ゼノブレイド wii u。 【Wii Uゲームレビュー「XenobladeX(ゼノブレイドクロス)」】XenobladeX

【Wii Uゲームレビュー「XenobladeX(ゼノブレイドクロス)」】XenobladeX

ゼノブレイド wii u

はじめに 2010年6月に発売され、高い評価を得ているWii用ソフト、ゼノブレイドのファースト・レビューをお届けします。 インプレッション記事をこれまで4つほど投稿してきましたが、ひとまず1周目が終了したので、ここら辺でレビューとしてまとめておきたいと思います。 プレイ時間は180時間ほど。 当然のことながらゲームのネタバレを含みます。 購入に至った経緯 購入に至った経緯についてはを、到着時のエントリーはをご覧下さい。 ファースト・インプレッション プレイ開始後3時間時点での感想は、にまとめてあります。 ネタバレ無し セカンド・インプレッション プレイ開始後35時間時点での感想は、にまとめてあります。 ネタバレ含む サード・インプレッション プレイ開始後90時間時点での感想は、にまとめてあります。 ネタバレ含む フォース・インプレッション プレイ開始後140時間時点での感想は、にまとめてあります。 ネタバレ含む 関連書籍 攻略本情報については、とをご覧下さい。 設定資料集についてはをご覧下さい。 タイトル画面 このレビュー投稿前に4つもインプレッション記事を書いたのに関わらず、書きたいことは山ほどあるゲームです。 まずはタイトル画面から。 このタイトル画面のバックで流れているゼノブレイドの「メインテーマ」がお気に入り。 メインテーマといいつつ、ゲーム中ではタイトル画面でしか流れません。 ファースト・インプレッションでも触れましたが、この画面のまま放置していると… やがて夕方になり… そして夜になります。 地面に突き刺さった武器「モナド」が光り出す演出もお見事。 そして、ゼノブレイドの広大なフィールドを切り取った映像も時折流れます。 この映像はゲームの視点操作では見ることの出来ないポイントから撮影した映像もあり、見ているだけで楽しめます。 こちらの映像は中央工廠ですね。 また、広大なフィールドを駆け回る以上、カメラ操作は大事なポイントの一つ。 私はスティックを上に倒すと視点も上昇するタイプの操作が好きなのですが、ゼノブレイドのデフォルト操作は逆、つまりスティックを上に倒すとキャラクターを下から見上げるタイプになっています。 新規にゲームを始めた場合、チュートリアルを兼ねた戦闘シーンが終わるまで、カメラ設定を含むゲーム設定を行うことが出来ません。 ゲーム開始前のタイトル画面にある「Game Setting」で設定を変えられた点もプラス評価の一つ。 広大かつ美しいフィールド、フィールドをまたがない限り発生しないロード 180時間プレイしても飽きない理由はもちろんストーリーや充実したクエストが多数あるという面も挙げられますが、やはりゼノブレイドの醍醐味はフィールドにあります。 ここではゲーム中に登場するお気に入りのスポット4カ所をご紹介。 つまり、キャラクターの「武器」「攻撃技」「強化する為のアイテム」を選択するメニューがすべてバラバラの階層にあり、何度もメニューを行き来する必要があるわけです。 キャラクターごとに装備できる武器や覚える攻撃技も固定であることから、「武器」「攻撃技」「アイテム」というジャンル別のメニュー構造よりも、キャラクター別のメニュー構造にした方が良かった気もします。 シュルク達が何故戦いに巻き込まれ、未来視が見えるようになったのか、全ての疑問はストーリー本編をクリアすることによって解決します。 続編の制作予定がない本作は、これ1本でストーリーが完結しており、ラスボスを倒すことによって全ての伏線が回収されるようになっています。 ゼノブレイドという名称からモノリスソフトの「ゼノサーガ」シリーズの続編という思いを持っている方も居るかもしれませんが、私はゼノシリーズは今作が初めてですし、本作をクリアするにあたって予備知識は特にいりませんでした。 過去のシリーズとも直接つながりはありません そもそも外界とは断絶した世界が舞台な ので、ご安心を。 音楽は最初に挙げた「メインテーマ」以外も名曲揃い。 同じフィールドでも昼と夜で音楽が変わったり、戦闘時のBGMもピンチになったときや、形勢が逆転した際に別の曲に切り替わり、気分を盛り上げてくれます。 本作の音楽スタッフは主に次の6人となっています。 下村陽子• 清田愛未• 光田康典 これらのスタッフの名前を知らなくとも、「キングダムハーツ」や「ゼノギアス」、「エミル・クロニクル・オンライン」、「クロノ・トリガー」といったゲームの曲を手がけている方と聞けば、大物であることはわかって頂けるかと思います。 すばらしい音楽をありがとう」と伝えたいですね。 「キズナコイン」とよばれるアイテムは999枚保持することが出来るのですが、1周当たり入手できる枚数は150枚ちょっとしかありません。 999枚獲得しようと思ったら最低でも7周プレイする必要があるわけです。 さすがに999枚まで集めようとは思いませんが、1周目では受注し忘れたクエストや、倒せなかった敵を倒したりと、楽しみ方はいろいろありそうです。 ファースト・レビュー総括 RPG初心者で、FFもドラクエも最後までプレイできなかった私ですが、ゼノブレイドは最後まで楽しむどころか周回プレイまでしてしまうほど、どっぷりとはまっています 現在進行形。 Wii史上、いや私がプレイしてきたRPG史上最高傑作といってもいいかもしれません。 今回のレビューを「ファースト・レビュー」としたのも、周回プレイ後にまたレビューを行う予定満々だからです。 主人公シュルクのLvが99でも倒せない敵は存在しており、それを撃破するまではしばらくゼノブレイド熱は続きそうですね。

次の

Wii U『ゼノブレイドクロス』レビュー。100時間でも足りない、広大な世界を自由に冒険できる楽しさを高評価

ゼノブレイド wii u

リンク 発売日からプレイして、 83時間かけてようやくクリアしました!! クエスト対象のモンスターにマークが表示• 受注している クエスト1つをルート表示 この2つが表示されるようになり、クエストを忘れてても問題ナシ! 倒すべき敵が常に敵ステータスに表示されるので クエストのモンスター狩りを忘れる頻度が減りました また、クエストの目的地が分からなければ、ルートを設定 マップ上にクエスト対象までの場所が表示されます! これが便利で、広大なゼノブレドのマップから わざわざ人やモンスターを探し出す必要がなくなりました 処理落ち 個人的に一番うれしかった改善点 Wii版の『』では処理落ちが頻繁に起こりました 特に、技エフェクトが多いときに起こり 突発キズナ(戦闘中にBを押す)のタイミングも難しくなったり この処理落ちが起こらないだけで、快適にプレイできるようになりました さらに、処理落ちはムービーでも起こっていたので、 リメイクの『』では引っかかるようなシーンが無くなりました 引継ぎ クリア後の引継ぎもスムーズになりました 具体的に• 引継ぎアイテムの制限なし• クリアデータからも続きからプレイ可能に Wii版は引継ぎの際、持ち越せる数に制限がありましたが、 今作では引継ぎによる制限が一切ナシ 加えて、クリアデータを読み込み、 ラスト前から再開することも可能になりました ファッション装備の追加 装備の見た目がチグハグになるゼノブレイドでしたが、 『』では 「 ファッション装備」が追加されました Wii Uの『』でもファッション装備がありましたが、 追加DLCか、メインストーリーをクリアした後でしか ファッション装備が解放されませんでした 今作の『』では 序盤からファッション装備を使用可能!! ムービーシーンも衣装が反映されるので、違和感なくストーリーを楽しめるようになりました ちなみに、ムービーを観るだけのシアターモードでも ファッション装備を変更して、映像シーンを楽しむことが出来ます レベル調整 リメイク版では レベル調整機能が追加されました 以前のWii版は、引継ぎ後はレベル固定なので ボスを倒したレベルで序盤から冒険することに… しかし、今作のリメイクではオプションの上級者設定から 好きなレベルを選択することが可能!! 2週目以降でも、適切なレベルでプレイできるようになりました 悪かった点 エフェクトがショボい 序盤のシーン、対空砲で落下物を打ち落とすシーンで思ったのですが、 火花が散るエフェクトがショボい… 一瞬で散る発光エフェクト(技のような)なら問題ありませんが、 細かいですが、画質が上がった分、そこが気になった点 味方の戦闘AI Wii版からの問題点でしたが、 AIが上手く動いてくれない!! 特に シュルク、メリア、この2人が特にCPU操作だと使い物にならない… 戦術的なキャラクターだとAI操作ではキャラ性能を発揮できず Wii版をさんざんやったので、今作は ライン縛りでプレイしましたが、 カルナと全くかみ合わない!! 自キャラをシュルクにした時は、ライン・カルナと安定したパーティーとして が!! 、ライン(自キャラ)・シュルク・カルナ、の順にすると途端に不安定に CPUシュルクが攻撃をぶっぱ(モナド斬など)、シュルクがタゲを取り、カルナがシュルクを回復、 そして、ラインに回復が来ない…という流れに タゲ取りの得意なラインですが、さすがに複数の敵がいると タゲを取り切れずにパーティーが崩壊します 前作から言われていた問題点なので、ここが一番の問題点 移動中のレベル確認が不可 移動中しながらステータス確認が出来ません Wii Uの『』はオートランしながら、 ステータス確認ができましたが、今作では出来ず 敵をロックオンすれば、パーティーにいるキャラのステータスは確認できます しかし、 レベル補整のかかる『』では 頻繁にレベル確認が必要なので、これに関しては不便 服がすり抜ける 今作はWii版からグラフィックが進化しましたが、 キャラクターの衣装が、武器や手と当たった時にすり抜けてしまいます 衣装に当たり判定がついてないようです これは容量削減のためなのか、 Wii Uの『』でも車に当たり判定がありませんでした とは言え、画質が上がりくっきり観える分 ムービー中にはかなり気になります ロケーションが少ない・移動が遅い 移動速度が遅い!! さらに、ロケーションが少ないのでスキップ場所も少なめ スキルやジェムで移動速度は上げられますが、 スキルはコインを使いますし、ジェムは枠を埋めてしまう… 移動速度UPは、特殊アイテムなど別枠で欲しかったところ レビューまとめ 前作の不満点である、• 処理落ち• 装備の見た目がダサくなる• 引継ぎの際のレベル• クエストの目的地 これらが解消されているので、 初プレイのユーザーでもストレスフリーに遊ぶことが可能に さらに、既プレイでも画質の向上により ムービー中の処理落ち、キャラデザ・画質向上によるストーリーの没入感、 ゼノブレイドの良い点が、パワーUPしています ムービー中の衣装のスリ抜け以外は、正直好みの問題 唯一不満なのは、 AI操作の貧弱さ 序盤の機神兵や、テレシアなど、 シュルクと、メリアちゃんが、必須な場合 この2人のどちらかを使わないと 難易度が上がってしまうので、その点は残念… とは言え、既プレイでも買う価値は大いにアリ 『』はズバリ買いなゲームでした.

次の

Xenoblade ゼノブレイド

ゼノブレイド wii u

ソウルボイス 戦闘中は仲間内で常に会話が交わされており、仲間との会話で連携をとる。 仲間から次に使用するアーツが指示されるので、これを正しく使用すると仲間の期待に応えたことになり、アーツの威力が強化されたりHPが回復するなどプラスの効果が発生する。 ソウルボイスもアーツ同様に様々な種類があり、それぞれのボイスで効果が違っている。 これらソウルボイスもアーツ同様にセットすることが可能となっている。 ちなみに、ソウルボイスは自分でも発することができる。 戦闘中にサークルが表示されることがあり、ここでタイミングよくボタンを押すことで仲間にソウルボイスをかけることができる。 仲間が応えてくれれば、HP回復といった効果が発生する。 敵の見極め フィールドにいる敵の頭上には様々な情報が表示されている。 すでに公開されている情報の通り、敵の「レベル」が表示されているので、この数値が大きいと強敵ということになるため、戦闘を避けることもできる。 さらに目のアイコンが表示されていれば、敵が目で判断することを表わしている。 つまり敵の視界に入らなければ攻撃されることはない。 稲妻のようなアイコンは耳で判断すると言うこと。 つまり視界に入っても攻撃されることはないが、近づけば音でバレてしまい攻撃してくる可能性が高い。 さらにアイコンをサークルが囲っている場合、乱入してくる敵モンスターだという。 つまり、1対1で戦っていても、いつの間にか敵が集まってきており、乱戦状態になる可能性があるということだ。 ムービーでは、もしヤバイと感じたら「安全なところまで逃げることが最善の方法」と紹介されているが、逃げているにもかかわらず、ずいぶんと離れたところから石を投げるような攻撃を受けてしまいプレーヤーキャラクターがやられてしまう映像も流されていたので、なかなか難しいようだ.

次の