悪役 令嬢 の 監獄 スロー ライフ。 婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ【Web版】

【漫画】婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ1巻の続き4話以降を読む方法

悪役 令嬢 の 監獄 スロー ライフ

あらすじ 夜会で、婚約者であるエリオット王子に婚約破棄を宣言された、公爵家の令嬢レイチェル。 彼女は身に覚えのない罪を着せられ、王子によって王宮の地下牢に入れられてしまう。 すでに牢暮らしの準備は万端。 ゴロゴロしていても、誰も文句を言わないステキ空間。 牢暮らし=スローライフ。 さあ、反撃(いやがらせ)の始まり。 レイチェルは、牢の中から鍵をかけて自ら立てこもり、内装を自分好みに模様替えしたりと、好き放題。 そんな彼女に、王子が、騎士が、公爵が、牢番が、振り回される。 Web版は2018年4月に連載が始まり、すでに完結しています。 コミック版は、角川コミックス・エースより2019年11月26日より発売。 登場人物 とある少年にいじめられたレイチェル。 レイチェルは報復としていじめてきた少年を池に落としました。 少年が岸に寄ってくると、上がってこれないように石を投げつけ続けます。 駆けつけてきた公爵に、レイチェルはこう言い放ちました。 「上からドンドン石を投げおとせば、しばらく浮いてきません」 こいつはヤバいと思った公爵夫妻は、何とかレイチェルに社会性を教え込みました。 しかし、王子(ばかやろう)がしでかします。 婚約破棄という、重大なルール違反を。 それによって解き放たれてしまったレイチェル。 自分から牢の中に閉じこもり、悠々自適な快適空間に改造します。 さらに、外の人間たちに反撃(いやがらせ)を始めます。 牢の中から出れないはずのレイチェルに、ことごとくおちょくられ、敗北していく王子(ばか)その他もろもろ。 はたして、彼女を牢から出せる者はいるのか。 悪役令嬢の監獄スローライフがここに開幕!.

次の

牢屋で快適生活⁉ 「婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ」

悪役 令嬢 の 監獄 スロー ライフ

あらすじ 夜会で、婚約者であるエリオット王子に婚約破棄を宣言された、公爵家の令嬢レイチェル。 彼女は身に覚えのない罪を着せられ、王子によって王宮の地下牢に入れられてしまう。 すでに牢暮らしの準備は万端。 ゴロゴロしていても、誰も文句を言わないステキ空間。 牢暮らし=スローライフ。 さあ、反撃(いやがらせ)の始まり。 レイチェルは、牢の中から鍵をかけて自ら立てこもり、内装を自分好みに模様替えしたりと、好き放題。 そんな彼女に、王子が、騎士が、公爵が、牢番が、振り回される。 Web版は2018年4月に連載が始まり、すでに完結しています。 コミック版は、角川コミックス・エースより2019年11月26日より発売。 登場人物 とある少年にいじめられたレイチェル。 レイチェルは報復としていじめてきた少年を池に落としました。 少年が岸に寄ってくると、上がってこれないように石を投げつけ続けます。 駆けつけてきた公爵に、レイチェルはこう言い放ちました。 「上からドンドン石を投げおとせば、しばらく浮いてきません」 こいつはヤバいと思った公爵夫妻は、何とかレイチェルに社会性を教え込みました。 しかし、王子(ばかやろう)がしでかします。 婚約破棄という、重大なルール違反を。 それによって解き放たれてしまったレイチェル。 自分から牢の中に閉じこもり、悠々自適な快適空間に改造します。 さらに、外の人間たちに反撃(いやがらせ)を始めます。 牢の中から出れないはずのレイチェルに、ことごとくおちょくられ、敗北していく王子(ばか)その他もろもろ。 はたして、彼女を牢から出せる者はいるのか。 悪役令嬢の監獄スローライフがここに開幕!.

次の

婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ【Web版】

悪役 令嬢 の 監獄 スロー ライフ

ハイテンション・プリズンコメディ、爆誕!! 公爵令嬢レイチェルは、許嫁であるエリオット王子から身に覚えのない罪を理由に婚約を破棄され、地下牢に投獄されてしまった。 これは恋敵の陰謀か、はたまた政敵の罠か……!? そして、レイチェルは思った。 「プリズンイエーッ! ゴロゴロし放題のスローライフ! 王妃教育もサボれてうるさい使用人もいない、楽しい休暇の始まりだ! 」 準備万端整えていたレイチェルは、獄内でだらだら生活と王子への嫌がらせを心置きなく満喫する! 自由で愉快な監獄生活 スローライフ のはじまり、はじまり。 『小説家になろう』の大人気作が、大幅な加筆修正のうえ、上下巻構成で待望の単行本化! なろう版からの読者です。 先ず第一に言いたいのは、なろう版の読者よ、あれで満足してはいけない。 買わないと絶対に損をするぞ! 作者様も後書きに書いてます。 内容が倍になっていると。 5割増しでなく10割り増しです。 メイドさん達の裏での暗躍も書かれてます、更にあのシーンも書かれていて、もうイッキ読みするしかありません。 更にイラスト! エンリケの最期もあります。 とにかく面白かった。 これをUpしたら早速下巻を読みます。 最後に、無料に慣れるとお金を払うのに抵抗があるでしょう。 しかし、この作品にはお金を払う価値があります。 僅かなのでしょうが作者様の次の作品につながれば良いなと思います。 本来ならリアル書籍を購入したいところですが、断捨離中の為Kindleで我慢。 なろう版を数話読んで面白そうだったので上下巻購入。 結論から言うと面白いのは最初だけで、引き籠もりたい主人公がおバカをおちょくっておバカが喚いてるだけの話でした。 「監獄スローライフ」という文言から想像した監獄生活の工夫とか主人公の奮闘とか、そういうものは一切ない。 おバカがバカして翻弄されて喚いているだけだから痛快さもないし、スッキリ感もない。 キャラもラノベにありがちなテンプレキャラばかりだし、しかもエピソードがしつこい。 ただひたすら同じことを繰り返し、陰謀とか裏事情があるわけでもない。 というか深い事を考えている人間がいない。 オチもやっつけで、結局みんな何がしたかったの…? せめてエピソードを整理して1冊で完結していれば飽きずに読み終えられたかもしれない。 会話は軽妙だし設定も面白いのに、もったいない。

次の