勝をお祈りします」のように使われます。 また、「ご健勝とご多幸をお祈りいたします」のように、「ご多幸」と一緒に使われることも少なくありません。 「ご健勝」も相手の健康を願う気持なので、「ご多幸」同様に上下の関係を気にする必要はありません。 語尾を丁寧な表現にすれば大丈夫です。 「ご活躍」とは? 「活躍(活躍)」の意味は、「めざましく活動すること」「勢いよく躍りはねること」で、「ご活躍」はその丁寧語です。 ビジネスにおいては「社会の第一線で活躍する」意味で使われます。 「ご多幸」や「ご健勝」のように「ご活躍をお祈りいたします」と使われてパターンが多くなっています。 「ご多幸」「ご健勝」「ご活躍」の使い方での注意点 「ご多幸」は、様々なケースで使用できる表現ですが、転勤などの人への文面としては、「ご多幸」よりは「ご健勝」の方が相応しい場合もあります。 「ご健勝」は、相手の健康を願う表現なので、ほとんどの文面には使えます。 ただし、 注意しなければならないのは「ご健勝」に似た表現で「ご清栄」との混同です。 「ご清栄」は、個人や会社などに対して使用できますが、「ご健勝」は、あくまでも個人に対しての表現なので、会社や団体に対しては使えません。 「ご清栄」は、どちらかと言えば会社向けに使った方が良いので、「ご健勝」は個人、「ご清栄」は会社と区別した方が良いでしょう。 「ご活躍をお祈りいたします」は、上下の関係なく使えますが、注意したいのが、 「ご活躍をご期待しています」という表現です。 この場合、どうしても上から目線のイメージが強くなり、相手に不快感を与える恐れがあります。 「ご活躍をお祈りいたします」でも抵抗を感じる人がいるかもしれませんので、目上の方には「ご健勝」や「ご多幸」を使った方が無難でしょう。

次の

送別・退職の寄せ書き文例と参考例

今後のご活躍を

「ご活躍」の意味とは?どんなときに使う? 「ご活躍」の意味は「活発な行動や成果」 「ご活躍」は「活躍」に「ご」をつけて丁寧にした言葉です。 「活躍」には、「めざましく活動する」や「勢いよくはねまわる」などの意味があります。 ビジネスで使われる「ご活躍」は、主に仕事での活発な行動や成果のことをいいます。 「ご活躍」は締めの言葉や挨拶で多く使う 「ご活躍」はビジネス文書やビジネスメールの締めの言葉、挨拶で使うことが多い言葉です。 特に退職や転勤などで遠方に行く方などへエールを送る場合に使います。 新しい職場で活躍することを応援しているという気持ちを込めて、「ご活躍を応援しております」や「益々のご活躍をお祈り申し上げます」などと使います。 「ご活躍」は目上の人に使える? 「ご活躍」は目上の人に使える尊敬語 「ご活躍」は「活躍」に「ご」をつけた尊敬語です。 相手を持ち上げる表現ですので、目上の人に使うことができます。 ただし、「ご活躍を期待しています」など、後ろにつける表現によっては上から目線の発言と感じる方もいます。 「期待している」は、目上の人が目下の人に対して使うことが多い言葉ですので、「ご活躍をお祈りしています」などに変えて使うとよいでしょう。 「ご活躍」は目下の人にも使うことができる 「ご活躍」は、相手を持ち上げる尊敬語ですので、目上の人に使う表現です。 しかし、相手に敬意を表すという意味で上司から部下などの目下の人に使うことも多くあります。 立場にかかわらず相手に敬意を払うことは悪いことではありません。 目下の人や同じ立場の人など、いろいろな場面で使うことができる言葉ですので、覚えておきましょう。 「ご活躍」を使ったフレーズと例文 「ご活躍」は決まったフレーズで使われることも多い単語です。 使われる場面に合わせて紹介しますので、ぜひ使ってみてください。 締めの言葉「今後一層のご活躍をお祈りいたしております」 ビジネス文書やビジネスメールでよく利用される締めの言葉に「今後一層のご活躍をお祈りいたしております」があります。 これは「これからも頑張ってください」ということを伝えるフレーズで、退職や転勤をする人への挨拶に使われることが多いです。 年賀状におすすめ「益々のご活躍をお祈り申し上げます」 年賀状の挨拶にも「ご活躍」を使うことができます。 例えば「本年も、益々のご活躍をお祈り申し上げます」はよく使われるフレーズです。 新しい一年を、昨年よりさらに活躍できるようにとエールを送る言葉です。 現在の活躍を称えるときは「ご活躍を拝見」 「ご活躍」は、これから活躍することを応援する場面で使うことが多いですが、現在の活躍を称えるときにも使うことができます。 例えば「いつもご活躍を拝見いたしております」や「ますますご活躍のことと存じます」などの表現がよく使われます。 ビジネス文書の冒頭の挨拶にも使うことができますので、覚えておくと良いでしょう。 退職や転勤する方に使うフレーズ「新天地でのご活躍」 退職や転勤をする方に使うフレーズとして「新天地でのご活躍」があります。 「新天地でのご活躍をお祈り申し上げます。 」などの表現がよく使われます。 「新天地」とは、新しい場所や環境のことをいいます。 退職や転勤をすることで仕事の場所や環境が変わりますので、「新しい場所や環境で頑張ってください」ということを伝えるフレーズです。 「ご活躍」と「ご健勝」「ご発展」の使い分け 個人へは「ご活躍」会社へは「ご発展」 「ご活躍をお祈りしています」などの表現は、個人へ対して使う表現です。 相手が会社や団体などの場合には使うことができません。 会社や団体に対しての挨拶には、「ご発展」や「ご盛栄」などを使いましょう。 健康には「ご健勝」成果には「ご活躍」 締めの挨拶でよく使われる表現に「ご健勝」があります。 「ご活躍」と同じように、相手を応援したり、気遣う気持ちで使う挨拶の言葉です。 「ご健勝」とは、「身体が丈夫で健康」という意味ですので、「ご健勝をお祈りしています」という挨拶は、「健康でいてください」という意味になります。 ビジネスでの成果を応援する「ご活躍」とは少し意味が異なりますので状況に合わせて使い分けましょう。 まとめ 「ご活躍」は、ビジネス文書やビジネスメールの挨拶で使われることが多い言葉です。 特に、退職や転勤をされる方に「がんばってください」と伝えるときに便利な言葉ですので、覚えておくと良いでしょう。 遠方に行かれる方であっても、何かの縁でその後、長いお付き合いになることもあります。 お互いによい印象を残しておきましょう。

次の