ディスコ グラフィー と は。 角松敏生

角松敏生

ディスコ グラフィー と は

作品についてはをご覧ください。 バンドメンバー• 2020年現在の主要なメンバー(公演により変動あり)• ギター:、• ベース:山内薫• ドラム:山本真央樹• キーボード:、友成好弘、• サックス:(フルート、ギターでも演奏する場合もある)、高尾あゆ• トランペット:、西村浩二、二井田ひとみ、三上貴大、金津理仁• トロンボーン:、三原万里子• パーカッション:田中倫明、大儀見元• コーラス:、、吉川恭子、亜季緒、上森真琴• 過去、参加経験のあるメンバー(主に「解凍」後、一部)• ギター:、太田恒彦、、• ベース:、中村キタロー、• ドラム:、ヨギ・ホートン、、秋山浩一、石川雅春、、、、荒川諒• サックス:春名正治、• トランペット:、、横山均、中野勇介• トロンボーン:佐野聡• パーカッション:• マニピュレーション:久保幹一郎、山田洋• コーラス:、鈴木 宮浦 和美、千秋()、凡子、、下地勇、小島恵理、vahoE、、()、都志見久美子、鬼無宣寿、あんにゅ() エピソード この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2009年2月)• 2002年には、ので、選手登場テーマとして楽曲が使用された。 の登板に「」、のテーマに「TIME TUNNEL」「AIRPORT LADY」が使われた。 以前はを趣味としていたが、現在は辞めている。 今では古代史、世界の宗教史、民俗学的なものにも興味をもっている。 スキーの板を新調するかギターを新調するか迷っていた事もある、とのエピソードもあるが、ウインタースポーツは、観戦専門である。 以前の愛車の(デイムラーV8)はすでに手放している。 それまでは3台程車を乗り継いでいた。 長万部太郎という変名は、角松がのファンであったため、彼の持ちギャグ「」からとられた。 テイチクレコードでデュオとしてデビューするプランがあったが、RVCよりソロデビューを果たす。 テイチクレコードのプランはメンバーチェンジし、82年デビューの「STEP」として結実する。 影響を受けた楽曲 デビュー以前 「」 洋楽ポップスとの出会いは幼稚園時代。 その当時、自身から心惹かれた初めての曲である。 「」 小学4年生当時、テレビドラマか何かの主題歌でオーケストラ版の「Hey Jude」を聴いてすごく気に入り、兄からビートルズの曲だと教わりシングル盤を購入。 それを聞いてさらに衝撃を受け小学5年生からギターを始め、当時はビートルズのコピーばかりをしていた。 ギターを持って人前で歌うきっかけになったのはビートルズだった。 「今日はなんだか」 アルバム『』(1975年)は擦り切れるほど聴き、当時思春期の自分と相まって、いろんな風景が浮かぶと語っている。 高校生までは3コード進行のロックはコピーできても、シュガー・ベイブの様なテンションコードがある曲はぜんぜん追いつかなかったが、しばらく経ってコピーできるようになり、当時良く演奏していたのがこの曲だった。 「砂の女」(作詞:、作曲・編曲:鈴木茂) アルバム『』(1975年)収録。 が解散して、鈴木のソロが「どんなもんだろう? 」と思い聴いてみると、はっぴいえんどの音とは全く違う感じで「これはこれでいいものなのか? 僕はかっこいいと思うんだけど、どうなんだろう? 」と思い、当時ディープ・パープルや四人囃子のコピーをやっていた友人に聴かせたら「これかっこいいよ! 」といわれ、自分は間違っていなかったんだと語っている。 「プールサイド」(作詞:来生えつ子、作曲:南佳孝、編曲:) アルバム『SOUTH OF THE BORDER』(1978年)収録。 角松自身、南佳孝こそシティーポップと呼ばれた最初期のアーティストだと語っている。 詞の世界が大人であり、当時高校生だった自分には絶対手の届かない世界だと思った。 音の世界観と詞の世界観は、思春期の自身を早く大人にさせたんじゃないかなと語っている。 デビュー以後 「YOU'RE MY BABY」(作詞・作曲・編曲:佐藤博) アルバム『』(1982年)収録。 自身のデビュー後に聴いた作品。 すごく洗練されており、こういう作品を出されたら追従できないなと思わされるほど、素晴らしい作品だと語っている。 自身もこういう事ができないかなと思わせる程であり、コードに対してのボキャブラリーとか、メロディーに対してのボキャブラリーとか、まだまだ20歳そこそこの自分には乏しくて、真似しようとしてもできなかったと語っている。 「」 このアルバムを初めて聴いた時に衝撃を受け、音楽的に高度なところや、こうあるべきみたいな作り方だとか、挑戦であるとか、新しさであるとか音楽の一番大事なところを集めたアルバムであり、かなり勉強になったと語っている。 「」 この曲が収録されているアルバムがバカ売れしてディスコで良くかかるようになったときに、AORは到達点を迎えたと思ったという。 「Sugar and Spice I Found Me a Girl 」 当時この曲を聴きかなり打ちのめされ、自身にとってはまだ遠い世界に感じ、いつかこういう世界をやってみたいと思わせたと同時に、彼の醸し出すような世界観はニューヨークの空気感を知らなければならないと強く感じ、渡米する(84年からニューヨークへ住む)きっかけとなったと語っている。 Pile Driver()• She's My Lady()• Voices From The Daylight〜Gold 12inch items()• OKINAWA() アルバム• その為、「好きなギタリストは誰ですか」との質問に対し角松は「はっぴいえんどのさん」と回答している• 19歳の時に、当時年上の彼女と別れ、心を痛めていた友人の為に作った曲。 元バンド、アウト・キャストのギタリスト。 以前にを、後に・をプロデュース・マネージメントしていた。 〜新鮮保証56. RVCには角松が憧れていたがいて、誘いを受けたなかでの所属レコード会社選定にはこれが決め手となった。 しかし、角松はなどアイドル歌手が所属していた歌謡曲専門の部署(第2制作セクション。 そのため、自身が希望していたエアー・レーベル側との交流や協力はほとんど受けられなかったばかりか、反目の対象にまでされてしまった。 レコード制作会社内の仕組みを知らなかった当時20歳そこそこの角松はプロデビューしたことを後悔することもあったという。 これらの経緯は、後年に当時RVCの主査で、エアー・レーベルの創設者、チーフ・ディレクターだったから直接聞いた(書籍『角松敏生81-01……Thousand day of yesterdays』掲載のインタビューでの証言)。 結局角松は、小杉が1982年秋、山下とスタッフを引き連れ設立したに移籍した後、担当ディレクターだった岡村右(元)と共にエアー・レーベルを引き継ぐこととなる。 当時スタジオミュージシャン・ディレクターとして活動し、デビュー準備段階でデモテープ製作を手伝った志熊研三に第1作のサウンドプロデュースを角松自身が依頼し、一部楽曲のアレンジを含めて引き受けたものの、志熊にとってもメジャーでの仕事は初めてだったため、先輩の大物ミュージシャンばかりを纏めるのが大変だったという。 また志熊との間には編曲で意見の相違があり、一部楽曲では所属事務所の社長だった藤田浩一に判断を仰いだことを角松自身が振り返った。 その一方では志熊に対して感謝していることも述べている(書籍『角松敏生81-01……Thousand day of yesterdays』掲載のインタビューでの証言)。 角松自身はライブ活動をで力量を上げることを希望したが、事務所側は先ずメディアへの露出を行って知名度を上げる方が大事と考えていた。 この手法を「以前トライアングルがレイジーで成功した手法だね。 (トライアングル所属だった)杉山清貴とオメガトライブがいい例だけど…」と解説した(『角松敏生81-01……Thousand day of yesterdays』より)。 2作目のシングル「」はのキャンペーン&CF曲に決まっていたものの、発表直前のの影響で日本航空のプロモーション活動が自粛となり頓挫。 結果、タイアップが付かなくなってしまい、このシングルを核にした同時期発売のアルバム『WEEKEND FLY TO THE SUN』のプロモーション活動も躓くといった、不可抗力が原因となった不運な面もあった。 その後釜的存在として事務所に入ってきたのがであった。 ソロ・アーティストとバンドの違いはあれど、テレビ出演など広告効果があるメディアへの露出優先という同じようなプロモーション戦略が採られた。 RVC側はに入れたかったと角松は書籍『角松敏生81-01……Thousand day of yesterdays』掲載のインタビューで証言している。 これは当時への楽曲提供がきっかけで、アミューズ側からも杏里が所属していたマーマレードへ移籍したほうが角松は合っているのではとないかと薦められたことによる。 また、マーマレードの社長.梶岡勝は退社したトライアングルの社長・藤田浩一と仲が良かったという(『角松敏生81-01……Thousand day of yesterdays』のインタビューより)。 この頃からMacPlusを使用し打ち込みを始め1986年 - 1987年頃結構ハマっていたが、何でも出来るから逆に飽きてしまい1990年以降は生のミュージシャン演奏の方へ戻っていったと語っている。 当時のヒット曲の指標で、ランキング番組の系『』や系『』にはレコード売り上げ結果以外の要素も重要視(特に視聴者からのリクエスト葉書の数量)されることもあって番組内で最低限紹介される対象の20位圏内にランキングすらされなかった。 ランキング番組ではなく、それにアルバムが中心のアーティスト活動でシングル曲中心の歌謡曲路線ではなくても出られた系『』から出演依頼はあったものの断ったとのこと。 また当時、キー局の番組では需要がなかったが、歌手本人が来ない地方局のローカル番組には一定の需要があったプロモーション・ビデオも制作されなかったため、この頃の歌唱映像は現在までほぼ非公開のコンサートを撮影したもの以外皆無。 一方で歌わないテレビ出演は幾つかあり、1984年に系の深夜番組『TOKIOロックTV』にMCとしてお気に入りのミュージックビデオを紹介、1985年には友人の放送作家・(角松プロデュースの杏里のアルバム『COOOL』収録の「MERCURY LAMP 〜水銀燈」を作曲)が関わったTBS系情報『』のコメンテーターに、それぞれ一度だけだが出演している。 持ち曲とテレビ出演がようやく絡んだものとして、1987年に主題歌「」を手掛けた日本テレビ系のテレビドラマ『』最終回にカメオ出演している。 吉田美奈子とはこのアルバムが作られた1985年に自身の7インチ&12インシングル「初恋」と同時発売のアルバム『』にもコーラスを依頼している。 1989年のアルバム『DUMPO』まで5作プロデュースする。 また、その間は角松のライブツアーのオープニング・アクト(前座)なども務めるなどして角松の弟分的存在として認知されていく。 1980年代、角松以外の仕事では、角松のバックバンド加入へのキッカケとなったキーボード&アレンジャーの林有三によるスタジオワークやのバックバンド(後に角松と関わる土肥晃や小池修も在籍)などがあった。 1990年代、フュージョン関連と角松以外の仕事では、一大旋風を巻き起こした関連のスタジオワークで活躍。 また、ジャズの第一人者・の国内外ツアーから当時社会現象となったアイドル・のバックバンドまで多岐にわたった。 第1弾は4月21日に、その年の2月5日に発表した自身のアルバム『』からリミックスした12インチシングル二枚とそれを統合したゴールドCDによる企画盤『VOICES FROM THE DAYLIGHT ~GOLD 12inch Items』ではあるが、自身以外の他アーティストとしては以前から角松の自身名義の作品やプロデュース作品に多数参加し、ブラス編曲も手掛けるスタジオ・ミュージシャンの・を中心に結成されたビッグ・バンド、「TOKYO ENSEMBLE LAB」(トーキョー・アンサンブル・ラボ)が実質的な第1弾。 デビュー・アルバムでもある『BREATH from THE SEASON』(7月21日発売)に角松はプロデュースの他に、先行でシングルカットされた「LADY OCEAN」などの楽曲提供と演奏にも参加。 ゆえに角松色は強く、絶頂期の作品だけに成功を収めた。 なお、オーン・レーベルの名義による作品は1994年までリリースされることになり、その後は同じレコード会社内に新たに作った私設レーベル「iDEAK」に引き継がれる。 学生時代にでのアルバイト経験が有る。 角松のバックバンドのメンバーのなかでは一番の古参で、1981年にデビュー直前の逗子のレストランで行われたプロモーション・ライブにも参加していた。 、杏里のバックバンドでの活動に迷いを感じていた浅野はそこを離脱し、角松のバックバンドのギタリスト選考オーディションを経て加入。 以後は角松のバックバンドやプロデュース業に全面的に関わっていく。 米光と同じに在籍していたのほうは同時期にによるプロデュースを受けていて、篠原涼子 with t. komuro名義による「」でオリコンチャート1位、200万枚のヒットを出す。 なお小室は活動初期の短期間、角松のバンドでキーボードを担当した経験がある。 、小学校の教科書にも載った。 青木の他界によって、『』以来暖めていたアルバムの構想を封印する事にしたと、雑誌『ADLIB』の青木智仁追悼企画でのインタビューで表明している。 角松自身は、これらのアルバムを「企画盤」と呼んでいる。 のちに、CDよりも音質が良いという理由から、の必要性について語っている。 無圧縮・可逆圧縮()・高解像度()音源が本格的に配信されるようになったのは、2010年代に入って以降である。 プロデュース・アレンジを担当、作曲と共同アレンジは。 - 2019年2月17日閲覧。 角松自身のCM出演は前にも後にもユニマットが唯一である。

次の

ディスコグラフィー

ディスコ グラフィー と は

作品についてはをご覧ください。 バンドメンバー• 2020年現在の主要なメンバー(公演により変動あり)• ギター:、• ベース:山内薫• ドラム:山本真央樹• キーボード:、友成好弘、• サックス:(フルート、ギターでも演奏する場合もある)、高尾あゆ• トランペット:、西村浩二、二井田ひとみ、三上貴大、金津理仁• トロンボーン:、三原万里子• パーカッション:田中倫明、大儀見元• コーラス:、、吉川恭子、亜季緒、上森真琴• 過去、参加経験のあるメンバー(主に「解凍」後、一部)• ギター:、太田恒彦、、• ベース:、中村キタロー、• ドラム:、ヨギ・ホートン、、秋山浩一、石川雅春、、、、荒川諒• サックス:春名正治、• トランペット:、、横山均、中野勇介• トロンボーン:佐野聡• パーカッション:• マニピュレーション:久保幹一郎、山田洋• コーラス:、鈴木 宮浦 和美、千秋()、凡子、、下地勇、小島恵理、vahoE、、()、都志見久美子、鬼無宣寿、あんにゅ() エピソード この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2009年2月)• 2002年には、ので、選手登場テーマとして楽曲が使用された。 の登板に「」、のテーマに「TIME TUNNEL」「AIRPORT LADY」が使われた。 以前はを趣味としていたが、現在は辞めている。 今では古代史、世界の宗教史、民俗学的なものにも興味をもっている。 スキーの板を新調するかギターを新調するか迷っていた事もある、とのエピソードもあるが、ウインタースポーツは、観戦専門である。 以前の愛車の(デイムラーV8)はすでに手放している。 それまでは3台程車を乗り継いでいた。 長万部太郎という変名は、角松がのファンであったため、彼の持ちギャグ「」からとられた。 テイチクレコードでデュオとしてデビューするプランがあったが、RVCよりソロデビューを果たす。 テイチクレコードのプランはメンバーチェンジし、82年デビューの「STEP」として結実する。 影響を受けた楽曲 デビュー以前 「」 洋楽ポップスとの出会いは幼稚園時代。 その当時、自身から心惹かれた初めての曲である。 「」 小学4年生当時、テレビドラマか何かの主題歌でオーケストラ版の「Hey Jude」を聴いてすごく気に入り、兄からビートルズの曲だと教わりシングル盤を購入。 それを聞いてさらに衝撃を受け小学5年生からギターを始め、当時はビートルズのコピーばかりをしていた。 ギターを持って人前で歌うきっかけになったのはビートルズだった。 「今日はなんだか」 アルバム『』(1975年)は擦り切れるほど聴き、当時思春期の自分と相まって、いろんな風景が浮かぶと語っている。 高校生までは3コード進行のロックはコピーできても、シュガー・ベイブの様なテンションコードがある曲はぜんぜん追いつかなかったが、しばらく経ってコピーできるようになり、当時良く演奏していたのがこの曲だった。 「砂の女」(作詞:、作曲・編曲:鈴木茂) アルバム『』(1975年)収録。 が解散して、鈴木のソロが「どんなもんだろう? 」と思い聴いてみると、はっぴいえんどの音とは全く違う感じで「これはこれでいいものなのか? 僕はかっこいいと思うんだけど、どうなんだろう? 」と思い、当時ディープ・パープルや四人囃子のコピーをやっていた友人に聴かせたら「これかっこいいよ! 」といわれ、自分は間違っていなかったんだと語っている。 「プールサイド」(作詞:来生えつ子、作曲:南佳孝、編曲:) アルバム『SOUTH OF THE BORDER』(1978年)収録。 角松自身、南佳孝こそシティーポップと呼ばれた最初期のアーティストだと語っている。 詞の世界が大人であり、当時高校生だった自分には絶対手の届かない世界だと思った。 音の世界観と詞の世界観は、思春期の自身を早く大人にさせたんじゃないかなと語っている。 デビュー以後 「YOU'RE MY BABY」(作詞・作曲・編曲:佐藤博) アルバム『』(1982年)収録。 自身のデビュー後に聴いた作品。 すごく洗練されており、こういう作品を出されたら追従できないなと思わされるほど、素晴らしい作品だと語っている。 自身もこういう事ができないかなと思わせる程であり、コードに対してのボキャブラリーとか、メロディーに対してのボキャブラリーとか、まだまだ20歳そこそこの自分には乏しくて、真似しようとしてもできなかったと語っている。 「」 このアルバムを初めて聴いた時に衝撃を受け、音楽的に高度なところや、こうあるべきみたいな作り方だとか、挑戦であるとか、新しさであるとか音楽の一番大事なところを集めたアルバムであり、かなり勉強になったと語っている。 「」 この曲が収録されているアルバムがバカ売れしてディスコで良くかかるようになったときに、AORは到達点を迎えたと思ったという。 「Sugar and Spice I Found Me a Girl 」 当時この曲を聴きかなり打ちのめされ、自身にとってはまだ遠い世界に感じ、いつかこういう世界をやってみたいと思わせたと同時に、彼の醸し出すような世界観はニューヨークの空気感を知らなければならないと強く感じ、渡米する(84年からニューヨークへ住む)きっかけとなったと語っている。 Pile Driver()• She's My Lady()• Voices From The Daylight〜Gold 12inch items()• OKINAWA() アルバム• その為、「好きなギタリストは誰ですか」との質問に対し角松は「はっぴいえんどのさん」と回答している• 19歳の時に、当時年上の彼女と別れ、心を痛めていた友人の為に作った曲。 元バンド、アウト・キャストのギタリスト。 以前にを、後に・をプロデュース・マネージメントしていた。 〜新鮮保証56. RVCには角松が憧れていたがいて、誘いを受けたなかでの所属レコード会社選定にはこれが決め手となった。 しかし、角松はなどアイドル歌手が所属していた歌謡曲専門の部署(第2制作セクション。 そのため、自身が希望していたエアー・レーベル側との交流や協力はほとんど受けられなかったばかりか、反目の対象にまでされてしまった。 レコード制作会社内の仕組みを知らなかった当時20歳そこそこの角松はプロデビューしたことを後悔することもあったという。 これらの経緯は、後年に当時RVCの主査で、エアー・レーベルの創設者、チーフ・ディレクターだったから直接聞いた(書籍『角松敏生81-01……Thousand day of yesterdays』掲載のインタビューでの証言)。 結局角松は、小杉が1982年秋、山下とスタッフを引き連れ設立したに移籍した後、担当ディレクターだった岡村右(元)と共にエアー・レーベルを引き継ぐこととなる。 当時スタジオミュージシャン・ディレクターとして活動し、デビュー準備段階でデモテープ製作を手伝った志熊研三に第1作のサウンドプロデュースを角松自身が依頼し、一部楽曲のアレンジを含めて引き受けたものの、志熊にとってもメジャーでの仕事は初めてだったため、先輩の大物ミュージシャンばかりを纏めるのが大変だったという。 また志熊との間には編曲で意見の相違があり、一部楽曲では所属事務所の社長だった藤田浩一に判断を仰いだことを角松自身が振り返った。 その一方では志熊に対して感謝していることも述べている(書籍『角松敏生81-01……Thousand day of yesterdays』掲載のインタビューでの証言)。 角松自身はライブ活動をで力量を上げることを希望したが、事務所側は先ずメディアへの露出を行って知名度を上げる方が大事と考えていた。 この手法を「以前トライアングルがレイジーで成功した手法だね。 (トライアングル所属だった)杉山清貴とオメガトライブがいい例だけど…」と解説した(『角松敏生81-01……Thousand day of yesterdays』より)。 2作目のシングル「」はのキャンペーン&CF曲に決まっていたものの、発表直前のの影響で日本航空のプロモーション活動が自粛となり頓挫。 結果、タイアップが付かなくなってしまい、このシングルを核にした同時期発売のアルバム『WEEKEND FLY TO THE SUN』のプロモーション活動も躓くといった、不可抗力が原因となった不運な面もあった。 その後釜的存在として事務所に入ってきたのがであった。 ソロ・アーティストとバンドの違いはあれど、テレビ出演など広告効果があるメディアへの露出優先という同じようなプロモーション戦略が採られた。 RVC側はに入れたかったと角松は書籍『角松敏生81-01……Thousand day of yesterdays』掲載のインタビューで証言している。 これは当時への楽曲提供がきっかけで、アミューズ側からも杏里が所属していたマーマレードへ移籍したほうが角松は合っているのではとないかと薦められたことによる。 また、マーマレードの社長.梶岡勝は退社したトライアングルの社長・藤田浩一と仲が良かったという(『角松敏生81-01……Thousand day of yesterdays』のインタビューより)。 この頃からMacPlusを使用し打ち込みを始め1986年 - 1987年頃結構ハマっていたが、何でも出来るから逆に飽きてしまい1990年以降は生のミュージシャン演奏の方へ戻っていったと語っている。 当時のヒット曲の指標で、ランキング番組の系『』や系『』にはレコード売り上げ結果以外の要素も重要視(特に視聴者からのリクエスト葉書の数量)されることもあって番組内で最低限紹介される対象の20位圏内にランキングすらされなかった。 ランキング番組ではなく、それにアルバムが中心のアーティスト活動でシングル曲中心の歌謡曲路線ではなくても出られた系『』から出演依頼はあったものの断ったとのこと。 また当時、キー局の番組では需要がなかったが、歌手本人が来ない地方局のローカル番組には一定の需要があったプロモーション・ビデオも制作されなかったため、この頃の歌唱映像は現在までほぼ非公開のコンサートを撮影したもの以外皆無。 一方で歌わないテレビ出演は幾つかあり、1984年に系の深夜番組『TOKIOロックTV』にMCとしてお気に入りのミュージックビデオを紹介、1985年には友人の放送作家・(角松プロデュースの杏里のアルバム『COOOL』収録の「MERCURY LAMP 〜水銀燈」を作曲)が関わったTBS系情報『』のコメンテーターに、それぞれ一度だけだが出演している。 持ち曲とテレビ出演がようやく絡んだものとして、1987年に主題歌「」を手掛けた日本テレビ系のテレビドラマ『』最終回にカメオ出演している。 吉田美奈子とはこのアルバムが作られた1985年に自身の7インチ&12インシングル「初恋」と同時発売のアルバム『』にもコーラスを依頼している。 1989年のアルバム『DUMPO』まで5作プロデュースする。 また、その間は角松のライブツアーのオープニング・アクト(前座)なども務めるなどして角松の弟分的存在として認知されていく。 1980年代、角松以外の仕事では、角松のバックバンド加入へのキッカケとなったキーボード&アレンジャーの林有三によるスタジオワークやのバックバンド(後に角松と関わる土肥晃や小池修も在籍)などがあった。 1990年代、フュージョン関連と角松以外の仕事では、一大旋風を巻き起こした関連のスタジオワークで活躍。 また、ジャズの第一人者・の国内外ツアーから当時社会現象となったアイドル・のバックバンドまで多岐にわたった。 第1弾は4月21日に、その年の2月5日に発表した自身のアルバム『』からリミックスした12インチシングル二枚とそれを統合したゴールドCDによる企画盤『VOICES FROM THE DAYLIGHT ~GOLD 12inch Items』ではあるが、自身以外の他アーティストとしては以前から角松の自身名義の作品やプロデュース作品に多数参加し、ブラス編曲も手掛けるスタジオ・ミュージシャンの・を中心に結成されたビッグ・バンド、「TOKYO ENSEMBLE LAB」(トーキョー・アンサンブル・ラボ)が実質的な第1弾。 デビュー・アルバムでもある『BREATH from THE SEASON』(7月21日発売)に角松はプロデュースの他に、先行でシングルカットされた「LADY OCEAN」などの楽曲提供と演奏にも参加。 ゆえに角松色は強く、絶頂期の作品だけに成功を収めた。 なお、オーン・レーベルの名義による作品は1994年までリリースされることになり、その後は同じレコード会社内に新たに作った私設レーベル「iDEAK」に引き継がれる。 学生時代にでのアルバイト経験が有る。 角松のバックバンドのメンバーのなかでは一番の古参で、1981年にデビュー直前の逗子のレストランで行われたプロモーション・ライブにも参加していた。 、杏里のバックバンドでの活動に迷いを感じていた浅野はそこを離脱し、角松のバックバンドのギタリスト選考オーディションを経て加入。 以後は角松のバックバンドやプロデュース業に全面的に関わっていく。 米光と同じに在籍していたのほうは同時期にによるプロデュースを受けていて、篠原涼子 with t. komuro名義による「」でオリコンチャート1位、200万枚のヒットを出す。 なお小室は活動初期の短期間、角松のバンドでキーボードを担当した経験がある。 、小学校の教科書にも載った。 青木の他界によって、『』以来暖めていたアルバムの構想を封印する事にしたと、雑誌『ADLIB』の青木智仁追悼企画でのインタビューで表明している。 角松自身は、これらのアルバムを「企画盤」と呼んでいる。 のちに、CDよりも音質が良いという理由から、の必要性について語っている。 無圧縮・可逆圧縮()・高解像度()音源が本格的に配信されるようになったのは、2010年代に入って以降である。 プロデュース・アレンジを担当、作曲と共同アレンジは。 - 2019年2月17日閲覧。 角松自身のCM出演は前にも後にもユニマットが唯一である。

次の

角松敏生

ディスコ グラフィー と は

26h single ソーユートコあるよね?<初回限定盤Type-A> 2020. 」MV(special edit ver. ) <CD> 01. ソーユートコあるよね? 02. Who are you?(松井珠理奈) 03. 君のいない世界(カミングフレーバー) 04. ソーユートコあるよね? off vocal 05. Who are you? off vocal 06. 君のいない世界 off vocal <DVD> 01. ソーユートコあるよね? Music Video 02. Who are you?(松井珠理奈) Music Video 03. 26h single ソーユートコあるよね?<通常盤Type-A> 2020. ソーユートコあるよね? 02. Who are you?(松井珠理奈) 03. 君のいない世界(カミングフレーバー) 04. ソーユートコあるよね? off vocal 05. Who are you? off vocal 06. 君のいない世界 off vocal <DVD> 01. ソーユートコあるよね? Music Video 02. Who are you?(松井珠理奈) Music Video 03. 26h single ソーユートコあるよね?<初回限定盤Type-B> 2020. ソーユートコあるよね? 02. ストレートな純情(ジュエルボックス) 03. 君のいない世界(カミングフレーバー) 04. ソーユートコあるよね? off vocal 05. ストレートな純情 off vocal 06. 君のいない世界 off vocal <DVD> 01. ソーユートコあるよね? Music Video 02. ストレートな純情(ジュエルボックス) Music Video 03. 26h single ソーユートコあるよね?<通常盤Type-B> 2020. ソーユートコあるよね? 02. ストレートな純情(ジュエルボックス) 03. 君のいない世界(カミングフレーバー) 04. ソーユートコあるよね? off vocal 05. ストレートな純情 off vocal 06. 君のいない世界 off vocal <DVD> 01. ソーユートコあるよね? Music Video 02. ストレートな純情(ジュエルボックス) Music Video 03. 26h single ソーユートコあるよね?<初回限定盤Type-C> 2020. ソーユートコあるよね? 02. 恋の根拠(ハイウェイガールズ) 03. 君のいない世界(カミングフレーバー) 04. ソーユートコあるよね? off vocal 05. 恋の根拠 off vocal 06. 君のいない世界 off vocal <DVD> 01. ソーユートコあるよね? Music Video 02. 恋の根拠(ハイウェイガールズ) Music Video 03. 「恋の根拠」(ハイウェイガールズ) 中日本高速道路株式会社、中日本エクシス株式会社タイアップソング• 26h single ソーユートコあるよね?<通常盤Type-C> 2020. ソーユートコあるよね? 02. 恋の根拠(ハイウェイガールズ) 03. 君のいない世界(カミングフレーバー) 04. ソーユートコあるよね? off vocal 05. 恋の根拠 off vocal 06. 君のいない世界 off vocal <DVD> 01. ソーユートコあるよね? Music Video 02. 恋の根拠(ハイウェイガールズ) Music Video 03. 26h single ソーユートコあるよね?<初回限定盤Type-D> 2020. ) <CD> 01. ソーユートコあるよね? 02. 青春の宝石(高柳明音) 03. 君のいない世界(カミングフレーバー) 04. ソーユートコあるよね? off vocal 05. 青春の宝石 off vocal 06. 君のいない世界 off vocal <DVD> 01. ソーユートコあるよね? Music Video 02. 青春の宝石(高柳明音) Music Video 03. 26th single ソーユートコあるよね?<通常盤Type-D> 2020. ソーユートコあるよね? 02. 青春の宝石(高柳明音) 03. 君のいない世界(カミングフレーバー) 04. ソーユートコあるよね? off vocal 05. 青春の宝石 off vocal 06. 君のいない世界 off vocal <DVD> 01. ソーユートコあるよね? Music Video 02. 青春の宝石(高柳明音) Music Video 03. 26th single ソーユートコあるよね?<劇場盤> 2020. 15 on sale 価格:1,047円(税込) 品番:AVC1-94685 <CD> 01. ソーユートコあるよね? 02. 渚のイメージ(SKE48 10期生) 03. 君のいない世界(カミングフレーバー) 04. SKE48 26th Single Medley 05. ソーユートコあるよね? off vocal 06. 渚のイメージ off vocal 07.

次の